競馬最強2chまとめぽいサイト

競馬の2chまとめです…!!いろいろな競馬サイトがありますが、これでもまとめているサイトはないと思います!!…2chまとめぽいサイトです。

    カテゴリ:競馬重賞(G1) > 菊花賞

    菊花賞予想|2016年|予想・データ
    ディーマジェスティ、金曜輸送で万全

     ディーマジェスティは金曜輸送で午後0時23分に京都競馬場に到着した。木曜発表の調教後馬体重は前走時から12キロ増の488キロだが、初の関西遠征を控えての数字。

     二ノ宮師は「追い切り後も変わらず順調。体重もちょうどいいくらいじゃないか」と話した。土曜朝は馬場で運動する予定。2冠に向けて万全を期す。



    1) 菊花賞・種牡馬データ

    種牡馬 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
    マンハッタンカフェ 1- 0- 1- 1/ 3 33.30% 66.70% 566 210
    ゼンノロブロイ 1- 0- 2- 2/ 5 20.00% 60.00% 142 118
    ネオユニヴァース 1- 1- 0- 3/ 5 20.00% 40.00% 58 82
    ディープインパクト 0- 2- 1- 8/11 0.00% 27.30% 0 65
    キングカメハメハ 0- 1- 0- 6/ 7 0.00% 14.30% 0 21
    ステイゴールド 0- 0- 0- 5/ 5 0.00% 0.00% 0 0
    ハーツクライ 0- 0- 0- 4/ 4 0.00% 0.00% 0 0
    ハービンジャー 0- 0- 0- 3/ 3 0.00% 0.00% 0 0

    2) 菊花賞・騎手データ

    騎手 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
    武豊 2- 0- 0- 4/ 6 33.30% 33.30% 166 63
    岩田康誠 1- 3- 0- 2/ 6 16.70% 66.70% 48 148
    福永祐一 1- 1- 0- 3/ 5 20.00% 40.00% 32 56
    北村宏司 1- 0- 0- 1/ 2 50.00% 50.00% 670 185
    蛯名正義 0- 1- 0- 2/ 3 0.00% 33.30% 0 90
    浜中俊 0- 0- 1- 4/ 5 0.00% 20.00% 0 52
    ルメール 0- 0- 1- 0/ 1 0.00% 100.00% 0 160
    川田将雅 0- 0- 0- 4/ 4 0.00% 0.00% 0 0
    松山弘平 0- 0- 0- 2/ 2 0.00% 0.00% 0 0
    和田竜二 0- 0- 0- 4/ 4 0.00% 0.00% 0 0
    幸英明 0- 0- 0- 4/ 4 0.00% 0.00% 0 0
    池添謙一 0- 0- 0- 2/ 2 0.00% 0.00% 0 0
    M.デム 0- 0- 0- 1/ 1 0.00% 0.00% 0 0
    田辺裕信 0- 0- 0- 1/ 1 0.00% 0.00% 0 0


    本命
    カフジプリンス


    菊花賞の予想はパンパない無料予想
    すごい競馬
    無料予想が激アツ
    kikusugo











    菊花賞予想|2016年|共同会見まとめ

    競馬ファンならここの予想を見逃すな-すごい競馬の予想が熱い
    今なら限定無料会員募集中


    エアスピネル笹田師「得意の馬場で巻き返したい」/菊花賞共同会見

    ■エアスピネルを管理する笹田和秀調教師

    ――今朝の坂路での追い切りはいかがでしたか?
    笹田 武豊騎手が乗ってくれるので、終い重点でさっとやってほしいと指示しました。今日は少し時計のかかる馬場でしたが、にもかからわらず速い時計で走っていますし、重心の下がったいいフォームで走っているのではないかな、と思いました。

    ――前走からの上積みは?
    笹田 ジョッキーが上がってきたときに状態を聞きましたが、前走時の追い切りよりもずいぶん馬が良くなっているというコメントをいただきました。良くなっていると思います。

    ――前走の神戸新聞杯を振り返ってください。
    笹田 ひと夏越して成長して落ち着きました。競馬もずいぶん折り合いがついてスムーズだったので、菊花賞に向けていい予行演習ができたんじゃないかな、と思います。

    ――精神的な部分での成長も大きく出たかな、と?
    笹田 そうですね。

    ――今回、京都の3000mが舞台です。
    笹田 デイリー杯を勝っているように相性はいいと思います。距離については、それを克服するように、と春は皐月賞やダービーを経験していますし。前走も2400mを経験していますし。十分に対応はできると思います。

    ――最後に意気込みを。
    笹田 ずっと善戦してきている馬なので能力はあるというのは証明してくれていますから。京都のいい馬場で、得意な馬場で巻き返したいと思っています。

    (取材・写真:花岡貴子)


    ミッキーロケット音無「春の分も雪辱してほしい」菊花賞共同会見

    ■ミッキーロケットを管理する音無秀孝調教師

    ――今朝の坂路での最終追い切りはいかがでしたか?
    音無 やればもっと時計出るんですけども、今日は前半セーブした中での追い切りだったので。それでも、最後はしっかりと伸びていますし、併せた相手も調教で走る馬なのでね、いい時計がでたな、と思っています。

    ――納得の出来ですか?
    音無 そうですね。(前走から)あいだもそれほどあいていませんし、これ以上時計を出すとオーバーワークになるのでね。ちょうどいいかな、と思いますけどね。

    ――前走の神戸新聞杯は勝ち馬に迫る競馬でした。
    音無 そうですね。道中も折り合いがついてましたし、4コーナーでちょっと前がふさがる不利もありましたしね。そんな中で最後伸びて2着なので、僕らが思っていた以上に馬のほうがよくなっているというか、力をつけてるな、と思いましたね。

    ――課題だったスタートも無事五分のスタートでした。
    音無 そこはですね、最後入れでしたでしょ?どうしてもゲートの中でゴソゴソする馬なのですが、このあいだは入ってすぐスタートだったのでゴソゴソする暇がなかったのでね。(後入れが)いいほうに出たのかな、と思います。

    ――スタートの部分での課題をクリアするための工夫は?
    音無 中間、ずっとゲート練習はしています。まぁ、それが今度は奇数が当たってもいいようにね。

    ――京都は久しぶりの実戦になりますが?
    音無 うーん、京都が云々というのはないと思うんですけど、やっぱり3000mになりますとね、前半の坂を上って下って、いわゆる2コーナーに至るその中間ですね。そこで折り合っているかどうかが一番のポイントだな、と思っています。それはミッキーロケットに限らず、他の馬もおなじ。おそらくスローになると思います。普段は引っ掛からなくても菊花賞だけ引っ掛かるということもありますからね。その辺はジョッキーも注意してほしいな、と思いますけどね。

    ――ふだんのミッキーロケットは折り合いに苦労しないのでしょうか?
    音無 苦労するどころか、ついていけない時もありますからね。だから、ゲートの問題もありますけども、北海道(注:函館、札幌での3戦)でも後ろから行って終い一辺倒の競馬ですから。ああいう競馬にならざるを得ない可能性もありますよね。神戸新聞杯のように最後伸びてくる、というのはいつものことなので、あの馬の特性を生かした乗り方を和田くんにはお願いしたいと思っていますね。

    ――今年10戦目ですが、状態は?
    音無 なかなか難しいのですが、春はなんとかクラシックに行きたいということで何回も挑戦したのですが、ことごとく跳ね返されて。皐月賞は500万の身でしたが抽選で出れましたが、やはりそこも跳ね返されました。だから、他の馬はダービーを目指している中、早めに夏休みにしました。北海道で早めの秋を迎えているのですよ。そこで私たちが思っているとおり、実力があるのがわかったので。秋は春の分も雪辱して欲しいと思っていますけれどもね。

    ――最後にひとこと
    音無 最後の一冠になりましたけれども、ずっとクラシックを目指してきた馬なので、最後の一冠を狙って欲しいと思っています。また応援してください。お願いします。

    ■ミッキーロケットに騎乗予定の和田竜二騎手

    ――前走、神戸新聞杯を振り返ってください。
    和田 まずゲートに課題のある馬なのですが、大外枠で最後入れだったので「思ったより出たな」と思いました。その後はサトノダイヤモンドが隣にいましたので「あの馬の出方を見ようかな」と思っていました。先に行きたがっていたので、その後をついて行く感じでした。後はリズム良く行けましたし、少し4コーナーでゴチャつくところがありましたが、減速するほどではありませんでした。

    ――この馬の成長度合いは?
    和田 力のある馬にあそこまで迫れましたし、馬自体が成長していると思います。私自身も一回競馬に乗って、競馬自体は使いやすいと思いました。それから、距離はもちそうな雰囲気はありました。本番に向けていい競馬ができたと思います。

    ――京都コースはいかがでしょうか?
    和田 競馬は何回も使っているみたいですし、馬も成長して切れ味が出てきていますのでね。京都の瞬発力勝負の競馬になっても、ヒケは取らないと思います。

    ――3000mについては?
    和田 みんな走ったことがないので分からない部分がたくさんあると思います。未知の魅力に賭けたいですね。

    ――折り合いについては?
    和田 そんなに難しいかんじはありません。溜めれば最後まで動ける感じもありました。この前も長い直線でも止まっている感じはなかったですし、いけるのではないでしょうか。

    ――レースに向けて特に気を付けている点は?
    和田 スタートが大事です。距離云々よりはスタートの方が神経を使うと思います。

    ――ゲートについては?
    和田 春から癖があったようです。毎週練習させてもらっています。先週もゲートの雰囲気だけ見たのですが、3回練習して、最初の時よりは少しマシかな、という雰囲気は出ています。本番はまだ分かりませんが、何とか我慢してくれればいいですね。タイミングで少し後ろに下がったり前に行ったりする馬なので、前に行った時にスターターが(ゲートを開く指示を)切ってくれたら、と思います。

    ――最後にひとこと
    和田 休み明けの前走で負かせきれなかったのが、本番に向けてはまた課題になってくると思います。長丁場なので何があるかわかりませんが、自分の馬の能力を出すことに集中したいですね。結果はあとからついてきてくれたら、と思います。当日は競馬場に足を運んでください。応援よろしくお願いします。

    (取材・写真:花岡貴子)


    サトノダイヤモンド鞍上ルメール「いちばん大切なのはリラックス」菊花賞共同会見

    ■サトノダイヤモンドに騎乗予定のクリストフ・ルメール騎手

    ――今朝の追い切りはいかがでしたか?
    ルメール とても良い感じでした。今日の追い切りは800mと短い距離でした。直線での反応がとても良かったです。追い切りの時計は結構速かった。馬の状態は完璧だと思います。ストライドがとてもスムーズで、リラックスして喜んでいました。

    ――神戸新聞杯を使ってさらに良くなっている印象はありますか?
    ルメール このあいだは休み明けでしたから馬がフレッシュでした。ちょっと引っかかったけど、最後は頑張ってくれました。今回リラックスしてくれたらもっと乗りやすいかもしれません。自信、あります。

    ――神戸新聞杯のレースを振り返ってください。
    ルメール コンディションがたぶん100%ではなかった。けれど、4コーナーから馬が走りたがって自分からハナに立っていました。ゴールまで頑張ってくれました。たぶん、菊花賞ではコンディションが100%になるはずです。

    ――京都競馬場はどうでしょうか?
    ルメール 京都競馬場では外回り(注:きさらぎ賞)、内回り(注:新馬)と勝っているから問題ないです。

    ――距離3000mはどうですか?
    ルメール 長いです。でも、みんな3000mは初めてです。この馬はスタミナがあると思います。リラックスすれば3000mもいけるでしょう。

    ――今回、どんなレースをしたいですか?
    ルメール スタートやペースによりますから、まだわからないけど、一番大切なのはリラックスです。

    ――ポジションは考えていますか?
    ルメール まだわかりません。普通に競馬をしたら6番手、7番手になりますけど、もしいいスタートを切ったら前に行くかも。その後は直線で頑張ってくれるでしょう。

    ――ライバル関係は?
    ルメール 一番のライバルはディーマジェスティです。皐月賞を勝ち、ダービー3着もいい競馬でした。この前も中山で結構簡単に勝ちました。とても良い馬、走る馬です。だから、彼は一番のライバルです。

    ――最後にひとこと。
    ルメール 今週は菊花賞です。3歳の最後のクラシックです。みなさま、サトノダイヤモンドを応援お願いします。彼はGIを勝てそう。頑張ります。

    ■サトノダイヤモンドを管理する池江泰寿調教師

    ――今朝の最終追い切りはいかがでしたか?
    池江 ラスト1ハロンで馬体を併せて行くように指示を出しました。動きは素晴らしかったですね。

    ――上積みは感じられますか?
    池江 はい。

    ――特にどのあたりが素晴らしかったですか?
    池江 ストライドがすごく大きくてね、四肢を伸ばして、なかなか見られないフォームでしたね。

    ――前走の神戸新聞杯を振り返ってください。
    池江 久々なんで少し気負っていました。急仕上げの中よく頑張ったな、と思います。

    ――差は詰められましたが、しっかりねじ伏せたという印象でしたが?
    池江 そうですね。馬なりで先頭に立って、ジョッキーも馬も“もう競馬が終わった”というところに内側から一頭出てきたのでね。そこから再加速して、というのはなかなかできないものですから。その取りつく脚に関してはさすがだな思いました。

    ――いまはリラックスして走れる状態でしょうか?
    池江 そうですね。1回レースを走ってガスが抜けたようなかんじです。

    ――菊花賞は京都競馬場で行われますが?
    池江 京都競馬場は相性のいいコースだと思いますね。

    ――坂の上り下りもありますが?
    池江 3000mは走ったことがないのでね。やってみないと分からないとは思います。

    ――3000mの距離適性は?
    池江 ベストではない、とは思いますけどね。

    ――乗り越えるいい機会、という見方もできますが?
    池江 そうですね。昔から菊花賞は3000mですから、あえて適性ではないその難しいレースに立ち向かっていきます。

    ――池江先生は常々チャレンジを掲げていらっしゃいますが、今回も?
    池江 そうですね。馬だけでなく人間も、できることだけでなく少し難しいことをチャレンジしていくということは成長につながるのではないかと信じております。

    ――今回、その“3000m”を乗り越えるにあたり、尽力されたことは?
    池江 やはり折り合いがポイントとなりますのでね、その辺をスタッフとじっくり話し合って日々の調教にとり入れています。体もかなりシェイプアップしてステイヤー体型に持っていかないと、と。

    ――その試みを本番で出せる状況にありますか?
    池江 そうですね。今のところ、思い描いているような状態で出せそうなので。とりあえず今日の追い切りを終えてホッとしています。

    ――最後の一冠に向けての意気込みを教えてください。
    池江 2歳の新馬戦の時から多くのファンの方に応援していただいています。春は無冠に終わりましたが、最後の菊花賞だけは何とか獲得して、ファンの皆さんに認めてもらえるような馬に育てていきたいと思っております。

    (取材・写真:花岡貴子)


    ディーマジェスティ二ノ宮師「平常心でやるのが一番」菊花賞共同会見

     皐月賞馬ディーマジェスティ(牡3・美浦・二ノ宮敬宇)が、蛯名正義騎手を背に菊花賞(GI・3000m)の最終追い切りを消化。それを受けて、管理する二ノ宮調教師の共同記者会見が行われた。

    (最終追い切りについて)
    「先週も蛯名騎手に追い切りに乗ってもらっていますし、十分調教は積んでいるので、今週は少し長めから無理をしないで馬なり程度で乗ってくださいとジョッキーには話をしました。時計的には先週と同じくらいでしたが、心臓の方もできていますし、長めから行って終いも馬なりでスーッとかわしたという感じでした。体も心肺機能も、十分にできたかなと思っています」

    (これまでの経緯について)
    「夏場は北海道の牧場で過ごしました。その時に、この馬はツメが小さいこともあり、何回も釘を打っていると釘を打つ部分が弱くなって、落鉄をしてしまいました。接着剤で蹄鉄を着けて、2か月弱置いておいたらツメが伸びてきましたし、それ以降はツメに関しては全く問題ありません。美浦に戻ってきてすぐに改装しましたけど、その時点ではもう釘を打てましたので、心配ありません。

     こちらに戻ってきてからは、追うごとに馬体も充実してきて、息の方もやるごとに良くなってきています。潜在能力があるので、やっていくごとに良くなっているなという感じを受けました。馬体も春先に比べれば、非常にボリュームのあるオープン馬らしい体になってきました」

    (この馬にとって3000mは?)
    「この前のレースもそんなに掛かることなく、馬なりでスーッといい位置につけられましたし、瞬間的にはカッとなりますが、十分おさえがきくと思います。初めての輸送と長距離のレースですが、十分心得ているジョッキーなので、心配はしていません」

    (二冠のかかる馬を送り出す進境は?)
    「緊張が馬にも伝わると思いますし、平常心でやるのが一番いいと思っています。強い調教をしているわけではないですし、以前のレースと全く変わらず、馬を信頼して、人間もリラックスしています。できるなら取りたいなとは思っていますけど、僕の仕事は馬をいい状態に持って行くということなので、厩務員や調教助手と話をしながら、またはジョッキーとコミュニケーションを取って、それをまとめています。力のある馬ですし、それを信頼して平常心で普通通りにやるだけです」

    (取材・写真:佐々木祥恵)

    【関連記事】


    プロディガルサン田辺「相変わらず良く感じました」菊花賞共同会見

     菊花賞(GI・芝3000m)に出走するプロディガルサン(牡3・美浦・国枝栄)の最終追い切り終了後、管理する国枝調教師と田辺裕信騎手の共同記者会見が行われた。

    ■国枝調教師

    (今朝の追い切りについて)
    「今日は田辺君に乗ってもらい、先週と同じような感じでやって、馬の雰囲気を確かめてもらいました。調教駈けする馬ですし、動きも良かったので、調子がいいのはわかるのですが、どこまでやれるかは競馬にいかないとわからないです。(ジョッキーも)手応えも良くていい雰囲気だと言っていましたので、あとは本番だと思います」

    (追い込んで3着だった前走のセントライト記念について)
    「競馬なのでいろいろありますが、馬もしっかりしてきたなというレースをしてくれました。折り合って行きましたし、騎手の要望にも応えて動けたと思います」

    (1度使った後は?)
    「特に問題になるようなところもなく、順調に来ています」

    (3000mの距離について)
    「距離は大丈夫だと思います。道中の折り合いがうまくいけば、いい形で競馬ができるでしょう」

    (セールスポイントは?)
    「利口な馬ですし、なめらかさもあるので、トータルでいいレベルだと思います」

    (クラシック最終戦に送り出す進境は?)
    「やはりクラシックなので、できたら取りたいなとは思っていますけど、まだこれからどんどん良くなる馬ですし、現時点でどこまでいけるかというのが正直なところです」

    (最後にメッセージを)
    「クラシックで頑張ってきましたので、最後の1つで良い結果が出るよう頑張りたいと思います。よろしくお願いします」


    ■田辺騎手

    (最終追い切りについて)
    「前回のセントライト記念の前も追い切りに乗せてもらって、その時も軽快な動きをしていたのですが、調教はとても動く馬なので、今日も相変わらず良く感じました」

    (1回使ってのプラスアルファは?)
    「ここを目標にしていたと思いますし、レースを叩いたことで上向いてきてくれると思います」

    (前走を振り返って)
    「ダービーと違ってポジションにこだわらず、出た感じのリズムを守ってレースを運びました。ダービーとメンバーも違いますが、終いの頑張りがあったので、負けはしましたけどいい感じで終えてくれました」

    (春先と比べて)
    「元々大型馬でゆるいところがあったので、少し締まってきたのではないかと思います」

    (京都の3000mについて)
    「この馬は折り合いが難しいところがありますので、そのあたりを重視して流れに乗っていきたいなと思います」

    (この舞台でこの馬が力を発揮できる競馬のイメージは?)
    「イメージはしていません。周りも3000mが初めてだと思いますし、流れというのは競馬に行ってみないとわからないので、ここのポジションを取りに行くなど、そのあたりは考えていません」

    (クラシックに挑む前の心境は?)
    「あまり変わらないです」

    (いつも通り平常心で?)
    「はい。それが1番いいことだと思っています」

    (ファンへのメッセージを)
    「最後の一冠ですし、菊花賞2着のリアルスティールの弟ということで、期待している部分も大きいです。頑張りますので応援よろしくお願いします」

    (取材・写真:佐々木祥恵)



    無料情報で大万馬券期待できる注目サイト
    誰でもフリーメール無料で無料情報をゲットできます
    だからGETしちゃってください、勝馬伝説
    kachium

    菊花賞馬体診断|ネット評価まとめ

    菊花賞ともども競馬はここを信頼

    サトノダイヤモンド(評価A)

     「菊花賞・G1」(23日、京都)

     出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評がある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、菊花賞に出走を予定する各馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

    【写真集】菊花賞 馬体診断…週末予想の参考に

     【サトノダイヤモンド=評価A】

     500キロ前後のディープ産駒らしい重厚感がある。皐月賞時は体が角張って皮膚が厚かったが、ダービーは幾分締まって多少丸みを帯びていた。ひと夏越して迎えた秋初戦の神戸新聞杯時は、春よりキ甲が抜けて腰角が取れ前後のバランスが良化。トモの張りを欠いていたあたりは4カ月ぶりだが、それでも前哨戦としては及第点の仕上げだ。高速馬場と化した京都の三千を意識し、余分な脂肪と筋肉を付けずにシャープなシルエットを誇示。トモのボリュームは少し物足りないが、これは1週前追い、週末、当週の3本で丸みと張りは戻る見立てだ。うっすらとあばらを見せており、前走よりさらに研ぎ澄まされてきた。究極の仕上げと言っていいかもしれない。(馬サブロー栗東・吉田順一)

     〈1週前追い切り診断〉栗東CWで6F81秒5-37秒4-11秒7(一杯)。サトノラーゼン(4歳オープン)を0秒9追走して0秒6先着。追われると瞬時に反応して、パートナーを置き去りにした。前走の反動はなく、さらなる上昇カーブを描く。

     

    シュペルミエール(評価A)

     

     「菊花賞・G1」(23日、京都)

     出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評がある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、菊花賞に出走を予定する各馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

    【写真集】菊花賞 馬体診断…週末予想の参考に

     【シュペルミエール=評価A】

     首差しは太く短いものの、長めな胴のつくりで、ゆったりとした立ち姿。栗毛ではあるが母系のクロフネの血が色濃く出た影響か、分厚い皮膚で緩く映るが体形的なもの。今回も少しボテッと見せているとはいえ、それでもデビュー当初から比較すれば着実に研ぎ澄まされてきており、体のラインがしっかりとしてきた印象だ。前走後から直接栗東入りしての調整。トモからのお尻にかけての張りが目立ち、適度な筋肉量を維持しており好調キープと判断できる。(馬サブロー美浦・石堂道生)

     〈1週前追い切り診断〉栗東坂路で4F56秒6-41秒1-12秒8(強め)。気負うことなくスイスイと登坂。脚さばきも柔らかく、動きの良さは目立っていた。好調キープ。

     
    【2016年菊花賞馬体診断|ネット評価まとめ】の続きを読む

    菊花賞予想|予想・データ|ネット評価まとめ

    競馬は馬連予想ー無料予想で万馬券をゲットせよ
    菊花賞予想が注目ーすごい競馬

    kiku-sugoi










    リアファル3.8倍で1番人気、リアルスティールが4.4倍で続く/菊花賞前日オッズ

     25日に京都競馬場で行われる、第76回菊花賞(3歳・牡牝・GI・芝3000m・1着賞金1億1200万円)の前日オッズがJRAより発表された。

     金曜日発売に続き、単勝オッズ1番人気には、前哨戦の神戸新聞杯を制したリアファル(牡3、栗東・音無秀孝厩舎・3.8倍)が支持された。

     続いての2番人気は皐月賞2着・日本ダービー4着の実績があるリアルスティール(牡3、栗東・矢作芳人厩舎・4.4倍)、3番人気は日本ダービー2着のサトノラーゼン(牡3、栗東・池江泰寿厩舎・6.1倍)となった。

     以下、古馬相手に連勝中のスティーグリッツ(牡3、栗東・友道康夫厩舎・10.4倍)、セントライト記念を勝ったキタサンブラック(牡3、栗東・清水久詞厩舎・10.5倍)、春に青葉賞で2着に入っているタンタアレグリア(牡3、美浦・国枝栄厩舎・16.0倍)と続いている。各馬の単勝オッズは以下の通り。

     左から馬番、馬名、オッズ

    17 リアファル 3.8
    11 リアルスティール 4.4
    02 サトノラーゼン 6.1
    07 スティーグリッツ 10.4
    04 キタサンブラック 10.5
    03 タンタアレグリア 16.0
    10 ブライトエンブレム 16.0
    05 ベルーフ 21.0
    15 ジュンツバサ 22.8
    08 ミュゼエイリアン 23.7
    12 ワンダーアツレッタ 23.8
    14 マッサビエル 32.1
    09 アルバートドック 33.8
    06 レッドソロモン 47.6
    13 マサハヤドリーム 81.7
    18 スピリッツミノル 120.4
    16 タガノエスプレッソ 141.5
    01 ミコラソン 145.6

     その他、馬連は11-17が8.1倍、馬単は17-11が15.1倍、3連複は02-11-17が14.3倍、3連単は17-11-02が54.1倍でそれぞれ1番人気となっている。

    ※出馬表・成績・オッズ等は主催者発表のものと照合してください。

     

    菊花賞データ


    1) 種牡馬データ

    種牡馬着別度数勝率連対率複勝率単勝複勝
    スクリーンヒーロー0- 0- 1- 0/ 10.00%0.00%100.00%0520
    ゼンノロブロイ1- 1- 0- 1/ 333.30%66.70%66.70%236203
    ネオユニヴァース1- 1- 0- 2/ 425.00%50.00%50.00%72102
    ステイゴールド1- 0- 0- 4/ 520.00%20.00%20.00%2822
    ディープインパクト0- 1- 1-13/150.00%6.70%13.30%036
    ブラックタイド0- 0- 0- 2/ 20.00%0.00%0.00%00
    ダイワメジャー0- 0- 0- 1/ 10.00%0.00%0.00%00

     

    2) 騎手データ

    騎手着別度数勝率連対率複勝率単勝複勝
    武豊2- 0- 0- 3/ 540.00%40.00%40.00%20076
    酒井学1- 1- 0- 3/ 520.00%40.00%40.00%13886
    内田博幸1- 0- 0- 1/ 250.00%50.00%50.00%7055
    岩田康誠1- 2- 0- 2/ 520.00%60.00%60.00%58120
    福永祐一1- 0- 0- 5/ 616.70%16.70%16.70%2618
    蛯名正義0- 1- 0- 1/ 20.00%50.00%50.00%0135
    浜中俊0- 0- 1- 3/ 40.00%0.00%25.00%065
    和田竜二0- 0- 0- 3/ 30.00%0.00%0.00%00
    菱田裕二0- 0- 0- 1/ 10.00%0.00%0.00%00
    横山典弘0- 0- 0- 2/ 20.00%0.00%0.00%00
    武幸四郎0- 0- 0- 3/ 30.00%0.00%0.00%00
    藤岡康太0- 0- 0- 1/ 10.00%0.00%0.00%00
    北村宏司0- 0- 0- 1/ 10.00%0.00%0.00%00
    戸崎圭太0- 0- 0- 1/ 10.00%0.00%0.00%00
    M.デム0- 0- 0- 1/ 10.00%0.00%0.00%00


    詳しい内容は2chまとめ 
    【菊花賞予想|予想・データ|ネット(2ch)評価まとめ】の続きを読む

    5
    スティールグリッツ|菊花賞2015年|ネット競馬まとめ

     今週は3冠最終戦の菊花賞(25日、芝3000メートル)が京都競馬場で行われる。重賞初挑戦ながら、連勝中のスティーグリッツは侮れない存在。昨秋の骨折で出世は遅れたが、スタミナ豊富で長距離適性は高い。菊花賞2勝の内田博騎手に導かれ、一気にGIタイトルを奪取する。

     2冠に輝いたドゥラメンテがいないクラシック最終戦。秋晴れの陽光を浴びて不気味な気配を放つ上がり馬がいる。2連勝中のスティーグリッツだ。調整役の大江助手が、背中から伝わる好感触に目を細める。

     「すごくいい。いい感じで体に張りが出てきた。筋肉量が増えて、芯もしっかりしてきた」

     皐月賞、ダービーに縁はなかったが、侮れない能力を秘めている。昨年10月に新馬戦を快勝したが、2戦目の萩Sのレース中に骨折。今年6月の復帰まで8カ月を要した。それでも、復帰3戦目で500万下を勝ち上がると、九十九里特別(1000万下)ではゴール前の叩き合いを制して連勝。立て続けに古馬を倒し、大舞台への切符を手にした。

     その前走で示した長距離適性が魅力だ。大江助手は「走りのセンスがよくて、推進力がすごい」と証言。少し力んで走る面があったため、2走前からクロス鼻革を着用。この中間からは舌をしばって操縦性を高めている。

     前回からコンビを組む内田騎手の存在も頼もしい。2008年のオウケンブルースリ、12年のゴールドシップで過去2戦2勝と抜群の相性を誇る菊花賞男だ。「長くいい脚を使うタイプ。仕掛けどころが大事ですが、前走でこの馬のことは分かってもらえたでしょう」と陣営は豪腕の手綱さばきに期待する。

     2500メートルで勝っているのは強み。04年には同じ九十九里特別を勝って弾みをつけたデルタブルースが、8番人気で菊花賞馬に輝いた。今年は伏兵スティーグリッツが、波乱の立役者となる。 (川端亮平)

     

    前走-九十九里浜特別


    2015年結果 

    1着 スティーグリッツ 内田博幸

    2着 フジマサエンペラー 江田照男

    3着 ヤマニンボワラクテ 横山典弘

     

     

    1:2015/10/20(火) 21:07:08.13 ID:
    ┏━━━━━━━━┓ ∧_∧  10/25 京都11R 芝・右外 3000m
    ┃第76回菊花賞(GI)..┃(´∀` )<3歳(国際)牡・牝(指定)オープン 馬齢 発走15:40
    ┣━┯━┯━━━━┻○━○━━━┯━┯━━━┯━━━━━┯━━━━┓
    ┃  │  │アルバートドック    .[牡3]│57│藤岡康│(西)松田博│神戸新 7┃
    ┃  │  │キタサンブラック   [牡3]│57│北村宏│(西)清水久│セントライト 1┃
    ┃  │  │サトノラーゼン    .[牡3]│57│岩  田│(西)池江寿│セントライト 7┃
    ┃  │  │ジュンツバサ     [牡3]│57│石橋脩│(東)勢司和│セントライト 3┃
    ┃  │  │スティーグリッツ   .[牡3]│57│内田博│(西)友道康│九十九 1┃
    ┃  │  │スピリッツミノル    [牡3]│57│酒  井│(西)本田優│丹頂S..14┃
    ┃  │  │タガノエスプレッソ ....[牡3]│57│菱  田│(西)五十嵐│神戸新 8┃
    ┃  │  │タンタアレグリア    .[牡3]│57│蛯  名│(東)国枝栄│セントライト 6┃
    ┃  │  │ブライトエンブレム ...[牡3]│57│田  辺│(東)小島茂..|.セントライト10┃
    ┃  │  │Bベルーフ        .[牡3]│57│浜  中│(西)池江寿│セントライト 5┃
    ┃  │  │マサハヤドリーム .....[牡3]│57│和  田│(西)今野貞│玄海特 1┃
    ┃  │  │マッサビエル       .[牡3]│57│戸  崎│(東)小笠倫│神戸新13┃
    ┃  │  │ミコラソン         .[牡3]│57│武  幸│(西)小崎憲│500万下6┃
    ┃  │  │ミュゼエイリアン    .[牡3]│57│横山典│(東)黒岩陽│セントライト 2┃
    ┃  │  │リアファル         [牡3]│57│cルメール│(西)音無秀│神戸新 1┃
    ┃  │  │リアルスティール  ...[牡3]│57│福  永│(西)矢作芳│神戸新 2┃
    ┃  │  │Bレッドソロモン  ......[牡3]│57│武  豊│(西)庄野靖│神戸新 6┃
    ┃  │  │ワンダーアツレッタ ..[牡3]│57..|M.デム-ロ|..(西)河内洋│能勢特 1┃
    ┗━┷━┷━━━━━━━━━━━┷━┷━━━┷━━━━━┷━━━━┛
    ※前スレ
    10/25(日) 第76回菊花賞(GⅠ) part3
    http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/keiba/1445235871/
    【スティールグリッツ|菊花賞2015年|ネット競馬まとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ