秋華賞予想|2019年|JRA共同会見まとめ

kyodoukaiken














ここの無料コンテンツ見たこと無いのか?
だったら無料会員になってみろwwww
高配当XXX

kouhaitouxxx
















ヤフーニュースより引用しました。

【JRA】カレンブーケドール津村騎手「ビッグチャンスだなと思っています」/秋華賞共同会見

 秋初戦の紫苑S(GIII・3着)をステップに本番に臨むカレンブーケドール(牝3・美浦・国枝栄)が、坂路コースで津村明秀騎手が騎乗して最終追い切りを消化。追い切り後、国枝調教師と津村騎手の共同記者会見が行われた。


■国枝調教師


(前走を振り返って)

「トライアルで人気もありましたし、オークスとは少し違った立場だったので、レースは厳しかったかなと思います」


(その中で僅差の3着と力は見せたと思うが?)

「そうですね、これから楽しみだなという競馬をしてくれました」


(秋初戦から中4週、この中間はどのような調整を?)

「使った後に馬の雰囲気がグンと良くなりましたし、坂路主体で調整してきました」


(良くなっているという手応えはある?)

「体もフックラして馬も落ち着いていますし、良いと思います」


(坂路での最終追い切りについて)

「先週ある程度やったのですが、まだ余裕もありそうなので、今日も終い重点でやりました」


(動きは?)

「前に行った馬が結構良い動きをしていたので、並ぶのが少しきつかったかなと思うのですけど、並んでからの終いは良かったと思います」


(夏を越して成長や変化した点は?)

「落ち着きも出ていますし、体の張りもグンと良くなっているので、成長しているなと思います」


(これまでアパパネとアーモンドアイが秋華賞を勝っているが、京都2000mのポイントは?)

「2頭は結構レベルが高かったのですが、やはりうまく立ち回らないといけないというのはありますので、津村君がうまくジャッジしてレースをしてほしいとは思っています」


(理想はオークスのような早めの競馬?)

「ある程度のポジションを取って、どこでゴーサインを出すかということにはなると思うんですけどね。あとは馬場の状況ですね」


(渋った馬場は?)

「未知数と言いますか、何とも言えないですね。条件は皆一緒なので、馬場が悪いところでもうまく立ち回ってほしいなとは思っています」


(台風を考慮して輸送も早める?)

「その対策で金曜日にと考えております」


(初めての長距離輸送になるが?)

「落ち着きのある馬ですし、牧場から戻ってきた時などいろいろな状況でも全く問題ないので、大丈夫だと思います」


(桜花賞馬もオークス馬も出走しない今回、大きなチャンスでは?)

「オークスで良い競馬ができたので、それが伊達ではなかったというところを見せてほしいです」


(最後にファンにメッセージを)

「順調に調教もこなせてあとは本番を待つだけなので、最後の一冠を目指したいと思います。よろしくお願いします」



■津村騎手


(最終追い切りのポイントは?)

「先生からは時計を気にせずに終いの反応だけ確認しておいてほしいということだったので、その通りにやってきました」


(追い切りの感触、動きは?)

「1回使って脚の出などスムーズになっているところがたくさんあったので、好感触は得られました」


(前の馬に追いつくまでに時間がかかったように見えたが?)

「そんなに機敏に反応する馬でもないですし、それより相手が動く馬だったのでさほど気にしていないです」


(改めて前走と比較して)

「前回は休み明けを1回叩いた方が良くなるだろうなというデキでしたし、その通り体調は上向いていると思います」


(前走はスタートで少しトモを落とすようなところがあったが?)

「そうですね、一歩目で少しトモを落としてしまいました。そこは失敗でしたね」


(その後の道中は?)

「それがあってリカバリーするために思っていた以上に出していく形になってしまったことで、道中は噛んでしまってロスの多い競馬でした」


(それでも僅差の3着で?)

「そうですね、力のあるところは見せてくれました」


(夏を越して成長した点は?)

「前回の調教の時も思ったのですけど、トモの力の入り方とか筋肉の付き方はだいぶ成長したという感触でした。1戦1戦成長していっていると思います」


(秋華賞でこの馬のどのような良いところを出したい?)

「元々競馬が上手な馬なので内回りの2000mもさほど気にしていませんし、(どのようなレースをするかは)枠順が出てから決めますけど、どんな競馬でも対応してくれると思います」


(流れや位置取り問わず?)

「そうですね。ただ後ろにはならないと思いますし、ある程度良い位置で進めたいと思います」


(道悪になった場合は?)

「良馬場でしか走ったことがないので何とも言えないですけど、皆条件は一緒なので頑張ります」


(この馬の1番の長所は?)

「真面目で勝負根性があって、最後まで勝ちたいという気持ちがある馬です。そこが良いところだと思います」


(そのあたりを引き出せれば好勝負に?)

「そうですね、オークスの時も最後併さって良い根性を見せてくれました。そういう形になれば理想だと思うので、そのような流れになれば良いですね」


(オークス馬不在の今回は?)

「そうですね、チャンスですね」


(デビュー16年目で29回目のGI騎乗になるが?)

「GI乗るたびに、チャンスがないということはないと思っていました。今回は特にある程度人気になると思いますので、ビッグチャンスだなとは思っています」


(オークス2着で改めてGI制覇への気持ちがさらに膨らんだのでは?)

「どんどん大きくなっています。同期も結構GIを勝っていますので、僕も早くGIジョッキーになりたいですし、GIジョッキーを夢見てこの世界に入ってきたので早く勝ちたいですね」


(最後に意気込みを)

「まだ重賞を勝っていない馬ですし、チャレンジャーの気持ちで挑んで勝利目指して頑張りますので、応援よろしくお願い致します」


(取材・文:佐々木祥恵)



【JRA】ダノンファンタジー川田騎手「競馬に行けば上手に走れる」/秋華賞共同会見

 


■ダノンファンタジーに騎乗予定の川田将雅騎手


――前走のローズSを振り返ってください。

川田 いい内容でしっかり勝ちきってくれたというのが何よりだったと思います。調教の段階で春とは違う課題が見えてきたので、レースにおいてどういう影響を及ぼすかな、というのが一番だったんですけど。


 ほんと、上手に走ることが出来ましたし、直線でまた違う課題も見えはしましたが、それでもあの内容で勝ちきってくれたので秋華賞に繋がるレースが出来たと思います。


――レース後に課題があると話していましたが、その課題と修正についてはいかがでしょうか?

川田 丁寧にはやってきていますが、さほど大きくは改善されてはいないと思います。それでも競馬であれだけ走れているので、多少は仕方ないと思います。


――春と比べて手ごたえはいかがでしたか?

川田 競馬に行けば上手に対応してくれます。桜花賞にしろオークスにしろ、内容は良かったです。それを思えば、変わらず秋もいい内容で走ってくれると思います。


――秋になって変わりましたか?

川田 メンタル面は多少良くなったかな、と思います。ただその分、違う難しさも出てきているな、という感じはします。


――舞台はファンタジーS以来の京都競馬場となります。内回り2000mです。

川田 この馬とすれば、オークスの2400は長いだろうということでしたし、実際少し長かったと思います。2000mまでであれば対応できるのではないかと思っているので、京都の内回りに適したレースが出来ればなと思っています。


――調教は本日、単走で行われて騎乗されていました。感触は?

川田 どうしても調教だと強く力んでしまいます。それでもよく我慢できていたほうかな、と思います。競馬に行けば上手に走れるので、そこの期待ですね。


――前走からの上積みは?

川田 大きく上積みがあるな、という印象ではないですが。無事に来れれば十分だと思います。


――台風の影響で重馬場の可能性がありますが、そのあたりは?

川田 やはりディープ産駒ですし、きれいなトビをする馬ですから。もちろん乾いた馬場で、というのが一番能力は発揮できると思っています。


――最後に抱負を。

川田 ローズSをいいかたちで勝つことができましたし、あとは京都の内回り2000mにしっかり対応しながら。雨の影響でどれだけ馬場が悪化するかわからないですが、そこも含め、いい競馬ができることを期待したいと思います。


(取材・文:花岡貴子)


【JRA】コントラチェック藤沢和雄師「好位からでも問題ないと思う」/秋華賞共同会見

 藤沢和雄厩舎から秋華賞にコントラチェック(牝3)とシェーングランツ(牝3)の2頭が出走する。ともに坂路コースで最終追い切りを消化し、管理する藤沢調教師が共同記者会見に臨んだ。


■コントラチェック


(坂路での最終追い切りについて)

「さほど大きな馬ではないので、とても調整は楽でした。関西出張もありますので、そんなに速い時計ではありませんでしたが、気が良いのでいつも動きは良いと思います」


(オークス・GI・9着から直行となるが?)

「オークス後に騎手から幾分距離が長いのではないかと言われていました。気が良くて大きな馬でもないですし、坂路で十分乗り込んでいるので問題ないと思います」


(夏を越して成長した点は?)

「気の良くて落ち着いたという感じはないですけど、年齢にふさわしいそれなりの気配だと思います」


(京都への輸送については?)

「2歳の早いうちから競馬をさせてもらっていて、牧場、函館、札幌といろいろな場所に行っていますので、輸送は全く問題ないと思います」


(この馬にとって京都の2000mは?)

「中山では上手な競馬をしていたので、京都も対応できると思います」


(これまでの3勝がすべて逃げ切りだが、今回はどのような競馬を?)

「今回より下のクラスでのレースだったので、ハナへ行って勝たせてもらったのですけど、このクラスになると速い馬がたくさんいますし、好位からでも問題ないと思うので、大丈夫でしょう」


(馬場が渋った場合は?)

「気が良くて前向きなところがあるので、その辺は問題ないと思います」


(好走するための1番のポイントは?)

「強い馬がいますけど、3歳馬同士ですし先行力がありますからね。休み明けでも内回りなので問題ないと思います」


(最後に意気込みを)

「オークスの時はずい分応援して頂きましたが、距離が長かったですし、スタートが良くなくて途中で引っ掛かったりしてチグハグな競馬になってしまいました。今回は頑張れると思うので、また応援してください」



■シェーングランツ


(坂路での最終追い切りについて)

「オークス以来で厩舎に戻って来て1か月たちましたが、秋華賞に向けてほとんど坂路で調整してきて、順調です」


(成長した点は?)

「春から比べると逞しくなったので、とても喜んでいます。元々おっとりしていて前半モタつくところがあったのですが、体が立派になってきたので、また違う競馬をしてくれるのかなと楽しみにしています」


(春の桜花賞9着、オークス7着を振り返って)

「前半行き脚がつかなかったので、後方からの競馬で結構距離を走ったことになりますが、今回は馬が逞しくなってきましたし、ハンデになるくらい前半置かれることはないと思うので、楽しみにしています」


(オークスからの直行になるが?)

「オークスの後は疲れが見えましたので、ゆっくり休養させてもらいました。牧場での乗り出しも遅く1か月ほど乗ってから厩舎に来ましたが、順調に調整しています」


(この馬の好走するためのポイントは?)

「前半モタつくところがあったのですが、馬も随分たくましくなってもっとしっかり走れると思いますし、終いの方もしっかりしていると思うので楽しみにしています」


(最後に意気込みを)

「早いうちから期待していた馬なのですが、幾分体を持て余していたのがずい分たくましくなってきましたので、これから秋、来年と楽しみな馬だと思っています。また応援してください」


(取材・文:佐々木祥恵)

【JRA】クロノジェネシス北村友騎手「自在に操れるという感じがある」/秋華賞共同会見


■クロノジェネシスに騎乗予定の北村友一騎手


――桜花賞、オークスを振り返ってください。

北村 常に一生懸命走ってくれる馬で、よく頑張ってくれたと思います。あと一歩何が足りなかったのか…難しいですね。


――夏を越しての印象は?

北村 身体も大きくなってきていますし、メンタル面に関してもリフレッシュされている感じがします。それはプラス材料だと思います。


――秋に入ってから騎乗した印象は?

北村 春に桜花賞、オークスと使っているときから感じていたことなのですけど、追い切りの感じが2歳の時のように一生懸命ガムシャラに走るということがなくなってきていて。いい意味でも悪い意味でも賢くなって、加減をするような感じがあります。


――秋華賞に向けては?

北村 ここまで休んだこともないですし、正直、それがそれがレースに向かっていく過程で100%プラスなのか、と言われるとわからない部分が大きいです。


――今回は京都の内回りの2000mです。

北村 メンタルがリセットされたこともありますし、すごく調教では乗りやすくなっています。春先は結構カーッとなる部分があったんですけど、今は落ち着いて走れていて、自在に操れるという感じがあるので。クロノジェネシス自体も器用さを兼ね備えている馬ですし、全く問題はないと思いますね。


――(さらに)次はエリザベス女王杯とのことですが、各コースへの適性は?

北村 うーん、難しいですね。それぞれに応じたレースをしてくれるとは思いますけどね。


――重馬場への適性は?

北村 走ったことないんですよね。いいのか?と言われるとわからないですけど。ほんとに一生懸命走ってくれる馬なので、そこまで苦にするような感じはないのかな、とは思います。


――相手関係は?

北村 相手関係は特に気にしてはいないですね。クロノジェネシス自身がしっかりといい状態で臨んでいいレースが出来ればいいな、と思っています。


――春は大阪杯でGIジョッキーになりました。この馬で改めて秋を迎える気持ちは?

北村 ずっと乗せて頂いている馬ですので、そういった部分で秋のGIに向かえるということに関しては、自分の中で勝ちたいという思いは強いな、とは思います。


――最後に抱負を。

北村 休み明けもわからないですし、未知数な部分が多いんですけど。しっかりと夏、ケアしていただいて、厩舎スタッフの方も一生懸命仕上げて下さったので、馬の力を信じて、最後は自分を信じて一生懸命頑張りたいと思います。


(取材・文:花岡貴子)


【JRA】ビーチサンバ福永騎手「京都の内回り2000mを上手く走らせることができるか」/秋華賞共同会見


■ビーチサンバに騎乗予定の福永祐一騎手


――前走のローズSを振り返ってください。

福永 戦前は後方からの競馬にしようかと話していたんですが、ペースが思ったより落ち着いたのもありましたし、途中で馬もやる気をみせてハミに乗ってきたのでね。そこは無理に抑えずに2番手まで押し上げるというかたちになったんですけど。最後まで長くいい脚を使ってくれて、(勝ち馬まで)もう少しのところまでいきましたのでね。前方でしぶとく足を使うというのもこの馬に合っているのかな、と再発見できたレースだったと思います。


――春の2戦と比べていかがでしたか?

福永 多少たくましくはなっていましたけれども。変わらず低いフォームで走るあたりが変わりなかったですけれども。


――ローズSでの走りから戦法が増えたと?

福永 そうですね。お母さんも兄弟も乗っていましたけれども、そんなに瞬発力に長けた馬ではなかったですから。そういう意味でもああいうスタイルはビーチサンバに一番合っているかもしれないですけど。何せスタートが遅いですね。速くならない。


――この中間、調教には乗っていないですね?

福永 はい。スタッフには必要だったら声をかけてくれ、と言ってあります。前走時もある程度、いい仕上がりで臨めていますので。変わらず順調に来ているという話は聞いています。ジョッキーが乗る必要はないという話だと思います。


――京都の内回り2000mについては?

福永 コーナーが4つの競馬場ではオークスだけではあるんですけど、いい結果は出せていないですね。走るフォーム的にも、コーナー4つよりもコーナー2つのワンターンくらいのほうが合っていると思います。


――距離については?

福永 距離に関しては、やっていかないとわからないこともあるんですけど。たとえば東京の2000であれば僕は問題ないと思います。京都の2000となると、求められる要素がワンターンのそれとは違いますので。頑張ってもらわないといけないですね。


――母のフサイチエアデールにも騎乗されていましたが、GIには届きませんでしたね。そのあたりは?

福永 もちろん、どの馬にもそういう思いはありますけれどもね。やっぱり一生懸命走っていますから。できるなら、すべていい結果で終わらせてあげたいな、という思いはあります。この馬に関しては母も兄弟も非常に縁を感じている馬ですね。まして、昨年から継続騎乗でコンビを組ませてもらっている馬なので。どこかで大きいタイトルを一緒に取りたいという思いは強いですね。


――重馬場の適性は?

福永 どうなんでしょうね。大丈夫だと思いますけどね。パワーがあるので。それよりもちゃんと競馬が行われるのか、競馬場に来たお客さんが無事でいられるのか。そのほうが気になりますね。


――最後に抱負を。

福永 若干混戦の様相を呈していると思うんですけれども、前哨戦で有力馬たちを相手にいい走りを見せてくれましたので。能力的には同じグループにいるのではないかと思います。あとは京都の内回り2000mを上手く走らせることができるか。それに尽きると思います。まずは枠が決まってから、その中で彼女の最大限のパフォーマンスを発揮できるような騎乗を考えて実践できるように準備していきたいと思います。


(取材・文:花岡貴子)






こういうサイトの無料予想が激アツなんだよね。。。
今なら限定無料会員募集中!!
ドリーム万馬券

もちろん今週のG1予想あります!!