アメリカJCC|2018年|注目馬ニュースまとめ「ゴールドアクター」

chumokuuma












【ヤフーニュースより引用】

【AJCC】ゴールドアクター、ユタカマジックで復活だ

 初春の中山開催のラストを飾るのは「第59回AJCC」(21日、GII、芝2200メートル)。注目は半年のブランク明けとなるゴールドアクターだ。かつてのGP有馬記念馬が、威勢のいい4歳馬たちに威厳を示せるか。

 “千両役者”が帰ってくる。ゴールドアクターは昨年の宝塚記念で3/4馬身差2着と好走し、秋のGIシリーズでも主役級の活躍が期待された。しかし疲れがなかなか抜け切らず、産経賞オールカマー、ジャパンCと予定していたレースを次々と回避。結果的に下半期を棒に振ってしまった。

 「なかなか状態が上がらなくて無理をしなかった。今年は頑張ってもらわないと」と、中川調教師は再出発を誓う。

 11日の1週前追いはWコースで一杯に追われて6F81秒7をマーク。併せた古馬1000万下に2馬身突き放されたが、「しっかり追えたのはよかった。物足りなかった息づかいも、これで変わってくるはず」と上昇を見込んでいる。

 前2戦で手綱を取った横山典騎手に先約があったため、新しい鞍上には武豊騎手を迎える。「オーナーが知り合いで『いつか乗ってほしい』と頼んでいた。(先行する)脚質も合いそう」と、キタサンブラックをスーパースターへと導いたユタカマジックに期待感たっぷりだ。

 AJCCのあとは大阪杯(4月1日、阪神、GI、芝2000メートル)へ直行する予定。「先のこともあるから。休みが長かったけど、いい競馬ができると思う」。ミッキースワローなど伸び盛りの4歳馬の挑戦を退け、再びGI戦線のフロントランナーへと躍り出るか。(夕刊フジ)

【AJCC】ゴールドアクター 7か月ぶりの実戦も「基本的に休み明けは得意のクチ」

 【アメリカJCC(日曜=21日、中山芝外2200メートル)注目馬最新情報:美浦】2着だった昨年の宝塚記念以来となるゴールドアクターの1週前追い切りは南ウッド6ハロン81・6―37・5―13・2秒。重い馬場を考えれば速い時計だが、重めが残る動きで先行馬に直線は突き放されて0・8秒遅れ。これでどこまで変わるか。

 二藤部助手「昨夏の函館で左トモを痛めた後は体がかなり緩んで復帰にてこずりました。ただ、ここにきてだいぶシャキッとしてきたし、直前のひと追いであらかた仕上がるはず。何よりレースでは必要以上にスイッチが入ってしまう気性。基本的に休み明けは得意のクチですから」

ゴールドアクター順調、昨秋より状態いい/AJCC

 今週の日曜中山メインはAJCC(G2、芝2200メートル、21日)が行われる。

 宝塚記念(2着)以来7カ月ぶりの実戦になるゴールドアクター(牡7、中川)は、美浦坂路をゆったりと2本駆け上がった。オールカマーから始動を予定していた昨秋は1度入厩したが、体調が整わず放牧に出た。中川師は「去年の秋に入厩して(放牧に)出した時より、今の方が状態がいい。体も500キロを切るぐらいで太い感じはしない」と、順調な調整に手応えを感じていた。





ゴールドアクターは武豊でどうなるかなって感じですかね。





「PR」 実際に使ってみて驚いた。無料予想で愛知杯馬連万馬券とか
誰でも無料会員になって予想をゲットしましょうw
競馬ジャパンの無料予想が半端なく凄いw
keibaj









競馬ジャパンへ行く