競馬最強2chまとめぽいサイト

競馬の2chまとめです…!!いろいろな競馬サイトがありますが、これでもまとめているサイトはないと思います!!…2chまとめぽいサイトです。

    NHKマイルC予想|2017年|予想・データまとめ

    うまコラボ

    この的中はヤバ過ぎる…三連単が3回に1回的中する異次元の競馬データ
    予想家が発狂!プロ予想家を軽く超えた精度を実現する競馬指数が話題に
    わずか1分の予想で高配当を的中させる競馬指数(最高72万馬券を的中)


    300x250


    NHKマイルCニュース
    カラクレナイが4.0倍で1番人気/NHKマイルC前日オッズ
    ヤフーニュースより

    7日に東京競馬場で行われる、第22回NHKマイルC(3歳・牡牝・GI・芝1600m・1着賞金9500万円)の前日オッズがJRAより発表された。

     単勝オッズ1番人気には、桜花賞4着のカラクレナイ(牝3、栗東・松下武士厩舎、4.0倍)が支持された。

     続いての2番人気は昨年の朝日杯FSで2着のモンドキャンノ(牡3、栗東・安田隆行厩舎、8.1倍)と、桜花賞5着のアエロリット(牝3、美浦・菊沢隆徳厩舎、8.1倍)が同率で並んだ。

     以下、スプリングSで2着のアウトライアーズ(牡3、美浦・小島茂之厩舎、9.4倍)、フランケル産駒ミスエルテ(牝3、栗東・池江泰寿厩舎、10.1倍)、アーリントンCで2着のレッドアンシェル(牡3、栗東・庄野靖志厩舎、11.5倍)、ニュージーランドTで3着のボンセルヴィーソ(牡3、栗東・池添学厩舎、14.2倍)と続いている。各馬の単勝オッズは以下の通り。

     左から馬番、馬名、オッズ

    04 カラクレナイ 4.0
    01 モンドキャンノ 8.1
    16 アエロリット 8.1
    03 アウトライアーズ 9.4
    12 ミスエルテ 10.1
    15 レッドアンシェル 11.5
    06 ボンセルヴィーソ 14.2
    07 ジョーストリクトリ 15.9
    08 タイムトリップ 17.3
    10 ディバインコード 21.4
    02 キョウヘイ 22.3
    05 プラチナヴォイス 25.3
    14 リエノテソーロ 28.3
    18 ガンサリュート 37.0
    09 タイセイスターリー 38.1
    11 オールザゴー 45.7
    13 トラスト 48.2
    17 ナイトバナレット 62.3

     その他、馬連は01-04が14.9倍、馬単は04-16が24.2倍、3連複は01-04-16が26.3倍、3連単は04-16-01が106.1倍でそれぞれ1番人気となっている。


    NHKマイルC-種牡馬データ

    種牡馬 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
    ダイワメジャー 21- 11- 19-123/174 12.10% 29.30% 84 79
    ステイゴールド 11- 5- 15- 94/125 8.80% 24.80% 108 86
    クロフネ 8- 3- 1- 46/ 58 13.80% 20.70% 114 68
    マツリダゴッホ 4- 4- 5- 56/ 69 5.80% 18.80% 72 70
    マンハッタンカフェ 2- 6- 9- 59/ 76 2.60% 22.40% 18 72
    エンパイアメーカー 2- 2- 0- 22/ 26 7.70% 15.40% 138 62
    キンシャサノキセキ 1- 5- 2- 32/ 40 2.50% 20.00% 45 51
    ローエングリン 1- 4- 2- 19/ 26 3.80% 26.90% 141 86
    スクリーンヒーロー 1- 2- 2- 27/ 32 3.10% 15.60% 11 47
    ディープブリランテ 1- 1- 0- 15/ 17 5.90% 11.80% 62 39
    ヴィクトワールピサ 0- 3- 1- 17/ 21 0.00% 19.00% 0 45
    ダノンシャンティ 0- 1- 3- 17/ 21 0.00% 19.00% 0 92
    ロードアルティマ 0- 0- 1- 3/ 4 0.00% 25.00% 0 70
    リーチザクラウン 0- 0- 0- 8/ 8 0.00% 0.00% 0 0


    NHKマイルC-騎手データ

    騎手 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
    戸崎圭太 21- 16- 16- 98/151 13.90% 35.10% 99 78
    ルメール 18- 12- 9- 31/ 70 25.70% 55.70% 78 85
    横山典弘 17- 8- 9- 94/128 13.30% 26.60% 113 65
    北村宏司 12- 13- 11-103/139 8.60% 25.90% 43 71
    内田博幸 12- 10- 10-109/141 8.50% 22.70% 101 70
    柴田善臣 11- 8- 5- 86/110 10.00% 21.80% 78 62
    田辺裕信 8- 14- 22- 94/138 5.80% 31.90% 108 128
    福永祐一 8- 7- 4- 32/ 51 15.70% 37.30% 80 88
    武豊 6- 4- 4- 37/ 51 11.80% 27.50% 77 59
    M.デム 6- 3- 9- 25/ 43 14.00% 41.90% 133 92
    柴田大知 4- 8- 7-142/161 2.50% 11.80% 52 53
    川田将雅 4- 2- 1- 12/ 19 21.10% 36.80% 63 62
    池添謙一 2- 1- 2- 19/ 24 8.30% 20.80% 411 103
    吉田隼人 2- 1- 1- 22/ 26 7.70% 15.40% 66 48
    石川裕紀 1- 7- 4- 78/ 90 1.10% 13.30% 13 34
    高倉稜 1- 0- 0- 0/ 1 100.00% 100.00% 1830 330
    松山弘平 0- 1- 0- 4/ 5 0.00% 20.00% 0 56
    藤岡佑介 0- 0- 1- 4/ 5 0.00% 20.00% 0 104





    勝馬伝説の無料情報が熱い・・・
    無料情報だけで万馬券GETwwwww
    kachium















    京都新聞杯予想|2017年|予想・データまとめ

    うまコラボ

    この的中はヤバ過ぎる…三連単が3回に1回的中する異次元の競馬データ
    予想家が発狂!プロ予想家を軽く超えた精度を実現する競馬指数が話題に
    わずか1分の予想で高配当を的中させる競馬指数(最高72万馬券を的中)


    300x250


    京都新聞杯ニュース
    【京都新聞杯】サトノクロニクル急上昇 池江調教師「確実に良くはなってきた」
    ヤフーニュースより

    【京都新聞杯(土曜=6日、京都芝外2200メートル)マル秘週報】2000年の青葉賞を勝ったカーネギーダイアンをご記憶の方はいるだろうか? もう17年も前のことになるのだが、2着タニノソルクバーノとの馬券で大勝負して、珍しく結構な額の払い戻しを受けた記憶がある。

     もちろん、馬券自慢をしたいわけではない。このカーネギーダイアンの年に、青葉賞→日本ダービーと万全の状態で走り続けることの難しさを実感させられたのが本題。POGで指名していたこともあり「青葉賞のあの勝ち方なら…」とダービー制覇をノーテンキに夢に描いていたのだが…。後に聞いた話では、中間の調整に相当な苦労があったらしい。

     結局、ダービーではレース前から激しくイレ込み7着に敗戦。それからというもの、管理していた松田博元調教師は「青葉賞からダービーに行くなら、よほど楽に勝てないとダメ。やっと権利を取っているようでは、本番では用事はないさ」と繰り返し口にするようになった。ちなみに名伯楽いわく「ダービーへのステップは、皐月賞からが一番やろ」。

     特に関西馬にとって、暑さも気になりだしつつある時期に、長距離輸送を繰り返すだけでなく、2400メートルを続けて走り抜くのは相当過酷。それはカーネギーダイアンに限らず、過去の青葉賞勝ち馬が、いまだにダービーを制していない事実が雄弁に物語っているのだが…。

     先週の青葉賞を楽勝したアドミラブルを目の当たりにして、「今年は歴史が変わるかも」と感じたのは、おそらく記者だけではなかろう。その予感はもちろん、アドミラブル自身の底知れない魅力があってのものだが、皐月賞からの臨戦となる“本流”に抜けた存在がいないことも確実に影響している。

     そうなると、土曜(6日)のプリンシパルS(東京芝2000メートル)、そしてGII京都新聞杯出走馬も、その勝ち方次第ではアドミラブルと同様の可能性を見いだすことができるかもしれない。

     注目したいのは京都新聞杯にエントリーしているサトノクロニクルだ。仮にこの馬が勝てば、管理する池江厩舎は皐月賞1、2着のアルアイン、ペルシアンナイトに、サトノアーサーも加えた「ダービー4頭出し」が見えてくる。18枠中4頭を占めれば、池江厩舎にとってチャンスが大きく広がるのは間違いない。

    「前走(水仙賞=2着)後に歩様が乱れたので、ひと息入れた。2週前の段階でだいぶ戻ってきた感じはあるが、まだいい時に比べると…ね。俺はいい時はいいと言うし、悪いのをいいとは言わない。それじゃあウソツキになるからね」と微妙なトーンだった池江調教師だが、ウッドで長めからきっちり脚を伸ばした1週前追い切りを受け、「確実に良くはなってきたな」とそのトーンは確実に上向いている。

     直前のひと追いで本来の調子を取り戻せるようなら…。また1頭、ダービーの有力候補誕生となるかもしれない。


    京都新聞杯-種牡馬データ

    種牡馬 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
    ハービンジャー 6- 5- 1-28/40 15.00% 30.00% 166 95
    マンハッタンカフェ 2- 2- 1-26/31 6.50% 16.10% 33 62
    ハーツクライ 1- 8- 2-47/58 1.70% 19.00% 4 67
    ルーラーシップ 1- 0- 0- 1/ 2 50.00% 50.00% 185 85
    ヴィクトワールピサ 0- 0- 0- 7/ 7 0.00% 0.00% 0 0
    スクリーンヒーロー 0- 0- 0- 2/ 2 0.00% 0.00% 0 0
    ハイアーゲーム 0- 0- 0- 1/ 1 0.00% 0.00% 0 0


    京都新聞杯-騎手データ

    騎手 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
    ルメール 6- 1- 1-12/20 30.00% 40.00% 147 134
    武豊 4- 5- 3-15/27 14.80% 44.40% 47 86
    浜中俊 3- 4- 4-15/26 11.50% 42.30% 26 150
    和田竜二 3- 4- 2-28/37 8.10% 24.30% 115 59
    川田将雅 2- 2- 4-19/27 7.40% 29.60% 42 70
    幸英明 1- 2- 2-31/36 2.80% 13.90% 17 52
    松山弘平 1- 2- 2-23/28 3.60% 17.90% 20 59
    北村友一 1- 2- 1-11/15 6.70% 26.70% 107 126
    四位洋文 1- 0- 1-11/13 7.70% 15.40% 30 160
    池添謙一 0- 0- 3-17/20 0.00% 15.00% 0 36




    勝馬伝説の無料情報が熱い・・・
    無料情報だけで万馬券GETwwwww
    kachium















    NHKマイルC予想|2017年|馬体診断まとめ(デイリー)

    無料情報で万馬券-勝馬伝説、いつも感謝していますよw

    batai














    ヤフーニュースより

    【NHKマイルC馬体診断】ボンセルヴィーソ
    【ボンセルヴィーソ=評価A】

     ダイワメジャー産駒だが、胴長&脚長の体形。あばらもうっすらと見せているが、上質な筋肉に覆われていることで見栄えのするバランスのいいシルエットになっている。

     中山に遠征してのNZTは稍重の馬場で激走したが、その疲れを全く感じさせないりりしい表情は充実の証しだろう。朝日杯FS時は、トモに丸みがなく全体的に頼りなさがあったが、5カ月足らずで前腕とトモが一気にたくましくなったのは驚きだ。肩の角度が立ち気味でストライドを大きく稼げないが、スピードの生きる千六なら難なく克服できる見立て。再度の関東遠征でもこの馬体なら心配ないだろう。(馬サブロー栗東・吉田順一)

     〈1週前追い切り診断〉松山を背に栗東CWで6F82秒9-37秒7-11秒7(馬なり)。切れのあるフォームで、一杯に追われるデンコウリキ(7歳1600万下)に楽々と0秒1先着した。引き続き状態はいい。

    【NHKマイルC馬体診断】レッドアンシェル

    【レッドアンシェル=評価A】

     勝ち気過ぎる気性のためなのか、デビュー以来、一貫して2ヶ月程度の間隔をあけつつレースを使っている。それでも2歳時は食べたものが身にならず、朝日杯FSでは臀部(でんぶ)がへっこんで全体的にすっきりし過ぎのシルエット。

     しかし、今回は体質が強化したこともあってか、かなりふっくらとしたフォルムになっている。マンハッタンカフェ産駒らしいトモ腰の甘さは少し残っている印象だが、前腕のボリュームやトモの丸みなどは、まるで別馬のよう。気性面と初めての長距離輸送を考慮すれば、これぐらいの体付きはいいあんばいだ。(馬サブロー栗東・吉田順一)

     〈1週前追い切り診断〉福永を背に栗東CWで6F82秒4-36秒4-12秒1(強め)。レッドソロモン(5歳オープン)を追走する形から手応えに余裕を残したままで0秒4先着。前走時より体全体を使ったフットワークで、気配は上向いている。
    【NHKマイルC馬体診断】アウトライアーズ
    【アウトライアーズ=評価B】

    太めの首差しで、胸前ががっちりとしたタイプ。加えて背丈が低めで、体形面から距離が短縮されることはプラス材料だろう。腹回りは前回と比較して締まって映るが、元々しっかりとしているつくり。むしろバランスを考えると、これぐらいがちょうど良さそうな印象を持つ。前、後肢は引き続きいい張りを維持。

     皐月賞後で間隔が詰まってのダメージは心配されたが、当馬のシルエットは保てており、見た目には問題ない立ち姿。(馬サブロー美浦・石堂道生)

     〈1週前追い切り診断〉美浦Wで4F57秒5-43秒2-14秒2(馬なり)。無理せず馬の気に任せたが、フットワークは大きくて柔らかい。馬体減りもなく、激戦後のダメージは皆無。
    【NHKマイルC馬体診断】アエロリット
    【アエロリット=評価B】首差しは細めですっきりとしているが、体付きはがっしりしており筋肉質。それでも体高があり、輪郭もくっきりとしている分、窮屈なところは一切なし。クロフネ産駒は皮膚が厚めでボテッとしたタイプがよく見られるが、当馬は締まる部分は締まっており、メリハリが利いている。

     前進気勢が勝る面も相まってはいるが、スピード負けしない点も納得の姿。桜花賞時よりも全体的に張りがあり、体調面の良さが伝わってくる。(馬サブロー美浦・石堂道生)

     〈1週前診断〉30日の日曜に美浦Wで6F85秒2-39秒8-13秒6(馬なり)。体は相変わらずグッと引き締まって、力強いフットワークで駆け抜けた。状態面に不安はない。



    うまコラボ

    この的中はヤバ過ぎる…三連単が3回に1回的中する異次元の競馬データ
    予想家が発狂!プロ予想家を軽く超えた精度を実現する競馬指数が話題に
    わずか1分の予想で高配当を的中させる競馬指数(最高72万馬券を的中)


    300x250




    このページのトップヘ