東京優駿(日本ダービー)予想|2019年|JRA共同会見まとめ

kyodoukaiken














ここの無料コンテンツ見たこと無いのか?
だったら無料会員になってみろwwww
高配当XXX

kouhaitouxxx
















ヤフーニュースより

【JRA】サートゥルナーリア陣営「加速する脚は相変わらずいい動き」/日本ダービー共同会見

 

■サートゥルナーリアを管理する角居勝彦厩舎・辻野泰之調教助手の話

――皐月賞を振り返ってください。
辻野 年明けから競馬を走っていなかったので、そのあたりがレースに行ってどう出るかな、と心配なところはあったのですが。終わってみれば、外をまわってしっかり差し切ってくれたという強い内容で勝ってくれました。

――皐月賞は8割も力を出していなかったのではないか、と言われていましたが?
辻野 そうですね。そのあたりはジョッキーも目いっぱい追ってくれていたと思うんですけど、最後はちょっとスタンドに物見をして他の馬に迷惑をかけてしまったあたりはちょっとまだ幼いところが残ってるんだなぁというのは感じています。

――まだ100%とはいえない?
辻野 そうですね。まだがむしゃらには走っていないんじゃないかな、というふうには感じています。

――中5週、この中間の調整は?
辻野 レース後は2週間ほどノーザンファームしがらきのほうにリフレッシュ放牧に出しました。レースの3週間前にこちらに帰ってきています。追い切るごとに体のハリもよくなってきていますし、いい状態でレースに向かえるんじゃないかと思っています。

――1週前追い切りはレーン騎手が跨って追い切り。今週は厩舎スタッフによる併せ馬でしたね? 辻野 感触を確かめてもらうという目的でレーン騎手に乗ってもらいました。全体的にゆっくりな流れの追い切りになりました。(先週の1週前)追い切り後の馬体を見てもう一段階負荷をかけられる状態になってきたのかな、という判断で、今週は先週よりももう少し負荷を強めた追い切りを行いました。  CWコースで後ろから外をまわしたんですけど、直前まで馬の後ろでしっかり我慢できていましたし、加速してからの脚も本当に相変わらずいい動きをしてくれていました。いい状態でレースに臨めると思います。

――さらに良くなった状態でダービーに臨めそうでしょうか?
辻野 はい。皐月賞の前よりもいい意味でゆとりのある体つきになってきてくれているので、本当にいい精神状態と馬体でレースに行けそうですね。

――レーン騎手はどのようなことを話していますか?
辻野 ストロングホースだということと、イメージどおりだ、というコメントをいただきました。追い切りもいい感触を持っていただけたと思います。

――レーン騎手と相性の良さは感じましたか?
辻野 こちらのお願いしたとおりに調教に乗ってきてくれました。まじめなジョッキーさんだなと感じたので、ちょっと子供っぽいこの馬には合っているんじゃないかと思います。ビデオを見て研究してくれているそうですし、こちらから特に指示やリクエストはないと思うんですけれども。とにかく馬の力を出し切るレースをして欲しいと思います。

――東京の2400mという舞台は?
辻野 もともと左トモの推進力が強く右手前が好きな馬ですので、左回りに関しては心配はしていないんですけれども。距離に関してましては、やはり初めて走りますし落ち着いて走れる仔なのでこなしてくれるとは思っているんですけれども。そこは走ってみないと、というところでもあります。

――血統的にはいかがでしょうか?
辻野 お母さん(シーザリオ)はオークスを勝ってくれていますし、お兄さんのエピファネイアはジャパンカップで強いパフォーマンスをみせてくれていますので、もしかしたら最適な舞台なのかとも思えます。力は出してくれるのではないか、と思います。

――相手関係は?
辻野 皐月賞で接戦を演じた2頭は強いと思います。ほかの馬たちもダービーという舞台に向けて目いっぱい馬をつくってくると思うので、どの馬にも警戒は怠れないな、と思っています。

――最後に意気込みを。
辻野 二冠の資格を持ってダービーに臨めるのはこの馬だけですし、僕ら関係者もファンの皆様も期待されていると思いますので、一生懸命最後まで走ってもらいたいな、と思っています。
(取材・文:花岡貴子)

無敗の皐月賞馬のサートゥルナーリア(牡3・栗東・角居勝彦)に騎乗するダミアン・レーン騎手の共同記者会見が行われた。

(今回初騎乗になるが、この馬のイメージは?)
「VTRで過去のレースを確認しまして、非常に良い馬なので、とても乗るのを楽しみにしています。多分いくつもレース中はオプションがあると思いますが、素晴らしい終いの脚を見ていて1番強い馬だなと思いました。今週は大きいレースで、近くなると自分も含めて皆、テンションも盛り上がることになると思いますし、何よりも楽しみにしています」

(レース当日どんな気持ちになりそう?)
「盛り上がってそういうテンションを経験するのを楽しみにしておりますので、非常にエキサイティングなフィーリングになると思います」

(恐らく1番人気になるが?)
「1番人気だからといって、気持ちは特に変わりはないですし、どの馬でもダービーという雰囲気は変わらないと思います。日本ダービーを経験するのは初めてになりますが、テレビで何度も見たことがあります。たくさんのファンが作っている雰囲気を感じるのを楽しみにしております」

(10万人ほどの観客が入ると予想されるが、その経験はある?)
「この3年間、メルボルンCは騎乗することができました。メルボルンCも10万人以上ということなので、オーストラリアでは経験したことはあります」

(レーン騎手の持ち味は?)
「特に何がポイントというよりも、良い馬の騎乗チャンスを与えてくださって結果を出すことができました。協力をしてくださった皆様にとても良い馬の騎乗チャンスを与えて頂いて、バランス良く良い馬を騎乗させて頂いているチャンスを使って、結果を出すことができました。皆さまのサポートやご協力に感謝しております」

(最後にファンにメッセージを)
「今週日曜日がダービーということで、1人でも多くのファンと競馬場でお会いしたいと思っていますので、皆さん競馬場に来てください。そして参加するのを非常に楽しみにしています」

(取材・文:佐々木祥恵)


【JRA】ランフォザローゼス藤沢和雄師「大人っぽく、逞しくなってきた」/日本ダービー共同会見

 
青葉賞(GII)で2着からダービーに臨むランフォザローゼス(牡3・美浦・藤沢和雄)を管理する藤沢調教師の共同記者会見が行われた。

(今日の追い切りを終えて)
「そんなに速い時計ではないですけど、順調で良い感じだと思います。終いは併せるように稽古をしていて、時計は遅かったですが予定通りでした」

(今日は福永騎手は乗らなかったが?)
「いつもは杉原(騎手)が乗っていますし、先週(福永騎手には)乗ってもらっていて問題ないそうです。福永騎手は随分馬が穏やかなのでビックリしていました」

(福永騎手には何か伝えたか?)
「休み明けを1度使って、前走よりは動けるようになったので期待していると言っておきました。前走もたまたま同じレースでそばにいてわかっていると思いますので、大丈夫だと思います」

(青葉賞2着を振り返って)
「休み明けでしたし、結構いいペースで追走も大変だったと思うのですが、ゴール前でまた(勝ち馬に)近づいたので合格点かなと思っています」

(青葉賞からの上積みは?)
「やはり1度使って息遣いはいいですし、上積みはあると思います」

(この馬の長所は?)
「穏やかな馬で、スピードがあるのですけどハンドルがききます。デビュー戦から調整はしやすく順調ですし、イレ込んだりすることがないので楽な馬です」

(今回は1強、あるいは3強と言われているが?)
「青葉賞組よりは皐月賞から来た馬たちが毎年強いです。私も何回か挑戦させてもらったのですが、特に今回は強そうなのが何頭かいます。まだ若くてこれからがありますから、どれくらい差があるのかを見たいと思っています」

(ダービーは現役最多の20頭を送り出し、今回21頭目の出走となるが?)
「今年は間に合うかなと思っていたのですが、血統馬で期待していましたし、何とかギリギリ間に合いました。これまでたくさん使わせてもらっていますけど、新たにまた期待できる馬なので、応援してください」

(何度経験してもダービーは違うもの?)
「ここに来るまでが大変ですし、ダービーに出走できるというのは大変なことなので、素晴らしいレースだと思っています」

(2度目のダービー制覇に向けて、ファンにメッセージを)
「馬は若いのですけど、使うたびに大人っぽく逞しくなってきたので、前走以上に走れると思います。良い結果になるように期待していますので、応援してください」


(取材・文:佐々木祥恵)

【JRA】ヴェロックス川田騎手「全力の仕上がりで挑むダービー」/日本ダービー共同会見

 
■ヴェロックスに騎乗予定の川田将雅騎手

――皐月賞を振り返ってください。
 川田 予定どおりの競馬ができました。しっかりと走り切ってくれて、(勝ち馬と)着差はわずかでしたが頑張ってくれた結果だと思っています。

――1週前追い切りに騎乗されていました。感想は?
 川田 しっかりとつくりにいくために強めの負荷をかけました。すごくいい内容で走ることが出来ましたし、とてもいい追い切りだったんじゃないかと思っています。

――皐月賞と比べて馬の状態は?
 川田 徐々に体も成長していますし、その成長して良くなった部分を感じながらの追い切りにもなりました。改めて皐月賞からダービーに向けてのあいだでもしっかりと成長してくれたな、と感じています。


――東京の2400m、どのようなイメージで臨まれますか?
 川田 若駒ステークスで初めて乗ったときに、道中少し“ダービーでやれるな”と感じる瞬間がありました。そこに無事にたどり着くことができました。この馬のポテンシャルをそのときに感じて(いたとおりに)、何ら問題なくダービーを走り切ることができると思ってます。


――相手関係は?
 川田 皐月賞馬が着差以上に強かったですし、さらにいい状態でダービーに来ているのは間違いないと思います。ほかにも強い馬はいますけれども、ヴェロックス自身もすごくいい状態でここに向かってこれていると思います。まずは自分の競馬をしてから、ということですね。


――皐月賞の前は「サートゥルナーリアが1頭抜けているのでは?」という話をされていました。実際に戦ってみた印象は?
 川田 繰り返しますが、着差以上に強かったです。まだ少し動けないのだろうな、という印象がありました。前哨戦を使ったわけでもなかったですし、ぶっつけで本番に来て“少し動きづらいんだろうな”と、横で感じていました。


――逆転にはどのようなことが必要でしょうか?
 川田 もちろんすごく強い馬に向かっているので、そのための時間を過ごしてきました。いままでで一番“つくり”にも来ています。全力の仕上がりで挑むダービーだと思っていますので、あとはなんとかいい結果を得られるように、ということです。


――最後にメッセージを
川田 すごく強い馬がいてそこにチャレンジしにいく立場です。いい状態で来れていると思っているのでダービー当日を楽しみにしてもらえたらな、と思っています。

(取材・文:花岡貴子)

【JRA】ダノンキングリー戸崎騎手「本当に幸せを感じています」/日本ダービー共同会見


皐月賞(GI)3着から日本ダービー(GI・東京芝2400m)に向かうダノンキングリー(牡3・美浦・萩原清)。手綱を取る戸崎圭太騎手と管理する萩原調教師の共同記者会見が行われた。

■戸崎騎手

(今日の追い切りの感触は?)
「順調に来ていますし、馬の状態もすごくいい感じで追い切りを終えました。先週しっかりとやっていましたので、今日は手応えを見る形と、あとは道中のハミの取り方というか、折り合いを確認する追い切りをしました」


(先週と今週の違いは?)
「先週は乗ってなかったのでわかりませんが、先週しっかりとやっていただいて気合が入っているなと思いました」


(3着の皐月賞については?)
「そんなに差がなかったので悔しい思いはしましたけど、イメージ通りのレースはできたかなと思います。最後の直線の進路取りで、馬場の良いところと悪かったところの差はあったかなと思いましたけど、改めて力を感じさせる走りはしてくれました」

(逆転は可能という感触はある?)
「そうですね」

(3強と呼ばれているが?)
「その中の1頭に乗せていただけるということは、すごく光栄に思いますし、幸せを感じていますね」


(東京2400mのイメージはできている?)
「東京でも2戦2勝と相性のいいコースですし、イメージはしっかり出来ています」


(2400mという距離については?)
「この馬に関してはベストかというと少し疑問はありますけど、その辺は力でカバーしてくれると思いますし、我慢はきく馬なので、対応できると思います」


(4戦すべて手網を取っているが、改めてどんな馬?)
「スピードは持ってる馬ですね。あとはすごくセンスの良い馬だと思いますので、競馬がしやすいなと思います」


(エポカドーロで2着だった昨年のダービーを振り返って)
「去年はもう少しというところだったので、ちょっと違う景色を見れたなというところがあって、去年くらいからやっぱりダービーは勝ちたいなというレースになりました」


(去年の2着で気持ちがガラッと変わった?)
「そうですね」


(今年は勝ちたいと?)
「勝ちたいですね」


(ダービーの優勝が近づいてきたという気持ちはある?)
「ありますけど、そう簡単に勝てるレースではないと思っています。去年2着でそういう思いをさせていただいて、また改めて今年、有力馬、チャンスのいただける馬に巡り会えたということは本当に幸せを感じています」


(こういうレースをすれば勝てるというイメージはある?)
「この馬の良いところを引き出して。切れ味も持っていますからね。枠順が出てからいろいろ組み立ては考えようかなと思っているのですが、まずは良いところを出して精一杯戦っていきたいなと思います」


■萩原調教師

(最終追い切りを終えて感触は?)
「良かったと思います」


(どんなことを心掛けて調教を?)
「一番は折り合いですね」


(うまくいった?)
「そうですね、ジョッキーが感触を掴んでくれたと思いますので、実戦では今日の追い切りの感じを頭に入れてやってくれると思います」


(3着の皐月賞を振り返って)
「良い内容の競馬だったと思います」


(東京競馬場は共同通信杯勝ちがあるが、東京コースは向いてる?)
「それはあまり思っていないです」


(東京2400mの立ち回りのイメージは?)
「特にないですけど、ジョッキーにはしっかりイメージしてもらいたいと思っています」


(戸崎騎手への具体的な指示は?)
「それはないですけど、ジョッキーの方が今までの競馬に関しての知識はあると思いますので、全面的に信頼してお任せします」


(先ほど戸崎騎手がどうしても勝ちたいと話をしていたが、その思いは伝わってくる?)
「それはちょっとわからなかったですけど」


(ヴィクトリアマイルをノームコアで制して、厩舎もいい雰囲気に?)
「まあ、変わらずやってるつもりです」


(3強と呼ばれているが、そのあたりは?)
「まあ、色々な捉え方があるかと思いますけど…」


(逆転は可能だと?)
「それはもちろん。そう思っての出走になります」


(2009年のロジユニヴァース優勝時以来のダービー出走だが?)
「しばらく遠ざかっていたので、もっと出さなくてはいけないと思っています」


(ファンにメッセージを)
「こういう大舞台に(管理馬を)出走させられるということに非常に感謝したいとともに、当日は熱い戦いが見られると思いますので、皆さんぜひ競馬場で観戦していただけたらなと思います」


(取材・文:佐々木祥恵)

勝馬伝説の無料情報が熱い・・・
無料情報だけで万馬券GETwwwww
kachium