競馬最強2chまとめぽいサイト

競馬の2chまとめです…!!いろいろな競馬サイトがありますが、これでもまとめているサイトはないと思います!!…2chまとめぽいサイトです。

    日経新春杯予想|2019年|注目NEWSまとめ


    keibanews













    ヤフーニュースから京成杯の注目ニュースをまとめました


    うまとみらいと…
    競馬ファンならぜひ欲しい情報がゲットできますよね。
    だから・・・無料会員がここまで美味しいとはwwww

    umatomi










    【日経新春杯】1桁馬番が優勢、枠順が1つのキーポイントに/データ分析(馬番・枠順編)1

     
     13日に京都競馬場で行われる日経新春杯(4歳上・GII・芝2400m)について馬番・枠順別に検証していく。 近年、年明けの京都開催は内枠有利の傾向が強く、それはファンにも知れ渡っている。改めて説明すると、5回京都開催ではAコースが温存されるため、Aコースで行われる1回京都は、荒れていない内を通れる内枠勢が強いということだ。 

     京都金杯こそ12番のパクスアメリカーナが勝ち切ったが、1月5日6日の競馬を見る限り、今年も基本的には内、前優勢と考えたい。 日経新春杯は上がり順位が結果に直結しやすい外回り2400mで行われる。一見、枠順の有利不利は小さいように思える舞台設定だが、データ的にはやはり内枠有利の傾向が見てとれる。 

     内外の傾向を見る上で、まずは1~4枠と5~8枠を比較してみよう。1~4枠は6-6-5-42で複勝率28.8%、複勝回収率73%5~8枠は4-4-5-69で複勝率15.9%、複勝回収率54% 

     外枠からでも馬券には絡んでいるが、好走率、回収率とも内枠の方が優秀だ。 

     馬番別では、最多となる5回の馬券絡みが8番、3回で1番、3番、5番、7番、9番が続いており、一桁馬番が優勢。13番より外の馬は21頭出走して馬券絡み無し。この中には、5番人気以内の馬も7頭含まれている。出走頭数が少なければ外目の枠でも問題ないが、13頭を超えるような多頭数になると外枠の不利さが目立ってくる。今年は16頭が出走するだけに、枠順が一つのキーポイントになりそうだ。



    【ズバッと言いたい放題】日経新春杯

     しの このコーナーは今年初。気合を入れていきましょう♪ 3日間開催の真ん中は京都で古馬GIIです。 大王 中心は最強の明け4歳世代だ。ボクは菊花賞でブラストワンピース(4着)に0秒1差の5着だったグローリーヴェイズに注目。 

     東京サンスポ・板津 先週の時点で前走から約20キロ増と成長期に入った感じですし、追い切りも首をしならせた重心の低いフォームで、いかにも走るディープインパクト産駒という雰囲気でした。 
     
     東京サンスポ・片岡 デビュー戦からすべて5着以内と安定して走れるのが魅力やし、京都も走り慣れている。55キロのハンデならチャンスやね。 

     大王 アフリカンゴールドは菊花賞で12着だったが、さすがに距離が長かったのかも。12Fで見直せるし、ハンデ52キロも恵まれた印象。ミナリクの手綱さばきにも注目したい。 

     大阪サンスポ・斉藤 西園調教師は「徐々に落ち着きが出てきた」と精神面の成長を口にしていました。 

     大王 メイショウテッコンもマークが必要だと思うけど、ハンデ56キロが重いような。開幕週に6勝した武豊騎手がどんなリードを見せるか。 

     しの 長距離戦で逃げ馬に乗った武騎手は侮れませんよ。この馬も3F短縮は歓迎のはずですし、展開利があるとみて狙ってみたい。 

     大王 ルックトゥワイスは12F【1・2・0・0】と得意。初の右回りだった前走をトップハンデを背負いながら0秒5差Vと克服している。 

     水谷 藤原英調教師もあれで「選択肢が増えた」と。 

     片岡 6歳馬やけどまだ底を見せていない感じやね。 

     大王 ムイトオブリガードは昇級戦のAR共和国杯で、パフォーマプロミスに0秒1差2着と好走。重賞初制覇は間近だ。 

     斉藤 近4走は左回りの東京での好走ですが、角田調教師は「京都に替わるのは問題ないと思う」と期待していました。追い切りも速いタイムが出ていたし、好ムードです。 

     東京サンスポ・柴田 シュペルミエールは坂路で好反応。1年8カ月も休んだ馬だけど、それがなければ重賞のひとつやふたつは勝っていておかしくはなかった。舞台は問題ないし、好勝負になる。 
     
     しの オリオンSでシュペルミエールの3着だったサラスは49キロ。10年前に11番人気で勝利したテイエムプリキュアと同じです。とはいえ問題はそこまで印が回るかどうか…。 

     水谷 それより栗東は水曜の雪で一気に真冬。毎年言うけどホンマに冬眠できる熊がうらやましくてしゃあない。 

     しの うらやましいって…。冬の間は飲まず食わずですよ。 

     水谷 それはアカン。ワシは飲んで食って冬眠する。 

     しの それじゃあ熊じゃなくてナマケモノ。でも水谷さんが木にぶら下がったら枝が折れてしまうので、あきらめて働いてください。


    【日経新春杯】追って一言

     ◆ウインテンダネス・杉山師 
    「先週やっているのでしまいだけだが、動きは良かった。前走の経験が生きれば」 

     ◆エーティーサンダー・湯窪師 
    「攻め馬は動く方だけど、馬場状態を考えても悪くない。軽ハンデを生かして」 

     ◆ケントオー・西橋師 
    「先週もしっかりやっているし、具合は良さそう。流れに乗って運びたい」 

     ◆シュペルミエール・木村師 
    「いい状態を維持。若いときから厩舎の期待馬で、この舞台が敷居が高いとは思わない」 

     ◆ダッシングブレイズ・斉藤崇師 
    「工夫して、少しずつ力みが取れてきた。折り合いがつけば、距離は大丈夫」 

     ◆ノーブルマーズ・宮本師 
    「使いつつ徐々に復調してきている。強い相手と戦った前走の経験が生きれば」 

     ◆マサハヤドリーム・徳江助手 
    「短期放牧をはさんで調整は順調。折り合いをつけて、うまく立ち回りたい」 

     ◆ロードヴァンドール・昆師 
    「上昇度は遅いが、良くはなっている。去年も差のない競馬をしている」




    勝馬伝説の無料情報が熱い・・・
    無料情報だけで万馬券GETwwwww
    kachium
















    京成杯予想|2019年|注目NEWSまとめ


    keibanews













    ヤフーニュースから京成杯の注目ニュースをまとめました


    うまとみらいと…
    競馬ファンならぜひ欲しい情報がゲットできますよね。
    だから・・・無料会員がここまで美味しいとはwwww

    umatomi










    【京成杯】キングカメハメハ産駒が過去5回の馬券圏内と好成績/データ分析(血統編)

     14日に中山競馬場で行われる京成杯(3歳・GIII・芝2000m)について
    種牡馬・血統別に検証していく。  
     
     過去10年で最多となる5回の馬券絡みはキングカメハメハ、4回でステイゴールドが続く。他に複数回の馬券絡みがあるのはハービンジャー、バゴ、ディープインパクト、アグネスタキオン。  

     キングカメハメハ産駒は0-3-2-5で優勝馬こそいないものの複勝率50%。
     
     15年クルーガー(6番人気3着)、
     16年ケルフロイデ(7番人気2着)と人気薄での激走が見込め、
     
     昨年はコズミックフォースが2番人気2着としっかり馬券絡みを果たした。今年、キングカメハメハ産駒はランフォザローゼズが出走を予定している。  

     ディープインパクト産駒は1-0-1-8で複勝回収率47%。10頭中9頭が4番人気以内で残る1頭も6番人気だったことを考えると期待値は低く、11年にスマートロビンが、16年にウムブルフが1番人気を裏切っている。馬券になったのは12年ベストディール(2番人気1着)と14年アデイインザライフ(4番人気3着)。

     今年登録しているディープインパクト産駒は、カフジジュピター、ダノンラスターの2頭だ。  

     ハービンジャー産駒は2-0-0-5。15年ベルーフ、16年プロフェットが優勝している。

     ハーツクライ産駒は1-0-0-3。13年のフェイムゲームが7番人気で勝っている。

     今年、ハービンジャー産駒はヒンドゥタイムズ、リーガルメインの2頭が、ハーツクライ産駒はカテドラルが登録している。  

     人気が予想されるラストドラフトの父ノヴェリスト、シークレットランの父ダンカークはこれまでの出走なし。



    【京成杯】ナイママの逆襲!前走大敗も地方馬クラシック制覇の夢もう一度追いかける!

    ◆第59回京成杯・G3(1月14日・芝2000メートル、中山競馬場)  

     地方競馬所属のナイママ(牡3歳、川崎・河津裕昭厩舎)が、第59回京成杯・G3(14日、中山)で再び中央重賞へ殴り込みをかける。

     オーナーは“マイネル軍団”の総帥・岡田繁幸氏。

     04年、コスモバルクで挑戦した地方所属馬による中央クラシック制覇の夢をもう一度追いかける。  同馬は昨年5月、バルクと同じホッカイドウ競馬の田部厩舎から門別でデビュー。初戦を大差勝ちすると、中央初挑戦のコスモス賞を快勝。続く札幌2歳Sはタイム差なしの首差2着で、勝ち馬はのちのホープフルSで3着に入ったニシノデイジーだった。  

     その後、プレイアンドリアルで14年京成杯を制した川崎競馬の河津調教師にバトンタッチ。この“強力リレー”からも、総帥の期待度がうかがえる。移籍後初戦となった前走の東京スポーツ杯2歳Sは13着と大敗したが「返し馬からテンションが高かった。ポジション取りに手間取ったのも大きい。自分の競馬をしていない」と河津師。全く悲観していない。  

     レース後は放牧に出て立て直しを図り「メンタル面が大人になったね。それに、体に芯が入ってフォームが良くなった。あとは木曜日に川崎競馬場の本馬場で追って、気合を入れる」と、トレーナーも成長ぶりを評価。プレイアンドリアルも朝日杯FSで7着と大敗しながら続く京成杯を制覇しており、目が離せない


    【京成杯】ランフォザローゼス躍動感魅せた 余力十分に併入

     「京成杯・G3」(14日、中山)  超のつく良血馬ランフォザローゼスが美浦Wで躍動。

     タイム自体は平凡ながら、余力十分に併入を決めて気配の良さを示した。タレントぞろいの藤沢和厩舎の中でも、秘めた素質は遜色なし。

     ここできっちりと結果を出し、さらなる高みへと向かいたい。  世界のスターホースを知る若き天才が、日本が誇る超良血馬をベタ褒めした。ランフォザローゼスは9日、馬場清掃直後の美浦Wに登場。口を割って先行するドラゴンストーム(7歳障害オープン)をスムーズに追走した。

     直線では鞍上の指示に従って内に入り、持ったままでギアチェンジ。滑らかに加速して馬体を並べ、そのまま併入した。  

     タイムは4F55秒5-41秒1-13秒4と平凡だったが、追いだせば楽に詰められる余裕の手応え。マーフィーは「すごくいい動き。フィジカルはコンパクトでもいい感じだった。VTRで見た前走(葉牡丹賞2着)は少し子どもっぽい感じで厳しい競馬になっていたが、今回の方が良くなっているのでいいレースができる」と意欲をのぞかせた。

     父はキングカメハメハ、母の父はディープインパクト、祖母は名牝エアグルーヴと、競馬ファンならおなじみの活躍馬が並ぶ血統に「本当にきれいな馬」と目を丸くした。  

     藤沢和師は昨年、2歳戦だけで16勝と白星を量産。「(成長が)遅かったけど、順調に来ている。前走は抑え込まれて苦しい感じになった。将来を期待して買った繁殖の子だし、期待は大きいよ」と高評価を与える。今春をにらむ3歳牝馬戦線にはグランアレグリア、シェーングランツがスタンバイ。同厩2頭に負けじと重賞タイトルをもぎ取り、出世争いに加わりたいところだ。




    勝馬伝説の無料情報が熱い・・・
    無料情報だけで万馬券GETwwwww
    kachium
















    フェアリーS予想|2019年|予想・データ


    keibanews













    ヤフーニュースからフェアリーSの注目ニュースをまとめました


    うまとみらいと…
    競馬ファンならぜひ欲しい情報がゲットできますよね。
    だから・・・無料会員がここまで美味しいとはwwww

    umatomi










    【フェアリーS】兄姉に続け!コントラチェックV絶好

     今年最初の3歳牝馬重賞には25頭が登録しているが、中心は藤沢和厩舎のコントラチェックだ。7馬身差の逃げ切りで初勝利を飾ると、前走・サフラン賞ではレッドアネモスの首差2着。
     
     バウンスシャッセ、ムーンクエイクの兄姉に続く重賞Vのチャンスだ。  
     アクアミラビリスはエリザベス女王杯を制したクイーンズリングの半妹。

     新馬戦の内容から重賞でも即通用しそう。チャレンジC優勝フルーキーの半妹ルガールカルム、名牝ウオッカの子タニノミッションなど良血馬が目白押し。

     なお、ウィンターリリー、ホウオウカトリーヌを除く23頭は1勝馬(収得賞金400万円)のため抽選。現時点では14頭が出走可能。



    【フェアリーS】ウオッカの子、タニノミッション重賞初制覇へ陣営期待高まる

    ◆第35回フェアリーS・G3(1月12日・芝1600メートル、中山競馬場)  

     第35回フェアリーS・G3(12日、中山)で名牝ウオッカの子、タニノミッションが重賞初制覇を狙う。新馬勝ち後に臨んだ前走の阪神JFは7着。「2走目で少しテンションが高めでしたが、内の馬込みで我慢できて、最後に差を詰めていました。今後につながる内容だったと思います」と辻野助手は内容を評価する。  

     母がG1・7勝の名馬。注目度の高さはもはや宿命だが、中央出走5頭中3頭が勝ち上がるきょうだいのなかでデビューVは初めて。周囲の期待値はさらに上がっている。  「兄や姉のように緩くて重いタイプではないですね。スッと動けるので、マイルの切れ味勝負が合っています」と辻野助手。
     
     管理する角居勝彦調教師(54)=栗東=は、道路交通法違反による6か月の調教停止期間が6日に満了。ゆかりの良血で、復帰後初の重賞を奪取するか。



    【フェアリーS】良血馬レーヴドカナロアが重賞初制覇狙う 斉藤崇調教師「1600メートルの方がいい」

     第35回フェアリーS・G3(12日、中山)に出走するロードカナロア産駒の良血馬、レーヴドカナロアが重賞初制覇に挑む。

     新馬勝ち後のファンタジーSでは8着に敗れたが、距離不足の1400メートルで発馬後手も重なり不完全燃焼の内容。「距離が忙しかった感じですね。初戦と比べて、前半のペースも違いましたから」と斉藤崇史調教師は悲観していない。  

     キャリア3戦目になるが、不安を期待が大きく上回るのは血統背景にもある。父の初年度産駒の“4冠”牝馬アーモンドアイが、8日に発表されたJRA賞で昨年度の年度代表馬に選出。先週のシンザン記念では産駒2世代目のヴァルディゼールが、19年の開幕週で重賞V発進を決めるなど、産駒の注目度はとどまるところを知らない。  

     さらに母系が超優秀。これまで中央デビューを果たした兄姉9頭に、本馬を含む10頭の子どもすべてが勝ち上がり。阪神JFでG1馬となったレーヴディソールを含めて重賞ホースは3頭。安定感と爆発力を兼ね備える血筋だ。「血統馬らしくいいキャンターをします。ただ、まだまだこれからという馬です。少しずつだけど、しっかりしてきていますね。体重自体は変わらないけど、調教の動きもラストの感じなどが良くなってきています」。トレーナーは控えめに語りながらも、確かな成長も感じている。  

     中山は初めての舞台だが、大外を回って最速の上がりで差し切ったデビューVが小回りの札幌。斉藤崇調教師は不安を感じていない。「小回り自体は気にしていません。前走みたいに前半が速くなると脚がたまらないけど、うまくたまるような流れになれば。1400メートルよりは1600メートルの方がいいと思います」。父の名をさらに高めるタイトル奪取で、自身も飛躍の足がかりとするか。




    勝馬伝説の無料情報が熱い・・・
    無料情報だけで万馬券GETwwwww
    kachium
















    このページのトップヘ