競馬最強2chまとめぽいサイト

競馬の2chまとめです…!!いろいろな競馬サイトがありますが、これでもまとめているサイトはないと思います!!…2chまとめぽいサイトです。

    5
    オールカマー予想|予想・データ|ネット評価まとめ
    田辺で期待クリールカイザーが激アツ!!

     「オールカマー・G2」(25日、中山)

     グランプリホース2頭の激突が注目されるが、不気味なダークホースも忘れてはいけない。当舞台で行われた昨年のAJCCで、単勝1・3倍のゴールドシップを撃破し、重賞初制覇を決めたクリールカイザーだ。週中の雨で力のいる馬場も歓迎と、好走条件がそろっている。さらに厩舎&主戦も当舞台との相性抜群。2つ目のタイトル奪取が現実味を帯びてきた。

     相沢師が楽しそうに笑う。「中山の2200メートルはいい舞台だよ。この距離がいいんだろうね」。2つ目の重賞タイトルを狙う愛馬クリールカイザーに寄せる期待は大きい。

     当舞台で行われた昨年のAJCCで重賞初制覇。通算でも(2202)と好相性。「上がりの勝負にならなきゃいい。だから先に動く。3角まくりみたいにね。七夕賞(5着)もそんな競馬になったが、中山の2200メートルはそれがはまるんだ。勝つならこの距離。ここかAJCCだよ」ときっぱり言い切った。

     舞台との相性がいいのは馬だけではない。このコースにおける相沢厩舎の成績は驚異的だ。開業以来の通算で(76131)と複勝率は3割に達し、単勝回収率は215%。さらにクリールカイザーがデビューした11年以降に限ると(65010)で勝率28・6%、連対率も52・4%。単勝回収率は447%のハイアベレージとなる。

     主戦の田辺もデビュー以来、このコースでは〈710446〉と複勝率は3割を突破。先週終了時点でJRA通算598勝。節目の600勝まで、あと「2」と迫っている。「時計勝負のタイプではないね。前走みたいな早めのスパートが合っている。この条件は合っているし、おそらく(週中の雨で)力のいる馬場になるだろうし」とニヤリ。全ての条件がそろい、戦法に迷いはない。あとはタイトルをもぎ取るだけだ。

     


     
    競馬ファンならここの予想を見逃すなwwwww
    だって予想が激熱なんだもん。
    チェンジ
    chej















     

    【オールカマー予想|予想・データ|ネット評価まとめ】の続きを読む

    神戸新聞杯予想|2016年|予想・データ|ネット評価まとめ
     
    アグネスフォルテが注目馬

     3枚の菊花賞切符を懸けた「第64回神戸新聞杯」は22日、出走馬が確定。唯一木曜追いを行ったアグネスフォルテは栗東CWコース併走でビッシリ負荷をかけてきた。夏場の休養で英気を養って戦列に復帰。春の日本ダービー14着をバネにして秋の飛躍を期す!!

     いきなり全開ムードが漂っている。アグネスフォルテは松山を背にハロー(馬場整地)明けのCWコースへ。フォルシャー(5歳500万)との併せ馬は8馬身追走でスタートした。道中はうまくスピードをコントロール。3、4コーナーを回って徐々に差を縮めると直線入り口で馬体が重なる。そこから一気にスパート。スッと引き離して3馬身先着でゴールを駆け抜けた。6F79秒1~1F12秒3が示すようにビッシリ負荷をかけるハードな内容。休養前は一戦ごとに減っていた体も今はふっくら。前走・日本ダービー14着後、久しぶりにまたがった松山の感触が良かった。

     「休み明けでも落ち着きがあるし、雰囲気がいいですね。春は折り合いに課題があったんですけど、そのあたりも良くなっていますよ。いい動きだし、仕上がりは問題ないと思います」

     2走前の京都新聞杯2着で賞金を加算。デビュー10戦目での日本ダービー出走につなげたもののタイトなローテを強いられた分、心身共にギリギリの状態だったという。坂本助手が当時を振り返る。

     「ダービーに出るためにやっていたから仕方ないけど、あの頃は精神的に追い詰められていた感じ。レースは1コーナーで他馬と接触して、そこでハミをかんでリズムを崩してしまった。ダービーの後は放牧へ。牧場に着いてすぐはイライラしていたみたい」

     あれから4カ月、ひと夏を越して今はいい意味で力が抜けた状態だ。坂本助手は「いい休養になったんだろうね。トモに力が付いたし、ムキにならず走りっぷりがゆったりしている」と春との違いを強調する。「脚長の体形だし、ハービンジャー産駒で長めの距離は合っている」とイメージ。菊花賞優先出走権を懸けた、このトライアルが成長を示す舞台になる。

     

     

     

    勝馬伝説が熱いwwww
    無料情報で万馬券ですか・・・
    流石ですね
    kachium















    【神戸新聞杯予想|2016年|予想・データ|ネット評価まとめ】の続きを読む

    5
    ローズS予想|2016年|予想・データまとめ

     秋華賞トライアル・ローズSの追い切りが14日、栗東、美浦の両トレセン、公営・笠松競馬場(岐阜)で行われた。オークス馬のシンハライトは坂路でラスト1ハロン12秒2をマーク。力強い伸びで先着し、サンケイスポーツ調教評価で最上級の『S』を獲得した。桜花賞馬のジュエラーは併せ馬で楽に先着。骨折明けでも上々の仕上がりを印象づけた。

     前哨戦でも態勢は十分に整った。樫の女王シンハライトが坂路で絶好の動きを披露だ。最後の1ハロンを12秒2と際立った伸びで、一気に駆け抜けた。

     「全体の時計(4ハロン54秒7)はかかったけれど、しまいの反応はよかった。先週は1頭になったときにフワッとしたけど、きょうは集中して走れていたね。相変わらず乗り味は抜群です」

     2週連続で追い切りに騎乗した池添騎手は、納得の笑みを浮かべた。

     グランジャー(3歳500万下)を追走してスタート。最初の2ハロンは15秒2-14秒4とゆったり入ったが、3ハロン目に12秒9とペースアップ。パートナーとの差を詰めるとラスト1ハロンで並ぶ間もなくかわし、1馬身突き放してフィニッシュだ。

     「1週前(同4ハロン53秒5-12秒7)、今週と、同じようにしっかりと伸びてくれた。しまいを伸ばす調教をして、しまいの時計も速いし、何の注文もつかない調教ができたと思う」。満足の調整を終え、石坂調教師は声を弾ませた。

     春は桜花賞でジュエラーにハナ差の2着と敗れたが、オークスは後方から直線で馬群を割って伸び1冠をつかんだ。その後は滋賀県のノーザンファームしがらきで夏を過ごし、8月10日に入厩。トレーナーは「夏を越して背が伸び、体重も少し増えていると思うけれど、いい意味で変わりなく順調」と目を細め、「すごく軽い走りで、乗り手に従順。そして最後まで負けない勝負根性を見せる。それがこの馬の良さ」と愛馬に寄せる信頼の高さを口にした。

     対戦成績で1勝1敗のジュエラーとは3度目の対決。石坂師は「シンハライトが、ちゃんと競馬をしてくれればそれでいい。だんだんと競馬の内容がよくなっているし、能力もある」とドンと構える。自分の力をしっかりと出せれば、牝馬2冠制覇をはっきりと視界にとらえることができるはずだ。 (渡部陽之助)




    無料情報で万馬券
    期待度大の予想ー勝馬伝説の予想が熱い
    勝馬伝説

    kachium
















    【ローズS予想|2016年|予想・データまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ