サトノアラジン|マイルチャンピオンシップニュースまとめ

 

これだけ美味しい競馬予想会社があるんだな

ハイブリッド 
http://okanemoukeplus.com/
元競馬関係者ならではの経験値!競馬の素人・プロの方でも満足の情報を無料でお届け。

プライド 
http://pride-k.com/
元競馬関係者が毎週お届けする競馬情報。競馬元騎手の予想など無料コンテンツが満載

ファンファーレ 
http://ffr.tw/
登録料0円/情報料0円で予想公開中無料でお役立ち情報をお届けします!

高配当21
http://ko-21.jp/
地方競馬から中央競馬までの無料予想が激アツ

千軍万馬 
http://sngn.jp/
マル秘情報で先を行け!信頼の競馬情報

by競馬予想会社ファン


マイルCSサトノアラジン好枠ゲット!上積み大きい

 「マイルCS・G1」(22日、京都)

 縁起がいいのは“末広がり”だけが理由ではない。サトノアラジンが引き当てたのは、今や厩舎の大将格となったラブリーデイが天皇賞・秋を制した時と同じ4枠8番。枠順を確認した兼武助手は「おお、いいですね」と素直に第一声を発した。

 好枠ゲットで自信をさらに深めたが、その根底には好仕上がりの裏付けがある。18日に栗東CWで上がり重点の併せ馬を消化したが、その後も乗り込みは順調だ。20日朝も栗東の角馬場で乗り込んでから坂路で4F64秒6-14秒3をマーク。柔らかい身のこなしでゆったりと四肢を伸ばした。

 秋初戦となった前走の富士Sはあくまでもたたき台の一戦。2着に食い込んだが、仕上がり途上で、G1本番へ向けて良化余地を大きく残していた。「上積みは相当あります。ジョッキー(ルメール)も2週またがって好感触を得たみたい。完成度という意味では、本物になるのは来年かもしれませんが、状態はすごくいいと思います」と同助手は自信たっぷりに胸を張る。

 トーセンスターダムと2頭出しとなる池江厩舎は勝てば今年のG1・5勝目となり、自身が11年に、岩元師が00年にマークした最多勝に並ぶ。次週のジャパンCにはラブリーデイ、ミッキークイーンの牡牝エースが登場。記録更新に王手をかけることができるかにも注目が集まる。

 
マイルCS勝利のチャンス!未完の大器アラジン
 

 今年のマイルCS(22日、京都)は傑出馬不在で混戦ムードが漂う。サトノアラジンは重賞未勝利ながら、素材は一級品で、父ディープインパクト譲りのスケールの大きな走りが魅力。4歳の秋を迎えて、心身とも上昇カーブを描いており、強豪相手のGIでも互角の勝負が可能だ。

 未完の大器サトノアラジンが上り調子で大舞台に立つ。

 「乗っていて相当なポテンシャルを感じる。ラブリーデイと比べてもね」

 今年の宝塚記念、天皇賞・秋を制したラブリーデイも担当する山元助手が、GI2勝馬と遜色ない手応えを感じている逸材。潜在能力ならば、マイル路線でトップレベルといってよく、重賞初勝利をGIで決めても、不思議ではない。

 2歳時から評判になっていた馬で、3歳秋は菊花賞に駒を進めたが6着。そこから陣営は1600~1800メートル戦に方向を定めた。

 「乗り方ひとつで距離はこなせるけれど、以前から本質的にはマイル前後の距離が合っている感じがあった」

 厩舎の広報役、兼武助手はそう振り返る。路線変更後は安定感を増して、4歳になった今年は5戦して2勝2着3回と連対率は100%。前走の富士Sはダノンプラチナにクビ差の2着だったが、約4カ月ぶりでもあり、本番につながる走りはできた。

 休み明けを1度使った上積みは当然大きい。11日の1週前追い切りは、栗東CWコースで軽快な動きを披露。騎乗したルメール騎手は「反応がよかった。大型馬なので前走は休み明けのぶん、ラスト50メートルで脚が上がった。速い時計に対応できるので京都は合うはず」と意欲十分だ。

 全姉のラキシスは4歳時の昨秋にエリザベス女王杯を勝ち、重賞初VをGIで飾った。血統背景を考えても、アラジンにとってここはチャンスだ。

 「素質はピカイチ。GIホースがそろっているここでも、ヒケは取らないと思う」と兼武助手も意気込む。前週のエリザベス女王杯は重賞未勝利のマリアライトがV。今週も無冠の素質馬が京都で躍動する。(片山和広)

 
マイルCSサトノアラジン90点 脚が長く筋肉ムキムキ

 サトノアラジンは脚長の馬体。前肢は膝から下が、後肢は飛節から下が少々長い。首が太く、膝は大きく、トモ、肩にはたっぷり筋肉が付いています。パワーあふれるマイラー体形と言えます。毛ヅヤもいい。イスラボニータ、モーリスに次ぐ評価とします。

 
マイルCSサトノアラジン、能力はラブリー級
 

 サトノアラジンは休み明けの前走、富士Sで2着と好走した。重賞未勝利だが、山元助手は「乗っていてポテンシャルは相当なものだと感じる。ラブリーデイと比べても…」と天皇賞・秋を制したもう1頭の担当馬を引き合いに、素質を高く評価。「前走は競馬に使えるというくらいの状態。叩いて体が締まってきたし、今度の方が状態はすごくいい」と力が入る。


競馬スピリッツの予想が熱い


競馬予想に役立つ無料情報サイト
競馬スピリッツ 
http://www.hicchu.net
元競馬関係者が毎週お届けする競馬情報。競馬記者の予想など無料コンテンツが満載

by競馬予想会社ファン