競馬最強2chまとめぽいサイト

競馬の2chまとめです…!!いろいろな競馬サイトがありますが、これでもまとめているサイトはないと思います!!…2chまとめぽいサイトです。

    阪急杯予想|2017年|予想・データまとめ


    阪急杯はチェンジの予想が熱い
    ・・・無料で予想をゲットしましょう



    ◆ダービージョッキー
    大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

     先週のフェブラリーSでは、「ヒモ穴馬」に取り上げたゴールドドリームが勝利。鞍上のミルコ・デムーロ騎手が見事な手綱さばきを見せてくれました。2着に敗れたものの、ベストウォーリアの戸崎圭太騎手も素晴らしい騎乗でしたね。

    【写真】フェブラリーSでは大西直宏氏推奨のゴールドドリームが快勝

     また、3着のカフジテイクも脚質を考えれば、最善を尽くしたと思います。やはり東京のダートは、1400m戦では差し切れても、マイル戦になるとそう簡単にはいかないということ。逆に言えば、マイル戦で差し届かなかった馬が1400m戦に臨めば、差し切れる可能性が増すはずです。そういうコース形態ですから。

     さて、今年最初のGIフェブラリーSが終了し、次週からは3歳クラシックに向けたトライアル戦がスタート。いよいよ春競馬へと突入していきますね。そんな中、今週は古馬戦線の、春の大舞台への前哨戦と言える中山記念(2月26日/中山・芝1800m)と、阪急杯(2月26日/阪神・芝1400m)が行なわれます。

     今年から大阪杯(4月2日/阪神・芝2000m)がGIに昇格したことによって、そのステップレースともなる中山記念は、例年以上に重要なレースとなりました。結果、GI馬4頭をはじめ、この春の大きな舞台を狙う好メンバーがそろいました。

     そんな中山記念にはもちろん注目すべきですが、実は近年、高松宮記念(3月26日/中京・芝1200m)への主要なステップレースとなっている阪急杯も見逃せない一戦です。昨年の勝ち馬ミッキーアイルは、ここから高松宮記念で2着と好走。さらに、2014年のコパノリチャード、2013年のロードカナロアも、ここを勝って高松宮記念も制しました。

     そうした過去と比べると、今年は全体的なメンバーのレベルが決して高いとは言えませんが、少頭数のわりには難解なレースとなりました。そういう面も踏まえて、ここではあえて阪急杯を取り上げたいと思います。

     前述したとおり、昨年のミッキーアイルをはじめ、コパノリチャードやロードカナロア、さらにここで結果を出してなくても、阪急杯をステップにして高松宮記念で好走した馬は非常に多いです。この傾向は、中京コースが改修される前からです。やはりGIという厳しい舞台とあって、単なる1200m戦のスピードだけでなく、1400m戦でも対応できるスピードの持続力と、脚をためられる器用さも必要とされるのでしょう。

    【阪急杯予想|2017年|予想・データまとめ】の続きを読む

    中山記念予想|2017年|予想・データ


    すごい競馬・・・の無料予想で熱い
    中山記念はここを注目w


    <中山記念:追い切り>

     中山記念(G2、芝1800メートル、26日=1着馬に大阪杯優先出走権)で、ネオリアリズム(牡6、堀)が一発を狙う。23日は美浦ウッドでラスト12秒5。昨年末の香港マイル(9着)以来だが、態勢は整った。絶好調ミルコ・デムーロ騎手(38)とのコンビは侮れない。

     ネオリアリズムは、ウッドを単走で追われた。頭の高さが目立つが、前半から折り合いはついた。直線はびっしり追われて、5ハロン68秒6-12秒5。重めだった1週前より動きに切れが出てきた。森助手は「当該週にしてはしっかりやった。休み明けで反応が鈍いところもあったが、まずまず態勢は整った。香港では環境が変わってカイ食いが落ちたり、いらいらしていた。それと比べれば順調」と合格点を与えた。

     中山は3戦して2、4、7着。未勝利戦で連対したが、舞台相性はひと息だ。ただ、今回は3週連続重賞Vと波に乗るM・デムーロ騎手と初コンビを結成。「馬のリズムが一番大事。けんかしちゃうと余力がなくなるので、うまく折り合ってくれれば」(森助手)。昨年Vのドゥラメンテなど中山記念は3戦2勝、2着1回。好相性の鞍上への期待も大きい。【高木一成】

    【中山記念予想|2017年|予想・データ】の続きを読む

    アーリントンカップ予想|2017年|予想・データ

    競馬予想が熱い…無料予想で儲けましょう
    情熱競馬が熱い



     ペルシアンナイトに注目したい。前走のシンザン記念はスペースがない場面もあって3着に敗れたが、ここで巻き返すことができるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

    ■2/25(土) アーリントンC(3歳・GIII・阪神芝1600m)

     ペルシアンナイト(牡3、栗東・池江泰寿厩舎)は1番人気に支持されたシンザン記念で3着に終わったが、直線で外の馬に押し込められてスムーズに追えなかったのが痛かった。素質は高いものがあるだけに、ここでの巻き返しを期待したい。

     キョウヘイ(牡3、栗東・宮本博厩舎)は年初のシンザン記念をV。スタートで遅れて最後方からの競馬となったが、直線で一気に突き抜けて見せた。ここ2戦の好走は重馬場でのものだが、良馬場の小倉2歳Sなどでも脚を使っており、馬場は不問と言っていいだろう。再び末脚爆発なるか。

     ミラアイトーン(牡、栗東・池江泰寿厩舎)はここまで3戦して2勝。26日のレースを最後に引退する武幸四郎騎手とコンビを組む。1997年のマイラーズCで初勝利を挙げた同騎手、最後も重賞勝利で飾れるか注目したい。

     その他、昨年の新潟2歳Sを勝ったヴゼットジョリー(牝3、栗東・中内田充正厩舎)、堅実に走っているディバインコード(牡3、美浦・栗田博憲厩舎)、明け3歳初戦を勝って臨むジョーストリクトリ(牡3、栗東・清水久詞厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時35分。

    【アーリントンカップ予想|2017年|予想・データ】の続きを読む

    このページのトップヘ