競馬最強2chまとめぽいサイト

競馬の2chまとめです…!!いろいろな競馬サイトがありますが、これでもまとめているサイトはないと思います!!…2chまとめぽいサイトです。

    5
    【大阪杯馬体診断】

    デイリースポーツよりヤフーニュースより

    出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評のある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、今年からG1に昇格した大阪杯に出走を予定する各馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

    ヤマカツエース=評価A
     【ヤマカツエース=評価A】

     2歳の新馬戦は千二でデビューし、3歳の春はクラシックには目を向けずNZTを制するなどマイル戦線で活躍。

    その後の北海道シリーズからは中距離路線に顔をのぞかせると、芝二千の重賞を4勝するまでの猛者に成長した。  

    当然、馬体や走法も大きく変化したが、今では首差しが長く胴長+脚長のトモ高体形。前後のバランスは上々で適度な筋肉量を誇り中距離志向に様変わりした。  

    馬体に凹凸がなくメリハリを欠いていた金鯱賞が圧巻の勝ちっぷり。
    今回は晴天で天候の違いはあるが、馬体の張りツヤは目を見張り、トモの容量や質感は明らかに前走以上。目標としていた二千のG1に向けて悔いのない仕上げだ。(馬サブロー栗東・吉田順一)  

    〈1週前診断〉
    26日の栗東坂路で4F57秒1-40秒6-12秒8(馬なり)。レース間隔も考慮して派手は時計は出していないが、力強い踏み込みが目を引く。好調維持。

    アンビシャス=評価B

    【アンビシャス=評価B】  
    脚長でスラッとしたシルエットだが、首差しは短めで肩も少し立ち気味。マイラーの残像が見え隠れしているが、今回はあばらをうっすらと見せておりだいぶスカッとした体つきになっている。  

    前走の中山記念に比べると股の膨らみは見劣るが丸みは十分で馬体に厚みがあるのは好印象。  ビシッと追われた1週前と最終追い切りでトモが張ってくれば、理想的なバランスを手に入れそうだ。久々を叩かれて顔立ちも聡明(そうめい)になり上積みは十分。

    昨年の大阪杯から装着装蹄のエクイロックスを使用していることと、気性を踏まえれば間隔は少しでも開いた方がいいタイプ。

    昨年同様にいい状態で挑めそうだ。(馬サブロー栗東・吉田順一)

     〈1週前追い切り診断〉
    栗東坂路で4F52秒1-37秒5-12秒8(強め)。ミッキーロケット(4歳オープン)に2馬身半遅れはしたが、最後まで集中して走れていた。ひと叩きされたことで動きに活気が出てきた印象。

    キタサンブラック=評価B

    【キタサンブラック=評価B】  
    昨年の有馬記念時はトモがそろって前重心だったが、今回は比較的バランスが取れている方。前重心はどうしても後肢が頼りなく見えてしまうが、今回はそういう感じは一切ない。  

    長距離輸送のあるなしやローテーションで当然仕上げは変わってくるものだが、過去の経験則から言えば、今回の姿形は関東遠征仕様に見える。

    トモが凝縮されているが、首差しや胴が少し短く見える姿形は気持ち重たい可能性がある。
    阪神や京都で戦うときはもう少しスカッと見せており、

    今年の初戦が大阪杯と言うローテーションが影響している印象。
    最終追い切りを経てどこまで良化するかが見ものだ。(馬サブロー栗東・吉田順一)  

    〈1週前追い切り診断〉
    黒岩を背に栗東CWで6F78秒6-37秒7-12秒2(馬なり)と最後まで余力十分に好時計をマーク。僚馬2頭を0秒9、0秒5追走して、それぞれに併入、0秒5先着した。機敏な動きで、太め感なく仕上がっている。
    マカヒキ=評価B
    【マカヒキ=評価B】  
    前後のバランスが優れていた昨年のダービーはS評価。あばらをうっすらと見せながらもトモに膨らみがあり、筋肉質の馬体は目を見張った。頭の位置もそれほど高くなく気品が漂っていた。  

    それに比べると京都記念時と今回はともに頭の位置が高いためか少しアンバランスに見えてしまう。馬体重は同じでも筋肉の質感が違い、ここ2戦は皮膚を厚ぼったく見せている。  

    さらに前が勝った体形は、母系の血が濃くなり距離適性が千六~二千あたりになっている印象を受ける。個人的には、凱旋門賞の大敗による心身両面の変化を感じずにはいられない。  前走時よりはたくましい姿形で上積みは見込めそうだが、正直半信半疑だ。(馬サブロー栗東・吉田順一)  

    〈1週前追い切り診断〉
    栗東CWで7F94秒3-79秒2-37秒4-12秒1(一杯)。僚馬2頭を2秒4、0秒9追走してそれぞれに0秒2、0秒8先着。休み明けをひと叩きされて、動きに活気が増している。気配も良化し、状態は上昇一途。

    【PR】 大阪杯はおまかせ
    ここの予想で万馬券・・・
    まずは無料コンテンツでお宝をゲットしましょう



    うまコラボ

    この的中はヤバ過ぎる…三連単が3回に1回的中する異次元の競馬データ
    予想家が発狂!プロ予想家を軽く超えた精度を実現する競馬指数が話題に
    わずか1分の予想で高配当を的中させる競馬指数(最高72万馬券を的中)


    300x250

    高松宮記念予想|2017年|予想・データまとめ

    レッドファルクス落ち着いて中京へ到着/高松宮記念
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170325-01797656-nksports-horse

    人気のレッドファルクス(牡6、尾関)は落ち着いた様子で5戦4勝と得意の中京競馬場に入った。  斎藤助手は「いつも通り輸送もクリアしてくれた」とひと安心の様子。
    昨年暮れの香港遠征以来で3カ月ぶりになるが「むしろ休み明けの方が勝っている。
    中京は強いので楽しみ」と期待度は高い。
    レッドファルクス3.6倍=競馬高松宮記念
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170325-00000076-jij-spo

    日本中央競馬会は25日、第47回高松宮記念(GI、26日、中京競馬場、芝1200メートル)の前日売り最終オッズを発表し、昨秋のスプリンターズステークスに続く短距離GI制覇が懸かるレッドファルクスは3.6倍で1番人気となった。  
    オーシャンステークスを制したメラグラーナが5.0倍で2番人気。
    5.6倍のレッツゴードンキなど、5頭が10倍を切った。
    【高松宮記念予想|2017年|予想・データまとめ】の続きを読む

    毎日杯予想|2017年|予想・データまとめ

    クリアザトラックは四位を背に単走追い/毎日杯
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170323-01796507-nksports-horse


    <毎日杯:追い切り>  
    クリアザトラック(牡3、角居)は四位騎手を背に坂路単走、馬なりで4ハロン55秒2-13秒0。  同助手は「あたりの柔らかいジョッキーが合うタイプだと思います。レースでも前向きさをうまくコントロールしてほしいです」と期待していた
    【毎日杯予想|2017年|予想・データまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ