エプソムカップ予想・データ・最新情報まとめ

 6週連続のGIシリーズが終わり、東京では日曜メーンにエプソムカップ(14日、GIII、芝1800メートル)が行われる。過去の優勝馬では1991年のプレクラスニーが繰り上がりながら同年の天皇賞・秋を制覇、96年のマーベラスサンデー、2007年のエイシンデピュティがそれぞれ翌年の宝塚記念を制覇しているように、ここを勝って飛躍した馬もいる。近年では、このレースの2着馬からもジャスタウェイやダノンシャークがGI馬へと出世した。今年も素質あふれる馬がそろっており、秋を占う意味で重要な一戦になる。

 サトノアラジン(栗東・池江泰寿厩舎、牡4歳)は1600万下・春興S、オープン・モンゴル大統領賞を連勝中。全姉にエリザベス女王杯勝ち馬ラキシスを持つ良血馬が本格化を印象付けている。前走は今回と同じ東京芝1800メートル戦で後方一気の強い内容だったうえ、タイム1分44秒7(良)も優秀。ラジオNIKKEI杯2歳S(3着)ではワンアンドオンリー、共同通信杯(3着)ではイスラボニータといい勝負をした実績もある。ダービー馬キズナ、桜花賞馬アユサンと同じディープインパクト×ストームキャットの配合。今回は重賞初制覇のチャンスだ。

 エイシンヒカリ(栗東・坂口正則厩舎、牡4歳)もディープ×Sキャットで前出アラジンと同じ配合だ。デビュー5連勝でオープン・アイルランドTを制覇。当時は直線で外ラチ沿いまでヨレながらも圧勝して、強烈なインパクトを残した。続くチャレンジCは逃げて9着と1番人気を裏切ったが、リフレッシュして臨んだ前走・都大路Sを楽に逃げ切って復活。粗削りな面が残るが、まだまだ奥がありそうな馬で、前走からコンビを組んでいる武豊騎手が2度目の東京をどう攻略するかという点でも注目したい。

 99、00年のアメリカンボス、03、04年のマイネルアムンゼンに次ぐ3頭目の連覇がかかるのがディサイファ(美浦・小島太厩舎、牡6歳)。昨秋のGIでは天皇賞12着、ジャパンC15着とハードルの高さを感じさせたが、前走のGIII中日新聞杯で重賞2勝目をマークした。今回は3カ月ぶりの実戦になるが、3日の1週前追いは美浦Pコースで、5ハロン65秒5を馬なりで計時。仕上がりの良さをアピールしている。

 ユールシンギング(美浦・勢司和浩厩舎、牡5歳)はGIIセントライト記念、GIII新潟大賞典と重賞を2勝。東京コースでも【1・2・1・0】と馬券圏内を外していない堅実さがある。ここ5戦はいずれも着外に敗れているが、前走の新潟大賞典は8着ながら勝ったダコールとの差は0秒5。復調気配を漂わせており、見限れない馬だ。

 安田記念を直前で自重してこのレースに回ったフルーキー(栗東・角居勝彦厩舎、牡5歳)、不振続きながら休養がプラスに出る可能性があるペルーサ(美浦・藤沢和雄厩舎、牡8歳)、モンゴル大統領賞3着で復活の兆しを見せた一昨年の青葉賞優勝馬ヒラボクディープ(美浦・国枝栄厩舎、牡5歳)、一昨年のNHKマイルC優勝馬マイネルホウオウ(美浦・畠山吉宏厩舎、牡5歳)、経験を積んで重賞でも差のない競馬をしているアーデント(美浦・加藤征弘厩舎、牡6歳)、モンゴル大統領賞で出走を取り消したが、立て直してここに臨むダノンジェラート(美浦・萩原清厩舎、牡6歳)、昨秋この舞台で行われたGII毎日王冠で2着に好走したサンレイレーザー(栗東・高橋義忠厩舎、牡6歳)など、いずれも上位争いに加わって不思議はない面々。GIシリーズが終わっても、日曜の東京は好メンバーによる見応え満点のレースが期待できる。

 

エプソムカップのデータ

1) エプソムカップ種牡馬データ


種牡馬着別度数勝率連対率複勝率単勝複勝
ディープインパクト34- 26- 29-131/22015.50%27.30%40.50%6884
シンボリクリスエス11- 10- 14- 79/1149.60%18.40%30.70%5780
マンハッタンカフェ9- 5- 5- 70/ 8910.10%15.70%21.30%9264
ゼンノロブロイ7- 6- 5- 70/ 888.00%14.80%20.50%6555
ローエングリン3- 3- 0- 13/ 1915.80%31.60%31.60%560253
アグネスタキオン2- 3- 4- 37/ 464.30%10.90%19.60%1750
スズカフェニックス0- 2- 0- 3/ 50.00%40.00%40.00%080
Redoute's Choice0- 0- 0- 1/ 10.00%0.00%0.00%00

 

2) エプソムカップ種牡馬データ

騎手着別度数勝率連対率複勝率単勝複勝
北村宏司21- 11- 16- 84/13215.90%24.20%36.40%11776
内田博幸13- 12- 11- 81/11711.10%21.40%30.80%5070
田中勝春10- 6- 10- 75/1019.90%15.80%25.70%292116
三浦皇成7- 10- 16- 78/1116.30%15.30%29.70%5294
石橋脩7- 6- 4- 72/ 897.90%14.60%19.10%4645
武豊5- 3- 3- 22/ 3315.20%24.20%33.30%11681
四位洋文5- 1- 0- 14/ 2025.00%30.00%30.00%6544
柴田大知4- 8- 8- 90/1103.60%10.90%18.20%3884
柴山雄一2- 1- 1- 35/ 395.10%7.70%10.30%3143
ルメール1- 0- 1- 7/ 911.10%11.10%22.20%2833
吉田隼人1- 0- 1- 23/ 254.00%4.00%8.00%2313
木幡初広0- 0- 0- 21/ 210.00%0.00%0.00%00
丸山元気0- 0- 0- 20/ 200.00%0.00%0.00%00
 
エプソムカップツイッターの声
 

 

エプソムカップの2chの声

 

14:2015/06/11(木) 20:15:27.67 ID:
武日記見たか。
なんかこうグッとくるもんがないような言い草だな。
底見えてるんじゃないだろうか。
17:2015/06/11(木) 20:23:31.11 ID:
>>14
半信半疑っぽい感じだね
馬というより、厩舎に不信抱いてそうw
追い切り失敗して、のほほんと笑ってる厩舎だしw
21:2015/06/11(木) 20:50:23.71 ID:
>>14
確かに。いい人だけど、賭けられない(>_<)
28:2015/06/11(木) 21:35:03.49 ID:
アラジンが突き抜けるな
エプソムCが初重賞制覇でG1まで勝った馬といえば
マーベラスサンデーが思い浮かぶ
34:2015/06/11(木) 22:06:24.35 ID:
軸はアラジンかなーやっぱり
池江は好調だしね