安田記念予想|2018年|馬体診断まとめ(デイリー)

ヤフーニュースの馬体診断をまとめています!!

batai















【競馬情報はここから無料ゲット】
無料情報で万馬券-勝馬伝説、いつも感謝していますよw
kachium















ヤフーニュースより

【安田記念馬体診断】スワーヴリチャード

【スワーヴリチャード 評価A】

  
 重厚感のある迫力十分の馬体。前走時は精悍(せいかん)な顔つきをしていたが、今回は風格も出てきた印象だ。

  肩やトモの筋肉がはっきりと分かれて見えるようになり、前腕部と下腿(かたい)に血管が浮き出ている。以上の2点から、皮膚が薄くなったのは明らか。金色に輝いている毛ヅヤも申し分なく、さらに状態が上向いている。

  純粋マイラーと比較すると、首回りが細く見える点と胴が長い点から中距離がベストの条件と思えるが、体調面を加味すれば初めてのマイル戦にも対応できるだろう。(馬サブロー栗東・竹原伸介)

  
 〈1週前追い切り診断〉栗東CWで6F81秒0-37秒4-11秒5(G強め)と文句なしの時計をマーク。大きく先行する僚馬を直線半ばでとらえると、一瞬で突き放して3馬身先着した。短期放牧明けでも緩んだところは一切なく、前走と変わりのないハイレベルな状態にある。

【安田記念馬体診断】ペルシアンナイト

 【ペルシアンナイト 評価A】

  
 がっちりとした首差しと、力感のある迫力満点の馬体。体高と体長の比率をみると、完全なマイラー体形と言える。東京芝1600メートルは、この馬にとってベストの条件だろう。

  前走時に比べると胸前や肩の筋肉の立体感が薄れて見えるのは、まだ皮膚が厚いため。それでも1週前の体つきとしては、マイナス点とはならない。最終追い切りできっちりと仕上がってくるはずだ。それよりも目を引くのは毛ヅヤの輝きが明らかに良化している点。これは大きなプラス材料だ。(馬サブロー栗東・竹原伸介)

  〈1週前追い切り診断〉川田を背に栗東CWで6F81秒7-38秒0-11秒3(一杯)。僚馬2頭を0秒4、2秒2追走して、0秒2ずつ先着した。追われると素早い反応でシャープな伸び脚を披露。好調時同様の気配で盤石の態勢だ。


【安田記念馬体診断】アエロリット

【アエロリット 評価A】

  
 ヴィクトリアMと比べても筋肉量が落ちてなく、なおかつ柔らかみを保てている。とりわけトモのボリューム感はこの馬らしい、パワフルさを感じさせるもの。四股をしっかりと伸ばした立ち姿はここ一連と変わりなく堂々としたもので、牝馬でもかなりの“男前”だ。

  
 前走時にも書いたが、つなぎが短く立っていることからも、距離はマイルがベスト。大きな変化がないことが、好調キープの証しだ。(馬サブロー美浦・佐野裕樹)

  
 〈1週前追い切り診断〉美浦Wで5F68秒0-39秒2-12秒8(馬なり)。前走後の初時計。力感あふれるフットワークから、ラストは馬場の外めを一直線にはじけた。馬体減りもなく、好調キープ。

【安田記念馬体診断】サングレーザー

 【サングレーザー 評価B】

  昨年秋と比べて筋肉が増加し、胸前やトモが丸みを帯びている。馬体が完成形に近づいている印象だ。純粋マイラーに比べると胴が短く、マイル戦より短距離志向の馬体と言える。

  4カ月ぶりの前走時に、しっかりと仕上がっていたため馬体は大きく変わっていない。480キロとは思えないほど細身に映る体つきもそのままだが、叩かれて良化した点が二つ。顔つきに精悍(せいかん)さが増したことと、毛ヅヤが良化したこと。上積みは十分にうかがえる。(馬サブロー栗東・竹原伸介)

  〈1週前追い切り診断〉栗東坂路で4F59秒3-41秒6-13秒8(馬なり)。馬の気に任せた内容でサッと駆け上がってきた。適度な気合乗りを見せて、好気配。態勢は整っている印象。

【安田記念馬体診断】リアルスティール

 【リアルスティール 評価B】

  昨年の天皇賞・秋以来、5カ月ぶりの復帰戦でドバイターフに出走。海外への輸送や激走の反動などを心配したが、活気あふれる馬体を見ればそれが杞憂(きゆう)だと分かった。

  これまで16戦しかレースを経験していないため6歳にしては若々しい馬体をしており、毛ヅヤも最近では一番の輝きだ。体形はマイラーだが、首回りが若干細い点からベストは芝1800メートルと思うが、マイルはもちろん守備範囲。

  16年ドバイターフは中3週のローテーションで制したが、前走は休み明けで3着。能力も落ちてはいない。(馬サブロー栗東・竹原伸介)

  〈1週前追い切り診断〉岩田を背に坂路で4F52秒1-37秒9-12秒1(一杯)。リッパーザウィン(6歳1600万下)に3馬身半先着。攻め駆けタイプとはいえ、力強い脚さばきで豪快に伸びた。仕上がりは上々だ。


【安田記念馬体診断】ムーンクエイク

【ムーンクエイク 評価B】

  厚みのある胸前に加えて、肩、肘回りの盛り上がった筋肉は、丹念に鍛え上げられた証拠。トモにも厚みを増したことでバランスのいい立ち姿になり、かなり雰囲気が良くなった。ガッシリとした首差し、つなぎが立っていることからも、スピードが勝ったタイプ。掛かる気性の不安を残しつつも、馬体は完成されている。(馬サブロー美浦・佐野裕樹)

 
 〈1週前追い切り診断〉27日の美浦Wで5F68秒8-39秒2-12秒8(馬なり)。僚馬スターオブペルシャ(5歳オープン)に、0秒6追走して、併入に持ち込み、順調そのもの。好調を維持している。


安田記念馬体診断】リアルスティール

【リアルスティール 評価B】

  昨年の天皇賞・秋以来、5カ月ぶりの復帰戦でドバイターフに出走。海外への輸送や激走の反動などを心配したが、活気あふれる馬体を見ればそれが杞憂(きゆう)だと分かった。

  これまで16戦しかレースを経験していないため6歳にしては若々しい馬体をしており、毛ヅヤも最近では一番の輝きだ。体形はマイラーだが、首回りが若干細い点からベストは芝1800メートルと思うが、マイルはもちろん守備範囲。

  16年ドバイターフは中3週のローテーションで制したが、前走は休み明けで3着。能力も落ちてはいない。(馬サブロー栗東・竹原伸介)

  
〈1週前追い切り診断〉岩田を背に坂路で4F52秒1-37秒9-12秒1(一杯)。リッパーザウィン(6歳1600万下)に3馬身半先着。攻め駆けタイプとはいえ、力強い脚さばきで豪快に伸びた。仕上がりは上々だ。



うまコラボ


この的中はヤバ過ぎる…三連単が3回に1回的中する異次元の競馬データ
予想家が発狂!プロ予想家を軽く超えた精度を実現する競馬指数が話題に
わずか1分の予想で高配当を的中させる競馬指数(最高72万馬券を的中)


batai