ヴィクトリアマイル予想|2018年|馬体診断まとめ(デイリー)

ヤフーニュースの馬体診断をまとめています!!

batai















【競馬情報はここから無料ゲット】
無料情報で万馬券-勝馬伝説、いつも感謝していますよw
kachium















ヤフーニュースより

【ヴィクトリアマイル馬体診断】ミスパンテール

 【ミスパンテール 評価A】

  
 3歳時には線の細さが残っていたが、古馬になって体つきがしっかりとしてきた。馬体重こそ大きく変わっていなくても、肩と臀部(でんぶ)の筋肉量が増加したことが要因だろう。

  
 それでも筋肉に硬さはなく、しなやかな柔らかさを持っているのは特筆ものだ。肩端(けんたん)から臀端(でんたん)までの長さは標準的なマイラーのもので、今回はベストの条件と思える。

  
 500キロを超える大型馬が体を小さく見せているのが調子のいい証拠で、馬体の張りもそれを裏付けている。

 (馬サブロー栗東・竹原伸介)

  
 〈1週前追い切り診断〉栗東CWで6F80秒7-37秒8-12秒0(一杯)。スピード感あふれるフットワーク。追われると俊敏に伸びてきた。気配も申し分なく、重賞3連勝中の勢いを感じさせた。

【ヴィクトリアマイル馬体診断】アエロリット

 【アエロリット 評価A】

  
 牝馬とは思えないほどのボリューム感にあふれた馬体。四股がしっかりと伸びた立ち姿は、いかにもクロフネ産駒といったところか。それでいて緩さが全く見られないのは、ハードに鍛え抜かれてきた成果だろう。

  
 首差しがシャープで柔らかく、これがスピードの源。つなぎが短めで立っていることからも距離はマイルがベストだ。表情にもゆとりが出てきたように、全体的な雰囲気は前走(中山記念2着)以上。納得のいく仕上がりだ。

 (馬サブロー美浦・佐野裕樹)

  
 〈1週前追い切り診断〉戸崎圭を背に美浦Wで4F53秒0-38秒6-12秒7(G強め)。僚馬を目標に進み、直線で反応を確かめられ、力感にあふれるフットワークで一気に伸び切った。馬体もパンパンに張っており態勢は万全だ。


【ヴィクトリアマイル馬体診断】リスグラシュー

 【リスグラシュー 評価A】

  
 3歳時に比べて馬体重が増加し、肩の筋肉が3段にはっきりと分かれて見えるようになった。これはしっかりと鍛錬を積んで筋肉量が増えた証しで、体つきが丸みを帯びてきたことも大きな変化と言える。

  
 それに伴い体長が短く見えるようになり、マイラー体形になってきた。あばらの浮き出た様子から無駄な肉のない仕上がりで、昨秋よりも馬体の張りが良化している。

  
 曇天のため毛ヅヤが物足りなく感じるかもしれないが、肩や臀部(でんぶ)の光沢を見ればそれは間違いだと気付くはず。順光ならピカピカに輝いているだろう。

 (馬サブロー栗東・竹原伸介)

  
 〈1週前追い切り診断〉武豊を背に栗東坂路で4F49秒9-36秒3-12秒4(一杯)。テンから意欲的に運んで好時計をマーク。追われてからも鋭く伸びてフィニッシュした。好気配が漂う。

【ヴィクトリアマイル馬体診断】レッツゴードンキ

【レッツゴードンキ 評価B】

  
 高松宮記念の際には『以前よりも首差しが太くなり、胴が短く見えるようになってきた点から、体形がスプリンター寄りにシフトしている印象を受ける』と見立てた。今回もそれは変わらない。

  
 スピードとスタミナの総合力が試される今回の舞台は向いていない。それでも、いつもは皮膚が厚く見えるタイプが薄くなっているのは状態のいい証拠。毛ヅヤも冬場に比べて良化しており、好調時の馬体と言える。体形だけならC評価となるが、状態面を加味してB評価とした。

 (馬サブロー栗東・竹原伸介)

  
 〈1週前追い切り診断〉栗東坂路で4F52秒2-37秒6-12秒8(一杯)。攻め駆けするタイプとはいえ、力強い脚さばきで好時計をマーク。中間の気配も良く、調整はすこぶる順調だ。



うまコラボ


この的中はヤバ過ぎる…三連単が3回に1回的中する異次元の競馬データ
予想家が発狂!プロ予想家を軽く超えた精度を実現する競馬指数が話題に
わずか1分の予想で高配当を的中させる競馬指数(最高72万馬券を的中)


batai