競馬ニュース・競馬データまとめサイト

競馬のニュースや競馬のデータをユーザー視点でまとめています。競馬の予想の参考になるサイトづくりを目指しています。

    スプリンターズS予想|2018年|馬体診断まとめ(デイリー)

    ヤフーニュースの馬体診断をまとめています!!

    batai















    【競馬情報はここから無料ゲット】
    無料情報で万馬券-勝馬伝説、いつも感謝していますよw
    kachium















    ヤフーニュースより

    【スプリンターズS馬体診断】アレスバローズ

     【アレスバローズ 評価A】


     CBC賞~北九州記念と重賞を連勝してサマースプリントチャンピオンを獲得。6歳にして本格化してきた。首が太く、胴の短い体形はいかにも短距離向き。2歳上の全兄サンライズタイセイは中距離で活躍したが、体つきは全く似ていない。


     以前に比べると肩の筋肉が分かれてはっきりと見え、トモも丸みを帯びていることが近走の充実ぶりの源だろう。昨年11月から3カ月以上の休養は取っていないが、間隔をあけながら大事に使われている。そのため常にリフレッシュした状態で馬体も若々しい。ビロードのような毛ヅヤも申し分なく、好調をキープしている。


    (馬サブロー栗東・竹原伸介)


     〈1週前追い切り診断〉栗東坂路で4F52秒6-38秒1-12秒1(一杯)。全身を大きく使って豪快に駆け上がった。追われてからも伸びは鋭く、好調を堅持している。


    スプリンターズS馬体診断】ファインニードル

    【ファインニードル 評価A】


     高松宮記念(1着)当時と比べると頭が高くなり、首差しが太くなった。5歳の秋を迎えてスプリンターとして完成した感がある。


     4カ月半ぶりで海外遠征帰りだった前走は、無駄肉はなく九分以上の仕上がりだった。そのため今回は馬体的に大きく変わった点はない。


     それでも毛ヅヤが抜群に良化した点は、体調がかなりいい証拠だろう。前腕や下腿(かたい)に血管が浮き出ているように、皮膚の薄さも特筆もの。休み明けを叩かれて状態はさらに上向いている印象だ。


    (馬サブロー栗東・竹原伸介)


     〈1週前追い切り診断〉川田を背に栗東坂路で4F54秒8-39秒3-12秒5(馬なり)。気合を前面に出した走りは迫力十分。ラスト1Fの伸び脚も上々で、出来はさらに上向いている。


    スプリンターズS馬体診断】レッツゴードンキ

    【レッツゴードンキ 評価A】


     ヴィクリアマイル(6着)当時は肩の筋肉が物足りないと感じていたが、今回は質感が増した。腿(たい)も盛り上がり、まるで牡馬のようながっしりとした体つき。首差しも太くなり、まさしく典型的なスプリンターの体形と言える。


     3カ月半ぶりの前走ではいまひとつだった毛ヅヤが、今回は格段に良化。体調が確実にアップしてきたのは何よりだろう。いつも皮膚を厚ぼったく見せている馬が、今回は多少薄く見える。最近では一番の状態だ。


    (馬サブロー栗東・竹原伸介)


     〈1週前追い切り診断〉岩田を背に栗東CWで7F91秒9-38秒6-13秒5(強め)。意欲的に長めから追われたことと、降雨による馬場の悪化でラストの伸び脚は鈍ったが、動きは上々。休み明けを叩かれて気配は上向いている。

    【スプリンターズ馬体診断】セイウンコウセイ

     【セイウンコウセイ 評価A】


     苦手な暑さを避けるため、今回はギリギリまで北海道で過ごしていた。ただ、パッと見ても分かるくらいのメリハリの利いたシルエットから、緩めた印象は一切ない。


     分厚い胸前とたくましい首差しは健在で、腹回りも無駄肉がそぎ落とされている。皮膚の光沢も素晴らしく、体調の良さがヒシヒシと伝わってくる立ち姿だ。昨年も良かったが、当時以上と判断した。


    (馬サブロー美浦・佐野裕樹)


     〈1週前追い切り診断〉美浦Wで4F52秒2-39秒8-13秒4(一杯)。馬場の大外をぶん回して、しっかり負荷をかけた。ビシビシと追われながらも重心のブレはなく、最後まで勢いのある伸び脚。馬体も締まっており、順調な仕上がりを見せている。


    【スプリンターズ馬体診断】レッドファルクス

    【レッドファルクス 評価C】


     スプリンターとしてはゆったりとした馬体のつくり。バランス的にトモは小ぶりに映るが、これはいつものこと。爆発力の源がギュッと凝縮されている印象だ。


     個人的な感想を書かせてもらえば、今回はあまり良く見せていない。特に、好調時は巻き上がるくらいの腹部のラインが背中と平行に流れており、珍しく『重さ』を感じさせている。7歳という年齢的なものもあるのか、仕上げが難しくなっている。


    (馬サブロー美浦・佐野裕樹)


     〈1週前追い切り診断〉蓑島を背に美浦Wで6F83秒0-38秒8-13秒4(一杯)。馬なりの相手に遅れたように見栄えは悪かったが、大きく追走して外を回したものだけに酌量の余地はある。直線はともかく、長めからビシッと追った意欲を強調したい。ジョッキー騎乗でゲート練習を行うなど、入念に仕上げている。



    うまとみらいと…

    競馬ファンならぜひ欲しい情報がゲットできますよね。
    だから・・・無料会員がここまで美味しいとはwwww

    umatomi

    スプリンターズS・2018年予想・1番人気-ファインニードル徹底分析


    saikyou















    毎週200名が競馬でプラス収支を達成  
    有料情報と遜色ない予想が「無料」で見られる最新競馬サイト   
    【うまとみらいと】
    ↓無料情報の質と量に驚くでしょう↓
    https://miraito.collabo-n.com/



    スプリンターズS予想1番人気・ファインニードル

    fain



















    父-アドマイヤムーン
    母-ニードルクラフト
    母父-Mark of Esteem


    オーナー ゴルトフィン
    生産者- ダーレー・ジャパン・ファーム
    調教師- 高橋義忠調教師
    騎手- 川田将雅騎手


    中山競馬場成績
    16年 南総SH 芝1200m 3番人気11着
    17年 アクア 芝1200m 1番人気1着
    18年 スプリンターズS 6番人気12着


    父アドマイヤムーン産駒と騎手&調教師

    アドマイヤムーン産駒と川田将雅騎手
    15-12-14-53/94(16%-43%)

    重賞
    3-1-1-5/10(30%-50%)

    重賞勝利
    2018年 シルクロードS ファインニードル(4番人気1着)
    2018年 高松宮記念 ファインニードル(2番人気1着)
    2018年 セントウルS ファインニードル(1番人気1着)


    アドマイヤムーン産駒と高橋義忠調教師
    13-10-8-55/86(15%-36%)

    重賞勝利
    2018年 シルクロードS ファインニードル(4番人気1着)
    2018年 高松宮記念 ファインニードル(2番人気1着)
    2018年 セントウルS ファインニードル(1番人気1着)
    2017年 セントウルS ファインニードル(1番人気1着)


    川田将雅騎手と中山競馬場芝1200m(過去3年)
    1-0-0-4/5(20%-20%)

    重賞
    0-0-0-2/2(0%ー0%)


    高橋義忠調教師と中山競馬場芝1200m(過去3年)
    1-0-0-5/6(16%-16%)

    重賞
    0-0-0-1/1(0%ー0%)



    「コメント」
    恐らく1番人気になるだろう、ファインニードル。
    前走のパフォーマンスを見ると文句なく良いだろうね。

    中山競馬場でも一応勝利しているし
    無視できない存在。



    勝馬伝説の無料情報が熱い・・・
    無料情報だけで万馬券GETwwwww
    kachium
















    スプリンターズS予想|2017年|予想・データまとめ

    うまコラボ

    この的中はヤバ過ぎる…三連単が3回に1回的中する異次元の競馬データ
    予想家が発狂!プロ予想家を軽く超えた精度を実現する競馬指数が話題に
    わずか1分の予想で高配当を的中させる競馬指数(最高72万馬券を的中)


    300x250



    ヤフーニュースより
    スプリンターズS(G1、芝1200メートル、10月1日=中山)の前売りオッズが9月30日(午後6時現在)、JRAから発表された。

     単勝1番人気は昨年の覇者(8)レッドファルクスで3・8倍。以下(3)セイウンコウセイ6・3倍、(9)メラグラーナ6・3倍、(7)ダイアナヘイロー9・0倍と続く。馬連は10倍以下がなく、(3)(8)10・5倍が1番人気。馬単は(8)(3)15・8倍、3連複は(3)(8)(9)17・3倍、3連単は(8)(9)(3)60・3倍が、それぞれ1番人気の組み合わせ。
    スプリンターズS-種牡馬データ

    種牡馬 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
    Medaglia d'Oro 1- 0- 0- 0/ 1 100.00% 100.00% 1710 450
    Fastnet Rock 3- 0- 1- 5/ 9 33.30% 44.40% 77 92
    アドマイヤムーン 7- 9- 4-36/56 12.50% 35.70% 66 99
    キンシャサノキセキ 4- 7- 5-43/59 6.80% 27.10% 27 91
    ヨハネスブルグ 1- 2- 3-19/25 4.00% 24.00% 6 45
    アドマイヤコジーン 1- 3- 1-17/22 4.50% 22.70% 270 375
    スウェプトオーヴァーボード 4- 2- 1-24/31 12.90% 22.60% 121 55
    サクラバクシンオー 5- 5- 6-69/85 5.90% 18.80% 29 61
    メイショウボーラー 1- 1- 1-24/27 3.70% 11.10% 133 48
    キングヘイロー 2- 1- 0-27/30 6.70% 10.00% 77 34
    キングカメハメハ 2- 0- 0-19/21 9.50% 9.50% 104 25
    アルデバラン2 0- 0- 1-11/12 0.00% 8.30% 0 115



    スプリンターズS-騎手データ

    騎手 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
    戸崎圭太 12-11- 5-49/77 15.60% 36.40% 66 70
    横山典弘 11- 6- 5-36/58 19.00% 37.90% 79 95
    石橋脩 5- 3- 2-23/33 15.20% 30.30% 110 101
    M.デム 5- 1- 0- 7/13 38.50% 46.20% 193 92
    内田博幸 3- 6- 5-51/65 4.60% 21.50% 43 64
    三浦皇成 3- 3- 2-34/42 7.10% 19.00% 55 46
    大野拓弥 2- 4- 4-54/64 3.10% 15.60% 137 112
    勝浦正樹 2- 3- 2-30/37 5.40% 18.90% 50 117
    武豊 1- 1- 1- 6/ 9 11.10% 33.30% 64 120
    福永祐一 1- 1- 1- 4/ 7 14.30% 42.90% 37 60
    岩田康誠 0- 0- 3-17/20 0.00% 15.00% 0 75
    幸英明 0- 0- 1- 1/ 2 0.00% 50.00% 0 150
    西田雄一 0- 0- 0-19/19 0.00% 0.00% 0 0
    浜中俊 0- 0- 0- 5/ 5 0.00% 0.00% 0 0
    池添謙一 0- 0- 0- 5/ 5 0.00% 0.00% 0 0





    勝馬伝説の無料情報が熱い・・・
    無料情報だけで万馬券GETwwwww
    kachium















    スプリンターズS予想|2017年|共同会見まとめ

    うまコラボ

    この的中はヤバ過ぎる…三連単が3回に1回的中する異次元の競馬データ
    予想家が発狂!プロ予想家を軽く超えた精度を実現する競馬指数が話題に
    わずか1分の予想で高配当を的中させる競馬指数(最高72万馬券を的中)


    300x250


    『ヤフーニュースより引用』

    ビッグアーサー藤岡師「スピードの絶対値が高い」/スプリンターズS共同会見

    ■ビッグアーサーを管理する藤岡健一調教師

    ――調教は他の馬がいない時間帯に行われていますね。
    藤岡 できるだけ他の馬の影響を受けない時間帯にやっています。

    ――今朝の追い切りはいかがでしたか?
    藤岡 先週、一杯で行っているので、今週はもう少し楽に動くかなと思ったのですが、最後はちょっと時計がかかってしまいましたね。このひと追いでもっと良くなってくれると思います。

    ――この中間の調整は?
    藤岡 一頓挫あったので、その調整遅れを取り戻すべく、頑張って走らせているんですけど。先週より時計は出ましたし、今週も動きは重かったのでしっかりとやりました。できればセントウルSを使いたかったです。その予定で栗東に戻してきたので、使えずに10か月あいてしまったのは誤算でした。

    ――左前の蹄の状態はどうでしょう?
    藤岡 蹄はもう大丈夫です。2日ほど調教を落としましたが、その後は順調です。具体的に言うと、人間で言う踵の部分にちょっと圧迫があったので、装蹄を工夫しました。痛みが出なければどこが悪いというのはないですし、これについてはもう心配はないです。

    ――昨年のスプリンターズSは12着でした。
    藤岡 着順、悪かったですね。セントウルSを勝って調子が上がってきて、このままいけば次も勝てるのでは?と思っていましたが、レースのアヤで直線が詰まってあのようになってしまいました。

    ――今年は昨年とはまったく違うローテーションとなりました。
    藤岡 なかなか順調ではなかったので、調教でどれだけカバーできるか、という感じですね。

    ――この馬の魅力は?
    藤岡 スピードの絶対値が高いですね。父は短距離で活躍したサクラバクシンオー。産駒もみな、そういう傾向にあります。ビッグアーサーも短距離に特化した体なので1200のスペシャリストとして育てています。胴が詰まって筋肉質で、いかにも短距離馬という体型ですが、それを生かした走りをしてくれます。

    ――もうひとつタイトルは欲しいところですよね。
    藤岡 もちろんです。実力はみんなが認めてくれているところですし、私自身もこの馬が一番強いと思っています。いかに状態をいいところに持って行けるか、という点ですが、若干動き自体は物足りないところもあります。どれだけやれるか、この馬の地力に期待したいです。

    ――でも、ビッグアーサーは休み明けの実績は高いですよね?
    藤岡 休み明けは勝っていますから、そういう意味では心配ないんですけど。GIなので相手も厳しいですし、この馬が絶好調でいかないと勝てないと思います。

    ――短距離ならば条件を問わず成績を残していますね。
    藤岡 この馬自身は馬場コースを問いません。雨でも気にしません。状態さえうまくいったら、と思っています。

    ――福永騎手とレースに向けて何か話をしましたか?
    藤岡 話していませんし、これから話す予定もありません。乗っててよくわかっているし、実際にGIも勝っていますから。昨年の轍を踏まないようにということは彼が一番よくわかってくれていると思います。

    ――最後に抱負を。
    藤岡 ちょっと順調さを欠きましたが、その分調教もきっちりやりました。GI馬としての実力を発揮してくれると思いますので、皆様の後押しをひとつよろしくお願いいたします。
    レッツゴードンキ岩田騎手「もうワンギア、あると思う」/スプリンターズS共同会見

    ■レッツゴードンキに騎乗予定の岩田康誠騎手

    ――スプリンターズSへ向けての調教で、レッツゴードンキに騎乗されたのは春以来かと思います。いかがでしたか?
    岩田 先週、馬場で追い切らせてもらったんですけど、折り合いもスムーズで馬体も増えていい動きだったと思います。結構、上りで引っかかってしまったんですが、その分、息が出来たんじゃないかと思います。

    ――先週あたりは久しぶりという感じはしましたか?
    岩田 そうですね。春と違ってまだちょっと馬体的にも筋肉がもうちょっとだと思っていたんですが、今朝乗ったらだいぶ膨らんだ感じがしたので安心しました。

    ――今朝の調教についても教えてください。
    岩田 今朝は乗りたかったので先生と相談して乗りました。落ち着きもありましたし、スムーズな追い切りが出来たと思います。

    ――桜花賞の後、スプリント路線で。
    岩田 後ろからいったりいろんな競馬をしているんですが、もうワンギアあるかな、と思うので、なんとかそれを出してレースしたいですね。スムーズなレースが出来たらいい脚使えると思います。気性が勝っている馬なので上がり勝負の競馬になると思います。

    ――春の高松宮記念では凄い追い込みを見せましたね。
    岩田 あの馬場で33秒台の脚が使えました。あの脚を考えたら、中山も合っていると思います。頑張ります。

    ――昨年の中山のスプリンターズSでも、勝ち馬との着差はあまりありませんでしたね。
    岩田 昨年は馬群の中に入ってしまったので、まだ脚は残っていたと思います。

    ――古馬GIのタイトルは悲願では?
    岩田 はい、それだけの能力のある馬なので、頑張りたいと思います。

    ――2着が多いのは悔しいですね。
    岩田 頑張っているんですがね。運もそうですし、うまいことはまれば勝てる力はあると思います。

    ――最後にひとこと。
    岩田 ベストを尽くして頑張ります。応援よろしくお願いします。

    ■レッツゴードンキを管理する梅田智之調教師

    ――この中間の調整は?
    梅田 高松宮記念とヴィクトリアマイルのダメージが思ったよりきつかったので、夏場はダメージを取ることに専念していました。高松宮記念は馬場が悪くてもしっかり走ってくれました。今から思えば、高松宮記念からダメージを引きずっていたのでは?と思います。

    ――帰厩後はいかがでしたか?
    梅田 夏場は札幌競馬場で調整していました。札幌の時点では間に合うかな?と半信半疑でしたが、そこから良くなってきました。トレセンに入ると自分で体をつくってきますから。あとは良化のスピードとの戦いでした。

    ――先週、CWでかなり強めに追い切られました。
    梅田 スイッチを入れる意味もあったし、その時点では体もだいぶ余裕があって緩かったんです。荒療治でしたが、そこでダメージをくらうか上昇するか、未知の部分もありましたが、結果的に上手に体がついてきてくれました。よかったと思います。

    ――今朝は坂路での追い切りでした。
    梅田 普段、一週前はジョッキーに乗ってもらってビッシリやって、当該週は必ずしもジョッキーを乗せないのですが、夏場からの調整過程を考えて岩田ジョッキーに依頼しました。坂路で追い切ったのは、輸送もあるのでその点を考慮しました。前半は控えめで終いはあれくらい動く馬なんですが、昔に比べてジョッキーとコミュニケーションが取れるようになりましたね。昔は下ろしがけからガムシャラに突っ走っていましたが、今はスムーズに折り合いながらいけますから。レースもそんなイメージで乗ってくれたらと思います。

    ――古馬になって精神面も問題ないと?
    梅田 5歳牝馬、そのあたりは若い子と違って大丈夫です。

    ――桜花賞を勝った後、成績が伸びあぐんだ時期もありましたね
    梅田 桜花賞を勝ったことで、そのあとのクラシックで自分のあまり得意ではない距離を走ったことで結果が出ず、チグハグな成績になってしまいました。それを引きずってしまってスランプの時期もありました。でも、自分の得意なところに絞ってからは成績も安定してきました。

    ――短いところでは、どの距離が一番合いますか?
    梅田 僕は一番合っているのは1400だと思いますが、折り合いがつけば1600でも大丈夫だと思っています。桜花賞を勝った当時と比べても体つきがスプリンターらしく立派になってきました。

    ――馬体重もデビュー当時から比べるとかなり増えていますね?
    梅田 はい。450キロでデビューした馬が、桜花賞では464キロ、最近は500キロを超えています。今朝測ったところ、510キロありました。前走より10キロくらい増えて出れると思います。この中間も乗り込んだ後もしっかり食べているので、いいことだと思います。

    ――現時点で不安材料は?
    梅田 輸送も何度かしていますし、ジョッキーも乗り慣れています。あとはレースでスムーズに走ってくれたらと思います。

    ――最後に抱負を。
    梅田 桜花賞の後はまだ大きなタイトルを獲っていませんが、厩舎一丸となって頑張っています。このあたりで、なんとか桜花賞馬の名に恥じない活躍をしてくれると期待しています。

    メラグラーナ池添学師「中山は3戦3勝。合っていますね」/スプリンターズS共同会見

    ■メラグラーナを管理する池添学調教師

    ――前哨戦のセントウルSはどう受け止めていらっしゃいますか?
    池添 その前2走が惨敗だったので、原因はメンタル面なのか馬場の影響なのか、自分の中でわかりあぐねていたのですが。セントウルSでいい走りをしてくれたので、その前2走の惨敗は馬場の影響があったのかな、と思いました。あの二走は直前に雨も降りました。キックバックをくらうとよくないという精神的に脆い面もあるので、それが影響したのではないかと思います。

    ――セントウルSは勝ち馬からはコンマ2秒差、2着とは僅差でした。
    池添 終いしっかり脚を使いましたし、ちょっと直線で進路を迷った部分もあり2着には届きませんでしたが、これを使ってもっと良くなるなという手ごたえを感じました。恥ずかしい競馬をしていないので良かったな、と思いました。状態は決して完璧という感じではなく叩いてよくなるという手ごたえも感じており、さらに楽しみが増えました。

    ――先週はCWでの追い切りでした。
    池添 前走はコーナーで内に刺さるところがあったので、そのあたりの確認の意味もあって3頭併せでやりました。元気いっぱいだったので単走での追い切りも考えたのですが、併せ馬で気合をつける程度にやりました。時計は終いだけ出しましたが、動きは申し分なかったです。

    ――それを受けて、今朝は坂路での調教でした。
    池添 オーバーワークに気をつけて、いつものパターンでいきました。弾むようなキャンターをしていましたし、時計はやればいくらでも出ると(騎乗者は)言ってましたので、折り合いとオーバーワークに気をつけました。

    ――昨年の夏から急成長したイメージがあります。
    池添 1200を使いだしたことと、脚質を生かす競馬をするようになって、馬の成長もありメキメキと力をつけてきました。昨年のセプテンバーSを勝ったとき、乗ってくれた福永騎手が「来年スプリンターズSが楽しみだ」と言ってくれたので、ここを目標に調整してきました。

    ――スプリンターの適性は?
    池添 距離的にはマイルまでこなせると思いますが、本来はスプリンターなのかなと思います。

    ――特に中山は相性がいいですね。
    池添 そうですね、中山は3戦3勝。大トビで広いコースがいいかな、と思っていましたが。道中ブレーキをかけると立て直すのに時間がかかりますが、中山コースだと早めに進路を確保して早めに来れるので、それが合っているのではないかと思います。

    ――池添さんにとってもGIというのは大きな舞台かと思います。
    池添 そうですね。でも、僕が気負っても仕方ないので。

    ――メラグラーナは厩舎初勝利を挙げた馬、初重賞を挙げた馬でもあります。
    池添 開業前から自分自身で世話してきたので思い入れはあります。南半球産馬ということで体の成長はもちろんですが、精神面の成長もしっかりしてきました。デビュー当初は体も弱くてレース数も使えませんでしたが、カイ食いなどすべて解消されて本格化しました。今、手ごたえを感じています。

    ――避けたい条件は?
    池添 そうですね。やはり過去の敗因やレースぶりを見ても、良馬場を希望しています。あとは馬ごみでゴチャつくのだけは避けたいです。多分ペースも速くなるのでこの馬自身は後ろから行くことになるでしょうし。ジョッキーも百戦錬磨。うまくさばいてくれると思います。

    ――期待と心配、どちらが大きいですか?
    池添 どちらも大きいですね。無事にレースを終えて厩舎に戻ってきてくれればと思います。

    ――最後にひとこと。
    池添 前走を使ったことでしっかりと上積みもありますし、状態のよさは肌で感じています。当日、天気がよくて、ファンの皆さんに競馬場に足を運んで、応援していただけたら幸いです。

    ラインミーティア西田騎手「勝ち急がないような競馬を」/スプリンターズS共同会見
    サマースプリントチャンピオンに輝き、7歳にして充実期を迎えたラインミーティア(牡7・美浦・水野貴広)が、ウッドチップコースで併せ馬の追い切りを消化した。追い切り後、管理する水野調教師と、騎乗する西田雄一郎騎手が共同記者会見に臨んだ。

    ■水野調教師
    (前走セントウルS・GII・2着を振り返って)
    「思った通り、あの馬のレースができました。しっかり内で脚を溜めて、しっかりしまい脚を伸ばすという競馬ができました」

    (直線1000mを続けて使った後に、1200mにも対応できたのは収穫だったのでは?)
    「1000mで結果が出ていたのでこだわって使っていましたが、元々、1200mは持つと思っていました」

    (中2週になるが、馬の状態や調整具合は?)
    「レース後は疲れも見せず順調に来ていますので、問題ないです」

    (今日の最終追い切りは併せ馬で追い切ったが?)
    「前に馬を置いてリズムを作って、じっとしておいて、終いだけシュッと出るような、実戦をイメージした形で追い切りました。元々、稽古は動く馬ですし、良い動きだったと思います。変わりなく良い状態なので、あとはあの子の競馬をするだけです」

    (ここのところ充実しているが?)
    「あの子の1番良い部分をここ数戦は出せたという感じですね」

    (ジョッキーがそれを引き出している?)
    「西田君もこの馬のことをわかっていて、良い競馬をしてくれているので、合っていると思います」

    (この馬にとってどのような競馬が理想?)
    「しっかり脚を溜めて終い伸ばすという競馬をして、それであとは結果がどうついてくるかということですね。馬群を抜けてくるのも全然気にしないので、それが強みです」

    (希望の枠順は?)
    「あまり外枠でなければどこでもいいです」

    (相手は強くなるが?)
    「まだまだ挑戦者の立場だと思いますので、しっかりこの馬の競馬をしてくれればと思います」

    ■西田騎手(追い切りには騎乗せず)

    (GIの共同記者会見の景色はいかがですか?)
    「まずこういう経験がないので、すごいですね。GIは違いますね(笑)」

    (前走を振り返って)
    「この馬には新潟の直線1000mしか乗ったことがなかったので、1200mでどういう競馬をしてくれるか、ある意味楽しみというかドキドキ感があったのですけど、予想以上にスタートを出てくれましたし、思った以上の位置取りで競馬ができました。仕掛けが少し早くて1回進路がなくなってしまって詰まるところがあったので、そこを冷静にワンテンポ遅らせていれば、もう少し際どい競馬ができたと思います」

    (それでも内の狭いところを伸びてきたが?)
    「この馬は狭いところを割るような根性がある馬なので、外でも内でもいろいろな選択肢を持ちながら競馬ができます」

    (今年の春の新潟で初めてコンビを組んだ時の印象は?)
    「昨年から騎乗依頼は頂いていたのですが、たまたま他に騎乗馬がいて乗れませんでした。それでこの馬の1000mの適性をよく見ていましたので、自分の中ではすごく良いイメージで挑めたのですけど、春に1000万条件を勝ったレースは仕掛けを遅らされてしまって、正直自分としては全くうまく乗れていませんでした。それでいて最後の切れ味だけで全頭負かしてしまったので、切れ味はすごく良いものがあるというのはそこでわかりました」

    (その後、2戦挟んでアイビスSDで同じような末脚を繰り出しての勝利だったが?)
    「その後の2戦は落鉄したり、出遅れたりと完璧に乗れてはいなかったので、格上挑戦となったアイビスは勝ちに行くというか自分のペースを守って、あとはどれだけこの切れ味が重賞で通用するかということを考えて乗りました。状態も良かったですし、すべてがうまくいったレースでしたね」

    (7歳馬だが、西田騎手が乗った5戦の間に馬が変わってきたところは?)
    「初めから良い状態で乗せてもらっているので、別段すごく良くなったという感じはないのですけど、返し馬だけで言うと初めの頃はムキになっている部分があったのですが、アイビスの頃から馬が力を抜いてリラックスして返し馬に行ってくれているので、そういうところは成長があるのかなと思います」

    (5戦コンビを組んで、手の内に入れた?)
    「手の内に入れたかどうかわからないですけど、自分の中では相性が良いという気持ちで挑んでいます」

    (今回イメージしているレースの形や枠順は)
    「形は特にないですし、決め過ぎちゃうとそれと違ってしまった時に慌てたりしてしまうので、どの枠を引いても、展開がどうであっても、僕が左右されないように、この馬のペースを守りたいです。GIでメンバーはすごく強くなりますが、この馬の切れ味がどれくらい通用するか楽しみですし、ある意味試金石でもあると思うので、この馬の切れ味を100パーセント出せるよう、ミスなくエスコートできればなという思いでいます」

    (西田騎手にとって、2009年以来のGI騎乗になるが)
    「嬉しいですね。いつものジョッキーだけでなく、たまには違うジョッキーが出てきて、(その騎手を)応援してもらえればという気持ちでいます。あまり勝とう勝とうという意識が働きすぎてもダメですし、そのように考えないでこれまで乗ってきたのが良い結果に繋がっていると思うので、勝ち急がないような競馬を目指して、この馬と良いコンタクトを保ちながら、この馬の能力を存分に出し切りたいです」

    (最後に意気込みを)
    「あまり意気込まないことが良いと思いますので、僕もリラックスして楽しむくらいの気持ちで乗れたらなと思います」

    レッドファルクス尾関師「本当にフレッシュな感じ」/スプリンターズS共同会見
    ■昨年のスプリンターズS(GI)を制し、ディフェンディングチャンピオンの立場で臨むレッドファルクス(牡6・美浦・尾関知人)。今朝の最終追い切りは、ウッドチップコースを力強いフットワークで駆け抜けた。追い切り後、管理する尾関調教師の共同記者会見が行われた。

    (今年の春3戦を振り返って)
    「馬場状態や距離など、いろいろな条件があった中で、3着、1着、3着とよく頑張ってくれたと思います」

    (休養前の安田記念・GIはマイルでの3着と大きな収穫があったと思うが?)
    「距離ももちろんですが、上の条件に上がってから合いそうなレースを大事に使ってきた中で、高松宮記念・GI・3着、京王杯スプリングC・GII・1着と連戦した後に中2週での競馬でどうかなという部分もあったのですが、馬もしっかり回復して競馬ができたというのも大きかったと思います」

    (安田記念からここに直行という形になったが、このローテーションについては?)
    「春のレースを見ても、左回りの方が安心して競馬を見ていられたのですが、ここが目標でしたし、トライアルも関西で右回りだったので、わざわざ使うよりはというのもありました。また昨年も休み明けのこのレースで結果を出してくれたのもあったので、ここ1本で調整してきました」

    (昨年はCBC賞からの直行で、今年はその時よりは間隔を長くとっての出走となるが?)
    「春はレベルの高いレースで連戦していましたので、その疲れをしっかり取ってという意味では、若干間隔が長いくらいの方が馬にとっても良いのかなと思います」

    (春の疲れもすっかり抜けましたか?)
    「放牧先の山元トレセンでもしっかり疲れを取っていただいていますし、良い状態で入厩することができました」

    (今朝の追い切りのポイントは?)
    「前走の1600mからこのレースに臨むので、テンから少し出していくような追い切りをしたいというのがありました。また昨年は外枠を引くことができたのですけど、今回はどうなるかわかりませんし、これまで調教では大きめのターンで乗っていたのを、馬もしっかりしてきたこともあって、少し内めで併せてみました。それでもしっかり手前を替えて良い動きをしてくれましたから、今日の追い切りの中ではそれらの課題にしっかり応えてくれたと思います」

    (昨年は広いDコースで追い切っていましたが、今回ウッドチップコースで追い切ったのは、そのあたりがポイントだった?)
    「そうですね。そこも意識しましたし、先週長めでしっかりやれましたので、距離を乗って心肺機能をそこまで高める必要はないなど、総合的な判断ですね」

    (現在の馬の状態に関しては?)
    「本当にフレッシュな感じです。攻め込んでいく中で溜まってきた疲れも乗り越えて、今のところ良い状態で競馬に向かえる雰囲気です」

    (去年は右回りがどうかという中で勝ったが、右回りにはもう不安はない?)
    「右回り自体はある程度のレベルでしっかりと走ってくれますが、頭数も多いレースですし、枠なども関係してきますので、右回りは不安というか課題ではあると思いますけど、その辺も含めてジョッキーもわかってくれていると思います」

    (高松宮記念も間隔があいていたが、その時よりも今回の方が状態は良い?)
    「高松宮記念はある程度自信はあったのですが、馬場の巧拙や枠順、通るコースなどの要素があったのかなと思います。どちらも良い状態だと思います」

    (レースではこうあってほしいなど条件はある?)
    「こうあってほしいと思っていることはありますけど、ここで言っても仕方ないので、まずは馬をしっかり仕上げて最善の状態でジョッキーに引き継ぎたいです」

    (ディフェンディングチャンピオンとして臨むこのレース、最後に意気込みを)
    「本当にこういう状況で大レースに臨めるというのはすごく幸せなことですし、馬にとっても厩舎にとってもそのような立場でGIに臨むのは初めてなので、悔いのない状態で競馬に持っていって、良いレースができるようにしたいと思っています。応援のほどよろしくお願いします」

    セイウンコウセイ上原師「2週続けて良い追い切り」/スプリンターズS共同会見

     高松宮記念(GI)を制してGIホースの仲間入りを果たしたセイウンコウセイ(牡4・美浦・上原博之)が、スプリントGI春秋制覇に向けて、ウッドチップコースを軽快に駆け抜けた。追い切り後に管理する上原調教師の共同記者会見が行われた。

    (GI馬となって臨んだ前走の函館SS・GIII・4着を振り返って)
    「函館は洋芝ですし、例年だとコウセイに合っている馬場だと思って開幕週のこのレースに臨んだのですが、異例の高速馬場でこの馬には展開も馬場も不向きでした。32秒台で行っているわりには終いもそんなにタレずに走っていましたので、能力はあると思いました」

    (前走から3か月と少しあいて、このレースに直行のローテーションになったが?)
    「函館SSの後、北海道の涼しいところで休養しました。将来性のある馬ですし、暑い時期に戻したくはなかったので、スプリンターズS1本ということに決めて、美浦が涼しくなってから帰厩しました」

    (帰厩後の調整は?)
    「順調に来まして、先週、今週と本当に良い状態で調教スケジュールを組めました」

    (1週前はビシッと追ったようだが?)
    「終いビッシリ追うというのは、当初の予定だったのですが、その通りビッシリ追えました」

    (今朝の最終追い切りは、ウッドチップコースで単走だったが?)
    「先週追い切った後もさほど疲労感もなく馬も非常に元気でしたし、高松宮記念の最終追い切りは直線少し気合いつけて勝っていますので、今週も直線気合いつけていきました。馬の状態が良いものですから、2週続けて結構良い追い切りができたと思っていますし、良い状態でレースに臨めるでしょう」

    (春はコンスタントに使ってきてのGI挑戦、今回は間隔があいてのGI挑戦となるが?)
    「以前は(体質が)弱かったので、だいぶ間をあけたり、休養させながら使っていました。昨年末から今年初めにかけては、京都競馬場を主体に出走させていましたが、輸送も問題ないですし、馬がしっかりしてきました。状態の良い時に出走スケジュールを立てさせてもらって、それが良い方に向いたかなという感じもします。今回は休み明けで函館SS以来になりますけど、馬は良い状態です」

    (中山の芝コースは今回初めてとなるが?)
    「ローテーションや選んだレースで、たまたま中山の芝が初めてになりますが、右回りは何回も経験しています。通常調教はウッドチップですけど、普段から坂路でも調教していますし、パワーのある馬なので直線の坂も心配していません」

    (馬場が渋った場合は?)
    「今までのレース内容からも、道悪は苦にしないので、問題ありません。スピード決着となった前走もしっかり走っていますし、馬場は問わないと思います」

    (この馬のセールスポイントは?)
    「デビューした頃は体が出来上がっていなくて、未勝利を勝つまで時間がかかりましたけど、元々素質がありましたし、本当に利口な馬です。誰が乗っても良い結果を出してくれています」

    (今回好走するポイントは?)
    「1200、1400の距離では大崩れしていないですし、馬もだいぶ成長していますので、この馬の競馬をして良い結果を出してくれればと思います」

    (最後に意気込みを)
    「今年、春秋スプリント制覇できるのはこの馬だけになりますので、そうなるように厩舎としても期待しています」




    最近リニューアルしたみたい
    競馬はこれだから楽しい・・・毎日無料情報を見るだけで
    馬券力アップアップ(情熱競馬)の予想が熱い
    jyonetu2

    スプリンターズ予想|2017年|馬体診断まとめ(デイリー)

    無料情報で万馬券-勝馬伝説、いつも感謝していますよw
    kachium















    batai














    ヤフーニュースより

    【スプリンターズS馬体診断】ダンスディレクター
    【ダンスディレクター 評価A】

     年始のシルクロードS制覇時は冬場で絞り切れない時季で皮膚が厚ぼったく見えていたが、休み明けの前走、セントウルS3着では馬体が細く見えるぐらいの仕上がりだった。

     長期休み明けの前走で仕上がっていたこともあり、馬体のシルエットは大きく変わっていないが、皮膚がさらに薄くなり筋肉量が増えた点は大きなプラスだろう。

     太い首差しに加えて胴の詰まったトモの高い体形は、典型的なスプリンター。前は平らな爪ながら後ろは蹄底があり、ある程度の道悪には十分に対応できる。

     昨年は大外枠+スタートで後手を踏み15着に大敗したが、時計を要する最終週の中山芝コースは得意とするタイプだ。(馬サブロー栗東・竹原伸介)

     〈1週前追い切り診断〉栗東坂路で4F54秒7-40秒2-13秒0(馬なり)。ひと叩きされたことで動きに素軽さが出て、いい頃の活気が戻ってきた。
    【スプリンターズS馬体診断】セイウンコウセイ
    【セイウンコウセイ 評価A】

    腹回りに脂肪が付きやすいタイプだが、今回はいつも以上にすっきりと見せている。トモの筋肉も盛り上がり、このバランスで腰の位置が高くならないのは、実が詰まっている証拠だ。

     首差しが太く、たくましく、短距離馬らしい前傾姿勢。研ぎ澄まされていた高松宮記念制覇時に比べると、まだ顔つきが優しい感じはするが、馬体の仕上がりは申し分ない。(馬サブロー美浦・佐野裕樹)

     〈1週前追い切り診断〉美浦南Wで5F67秒0-37秒2-12秒6(仕掛け)。軽く仕掛けた程度だったが、重心がしっかりと沈んで矢のような伸び。この馬本来の切れがようやく出てきた。体に若干の緩さは残すが、当週の1本できっちりと絞れるはず。
    【スプリンターズS馬体診断】ダイアナヘイロー
    【ダイアナヘイロー 評価A】

      5月の復帰戦2着後に、4連勝で北九州記念を制覇した今年の夏の最大の上がり馬。休養前の馬体は、全体的に筋肉がつききっておらず線が細かった。

     それが一戦ごとにたくましさが増して、体重も増えてきた。馬体が充実してきた証拠だろう。牝馬のため牡馬に比べると首差しは細いが、首の短いところを見れば短距離がベストの条件に思える。

     中3週だった前走時よりも馬体に張りがあり、毛ヅヤも良化している。トモがボリュームアップしたことで急坂の中山コースには対応可能だが、前走で小倉に滞在したように長距離輸送が唯一の不安点。当日の気配には一層に注意を払いたい。(馬サブロー栗東・竹原伸介)

     〈1週前追い切り診断〉栗東坂路で4F52秒8-38秒3-12秒7(馬なり)。テンからスムーズに折り合い、ラストはスパッと切れた。状態の良さは歴然としている。
    【スプリンターズS馬体診断】ファインニードル
    【ファインニードル 評価B】

     デビュー以来馬体重は460キロ~470キロに安定しているが、3歳時に比べると馬体に厚みが増して成長している。本格化して完成するのはもう少し先になりそうだが、太い首差しや胴の短さからスプリンターとしての資質は十分感じられる。

     父アドマイヤムーンの産駒は胴の部分に皮膚の厚さを感じる馬は多いが、この馬も例に漏れない。前肢や後肢に血管が浮き出ているのを見れば、仕上がり状態に問題のないことが分かるだろう。

     前走のセントルS制覇時に比べると若干トモの丸みや毛ヅヤに物足りなさを感じて評価を少し下げたが、当日に戻っていればここでも有力候補。パドックでは良く見せるタイプだが、踏み込みの深さが好不調を分けるポイントだ。(馬サブロー栗東・竹原伸介)

     〈1週前追い切り診断〉栗東坂路で4F54秒2-39秒5-13秒0(馬なり)。素軽さ十分のフットワークでスイスイと登坂。ゴール前も数字以上の伸びを見せてフィニッシュした。好調。
    【スプリンターズS馬体診断】ビッグアーサー
    【ビッグアーサー 評価C】

     父のサクラバクシンオーを、ひと回り大きくしたような雄大な馬格。太い首差し+寸詰まりのスプリンター体形は、迫力満点の体つきをしている。

     ただ今回は約10カ月ぶりの長欠明け。さらには8月末に脚を痛めてセントウルSを回避し、追い切りを1本とばしたことが最大のネック。5カ月半ぶりだった昨年のセントウルS制覇時は馬体に余裕はあるものの、皮膚が薄く筋肉がはっきりと見てとれた。

     今回は馬体が緩く、トモの筋肉の盛り上がりに欠けている。毛ヅヤも当時に比べると物足りない感じで、八分程度の状態と判断したい。

     勝ち気な気性で休み明けでも結果を残してきたタイプが、レースまでにどこまで回復できるかが鍵になりそう。(馬サブロー栗東・竹原伸介)

     〈1週前追い切り診断〉栗東坂路で4F51秒8-37秒3-13秒8(一杯)。ラストは要したが、全体時計は上々。閉門間際の時間帯を考慮すればいい内容と言える。仕上がりは上々だ。
    【スプリンターズS馬体診断】レッドファルクス
    【レッドファルクス 評価C】

     胴が長めで、お尻が小ぶり。短距離馬とは思えないほどの軽いシルエット。その中でも前駆が勝るバランスは、産駒の特徴でもある。

     1週前追い切りを追えたばかりで、まだ張り、ツヤともにひと息。この後に変わってくるのだろうが、現時点では安田記念3着時の方が上と判断したい。(馬サブロー美浦・佐野裕樹)

     〈1週前追い切り診断〉蓑島を背に美浦南Wで6F81秒0-37秒2-12秒6(一杯)。長めからビシッと追う意欲的な内容だったが、ブレることなく一直線の伸び脚。馬体の緩みもなく、ここ目標に万全の仕上げ。


    うまコラボ

    この的中はヤバ過ぎる…三連単が3回に1回的中する異次元の競馬データ
    予想家が発狂!プロ予想家を軽く超えた精度を実現する競馬指数が話題に
    わずか1分の予想で高配当を的中させる競馬指数(最高72万馬券を的中)


    300x250




    このページのトップヘ