競馬最強2chまとめぽいサイト

競馬の2chまとめです…!!いろいろな競馬サイトがありますが、これでもまとめているサイトはないと思います!!…2chまとめぽいサイトです。

    カテゴリ:競馬重賞(G2)

    東海S予想|2018年|予想・データ

    keibayo

















    競馬情報が毎日熱いwww
    無料情報毎日更新・・・
    誰でも無料・フリーメールで予想をゲットしましょう

    jyonetu2













    ヤフーニュースより
    【東海S】厩舎の話 テイエムジンソク・古川騎手「順調に乗り込んできている」

     ◆アスカノロマン・川村師 「絶好調時には及ばない感じだけど、地力とコース相性に期待」

     ◆クインズサターン・野中師 「回復力が早くなったので、当週も負荷をかけていける。筋肉がついて完成してきた」

     ◆コスモカナディアン・金成師 「この馬なりの平均的なデキにはあるが、この前の負け方が良くなかったからね…」

     ◆ゴールデンバローズ・森助手 「中間はハミを工夫。調教のときのように集中して走れれば」

     ◆サルサディオーネ・羽月師 「時計は速すぎてしまったけど、いい動きでした。力をつけてきていると思います」

     ◆サングラス・谷師 「速い時計が出たし、体調は悪くない。自分の競馬をしてどこまで」

     ◆サンマルデューク・小島太師 「動きは良かった。うまく展開がはまってくれれば」

     ◆シャイニービーム・福島師 「最近は成績が安定して、レース内容が落ちついてきた」

     ◆ショウナンアポロン・古賀史師 「障害練習を取り入れて体調はいい。気持ちの問題」

     ◆ディアデルレイ・牧師 「好調をキープ。今の状態だったらどんな競馬でもできる」

     ◆テイエムジンソク・古川騎手 「順調に乗り込んできている。昨年の秋から、トモ(後肢)の感じがもうひとつ良くなってきました」

     ◆ドラゴンバローズ・渡辺師 「この馬にしてはいい時計で動きました。具合は良さそう」

     ◆モルトベーネ・松永昌師 「それほど速くならないようにやった。状態は良さそう」

     ◆ローズプリンスダム・畠山師 「放牧から戻って、予定通り。思い切った競馬を」


    東海S-種牡馬データ

    種牡馬 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
    アグネスデジタル 5- 7- 4- 16/ 32 15.60% 50.00% 159 135
    カンパニー 1- 3- 1- 9/ 14 7.10% 35.70% 168 100
    ゴールドアリュール 10- 8- 8- 73/ 99 10.10% 26.30% 80 66
    ディープスカイ 3- 4- 5- 34/ 46 6.50% 26.10% 77 189
    クロフネ 9- 8- 3- 82/102 8.80% 19.60% 32 42
    キングカメハメハ 6- 11- 4- 89/110 5.50% 19.10% 33 44
    ブラックタイド 1- 3- 1- 34/ 39 2.60% 12.80% 16 44
    パイロ 2- 2- 0- 30/ 34 5.90% 11.80% 42 32
    ロージズインメイ 1- 0- 1- 25/ 27 3.70% 7.40% 94 18
    アドマイヤマックス 0- 0- 0- 3/ 3 0.00% 0.00% 0 0
    Tapit 0- 0- 0- 3/ 3 0.00% 0.00% 0 0
    スタチューオブリバティ 0- 0- 0- 3/ 3 0.00% 0.00% 0 0


    東海S
    -騎手データ


    騎手 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
    藤岡康太 12- 9- 3-46/70 17.10% 34.30% 159 100
    古川吉洋 6- 6- 1-23/36 16.70% 36.10% 250 112
    和田竜二 5- 6-10-35/56 8.90% 37.50% 34 114
    北村友一 5- 4- 5-28/42 11.90% 33.30% 67 74
    中谷雄太 4- 9- 3-35/51 7.80% 31.40% 83 66
    太宰啓介 3- 0- 2-42/47 6.40% 10.60% 41 27
    松山弘平 2- 4- 9-55/70 2.90% 21.40% 48 76
    丸山元気 2- 4- 2-45/53 3.80% 15.10% 42 66
    秋山真一 2- 3- 3-31/39 5.10% 20.50% 20 108
    勝浦正樹 2- 2- 2-31/37 5.40% 16.20% 105 54
    丸田恭介 1- 1- 1-22/25 4.00% 12.00% 13 165
    酒井学 0- 3- 3-46/52 0.00% 11.50% 0 42
    岡田祥嗣 0- 2- 4-17/23 0.00% 26.10% 0 203
    池添謙一 0- 1- 1- 3/ 5 0.00% 40.00% 0 110
    木幡巧也 0- 0- 0- 6/ 6 0.00% 0.00% 0 0
    丹内祐次 0- 0- 0-13/13 0.00% 0.00% 0 0



    勝馬伝説の無料情報が熱い・・・
    無料情報だけで万馬券GETwwwww
    kachium
















    アメリカJCC予想|2018年|予想・データ

    keibayo

















    競馬情報が毎日熱いwww
    無料情報毎日更新・・・
    誰でも無料・フリーメールで予想をゲットしましょう

    jyonetu2













    ヤフーニュースより
    【AJCC】伸びシロたっぷりの明け4歳馬ミッキースワローの爆脚を素直に信頼

    【アメリカJCC(日曜=21日、中山芝外2200メートル)新バージョンアップ作戦】年明けの中山開催最終日メーンは伝統のGIIアメリカJCC。春のGIをにらむ馬が多い中で、新VU作戦の明石尚典記者は◎ミッキースワローで勝負する。昨今の芝中、長距離ラップ傾向を分析した結果、主役を務めるのは出走馬ナンバーワンの爆発力を持つこの馬しかいない、との結論だ。

     道中は折り合いをつけることに専念して末を伸ばす。瞬発力に秀でたサンデーサイレンス産駒の登場以降、主流となったこのスタイルによって生み出されたのが現代競馬に蔓延する“スローペース症候群”だ。もはや中、長距離のカテゴリーで後半より前半のほうが速い前傾ラップを刻むことはまれ。今年に入ってからも中山芝11ハロン戦では5ハロン通過65秒2(迎春S)、65秒4(5日目・1000万下)と目を疑いたくなるような前半ラップが刻まれている。

     ただ、ここまで極端なスローペースになると、イコール先行有利とならないのが面白いところ。楽に追走できて馬群がギュッと凝縮されるような緩ペースでは、逆に瞬発力レベルの差がそのまま結果へと反映されやすい。手頃な頭数の今回もハイペースなど夢のまた夢。スローペース→直線での決め手比べと読めば、何より優先すべきは瞬発力という答えになる。

     今年、最速上がりを叩き出す可能性が高いのはミッキースワロー。キャリア7戦で5度の最速上がりマークの看板もさることながら、中身の面でも他馬の一枚上をいく。未勝利Vはラスト2ハロンが12秒2→12秒1の加速ラップ。連勝を決めたひめさゆり賞もラスト2ハロン合計22秒8(11秒2→11秒6)と、福島の中距離戦ではなかなかお目にかかれない高速ラップを刻んでいる。

     この馬の瞬発力レベルを満天下に示したのが、皐月賞馬アルアインを問題にしなかったセントライト記念。急坂の中山を11秒3→11秒0の高速&加速ラップで突き抜けたのだから、瞬発力なら現役トップクラスの見方も十分に可能だろう。少なくともこのメンバーで見劣りする可能性は皆無。その爆発力を素直に信頼する手だ。

     セダブリランテスの中山金杯Vで絶好のスタートを切った明け4歳世代。昨年限りで現役生活に終止符を打った王者キタサンブラックの穴を埋めるのは、伸びシロたっぷりのこの世代しかいない。ここから続く春のGIロード。盛り上げに一役買うためにも、初戦でつまずいてはいられない。


    アメリカJCC-種牡馬データ

    種牡馬 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
    トーセンホマレボシ 2- 0- 0- 0/ 2 100.00% 100.00% 660 240
    ディープインパクト 7- 8- 1-32/48 14.60% 33.30% 64 50
    ルーラーシップ 1- 1- 0- 4/ 6 16.70% 33.30% 116 140
    ステイゴールド 9- 6-11-65/91 9.90% 28.60% 53 100
    スクリーンヒーロー 1- 1- 0- 5/ 7 14.30% 28.60% 28 134
    キングカメハメハ 1- 2- 1-25/29 3.40% 13.80% 19 23
    ダンスインザダーク 0- 1- 1-13/15 0.00% 13.30% 0 19
    タイキシャトル 0- 0- 0- 5/ 5 0.00% 0.00% 0 0


    アメリカJCC
    -騎手データ



    騎手 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
    M.デム 0- 0- 2- 1/ 3 0.00% 66.70% 0 126
    ルメール 1- 3- 1- 4/ 9 11.10% 55.60% 22 86
    武豊 1- 0- 0- 1/ 2 50.00% 50.00% 250 90
    戸崎圭太 5- 7- 2-17/31 16.10% 45.20% 60 76
    横山典弘 1- 2- 3-10/16 6.30% 37.50% 38 107
    田辺裕信 5- 4- 1-21/31 16.10% 32.30% 102 60
    蛯名正義 3- 0- 4-17/24 12.50% 29.20% 77 124
    柴田大知 1- 2- 6-26/35 2.90% 25.70% 28 73
    吉田隼人 1- 0- 3-12/16 6.30% 25.00% 12 87
    三浦皇成 0- 1- 1-16/18 0.00% 11.10% 0 21
    江田照男 0- 0- 1-15/16 0.00% 6.30% 0 14



    勝馬伝説の無料情報が熱い・・・
    無料情報だけで万馬券GETwwwww
    kachium
















    アメリカJCC|2018年|注目馬ニュースまとめ「ゴールドアクター」

    chumokuuma












    【ヤフーニュースより引用】

    【AJCC】ゴールドアクター、ユタカマジックで復活だ

     初春の中山開催のラストを飾るのは「第59回AJCC」(21日、GII、芝2200メートル)。注目は半年のブランク明けとなるゴールドアクターだ。かつてのGP有馬記念馬が、威勢のいい4歳馬たちに威厳を示せるか。

     “千両役者”が帰ってくる。ゴールドアクターは昨年の宝塚記念で3/4馬身差2着と好走し、秋のGIシリーズでも主役級の活躍が期待された。しかし疲れがなかなか抜け切らず、産経賞オールカマー、ジャパンCと予定していたレースを次々と回避。結果的に下半期を棒に振ってしまった。

     「なかなか状態が上がらなくて無理をしなかった。今年は頑張ってもらわないと」と、中川調教師は再出発を誓う。

     11日の1週前追いはWコースで一杯に追われて6F81秒7をマーク。併せた古馬1000万下に2馬身突き放されたが、「しっかり追えたのはよかった。物足りなかった息づかいも、これで変わってくるはず」と上昇を見込んでいる。

     前2戦で手綱を取った横山典騎手に先約があったため、新しい鞍上には武豊騎手を迎える。「オーナーが知り合いで『いつか乗ってほしい』と頼んでいた。(先行する)脚質も合いそう」と、キタサンブラックをスーパースターへと導いたユタカマジックに期待感たっぷりだ。

     AJCCのあとは大阪杯(4月1日、阪神、GI、芝2000メートル)へ直行する予定。「先のこともあるから。休みが長かったけど、いい競馬ができると思う」。ミッキースワローなど伸び盛りの4歳馬の挑戦を退け、再びGI戦線のフロントランナーへと躍り出るか。(夕刊フジ)

    【AJCC】ゴールドアクター 7か月ぶりの実戦も「基本的に休み明けは得意のクチ」

     【アメリカJCC(日曜=21日、中山芝外2200メートル)注目馬最新情報:美浦】2着だった昨年の宝塚記念以来となるゴールドアクターの1週前追い切りは南ウッド6ハロン81・6―37・5―13・2秒。重い馬場を考えれば速い時計だが、重めが残る動きで先行馬に直線は突き放されて0・8秒遅れ。これでどこまで変わるか。

     二藤部助手「昨夏の函館で左トモを痛めた後は体がかなり緩んで復帰にてこずりました。ただ、ここにきてだいぶシャキッとしてきたし、直前のひと追いであらかた仕上がるはず。何よりレースでは必要以上にスイッチが入ってしまう気性。基本的に休み明けは得意のクチですから」

    ゴールドアクター順調、昨秋より状態いい/AJCC

     今週の日曜中山メインはAJCC(G2、芝2200メートル、21日)が行われる。

     宝塚記念(2着)以来7カ月ぶりの実戦になるゴールドアクター(牡7、中川)は、美浦坂路をゆったりと2本駆け上がった。オールカマーから始動を予定していた昨秋は1度入厩したが、体調が整わず放牧に出た。中川師は「去年の秋に入厩して(放牧に)出した時より、今の方が状態がいい。体も500キロを切るぐらいで太い感じはしない」と、順調な調整に手応えを感じていた。





    ゴールドアクターは武豊でどうなるかなって感じですかね。





    「PR」 実際に使ってみて驚いた。無料予想で愛知杯馬連万馬券とか
    誰でも無料会員になって予想をゲットしましょうw
    競馬ジャパンの無料予想が半端なく凄いw
    keibaj














    競馬ジャパンへ行く


    東海S|2018年|注目馬ニュースまとめ「テイエムジンソク」

    chumokuuma












    【ヤフーニュースより引用】

    【東海S】テイエムジンソク、勝って堂々とGIへ

     主役を演じるのはテイエムジンソク(栗東・木原一良厩舎、牡6歳)だ。
    GI初挑戦で1番人気に支持された前走のチャンピオンズCは、3着コパノリッキーを競り落としたところで、勝ったゴールドドリームの強襲に屈しての2着。一旦は先頭に立ってのクビ差で、負けてなお強しを印象づけた。
     昨年5月以降は、みやこSでの重賞初Vを含む【4・2・0・0】とパーフェクト連対で、完全に本格化。ここで重賞2勝目を挙げ、堂々とフェブラリーSに向かう。

    【東海S】テイエムジンソク「自分が親分みたいな感じで振る舞うようになってきた」

     【東海S(日曜=21日、中京ダート1800メートル=1着馬に2・18フェブラリーS優先出走権)注目馬16日朝の表情:栗東】

     不動の主役テイエムジンソクは坂路で軽めのキャンター。短期放牧を挟んだが、行きたがるようなしぐさも見せず、2着だったチャンピオンズC時と変わらぬ好気配だ。 
     木原調教師「いい具合で乗れていた。気持ちを前面に出す馬なので、放牧はいいリフレッシュになったと思うよ。ここにきて馬に力がついてきたからか、自分が親分みたいな感じで振る舞うようになってきたね」

    【東海S 古川吉洋騎手に聞く】テイエムジンソク、勝負の一年「結果欲しい」

     ◆第35回東海S・G2(1月21日、中京競馬場・ダ1800メートル)

     フェブラリーS・G1(2月18日、東京)の優先出走権がかかる東海S(21日、中京)には、昨年のチャンピオンズC2着のテイエムジンソクが参戦。念願のG1タイトルに向けて弾みをつける。

     悲願の頂へ―。古川とテイエムジンソクの新たな戦いが幕を開ける。騎手として23度目の春を迎えた主戦に気負いはない。

     「まわりの見方が変わるだけで、やることは変わらないですから」

     
     初騎乗の昨年5月は条件馬の身分だったが、そこから重賞勝ちを含む6戦4勝、2着2回。昨年暮れのチャンピオンズCは、G1初挑戦にもかかわらず1番人気に支持された。ゴール前でゴールドドリームに首差かわされたが、昨年末に引退したG1・11勝馬コパノリッキーの逃げを2番手から正攻法でねじ伏せた2着。一線級相手でも通用する力を示した。

     「G1で足りることは、十分に分かりました。力を確認できたので、それを出し切ることだけを考えればいいと思っています」

     敗戦直後は「勝ったと思ったんですけどねえ」と悔しさをあらわにしたが、すでに気持ちは切り替えている。G1タイトルが夢でなく現実のレベルにある自信が、自然体を貫かせる。

     
     11日には栗東・CWコースの1週前追いに騎乗して、感触を確かめた。6ハロン80秒1で、ラスト1ハロンを13秒7。背中から伝わってくる気配に静かにうなずいた。

     
     「少し(間隔が)空いたぶん、リフレッシュできたんじゃないですかね。でも、特に変わりはないですよ」

     
     挑戦者の立場から一転、主役の一角として臨む勝負の年。結果がすべて、と分かっている。景気のいい言葉をあえてのみ込むが、ひと言だけこぼした。

     「もちろん形として、結果は欲しいですけどね」

     
     今まで通り目の前の勝負に集中して、一つずつ勝利を重ねるだけ。その先にG1制覇がある。





    テイエムジンソクは前走、G1でも通用したからね。東海Sを勝利してフェブラリーSへって流れかな
    ここで大きなミスがなければフルキチも乗れるだろうしね。






    「PR」 実際に使ってみて驚いた。無料予想で愛知杯馬連万馬券とか
    誰でも無料会員になって予想をゲットしましょうw
    競馬ジャパンの無料予想が半端なく凄いw
    keibaj














    競馬ジャパンへ行く


    日経新春杯予想|2018年|予想・データ

    keibayo

















    競馬情報が毎日熱いwww
    無料情報毎日更新・・・
    誰でも無料・フリーメールで予想をゲットしましょう

    jyonetu2













    ヤフーニュースより
    【日経新春杯】ミルコでGII獲りパフォーマ

     ようやく軌道に乗ってきたパフォーマプロミスが、OP初挑戦でGII奪取だ。

     6歳ながらキャリアは11戦。3~4歳時は2戦ずつだったがデビュー3連勝を果たし、5歳の昨年は7戦して、準OPに上がってからは(2)(2)(3)(1)着だ。「弱い面があり大事に使ってきたけど、馬がしっかりしてきたね。前走はいいところでためが利き、センスのいい勝ちっぷり。初の中山で勝てたように精神的にも強くなっている」と田代助手。

     上がり馬の鞍上にはミルコ。陣営の気合の入りようが分かるというものだが、そのミルコも「いいフットワークをしているし、切れ味がすごいね」と手応えをつかんでいる。ハンデは「楽しみ」(田代助手)な54キロ。古馬中長距離路線にニューヒーローが出現する。

     “究極の3連単”はパフォーマを1着に固定。GIを除けばオール掲示板内のミッキーロケットを2・3着に置いた10点で勝負だ。


    日経新春杯-種牡馬データ

    種牡馬 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
    キングカメハメハ 6- 5- 4-30/45 13.30% 33.30% 51 60
    ステイゴールド 4- 3- 4-22/33 12.10% 33.30% 220 116
    ディープインパクト 6- 3- 5-37/51 11.80% 27.50% 36 50
    ダイワメジャー 1- 0- 0- 3/ 4 25.00% 25.00% 297 87
    ハービンジャー 1- 3- 1-19/24 4.20% 20.80% 34 56
    アグネスタキオン 0- 0- 0- 6/ 6 0.00% 0.00% 0 0
    アドマイヤジャパン 0- 0- 0- 3/ 3 0.00% 0.00% 0 0



    日経新春杯
    -騎手データ


    騎手 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
    ルメール 6- 2- 2- 6/16 37.50% 62.50% 86 85
    川田将雅 4- 2- 6- 9/21 19.00% 57.10% 77 83
    M.デム 4- 1- 2- 7/14 28.60% 50.00% 52 58
    福永祐一 2- 2- 0-12/16 12.50% 25.00% 18 45
    酒井学 2- 2- 0-14/18 11.10% 22.20% 102 73
    和田竜二 2- 1- 1-19/23 8.70% 17.40% 23 41
    幸英明 1- 3- 2-21/27 3.70% 22.20% 24 39
    四位洋文 1- 2- 1-10/14 7.10% 28.60% 30 126
    小牧太 1- 1- 2-17/21 4.80% 19.00% 40 39
    太宰啓介 0- 0- 1-10/11 0.00% 9.10% 0 0
    荻野琢真 0- 0- 0- 2/ 2 0.00% 0.00% 0 0
    横山典弘 0- 0- 0- 1/ 1 0.00% 0.00% 0 0


    勝馬伝説の無料情報が熱い・・・
    無料情報だけで万馬券GETwwwww
    kachium
















    このページのトップヘ