チャンピオンズカップ予想|2016年|共同会見まとめ


チャンピオンズカップー凄い競馬の予想が熱い・・・すごい競馬


アウォーディ、武豊「今週も勝ちたい」

■アウォーディーに騎乗予定の武豊騎手

――前走・JBCクラシックは手ごたえのある勝利だったのでは?
武豊 連勝はしていましたが、今まででいちばん強いメンバーと戦うレースだったので。このメンバーでどれだけやれるかな、という気持ちで挑みました。

――ダートに転向後、変わったことは?
武豊 はじめてダートを使ったのが遅かったのですが、一走ごとに力強さが出ているというのは感じます。

――追い切りについては?
武豊 いつも任せています。きっといい状態で当日を迎えられると思います。

――前走は川崎、今回は中京と左回りが続きます。
武豊 そんなに癖のある馬ではないのですが、左回りはいいですね。中京はいいと思います。

――距離はいかがですか?
武豊 いいと思います。

――ライバル関係は?
武豊 JRAのダートのGIはふたつしかないですし、他の馬たちも当然ここが目標なのでメンバーも強力です。厳しいレースになると思います。

――松永幹夫調教師の馬でGIに挑むというのは?
武豊 騎手時代からずっとお世話になっている先輩ですからね。一緒に挑戦して、レースを勝てればうれしいですね。

――騎手生活30年、好成績が続きます。
武豊 はい、そうですね。おそらく主役だと思いますし、こういう馬で挑めるというのは騎手として光栄なことです。当然、プレッシャーもありますけどそれに応えたいという気持ちが強いですね。

――改めて、歴代の一流GIダートホースと比較すると?
武豊 ダートを走りだしてから負けていないですからね。いい結果を出すというのがすごいと思います。馬のほうも今、ひじょうに充実している感じがします。ここは目標のレースなので楽しみにしています。

――最後にひとこと。
武豊 ベストを尽くして、今週も勝てたらいいなと思います。

■アウォーディーを管理する松永幹夫調教師

――この中間は?
松永 いつもどおりです。順調に回復しています。

――今朝の追い切りはいかがでしたか?
松永 どうしても抜けちゃうとやめるところがあるので、前の馬を追いかけて気を抜かせないようにしっかり追うようにしました。

――手ごたえは?
松永 よかったと思いますね。最近、しっかり走れていて、調教も動くようになってきました。

――連勝して変わってきたところは?
松永 特に何が変わったというのはありません。前から堅実に走っている馬でしたからね。それがダートにいって、しっかり力を出しているかな、と思います。

――前走のJBCクラシックは大きな勝利だったのでは?
松永 ヘヴンリーロマンスの子供でGIを勝てたというのは嬉しかったです。

――今回の舞台は中京ダート1800mです。
松永 流れが全然違うと思いますが、そのあたりはジョッキーがわかっていますので。任せたいと思います。

――前走もジョッキーが絶妙の仕掛けでした。
松永 ほんと、抜けちゃうとやめるんで。そのへんは上手いな、と思います。

――最後に意気込みを。
松永 やはり中央でGIを勝たないことには評価されないと思うので頑張って走ってくれればと思います。

(取材・写真:花岡貴子)



ラニ松永調教師「兄弟を負かしてほしいです」

■ラニを管理する松永幹夫調教師の話

――この中間の調整は?
松永 前走後からすぐに乗り始めて、順調です。秋入厩してから20キロぐらい増えました。まだ成長しています。

――今回の舞台は中京ダート1800mです。
松永 左まわりはいいと思うので、前走のような結果(みやこS13着)にはならないかな、と思います。

――位置取りなど、特に何かありますか?
松永 ないです。自分のリズムで走らせてほしいですね。

――これまでの歩みが注目されていますが。
松永 春はずっと海外に行っていて、向こうではそれなりの結果を出していたので。ぜひ、この中央場所でも結果を出して欲しいですね。

――最後にひとこと。
松永 相手も強くなりますし、とくにアウォーディーは連勝していますし。もちろん、アウォーディーには連勝して欲しいんですけれど。なんとか、兄貴のアウォーディーを負かして欲しいですね。

(取材・写真:花岡貴子)


コパノリッキー村山師「気分良く走れればと思います」

■コパノリッキーを管理する村山明調教師

――前走後の調整過程を教えてください。
村山 短期のリフレッシュ放牧に出して10日くらいで戻ってきました。先週、ルメール騎手が乗って追い切っています。今週はいつもどおり、助手が追い切っています。

――今朝の追い切りはいかがでしたか?
村山 最後の伸びもしっかりしていました。全体の時計はそんなに速くないんですが、うまく調教できました。

――年齢を重ねても圧倒的な強さをみせていますが、変化は?
村山 6歳で体もしっかりできていますし、いい状態で来ています。

――舞台は中京1800に変わりますが?
村山 スピードもありますし、いいと思います。

――先行争いが激しくなりそうですが?
村山 毎回言っていますが、位置はあまりこだわらないです。気分よくスムーズに走れればと思います。

――最後にひとこと。
村山 今年もGIを連勝してきたところだったんですが、力は本当にあるのでいい結果を出せたらと思います。数々のGIタイトルをとっていますが、チャンピオンズカップはまだ獲っていませんからね。いつもどおりの調整をして力を出し切れれば“勝ち”にも近いんじゃないかな、と思います。

(取材・写真:花岡貴子)


サウンドトゥルー大野「気分良く走れればと思います」

 昨年のこのレースで3着だったサウンドトゥルー(セン6・美浦・高木登)が、坂路で最終追い切りを消化。管理する高木調教師と大野拓弥騎手の共同記者会見が行われた。

■高木調教師

(今日の追い切りについて)
「ここ2戦使ってきて馬の状態も上がってますし、先週もある程度負荷をかけていますので、今日は確認のためにジョッキーに乗ってもらってサラッとやりました。予定通り良い感じでしたし、柔らかみも出てきて状態も良いと思います」

(前走のJBCクラシック・JpnI・3着を振り返って)
「休み明け(日本テレビ盃・JpnII・3着)はスローで消化不良の競馬でしたし、前走は2100mに距離が延びて追走が楽になるのではないかと見ていましたが、その通り、3コーナーあたりで結構良い手応えでした。けれども、3、4コーナーはコーナーがきついのか、追いかけづらいような感じでした。ただ直線もしっかり脚は使っていますので、内容的には満足しています」

(前走からここまでの調教過程は?)
「去年と同じローテーションを組んでいますけど、使った後、状態が悪くなると硬くなってきますので、その辺だけを気を付けました。反動もなく硬さもなく来ていますし、先週から時計も出して順調に来ています」

(今回はどのような競馬を?)
「去年もそうでしたけど、ゲートでどうしても遅れてしまうんですよね。1コーナーでどうしても離れた後ろになってしまいますし、それを想定して一か八か、詰まってもいいから内に突っ込んでくれと去年はジョッキーに言いました。けれども内に進路がなく、自分が余計なことを言ったから外に出すのが遅れたという面もありましたので、今年はジョッキーに任せてようかなと思っています」

(理想の位置取りは?)
「中央のこの辺のメンバーですと、テンは少し置かれるんですよね。そこで出して行くとリズムがあまり良くないようですし、どうしても遅れていくので、流れが鍵にはなるでしょう。ある程度は前に引っ張ってもらって、4コーナー手前から追い上げてくるという感じになると思います。直線も長いですし、去年は脚を余したところもありますので、何とか去年以上の結果を望んでいます」

(最後にメッセージを)
「非常に状態は上がってきていますので、何とか中央でもGIのタイトルを取りたいと思っています。応援よろしくお願い致します」


■大野騎手

(今日の追い切りについて)
「順調にこなしてくれて、良い動きでした。バランスが良かったですね」

(馬の成長具合は?)
「細かいところは時期ごとに少し変化はあるのですけど、良い意味で良い状態をキープしてくれていると思っています」

(去年のこのレースから比べては?)
「良い意味で同じです。調子も良いです」

(昨年は3着だったが、今回のポイントは?)
「後ろから行く馬なので、展開などに左右されることもあるのですが、良い誘導ができれば良いかなと思っています。中央のダートGIは2つしかないですし、勝てたらいいなと思います」

(高木調教師から指示は?)
「特にないです。攻め馬が終わった後に調子がどうかという話をしただけです」

(最後にメッセージを)
「馬は順調に来ていますし、前走の競馬で僕自身も手応えを掴んでいます。勝てるように頑張りますので応援してください」

(取材・写真:佐々木祥恵)

ノンコノユメ加藤征師「穏やかになっている」

 昨年のこのレースの2着馬、ノンコノユメ(セン4・美浦・加藤征弘)が、ライアン・ムーア騎手を背にウッドチップコースで併せ馬の追い切りを消化。追い切り後に同馬を管理する加藤調教師の共同記者会見が行われた。

(今日の追い切りについて)
「今日は腰角くらいのあまり離れ過ぎない程度に前の馬についていって、馬がその気持ちになった時に、併せてほしいという話をしました。これまでは外で先行して気分良く伸び伸びと走らせるのが当該週の調教スタイルでしたが、今回は内に入れました。内に併せた方があの馬は他馬を気にする素振りが顕著に表れるので、そのあたりも含めてテン乗りのムーア騎手と打ち合わせをしました。調教では手応えを感じさせるような動きをする馬ではないですが、先週しっかりやっていることもあって、馬が隣にいてもいつになくいい感じで走っていました」

(前走のJBCクラシック・JpnI・4着について)
「道中ペースが緩んでその時にやや内めにコース取りをしたために、向こう正面で外から被されてしまって、自分の形にならなかったのが最大の敗因だと思っています。当日は体重が少し減っていましたけど、当日輸送の馬体減ということで、去勢によるものではないと思います」

(去勢を決断したきっかけは?)
「レースなど実際に目にする部分では感じないと思いますが、装鞍所に引き付けてから、鞍を置く時や周りに馬が密集した状態になったりすると、イレ込んで立ち上がったり、人に飛びかかってくるなど、年々エスカレートしてきました。最終的には帝王賞で、隣に馬が入ってきたらいきなり立ち上がりました。その立ち方も今までにない立ち方でした。ジャパンダートダービーの時も既に結構すごかったですし、かしわ記念の時もそうでした。厩舎装鞍も試みたのですが、それでもそれが始まってしまったので、何とかしなければと思いました」

(去勢効果は?)
「別の馬になっています(笑)。あまりにも大人しすぎて、これで本当に走るのかなと不安なくらい大人しくなりました。でもしっかり走ってくれていたので、安心しました」

(前走後からここまでの調整は?)
「去勢したということもあるのですけど、厩舎の中では非常に穏やかになっていて、とても落ち着いていたので調整はいつになくしやすかったです」

(チャンピオンズCは期待できそう?)
「ここを目標にやっていますので、しっかりとした仕上げに整ったと思います」

(初騎乗のムーア騎手だが?)
「レース分析に優れたジョッキーなので、十分に把握はしてもらっていると思います。馬添いが悪い馬なので、あまり馬に近づけすぎないのと、外から被される形ではなく、なるべく伸び伸びと走らせた方がこの馬の力を発揮できるという説明をしっかりしようと思っています」

(最後に期待のほどを)
「去年のチャンピオンズCと今年のフェブラリーSは、2戦とも2着でしたので、何とか今年はこの馬に勝たせてあげたいと思っています」

(取材・写真:佐々木祥恵)



管理人がおすすめ
チャンピオンズカップはここの無料予想を参考にします
すごい競馬の予想に期待
sugoijcd