JC(ジャパンカップ)予想|2018年|馬体診断まとめ(デイリー)

ヤフーニュースの馬体診断をまとめています!!

batai















【競馬情報はここから無料ゲット】
無料情報で万馬券-勝馬伝説、いつも感謝していますよw
kachium















ヤフーニュースより

【JC(ジャパンカップ)馬体診断】アーモンドアイ

 【アーモンドアイ 評価A】  
 
 全体的なボリューム感は秋華賞以上。ただ、無駄な脂肪が一切なく、質のいい張り。もともと皮膚が薄く無駄な肉は付きにくいタイプではあるが、ここまで張った馬体は初めて見た。  

 前駆に力感が増し、巻き上がり気味だった腹にも筋肉が付いて、バランス良く成長しているイメージ。肩回りやトモの筋肉量も増えているが、ゴツさがない。可動域を広く保てる体幹の強さ、柔らかさに、パーツパーツもしっかりとしている印象を受ける。
(馬サブロー美浦・佐野裕樹)  

〈1週前追い切り診断〉
 ルメールを背に美浦Wで5F65秒4-36秒7-12秒8(馬なり)。攻め動く古馬2頭を追い掛けたが、直線は必死に食らいつく相手の横を涼しい顔のまま抜け出した。自慢の切れ味にさらに磨きがかかっており、ケチのつけようがない状態だ。

JC(ジャパンカップ)馬体診断】シュヴァルグラン

【シュヴァルグラン 評価A】  

 休み明けの京都大賞典(4着)当時に比べると、毛ヅヤが別馬のように良化。以前にも書いたが、毛色が赤茶色に見える時よりも焦げ茶色に見える方が体調の良い時。今回は昨年の優勝時と遜色はなく、この時季に調子を上げてくるタイプだろう。  

 肩や下腿(かたい)に血管が浮き出ているように、皮膚も薄くなった印象だ。6歳の秋を迎えたが、馬体の衰えはなく張りがある。顔つきにも精悍(せいかん)さが見受けられ、戦闘意欲が十分に感じられる。(馬サブロー栗東・竹原伸介)  

〈1週前追い切り診断〉
 C・デムーロを背に栗東CWで6F80秒1-37秒0-11秒9(一杯)。アドマイヤコースト(2歳未勝利)を1秒9追走して併入。ランブリングアレー(2歳500万下)を1秒3追走して0秒1遅れた。まだラストの伸び脚に物足りなさはあるが、毛ヅヤが格段に良化しているように、叩かれた効果は十分。

JC(ジャパンカップ)馬体診断】スワーヴリチャード 

 【スワーヴリチャード 評価A】
 
 毛ヅヤに物足りなさを感じた前走の天皇賞・秋(10着)だったが、今回は毛ヅヤが大幅に良化した。皮膚の厚ぼったさも解消して、馬体に張りが出てきたのも何より。休み明けをひと叩きされた上積みは大きい。  肩やトモの質感のある筋肉は相変わらずで、重厚感のある迫力十分の馬体をしている。胴の長さや首差しからベストは2000メートルと思えるが、2400メートルも十分に守備範囲。前走は1番人気で不運な大敗を喫したが、顔つきからダメージはなく巻き返せるだけの状態にある。(馬サブロー栗東・竹原伸介)  

 〈1週前追い切り診断〉
M・デムーロを背に栗東CWで6F83秒3-39秒4-12秒8(馬なり)。久々を叩いて力みが消え、本来のシャープさを取り戻している。今の落ち着きぶりなら発馬への不安も考えなくて良さそうだ。

【JCジャパンカップ馬体診断】サトノダイヤモンド

【サトノダイヤモンド 評価B】  
 
 前走の京都大賞典で1年7カ月ぶりの勝利。見事に復活ののろしを上げた。デビュー以来、最高馬体重の512キロだったが太め感はなく、九分以上に仕上がっていた。春と比べると胴が少し長くなり、馬体に幅も出たのが体重の増えた理由だろう。  

 重心が低くなり、バランスが良化したのは良い傾向と思う。ただ今回は肩の筋肉の盛り上がりはいつも通りだが、若干トモの筋肉が薄く感じられる。そのためB評価としたが、状態自体は引き続き良好だ。(馬サブロー栗東・竹原伸介)  

 〈1週前追い切り診断〉
 モレイラを背に栗東CWで6F81秒3-37秒4-11秒6(馬なり)。ソーグリッタリング(4歳OP)を0秒4追走して併入した。一杯に追われた相手を尻目に、終始楽な手応え。力強いフットワークがひときわ目を引いた。前走の復活劇から状態はさらに上向いている。



うまとみらいと…

競馬ファンならぜひ欲しい情報がゲットできますよね。
だから・・・無料会員がここまで美味しいとはwwww

umatomi