天皇賞(春)予想|2019年|JRA共同会見まとめ

kyodoukaiken














ここの無料コンテンツ見たこと無いのか?
だったら無料会員になってみろwwww
高配当XXX

kouhaitouxxx
















ヤフーニュースより

【JRA】メイショウテッコン高橋義忠師「心臓はかなり強い。長距離でも力を十二分に発揮できる」/天皇賞(春)共同会見
 ■メイショウテッコンを管理する高橋義忠調教師

――前走の日経賞を振り返ってください。
高橋 落ち着いて競馬ができましたし、かかることなくリズムよく運べました。中盤からエタリオウがいいかたちで併さってくれたので、集中して最後まで走れたというのもテッコンにとってはいいかたちでした。

――この馬の持ち味が生きたレースだったのでしょうか?
高橋 そうですね。いちばんいいかたちでのレースができたと思います。

――この中間の調整過程は?
高橋 レース後は多少の疲れが見られました。在厩のまま、まずは疲れをとるところから始めました。厩舎の助手らがいいかたちで調整してくれたので2週間くらい前からこの大一番に向かって調整できる体勢は整ってきています。

――ここ2週、福永騎手が騎乗して追い切られていますね。その狙いと効果は?
高橋 先週は福永ジョッキーにとってファーストコンタクトでした。馬場でしっかり負荷をかけたいというこちらの思いもありましたので、そのあたりをしっかりお伝えし、馬場のほうでしっかり馬と向き合っていただいて追い切りました。  

ジョッキーは下で見ているとのと、実際に跨ってみるのとでは感覚的に違ったという話をしていました。それは極めていいかんじのコメントで、思っていたよりもいい馬だった、ということだったのでこちらも本当に安心しました。  

今週の最終追い切りですが、ジョッキーは先週角馬場から(長い時間)跨ってくれまして大体馬のイメージを持ってくれていますし変に気負うのもどうかな、というのがありましたので、昨日(水曜)までの段階ではジョッキーは乗らない方向で考えていました。しかし、ジョッキーと話し合った結果、『もう一度、乗っておきたい』ということでしたしジョッキーの予定も空いているということだったので先週に続いて跨ってもらうことになりました。  

先週は馬場、今週は坂路ということで、どちらも跨ってもらいましたが、『坂路のほうが馬場よりシャープな動きをする』という話をしていました。今日も本当にいいイメージで上がってきましたので、今日もジョッキ―に乗っていただいて本当によかったと思っています。

――京都の3200という舞台は?
高橋 わたしのイメージとしてはまだ4歳馬ですのでこれからだと思うのですが、ようやく本当に精神と体が釣り合ってきて安定的に力を出せるようになってきました。本当に馬が無事であれば、これから鍛えて一流のステイヤーにしていきたいという想いはあります。しかし、まだその入り口というか、うまく調整していける入り口に到達したところなので、その段階で今回大一番を迎えるのは陣営としては弱いところではあります。しかし、現状としては馬の心身は極めていい状態でレースに向かえると思っています。

――現状でのストロングポイントは?
高橋 去年の秋には言えなかったことですが、精神的な安定もだいぶはかれるようになりました。その辺はジョッキーに苦労をかけることが少なくなってきたのではないか、と思います。  あと、心臓はかなり強いものを持っています。調教中は心拍数の計測も常に行っているのですが、かなり心臓は強いイメージですね。そういう意味では長距離でも力を十二分に発揮できる能力は持っていると思います。

――天皇賞というレースへの想いは?
高橋 いちばん勝ちたいレースは何か?と聞かれたら、迷わず天皇賞と言いたいくらい。やはり伝統あるレースですし、わたしの父(高橋成忠元調教師)もメイショウサムソンで勝ったレース(注:2007年に春秋制覇)でもあります。想いとしてはかなり強いものがあります。こういうかたちで大変お世話になっているメイショウのオーナーの馬でこのような舞台に立たせて貰うというのはちょっと違った想いもあります。恩返しをする想いも含めて馬に頑張って貰いたいな、と思います。

――最後にファンの皆さんへメッセージを。
高橋 本当に強い馬たちが揃っていますけれども、その中でも遜色のない能力を持っている馬だと思います。こちらとしては、まだこれからだと思います。ここが最後でもないです。本当にこれからもっともっと強くなっていくために、きっかけというか、強いところを見せられたら、これからもっともっと皆さんの中にこの馬が入っていくと思います。そして、そういうものを見せてもらえたらなぁ、と思っています。 (取材・文:花岡貴子)

【JRA】エタリオウ鞍上M.デムーロ「本当に難しい馬」/天皇賞(春)共同会見
 
 ■エタリオウに騎乗予定のミルコ・デムーロ騎手

――前走の日経賞2着を振り返ってください。
ミルコ 残念でしたね。負けました。メイショウ(テッコン)が自分のペースで決めてよーいドンのペースになった。(それは)あまりエタリオウは得意ではないね。向こう正面から上がっていったけど、やっぱり久しぶりの分、最後の坂で苦しくなった。(それでも)2着に来ていました。ステップレースだからいい感じだと思います。

――前々走の菊花賞での2着はいかがですか?
ミルコ それはもう、考えてたら痛いですね。ハナ差で負けました。痛いです。

――レースとしてはいかがでしたか?
ミルコ まぁ、良かったですね。ペースが遅かった。ちょっとワンペースの馬だから少し…うん、いろいろ考えていたけど、残念。ハナ差負け。運がなかったですね。

――今朝の最終追い切りには騎乗されていませんが、先週の1週前追い切りには騎乗されていましたね。
ミルコ 1週間前だから先生からは「しっかりやって欲しい」という指示でした。馬が良かったです。しっかりやりました。(当日の濃霧の影響で)霧が多すぎてあまり(まわりが)見えなかったけれど、結構追いました。

――状態はいかがでしたか?
ミルコ いい感じ。1回(日経賞を)使ってだいぶ良くなった感じですね。

――今週の追い切りはご覧になっていらっしゃいましたが、いかがでしたか?
ミルコ 今日は単走で馬なりで行ってましたね。うん、いいと思う。55(秒)くらい(注:55秒4)で馬場は少し重くて、大丈夫だと思う。調子良さそうですね。

――この馬のストロングポイントは?
ミルコ ストロングポイントは…性格が悪い(笑)。いつも勝てないね。ちょっと1回勝ちたいね。

――性格が悪いのもストロングポイント?
ミルコ スタミナがありますね。さっき(のは)冗談だったけど、スタミナがある。能力は高いですね。

――これまで3回連続2着。勝つために必要なことは?
ミルコ 最後…えーと…、難しいね。ペース次第。このあいだ(注:日経賞)もスタートから出していったのに引っかかって噛んでました。難しい馬、本当に。先頭に立てばフワッとする可能性がある。ポイントはスムーズにいけたら、(後続馬に)つかまるまで最後まで(脚が)あったらいいですね。

――3200mで勝つためには?
ミルコ とりあえずスタミナが必要ですね。あと京都コースは下りがすごい。合う馬と合わない馬がいる。エタリオウは何回も京都で(いい成績で)走ったことがあるから大丈夫です。天皇賞(春)の距離は(菊花賞と)近い、似ている。だから問題ないね。もう馬がよくわかっているから問題ないと思います。やっぱりポイントはスムーズ。あとは、すんなり早く先頭に立ちたくないですね。それだけ今回気をつけます。

――最後にファンの皆さんにメッセージを。
ミルコ 平成最後の天皇賞、勝ちたいですね、ホントに。頑張ります。
(取材・文:花岡貴子)
【JRA】ユーキャンスマイル岩田康誠騎手「全体的に長距離向き」/天皇賞(春)共同会見
 ■ユーキャンスマイルに騎乗予定の岩田康誠騎手
――初騎乗で優勝したダイヤモンドSを振り返ってください。
岩田 強い内容で勝たせてもらったな、と思います。

――直線一気という勝ち方でしたね。
岩田 想像以上にいい脚を使ってくれましたし、内で我慢して直線は(馬群を)割っていってというレースだったんですけど。本当に乗りやすい馬ですね。

――その乗りやすさはどこで感じましたか?
岩田 折り合いだったり馬群であったり。全体的に長距離向きだと感じましたね。

――春の天皇賞が見えた部分はありましたか?
岩田 (ダイヤモンドSは斤量が)54(キロ)だったんですけど、それもあっていい脚を使ったんじゃないかな、というのありますけれども。先週、追い切りに乗ったときに前走以上の馬体をしていると感じられましたので、心配はしていないです。

――先週のCWの追い切りの指示は?
岩田 1週前なので負担をかけるかたちで乗ってくれ、と言われました。立派な体をしていましたし、スムーズに追い切りが出来たと思います。

――仕上がりはある程度の段階まで来ていると感じましたか?
岩田 そうですね。前回以上に馬体は仕上がっていると思います。

――岩田騎手は昨年の天皇賞(春)を制していますが、今年はこの馬と一緒にどのようなレースをしていきたいと考えていますか?
岩田 本当にこの馬の能力を引き出せたらいい結果が出てくると思いますので、勝利に向けて頑張っていきたいと思います。

――最後にファンの皆さんにメッセージを。
岩田 このチャンスを生かしてユーキャンスマイルと一緒に頑張って、3200、目一杯走りますので応援よろしくお願いします。 (取材・文:花岡貴子)
【JRA】フィエールマン鞍上ルメール「平成最後の天皇賞を是非勝ちたい」/天皇賞(春)共同会見


 昨年の菊花賞馬フィエールマン(牡4、美浦・手塚貴久)が、天皇賞(春)で2つ目のGI制覇を目指して、クリストフ・ルメール騎手を背にウッドチップコースで最終追い切りを行った。追い切りを終えて、ルメール騎手と手塚調教師が共同記者会見に臨んだ。

■ルメール騎手
(今朝のフィエールマンの印象は?)
「良さそうです。すごく良い追い切りをしました。ずっと加速をして、最後はすごく良い脚で頑張ってくれました。彼のコンディションは丁度良いと思います。とても走りたい感じです」

(前走のAJCC・GII・2着のレースに乗った時と違うところは?)
「パワーアップしたと思います。前回はすごくいい競馬ができました、精一杯走っていたけど、負けました。激しい戦いでした。休み明けで負けました。シャケトラはすごく良い馬ですけど、残念ながら今回はもういないです。AJCCはすごく良い競馬でした」

(前走から間隔があくがそのあたり心配はない?)
「心配ないです。長い距離で勝った菊花賞では、ゴールまで頑張ってくれました、全然止まらなかったです。だから4歳でまた3200m、行けると思います」

(3200mでこうなったらいいなという理想のレース展開は?)
「まだありませんが、いつもペースが大事ですね。もしスローペースだったら良いポジションを取った方がいいと思います。3200mはとても長い距離ですね。だから最初はリラックスが必要です。段々ポジションを上げればいいと思います」

(馬場状態は?)
「良馬場か軟らかい馬場でもいいと思います。フィエールマンの母はヨーロッパの馬でした。だから軟らかい馬場で良い脚を使えると思います」

(ジョッキーにとっては連続GI制覇がかかるが?)
「またGIを勝ちたいですね。ドバイ、桜花賞、皐月賞とGIを3週連続で勝ちました。平成最後の天皇賞を是非勝ちたいです」

(ルメール騎手も平成最後というのは考えますか?)
「はい、考えます。日本で天皇賞はとても特別なレースですね。今年は平成最後の天皇賞だから、ジョッキーはみんな勝ちたいと思います」

(ルメール騎手にとっては1000勝というのも近づいているが?)
「はい、ちょっと時間かかりましたね。先週と先々週はあまり(勝ち星が)少なかったけど、また自信を持って乗りたいです。ゆっくり1000勝にいくと思います」

(天皇賞と1000勝が一緒にということもある?)
「面白いです。楽しいですね。でも1番大事なのは、大きなレースですね。レースごとに良い競馬をしたいです」

(最後にファンにメッセージを)
「菊花賞でフィエールマンは強かったです。今年もGIを勝てると思います。この天皇賞はフィエールマンの春の1番の目標ですね。みなさん応援してください。よろしくお願いします」

■手塚調教師
(今朝の追い切りの印象は?)
「先週あらかたいいかと思っていましたし、今週は輸送もあるのでそれほど目一杯やらなくてもいいと考えていましたが、思っていた以上に時計が出ました。それだけ状態が良いのだと思います」

(ルメール騎手とはどんな会話を?)
「彼はパワフルだったと言っていましたし、菊花賞の時と同じくらいかなという話もしました。その辺の意見は一致していましたし、すごく楽しみにしているような雰囲気でした」

(前走から間があいているが、調整過程は?)
「レースが終わった後はいつも通りノーザンファーム天栄に放牧に出して、1か月前に美浦に戻しました。今回は天栄に行ってからも疲労がなくずっと順調に調整ができていました。  美浦に入厩する前に追い切りを1度見に行ったのですけど、その時の動きも素晴らしかったですし、美浦に帰ってからも至極順調に来ていますので、前走の過程よりは数段良いと思っています」

(前走は軽い熱発という一頓挫があったのも影響した?)
「それはミスですし、馬には非常に申し訳なかったと思っています」

(菊花賞に続くビッグタイトルを取れるか、力が入るところだと思うが?)
「そうですね。菊花賞の時はダークホースといいますか、チャレンジする立場でわりと気楽な雰囲気でレースに臨めたのですが、今回は1つ勲章を持って天皇賞に向かうということで、人気にもなるでしょうし、そういった重圧を跳ねのけてほしいと思っています」

(今週末のレース次第では、秋にはロンシャンへというビジョンもあるようだが?)
「お母さんもフランスで走った馬ですし、そういったところも踏まえてオーナーも考えていらっしゃるのかなとは思います。適性としては十分備えているのではないかなと思っていますし、今回の天皇賞でしっかり結果を出して秋に希望が持てるようなレースになればいいですね」

(展開や馬場については?)
「実際菊花賞で長距離を経験をしています。距離が未知数だったことは(菊花賞で)払しょくされましたので、3200mだから不安ということはないです。折り合いはつきやすい方なので、どんな展開でも向くとは思いますけど、できれば良馬場の方がいいとは思っています」

(厩舎開業20年で、この春一気に勝ち星も伸ばしていきたいところ?)
「そうですね。今年は調子が悪いので皆さんに申し訳ないと思っていますけど、厩舎もアクセルをふかせて頑張っていきたいと思います」
(取材・文:佐々木祥恵)
【JRA】グローリーヴェイズ戸崎騎手「平成の最後を飾れたらと思っています」/天皇賞(春)共同会見
 
日経新春杯(GII・1着)から天皇賞(春)に向かうグローリーヴェイズ(牡4、美浦・尾関知人)が、初コンビを組む戸崎圭太騎手を背にウッドチップコースで最終追い切りを行った。追い切りを終えて、戸崎騎手と尾関調教師が共同記者会見が臨んだ。

■戸崎圭太騎手
(今日初めて跨ってみての第一印象は?)
「本当に賢い馬でやることもわかっているという感じで、とても乗りやすかったです」

(元々持っていた印象と違ったところは?)
「レース映像を見ましたが、レースでも乗りやすそうだなという感じはしていました。(今日は)それ以上に乗りやすさを感じて、何の問題もないと思いました」

(3頭併せの真ん中での追い切りだったが?)
「先週しっかりやっているということで、今週は僕がコンタクトを取れればいいかなと、馬の反応を見る程度でした。状態の良さも感じましたし、良いコンタクトが取れました」

(この4歳世代はレベル高いと言われているが、この馬もそれに違わぬ馬?)
「そうですね。気が入ってからはすごい躍動感があって、良い脚を見せてくれるのではないかなという走りでした」

(長丁場となるが、どのような競馬が理想?)
「何となくイメージはありますけど。皆同じだと思いますが、距離が長いのであまり外を回りたくないので、枠順は内を取れたらいいなと思います。あとは本当に良い脚を持っていそうなので、その辺を生かしたいです。乗りやすいので、どこからでもいいのかなというのもありますね」

(急遽この馬の騎乗依頼が来て、意気込みのほどは?)
「元々シャケトラという馬で臨む予定だったのですけど、ああいう形になって本当に残念な思いなのですが、またこのように乗れるということですごくありがたく思います。また天皇賞ということで、平成の最後を飾れたらとは思っていますね」

■尾関調教師
(戸崎騎手がすごく乗りやすい馬と話をしていたが?)
「そうですね、大きいセールスポイントだと思います」

(今日の調教のテーマは?)
「先週しっかり負荷をかけて中身ができているところまで持ってきていますので、レースに向けて無駄な疲れが残らないようなイメージと、その中で気持ちを少し競馬に向けて上げていければなという感じだったのですが、イメージ通りの追い切りになったと思います」

(3頭併せの真ん中での追い切りだったが?)
「当該週に使う馬の組み合わせなどもあるのですけど、時計で負荷をかけるよりも、そういう内容面で気持ちを競馬に向けていくというイメージでした。時計的にも速くなり過ぎず、遅くなり過ぎず、反応もしっかりしていて良かったと思います」

(放牧から戻ってきてからの調整過程は?)
「前走の日経新春杯の後、それなりに疲れが出た部分がありました。牧場にも見に行って確認もしていましたし、うまく牧場でもケアをしてもらったので、そのあたりを引き継いでそこを気をつけながら、馬の状態を慎重に確認しながら進めていったのですけど、本当に順調にここまで来れたと思います」

(菊花賞5着、日経新春杯は優勝して、今度は天皇賞という長距離の最高峰に改めて挑むその心境は?)
「この馬が純然たるステイヤーかというとそうとも言い切れない部分はあると思いますが、昔で言うとクシロキング(1986年、天皇賞・春優勝)のようなイメージの操縦性の高さで、名ジョッキーを鞍上に攻めた競馬ができたらいいのかなと思っています」

(戸崎騎手とレースに向けての打ち合わせをする予定は?)
「馬の感触や操縦性は掴んでもらったと思うので、直前に馬場状態などをいろいろ見ながら、相談したいなと思っています」

(かなり混戦ムードだが?)
「菊花賞上位(フィエールマン、エタリオウ、ユーキャンスマイル)の馬はみな出てきますが、その後この馬も成長してしっかりタイトルを掴んでくれました。良い勝ち方ではあったのですけど、その時の斤量が55キロだったのが、今度は58キロといろいろ課題はあると思うので、チャレンジャーのつもりでいます」

(尾関厩舎のこれまでのGI勝利はレッドファルクスでの1200m戦だったが?)
「そうですね。この子も母の父にスウェプトオーヴァーボードが入っているので、縁があるなと思います。大久保(洋吉)先生のところで調教助手をしていた時からお世話になっていたメジロ牧場の、天皇賞を目指すために積み上げてきたような血統がこの馬に繋がってくるので、そういう部分でも楽しみです」

(そのような血統のロマンを感じさせるレースができれば?)
「そういう部分で皆さんに応援して頂いて、後押しして頂けたらいいなと思います」

(平成最後の天皇賞になるが?)
「そうですね、平成の天皇賞といえばメジロマックイーン(1991年、92年、天皇賞・春連覇)が思い浮かびます。(メジロでもこの馬とマックイーンは)血統的には繋がりはないですけど、メジロ牧場の血統がこの馬に結集した部分もありますし、自分も競馬ファンでしたからそういうロマンもありますので、是非応援して頂きたいです。まだ成長しているので、令和の時代も頑張ってくれると思います」

(尾関先生のインタビューが平成最後の美浦の共同記者会見となりました)
「光栄です(笑)」 (取材・文:佐々木祥恵)

勝馬伝説の無料情報が熱い・・・
無料情報だけで万馬券GETwwwww
kachium