競馬最強2chまとめぽいサイト

競馬の2chまとめです…!!いろいろな競馬サイトがありますが、これでもまとめているサイトはないと思います!!…2chまとめぽいサイトです。

    カテゴリ:競馬重賞(G1)

    【2019年】皐月賞予想・データ

    keibayo

















    うまとみらいと…
    競馬ファンならぜひ欲しい情報がゲットできますよね。
    だから・・・無料会員がここまで美味しいとはwwww

    umatomi









    皐月賞予想・種牡馬データ

    種牡馬 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
    ロードカナロア 3- 1- 2- 8/ 14 21.40% 42.90% 62 62
    ダイワメジャー 2- 4- 3- 16/ 25 8.00% 36.00% 22 101
    ディープインパクト 27- 20- 17-123/187 14.40% 34.20% 90 79
    キングカメハメハ 6- 10- 11- 54/ 81 7.40% 33.30% 23 74
    ダノンバラード 0- 1- 0- 2/ 3 0.00% 33.30% 0 60
    ハーツクライ 17- 13- 14-104/148 11.50% 29.70% 55 108
    スクリーンヒーロー 3- 3- 2- 22/ 30 10.00% 26.70% 50 51
    ハービンジャー 13- 9- 15-112/149 8.70% 24.80% 74 56
    ヴィクトワールピサ 7- 6- 3- 64/ 80 8.80% 20.00% 33 37
    オルフェーヴル 3- 5- 2- 41/ 51 5.90% 19.60% 54 45
    ジャスタウェイ 1- 1- 0- 11/ 13 7.70% 15.40% 180 56
    ノヴェリスト 3- 0- 0- 19/ 22 13.60% 13.60% 89 29
    トーセンホマレボシ 1- 2- 1- 32/ 36 2.80% 11.10% 658 119
    ケープブランコ 0- 0- 0- 4/ 4 0.00% 0.00% 0 0


    皐月賞予想-騎手データ

    騎手 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
    ルメール 21- 6- 4- 13/ 44 47.70% 70.50% 149 100
    M.デム 3- 7- 2- 12/ 24 12.50% 50.00% 42 79
    福永祐一 1- 4- 5- 11/ 21 4.80% 47.60% 15 127
    川田将雅 2- 3- 1- 7/ 13 15.40% 46.20% 147 95
    田辺裕信 18- 17- 9- 61/105 17.10% 41.90% 82 93
    戸崎圭太 15- 20- 12- 73/120 12.50% 39.20% 52 64
    武豊 0- 5- 4- 14/ 23 0.00% 39.10% 0 125
    三浦皇成 3- 6- 11- 54/ 74 4.10% 27.00% 25 66
    柴田大知 6- 15- 12- 92/125 4.80% 26.40% 23 79
    松山弘平 1- 0- 0- 3/ 4 25.00% 25.00% 560 162
    池添謙一 4- 0- 0- 13/ 17 23.50% 23.50% 313 71
    藤岡佑介 1- 2- 0- 10/ 13 7.70% 23.10% 85 96
    石橋脩 9- 5- 1- 54/ 69 13.00% 21.70% 93 71
    シュタル 2- 1- 0- 11/ 14 14.30% 21.40% 100 50
    岩田康誠 2- 0- 2- 21/ 25 8.00% 16.00% 95 104
    横山典弘 1- 3- 1- 33/ 38 2.60% 13.20% 5 31
    勝浦正樹 1- 1- 1- 48/ 51 2.00% 5.90% 10 11
    宮崎北斗 0- 0- 0- 22/ 22 0.00% 0.00% 0 0


    皐月賞スピード指数

    1位 ヴェロックス
    2位 アドマイヤマーズ
    3位 ダノンキングリー
    4位 ファンタジスト
    5位 サートゥルナーリア


    勝馬伝説の無料情報が熱い・・・
    無料情報だけで万馬券GETwwwww
    kachium
















    皐月賞予想|2019年|JRA共同会見まとめ

    kyodoukaiken














    ここの無料コンテンツ見たこと無いのか?
    だったら無料会員になってみろwwww
    高配当XXX

    kouhaitouxxx
















    ヤフーニュースより

    【JRA】サートゥルナーリア陣営「母、兄以上に走ってくれるのでは、という夢と期待がある」/皐月賞共同会見
     
    ■サートゥルナーリアを管理する
    角居勝彦厩舎・辻野泰之調教助手

    ――改めてデビューからこれまでを振り返ってください。
    辻野 お兄さんたちも角居厩舎で活躍してくれた馬だったのでもともと期待値は高かったんですけども、そのとおりの結果を出してくれているなと思います。

    ――中106日での戦いとなった経緯は?
    辻野 ホープフルSで中山の2000mというコースと輸送を経験しましたので、前哨戦を使う必要はないだろうということでオーナーサイドと協議して決まりました。

    ――この中間の様子は?
    辻野 レースの1か月前にこちらのほうに帰ってきまして追い切りも順調に進められています。先週の時点で息遣いなどもだいぶ出来ていているなぁという感触は得られていましたので、もう順調に調教を積んでこれていると思っています。

    ――最終追い切りはCWでシャケトラ、レッドウィズダムとの併せ馬でした。
    辻野 先週はルメールさんに初めて乗ってもらったんですけども、2頭併せの後ろからというあまり刺激のないポジションでの追い切りでした。 

    ルメールさんは『イージーコントロールでパワーを感じる』ということだったんですけども、少し競馬で噛むところがある馬なのでそういったところも今日は感じてもらおうかと思いまして、少し後ろからの刺激の強い追い切りを行いまして、そのあたりをジョッキーに確かめてもらいました。

    ――実際の感触は?
    辻野 「我慢できる?」と(ルメール騎手に)聞いたときには『走りたいだけだ』『一気に加速してしまうわけではなくてジワッと加速していくような感じなので大丈夫。我慢できる』というコメントをいただきました。

    ――ホープフルSとの状態の比較は?
    辻野 ホープフルSのときよりは調教の内容も濃いかな、と思いますし、1週前の段階でしっかり体がはまってきているな、という感触もありました。馬の状態がしっかり出来てきているんじゃないかな、と思っています。

    ――前走はプラス12キロでした。成長分でしょうか?
    辻野 はい、成長分と、やはり幾らか緩さがあったのかなという気はしているので。今回のほうがシルエットを見ましてもシャープな体つきに見えますし、中身のほうも前走よりもしっかりしているのではないかと思っています。

    ――馬体重はマイナス体重でしょうか?
    辻野 そうですね、少し減るのではないかと思っています。

    ――今回の舞台設定については?
    辻野 コース形態については前走でクリアしてくれているんですけれども、今回は前走よりもさらに頭数が増えるのでこの馬の力を出し切れるような競馬になってくれればと思っています。

    ――この馬の力はここまで3戦で出し切っていますか?
    辻野 正直、まだ3戦とも全力で走っていないと思っています。―

    ―何パーセントくらいで走っていますか?
    辻野 うーん、馬に聞いてみないとわからないところではありますが、8割くらいなのかな、という感触もありますし、もしかしたら8割も出していないかもしれないですし。ほんと底知れないポテンシャルは感じていますね。

    ――どんな能力が高い馬なのでしょうか?
    辻野 やはりフィジカル面の強さというのが3歳のこの時期にはなかなかないものを持っています。メンタル面も冷静に走って、かつ人の指示にも素直に従ってくれるという本当に長所がすごく多い馬だと思いますので。ここまでの成績に表れているのではないかと思っています。

    ――上は気性面での課題もありましたが、この馬は?
    辻野 この馬の初入厩以前から、お兄さんたちの危うさというのは我々厩舎一同は知っていましたので。本当に慎重にデビュー戦からここまで接してきているんですけれども。お兄さんたちとは違ってすごく冷静に調教でも競馬でも走ってくれるので、今までの兄弟の中では調整はしやすいな、と感じています。

    ――厩舎の皆さんがこの馬に込める想いは?
    辻野 お母さん(シーザリオ)もお兄さん(エピファネイア、リオンディーズ)も厩舎でGIを獲ってくれた馬なのでこの馬も、と思ってはいたんですけれども、本当にここまでお母さん以上、お兄さんたち以上の活躍をしてくれるんじゃないかという期待と夢を抱かせてくれる馬なので、その期待に応えてこれからも頑張って走ってくれたらいいな、と思っています。

    ――クリストフ・ルメール騎手は「皐月賞、ダービーいけます」とかなり強気ですが?
    辻野 ライバルも強力ですし1頭で競馬をするわけではないので、本当にこの馬の力を出せる競馬が見たいな、と思っています。

    ――最後にひとこと。
    辻野 ファンの皆様も期待されていると思うんですけれども、厩舎一同、期待と夢を持ってこの馬の走りを見守りたいと思っています。応援よろしくお願いします。
    (取材・文:花岡貴子)
    【JRA】ニシノデイジー勝浦騎手「良い信頼関係を築けたと思います」/皐月賞共同会見
     
     札幌2歳S(GIII)、東スポ杯2歳S(GIII)と2歳重賞2勝のニシノデイジー(牡3、美浦・高木登)が、ここ2戦(ホープフルS・GI・3着、弥生賞・GII・4着)の敗戦から巻き返しを図る。本番に向けてウッドチップコースでの最終追い切りを終えて、勝浦正樹騎手と高木調教師が共同記者会見に臨んだ。

    ■勝浦騎手
    (今朝の追い切りについて)
    「順調に今まで来ていますし、今日もスムーズな動きで満足しています。馬の雰囲気も良いですね」

    (前走を振り返って)
    「残念な結果でしたね。乗っていても特殊な馬場で、悪いを通り越してなかなかない馬場になっていたので、度外視したいです」

    (デビュー時の印象は?)
    「良い馬という感じはありましたが、ここまでというのは最初は見抜けなかったです」

    (成長した点は?)
    「馬体がたくましくなったと思います。まだ幼いところはあるのですが、精神面もだいぶ成長しています。普段乗っていてもヤンチャはしなくなったなという感じで、言うことを聞いてくれる可愛い馬です」

    (肉体面では?)
    「全体的に力強くはなっていると思うのですが、まだ物足りないといいますか、これから良くなっていくであろうという部分はあると思います。ただ全体的に成長していってくれていると思います」

    (中間は追い切り以外にも勝浦騎手自身が騎乗していたが?)
    「いろいろな考えがあるとは思うのですが、自分としてはジョッキーが毎日乗るのもどうかなという気持ちもありました。ただ今回は周りから毎日乗った方がいいのではないかと言われて、乗せて頂きました。毎日乗る前よりは、今の方が馬と良い信頼関係を築けたと思います」

    (中山2000mのイメージは?)
    「走る前は最高の舞台だと思っていましたが、結果が出ていないので…。でもその考えは変わっていませんし、舞台的にはデイジーに合っていると思います」

    (この馬の武器は?)
    「それほど強調して言えるものはないのですけど、結果が出ているのが1番の武器というか良いところだと思います」

    (本番に向けてのイメージは作っている?)
    「まだ特にないですね。リズム良く行ければいいなとは思います」

    (ゲートを出てからレースを考えられるような自在性のある馬?)
    「自在性はあるとは思うのですが、いろいろなことができるタイプではないと思いますので、

    (ゲートを)
    出てからリズム良く運べれば、それが1番良い結果に繋がるのではないかなとは思っています」

    (デビュー時からコンビを組んでいる馬とクラシックに向かう心境は?)
    「もちろんニシノデイジーにもそうですが、オーナーをはじめ関係者の皆様に感謝の気持ちで一杯ですね。それに本当に応えたいという気持ちです」

    (最後にファンにメッセージを)
    「まだまだ先はありますが、ここを目標にやってきましたし、ここで1番良い結果を出せるように頑張りたいと思いますので、応援よろしくお願いします」

    ■高木調教師
    (追い切りについて)
    「騎手とのコンタクトと、あまり遅くならないようにリズム良く走らせてくれという感じでした。リズム良く行けたと思います。ここまで順調に来ていますし、大丈夫だと思います」

    (前走の弥生賞を振り返って)
    「1番人気に支持して頂きましたし、雨で(馬場が)渋ったのが逆に良いのかなと思ったのですが、結果的に脚元を気にして走っていてその点がダメだったのかなと思います」

    (弥生賞前に、精神面や折り合いがポイントという話があったが、そのあたりは?)
    「下を気にしてハミを取らず、その分脚も溜まらずという競馬になってしまって、そのあたりはちょっと判断が難しいレースになってしまいましたね」

    (トライアルを踏まえてこの中間はどういった調整を?)
    「最近ずっと勝浦君が自ら乗って、馬とのコンタクトを大事に取って、息の合った調教をしてもらっています。勝浦君も日々ずっと乗っていますので、(馬の精神面も)安心して乗れるのではないでしょうか」

    (馬体の成長は?)
    「(以前は)結構行かないと時計は出なかったのですが、今は楽に時計が出るようになりましたし、その分パワーアップしていると思っています」

    (本番に向けてだいぶ良い状態に?)
    「そうですね、はい」(クラシックに管理馬を送り出す心境は?)「気を引き締めて頑張ろうと思います」

    (あと当日天気が味方してくれれば?)
    「そうですね、ちょっと雨マークが見えるので、その辺は気になっています」

    (最後にファンにメッセージを)
    「馬も非常に良い状態に仕上がってきていますし、頑張りたいと思っていますので、応援よろしくお願い致します」(取材・文:佐々木祥恵)

    【JRA】ダノンキングリー戸崎騎手「幸せを噛みしめながら結果を出したい」/皐月賞共同会見
     
     デビューから前走の共同通信杯(GIII)まで無傷の3連勝で皐月賞に臨むダノンキングリー(牡3、美浦・萩原清)が、本番に向けてポリトラックコースで最終追い切りを消化した。追い切り後、戸崎圭太騎手と萩原調教師の共同記者会見が行われた。

    ■戸崎騎手(今朝の追い切りの感触は?)
    「すごく馬は落ち着いています。2週前くらいから毎週跨らせて頂いているのですけど、レースに向けてスイッチが入ってきたなあという感じを受けました」

    (今日の動きのジャッジは?)
    「単走でした。リラックスをさせてノビノビ走らせるということでしたが、そういう感じで走れていましたし、良い感触や順調さを感じました」

    (今日の追い切り後にゲートの確認を?)
    「問題になることではないのですが、2週前に行った時に(ゲートで)ちょっと動いていたところがありました。(その後)ずっとスタッフがやってくれていたので、すごく落ち着いていて良い感じでした」

    (初重賞の前走を振り返って)
    「距離の不安が少しありましたが、それを覆す強い勝ち方でした。距離も心配ないというのを掴みましたし、2歳王者もいた中でああいう勝ち方ができて、本当に強い馬だと感じました」

    (前走は2走前のひいらぎ賞・500万下と比べるとゆるい流れになったが、そのあたりの対応力は?)「問題なかったですね。ペースが遅い中でもしっかりと我慢もきいて、その分本当に弾けたという感じでした」

    (デビューから3戦すべてコンビを組んでいるが、最初に乗った時の印象は?)
    「兄弟はダートで走っていますので、芝でデビューはどんな感じなのかなと思いましたが、背中はすごく良いものを感じていました。それからどんどん良くなってきて、このような馬になりました」

    (特に良くなったと感じるのはどのあたり?)
    「いろいろな感触がありますが、馬がしっかりしてきたというところですかね。幅が出てきたりとか、そのあたりで跨った瞬間に感じるものがあるという感じですかね」

    (兄弟にダートの短距離で走る馬が多い血統だが、芝の中距離で走るこの馬には父のディープインパクトの影響がある?)
    「ディープインパクトに跨ったことないのでわからないのですけど、すごいバネをこの馬には感じるものはありますね」

    (今回はコーナーが4つの2000mと初めての条件だが?)
    「前走の感触からそういう問題も消えたというか、こなしてくれるだろうというのは感じています。心配はないと思いますね」

    (枠順は真ん中より内の方がいい?)
    「そうですね、その方が組み立てやすいですかね。(真ん中から内は)みんな望むところだと思います」

    (もまれたりすることに不安はない?)
    「そうですね、前走も囲まれてはいましたからね。その中でもひるまず問題なく走ってくれていたので、大丈夫だと思います」

    (デビューからずっとコンビを組んでいる馬でクラシックに臨む心境は?)
    「幸せな気持ちですね。デビューから乗せて頂いて、ずっとコンビを組んで、負けていませんしね。有力馬ということで、その幸せを噛みしめながら結果を出したい気持ちでいっぱいですね」

    (どういったレースをしたい?)
    「この馬の力を存分に出せるようなレースですね。リズム良く、最後は弾ける感じで、気持ち良く走らせたいです」

    (最後にファンにメッセージを)
    「3戦3勝という馬でまた(皐月賞に)臨めますし、もう1頭負けなしの馬がいて盛り上がることと思いますので、是非楽しんで頂きたいです。僕自身は連覇を目指しています。ダノンキングリー、応援よろしくお願いします」

    ■萩原調教師(今朝の追い切りについて)
    「単走でと考えていましたし、ジョッキーと話をして、体を使わせて、精神状態とコントロールが利く利かないを見てもらおうと思いました」

    (戸崎騎手がノビノビと走っていたと言っていたが?)
    「同様の感触です」

    (前走を振り返って)
    「コントロールが利いていましたし、脚も使っていましたので良い内容でした。レース後もそれほど大きなダメージもなく、中間も順調に来ています」

    (デビュー当時の印象は?)
    「良い馬だとは思っていましたが、競馬を使ってみないとわからない部分が多かったですし、能力をはかれないと思っていました」

    (レースを使っていく中での成長は?)
    「期待通りの成長を見せていると思います。馬体重は今後もそれほど変わることはないと思いますが、体幹がしっかりしてきましたし、精神的にも今回は落ち着いています」

    (距離が2000mに延びるが?)
    「1800mの前走の競馬を見る限り、距離が延びることに関して不安のあるレースではなかったと思っています」

    (1番のセールスポイントは?)
    「やはりスピードですね」

    (クラシックに管理馬を送り出す心境は?)
    「非常にありがたいと思っています」

    (理想の枠順は?)
    「枠順はこちらで選択できるものではないですし、与えられた枠で競馬をするしかないので特に気にしません」

    (馬場コンディションについては?)
    「それもこちらでコントロールできるものではないので、その条件で競馬をさせて頂きます」

    (最後にファンにメッセージを)
    「一連の状態をキープして皐月賞に向かえると思います。皆さんの期待に沿うような走りを見せることができればいいと思っています。頑張るのでよろしくお願いします」
    (取材・文:佐々木祥恵)

    【JRA】川田騎手「立ち向かうのは簡単ではないが、精一杯ヴェロックスの競馬を」/皐月賞共同会見

     ■ヴェロックスに騎乗予定の川田将雅騎手

    ――過去騎乗された2戦の印象は?
    川田 それまでのレースはずっと見ていました。どういうことが出来てどういうことが出来ないのかな、というイメージは大体ついていました。二戦ともいいかたちで勝ってくれましたし、一戦ごとに勉強しながらここまで来れたのではないかと思います。

    ――一戦ごとに成長が感じられる点は?
    川田 一番はレースの中身ですね。レースの組立において(以前に)負けている中でもいろいろ学べたはずですし、それがこの二回で生きているのでは、と思います。

    ――中山芝2000mについては?
    川田 ある程度いろんな競馬に対応できるタイプだと思っているので、この中山芝2000mというコース形態については特に問題ないと思ってます。

    ――芝コースでの最終追い切りに騎乗されましたが、感触は?
    川田 指示は馬の状態を確かめながら、終いは僕の感覚でやるもやらないもちょうどいい感じで決めて欲しいということでした。 

    すごくいい流れで走っていたと思いますし、4コーナー手前くらいからさらにリズムは良くなりました。それからはいい雰囲気で、いい内容で走れていたと思います。いい最終追い切りだったと思います。

    ――前走からの上積みは?
    川田 前回は正直、そんなにいい状態ではなかったので、それを思えば良くなってきています。期待どおりですし、無事にここまで来れて良かったな、と思います。

    ――芝での追い切りになったのは馬場状態を考慮してのことでしょうか?
    川田 そうです。

    ――今回、怪物級と言われるようなライバルも1頭いるというムードですが、川田騎手はそのあたりは感じられていますか?
    川田 ライバルというのも失礼かなと思いますけどね。1頭、抜けていると思いますから。あれだけ素晴らしい馬がいるので、そこにチャレンジしにいく立場ですから、なんとかいい競馬が出来ればいいな、とは思いますが。

    ――最後に抱負を。
    川田 無事に皐月賞の舞台までたどり着きましたし、先ほども言いましたけど素晴らしい馬が1頭いるので、そこに立ち向かっていくのは簡単なことではないですけど、なんとか精一杯ヴェロックスの競馬をして…頑張ってくれると思うので当日を無事に迎えたいなと思います。
    (取材・文:花岡貴子)
    【JRA】アドマイヤマーズ鞍上M.デムーロ「GIだから皆がライバル。楽しみにしています」/皐月賞共同会見
     
    ■アドマイヤマーズに騎乗予定のミルコ・デムーロ騎手

    ――前走は共同通信杯2着でした。
    デムーロ 残念でしたね。初めて負けました。コースも距離も初めてでしたね。朝日杯FSからあまり時間もなく、馬が少しフレッシュでしたね。(その中間は)休みに(放牧へ)出たんですけど、そんな時間がなかった。馬が少しイレ込んでいました。 スタートから思っていたとおり、ペースはすごく遅かったです。先頭に行っていましたけれど、そこから結構噛んでました。折り合いが難しかったです。馬自体はワンペースで自分のペースでは行ってましたけれど、後ろの馬はすごく瞬発力がありました。勝った馬(ダノンキングリー)は強かったですね。上がり(3F)も一番速かった。

    ――馬体重がプラス8キロでしたが?
    デムーロ それは全然問題ない。馬がどんどんどんどん成長しています。今回もプラス(体重)になりますね。すごくいい状態で成長しています。

    ――具体的にはどんなところが成長していますか?
    デムーロ 大きくなっていますね。筋肉が増えているし、背が高くなった。

    ――一度使って変わってきそうですか?
    デムーロ そうですね。

    ――この中間、3月28日に調教に騎乗されています。そのときの感触は?
    デムーロ いいですね。競馬のあと、1か月経ってだいぶ良くなった。

    ――今朝の追い切りは坂路で行われましたね?
    デムーロ 馬なりでやったと聞いています。大丈夫です。厩舎のかたがこの馬のことをよくわかっているので問題ないです。

    ――今回、さらに1ハロン延びて中山という舞台ですが?
    デムーロ 今回も初めてのコースで、コーナーが4つありますね。距離は問題ないと思います。1ハロン増えても問題ないと思います。2000mまでは問題ないと思っています。

    ――枠順の希望は?
    デムーロ 真ん中くらいがいいですね。

    ――今回は一番強さを知っているサートゥルナーリアがライバルにいます。印象は?
    デムーロ GIだからみんながライバル。だけど、(サートゥルナーリアは)何回か乗りましたがすごくいい馬ですね。サートゥルナーリアだけでなくいっぱいいい馬が出てきます。楽しみにしています。

    ――皐月賞は4勝しています。改めて印象は?
    デムーロ もう1回、5回目を勝ちたいです(笑)。

    ――トリッキーなコースと言われていますが?
    デムーロ 難しいコースですね。中山コースは難しい。まぁ、今までいい馬に乗っていますが、何回も失敗した。

    ――改めて意気込みを。
    デムーロ 勝ちたいです。頑張ります。(取材・文:花岡貴子)
    勝馬伝説の無料情報が熱い・・・
    無料情報だけで万馬券GETwwwww
    kachium
















    皐月賞予想|2019年|馬体診断まとめ(デイリー)

    ヤフーニュースの馬体診断をまとめています!!

    batai















    【競馬情報はここから無料ゲット】
    無料情報で万馬券-勝馬伝説、いつも感謝していますよw
    kachium















    ヤフーニュースより

    【皐月賞馬体診断】サートゥルナーリア
     
    【サートゥルナーリア 評価A】

     ホープフルS以来だが、今回もあばらをうっすらと見せている。

     また首や胴が伸びたことで全体のバランスが良化し、母シーザリオ産駒の特徴を継承するシルエットに様変わりしたのは成長だろう。  

     1週前追い切りのケイコもストライドが伸びて反応も鋭く、鳥肌が立つほど超抜の走り。澄んだ目や馬体からすれば、心身のバランスが整った好状態で本番に挑めそうだ。つなぎが短く破折(※1)気味。距離が延びて高速馬場になったときに一抹の不安はあるものの、それ以外は全く不安なし。  また前肢と左後肢のバンテージは、脚同士の接触で外傷しないためのものと判断。

     ぶっつけ本番だが、出来はほぼ100%だ。
      (馬サブロー栗東・吉田順一)  

     〈1週前追い切り診断〉
     ルメールを背に栗東CWで6F81秒3-37秒8-11秒5(仕掛け)。直線で軽く追われると、瞬時に反応してシャープな伸び。走る気を前面に出して、気迫のこもった動きを見せた。帰厩後は6本の追い切りを消化して乗り込み量は十分。ひと追いごとに気配も上向いている。

    (※1)「破折」とは、爪の前面(あるいは背面)の蹄壁の角度とつなぎの角度が違っている馬のこと。

    【皐月賞馬体診断】ヴェロックス

     
    【ヴェロックス 評価A】  

     2歳時は心身ともに幼かったが、月日を重ねたことと鍛錬により確実に成長してきた。パドック気配などからすれば、東スポ杯2歳S後の放牧でグーンと良化。トモ腰が多少なりともしっかりとして体質強化され、それに伴い精神面にもゆとりが出てきたことが連勝劇につながっている。  

     1週前追い切りはピタリと折り合い、終始、テンポのいい走りで好気配。キ甲(※1)が抜けてあばらを見せ、馬体のバランスも良化。スカッと見せながらもトモに丸みがあり、目つきも穏やかで心身のバランスが整ってきた。今の勢いは本物とみていいだろう。
    (馬サブロー栗東・吉田順一)  

    〈1週前追い切り診断〉
     栗東CWで6F79秒6-37秒3-12秒0(仕掛け)。力強いフットワークで迫力十分の動き。最後に軽く追われると、素早い反応で伸びてきた。好調をキープしている。 (※1)「キ甲」とは首と背の境の膨らんでいる部分。幼いうちは目立たないが、成長すると隆起してきてよく分かるようになる。この部分が隆起してよく見えるようになることを「キ甲が抜ける」と表現される。

    【皐月賞馬体診断】ダノンキングリー

     
     【ダノンキングリー 評価A】

      
     馬体の数字(前走時が454キロ)が示す通り、牡馬の割にはシャープなつくり。皮膚が薄く、黒い毛色の影響もあるが、これまで同様に体のラインは細いくらいに映る。

      それでも寂しい印象はなく、首差しに幅があって適度な筋肉量もある好バランスな体形。普段のしぐさからテンションは高めではあるが、レースでは操縦性の良さを示しており、ここまで3戦3勝。折り合い面の不安はないタイプで、走りのリズムから1F延長も対応できそう。
    (馬サブロー美浦・石堂道生)

     
      〈1週前追い切り診断〉
     美浦Wで5F66秒1-38秒7-12秒7(直一杯)。4馬身追走の負荷をかけたが、直線はグイッと伸びて1馬身の先着。活気あふれる動きを見せており、出来の良さが目立つ。

    【皐月賞馬体診断】アドマイヤマーズ

     
     【アドマイヤマーズ 評価B】

      
     まだキ甲(※1)は抜けておらず成長の余地を残しており、馬体の変化も激しい。朝日杯FSでは、前後のバランスが良く筋肉質でスラッとしたフォルム。ただ、そこから鍛錬と成長度合いにより前腕のボリュームが徐々に増してきた印象だ。

      
     もちろんトモの丸みはキープしているが、共同通信杯時より今回の方が、より前が強くなり肩の角度が立っている。そのためストライドはどうしても伸びなくなるため、距離克服がポイントだろう。いつも通りにあばらを見せて上質の質感。状態は変わらず良好だが、クラシックの舞台適性だけが鍵。(馬サブロー栗東・吉田順一)

      
     〈1週前追い切り診断〉
     栗東CWで6F80秒4-36秒5-12秒0(G強め)。ルタンデュボヌール(5歳1600万下)と併入、ネプチュナイト(4歳1000万下)には0秒7追走して0秒4先着した。キビキビとしたフットワークで、追われてからの反応や伸び脚もシャープ。前走から2カ月ほど間隔はあいているが、しっかりと乗り込まれて態勢は整っている。

     (※1)「キ甲」とは首と背の境の膨らんでいる部分。幼いうちは目立たないが、成長すると隆起してきてよく分かるようになる。この部分が隆起してよく見えるようになることを「キ甲が抜ける」と表現される。

    【皐月賞馬体診断】メイショウテンゲン

     
     【メイショウテンゲン 評価B】

      
     皮膚の薄い筋肉質の馬体。きさらぎ賞あたりでキ甲(※1)が抜けており、完成度も早そうだ。トモが流れる立ち姿は弥生賞時よりはマシとはいえ、基本的に写真撮影の収まりの良くないタイプか。

      
     毎回微妙にバランスが変わっているが、馬体そのものに大きな変化はなく、安定した状態だ。つなぎが短く立ち爪で破折(※2)気味の脚元からすれば、やはり道悪で結果が出たのは納得。ディープインパクト産駒でもパワーがあり、母系の影響が大きいシルエットだ。力のいる良馬場か、道悪がやはりベター。適度に上がりがかかってこそのタイプだ。(馬サブロー栗東・吉田順一)

      
     〈1週前追い切り診断〉三浦を背に栗東CWで6F81秒2-38秒2-12秒4(一杯)。リガス(5歳1000万下)を0秒6追走して0秒3先着。走りの躍動感は前走以上。さらに上向いている。

     (※1)「キ甲」とは首と背の境の膨らんでいる部分。幼いうちは目立たないが、成長すると隆起してきてよく分かるようになる。この部分が隆起してよく見えるようになることを「キ甲が抜ける」と表現される。

     (※2)「破折」とは、爪の前面(あるいは背面)の蹄壁の角度とつなぎの角度が違っている馬のこと。






    うまとみらいと…
    競馬ファンならぜひ欲しい情報がゲットできますよね。
    だから・・・無料会員がここまで美味しいとはwwww

    umatomi

    【2019年】桜花賞予想・データ

    keibayo

















    うまとみらいと…
    競馬ファンならぜひ欲しい情報がゲットできますよね。
    だから・・・無料会員がここまで美味しいとはwwww

    umatomi









    桜花賞予想・種牡馬データ

    種牡馬 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
    バゴ 2- 6- 0- 9/ 17 11.80% 47.10% 28 95
    マツリダゴッホ 1- 2- 5- 15/ 23 4.30% 34.80% 218 136
    ロードカナロア 10- 5- 2- 32/ 49 20.40% 34.70% 164 72
    ディープインパクト 30- 31- 29-181/271 11.10% 33.20% 55 69
    ヴィクトワールピサ 3- 6- 7- 34/ 50 6.00% 32.00% 321 108
    ハーツクライ 9- 8- 10- 76/103 8.70% 26.20% 43 61
    ダイワメジャー 10- 11- 12- 98/131 7.60% 25.20% 79 63
    キンシャサノキセキ 0- 4- 2- 19/ 25 0.00% 24.00% 0 81
    クロフネ 4- 1- 4- 29/ 38 10.50% 23.70% 62 53
    ハービンジャー 5- 7- 3- 53/ 68 7.40% 22.10% 36 61
    ワークフォース 2- 1- 2- 27/ 32 6.30% 15.60% 34 63
    ジャスタウェイ 0- 0- 1- 11/ 12 0.00% 8.30% 0 13
    Le Havre 0- 0- 0- 1/ 1 0.00% 0.00% 0 0


    桜花賞予想-騎手データ

    騎手 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
    ルメール 19- 9- 9- 27/ 64 29.70% 57.80% 99 85
    M.デム 14- 15- 10- 44/ 83 16.90% 47.00% 52 73
    川田将雅 14- 13- 14- 52/ 93 15.10% 44.10% 51 98
    福永祐一 14- 11- 14- 50/ 89 15.70% 43.80% 128 102
    和田竜二 12- 8- 6- 82/108 11.10% 24.10% 194 74
    武豊 5- 11- 5- 51/ 72 6.90% 29.20% 31 57
    岩田康誠 5- 5- 3- 49/ 62 8.10% 21.00% 46 65
    松若風馬 4- 2- 6- 66/ 78 5.10% 15.40% 51 56
    北村友一 3- 5- 8- 38/ 54 5.60% 29.60% 23 108
    坂井瑠星 3- 2- 2- 14/ 21 14.30% 33.30% 89 82
    松山弘平 2- 7- 5- 77/ 91 2.20% 15.40% 52 93
    古川吉洋 2- 2- 4- 25/ 33 6.10% 24.20% 1301 275
    秋山真一 2- 1- 5- 42/ 50 4.00% 16.00% 100 68
    石橋脩 2- 1- 0- 4/ 7 28.60% 42.90% 84 51
    丸山元気 1- 1- 0- 9/ 11 9.10% 18.20% 110 76
    戸崎圭太 0- 2- 5- 17/ 24 0.00% 29.20% 0 76
    三浦皇成 0- 0- 1- 2/ 3 0.00% 33.30% 0 66
    大野拓弥 0- 0- 0- 3/ 3 0.00% 0.00% 0 0


    桜花賞スピード指数

    1位 クロノジェネシス
    2位 ダノンファンタジー
    3位 ビーチサンバ
    4位 シェーングランツ
    5位 プールヴィル


    勝馬伝説の無料情報が熱い・・・
    無料情報だけで万馬券GETwwwww
    kachium
















    桜花賞予想|2019年|JRA共同会見まとめ

    kyodoukaiken














    ここの無料コンテンツ見たこと無いのか?
    だったら無料会員になってみろwwww
    高配当XXX

    kouhaitouxxx
















    ヤフーニュースより

    【JRA】クロノジェネシス北村友騎手「瞬発力と一生懸命走る脚を生かしたい」/桜花賞共同会見
     
    ■クロノジェネシスに騎乗予定の北村友一騎手

    ――この馬の印象は?
    北村 体は少し小柄でピッチで走る馬なんですけど、本当に瞬発力があって最後まで一生懸命走ってくれる馬です。

    ――前走のクイーンCを振り返ってください。
    北村 馬の状態的には100%という感じではなかったんですけど。阪神JFの時も少し出遅れてしまいましたし、次に向けてもゲートは出していきたいとは思っていました。スタートして少し出しながらだったんですけど、しっかりコントロールも効いてこの馬らしい瞬発力を見せてくれたのでいい内容だったと思いますね。

    ――成長は感じましたか?
    北村 正直、特によくなった、変わったというところはなかったですね。

    ――完成度が高かったということですか?
    北村 はい。

    ――この中間の状態は?
    北村 前走は100%の状態ではないと思っていましたし、少し小柄な馬ですが前走はさらに華奢で非力な感じがしたのでそのあたりを心配したんですけど。今回体重は変わらなくとも、すごくしっかりしているな、と思いますね。馬のポテンシャルを改めて感じました。

    ――相手関係は?
    北村 もちろん阪神JFで負けたダノンファンタジーもいますし、その他先行勢も強いと思います。終いの本当にいい馬も出てきますし、いいメンバーの中でこの馬の武器である瞬発力と一生懸命走る脚というのを生かしたいと思いますね。

    ――桜花賞のイメージは?
    北村 うーん…。桜が綺麗だな、と思いますね(笑)。

    ――最後にひとこと。
    北村 前回はいい内容で勝ってくれたので、阪神JFの1/2馬身差2着のリベンジを果たしたい。次は勝ちたいと思っています。しっかりとエスコートできるように一生懸命頑張りたいと思います。応援してください。(取材・文:花岡貴子)

    【JRA】クロノジェネシス斉藤師「一番の武器は最後の瞬発力」/桜花賞共同会見

    ■クロノジェネシスを管理する斉藤崇史調教師
    ――前走のクイーンCを振り返ってください。
    斉藤 雪で少し(開催が)延びてしまったんですけどその辺の調整もうまくいきましたし、クイーンCに行くに当たってはその前の阪神JFの時にスタートが少し遅かったというのと、あとは折り合いをつけるという課題を、と思っていたんですけど。ふたつとも上手にこなしてくれました。いい勝ち方だったかな、と思います。

    ――クイーンCを選んだ経緯は?
    斉藤 一戦一戦一生懸命走ってしまう馬なので一回ずつの消耗が大きいんです。なるべく本番までの間隔をとりたかったというのでクイーンCを選びました。東京ならマイルでもそんなに前半のペースが速くならないので、オークスのことも考えるとあまり速いペースでの競馬を何回もしたくなかったので。その辺も含めて東京の1600にしました。

    ――阪神JFは2着でしたが、いかがでしたか?
    斉藤 初めてのマイルでしたし、それまでの2戦が1800でしかも前半3ハロンが38秒くらいの競馬しかしていなかったので、GIのマイルなら後ろからの競馬になるんだろうな、と想定はしていたんですけど。ちょっとスタートも他の短い距離を経験した馬と比べたら遅かったですし、それでも後ろからダノンさんの馬(ダノンファンタジー)にピッタリついていって、最後は交わせなかったですけどいい勝負まで持ち込めたので能力が高い馬だと改めて実感しました。

    ――この馬の良さは?
    斉藤 一番の武器は最後の瞬発力だと思うので、それをどうやって生かすかだと思っています。そのためには折り合いもしっかりつけていかなければいけないと思いますし、その辺を意識した調教を重ねてきたという感じなんですけど。

    ――この中間の調整過程は?
    斉藤 前回のクイーンCのときは少し動きも重かったりとか、前哨戦なりという出来でしたけれども。今回は本番ですし、1週前の動きもすごく良かったです。今日もちょっと遅いペースの中、(前の)馬の2馬身くらい後ろでしっかりと折り合いをつけて最後だけ気持ちよく抜けてくるというかたちで調教したんですけど。ジョッキーの感覚も良かったと思いますし、いい状態で競馬にむかえると思います。

    ――北村友一騎手と綿密に話をされていたようですが?
    斉藤 馬の感じと、当日どういうふうに組み立てますか、という話をね。当日に話してもいいのかもしれないですけど、バタバタしても嫌なんでその辺の打ち合わせだけして終わりました。

    ――馬の成長については?
    斉藤 うーん、そうですね。馬体重に関してはもう少し欲を言うともう少し増えて欲しいというか、もうちょっと大きくなって欲しいというところはあるんですけど。減ってしぼんできてしまっているわけではないですし、体重が変わらない中でも少しずつ芯が入ってしっかりしてきたというイメージがあるので。特に心配していないですけどね。

    ――調教師として初制覇のかかるGIへの想いは?
    斉藤 10年前に調教助手のころに桜花賞に行かせてもらって(注:レッドディザイアの担当者だった)、ブエナビスタに負けて2着でしたけれども。そのときのブエナビスタのサンデーレーシングさんの勝負服でこうやって大きな舞台に行けるのはすごく楽しみですし、なんとか勝ってみたいなという気持ちのほうが強いですね。

    ――調教助手と調教師ではGIで挑む気持ちも違いますか?
    斉藤 そうですね。やっぱりそういう舞台に立ちたくて調教師になったという部分があるので。今回だけじゃなくてコンスタントにね、毎年こういう大きな舞台に(管理馬を)送りだせるような調教師になりたいと思っています。そのための第一歩というか、ここでなんとか結果を残して、次に続けるようになんとか頑張っていきたいなと思います。

    ――レースのイメージは?
    斉藤 先ほども言いましたが、この馬の武器は瞬発力だと思っているので。本当に前半どれだけ折り合いをつけて運べるか、ということだと思っています。あとはジョッキーに任せて、その折り合い面だけに注意してもらえればと思っています。

    ――鞍上の北村騎手は先週初GI制覇を果たしました。鞍上へ賭ける想いは?
    斉藤 この馬がデビューの時からずっと乗ってくれていて馬のことを一番よく知ってくれていると思います。先週も大きな舞台で初めて勝っていましたが、そういう舞台でも動じることのないジョッキーなのでその辺は安心して全部任せられるかな、と思っています。

    ――最後にメッセージを
    斉藤 平成最後の桜花賞ということで、なんとかいい結果を残してGIタイトルを彼女に獲らせてあげたいと思っていますので応援よろしくお願いします。(取材・文:花岡貴子)
    【JRA】ダノンファンタジー川田騎手「調教では走りたがるが競馬では我慢が効く。この差が競馬に生きている」/桜花賞共同会見
     
    ■ダノンファンタジーに騎乗予定の川田将雅騎手
    ――前走のチューリップ賞を振り返ってください。
    川田 ゲートも上手に出てくれましたし、スムーズに競馬を組み立てることが出来たと思います。直線は進路がなかなかなかったですけど、内枠で人気馬ですからそんなにすぐ空くわけではないのは当たり前なので。徐々に道をつくりながら、少しずつ馬の気持ちを前に持っていきながら(レースを組み立てました)。終いはいい脚を使ってくれましたし、非常にいい内容でレースを終えることができました。

    ――成長は感じましたか?
    川田 一戦ごとに成長を伴いながら進んでこれています。競馬の中身も新馬、未勝利、ファンタジーSといい内容で走ってくれました。阪神ジュベナイルフィリーズは乗っていないので何とも言いづらいですが、いい内容でいい勝ち方をしてくれています。そのあとが休み明けのチューリップ賞と、一戦ごとに色んなものを勉強をしながらここまで来れているんじゃないかと思います。

    ――どのあたりに一番気をつけて馬をつくってきましたか?
    川田 どうしても走る気持ちが強すぎるのでそこのコントロールが一番難しい馬ではあります。それをスタッフとともに相談しながらここまで歩んでこれています。今週の雰囲気もさらに良くなってきているので問題なくレースに向かえるのでは、と思っています。

    ――追い切りについては先週から今週にかけて、改めてどうでしたか?
    川田 チューリップ賞もそうだったんですが1週前はどうしてもより走る気持ちが強すぎるので、そこで一度ガス抜きをしておいて、当週はできるだけ負担になり過ぎないようにというイメージで来ているんですけれども。今朝の追い切りも走る気持ちは強いですけれどもよく我慢が出来ていたと思いますし、これが競馬に向けていい準備になればなと思っています。

    ――改めてこの馬のセールスポイントは?
    川田 競馬にいけば上手に競馬を組み立ててくれますし、我慢もしっかり効きますし、いい内容で走ることが出来ます。そういう調教での走りたい気持ちと、競馬にいってしっかり我慢できるというところの差というかが、競馬にすごく生きていると思います。それがいいところではないかと思います。

    ――ここ3戦は馬体重の変化がありませんが、そのあたりは?
    川田 そうですね。馬体重については増減はないですが、体の中身は良くなっているので、特に気にはしていないです。

    ――グランアレグリアとの対戦については?
    川田 新馬戦は負けることはないと思って行ったんですけど、圧倒的に強い馬が1頭いたのでビックリしました。こちらはその状態でも、重賞は普通に勝てる馬だな、という印象だったので。グランアレグリアに関しては楽に重賞を勝てる馬だな、という印象を受けました。その馬と久しぶりにGIの舞台で対戦できるということは、ファンの皆さんが楽しみにしているのと同じように、こちら側も楽しみにしています。

    ――2戦目でのプラス18キロについては?
    川田 急に体が後脚だけ成長し過ぎたことによって少しバランスが良くなかったんですけど。それが徐々に解消されて、全体的に完成されて中身が伴ってきたな、と思っています。

    ――川田騎手自身も騎手リーディングですが?
    川田 いや、僕のことは大丈夫です。

    ――ハープスターでも制した桜花賞ですが、このレースの印象は?
    川田 阪神の1600mということで強い馬が勝っていますから、まぎれの少ない競馬になりやすいのが桜花賞だと思います。ダノンファンタジーがその強さを見せてくれるといいな、と思っています。

    ――最後にひとこと。
    川田 今回本当に素晴らしい馬たちがそろっていると思います。3歳牝馬は全体的にレベルが高いと思っています。その中でも2歳女王としてここに挑むわけですし、しっかりと自分の競馬をして一番いい結果を得れるようにファンタジーと頑張りたいと思いますので、ぜひ楽しみにしてもらえたらな、と思います。(取材・文:花岡貴子)

    【JRA】【シェーングランツ藤沢和雄師「武豊騎手得意の阪神、期待しています」/桜花賞共同会見
     前走のチューリップ賞(GII)5着から桜花賞に臨むシェーングランツ(牝3、美浦・藤沢和雄)を管理する藤沢調教師の共同記者会見が、同馬の追い切り後に行われた。

    (今朝の追い切りの狙いは?)
    「前走時は幾分ゴール前でモタつきましたが、今回は時計は速くないものの併せ馬をしっかりできたので良いと思います」

    (前走と前走後の調整過程について)
    「姉のソウルスターリングと違って慎重な子で、使いながら良くなるという感じがあったので、トライアルを使いました。アルテミスS(GIII・1着)では終いがしっかりしていたので阪神でも期待していたのですが、阪神JF(GI・4着)ではモタついてついて行けませんでした。前走はもう少し動けるかなと思ったのですけど、あまりスムーズな競馬ではなく意外と良くない結果でした。今回は1回使って、その後は調整も楽で順調にきています」

    (レース本番に向けての期待のほどは?)
    「今回はGIで当然流れが速くなるでしょうし、彼女に向く流れや展開になれば終いはしっかりしている馬なので期待できると思います」

    (武豊騎手とのコンビは4戦目となるが?)
    「素晴らしいジョッキーでたくさん勝たせてもらっていますし、勝っているジョッキーなので安心しています。

    (武豊騎手は2004年の桜花賞を勝った)
    ダンスインザムードで素晴らしい競馬をしました。彼女とは全く違う脚質の馬ですが、得意の阪神だと思うので期待しています」

    (馬体重は?)
    「前走からプラスにはなっていますが、輸送を含めて減ると思うので前走くらいの体重で行けると思います。厩舎の皆と一緒に前日に輸送予定です」

    (藤沢厩舎のワンツーも?)
    「あるといいと思います」

    (最後にファンにメッセージを)
    「血統的にも素晴らしい馬ですし、姉のソウルスターリングはうまくいきませんでしたが、その分も頑張ってくれると思います。武騎手はまだまだ当分やれると思うのですが、私の方は定年が近いので何とか頑張ってもらいたいです」
    (取材・文:佐々木祥恵)

    【JRA】グランアレグリア藤沢和雄師「前走の経験はプラスになる」/桜花賞共同会見
     朝日杯FS(GI)3着から桜花賞に臨むグランアレグリア(牝3、美浦・藤沢和雄)を管理する藤沢和雄調教師の共同記者会見が、同馬の追い切り後に行われた。

     (今朝の追い切りについて)
    「休み明けなので先週、今週と併せ馬でやりました。それほど速い時計ではありませんでしたが、順調に調整できています。少し行きたがるところが若い頃からあったので気を付けてきましたが、最終追い切りではわりと落ち着いていて良い調教ができていると思います」

    (前走からの過程は?)
    「デビューはすごく早い時期でしたし、前走までは順調に使ってきましたが、一生懸命走るので前走後は疲れた様子でした。本当はトライアルから行きたかったですけど、疲れが取れていないということで牧場の方で調整してもらって、それに合わせて厩舎に来てからも調整を進めてきました」

    (フィジカル面、メンタル面での変化は?)
    「体力は上がっています。デビュー戦も2歳牝馬であの時期にあの時計で走れる馬はなかなかいないように、素晴らしい馬です。気持ちが前向きなところがあって少し手こずりましたが、見ての通りそのあたりについては調教では落ち着いてきていますし、競馬でも上手に走ってきてくれるかなと思います」

    (前走を振り返って)
    「前走は牡馬と一緒に走らせてもらいましたが、強い馬がたくさんいる中であの着順でしたし、内容的には悲観しなくていいでしょう。関西圏への遠征で強い牡馬相手によく頑張ってくれました」

    (阪神マイルという舞台については?)
    「若いうちから厩舎にいていろいろやらせてもらっていますし、前走の経験もプラスになると思います」

    (輸送については?)
    「輸送は経験もありますし、能力が高い馬なので問題ないと思います。同じ厩舎の仲間たちと一緒に前日に輸送する予定です」

    (馬体重は?)
    「前走よりもいくらかプラスになっていますし、減ってもレース当日に1桁台なら問題ありません」

    (本番ではどのようなレースを?)
    「デビュー戦から強い競馬をしてくれましたし、今回も良い状態で臨めそうです。他馬も当然成長しているでしょうし、今年になってからもレース経験がある馬相手です。この馬は休み明けなので、胸を借りるつもりで臨みます」

    (理想の競馬の形は?)
    「スタートが肝心なので、みんなと一緒に出てくれれば嬉しいです。久々なので、ゲートは遅れないようにしてもらいたいです」

    (桜花賞の難しさはどのあたりに?)
    「桜花賞に限らず、暖かくなってきていてもこの時期の3歳牝馬は食欲が落ちてしまい体が減る馬がほとんどですから。輸送もありますし、その辺りが堪えるかなと思います。この子も牝馬なので当然体は減ると思いますが、期待しています」

    (最後にファンへメッセージを)「牝馬ですが強い馬です。前走は男馬相手で結果は残念でしたが、休み明けでも頑張ってくれると思うので応援してください」(取材・文:佐々木祥恵)
    【JRA】ビーチサンバ福永騎手「前走時と比べて格段にいいフォームになりました」/桜花賞共同会見
     
    ビーチサンバに騎乗予定の福永祐一騎手
    ――前走のクイーンCは2着でした。
    福永 ゲートはスタートが上手く出れなかったんですけど、隣の馬が大暴れしていて最後の最後で馬がちょっと気にしてね。いい体勢で出られなかったんですけど。  

    その後はまぁ道中うまくリラックスしてくれて頭数も少なかったので勝ち馬を見るかたちで。こっちのほうが先に追い出したんですけどね。まぁ、ちょっと勝ち馬が強かったですけど、最後まで長くいい脚を使ってくれましたし、ああいったアクシデントがあったことを考えれば悲観する内容ではなかったのかな、と思います。

    ――前走も瞬発力を発揮していましたね。
    福永 長くいい脚を使える馬なので、東京コースは合うと思いました。ただ、勝ち馬(クロノジェネシス)が強かったですね。

    ――その時のコメントで「課題がある中で結果が残せた」と仰っていました。その課題とは?
    福永 成長過程にある馬体ということもあって、調教でちょっと走るフォームがハミに頼るようなところがありました。その辺が改善されればいいなと思っていたんですが、そういった走りのフォームの中でも競馬ではきっちりある程度結果を出してくれていたので。ポテンシャルの高い馬だな、というイメージではあったんですけど。  

    前走後に短期放牧に出て、その後は厩舎で調整してくれていたんですけど、ハミに頼って走る面を(厩舎サイドが)修正してくれていたんで。それに伴って調教の動きなんかも前走時よりもいいフォームで走れていますし、時計にしてもそうですし。前走時と比べると格段にいい状態というか、いいフォームで臨めるんじゃないかと思っています。

    ――桜花賞での逆転の可能性は?
    福永 そのために必要なことを、ということで厩舎スタッフといろいろ話をしながらやっていく中で、うまく馬のよくない点を修正してくれていました。そこは「さすが友道厩舎だな」と思います。

    ――改めて、この馬のセールスポイントは?
    福永 スピードの持続力がある馬なんで。お兄さん(フサイチリシャール)もそうでしたけど。高い能力を持っているんだな、と思いますね。

    ――福永騎手は母のフサイチエアデール、兄のフサイチリシャールの両方に騎乗されていますが、比べると兄のほうに似ていると感じていますか?
    福永 そうですね、はい。

    ――福永騎手は桜花賞をプリモディーネ、ラインクラフトで2勝しています。桜花賞のイメージは? 福永 あ、そうか…。新しいコースになってから勝っていないですね。じゃあ、前のイメージを持っていてもしょうがない(苦笑)。3着が多いイメージですね。でも、阪神の外回り1600mは紛れないコースなので。以前と違って、力のある馬が力を発揮しやすいコースになっています。なかなか力が劣る馬で逆転しようというのは難しいコースではあるんですけど。  ビーチサンバについては対戦成績は負けてはいますけど、持っているポテンシャルとしてはそこまで差はないと自分では思っているので。うまく厩舎側が調整してくれているので今までの差を逆転できるように一緒に頑張りたいと思っています。

    ――ダノンファンタジー、グランアレグリア、クロノジェネシス、もちろんビーチサンバも含めて今年の3歳牝馬のレベルは高いと言われていますが、実際に騎乗されてどのように感じますか?
     福永 まぁ、世代のレベルというのは、まだ測れないですよね。他の世代と対戦するようになって明らかになっていくものだと思いますし、この世代が強いか弱いかというのは分かんないですけど、いまいま挙げられた馬たちが走る馬だというのは間違いないので。  
    その馬たちを負かせるように、負かすためにはどうしたらいいかというのを厩舎スタッフや調教師と相談しながら一緒に取り組んでいきたいと思っています。

    ――枠の希望は?
    福永 並びであったり、まぁ基本的には当たったところでやります。

    ――最後にファンの皆さんにメッセージを
    福永 血統的に縁のある馬の騎乗依頼をいただいてまだ一番いい結果を出せていないので、なんとかこのGIで1着になれるように頑張りたいなと思っています。(取材・文:花岡貴子)
    【JRA】フィリアプーラ丸山騎手「騎手になったからにはやっぱり…」/桜花賞共同会見
     前走のフェアリーS(GIII)に勝って桜花賞に臨むフィリアプーラ(牝3、美浦・菊沢隆徳)。騎乗する丸山元気騎手と管理する菊沢調教師の共同記者会見が行われた。

    ■丸山騎手(1週前追い切りに騎乗していたが?)
    「先週は強めにやりましたが、実戦に行って良いタイプかなという感じがしました。前走時は芝の返し馬が素晴らしかったですが、ウッドチップだと走りにくそうにしていましたので、競馬に行って良いのかなという感じですね」

    (それはコンビを組んだ前走から導き出された手応え?)
    「元々返し馬のフットワークはすごく良くて、競馬も乗りやすいですし、追ったらしっかり伸びますからね」

    (前走を振り返って)
    「スタートは普通に出てくれましたが、ポジションは気にせずリズム良く走らせました。4コーナーから外に出せましたし、終いの反応も良く、末脚も良かったです」

    (この馬の持ち味は?)
    「最後はすごい脚を持っていますので、最後の末脚という点だと思います。今回も位置取りは気にせず、リズム重視でいきたいという気持ちはあります。この馬はこの先どんどん良くなりそうですし、距離が延びて良さそうなので、ここだけが勝負ではありませんが、ここで良い走りができれば先が楽しみになりますね」

    (過去2回桜花賞に乗っているが、桜花賞の難しさについては?)
    「過去2回は前に行く競馬でしたが、今回は後ろからになると思うのでちょっと違うのですが、阪神コース自体の馬場が特徴的ですし、外回りで3歳牝馬ということもあってまだ手探りな面もあります。コース形態というよりも、3歳牝馬の難しさがありますね」

    (メンバーは揃っているがチャンスもありそう?)
    「有力馬は前に行く馬が多いと思いますし、ペースが流れて展開が嵌れば出番があると思います」

    (GI勝利となれば自身初となるが?)
    「チャンスを頂いているので、良い結果を出したいですね」

    (今年すでに重賞を3つ勝っているが、手応えを感じている?)
    「そこまで意識はしていないですけど、重賞でも乗せてもらっているので、結果を出さないといけないと思っています。ただ去年のダービーに乗ってから、意識が変わったかもしれないというのはありますね。  ダービーは競馬前なのに鳥肌が立つくらいすごい歓声でしたし、乗らなければ味わえない感動があったので、ああいう舞台で乗らないといけないなと気持ちが強くなりました。騎手になったからにはやっぱりGIジョッキーになりたいですし、今流れが良い時なので少しでも近づけるように頑張ります」

    (何か変えたところは?)
    「ないですね。変えたつもりはないですが、乗せてもらえる馬に一生懸命乗るだけです」

    (最後にファンにメッセージを)
    「今回もチャンスのある馬ですし、馬の特徴を最大限に引き出してあげることが僕の仕事なので、良い結果を出せるように頑張ります」

    ■菊沢調教師
    (今朝の最終追い切りについて)
    「先週ウッドで長めからしっかり併せ馬をしまして、週末にかけて状態も十分できているような感じでしたので、今日は確認とあと少しメリハリをつけた動きができればいいと思っていました」

    (前に2頭置いて少し後ろから単走でしたが?)
    「はい、前に馬を置いて追いかけるような形で、あとはジョッキー(追い切りは菊沢騎手)とコンタクト取りながら、最後メリハリをつけるよう指示をしました」

    (先週の追い切りでは丸山騎手が乗っていましたが?)
    「彼はフェアリーSの時に初めて跨ったもので、その時と調教との感覚の違いを確認してもらえればいいと思っていました」

    (前走を振り返って)
    「未勝利を勝ち上がって間隔が短かったのですが、出走へのゴーサインを出しました。幼い面があるのでテンションがとても心配でしたし、重賞にしては極端なスローペースで、脚を使っても届くかな、大丈夫かなという感じで見ていましたが、しっかり脚を使って差し切ってくれて、強い競馬をしてくれたと思います」

    (そこから間隔があいたが?)
    「ノーザンファーム天栄でケアして頂いて、それからまた乗り込みを開始しまして、順調に調整して戻ってきました」

    (本番に向けて心身ともに充実を?)
    「まだ使ってても伸びしろがある感じの馬です。まだ3歳の若馬なので、桜花賞で強い馬と戦って、また次に繋がっていけばという感じです」

    (先生自身はどのあたりに伸びしろを感じる?)
    「まだ冬毛も生えていますしね。あと体幹がまだこれからという感じですね」

    (関西への輸送は初めてだが?)
    「輸送自体は何度も繰り返しています。あとは阪神競馬場のざわついた環境に変わるので、そのあたりがポイントになるのかなと思っています」

    (どのくらいの馬体重での出走に?)
    「輸送でどのくらい減るのかわからない部分もあります。現状では440キロ台半ばで餌もしっかり食べていますから、現時点では心配はありません」

    (ジョッキー時代に桜花賞に騎乗経験がある師から見て、桜花賞のどこが難しい?)
    「キャリアが少ない若い牝馬ですし、たくさんの観衆などいろいろなプレッシャーがあると思います。まだ精神的に幼い若い牝馬にとっては、普段の力が出せない、そういった難しさがあるのかなと思います」

    (フィリアプーラにとって理想のレースは?)
    「恐らくですけど、(道中は)中団より後方からというイメージを持っています。レースは生き物ですし、フィリアプーラがスムーズに立ち回れればいいと思っています」

    (アエロリットの桜花賞は力を出し切れなかった印象だが?)
    「アエロリットにも十分勉強させて頂きました。馬のタイプは全然違いますが、そういったものを生かして今回の桜花賞に臨みたいと思っています」

    (最後にファンにメッセージを)
    「まだまだフィリアプーラは成長しているところなのですけど、そういった過程で桜花賞に向かいます。強い馬が相手ですけど、全力で良い結果を求めて頑張りますので応援してください」(取材・文:佐々木祥恵)
    勝馬伝説の無料情報が熱い・・・
    無料情報だけで万馬券GETwwwww
    kachium
















    このページのトップヘ