チャンピオンズカップ予想|2018年|JRA共同会見まとめ

kyodoukaiken














ここの無料コンテンツ見たこと無いのか?
だったら無料会員になってみろwwww
高配当XXX

kouhaitouxxx
















ヤフーニュースより

【JRA】ケイティブレイブ杉山師「こちらが思っている以上に上向いてきている手応え」/チャンピオンズC共同会見
 ■ケイティブレイブを管理する杉山晴紀調教師
――今朝の追い切りについて教えてください。
杉山 先週は福永騎手が乗ってCWコースで追い切りました。思った以上に全体の時計が速かったので、今週は確認程度で55~56秒ぐらいのつもりだというのはジョッキーと話していました。(しかし)内容的に53秒台で終いまでしっかり走っていました。先週も同じ感じだったのですが、ジョッキーが思っている以上に時計が出ましたが、(これについては)完歩が、ストライドがジョッキーが思っている以上に伸びているということで、いい傾向にあるのではないかと思います。

――この中間の調整は?
杉山 叩き2走目ということでJBCのときもかなり上積みを感じていました。その流れに沿ってJBCのときとあまり調整過程を変えずにやってきました。

――状態は上がっていますか?
杉山 正直、維持できればいいかな、という感じだったんですけれども。こちらが思っている以上にかなり上向いてきているという手応えは感じています。

――前走は初めての中央場所でのGI勝ちでした。
杉山 あれだけの馬を開業からそんなに時間が経っていない厩舎に預けていただきました。そのためにも地方のGIではなく中央の舞台で勝つということがひとつの区切りだと思っていましたので、それを果たすことができてまずはホッとしています。

――中京のコース適性は?
杉山 右回り、左回りはあまり関係ないと思うのですが。中京の場合は強いて言うと直線に坂があります。そこが違いにはなってくると思います。前走のような出たなりで相手を見ながらという競馬ができれば、克服はできるのではないかと思います。前走もジョッキーが言ってましたけれども、集中して出遅れないように。それができればそれなりの位置でレースを運べるのがわかっていますので。あまり展開に注文というのはつかないと思っています。

――ライバル関係は?
杉山 強い馬がいるのはわかっていますけれども、厩舎サイドとして出来ることは馬が走れる状態に持っていくというのを集中してやるだけです。

――今回の馬体重は?
杉山 大きく変わってはいないと思います。

――最後に来年のドバイも含めた上での抱負を。
杉山 オーナーの夢もあって来年のプランというのももちろんあるのですが、まずは一戦一戦しっかり納得できる結果が出るようにやっていくだけです。また強いケイティブレイブを見せられるように頑張りたいと思います。


■ケイティブレイブに騎乗予定の福永祐一騎手
――今朝の最終追い切りはいかがでしたか?
福永 先週はCWで追ったのですが、想定より速いタイムが出てしまいました。今週は軽めに5ハロン55秒くらいで最後伸ばすような感じをイメージしていたんですが、今週も速くなりました。

――それは馬の状態がいいからでしょうか?
福永 状態はもちろんいいのですが、ストライドが伸びた感じなんですよね。だいぶゆっくり入りましたし、僕は競馬も調教もこの馬には以前の目野厩舎時代から乗せていただいています。それでもタイムの感覚がずいぶん崩れているので。ストライドが伸びたようですね。

――前走のレース後と比較して状態は?
福永 いいんじゃないですか。ストライドが伸びているということは体の使い方がいいということです。前走も非常にいいコンディションで、大幅に上がっているという感じでもないですけれども、維持しているという感じでもないですね。前走時か、それよりいいぐらいの状態。動ける状態だと感じます。

――どういったところが良くなりましたか?
福永 心身ともにずいぶん成長したな、と思いますけれども。体の面でいうと、年齢的なものもあると思うんですけど、競走馬としていい体になってきたなと思います。走るバランスなんかも含めて。以前は前のめりな感じ、前に重心がある感じで走っていたんですけど、そこのバランスが変わってきた感じがします。だからストライドも伸びていると思います。  

精神面で言うと、最初僕が乗せてもらったときには結構極端な逃げ馬でした。最初に名古屋の重賞(2017年3月名古屋大賞典)を勝ったんですけど、逃げてるんですけど集中していない馬でした。そんな状態でも勝っているので、かなり高いポテンシャルは感じていました。  

僕自身、極端な逃げ馬が好きじゃないわけじゃないんですけど、無駄が出てしまう感じがあると思ってしまって。逃げ一辺倒の馬よりはある程度いろいろな走りができる中で逃げが選べる馬になったらもっと安定していい結果を出せるんじゃないかな、という思いは持っていました。それは以前の目野厩舎時代に先生にも伝えていました。  

今でこそ自在性が武器みたいに言われていますけれども、一番自在性がなかった馬でしたから。二番手でもムキになって脚がたまらないような馬でしたから。それは帝王賞(2017年6月)でスタートで躓いて差すかたちで勝てたというのが大きかったと思います。あれをきっかけにいろいろできる馬になるんじゃないかな、と思いました。でも、それは一朝一夕にできるものではないですし、結構時間がかかりました。  

それが、二走前の船橋(2018年10月日本テレビ盃)の競馬でああいうかたちで勝つことが出来たときに、もう試すことはないな、と。戦法、脚質に関してはいじるところはないな、と思いました。

――そういった成長を感じる中で前走の中央場所での1勝(2018年11月のJBCクラシック)はいかがでしたか?
福永 すごくあの馬の価値を高める1勝だったと思います。JRAの舞台で大きな実績を出せていなかったので、レース前はそこが不安視されていた面もありましたけれども。僕自身に関しては全然心配していなかったですね。  

というのも、1年前に同じ京都コースで同じ距離の平安Sを走っているんですけど、あの時は大外枠が当たって逃げることが出来なくて途中から引っかかって、途中で先頭に立って失速して、最後は5着だったんですけれども。このときに1分56秒台で走っていたので。全然問題ないと思っていました。

――舞台は中京にかわりますが、そのあたりは?
福永 左回りは走っていますし重賞も勝っています。坂ですけど、そうですね…不安に思っても(自分が)やることは変わらないので。大丈夫だと思います。昨年も4着で走っているコースです。  

昨年は最悪の内枠が当たって、逃げ馬の後ろでした。そもそもそういう競馬もできない馬でしたが、その中で4着に健闘していましたし、そこからは自在性も出ましたから。当然昨年よりはいいパフォーマンスで走れるのは間違いないので。何にも心配はしていないです。

――関東馬ルヴァンスレーヴなどのライバル関係は?
福永 もちろん、一番強力な相手だと思っています。チャンピオンホースのゴールドドリーム(※1)とルヴァンスレーヴ、この2頭は強力です。ルヴァンスレーヴは3歳馬ではありますけれども、今年の3歳馬はレベルが高いです。いずれはこの世代の馬がダート界をけん引していくんだろうと思いますけれども。まだ今はね、そういう状態だと思いますね。その中であの強力な2頭を相手にする上でもね、負けられない気持ちでいますし、自信をもってあの2頭を相手にぶつかっていける状態だと思います。

――レース展開については?
福永 まだ決めていないです。ペースにあわせた位置取り。この馬が一番力を発揮できるリズムで走らせてあげたいなと思っています。

――枠順のこだわりは?
福永 大きい馬でストライドもさらに大きくなっています。極端な内枠はできれば欲しくはないですけど、当たった枠で考えます。そんな感じでダービーも勝てたので(笑)。

――陣営は来年のドバイを見据えているという話もありますが、そのあたりも含めて意気込みを。
福永 はい。ドバイに関しては、転厩した際に杉山調教師に話をする機会があって自分のほうからドバイにチャレンジさせて欲しいという旨は伝えたんです。なぜかというと、大井競馬場で結構いい成績を残しているんですけれども、大井の馬場は雨が降ると少し土っぽく粘土っぽくなるんです。そのときの走りが返し馬からずいぶん良かった。

だから、ドバイに限らずアメリカ的な馬場にチャレンジしてみたいな、という思いがあったんです。杉山調教師もそのあたりをオーナーと一緒に考えてくださいました。  

そして、そうなるためにはドバイの前に日本で結果を出さなければチャレンジも出来ません。そういった意味でチャレンジをする資格は既にGI3勝はしているので持っているのだとは思いますが、やはりどうせ行くなら日本の代表馬として行ければいいなと思いますので、なんとしてもここでいい結果を出して日本代表の座をつかみ取ることができればいいな、と思っています。

※1 会見はゴールドドリームの回避が発表される前に行われました
【JRA】ルヴァンスレーヴ萩原師「前走は非常に強い競馬」/チャンピオンズC共同会見
 古馬を退け南部杯(JpnI・1着)に優勝して勢いに乗る3歳馬のルヴァンスレーヴ(牡3・美浦・萩原清)が、ウッドチップコースで併せ馬の追い切りを消化。その後、管理する萩原調教師の共同記者会見が行われた。

(ここ2週は坂路での追い切りだったが、今朝のウッドチップコースでの追い切りについて) 「直前ですのでしっかり作っていきたいということで、先週水曜日は坂路で、先週土曜と今朝はウッドチップで追い切りをしました」

(手応えは?)
「霧で十分に確認はできていないのですけど、乗り手の感触は良かったですし、土曜日の追い切りとの兼ね合いを考えても良かったとは思っています」

(乗り手とは具体的にどんな話を?)
「息遣いを含めて馬の動き、あとは反応的なところを話しました」

(馬の状態は)
「前回と変わらないくらいの状態で出られるでしょう」

(史上初の3歳馬の優勝となった南部杯を振り返って)
「賞金的に3歳馬が出にくいレースになっていますが、古馬を完封という形ですので、非常に強い競馬だと思っています」

(ゴールドドリームに勝ったことの評価は?)
※ゴールドドリームはチャンピオンズCを回避 「内容的にも3コーナーあたりでの脚の使い方、動きがとても良かったですし、非常に評価できるレースだと思っています」

(南部杯から2か月たったが、変化は?)
「大きくはないですけど、1戦1戦成長している感じはあります」

(左回りは5戦全勝だが、初めての中京コースは?)
「今までもいろいろな競馬場で対応ができていますので、コース替わりはそんなに心配はしていないです」

(3歳馬が制すると12年振りの快挙、中京に開催が移ってからは初となるが?)
「そうなればいいなとは思っています」

(ミルコ・デムーロ騎手とは何か話を?)
「ミルコとは南部杯のあともそんなに話はしていないのですけど、馬の能力を我々以上に知っていると思いますので、全幅の信頼を置いてお任せさせて頂きます」

(理想の展開は?)
「競馬の形がはっきり整っていない馬なので、流れに応じてになるでしょう。また新しい面が出ればとも思っています」

(枠順は?)
「与えられた枠で対応していくということになりますので、特に気にしていません」

(最後に意気込みを)
「大勢のファンの方の応援や関係者の努力によってここまで来られましたので、我々は良い形で(ジョッキーに)バトンタッチして、良いパフォーマンスを競馬でお見せできればと思っています」
【JRA】サンライズノヴァ生野助手「レースを走ったことで馬がシャキッとした感じ」/チャンピオンズC共同会見
■サンライズノヴァを管理する音無厩舎の生野賢一調教助手
――今朝の最終追い切りについて教えてください。
生野 指示は調教師から任せられましたので、競馬の間隔も詰まっていますし全体の時計はそんなに出さなくていいなと思い、最初はゆっくり入って終いは伸ばすかたちにしました。

――状態はいかがでしたか?
生野 競馬のダメージはないと思います。レースを走ったことで馬がシャキッとした感じがあり、調子はいいと思います。走っていると無駄なことはしませんし、トモからの力はしっかりと伝わる走りをしていると思います。

――中京、および今回のコースの適性は?
生野 この馬はよく東京で走っているイメージがあると思います。似たように直線が広くて大きいコースですし、持ち味が生かせるのではないかと思います。以前、結構前にはなりますが1800でも走っていますしコーナー4つのコースもこなしてくれるんじゃないかと思います。いまは最初はのんびり行って終いに脚を使うという競馬が確立されてきましたしね。

――枠順へのこだわりは?
生野 最後どうしても外を回して脚を使うので、あまり内過ぎなければいいなと思います。

――3連勝ですが、成長を感じる部分は?
生野 体がしっかり大きくなりましたし、力もそれにあわせてついてきました。

――最後に抱負を。
生野 調子もすごくいいと思います。十分戦えると思いますので応援よろしくお願いします。
勝馬伝説の無料情報が熱い・・・
無料情報だけで万馬券GETwwwww
kachium