フィエロ|2015年マイルチャンピオンシップニュースまとめ


競馬予想に役立つ無料情報サイト
競馬スピリッツ 
http://www.hicchu.net
元競馬関係者が毎週お届けする競馬情報。競馬記者の予想など無料コンテンツが満載

by競馬予想会社ファン


フィエロ切れ味全開12秒2/マイルCS

<マイルCS:追い切り>

 マイルCS(G1、芝1600メートル、22日=京都)の追い切りチャンピオンは昨年2着のフィエロ(牡6、藤原英)となった。栗東坂路での併走追いで一瞬にして抜け出す反応の良さ。前哨戦のスワンS(2着)より、明らかに状態は上向きだ。先週のエリザベス女王杯では、2頭しかいなかったS評価が2着(ヌーヴォレコルト)、3着(タッチングスピーチ)に好走。今週のS評価も大注目だ。

 念願のG1制覇を果たせる状態に仕上がった。昨年のマイルCSで2着に惜敗したフィエロが、今年こその雰囲気を感じさせる好調教。S評価で、まずは追い切りチャンピオンだ。

 18日、うっすらとモヤがかかり始めた朝一番の坂路。前を行くサクセスグローリー(古馬1000万)の直後を走っていたフィエロは右へ持ち出された途端、自らスパートした。鞍上の鮫島良騎手(レースはMデムーロ騎手)が一瞬、手綱を引くほどの急加速。ラスト1ハロン12秒2という切れ味を発揮し、併走馬を4馬身置き去りにした。だが、鞍上の手は軽く動いた程度。「いっぱいに追っていたら11秒台だった」とまだまだ余力は十分にあった。

 鮫島良騎手は、たびたびフィエロの追い切りに起用される。前走は2週前だった。「ここぞというポイントで乗ってもらう。鮫島が乗って『いい』と言えばまず走ってくる(好走する)」と藤原英師の信頼は厚い。そんな鞍上が好ジャッジを下した。

 「前走とは馬が違う。スイッチが入るとガツンと来るが今回はそれがある」。

 それを受けた師は「自信を持って出せる」と満足げだった。

 休み明けで、今回ほどの状態ではなかったスワンSでも2着に好走した。直線で前が開くのを待たされた分、先に抜け出したアルビアーノを捉えられなかったが、脚色は明らかに上回っていた。

 前走が初騎乗だったミルコは「すごい脚だった。京都の外枠は難しいけどよく走ってくれた。本当にいい馬」と絶賛する。

 さらに今回はワンランク上の状態で挑める。追われてからの反応や、スパートできる距離が延びるはずだ。トレーナーは「能力的に今がピークに近い」と語る。2着に惜敗した昨年の無念を晴らす可能性は十分にありそうだ。【岡本光男】

 
フィエロ、悲願のビックタイトルへこん身の仕上げ

 「マイルCS・G1」(22日、京都)

 悲願のビッグタイトル獲得に向けて、こん身の仕上げで臨むフィエロは5枠10番に決まった。知らせを受けた荻野助手は「いいところですね。状態がいいですし、けさもいい感じでしたよ」と声を弾ませた。

 決戦を2日後に控えた20日朝は、栗東坂路を落ち着いた様子で駆け抜け4F70秒0-16秒1。昨年鼻差2着の雪辱へ、しっかりと筋肉を解きほぐして順調さを伝えた。

 

フィエロG1初制覇へ「予定通り」マイルCS

 昨年2着のフィエロ(牡6、藤原英)は坂路をキャンターで上がった。ラスト14秒3に「予定通り。前走から上積みを持っていける」と藤原英師。

 真ん中の枠にも「並びを見たら、自分の思い描いていたレースができそう」と勝利のイメージはできた。厩舎の先輩トーセンラー(13年=1着)に続き、ここでG1初制覇なるか。

 

 

 

安定度がすごすぎのフィエロ…やっぱり無視できないw

 


 

無料コンテンツが熱い競馬情報会社

勝馬伝説 
http://www.l-horse.com/
勝馬伝説の無料情報だけで万馬券ゲット。無料情報に期待。

金馬 
http://www.kin-uma.com/
毎週競馬情報お届けする競馬情報。無料コンテンツが満載。

チェンジ
http://www.5il.org/
重賞の無料馬連予想の的中率が半端ない。

すごい競馬 
http://www.shopwin.biz/
マル秘情報で先を行け!信頼の競馬情報

by競馬予想会社ファン