【2019年】安田記念予想|前哨戦まとめ


matome


















今週東京競馬場で安田記念が開催されます
そこで、安田記念の前哨戦を振り返ってみましょう!!



ヤフーニュースより引用
【GI前哨戦ズバッと診断】安田記念



引用元URL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190528-00000508-sanspo-horse


GIウイーク限定の企画『GI前哨戦 ズバッと診断』
 
 ラップ分析に定評のある久保和功氏と夏目耕四郎氏が、安田記念の注目馬を推奨する。

 久保氏は高速上がりに対応できるダノンプレミアム、
 夏目氏はコース替わりがプラスのインディチャンプなどを評価した。  

 久保 過去5年で上がり最速馬は【3・1・1・0】。ハイペースになりやすく、先行力だけでは押し切れません。  

 夏目 速い上がりを使える馬に注目ですね。では、マイラーズCから。  

 久保 前半5ハロン60秒3の超スロー。その分、レースラップのラスト3ハロンが10秒9-10秒3-11秒1と速くなりました。  

 夏目 レースレベルは『A』。上がりは極限の速さです。  

 久保 勝ったダノンプレミアムは、4コーナー2番手から上がり32秒2。先行力があり、高速上がりにも対応できます。2着に逃げ粘ったグァンチャーレは展開に恵まれました。  

 夏目 4着インディチャンプは上がり2位タイの32秒1。東京新聞杯を好時計で勝っていますし、コース替わりで見直したいですね。  

 久保 京王杯SCは前半34秒2-後半33秒9でレコード決着でした。  

 夏目 超高速馬場の影響でしょう。レースレベルは例年並みの『B』。勝ったタワーオブロンドンは回避。3着ロジクライは速い上がりが使えず、安田記念で好走するタイプではありません。  

 久保 ダービー卿CTは前半5ハロン56秒5と速いペース。2着のプリモシーンがヴィクトリアMで2着でした。  

 夏目 勝ったフィアーノロマーノは上がり34秒8。東京の速い上がりの馬場でどうか…。

 久保 大阪杯は時計がかかる荒れ馬場でしたが、出走馬のレベルは高かった。11着ペルシアンナイト、12着サングレーザー、14着ステルヴィオは外を回るロスが大きかったので、実績のある距離で反撃があるかも。  

 夏目 ドバイターフVのアーモンドアイは、桜花賞を含め1600メートルで3戦3勝。いずれも上がりはメンバー最速です。ジャパンCを世界レコードで走っているように、高速決着も歓迎です。


「広告」-まずは無料コンテンツから誰でも無料会員になれます。
勝馬伝説はもう有名すぎる。
とりあえず無料会員からかな、

kachium















button3-4-u






前哨戦(1) マイラーズカップ2019年





1着 ダノンプレミアム 川田将雅
2着 グァンチャーレ 池添謙一
3着 パクスアメリカーナ 藤岡佑介
 

ダノンプレミアムの強さが目立った形。


前哨戦(2) ヴィクトリアマイル





1着 ノームコア レーン
2着 プリモジーン 福永祐一
3着 クロコスミア 戸崎圭太

芝の状態も良かったけど、1000m56秒1でコンマ3まで残ったアエロリットに注目


前哨戦(3) ダービー卿CT




1着 フィアーノロマーノ 川田将雅
2着 プリモジーン 福永祐一
3着 マイスタイル 横山典弘

ダービー卿CT組は結構安田記念でも馬券になっているから無視できない


前哨戦(4) ドバイターフ




1着 アーモンドアイ ルメール


これは別の話になりそう。評価対象外



前哨戦の勝ちから見ると
1位 マイラーズC
2位 ヴィクトリアマイル
3位 ダービー卿CT
4位 京王杯SC


ランク外 ドバイターフ


こんな感じでいいのかな?




うまとみらいと…
競馬ファンならぜひ欲しい情報がゲットできますよね。
だから・・・無料会員がここまで美味しいとはwwww

umatomi