競馬最強2chまとめぽいサイト

競馬の2chまとめです…!!いろいろな競馬サイトがありますが、これでもまとめているサイトはないと思います!!…2chまとめぽいサイトです。

    カテゴリ:競馬重賞(G1)

    チャンピオンズカップ予想|2018年|JRA共同会見まとめ

    kyodoukaiken














    ここの無料コンテンツ見たこと無いのか?
    だったら無料会員になってみろwwww
    高配当XXX

    kouhaitouxxx
















    ヤフーニュースより

    【JRA】ケイティブレイブ杉山師「こちらが思っている以上に上向いてきている手応え」/チャンピオンズC共同会見
     ■ケイティブレイブを管理する杉山晴紀調教師
    ――今朝の追い切りについて教えてください。
    杉山 先週は福永騎手が乗ってCWコースで追い切りました。思った以上に全体の時計が速かったので、今週は確認程度で55~56秒ぐらいのつもりだというのはジョッキーと話していました。(しかし)内容的に53秒台で終いまでしっかり走っていました。先週も同じ感じだったのですが、ジョッキーが思っている以上に時計が出ましたが、(これについては)完歩が、ストライドがジョッキーが思っている以上に伸びているということで、いい傾向にあるのではないかと思います。

    ――この中間の調整は?
    杉山 叩き2走目ということでJBCのときもかなり上積みを感じていました。その流れに沿ってJBCのときとあまり調整過程を変えずにやってきました。

    ――状態は上がっていますか?
    杉山 正直、維持できればいいかな、という感じだったんですけれども。こちらが思っている以上にかなり上向いてきているという手応えは感じています。

    ――前走は初めての中央場所でのGI勝ちでした。
    杉山 あれだけの馬を開業からそんなに時間が経っていない厩舎に預けていただきました。そのためにも地方のGIではなく中央の舞台で勝つということがひとつの区切りだと思っていましたので、それを果たすことができてまずはホッとしています。

    ――中京のコース適性は?
    杉山 右回り、左回りはあまり関係ないと思うのですが。中京の場合は強いて言うと直線に坂があります。そこが違いにはなってくると思います。前走のような出たなりで相手を見ながらという競馬ができれば、克服はできるのではないかと思います。前走もジョッキーが言ってましたけれども、集中して出遅れないように。それができればそれなりの位置でレースを運べるのがわかっていますので。あまり展開に注文というのはつかないと思っています。

    ――ライバル関係は?
    杉山 強い馬がいるのはわかっていますけれども、厩舎サイドとして出来ることは馬が走れる状態に持っていくというのを集中してやるだけです。

    ――今回の馬体重は?
    杉山 大きく変わってはいないと思います。

    ――最後に来年のドバイも含めた上での抱負を。
    杉山 オーナーの夢もあって来年のプランというのももちろんあるのですが、まずは一戦一戦しっかり納得できる結果が出るようにやっていくだけです。また強いケイティブレイブを見せられるように頑張りたいと思います。


    ■ケイティブレイブに騎乗予定の福永祐一騎手
    ――今朝の最終追い切りはいかがでしたか?
    福永 先週はCWで追ったのですが、想定より速いタイムが出てしまいました。今週は軽めに5ハロン55秒くらいで最後伸ばすような感じをイメージしていたんですが、今週も速くなりました。

    ――それは馬の状態がいいからでしょうか?
    福永 状態はもちろんいいのですが、ストライドが伸びた感じなんですよね。だいぶゆっくり入りましたし、僕は競馬も調教もこの馬には以前の目野厩舎時代から乗せていただいています。それでもタイムの感覚がずいぶん崩れているので。ストライドが伸びたようですね。

    ――前走のレース後と比較して状態は?
    福永 いいんじゃないですか。ストライドが伸びているということは体の使い方がいいということです。前走も非常にいいコンディションで、大幅に上がっているという感じでもないですけれども、維持しているという感じでもないですね。前走時か、それよりいいぐらいの状態。動ける状態だと感じます。

    ――どういったところが良くなりましたか?
    福永 心身ともにずいぶん成長したな、と思いますけれども。体の面でいうと、年齢的なものもあると思うんですけど、競走馬としていい体になってきたなと思います。走るバランスなんかも含めて。以前は前のめりな感じ、前に重心がある感じで走っていたんですけど、そこのバランスが変わってきた感じがします。だからストライドも伸びていると思います。  

    精神面で言うと、最初僕が乗せてもらったときには結構極端な逃げ馬でした。最初に名古屋の重賞(2017年3月名古屋大賞典)を勝ったんですけど、逃げてるんですけど集中していない馬でした。そんな状態でも勝っているので、かなり高いポテンシャルは感じていました。  

    僕自身、極端な逃げ馬が好きじゃないわけじゃないんですけど、無駄が出てしまう感じがあると思ってしまって。逃げ一辺倒の馬よりはある程度いろいろな走りができる中で逃げが選べる馬になったらもっと安定していい結果を出せるんじゃないかな、という思いは持っていました。それは以前の目野厩舎時代に先生にも伝えていました。  

    今でこそ自在性が武器みたいに言われていますけれども、一番自在性がなかった馬でしたから。二番手でもムキになって脚がたまらないような馬でしたから。それは帝王賞(2017年6月)でスタートで躓いて差すかたちで勝てたというのが大きかったと思います。あれをきっかけにいろいろできる馬になるんじゃないかな、と思いました。でも、それは一朝一夕にできるものではないですし、結構時間がかかりました。  

    それが、二走前の船橋(2018年10月日本テレビ盃)の競馬でああいうかたちで勝つことが出来たときに、もう試すことはないな、と。戦法、脚質に関してはいじるところはないな、と思いました。

    ――そういった成長を感じる中で前走の中央場所での1勝(2018年11月のJBCクラシック)はいかがでしたか?
    福永 すごくあの馬の価値を高める1勝だったと思います。JRAの舞台で大きな実績を出せていなかったので、レース前はそこが不安視されていた面もありましたけれども。僕自身に関しては全然心配していなかったですね。  

    というのも、1年前に同じ京都コースで同じ距離の平安Sを走っているんですけど、あの時は大外枠が当たって逃げることが出来なくて途中から引っかかって、途中で先頭に立って失速して、最後は5着だったんですけれども。このときに1分56秒台で走っていたので。全然問題ないと思っていました。

    ――舞台は中京にかわりますが、そのあたりは?
    福永 左回りは走っていますし重賞も勝っています。坂ですけど、そうですね…不安に思っても(自分が)やることは変わらないので。大丈夫だと思います。昨年も4着で走っているコースです。  

    昨年は最悪の内枠が当たって、逃げ馬の後ろでした。そもそもそういう競馬もできない馬でしたが、その中で4着に健闘していましたし、そこからは自在性も出ましたから。当然昨年よりはいいパフォーマンスで走れるのは間違いないので。何にも心配はしていないです。

    ――関東馬ルヴァンスレーヴなどのライバル関係は?
    福永 もちろん、一番強力な相手だと思っています。チャンピオンホースのゴールドドリーム(※1)とルヴァンスレーヴ、この2頭は強力です。ルヴァンスレーヴは3歳馬ではありますけれども、今年の3歳馬はレベルが高いです。いずれはこの世代の馬がダート界をけん引していくんだろうと思いますけれども。まだ今はね、そういう状態だと思いますね。その中であの強力な2頭を相手にする上でもね、負けられない気持ちでいますし、自信をもってあの2頭を相手にぶつかっていける状態だと思います。

    ――レース展開については?
    福永 まだ決めていないです。ペースにあわせた位置取り。この馬が一番力を発揮できるリズムで走らせてあげたいなと思っています。

    ――枠順のこだわりは?
    福永 大きい馬でストライドもさらに大きくなっています。極端な内枠はできれば欲しくはないですけど、当たった枠で考えます。そんな感じでダービーも勝てたので(笑)。

    ――陣営は来年のドバイを見据えているという話もありますが、そのあたりも含めて意気込みを。
    福永 はい。ドバイに関しては、転厩した際に杉山調教師に話をする機会があって自分のほうからドバイにチャレンジさせて欲しいという旨は伝えたんです。なぜかというと、大井競馬場で結構いい成績を残しているんですけれども、大井の馬場は雨が降ると少し土っぽく粘土っぽくなるんです。そのときの走りが返し馬からずいぶん良かった。

    だから、ドバイに限らずアメリカ的な馬場にチャレンジしてみたいな、という思いがあったんです。杉山調教師もそのあたりをオーナーと一緒に考えてくださいました。  

    そして、そうなるためにはドバイの前に日本で結果を出さなければチャレンジも出来ません。そういった意味でチャレンジをする資格は既にGI3勝はしているので持っているのだとは思いますが、やはりどうせ行くなら日本の代表馬として行ければいいなと思いますので、なんとしてもここでいい結果を出して日本代表の座をつかみ取ることができればいいな、と思っています。

    ※1 会見はゴールドドリームの回避が発表される前に行われました
    【JRA】ルヴァンスレーヴ萩原師「前走は非常に強い競馬」/チャンピオンズC共同会見
     古馬を退け南部杯(JpnI・1着)に優勝して勢いに乗る3歳馬のルヴァンスレーヴ(牡3・美浦・萩原清)が、ウッドチップコースで併せ馬の追い切りを消化。その後、管理する萩原調教師の共同記者会見が行われた。

    (ここ2週は坂路での追い切りだったが、今朝のウッドチップコースでの追い切りについて) 「直前ですのでしっかり作っていきたいということで、先週水曜日は坂路で、先週土曜と今朝はウッドチップで追い切りをしました」

    (手応えは?)
    「霧で十分に確認はできていないのですけど、乗り手の感触は良かったですし、土曜日の追い切りとの兼ね合いを考えても良かったとは思っています」

    (乗り手とは具体的にどんな話を?)
    「息遣いを含めて馬の動き、あとは反応的なところを話しました」

    (馬の状態は)
    「前回と変わらないくらいの状態で出られるでしょう」

    (史上初の3歳馬の優勝となった南部杯を振り返って)
    「賞金的に3歳馬が出にくいレースになっていますが、古馬を完封という形ですので、非常に強い競馬だと思っています」

    (ゴールドドリームに勝ったことの評価は?)
    ※ゴールドドリームはチャンピオンズCを回避 「内容的にも3コーナーあたりでの脚の使い方、動きがとても良かったですし、非常に評価できるレースだと思っています」

    (南部杯から2か月たったが、変化は?)
    「大きくはないですけど、1戦1戦成長している感じはあります」

    (左回りは5戦全勝だが、初めての中京コースは?)
    「今までもいろいろな競馬場で対応ができていますので、コース替わりはそんなに心配はしていないです」

    (3歳馬が制すると12年振りの快挙、中京に開催が移ってからは初となるが?)
    「そうなればいいなとは思っています」

    (ミルコ・デムーロ騎手とは何か話を?)
    「ミルコとは南部杯のあともそんなに話はしていないのですけど、馬の能力を我々以上に知っていると思いますので、全幅の信頼を置いてお任せさせて頂きます」

    (理想の展開は?)
    「競馬の形がはっきり整っていない馬なので、流れに応じてになるでしょう。また新しい面が出ればとも思っています」

    (枠順は?)
    「与えられた枠で対応していくということになりますので、特に気にしていません」

    (最後に意気込みを)
    「大勢のファンの方の応援や関係者の努力によってここまで来られましたので、我々は良い形で(ジョッキーに)バトンタッチして、良いパフォーマンスを競馬でお見せできればと思っています」
    【JRA】サンライズノヴァ生野助手「レースを走ったことで馬がシャキッとした感じ」/チャンピオンズC共同会見
    ■サンライズノヴァを管理する音無厩舎の生野賢一調教助手
    ――今朝の最終追い切りについて教えてください。
    生野 指示は調教師から任せられましたので、競馬の間隔も詰まっていますし全体の時計はそんなに出さなくていいなと思い、最初はゆっくり入って終いは伸ばすかたちにしました。

    ――状態はいかがでしたか?
    生野 競馬のダメージはないと思います。レースを走ったことで馬がシャキッとした感じがあり、調子はいいと思います。走っていると無駄なことはしませんし、トモからの力はしっかりと伝わる走りをしていると思います。

    ――中京、および今回のコースの適性は?
    生野 この馬はよく東京で走っているイメージがあると思います。似たように直線が広くて大きいコースですし、持ち味が生かせるのではないかと思います。以前、結構前にはなりますが1800でも走っていますしコーナー4つのコースもこなしてくれるんじゃないかと思います。いまは最初はのんびり行って終いに脚を使うという競馬が確立されてきましたしね。

    ――枠順へのこだわりは?
    生野 最後どうしても外を回して脚を使うので、あまり内過ぎなければいいなと思います。

    ――3連勝ですが、成長を感じる部分は?
    生野 体がしっかり大きくなりましたし、力もそれにあわせてついてきました。

    ――最後に抱負を。
    生野 調子もすごくいいと思います。十分戦えると思いますので応援よろしくお願いします。
    勝馬伝説の無料情報が熱い・・・
    無料情報だけで万馬券GETwwwww
    kachium
















    チャンピオンズカップ予想|2018年|馬体診断まとめ(デイリー)

    ヤフーニュースの馬体診断をまとめています!!

    batai















    【競馬情報はここから無料ゲット】
    無料情報で万馬券-勝馬伝説、いつも感謝していますよw
    kachium















    ヤフーニュースより

    【チャンピオンズカップ馬体診断】ルヴァンスレーヴ

     【ルヴァンスレーヴ 評価B】  
     
     以前に比べるとトモや腰回りがパンと張って、全体的なバランスは良くなってきた。キ甲(※1)や背中のラインから受ける印象はまだ発達途上。それでいて見せてきたハイパフォーマンスは、搭載エンジンが違うとしか言いようがない。  
     
     つなぎは長めで柔らかく、先々は芝もこなせそうな雰囲気。ビシッと攻めたことで代謝が上がり、肌ツヤはピカピカ。柔らかい馬体を保てているように順調そのものだ。(馬サブロー美浦・佐野裕樹)  

    〈1週前追い切り診断〉
    美浦坂路で4F52秒8-38秒3-13秒0(一杯)。鞍上のゴーサインにもきっちりと応え、グイグイと力強く伸びて好時計をマークした。馬体の張り、肌ツヤも申し分なく状態は前走以上だ。  

    (※1)
    「キ甲」とは首と背の境の膨らんでいる部分。幼いうちは目立たないが、成長すると隆起してきてよく分かるようになる。この部分が隆起してよく見えるようになることを「キ甲が抜ける」と表現される。

    【チャンピオンズカップ馬体診断】オメガパフューム

    【オメガパフューム 評価B】  
     
     馬体重は450キロ台。歴戦の古馬と比べると迫力という点では見劣るかもしれない。ただ、肩の筋肉や臀部(でんぶ)の丸みからはダート馬としての資質が十分に感じられる。まだ成長途上の3歳馬だけに、先々に期待が持てる馬体と言っていい。  

     前走のJBCクラシック(2着)当時は肩や下腿(かたい)に血管が浮き出て皮膚が薄かったが、今回は多少厚みがあるためB評価に。それでも1週前時点の馬体としては上々の部類で、当日までにどれくらい状態を上げてくるかがポイントだろう。(馬サブロー栗東・竹原伸介)  

    〈1週前追い切り診断〉
    栗東坂路で4F52秒3-38秒0-12秒5(強め)。軽快さがありつつも、全身を大きく使ったフォームは迫力十分だった。好調をキープしている。

    【チャンピオンズカップ馬体診断】ケイティブレイブ 

    【ケイティブレイブ 評価B】  
     
     前走のJBCクラシック(1着)では10キロ増でも全く太め感はなかった。今回の馬体は多少皮膚が厚ぼったく見えるが、大きな変化はなく1週前としては合格点だろう。  
     
     肩やトモの筋肉の盛り上がりは相変わらずで、前記の皮膚の厚ぼったさが解消されれば評価は「A」に上がる。光量の関係で毛ヅヤが少しくすんで映るかもしれないが、首差しや肩の光沢をよく見れば全く問題はない。ビロードのようなしっとりとした質感もあり、好調と判断したい。
    (馬サブロー栗東・竹原伸介)  

    〈1週前追い切り診断〉
    福永を背に栗東CWで6F80秒0-37秒4-12秒7(馬なり)。余裕を持って好時計をマークした。力感にあふれる動きからも、目下の充実ぶりが伝わってくる。

    【チャンピオンズカップ馬体診断】サンライズソア

    【サンライズソア 評価B】  
     
     4カ月半ぶりの前々走・シリウスSで戦列へ復帰し、前走のJBCクラシックとともに連続3着。一戦ごとに馬体重は増えているが、体つきは逆に引き締まっていた。今回も緩さは感じられず、状態は引き続き良好だ。  
     
     ボリューム感満点の筋肉質の前駆と、はっきりと段差の分かる臀部(でんぶ)。首回りの太さなど、迫力十分の馬体をしている。風格の出た顔つきをしているが、当日のパドックではテンションが高め。パシュファイヤーとメンコを着用して最後方を周回している。イレ込んでいるわけではないので、注意してほしい。(馬サブロー栗東・竹原伸介)  

    〈1週前追い切り診断〉
    栗東CWで6F80秒8-38秒9-12秒7(一杯)。6F地点で少し反抗するようなしぐさを見せていたが、その後はおおむねスムーズに駆けて、併せた相手に1馬身先着。詰まったローテでも加減することなくムチが入るほどハードに追われており、疲れの心配は全くない。状態は高いレベルで安定している。



    うまとみらいと…

    競馬ファンならぜひ欲しい情報がゲットできますよね。
    だから・・・無料会員がここまで美味しいとはwwww

    umatomi

    JC(ジャパンカップ)予想|2018年|予想・データ

    keibayo

















    うまとみらいと…
    競馬ファンならぜひ欲しい情報がゲットできますよね。
    だから・・・無料会員がここまで美味しいとはwwww

    umatomi











    JC(ジャパンカップ)-騎手データ

    騎手 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
    ルメール 13- 6- 6-25/50 26.00% 50.00% 57 75
    蛯名正義 8- 4- 4-35/51 15.70% 31.40% 139 70
    M.デム 7- 5- 7-15/34 20.60% 55.90% 52 100
    内田博幸 5- 5- 9-56/75 6.70% 25.30% 64 88
    川田将雅 5- 5- 1-11/22 22.70% 50.00% 69 90
    田辺裕信 4- 4- 4-49/61 6.60% 19.70% 38 41
    ベリー 1- 2- 0- 2/ 5 20.00% 60.00% 74 112
    横山典弘 1- 1- 1-32/35 2.90% 8.60% 7 15
    ムーア 1- 1- 0- 4/ 6 16.70% 33.30% 26 81
    モレイラ 1- 0- 1- 1/ 3 33.30% 66.70% 83 40
    C.デム 0- 1- 2- 1/ 4 0.00% 75.00% 0 205
    高倉稜 0- 1- 0- 2/ 3 0.00% 33.30% 0 133




    JC(ジャパンカップ)-騎手データ

    種牡馬 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
    Marju 0- 0- 1- 1/ 2 0.00% 50.00% 0 105
    ルーラーシップ 8- 3- 2- 20/ 33 24.20% 39.40% 76 75
    ディープインパクト 24- 13- 18-102/157 15.30% 35.00% 78 68
    トーセンホマレボシ 1- 0- 1- 4/ 6 16.70% 33.30% 70 60
    ロードカナロア 1- 0- 0- 2/ 3 33.30% 33.30% 56 36
    ネオユニヴァース 3- 6- 3- 28/ 40 7.50% 30.00% 132 75
    ハーツクライ 8- 7- 11- 84/110 7.30% 23.60% 71 58
    ジャングルポケット 2- 4- 3- 32/ 41 4.90% 22.00% 26 56
    カンパニー 1- 1- 0- 8/ 10 10.00% 20.00% 151 62
    ナカヤマフェスタ 0- 0- 1- 10/ 11 0.00% 9.10% 0 40
    ローエングリン 0- 0- 0- 5/ 5 0.00% 0.00% 0 0




    JC-スピード指数

    1位 キセキ
    2位 サトノダイヤモンド
    3位 アーモンドアイ
    4位 シュヴァルグラン
    5位 スワーヴリチャード




    勝馬伝説の無料情報が熱い・・・
    無料情報だけで万馬券GETwwwww
    kachium
















    JC(ジャパンカップ)予想|2018年|JRA共同会見まとめ

    kyodoukaiken














    ここの無料コンテンツ見たこと無いのか?
    だったら無料会員になってみろwwww
    高配当XXX

    kouhaitouxxx
















    ヤフーニュースより

    【JRA】スワーヴリチャード鞍上M.デムーロ「そろそろ勝ちたいです」/ジャパンC共同会見
      ■スワーヴリチャードに騎乗のミルコ・デムーロ騎手
    ――前走の天皇賞(秋)を振り返ってください。

    ミルコ 全然良くなかったです。まず、スタートでちょっとぶつかりました。3、4コーナーもずっと内にもたれましたし、直線も全然伸びなかったですね。

    ――現在の馬の状態は?

    ミルコ すごく良いですね。何も変わらないですね。今日も追い切りに乗りましたがすごくいい動きをしていました。前走のダメージは全然ないです。

    ――1週前の追い切りはいかがでしたか?

    ミルコ 1回競馬を使っていたので軽い追い切りでした。

    ――東京の芝2400mというコースは?

    ミルコ アルゼンチン共和国杯を勝った時と同じ(東京)コースですし、距離も100m短いだけであまり変わらないです。左回りは上手ですし、馬の状態はカンペキ。気持ちだけちょっと(欲しい)ですね。

    ――どのようなレースにしたいですか?

    ミルコ ジャパンカップはいつも難しい展開になりますね。枠順も大事。ゲートの中でイライラせずに、タイミング良くいいポジションをとりたいですね。前(での競馬)がいいですね。

    ――ゲートはどのあたりがいいですか?

    ミルコ 真ん中くらいですね。

    ――スタートに関しては調教師と話しましたか?

    ミルコ いえ、ないですね。いつも任せてくれます。厩舎も先生も僕もこの馬のことは結構わかっていますから。頑張ります。

    ――前走から良くなっている点は?

    ミルコ さきほど言ったとおり、調教でのダメージはないです。いつも、調教の時はすごくいい状態。(だから前走)競馬にいってあんな結果になるとはビックリしましたね。安田記念ではたぶんすごく疲れていました。たぶん状態が悪くなって、で、前走も競馬をしていなかった。だから、その問題かもしれないですね。

    ――今回のメンバーで気になる馬は?

    ミルコ いっぱいいますね。GIですからね。アーモンドアイは凄い。バケモノですね。

    ――他にはいますか?

    ミルコ もちろんもちろん。GIはみんな勝ちたいですからね。GIを勝った馬も結構いますし、サトノダイヤモンドにシュヴァルグランなどがいますね。

    ――デムーロ騎手自身も勝ちたいですよね。

    ミルコ もちろん、もちろん。前走は全然競馬してなかったけど、大阪杯の時はすごく強かった。その馬(注:大阪杯の時のスワーヴリチャード)だったら全然チャンスありますね。

    ――最後にファンの方へメッセージを。

    ミルコ 先週も言ってましたが、今年は2着が多いです。そろそろ勝ちたいです。今週も頑張ります。
    【JRA】アーモンドアイ鞍上ルメール「ほとんど完璧な馬」/ジャパンC共同会見
     今年の牝馬三冠馬のアーモンドアイ(牝3・美浦・国枝栄)がウッドチップコースで、クリストフ・ルメール騎手を背に最終追い切りを行った。追い切り後、ルメール騎手と国枝調教師が共同記者会見に臨んだ。

    ■ルメール騎手
    (今朝の追い切りの感触は?)
    「今朝は2頭で併せました。とても良い追い切りでした。彼女は最初からリラックスして、フットワークはとても良かったです。3、4コーナーからペースアップしました。直線で良い脚を使いましたし、コンディションは良さそうです」

    (先週の追い切りと比べると?)
    「先週は少し軽い追い切りでした。今回はジャパンCの週でもう少し速いペースで走りました。コンディションがアップしたと思います」

    (前走の秋華賞を振り返って)
    「素晴らしいレースでした。後ろのポジションから加速してくれました。残念ながら3コーナーで大外の進路を進まなければいけませんでしたが、彼女の能力はすごいですから、勝つことができました。素晴らしい仕上げでしたね」

    (秋華賞の会見時は95パーセントの仕上がりとのことだったが、今回は?)
    「今回はだいたい100パーセントだと思います」

    (秋華賞時と比べて今回変わってきた点は?)
    「今回は多分、スタート前にもう少しリラックスすることができるでしょう。道中はいつも乗りやすいです。秋華賞の時は馬場入りの時もエキサイトしました。今回は多分、もっと良い感じだと思います。心身ともに充実していますし、良い結果を出すことができるでしょう」

    (東京の2400mの舞台について)
    「皆にとって大変な距離ですね。でも彼女は府中でオークスに勝ちました。彼女にとってコースは問題ないと思います」

    (以前ウオッカでこのレースを制しているルメール騎手にとって、ジャパンCとは?)
    「世界でジャパンCはとても有名なレースです。日本で賞金が1番高い。いつも勝った馬がスーパーホースになりますね。とても大変なレースです。有名ですから、是非勝ちたいですね」

    (そのレースに三冠牝馬のアーモンドアイでチャレンジする気持ちは?)
    「今年三冠はアーモンドアイの1番の目標でした。三冠取ってとても良かったです。今週は彼女の(今年)最後の挑戦です。今回は古馬相手で結構難しいレースになりますが、能力はありますので、自信を持って乗りたいです」

    (アーモンドアイはどんな馬か?)
    「ほとんど完璧な馬ですね。とても賢い馬です。頭が良くてすべきことを良く知っています。1番良いところは、瞬発力です。直線でトビがすごく大きいです。力をたくさん使います。心臓も強いです。悪いところがないです」

    (乗っていて実際どのような感じ?)
    「加速する時はすごく良い感じです。フェラーリに乗れば同じくらいですね。ギアがすごい良い感じです。特別な馬ですね」

    (最後にファンにメッセージを)
    「今週のジャパンCは、アーモンドアイの最後の挑戦です。もう1度アーモンドアイを応援してください。よろしくお願いします」

    ■国枝調教師
    (今朝の追い切りの狙いは?)
    「先週良い動きができていましたので、同じような感じでやれば良いだろうと思いました。(動きは)良かったと思います」

    (追い切り後ルメール騎手とは?)
    「彼も満足していたようで『申し分ない、問題ない』と言っていました」

    (秋華賞を振り返って)
    「いろいろな要素があったのですが、競馬に行ったら自分の仕事をサッとやってくれて、すごい馬だなと思っています」

    (レース後の様子は?)
    「多分熱中症ではないかなと思うのですが、体が動かないような状況になりました。ただそれは一過性で、治療をして良くなったら全く問題ありませんでした。その後も良く様子を見ていたのですが、問題がないのでジャパンCということになりました。その後は牧場に出て順調に来ました。予定通りこちらに帰厩して、追い切りをして順調です」

    (秋華賞では馬体重が増えていたが、成長は?)
    「あの時はだいぶ間があいて数字も増えていて、体付きも少し余裕がありました。今回数字は前回と同じですけど、やはり1回使われているので体にシャープさが出てきたのではないかと思います」

    (後ろ脚の踏み込みが深くて前脚にぶつけて爪を痛めるということもあり、秋華賞時は坂路で追い切っていたが、今回はウッドチップコースでの追い切りということで何か工夫した点などは?)
    「基本的にはダメージを治すというところだったのですが、思いのほか蹄の治りが早かったですね。右前脚には鉄橋の蹄鉄(間に橋のように鉄板が架けられた蹄鉄)を履かせていますが、全く問題なく来ましたので良かったです」

    (東京の2400mにコースが替わるが?)
    「競馬のしやすいコースですし、実際オークスで結果が出ていますので、あのようなイメージで競馬ができればと思います」

    (古馬相手という新たなステージにチャレンジとなるが?)
    「どうかなという不安もありますが、楽しみの方が大きいですね」

    (ジャパンCというレースにはどのような思いを?)
    「創設の時からすごく憧れのレースでしたし、出られるのはすごく嬉しいですね」

    (最後にファンにメッセージを)
    「とても可能性を秘めた牝馬で、良いパフォーマンスを見せられると思いますので、期待をしてもらいたいです」
    【JRA】シュヴァルグラン鞍上C.デムーロ「ライバルはアーモンドアイです」/ジャパンC共同会見

    ■シュヴァルグランに騎乗予定のクリスチャン・デムーロ騎手
    ――コンビを組むことになった時の気持ちは?
    クリスチャン とても素敵な贈り物だと感じました。とてもビックリしました。騎乗依頼が来てとても幸せです。

    ――この馬のレースぶりはいかがですか?
    クリスチャン 昨年のジャパンカップを勝っているということですごくいい馬だということはわかっています。前走は4着でしたが、休み明けでこの結果を出している、いい馬ですね。

    ――中間、シュヴァルグランに跨っての感想は?
    クリスチャン 先週初めて騎乗しましたが、状態も良く、いい感触を得ました。今朝も騎乗させていただきましたが先週より良くなっています。ジャパンカップに向けて準備は出来ていると思います。

    ――騎乗前と騎乗後でイメージは違いましたか?
    クリスチャン GIを勝つレベルの馬ですし、騎乗前も後もイメージどおりいい馬で変わりはないです。

    ――東京コースについてはいかがですか?
    クリスチャン スタートもいいですし、好位を取ることも上手な馬です。前回のジャパンカップの時もスタートは良かったですし、先団のすぐ後ろにつけています。今回もそのようにしていきたいと思います。

    ――気になるライバルはいますか?
    クリスチャン アーモンドアイです。

    ――他にはいますか?
    クリスチャン はい。私の兄が乗るスワーヴリチャード、サトノダイヤモンドのようないいメンバーが揃っていると思います。

    ――お兄さんへのライバル心はありますか?
    クリスチャン ありません。自分の馬に集中して乗ることが大事ですからね。

    ――最後にファンにメッセージを。
    クリスチャン このレースを勝つという夢を叶え、皆さんに届けたいです。「(日本語で)がんばります。ありがとうございます」。

    勝馬伝説
    の無料情報が熱い・・・
    無料情報だけで万馬券GETwwwww
    kachium
















    JC(ジャパンカップ)予想|2018年|馬体診断まとめ(デイリー)

    ヤフーニュースの馬体診断をまとめています!!

    batai















    【競馬情報はここから無料ゲット】
    無料情報で万馬券-勝馬伝説、いつも感謝していますよw
    kachium















    ヤフーニュースより

    【JC(ジャパンカップ)馬体診断】アーモンドアイ

     【アーモンドアイ 評価A】  
     
     全体的なボリューム感は秋華賞以上。ただ、無駄な脂肪が一切なく、質のいい張り。もともと皮膚が薄く無駄な肉は付きにくいタイプではあるが、ここまで張った馬体は初めて見た。  

     前駆に力感が増し、巻き上がり気味だった腹にも筋肉が付いて、バランス良く成長しているイメージ。肩回りやトモの筋肉量も増えているが、ゴツさがない。可動域を広く保てる体幹の強さ、柔らかさに、パーツパーツもしっかりとしている印象を受ける。
    (馬サブロー美浦・佐野裕樹)  

    〈1週前追い切り診断〉
     ルメールを背に美浦Wで5F65秒4-36秒7-12秒8(馬なり)。攻め動く古馬2頭を追い掛けたが、直線は必死に食らいつく相手の横を涼しい顔のまま抜け出した。自慢の切れ味にさらに磨きがかかっており、ケチのつけようがない状態だ。

    JC(ジャパンカップ)馬体診断】シュヴァルグラン

    【シュヴァルグラン 評価A】  

     休み明けの京都大賞典(4着)当時に比べると、毛ヅヤが別馬のように良化。以前にも書いたが、毛色が赤茶色に見える時よりも焦げ茶色に見える方が体調の良い時。今回は昨年の優勝時と遜色はなく、この時季に調子を上げてくるタイプだろう。  

     肩や下腿(かたい)に血管が浮き出ているように、皮膚も薄くなった印象だ。6歳の秋を迎えたが、馬体の衰えはなく張りがある。顔つきにも精悍(せいかん)さが見受けられ、戦闘意欲が十分に感じられる。(馬サブロー栗東・竹原伸介)  

    〈1週前追い切り診断〉
     C・デムーロを背に栗東CWで6F80秒1-37秒0-11秒9(一杯)。アドマイヤコースト(2歳未勝利)を1秒9追走して併入。ランブリングアレー(2歳500万下)を1秒3追走して0秒1遅れた。まだラストの伸び脚に物足りなさはあるが、毛ヅヤが格段に良化しているように、叩かれた効果は十分。

    JC(ジャパンカップ)馬体診断】スワーヴリチャード 

     【スワーヴリチャード 評価A】
     
     毛ヅヤに物足りなさを感じた前走の天皇賞・秋(10着)だったが、今回は毛ヅヤが大幅に良化した。皮膚の厚ぼったさも解消して、馬体に張りが出てきたのも何より。休み明けをひと叩きされた上積みは大きい。  肩やトモの質感のある筋肉は相変わらずで、重厚感のある迫力十分の馬体をしている。胴の長さや首差しからベストは2000メートルと思えるが、2400メートルも十分に守備範囲。前走は1番人気で不運な大敗を喫したが、顔つきからダメージはなく巻き返せるだけの状態にある。(馬サブロー栗東・竹原伸介)  

     〈1週前追い切り診断〉
    M・デムーロを背に栗東CWで6F83秒3-39秒4-12秒8(馬なり)。久々を叩いて力みが消え、本来のシャープさを取り戻している。今の落ち着きぶりなら発馬への不安も考えなくて良さそうだ。

    【JCジャパンカップ馬体診断】サトノダイヤモンド

    【サトノダイヤモンド 評価B】  
     
     前走の京都大賞典で1年7カ月ぶりの勝利。見事に復活ののろしを上げた。デビュー以来、最高馬体重の512キロだったが太め感はなく、九分以上に仕上がっていた。春と比べると胴が少し長くなり、馬体に幅も出たのが体重の増えた理由だろう。  

     重心が低くなり、バランスが良化したのは良い傾向と思う。ただ今回は肩の筋肉の盛り上がりはいつも通りだが、若干トモの筋肉が薄く感じられる。そのためB評価としたが、状態自体は引き続き良好だ。(馬サブロー栗東・竹原伸介)  

     〈1週前追い切り診断〉
     モレイラを背に栗東CWで6F81秒3-37秒4-11秒6(馬なり)。ソーグリッタリング(4歳OP)を0秒4追走して併入した。一杯に追われた相手を尻目に、終始楽な手応え。力強いフットワークがひときわ目を引いた。前走の復活劇から状態はさらに上向いている。



    うまとみらいと…

    競馬ファンならぜひ欲しい情報がゲットできますよね。
    だから・・・無料会員がここまで美味しいとはwwww

    umatomi

    このページのトップヘ