エリザベス女王杯予想|2016年|共同会見まとめ
 
勝馬伝説の無料予想が熱い・・・・無料情報で万馬券GET


パールコード中内田師『力を出せる状態です』/エリザベス女王杯共同会見

■パールコードを管理する中内田充正調教師

――前走の秋華賞2着、素晴らしい競馬でした。
中内田 負けましたけどね。陣営は悔しい思いをしています。

――秋華賞は秋の目標レースだったのでしょうか?
中内田 そうですね。春の時点からこの馬の適性を考えながら、秋華賞が一番走れるところかな、と思っていました。そこを狙って順調に馬が応えてくれたかな、というかんじでした。川田ジョッキーが上手に誘導してくれて、結果2着でしたけどパールコードのレースは出来たかな、と思います。

――内容そのものについては納得のいくものだったと?
中内田 結果以外は納得しています。

――今回は結果を求めて、ということになりますか?
中内田 あくまでも挑戦者の立場ですし、古馬相手、もちろんGI馬もいます。その中でパールコードがどこまで走れるか、というところですね。

――今年の3歳牝馬三冠路線は勝ち馬がすべて異なりました。そして、その馬たちは今回出走しません。パールコードが3歳の代表という意味合いになるかと思いますが。
中内田 結果的にそうなりましたが、パールコード自体が3歳牝馬クラスでも上のほうだと思っていましたので、そのへんは代表するかたちで頑張らせてもらいます。

――先週はCW、今週は芝での追い切りとなりました。
中内田 今朝の馬場状態を確認したところ、芝がパールコードにとって一番走りやすいところかなと思ったので芝コースで追い切りました。先週は予定よりずいぶん速い時計になりましたが、その後、馬も大丈夫でした。今朝はちょうどいいくらいの時計でした。理想の調整ができたと思います。馬の力を出せる状態に持っていけそうですね。

――ダイナミックな走りをしますね。
中内田 そうですね。体はあるほう、(馬体重は)500ちょいある馬ですので、ストライドが大きく、体を大きく使ってくれるのがこの馬の特徴かな、と思っています。

――血統的には父、母どちらが出ていますか?
中内田 難しいですね。両方ではないでしょうかね。血統だけみれば、世界的に通用してもいい血統だと思います。

――今回は京都外まわりの2200mとなります。
中内田 そうですね。初めて走るコースになりますが、前走の内容を考えれば対応してくれるのではないかな、と思っています。

――デビュー戦も外回りでしたよね?
中内田 デビュー戦はまだ訳がわからず走ってきたかんじがありましたが、競馬に行ってからのセンスがとてもいいのでその辺に期待したいところです。

――相手はさらに強くなりますが?
中内田 強いメンバーでパールコードがどこまで走れるか、ですよね。今後に繋がるかと思っています。

――秋華賞はマイナス体重でしたが?
中内田 数字的な問題で、体を見れば僕は全然問題ないかな、と思っていました。調教もしっかりして、カイバもきれいに食べていましたので心配していませんでした。

――いまの状態は?
中内田 使った後もまたひとつ良くなったかんじがありましたので、さらにパールコード自体の力が出せるような状態にあるのでは、と思います。

――初重賞勝ちがGIになるといいですね。
中内田 そうですね。結果、そうなればいいな、と思っています。

――当日の条件についてはいかがですか?
中内田 一番心配しているのは天気ですね。できれば良馬場で走らせてあげたいな、と思います。枠順については上手に競馬してくれる馬なので、決まったところで競馬するしかないかな、と思っています。

――最後に抱負を。
中内田 前走の秋華賞では皆さんに応援していただきましたが悔しい思いをしました。今回はまたパールコードのいいところを見せられればと思っています。ぜひ競馬場に足を運んでパールコードを応援して下さい。よろしくお願いします。

(取材・写真:花岡貴子)



浜中騎手『またミッキークイーンと一緒にタイトルを』/エリザベス女王杯 

 

■ミッキークイーンに騎乗予定の浜中俊騎手

――先週、今週の追い切りはともに坂路で52秒0という時計を出しています。
浜中 いい動きでした。先週の1週前追い切りはまだ休み明けという感じだと思っていたんですけど、今週の動きはよかったです。

――同じ時計ですが、内容が違ったのですね?
浜中 はい。今日のほうが馬の気持ちも入っていて走りも集中できたと思います。

――この春は人馬ともに欲求不満の内容だったのでは?
浜中 そうですね。自分も怪我をして休んでいましたし、ミッキークイーンもGIで2着という成績でした。秋はいい結果を一緒に得られるように頑張りたいと思います。

――予定していた京都大賞典は回避。それを聞いた時の気持ちは?
浜中 大事をとっての回避ということで、こうして無事戻ってきてくれましたからホッとしています。

――現在の状態の感触は?
浜中 もともと、競馬を一度使ったほうがよくなるタイプですが、いつもの休み明けと遜色ない仕上がりで競馬に臨めると思います。休み明けでも十分よく走ってくれる馬です。

――エリザベス女王杯のコースはいかがでしょうか?
浜中 外まわりのほうがこの馬には間違いなく合うと思います。

――ミッキークイーンは浜中さんにとってどういう馬ですか?
浜中 ひじょうに優秀な馬ですので、そういう馬に乗っているということは僕自身嬉しいですし、今年怪我をしてから復帰するにあたってのひとつの大きなモチベーションになっていたのもこのミッキークイーンでしたので。またこの馬と一緒にタイトルを獲りたいという気持ちはひじょうに強いものがあります。

――乗りやすい馬ですか?
浜中 ほんとに乗りやすいです。乗り手に従順で、ひじょうに賢い馬です。

――不安な点は?
浜中 強いて言うならばスタートですかね。もともとゲートがそんなに上手ではないんですけども…他馬と一緒ぐらいに出れればいいなと思っています。

――過去の実績から今回も有力候補の1頭となりますが?
浜中 やはりGIですので牝馬同士といえども強い馬がいますので。ただ、ミッキークイーンは牝馬同士では力が上だと思っていますので、今回もいいレースをしてくれると思います。

――マリアライトへの意識は?
浜中 マリアライトが実績では一番上だと思いますね。宝塚記念を勝って、去年のエリザベス女王杯も勝っている馬ですので、やはり一番意識している馬なのは間違いないですけども、一緒に走ったことがないですからね。未知の部分もありますけども、それよりもミッキークイーンの方がマリアライトを上回ってくれるという期待の方が僕は大きいです。

――レースの位置取りは?
浜中 レースはスタートしてみないと分かりませんけども、とにかくミッキークイーンが走りやすい、リズムのいい競馬をしてあげられればと思います。力を引き出せる乗り方をしたいです。

――改めて抱負を。
浜中 これだけの素晴らしい馬は自分にとっては(ほかに)いませんので、もうひとつ、ふたつ。もっともっとタイトルを獲りたいと思っています。期待しています。


■ミッキークイーンを管理する池江泰寿調教師

――京都大賞典を回避しましたが?
池江 球節をちょっと捻挫しましたので、大事を取りました。女王杯なら乗り込む時間がもう少しあるので、無理に京都大賞典を使って再発するよりはじっくり乗り込もうと思ってこのようにしました。

――坂路での追い切りは先週、今週と52秒0という時計でした。
池江 先週はまだもっさりしていましたが、今週の方がシャープに動きました。一回使って良くなるタイプなので、その辺は何とも言えませんが。まぁ、休み明けとしては仕上がったとは思います。

――今回は休み明けですが、そのあたりは?
池江 どうしても休み明けはレース感覚が鈍って、ゲートを出遅れたり、勝負どころで反応が遅かったり、行き脚がつかなかったりします。小柄な馬なのですが、叩き良化型の部分もあります。でも、休み明けとしての態勢は整ったと思います。脚元の保護のために坂路で調教をしていますし、スタッフもケアしてくれています。何とか保っているのですけれど、よくここまで牧場のスタッフも厩舎のスタッフもケアしてくれたと感謝しています。

――馬体重は?
池江 若干増えていますが、背丈も高くなっています。

――プラス体重でしょうか?
池江 数字は関係ないと思います。

――馬場については?
池江 緩い馬場はこなしますので、馬場状態はあまり気にしていません。

――枠順は?
池江 偶数のほうがいいですね。初戦は出遅れますのでね。

――改めて抱負を。
池江 前哨戦を使えなかった誤算はありますけれど、休み明けとしての態勢は十分整ったと思います。去年のローズステークスや今年の春の阪神牝馬ステークスと同じぐらいのデキには持ってこれたと思っています。暖かく見守っていただければと思っています。

(取材・写真:花岡貴子)

マリアライト久保田師『立場に恥じないレースを』 

 昨年のエリザベス女王杯の覇者で、今年6月に宝塚記念を制してGI2勝となったマリアライト(牝5・美浦・久保田貴士)が、ウッドチップコースで単走の追い切りを消化。追い切り後、久保田調教師の共同記者会見が行われた。

(前走のオールカマー5着を振り返って)
「宝塚記念を勝った後に夏休みでひと息入れてからの秋初戦でしたが、こちらが思っていた通りの調整はできました。ただ勝負どころでの反応が少し悪く、もう1つ物足りない内容でした」

(中6週になるが、ここまでの調整過程は?)
「昨年同様、1度ノーザンファーム天栄に放牧に出してリフレッシュして、約1ヶ月前に厩舎に戻しました。それからは順調に調整しています」

(1週前追い切りの内容と評価は?)
「久しぶりに蛯名さんに乗ってもらいました。今回メンコをどうするかを考えていたので、1週前は外して追い切りをしました。今週も同じように追い切りの日だけはメンコを外してやってみましたが、外した分、少し馬もピリッとしていい感じだったと思います」

(実践でメンコは?)
「ほぼ外していきたいなと思っていますが、あとは当日の雰囲気を見ながら、ギリギリまでは考えたいなと思っています」

(例えばパドックで着けて、ゲート裏で外すということも?)
「外す時はそういうパターンになると思います」

(ウッドチップコースで単走の今日の追い切りについて)
「ひと追いごとに馬の走るバランスも良くなってきて、今日は外ラチを気持ち良さそうに、何の澱みもなく流れるように走ってくれていたので、マリアの良い時の状態にはなってきていると見て取れました」

(関西への輸送の日程は?)
「昨年同様、前日入りを考えています」

(これまでも関西圏でいい走りをしているが、改めて関西遠征について)
「昨年6月にマーメイドS(2着)を使う頃は、まだわからない部分もあったのですが、その時に体を減らさないで来れましたし、昨年秋以降も直前の輸送で大丈夫という感触も得ました。こちらが思っている以上に、輸送に対処してくれています」

(希望する枠順は?)
「外枠でもずっと走っていますし、そこまで考えていないですね」

(位置取りは?)
「出た感じで蛯名さんに任せていますし、枠もまだ決まってないですから、今のところは考えていないです」

(京都コースについて)
「結果も出しているコースですし、昨年は馬場も稍重で少し荒れた馬場という点も味方したと思うので、今年もそうなってくれた方がマリアにとってはいいですね」

(ファンへのメッセージを)
「昨年は挑戦者の気持ちでぶつかっていきましたけど、1年たって今年は立場が変わりましたし、それに恥じないレースをするようにしっかり仕上げてきたつもりです。頑張りますので、よろしくお願いします」

(取材・写真:佐々木祥恵)

 
デムーロ騎手『クイーンズリングのいいところは、勝ちたいココロ』/エリザベス女王杯

■クイーンズリングに騎乗予定のミルコ・デムーロ騎手

――騎乗された先週の追い切りはいかがでしたか?
ミルコ とてもいい状態でした。ホントによかった。最後しっかりやれましたし、いい脚を使っていました。

――前走の府中牝馬S、強かったですね。
ミルコ 状態がよかったですし、速くていいスタートが切れました。馬が成長している感じがしました。

――デムーロさん自身、今回はかなり自信を持って挑めるのではないですか?
ミルコ いつも自信を持っていますね。この馬でGII、GIIIを勝ってきた。GI勝ちたいです。桜花賞のとき勝ちたかったけど4着、残念でした。

――やはり、雨は降ってほしくない?
ミルコ 降ってほしくないですね。重馬場でも、京都のとき(京都牝馬S1着)はよかったけど阪神(米子S2着)はダメでしたから。

――昨年の今頃と比べて、よくなっていますか?
ミルコ はい。いつもすごく一生懸命だし、賢い。乗っていて楽しいです。

――この馬の一番いいところは?
ミルコ ココロ。勝ちたい(ココロ)。

――では、デムーロさんと同じですね。
ミルコ そうですね(笑)。勝ちたい。

――数々の大きなレースを勝ってきたデムーロさんですが、自信を持って挑めますね。
ミルコ そうですね。京都のGIはまだ勝ったことない。一生懸命やります。頑張ります。

――ライバル関係は?
ミルコ いっぱいいますね。こわいですね。みんな走る。マリアライトもかなり強い馬です。こわい。ミッキークイーンも。でも、ホント楽しみです。

――最後にひとこと。
ミルコ いつも応援してくださってありがとうございます。クイーンズリングは強い。今回は京都のGI、獲りたいです。よろしくお願いします。

■クイーンズリングを管理する吉村圭司調教師

――前哨戦の府中牝馬S、快勝でしたね。
吉村 いい結果が出てよかったです。外枠だったので(戦前は)どうかな、と思っていましたが、いい位置につけられましたね。上がりの脚は使ってくれる馬ですが、頑張ってくれました。上手な競馬でした。

――エリザベス女王杯につながる競馬でしたね。
吉村 そうですね。いいかたちでGIに繋げられればと思います。

――先週の追い切りはCWで82秒台、終いも12秒を切っていましたね。
吉村 1週前ということで、ジョッキーを乗せて重点的にやっておきました。トモに疲れが出やすい馬だったんですが、そういうところもなくなってきてしっかりやれるようになりました。しっかり負荷をかけましたが、反動もなかったですし、カイバも食べてくれています。馬体のハリもいい状態です。

――今週の追い切りは坂路でしたね。
吉村 先週の動きを見ると、今週は単走で確認する程度でいいんじゃないかと思っていました。予定どおりです。牝馬でもありますのでね。

――デビューから3連勝しましたが、春のクラシックは残念な結果となりました。そのあたりは?
吉村 賢い馬なので調整に苦労するタイプではありません。クラシックを勝たせてあげられなかったので、古馬になってからと思っていました。

――昨年秋から本格化してきましたね。
吉村 体幹がしっかりしてきました。馬体重では数字が大きくプラスになっているわけではありませんが、つくべき場所に筋肉がついてきましたね。

――その過程の中で昨年の秋華賞では勝ち馬に迫る2着でした。
吉村 時計の速い、流れの速い競馬に対応できました。収穫は大きかったと思います。

――続く、昨年のエリザベス女王杯は8着でした。
吉村 競馬ですから、仕方ないですね。直線で思うように伸ばせなかったというのはあります。それでも体勢を立て直しきて、馬も最後まで競馬を諦めていなかったです。

――最後に抱負を。
吉村 GIにはまだ届いていない馬ですが、頂点を目指して厩舎一丸となって頑張っています。よろしくお願いいたします。

(取材・写真:花岡貴子)



エリザベス女王杯はここは信頼…
情熱競馬が熱い、リアルスティールを秋天で推した無料予想を期待
erijyounetu