中山記念予想|2018年|1番人気敗北の馬を調べました!!

bana














競馬情報が毎日熱いwww
無料情報毎日更新・・・
誰でも無料・フリーメールで予想をゲットしましょう

jyonetu2













ヤフーニュースより
【中山記念】マイル王ペルシアンナイト、動き上々!池江師「サラッとだけど動きよかった」

 中山記念の追い切りが21日、東西トレセンで行われた。栗東では昨秋のマイルCSで17年ぶりとなる3歳馬Vを飾ったペルシアンナイトが、CWコースの併せ馬で上々の動きを披露。サンケイスポーツ調教評価は最上級の『S』となった。

 春の始動戦から、アクセル全開だ。昨年、3歳馬として17年ぶりにマイルCSを制したペルシアンナイトが、M・デムーロ騎手を背にCWコースで伸びのある動きを披露した。動きを見届けた池江調教師の口調も滑らかだ。

 「ラスト1ハロンから併せて馬なりでサラッとやったけど、動きはよかったね。順調に乗り込めているし(休み明けの)富士S(5着)よりもいい」

 僚馬トゥザクラウン(1000万下)を追いかける形でスタート。直線で内に切り替えると、大きなストライドで差を詰める。最後まで手綱はガッチリと抑えられたままで、6ハロン84秒7、3ハロン37秒9-12秒2。馬なりで併入した。鞍上も「いい感じでしたね」。先週もCWコースでラスト1ハロン11秒3(6ハロン82秒1)としっかり負荷をかけており、態勢は整った。

 前走のマイルCSでは大外枠((18)番)から序盤は内に潜り込んで末脚温存。直線で外に持ち出されると、矢のように伸びて差し切った。今回はその切れ味を1800メートルでも発揮できるかが鍵となる。

 中山記念3連覇がかかるM・デムーロ騎手は「1800メートルは問題ない。負けたくない気持ちが強い馬だし、いい脚もある。ペース次第でいろんな競馬もできる」と自信を見せる。

 「マイルの切れ味が中距離だと影を潜めるので、(末脚を)使えるようになれば。(マイルと中距離のGIで)2階級制覇してほしいね」と話すトレーナー。“中距離でも切れる馬”になるための、試金石となる1800メートル戦。目標は春の中距離王を決める大阪杯(4月1日、阪神、GI、芝2000メートル)。2階級制覇への足がかりを、しっかりとつかみたい


過去10年中山記念1番人気馬
nakayamaki1








 
3勝・3着
結構飛んでいるねwww

結構名前のあるG1クラスが飛んでいる!!



勝馬伝説の無料情報が熱い・・・
無料情報だけで万馬券GETwwwww
kachium