日本ダービー(東京優駿)2016年|馬体診断のまとめ
 
リオンディーズ(評価A)

 「日本ダービー・G1」(29日、東京)

 出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評がある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、競馬の祭典に出走を予定する各馬をS~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

【写真集】週末予想の参考に…日本ダービー馬体診断

 【リオンディーズ=評価A】

 半兄のエピファネイア同様に胴長&脚長の体形。角居厩舎は普段の運動量が豊富なためかトモが膨らまない馬が多いが、同馬もデビュー時からシルエットは変わらない。

 天候の影響もあるのか黒光りした皮膚の薄い質感は見栄えがし、前走以上に研ぎ澄まされている印象を受ける。朝日杯FSや皐月賞時の立ち姿の写真と比べると聡明(そうめい)な目をしているのは好感が持て、心身のバランスが良くなってきたのは強調材料。

 追い切り後の撮影でほぼ100点に近い状態になっており、あとはこの馬体を本番までしっかりとキープできるかが大きなポイントとなりそうだ。馬体重は500キロを少し切るぐらいが理想だろう。(馬サブロー栗東・吉田順一)

 〈1週前診断〉M・デムーロ騎手を背に栗東CWで6F84秒7-12秒3(馬なり)。先行する2頭を見ながら、しっかり我慢を利かせる内容。トップギアに入ったゴール前100メートルからの脚勢は素晴らしかった。道中もうまくコンタクトが取れており、巻き返しへ好ムード。

 

マカヒキ(評価S)

 

 「日本ダービー・G1」(29日、東京)

 出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評がある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、競馬の祭典に出走を予定する各馬をS~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

【写真集】週末予想の参考に…日本ダービー馬体診断

 【マカヒキ=評価S】

 四肢を真っ直ぐに出すきれいなフォームで、つなぎは長めで角度や柔軟性は適性。ハイレベルと言われているこの世代だが、その中でもトップクラスの素材の持ち主という評価は早い時期から変わらない。

 ただ弥生賞あたりは前後のバランスがイーブンの印象だったが、皐月賞ではトモがこぢんまり映るシルエット。ハードに攻めを積んだ影響を危惧してB評価にしてしまったが、結果的には前腕のたくましさが増したことが要因だったようだ。

 今回も少しだけ前が強いバランス比重だが、それでもトモのボリューム感は前走以上。1週前、2週前追い切りは栗東CWで意欲的な併せ馬を消化しているが、その効果かより皮膚の薄いシャープな質感になってきたのはプラスだ。

 1週前追い切り後の撮影だが、細く見せるところはなくしっかりと馬体を維持して至極順調な様子。相変わらず頭の位置は高いが、聡明(そうめい)な目つきとキリッとした立ち居振る舞い。今回は出走馬中、最高の評価を与えても良さそうだ。(馬サブロー栗東・吉田順一)

 〈1週前診断〉川田を背に栗東CWで6F82秒7-11秒6(仕掛け)。ジルダ(4歳1600万下)を0秒7追走して0秒6先着。4角ではパートナーと内外の間隔をあけて馬場の大外。フォームに全くブレがなく、ゴーサインが出たラスト1Fの伸びは圧巻だった。攻め気配は申し分ない。



ダービーの予想はここを信頼
毎週・・・無料予想をだしていることは
もちろん的中率も高いwwww
dabysugoi






















 
サトノダイヤモンド(評価B)
 

 「日本ダービー・G1」(29日、東京)

 出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評がある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、競馬の祭典に出走を予定する各馬をS~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

【写真集】週末予想の参考に…日本ダービー馬体診断

 【サトノダイヤモンド=評価B】

 皐月賞同様に1週前の追い切り後の撮影。この時点での池江厩舎の牡馬は、皮膚を厚ぼったく見せ力感たっぷりの姿で映ることが多い。皐月賞時の当馬もボリューム満点の馬体を誇っていたが、今回は気持ちスカッとしたシルエットになっている。

 これはダービーに重きを置いたローテーションで馬体を凝縮させているのか、もしくは激戦の皐月賞の反動があるのか。目つきや馬体の張りつやを考慮すれば、個人的には全体的に少ししぼんだ印象を受けている。皐月賞時はA評価だったが、今回はB評価にとどめたい。(馬サブロー栗東・吉田順一)

 〈1週前診断〉栗東CWで6F81秒3-11秒9(一杯)。同じくダービーに出走するプロフェットに0秒3、エアカミュゼ(5歳1600万下)に1秒先着。先週も時計的には十分に動けていたが、反応や加速がさらに良くなった。抜け出してからもビッシリ追っており、明らかに皐月賞以上の調整過程。

 
スマートオーディン(評価A)

 「日本ダービー・G1」(29日、東京)

 出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評がある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、競馬の祭典に出走を予定する各馬をS~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

【写真集】週末予想の参考に…日本ダービー馬体診断

 【スマートオーディン=評価A】

 スラッとした長くて細い首差しだが、それに見合う薄手で胴長のシルエット。少しひばらが切れ上がっているように見えるが、これはいつものことでトモ高の体形によるものだろう。

 京都新聞杯を使って間もないこともあってか、あばらを見せて今すぐにでもレースに出走できそうな姿形。1週前追い切り前の撮影を踏まえれば仕上がり過ぎの印象すら受けるが、併せ馬の攻めを消化できたということは、陣営の思惑通りに進んでいるということ。ダービートレーナーの松田国師が、ノウハウを駆使して3度目の制覇に挑む。(馬サブロー栗東・吉田順一)

 〈1週前診断〉栗東CWで6F85秒0-11秒7(馬なり)。プロクリス(5歳1600万下)を0秒6追走して0秒2先着。最後まで余力十分の手応えで、はじけるように伸びてきた。気配も申し分なく、状態はさらに上向いている。

ディーマジェスティ(評価B)

 「日本ダービー・G1」(29日、東京)

 出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評がある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、競馬の祭典に出走を予定する各馬をS~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

【写真集】週末予想の参考に…日本ダービー馬体診断

 【ディーマジェスティ=評価B】

 トモ、臀部(でんぶ)は、はち切れんばかりの肉付きがあり、さらに迫力を増してきたが、幾分ゆったりと見せる。

 皐月賞時にもふれたが、ディープインパクト産駒にしては重厚で、ボリュームのあるシルエット。母系が色濃く出たものと捉えられるが、それを踏まえても、今回は少し緩みがあるのは否めない。

 それでも1週前は5F66秒台での調教を楽々とマークし、さすがの動きを披露。週末も続けて追い切りを消化していることからも、態勢は整ってくると思われるが、B評価にとどめる。

 がっちりとした体に反して短めながらも首差しがシャープ。走りに重さは一切なく、前傾が沈む柔らかさも伴い、可動域が広いフットワークが特徴。共同通信杯に続き、皐月賞も良発表でも雨の影響が残りパワーを要求される状態でのものだが、走りからは高速馬場でも問題ないだろう。(馬サブロー美浦・石堂道生)

 〈1週前診断〉美浦Wで5F66秒7-13秒2(馬なり)。終始楽な手応えで、併せた僚馬を圧倒した。もう少し馬体が締まってほしいが、動きに関しては前走と遜色ない。



無料コンテンツが熱い競馬情報会社

ギャロップジャパン
 http://www.l-horse.com/
ギャロップジャパンの無料情報だけで万馬券ゲット。

チェンジ
http://www.5il.org/
重賞の無料馬連予想の的中率が半端ない。

すごい競馬 
http://www.shopwin.biz/
マル秘情報で先を行け!信頼の競馬情報

by 競馬情報会社.com