有馬記念馬体診断まとめ(デイリー)

ヤフーニュースの馬体診断をまとめています!!

batai















【競馬情報はここから無料ゲット】
無料情報で万馬券-競馬レープロ、いつも感謝していますよw

reporo













button3-4-u





ヤフーニュース(デイリースポーツ)引用しています


【有馬記念馬体診断】サリオス

 
 【アーモンドアイ 評価A】 
 

 香港遠征を熱発で回避。ただ、乗り込みは続けており、いい意味で緊張感を保てている。その甲斐があって、馬体は研ぎ澄まされたまま。肩回りの豊富な筋肉量に、腹袋もしっかり。背腰やトモもパンと張っており、写真写りの関係で肌質の見え方こそ違うが、天皇賞・秋とほぼ同じシルエット。いよいよ完成の域に達したか。


 気の強さが伝わる表情も、この馬らしくていい。状態面に不安は一切ない。


(馬サブロー美浦・佐野裕樹)


 〈1週前追い切り診断〉ルメールを背に美浦Wで5F65秒2-36秒8-12秒2(馬なり)。3馬身追走も、直線では脚力の違いで早々と前へ。追われる相手を尻目に、終始余裕の手応えで真っすぐに伸びて2馬身の先着。弾むようなフットワークは好調時と遜色なく、万全の状態。

【有馬記念馬体診断】リスグラシュー

 
 【リスグラシュー 評価A】 

 初のオーストラリア遠征だったが、海外遠征は3度目で慣れており、疲れは残ってなさそう。前走のコックスプレート(1着)は4カ月ぶりだったため激走の反動を心配したが、ゆったりとリラックスした顔つきから杞憂(きゆう)となりそうだ。


 宝塚記念(1着)当時と同様に毛ヅヤの光沢は十分で、冬毛も伸びていない。肩や胸前の筋肉の段差がくっきりとしており、あばらがうっすらと浮き出て無駄肉のない体つきも変わっていない。2カ月ぶりだが仕上がりに抜かりはなく、状態は良好だ。


(馬サブロー栗東・竹原伸介)


 〈1週前追い切り診断〉栗東坂路で4F51秒6-37秒4-12秒3(G強め)。カフジジュピター(3歳2勝クラス)との併せ馬で半馬身先着。全身を大きく使ってダイナミックに登坂。ゴール前も力強い伸び脚を見せた。豪遠征帰りでも気配は非常にいい。

【有馬記念馬体診断】キセキ

 
 【キセキ 評価A】 

 

 フランス遠征(3、7着)から帰国して2カ月半ぶりになるが、太め感のない体つき。馬体には張りがあり、冬毛も全く出ておらず、毛ヅヤも申し分ない。肩や下腿(かたい)の血管が多少見えにくいが、1週前の馬体としては十分に合格点だろう。


 特徴的な肩とトモや胸前の筋肉の質感も落ちておらず、初めての海外遠征によるダメージは見られない。耳をピンと立てて、凜(りん)とした顔つきにも風格がある。好調時と遜色のない状態に仕上がっている。


(馬サブロー栗東・竹原伸介)


 〈1週前追い切り診断〉栗東CWで5F64秒7-37秒6-11秒7(一杯)。キビキビとした脚取りで好タイムをマークした。ただ、最近の中では一番前半から行きたがっていたように、少しテンションの高いところが気掛かり。このひと追いがガス抜きとなり、落ち着きが増せば問題ないが…。

【有馬記念馬体診断】フィエールマン

 
 【フィエールマン 評価C】 

  天皇賞・春、札幌記念とは明らかに違うスタイル。特に腹回りが重々しく、全体的に厚ぼったいつくり。凱旋門賞後に緩めた馬体が、戻り切っていない印象だ。


 現時点ではもう1本追えるが、好調時の出来に持っていけるかは微妙だろう。絞りづらい時季でもあり、評価を下げた。


(馬サブロー美浦・佐野裕樹)


 〈1週前追い切り診断〉池添を背に美浦Wで6F82秒6-38秒3-12秒5(仕掛け)。持ったままのセダブリランテス(5歳オープン)とは対照的に、最後は手応え、脚勢とも甘くなってしまったが、長めから意欲的に併せたことを考えれば及第点。この1本でどこまで絞れてくるか。


今週の予想はここ・・・
ジャパンカップもしっかり的中。
無料登録してお宝情報をゲットしよう

kachiuma