競馬ニュース・競馬データまとめサイト

競馬のニュースや競馬のデータをユーザー視点でまとめています。競馬の予想の参考になるサイトづくりを目指しています。

    マイルCS(マイルチャンピオンシップ)予想|2016年|有力馬馬体診断まとめ

     「マイルCS・G1」(20日、京都)

     出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評がある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、マイルCSに出走を予定する各馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

    【写真集】週末予想の参考に…マイルCS馬体診断

     【サトノアラジン 評価=A】

     スワンSから中2週のローテーション。この撮影時に1週前追い切りは行われていないが、週末と当週に追い切れば全く問題はない。既にレース前のパドックかと思わせるぐらい、体脂肪の少ないスカッとした体つき。しかしながら明らかに久々のスワンSを叩いて、前後や上下のバランスが整ってきたのは強調材料だろう。間隔のあいた時は膨らんだシルエットが多く、中2週はスカッと見せるのがこの馬のパターン。昨年のエプソムCや今年の安田記念などがそうだが、その時よりトモに丸みがあるのは明らかにプラス材料。待望のG1獲りに向けて視界は良好だ。(馬サブロー栗東・吉田順一)

     〈1週前追い切り診断〉13日に栗東坂路で4F55秒4-40秒9-12秒4(馬なり)。休み明け初戦のスワンSを使って調子は明らかに上向いている。


    ヤングマンパワー-馬体診断評価(評価A)

     「マイルCS・G1」(20日、京都)

     出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評がある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、マイルCSに出走を予定する各馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

    【写真集】週末予想の参考に…マイルCS馬体診断

     【ヤングマンパワー 評価=A】

     馬場・展開の恩恵があったとはいえ、富士Sは古豪を退けて連勝を継続。調教、パドックでもイレ込みが薄くなり、気性的な面での成長が何よりも大きい。

     距離自体は延びても良さそうな体形だが、長い手脚に反して、短めの首差しで、位置も上寄り。走法的に重心が高く、ストライドが伸び切らない影響で、ベストパフォーマンスが一定の距離に限られてしまうのだろう。背丈がある分、500キロ超えでも重苦しさはなく、お腹のラインもシャープ。適度な筋肉量を維持していることからも、順調に進められていることが伝わってくる。(馬サブロー美浦・石堂道生)

     〈1週前追い切り診断〉バルザローナを背に美浦坂路で4F51秒2-37秒4-12秒0(馬なり)。毛ヅヤはピカピカで、動きも迫力十分。目下の充実ぶりは際立っている。

     
    【マイルCS(マイルチャンピオンシップ)予想|2016年|有力馬馬体診断まとめ】の続きを読む

    5
    モーリス|マイルチャンピオンシップニュース・マイルCSニュースまとめ


    無料予想が激アツの競馬情報会社

    ハイブリッド 
    http://okanemoukeplus.com/
    元競馬関係者ならではの経験値!競馬の素人・プロの方でも満足の情報を無料でお届け。

    プライド 
    http://pride-k.com/
    元競馬関係者が毎週お届けする競馬情報。競馬元騎手の予想など無料コンテンツが満載

    ファンファーレ 
    http://ffr.tw/
    登録料0円/情報料0円で予想公開中無料でお役立ち情報をお届けします!

    高配当21
    http://ko-21.jp/
    地方競馬から中央競馬までの無料予想が激アツ

    千軍万馬 
    http://sngn.jp/
    マル秘情報で先を行け!信頼の競馬情報

    by競馬予想会社ファン
     
    モーリス久々でも【硬さ出ていない】 

     秋のマイル王を決するマイルCS(G1、芝1600メートル、22日=京都)の枠順が20日、確定した。

     16番枠に決まったモーリス(牡4、堀)は僚馬リアルインパクト同様、美浦北の角馬場で調整。追い切り翌日もテンションが上がることなく落ち着き払った脚取りを見せた。橋本助手は「追い切り後も、心配していた体の硬さは出ていません」と、久々でも走れる状態であることを強調。春秋マイル王へ視界良好。

     

    モーリス落ち着き十分

     
     モーリス(牡4、堀)は僚馬リアルインパクト同様、美浦北の角馬場で調整。追い切り翌日もテンションが上がることなく、落ち着き払った脚取りを見せた。

     橋本助手は「追い切り後も、心配していた体の硬さは出ていません」と、久々でも走れる状態であることを強調。春秋マイル王へ視界良好だ。

     

     

    【モーリス|マイルチャンピオンシップニュース・マイルCSニュースまとめ】の続きを読む

    5
    フィエロ|2015年マイルチャンピオンシップニュースまとめ


    競馬予想に役立つ無料情報サイト
    競馬スピリッツ 
    http://www.hicchu.net
    元競馬関係者が毎週お届けする競馬情報。競馬記者の予想など無料コンテンツが満載

    by競馬予想会社ファン


    フィエロ切れ味全開12秒2/マイルCS

    <マイルCS:追い切り>

     マイルCS(G1、芝1600メートル、22日=京都)の追い切りチャンピオンは昨年2着のフィエロ(牡6、藤原英)となった。栗東坂路での併走追いで一瞬にして抜け出す反応の良さ。前哨戦のスワンS(2着)より、明らかに状態は上向きだ。先週のエリザベス女王杯では、2頭しかいなかったS評価が2着(ヌーヴォレコルト)、3着(タッチングスピーチ)に好走。今週のS評価も大注目だ。

     念願のG1制覇を果たせる状態に仕上がった。昨年のマイルCSで2着に惜敗したフィエロが、今年こその雰囲気を感じさせる好調教。S評価で、まずは追い切りチャンピオンだ。

     18日、うっすらとモヤがかかり始めた朝一番の坂路。前を行くサクセスグローリー(古馬1000万)の直後を走っていたフィエロは右へ持ち出された途端、自らスパートした。鞍上の鮫島良騎手(レースはMデムーロ騎手)が一瞬、手綱を引くほどの急加速。ラスト1ハロン12秒2という切れ味を発揮し、併走馬を4馬身置き去りにした。だが、鞍上の手は軽く動いた程度。「いっぱいに追っていたら11秒台だった」とまだまだ余力は十分にあった。

     鮫島良騎手は、たびたびフィエロの追い切りに起用される。前走は2週前だった。「ここぞというポイントで乗ってもらう。鮫島が乗って『いい』と言えばまず走ってくる(好走する)」と藤原英師の信頼は厚い。そんな鞍上が好ジャッジを下した。

     「前走とは馬が違う。スイッチが入るとガツンと来るが今回はそれがある」。

     それを受けた師は「自信を持って出せる」と満足げだった。

     休み明けで、今回ほどの状態ではなかったスワンSでも2着に好走した。直線で前が開くのを待たされた分、先に抜け出したアルビアーノを捉えられなかったが、脚色は明らかに上回っていた。

     前走が初騎乗だったミルコは「すごい脚だった。京都の外枠は難しいけどよく走ってくれた。本当にいい馬」と絶賛する。

     さらに今回はワンランク上の状態で挑める。追われてからの反応や、スパートできる距離が延びるはずだ。トレーナーは「能力的に今がピークに近い」と語る。2着に惜敗した昨年の無念を晴らす可能性は十分にありそうだ。【岡本光男】

    【フィエロ|2015年マイルチャンピオンシップニュースまとめ】の続きを読む

    イスラボニータ|マイルチャンピオンシップ直前ニュース


    無料コンテンツが熱い競馬情報会社

    勝馬伝説 
    http://www.l-horse.com/
    勝馬伝説の無料情報だけで万馬券ゲット。無料情報に期待。

    金馬 
    http://www.kin-uma.com/
    毎週競馬情報お届けする競馬情報。無料コンテンツが満載。

    チェンジ
    http://www.5il.org/
    重賞の無料馬連予想の的中率が半端ない。

    すごい競馬 
    http://www.shopwin.biz/
    マル秘情報で先を行け!信頼の競馬情報

    by競馬予想会社ファン


     【マイルCS】イスラボニータ絶好枠を生かす

     「マイルCS・G1」(22日、京都)

     東京芝2000メートル戦では不利な外の8枠16番だった前走とは一転して、イスラボニータは器用さをフルに発揮可能な3枠5番を獲得した。栗田博師は「いい枠。良かった。神様が味方してくれたのかな。この馬の競馬ができそう」と満面の笑みを浮かべる。

     20日は午前4時に京都へ向けて美浦を出発。久々のマイルにも「このクラスの馬ならどんな競馬にも対応できる。あとはどこでスパートするかだね」とうなずいた。

     

    【マイルCS】イスラボニータ幸運の最多勝利馬番

     

     天皇賞・秋3着から挑むイスラボニータは金曜朝4時すぎに美浦を出発した。栗田博師は「3連休の渋滞を考慮して早めに出発しました」と説明。枠順は最多5勝を挙げる5番に決定。「願ってもいないラッキーナンバー。状態もこの秋で一番いい。全てがいい方向に向かっている。どんな競馬をしてくれるか楽しみ」と期待を寄せていた。

     

    【マイルCSマイル】脅威の瞬発力!イスラチーター追い

    【イスラボニータ|マイルチャンピオンシップ直前ニュース】の続きを読む

    5

    マイルCS予想【2015年】|最大級の穴馬ヴァンセンヌまとめ


    マイルCSはここの無料予想を参考にします!!
    指定ページから無料会員になれば誰でも無料会員になれます

    kati1











    マイルCS過去10年のデータからひも解いた「厳選穴馬」

     11月22日に行なわれるGIマイルCS(京都・芝1600m)。GI馬9頭が集う豪華な一戦となったが、予想するファンにとっては、確たる中心馬が不在の“難解なレース”となっている。

    【競馬】マイルCS、アルビアーノがジンクスもディープ産駒も打ち破る

     難解となった原因は、実績上位の馬たちにつきまとうマイナス材料だ。例えば、春のGI安田記念(6月7日/東京・芝1600m)を制した現在の“マイル王者”とも言えるモーリス(牡4歳)は、その安田記念以来、5カ月半ぶりの出走。ぶっつけ本番の臨戦過程には、やはり不安が残る。

     GI天皇賞・秋(11月1日/東京・芝2000m)で3着と奮闘したイスラボニータ(牡4歳)にも、気がかりがある。同馬にとって、1600mのレースは2歳8月のGIII新潟2歳S(新潟・芝1600m)以来。久々のマイル戦で戸惑ってもおかしくない。

     その他の実績馬もそれぞれ少なからず不安要素を抱え、レースの行方はひと筋縄ではいかないムードにある。とすれば、意外な穴馬が台頭するチャンスも十分に見込めそうだ。

     そこで、ふたつの視点から今回の穴馬を探してみたい。

     ひとつ目は、このレースにおける“穴馬の歴史”だ。ここ10年、マイルCSで大金星をあげた伏兵馬からヒントを得たい。

     過去10年のマイルCSにおいて、6番人気以下で勝利した馬は以下の2頭である。

    ◆2010年=エーシンフォワード(13番人気=単勝5240円)
    ◆2014年=ダノンシャーク(8番人気=単勝1810円)

     この2頭の戦績を見ると、ひとつの共通点が存在する。それは、2頭とも本番までのレースで上位人気になりながら、その評価に応えられなかったことだ。その結果、本番のマイルCSでは大きく人気を落としたのである。

     エーシンフォワードは、前哨戦となったGIIスワンS(京都・芝1400m)で、1番人気に推されながら8着に敗退していた。また同馬は、2走前のGI安田記念(9番人気、10着)の前にも、GII京王杯スプリングカップ(東京・芝1400m)で1番人気の支持を得ていたが、4着に敗れていた。

     ダノンシャークは、マイルCSの前に、GIII関屋記念(新潟・芝1600m)とGIII富士S(東京・芝1600m)でいずれも1番人気となった。しかしそれぞれ、2着、7着と敗退。人気に応えられなかった。

     前哨戦とも言えるレースで、人気を背負いながら敗戦を喫した2頭。その結果、GIではさすがに力不足と見られてか、本番で大きく人気を落とした。

     つまり、穴馬として浮上するのは、近走で人気を裏切って、本番でガクンと評価を落とした馬である。その観点で今年のメンバーを見たとき、一頭、興味深い存在がいる。

     ロゴタイプ(牡5歳)だ。

     ロゴタイプは、GIを2勝(朝日杯フューチュリティS、皐月賞)している実績馬であり、今年は全レースで1~3番人気の評価を受けてきた。しかし、ほとんどのレースで上位に食い込んだものの、勝利には至っていない。ゆえに今回は、有力視される馬が多数いることもあって、かなりの人気落ちが見込まれる。

     もちろんロゴタイプは、エーシンフォワードやダノンシャークのように、1番人気を大きく裏切ってきたわけではない。だが、それまでに上位人気で出走しながら白星をつかめず、本番のマイルCSで人気が落ちる状況は似ている。ここは思い切って、ロゴタイプを狙ってみるのも面白いのではないだろうか。

     
     【マイルCS】ヴァンセンヌ前走最下位からの下克上G1勝利へ

     史上最大の下克上Vへ、ヴァンセンヌに一発ムードが漂っている。坂路での追い切りは新コンビを組む川田が1週前に続いて騎乗。先行したカレングラスジョー(5歳1000万)に残り400メートルで並びかけると鋭く伸びて突き放し、4F52秒5~1F12秒5をマークした。松永幹師は「いい動き。前走も状態は良かったけど、変わりなくいい状態」と満足げに話した。

     前走の天皇賞・秋は最下位の18着に大敗。向正面で掛かって上昇し、直線は失速した。師は「外に出さないといけない状況になってハミを取って行ってしまった。度外視してもいいと思うし、距離かどうかは何とも言えない」と振り返る一方で「今後はマイル以下になるだろう」とも話した。

     マイルでは昨秋から3連勝で東京新聞杯を制し、安田記念でも2着。鋭い末脚でモーリスを首差まで追い詰めた。得意距離での巻き返しに向け、1週前を普段の坂路ではなくCWコースで行うなど調整も工夫。「脚元の不安なくコースでやれたのが大きい」(師)と臨戦態勢を整えた。

     84年のグレード制導入後、JRA・G1で前走最下位からのVは10年スプリンターズSを制した香港馬ウルトラファンタジーのみ。条件は厳しいが「乗り難しい馬だけど、2回乗ってもらったし、あれだけのジョッキーだからね。うまく流れに乗っていってもらいたい。いい動きだったし、楽しみになった」と期待を口にする。ベストの距離で全能力を発揮できれば、日本馬初の“偉業”も不可能ではない。

    【マイルCS予想【2015年】|最大級の穴馬ヴァンセンヌまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ