競馬最強2chまとめぽいサイト

競馬の2chまとめです…!!いろいろな競馬サイトがありますが、これでもまとめているサイトはないと思います!!…2chまとめぽいサイトです。

    チャンピオンズカップ予想|2016年|予想・データまとめ

    「PR」チャンピオンズカップはここを参考にします

    sugoijcd









    【チャンピオンズカップ(日曜=4日、中京ダート1800メートル)栗東トレセン発秘話】先週のジャパンCを快勝したキタサンブラック。レース後の様子をチェックするため水曜に厩舎を訪ねたところ「さすがに今回はいつも以上に疲れた感じはありますね。馬もきっちり仕上がっていましたから」と辻田厩務員。パートナーの武豊が「極限の仕上げ」と言っていたぐらいだから、まさにピークのデキでもぎ取ったJCだったのだろう。

     次走の有馬記念に向けて「ここから約1か月、また状態を上げていって、同じくらいのデキに持っていきたいですね」と話す辻田厩務員は「黒岩君がいつも追い切りに乗ってくれてしっかり仕上げてくれますから。馬の気持ちと身体面を考えて、本当にうまく体調を整えてくれますよ。9割は彼のおかげです」とキタサンブラックの追い切りをほとんどつけてる「仕上げ人=黒岩の手腕」に感謝していた。

     黒岩に限らず、調教だけつけてレースには乗らないジョッキーは少なくない。稽古も乗ってレースも乗るのが理想なのだろうが、なかなかそうもいかない現実があるわけで…。

     平田厩舎でここ一番の時の追い切りを任せられることが多いのが厩舎所属の藤懸だ。チャンピオンズCに出走するゴールドドリームの最終追い切りに乗ったのも、もちろんこの男だった。

    「カレンミロティックとか、アイツが最終追い切りに乗ったことで結果が出たことは多いんだよ。今週の追い切りも前に他厩舎の馬がいたけど、それを避けて狭いところをこじ開けるように、しまいを伸ばしてくれた。いい追い切りができたと思う」(平田調教師)

     仕上げ人としての腕について当の藤懸は「走る馬に乗っている、ただそれだけですよ」と謙遜するが、ゴールドドリームの動きについては「ストライドが伸びていたし、結果的に実戦的な調教もできた。良かったと思います」と上々の感触を口にした。

     必殺仕上げ人の味付けにより、本番で大駆けがあるかもしれない。

    【チャンピオンズカップ予想|2016年|予想・データまとめ】の続きを読む

    チャンピオンズカップ予想|2016年|共同会見まとめ


    チャンピオンズカップー凄い競馬の予想が熱い・・・すごい競馬


    アウォーディ、武豊「今週も勝ちたい」

    ■アウォーディーに騎乗予定の武豊騎手

    ――前走・JBCクラシックは手ごたえのある勝利だったのでは?
    武豊 連勝はしていましたが、今まででいちばん強いメンバーと戦うレースだったので。このメンバーでどれだけやれるかな、という気持ちで挑みました。

    ――ダートに転向後、変わったことは?
    武豊 はじめてダートを使ったのが遅かったのですが、一走ごとに力強さが出ているというのは感じます。

    ――追い切りについては?
    武豊 いつも任せています。きっといい状態で当日を迎えられると思います。

    ――前走は川崎、今回は中京と左回りが続きます。
    武豊 そんなに癖のある馬ではないのですが、左回りはいいですね。中京はいいと思います。

    ――距離はいかがですか?
    武豊 いいと思います。

    ――ライバル関係は?
    武豊 JRAのダートのGIはふたつしかないですし、他の馬たちも当然ここが目標なのでメンバーも強力です。厳しいレースになると思います。

    ――松永幹夫調教師の馬でGIに挑むというのは?
    武豊 騎手時代からずっとお世話になっている先輩ですからね。一緒に挑戦して、レースを勝てればうれしいですね。

    ――騎手生活30年、好成績が続きます。
    武豊 はい、そうですね。おそらく主役だと思いますし、こういう馬で挑めるというのは騎手として光栄なことです。当然、プレッシャーもありますけどそれに応えたいという気持ちが強いですね。

    ――改めて、歴代の一流GIダートホースと比較すると?
    武豊 ダートを走りだしてから負けていないですからね。いい結果を出すというのがすごいと思います。馬のほうも今、ひじょうに充実している感じがします。ここは目標のレースなので楽しみにしています。

    ――最後にひとこと。
    武豊 ベストを尽くして、今週も勝てたらいいなと思います。

    ■アウォーディーを管理する松永幹夫調教師

    ――この中間は?
    松永 いつもどおりです。順調に回復しています。

    ――今朝の追い切りはいかがでしたか?
    松永 どうしても抜けちゃうとやめるところがあるので、前の馬を追いかけて気を抜かせないようにしっかり追うようにしました。

    ――手ごたえは?
    松永 よかったと思いますね。最近、しっかり走れていて、調教も動くようになってきました。

    ――連勝して変わってきたところは?
    松永 特に何が変わったというのはありません。前から堅実に走っている馬でしたからね。それがダートにいって、しっかり力を出しているかな、と思います。

    ――前走のJBCクラシックは大きな勝利だったのでは?
    松永 ヘヴンリーロマンスの子供でGIを勝てたというのは嬉しかったです。

    ――今回の舞台は中京ダート1800mです。
    松永 流れが全然違うと思いますが、そのあたりはジョッキーがわかっていますので。任せたいと思います。

    ――前走もジョッキーが絶妙の仕掛けでした。
    松永 ほんと、抜けちゃうとやめるんで。そのへんは上手いな、と思います。

    ――最後に意気込みを。
    松永 やはり中央でGIを勝たないことには評価されないと思うので頑張って走ってくれればと思います。

    (取材・写真:花岡貴子)



    ラニ松永調教師「兄弟を負かしてほしいです」

    ■ラニを管理する松永幹夫調教師の話

    ――この中間の調整は?
    松永 前走後からすぐに乗り始めて、順調です。秋入厩してから20キロぐらい増えました。まだ成長しています。

    ――今回の舞台は中京ダート1800mです。
    松永 左まわりはいいと思うので、前走のような結果(みやこS13着)にはならないかな、と思います。

    ――位置取りなど、特に何かありますか?
    松永 ないです。自分のリズムで走らせてほしいですね。

    ――これまでの歩みが注目されていますが。
    松永 春はずっと海外に行っていて、向こうではそれなりの結果を出していたので。ぜひ、この中央場所でも結果を出して欲しいですね。

    ――最後にひとこと。
    松永 相手も強くなりますし、とくにアウォーディーは連勝していますし。もちろん、アウォーディーには連勝して欲しいんですけれど。なんとか、兄貴のアウォーディーを負かして欲しいですね。

    (取材・写真:花岡貴子)


    コパノリッキー村山師「気分良く走れればと思います」

    ■コパノリッキーを管理する村山明調教師

    ――前走後の調整過程を教えてください。
    村山 短期のリフレッシュ放牧に出して10日くらいで戻ってきました。先週、ルメール騎手が乗って追い切っています。今週はいつもどおり、助手が追い切っています。

    ――今朝の追い切りはいかがでしたか?
    村山 最後の伸びもしっかりしていました。全体の時計はそんなに速くないんですが、うまく調教できました。

    ――年齢を重ねても圧倒的な強さをみせていますが、変化は?
    村山 6歳で体もしっかりできていますし、いい状態で来ています。

    ――舞台は中京1800に変わりますが?
    村山 スピードもありますし、いいと思います。

    ――先行争いが激しくなりそうですが?
    村山 毎回言っていますが、位置はあまりこだわらないです。気分よくスムーズに走れればと思います。

    ――最後にひとこと。
    村山 今年もGIを連勝してきたところだったんですが、力は本当にあるのでいい結果を出せたらと思います。数々のGIタイトルをとっていますが、チャンピオンズカップはまだ獲っていませんからね。いつもどおりの調整をして力を出し切れれば“勝ち”にも近いんじゃないかな、と思います。

    (取材・写真:花岡貴子)


    サウンドトゥルー大野「気分良く走れればと思います」

     昨年のこのレースで3着だったサウンドトゥルー(セン6・美浦・高木登)が、坂路で最終追い切りを消化。管理する高木調教師と大野拓弥騎手の共同記者会見が行われた。

    ■高木調教師

    (今日の追い切りについて)
    「ここ2戦使ってきて馬の状態も上がってますし、先週もある程度負荷をかけていますので、今日は確認のためにジョッキーに乗ってもらってサラッとやりました。予定通り良い感じでしたし、柔らかみも出てきて状態も良いと思います」

    (前走のJBCクラシック・JpnI・3着を振り返って)
    「休み明け(日本テレビ盃・JpnII・3着)はスローで消化不良の競馬でしたし、前走は2100mに距離が延びて追走が楽になるのではないかと見ていましたが、その通り、3コーナーあたりで結構良い手応えでした。けれども、3、4コーナーはコーナーがきついのか、追いかけづらいような感じでした。ただ直線もしっかり脚は使っていますので、内容的には満足しています」

    (前走からここまでの調教過程は?)
    「去年と同じローテーションを組んでいますけど、使った後、状態が悪くなると硬くなってきますので、その辺だけを気を付けました。反動もなく硬さもなく来ていますし、先週から時計も出して順調に来ています」

    (今回はどのような競馬を?)
    「去年もそうでしたけど、ゲートでどうしても遅れてしまうんですよね。1コーナーでどうしても離れた後ろになってしまいますし、それを想定して一か八か、詰まってもいいから内に突っ込んでくれと去年はジョッキーに言いました。けれども内に進路がなく、自分が余計なことを言ったから外に出すのが遅れたという面もありましたので、今年はジョッキーに任せてようかなと思っています」

    (理想の位置取りは?)
    「中央のこの辺のメンバーですと、テンは少し置かれるんですよね。そこで出して行くとリズムがあまり良くないようですし、どうしても遅れていくので、流れが鍵にはなるでしょう。ある程度は前に引っ張ってもらって、4コーナー手前から追い上げてくるという感じになると思います。直線も長いですし、去年は脚を余したところもありますので、何とか去年以上の結果を望んでいます」

    (最後にメッセージを)
    「非常に状態は上がってきていますので、何とか中央でもGIのタイトルを取りたいと思っています。応援よろしくお願い致します」


    ■大野騎手

    (今日の追い切りについて)
    「順調にこなしてくれて、良い動きでした。バランスが良かったですね」

    (馬の成長具合は?)
    「細かいところは時期ごとに少し変化はあるのですけど、良い意味で良い状態をキープしてくれていると思っています」

    (去年のこのレースから比べては?)
    「良い意味で同じです。調子も良いです」

    (昨年は3着だったが、今回のポイントは?)
    「後ろから行く馬なので、展開などに左右されることもあるのですが、良い誘導ができれば良いかなと思っています。中央のダートGIは2つしかないですし、勝てたらいいなと思います」

    (高木調教師から指示は?)
    「特にないです。攻め馬が終わった後に調子がどうかという話をしただけです」

    (最後にメッセージを)
    「馬は順調に来ていますし、前走の競馬で僕自身も手応えを掴んでいます。勝てるように頑張りますので応援してください」

    (取材・写真:佐々木祥恵)

    【チャンピオンズカップ予想|2016年|共同会見まとめ】の続きを読む

    チャンピオンズカップ|2016年|馬体診断まとめ

    ここの予想が激アツ…無料予想で万馬券期待度大(情熱競馬が熱い)


    モーニン(評価B)

     「チャンピオンズC・G1」(12月4日、中京)

     出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評がある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、チャンピオンズCに出走を予定する各馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

    【写真集】週末予想の参考に…チャンピオンズC馬体診断

     【モーニン 評価=B】

     武蔵野Sは課題である馬込みの競馬でモロさを披露。とは言っても馬体は変わりなく順調で、スカッとしたシルエットを誇示している。トモ高でスピードに秀でたタイプ。それが驚異的なフェブラリーSのレコード勝ちにつながったが、前後肢のバランスや腹と背のライン、前肢の出し方からすればベストはやはり千四で千六までが許容範囲だろう。

     2走前に千八を克服しているが、船橋の重馬場でスピード優先の舞台。もちろん中京でも締まった砂質なら克服可能だが、この時季特有の乾燥した砂質だと、距離への不安はつきまとう。トモを凝縮しながら丸みがあるのは好材料だが、フェブラリーS当時に比べると全体的な肉付きがイマイチの分B評価にする。(馬サブロー栗東・吉田順一)

     〈1週前追い切り診断〉栗東CWで6F87秒4-41秒1-13秒1(馬なり)。レース間隔が詰まっているため、しまいをサッと伸ばした程度だが、ゴール前の脚勢は目を引くもの。出来はいい。


    コパノリッキー(評価B)

     「チャンピオンズC・G1」(12月4日、中京)

     出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評がある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、チャンピオンズCに出走を予定する各馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

    【写真集】週末予想の参考に…チャンピオンズC馬体診断

     【コパノリッキー 評価=B】

     ダートで出世するゴールドアリュール産駒らしい脚長でトモ高の体形。さらに立ち気味のつなぎが、ダートで秀でたスピードを生んでいるようだ。昨年のチャンピオンズCや今年のフェブラリーSは臀部(でんぶ)や股が少しへこんでいたが、今年はトモがパンパンに張っているのは好印象だ。

     そして全体的な肉付きが良く、パッと見は少し寸の詰まったマイラーっぽいシルエットになっている。年齢とともにその馬の血統や適性にあった体形になっていくが、コパノリッキーも以前よりたくましい姿形になっている。いずれにしろ張りツヤは良く、巻き返しがあっていい状態だ。

    (馬サブロー栗東・吉田順一)

     〈1週前追い切り診断〉ルメールを背に栗東CWで83秒7-38秒6-12秒2(強め)。僚馬2頭を追走して、余裕十分に先着。反応も良くなっており、状態に不安はない。


    アウォーディ(評価A)

     「チャンピオンズC・G1」(12月4日、中京)

     出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評がある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、チャンピオンズCに出走を予定する各馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

    【写真集】週末予想の参考に…チャンピオンズC馬体診断

     【アウォーディー 評価=A】

     同じレースに出走予定のラニを見ても分かるが、松永幹厩舎の写真はトモ高に見える馬が多い。背景を加味すれば地面の傾斜の影響も十分にありそうだ。

     とは言ってもこの馬は、父ジャングルポケット同様に少し“背タル気味”でトモ高体形なのは事実だ。後肢の入りが良くなるのか、トモ高の馬は瞬発力に秀でる割合が多い。とりわけスピード競馬が多くなった今のダートは、胴長+脚長でトモ高のシルエットがトレンドと言っても良さそうだ。

     スカッとしているが、付くところに筋肉が付いた体脂肪の少ない馬体。耳をピンと立て目つきも聡明(そうめい)。今の充実ぶりを物語っている姿形だ。(馬サブロー栗東・吉田順一)

     〈1週前追い切り診断〉栗東CWで6F83秒5-39秒0-12秒2(一杯)。僚馬2頭を2秒以上追い掛ける形から、豪快に伸びて先着した。前走後も申し分ない気配を誇示している。


    ノンコノユメ(評価B)

     「チャンピオンズC・G1」(12月4日、中京)

     出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評がある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、チャンピオンズCに出走を予定する各馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

    【写真集】週末予想の参考に…チャンピオンズC馬体診断

     【ノンコノユメ 評価=B】

     お尻、トモの幅は薄めで一見、軽過ぎる印象を持つが、無駄な筋肉がついていない分、小気味のいいフォームへとつながっているのだろう。

     それでも春の段階から馬体面は全体的にボリュームアップしており、3歳時の頃の非力さはなし。ここにきて背丈が明らかに伸びて映る立ち姿で、見栄えが一段と良化してきた。調教での振る舞い等を見ても、古馬らしい雰囲気を放つようになっており、完成の域に達してきたと捉えたい。(馬サブロー美浦・石堂道生)

     〈1週前追い切り診断〉美浦Wで6F82秒4-12秒9(一杯)。ケイコ駆けしないタイプとしては上々の内容。まだ絶好調時にはひと息だが、上積みは見込める。

    【チャンピオンズカップ|2016年|馬体診断まとめ】の続きを読む

    5
    コパノリッキー|チャンピオンズカップ予想|まとめ

    無料コンテンツが熱い競馬情報会社

    勝馬伝説 
    http://www.l-horse.com/
    勝馬伝説の無料情報だけで万馬券ゲット。無料情報に期待。

    金馬 
    http://www.kin-uma.com/
    毎週競馬情報お届けする競馬情報。無料コンテンツが満載。

    チェンジ
    http://www.5il.org/
    重賞の無料馬連予想の的中率が半端ない。

    すごい競馬 
    http://www.shopwin.biz/
    マル秘情報で先を行け!信頼の競馬情報

    by競馬予想会社ファン

    コパノリッキー、チャンピオンズカップ前々日調整速報

     昨年のチャンピオンズCは1番人気に推されながらも、レースの流れに乗ることができず、12着と惨敗したコパノリッキー(栗東・村山明厩舎)。今年のチャンピオンズC(12月6日・中京ダート1800m)は、4枠7番からのスタート。今朝4日はCWで1周半のキャンターを行っている。

     馬の少ない時間帯に落ち着いた様子で入場。1F18秒前後のラップを刻んでいたが、頭の位置が少し低めで集中力を感じさせる走り。最終追い切りの動きが躍動感あふれる走りで好印象だったが、そこから更に良化している感じすらある。昨年とは全く違う状態での出走となりそうなので、期待に応える走りを見せてくれるのではないだろうか。
    (取材・写真:井内利彰)

     

    コパノリッキーは東海ステークスで中京ダート1800mを勝利

    昨年、チャンピオンズカップ出遅れて終わりましたけどw

     

    東海ステークス

     

     

    コパノリッキー馬体診断-A-

     「チャンピオンズC・G1」(12月6日、中京)

     先週のジャパンCは数少ない“A”評価のラストインパクトが2着に激走しました(勝ったショウナンパンドラはB評価)。出走馬の立ち姿の写真と馬体診断を紹介する好評企画。馬を見る目に定評がある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、JRAのダート頂上決戦の出走予定馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

    【写真】調子が良さそうなのは?

     【コパノリッキー=評価A】

     首差しが長く、胴長&脚長のトモ高体形。父のゴールドアリュールと同じようなシルエットを誇り、大型馬特有の重苦しさは一切ない。1週前追い切り後の撮影で、この丸みのある臀部(でんぶ)は好印象だ。

     頑強な先行力とパワーでしぶとさを発揮するマッチョな体つきではなく、軽さとスピードと切れを生かすタイプ。さらに、爪や蹄底からすれば締まった軽い砂質の方がよりパフォーマンスが上がると個人的には考えている。

     いずれにしても、前走(JBCクラシック1着)時のいい状態をがっちりとキープ。1番人気で12着に終わった昨年の雪辱へ、態勢は整っている。(馬サブロー栗東・吉田順一)

     〈1週前追い切り診断〉栗東CWで6F84秒7-39秒0-12秒7(仕掛け)。僚馬を2秒4追走して0秒2先着した。意欲的な内容で、最後までしっかりとした脚取り。状態はさらに上向いている。

     

    コパノリッキー共同会見

    【コパノリッキー|チャンピオンズカップ予想|まとめ】の続きを読む

    ノンコノユメ|チャンピオンズカップ予想|直前情報まとめ

    無料コンテンツが熱い競馬情報会社

    勝馬伝説 
    http://www.l-horse.com/
    勝馬伝説の無料情報だけで万馬券ゲット。無料情報に期待。

    金馬 
    http://www.kin-uma.com/
    毎週競馬情報お届けする競馬情報。無料コンテンツが満載。

    チェンジ
    http://www.5il.org/
    重賞の無料馬連予想の的中率が半端ない。

    すごい競馬 
    http://www.shopwin.biz/
    マル秘情報で先を行け!信頼の競馬情報

    by競馬予想会社ファン

    チャンピオンズカップ|ノンコノユメ自慢の末脚でVだ

     「チャンピオンズC・G1」(6日、中京)

     自慢の決め脚で5連勝のゴールへと飛び込み、世代交代を成し遂げる。06年アロンダイト(当時はJCダートの名称で施行)以来、9年ぶりの3歳馬Vを目指すノンコノユメは、厩舎周りの引き運動とプール調整で前々日調整を完了。3日に追い切ったばかりでも馬には活気があり、上々の態勢を印象付けた。

     「前回は久々でしたし、反動よりも上積みの方がありますね。気合面も変わってきました」と伊丹助手は納得の表情を浮かべる。分厚い戦歴を持つ砂の猛者のなかにあって、前走馬体重の452キロは最軽量だが、陣営に気後れした様子は全くない。「(数字自体は)大きくありませんが、体を大きく使う馬ですから」とうなずいた。

     デビュー以来、全戦でメンバー最速の上がり3Fを記録。古馬初挑戦の武蔵野Sでは初めて58キロの斤量を背負いながらも、次位を1秒1も上回る末脚で府中の直線を突き抜けた。初コースも大きな障壁にはならないとの手応えが陣営にはある。

     「前走で前日輸送も経験済み。どんな流れになっても脚を使ってくれるでしょう」。関東馬としては02年JCダートのイーグルカフェ以来、13年ぶりのJRAダートG1制覇へ、夢を膨らませながら決戦の地へ乗り込む。

    馬体診断、ノンコノユメー評価B

     「チャンピオンズC・G1」(12月6日、中京)

     先週のジャパンCは数少ない“A”評価のラストインパクトが2着に激走しました(勝ったショウナンパンドラはB評価)。出走馬の立ち姿の写真と馬体診断を紹介するス好評企画。馬を見る目に定評がある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、JRAのダート頂上決戦の出走予定馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

    【写真】調子が良さそうなのは?

     【ノンコノユメ=評価B】

     牡馬にしてはコンパクトな馬体のつくりで、一見、芝向きと印象すらある立ち姿。今春から体形に目立った変化はなく、休養を挟んだ前走の武蔵野S(1着)でも馬体は微増(4キロ)だった。皮膚が薄く、無駄肉の付かないタイプで、今回もすっきりとしたこの馬らしい体付きだ。

     前走は初の58キロを克服し、鬼脚を発揮。中京が舞台だけにもうワンポジション前での競馬が理想だが、切れ味に秀でており、スピード勝負の決着なら確実に追い込めるはずだ。(馬サブロー美浦・石堂道生)

     〈1週前追い切り診断〉29日に美浦Wで、中間初時計となる4F58秒3-42秒7-14秒6(馬なり)を記録。450キロ前後の馬体で、レース間隔も詰まっており、直前のひと追いできっちり態勢は整いそうだ。

    【ノンコノユメ|チャンピオンズカップ予想|調教師の不安発言などまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ