競馬最強2chまとめぽいサイト

競馬の2chまとめです…!!いろいろな競馬サイトがありますが、これでもまとめているサイトはないと思います!!…2chまとめぽいサイトです。

    有馬記念予想|2016年|予想・データまとめ


    有馬記念はここの予想を参考にしますwwww
    有馬記念-すごい競馬


     2016年もあとわずかとなった。今回は特別編。当コラム連載中の「競馬好きの3人」(ぐっちーさん、山崎元、吉崎達彦)が渾身の有馬記念予想をしつつ、2016年を振りかえる。2017年はどんな年になるのだろうか。

    ■2016年を一文字で表せば「外」になる

     ――2016年はマーケット関係者や経済評論家にとっては特に大変な年でした。とにかく予想が当たりませんでしたね。

     吉崎:本当にサプライズの1年になりましたね。エコノミストであり自他共に認める「選挙オタク」なのに、恥ずかしながらBrexit(英国のEU離脱)もトランプ氏の米国大統領選挙勝利も外してしまいました。そんな私なのに「トランプ次期政権を予想してくれ」という依頼が殺到しています(苦笑)。これって、一種の「罰ゲーム」じゃないのかな? 

     山崎 年末によくあるように、2016年を表す漢字一文字を挙げるなら「外」ですかねえ。かんべえ先生同様、私も英国のEU離脱やトランプを予想できなかったし、日本経済は外国の動きに振り回された。

     ぐっちー:ワタクシにとっては、2016年のキーワードは何と言っても「広島」。オバマ大統領の歴史的訪問が5月10日に発表され「今年は何か起きるぞ」、と思っていたら、大ファンである広島カープが25年ぶりに優勝! もう広島が日本の中心になるのでは、という勢い。

     地元企業もマツダを筆頭に大変元気でありまして、経済から見ても広島はまさに勢いががあります。人口減少でどうのこうのと言っている場合ではありません。広島モデルを日本全国に展開させることができれば、地方都市経済は間違いなく活性化しますよ! 

    末尾に「7」のつく年はヤバイ?

     ――確かに2016年は欧米の選挙が、国内では広島が年間を通してのキーワードになりましたが、2017年のマーケットをどう予測しますか? トランプ次期大統領は引き続きマーケットを悩ませてくれるかもしれませんし、欧州でもフランスやドイツで選挙が予定されています。

    ■「7」のつく年は大変なことが起きている

     吉崎:「7」のつく年は、1987年にブラックマンデー、1997年はアジア通貨危機、2007年は2008年のリーマンショックの先駆けとなったパリバショックなど、最近は100%大変なことになっていますね。もちろん1987年のブラックマンデー時は、大暴落の後、急騰したわけですが。

     2017年はやっぱり視界不良の年でしょうね。だいたい、トランプ次期大統領は「予測不可能性こそが、交渉で勝つ秘訣」と言っている。さらに欧州はご指摘の通り選挙の年。中東の混迷は終わらないし、中国も2017年は共産党の全国代表大会(第19回)を秋に控えて、悩みは深いと思います。そうすると、2017年の結論は拙著の「気づいたら先頭に立っていた日本経済」(新潮新書)ということになるのでは。

    ――先進国は問題も多いものの、曲がりなりにも食べていくことだけという日常からは解放され、経済を「遊び」で伸ばす時代になった。ゲーム、観光、ギャンブル、さらには「第2の人生」マーケットが広大な日本は「いつのまにか世界の先頭に立っていた」という説ですね。一方、山崎さんは最新のコラムで「2017年は金利上昇の負の側面を考えないといけない。いま儲かっている人は、まずは株を1割から2割ほど売る。あと不動産は買わない方がいい」とおっしゃっていますね。 山崎 2017年年の注目点は何と言っても、米国の金融緩和終了と資産価格の関係でしょう。理屈上ドル金利上昇に伴う円安は日本株にプラスですが、世界的な資産価格下落が起こると抵抗できないでしょう。

     ぐっちー:2017年? そりゃ、もう「トランプ次期大統領が一体何をやらかすのか」に左右される1年となるでしょう。実はすでにやらかしていると言う説もあります。だって、国務長官に現役のエクソンモービルのCEOであるティラーソン氏を持ってくるという「荒業」をやってのけましたからね。

     その他にも、財務関連の閣僚にはゴールドマン及びウォールストリートの出身が3人という布陣です。トランプバブルがもう始まっているのかもしれませんが、いずれにせよわれわれ金融関係者には頭の痛い1年となることでしょう。

    【有馬記念予想|2016年|予想・データまとめ】の続きを読む

    5
    有馬記念2016年共同会見まとめ

    有馬記念の無料予想は当たる無料予想で
    すごい競馬の予想が注目
    ari


     
    サウンドオブアース-ミルコ・デムーロ 

    ■サウンズオブアースに騎乗予定のミルコ・デムーロ騎手

    ――有馬記念を控えた今の気持ちは?
    ミルコ とてもうれしい。今年最後のGI、緊張しています。

    ――前走のジャパンカップを振り返ってください。
    ミルコ すごい頑張った。本当に頑張った。キタサンブラックが余裕で逃げていたし、直線でムーア騎手が外にはってきたので大変だったけれどよく頑張りました。

    ――成長は感じましたか?
    ミルコ はい。よくなってきました。やっぱりジャパンカップのときは今まで乗った中でいちばんよかったです。2歳のときはやんちゃで子供でしたけど、競馬は真面目に走る馬でした。

    ――中山2500mはいかがですか?
    ミルコ 昨年は負けましたね。(サウンズオブアースでは)まだ勝ったことないけど、すごく勝ちたいです。中山はすごく難しいです。すごくトリッキー。枠順もペースも大事です。

    ――ライバルは?
    ミルコ GIのときは全頭がライバルですが、キタサンブラックがすごく強い馬ですね。それからデニムアンドルビー、シュヴァルグラン、ゴールドアクター。

    ――3歳馬にも強い馬がいますが?
    ミルコ そうですね。とっても強い。でも、まだ4歳以上を相手に勝ったことがないからわかりません。

    ――最後にひとこと。
    ミルコ 今年最後のGIです。サウンズオブアースと一緒に頑張ります。

    ■サウンズオブアースを管理する藤岡健一調教師

    ――今朝の追い切りはいかがでしたか?
    藤岡 1頭前において、いつも後ろから離していくんですけど、このところ勝負でモタつくような競馬が続いているので、馬の真後ろにつけてから外に出して反応をみる、という調教をしました。霧で全体が見えず、最後の1ハロンしか見えなかったのですが、いい動きだったと思います。

    ――前走からの上積みは?
    藤岡 ジャパンカップのときはすごくいいデキでした。過去最高だな、と思っていたんですが、今回はそれ以上にいい状態にもってこれていると思います。

    ――前走のジャパンカップを振り返ってください。
    藤岡 行けなかったのでGIですしレース自体が流れてくれればな、と思っていたのですが。結構スローな展開になったので、勝たれてしまって仕方ないなというかんじです。まだ重賞を勝っていないのですが、GIでしっかり2着を確保してくれました。勝ち馬以外は負かしているのでレースぶり自体はよかったと思います。

    ――中山2500mという舞台は?
    藤岡 中山は安定して走ってくれています。昨年も惜しい2着でしたし、コース自体はこの馬にとってはあっているんじゃないかと思っています。

    ――希望の枠はありますか?
    藤岡 できれば内がいいな、と思います。

    ――ライバル関係は?
    藤岡 たくさんライバルがいますが、力は見劣っていないと思うのでじゅうぶん勝負になる馬だと思っています。

    ――当日、ジョッキーと何か作戦を立てますか?
    藤岡 ここずっと乗っていますし、馬のことはよくわかってくれているので特に話はしないです。

    ――最後にひとこと。
    藤岡 ずっと勝てずにいて、GIで惜しいレースが続いているので、この大一番でGI馬にしてやりたいと思いますので、皆さんに応援していただけたらありがたいです。

    (取材・写真:花岡貴子)

     

    サトノダイヤモンド-ルメール

     

    ■サトノダイヤモンドに騎乗予定のC・ルメール騎手

    ――今朝の追い切りはいかがでしたか?
    ルメール 完璧でした。先週の追い切りは強かったから、今日は楽に調教しました。馬のコンディションはちょうどいいです。自信があります。楽しみです。

    ――菊花賞前と比べていかがですか?
    ルメール 今日のほうがよかったです。体がすごくきれいです。今年はだんだんと良くなっていき、いまトップレベルになりました。池江厩舎がいい仕事をしてくれました。

    ――前走の菊花賞を振り返ってください。
    ルメール 強かった。3000mは未経験でしたが、競馬のときはちょうどいいかんじで楽に勝ちました。この日、サトノダイヤモンドはスーパーホースになりました。

    ――リラックスして走らせたい、と話していましたが、そのとおりできましたか?
    ルメール はい、できました。

    ――有馬記念の舞台は中山芝2500mです。
    ルメール 問題ないと思います。いろんな経験をしてきましたし乗りやすい馬ですから、心配していません。大丈夫です。

    ――作戦(プラン)は?
    ルメール あります。いっぱいスーパーホースがいる中で、一番の強敵はキタサンブラックです。スタミナがあって、直線で止まらない。だから、マークしています。

    ――レースはどのポジションで?
    ルメール それは難しいですね。枠やペースによります。だから、まだわからない。

    ――欲しい枠順は?
    ルメール 真ん中ですね。6番、7番、8番。それくらい。

    ――ファン投票2位と人気のある馬です。ファンの方々へひとこと。
    ルメール サトノダイヤモンドを応援してくれてありがとうございます。GIは勝ちましたけど、有馬記念は一番大切なレースですからもちろん勝ちたいです。頑張ります。レースを楽しんでください。

    (取材・写真:花岡貴子)

     

    キタサンブラック-武豊

     

    ■キタサンブラックに騎乗予定の武豊騎手

    ――ファン投票1位、北島オーナーの馬での出走です。
    武豊 素晴らしい馬で出走できるので、ひじょうにワクワクしています。

    ――前走のジャパンカップから振り返ってください。
    武豊 馬の状態もすごくよかったですし、いいレースができました。ひじょうに強い内容だったと思います。コンディションのよさも伝わってきました。スタートもよかったので先手をとって、ひじょうにいいペースで走れましたし馬も気持ちよさそうにしていました。いい展開だな、と思っていました。ラストまでしっかりしていましたし、ひじょうに乗っていても強いな、と思いました。

    ――今回はコンビ6戦目、当初から印象は変わっていますか?
    武豊 はい、いい方に変わっています。初めて乗せていただいた頃より明らかにパワーアップしていると思います。いままでは勝ったレースでもあまり着差がなかったんですが、(ジャパンカップでは)初めて着差をつけて圧勝しましたね。

    ――北島オーナーの隣で「まつり」を聞くのは2回目だったと思いますが?
    武豊 ひじょうに役得だな、と思いました。

    ――いよいよグランプリ、中山2500mというのは武さんにとっては(キタサンブラックと挑むのは)初めてですが?
    武豊 キタサンブラックにとってはいいんじゃないでしょうか。あまりコースとか気にならないタイプの馬かな、と思います。

    ――ライバル関係は?
    武豊 さすが、今年を代表する馬たちが集まりましたね。

    ――最後にひとこと。
    武豊 本当に多くのファンの方々から支持されている馬ですし、その馬に騎乗できるということは一番幸せなポジションだと思っています。僕自身もこの馬とコンビを組めたことは大きかった。今年最後のレースですし、ベストを尽くして勝ちたいなと思います。

    ■キタサンブラックを管理する清水久詞調教師

    ――今朝の調教の指示を教えてください。
    清水 指示は上がり重点ですね。ゴール前だけ追いました。動きはモヤでまったく見えませんでした。

    ――体は先週の段階で仕上がっていたんでしょうか?
    清水 はい、いい状態でずっときていましたんで。

    ――前走と比べて、状態は?
    清水 ほぼ同じ状態でいけると思います。

    ――この中間はいかがでしたか?
    清水 何事も心配ないですね。順調にきています。

    ――前走のジャパンカップを振り返ってください。
    清水 想像以上に強かったですね。ゲートさえしっかり出ればああいうかたちになると思っていたんですけど、1~2コーナーで単騎で行けましたんで。その時点で『あぁ、ヨシヨシ』というかんじでしたね。1000m(通過)は想像以上にゆっくりでしたんで、なおいいかんじで逃げてるな、というふうに見えましたね。直線半ばで数頭きているのが見えたのでどうかな、と思っていたんですが。ゴール前でまた突き放してくれました。想像以上に強い競馬をしてくれました。

    ――さらに力をつけた印象でしたか?
    清水 はい、京都大賞典よりさらに強くなりましたね。

    ――有馬記念の舞台は中山2500mですが?
    清水 何も心配していないです。中山には何度も行っていますしね。

    ――相手関係は?
    清水 そこはあまり考えないように。この馬自身をいい状態に仕上げるのが僕の仕事なんで。相手関係はあまり考えないようにしています。

    ――枠順の希望は?
    清水 やはり内目のほうがいいですね。

    ――有馬記念も宝塚記念に続いてファン投票1位での出走となります。
    清水 ありがたいですね。それだけ多くの方々に応援していただいているので、期待に応えられるようにいい結果を出したいと思います。

    (取材・写真:花岡貴子)

     

    【有馬記念2016年共同会見まとめ】の続きを読む

    5
    有馬記念予想|2016年|馬体診断まとめ



    有馬記念の予想はプロ予想でそして無料予想でしっかり的中させましょうw

    keibaj21








    サトノダイヤモンド(S評価)

     「有馬記念・G1」(25日、中山)

     出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評がある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、年末グランプリに出走を予定する各馬をS~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

    【写真集】週末予想の参考に…有馬記念 馬体診断

     【サトノダイヤモンド 評価=S】

     父ディープインパクトと同様のサイズでG1馬になれるのは基本的には牝馬か。牡馬のクラシックは二千以上のため、首差しや胴がゆったりめで500キロ前後の馬格が欲しいところだ。

     あくまでダービーへの布石だった皐月賞は全体的に皮膚が厚かったが、こん身の仕上げに入ったダービーと菊花賞はシャープな体つき。とりわけ秋の2戦は春のイメージを払拭するスカッとしたシルエットだった。

     最後の1冠を勝ち、世代を代表して挑む今回だが、今までになく写真撮影で鋭い目つきになったのは王者の風格か。2ヶ月ぶりという間隔もあるが、秋2戦よりは全体的な肉付きは良好。それでいて引き締まって見えるのは充実の証しで、トモの質感も文句なし。掛け値なしのS評価だ。(馬サブロー栗東・吉田順一)

     〈1週前追い切り診断〉栗東CWで6F81秒0-37秒6-11秒7(一杯)。ゴーサインが出ると、一気に突き抜けてサトノラーゼン(4歳オープン)に0秒4、エアカミュゼ(5歳障害未勝利)に1秒6先着。抜け出してからもラストまでしっかり追われた。体を大きく使って、素晴らしいバネを感じさせる走り。文句なしの気配。


    キタサンブラック(A評価)
     

     「有馬記念・G1」(25日、中山)

     出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評がある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、年末グランプリに出走を予定する各馬をS~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

    【写真集】週末予想の参考に…有馬記念 馬体診断

     【キタサンブラック 評価=A】

     腹回りは少し余裕をもたせながらも、あばらをうっすらと見せていた前走時。京都大賞典から中6週の間隔だったが、長距離輸送も考慮しながらの絶妙な仕上げだったと判断できる。

     今回は1週前追いで今までより負荷を掛けていない印象だが、中3週で再度の関東遠征なら心配はなさそうだ。100%に近かったジャパンCの状態を保つことが今回のテーマだろう。

     間隔の違いや輸送面で仕上げるアプローチは当然違うが、余分な脂肪を付けない皮膚の薄いシルエットを誇示。重心の問題で少しトモは流れ気味だが、レース当日と思わせるぐらいの状態になっている。週末と来週の追い切り+輸送で大きく減らずこの体を維持できれば能力全開だ。(馬サブロー栗東・吉田順一)

     〈1週前追い切り診断〉黒岩を背に栗東CWで6F86秒3-40秒6-12秒2(馬なり)。マイネルレオーネ(4歳500万下)に0秒1先着した。17日にも6F83秒0-38秒1-11秒8をマークする意欲的な調整。推進力に満ちた走りで、集中力も十分。毛ヅヤ、馬体の張りも申し分ない。

     
    【有馬記念予想|2016年|馬体診断まとめ】の続きを読む

    5
    有馬記念予想|予想・データ|ネット評価まとめ

    無料コンテンツが熱い競馬情報会社

    勝馬伝説 
    http://www.l-horse.com/
    勝馬伝説の無料情報だけで万馬券ゲット。無料情報に期待。

    金馬 
    http://www.kin-uma.com/
    毎週競馬情報お届けする競馬情報。無料コンテンツが満載。

    チェンジ
    http://www.5il.org/
    重賞の無料馬連予想の的中率が半端ない。

    すごい競馬 
    http://www.shopwin.biz/
    マル秘情報で先を行け!信頼の競馬情報

    by競馬予想会社ファン


    ラブリーデイ高いレベルで安定/有馬記念

     今年大ブレークを果たしたラブリーデイ(牡5、池江)は25日、坂路を4ハロン62秒1-14秒8で駆け上がった。

     相変わらず力強い脚さばきで、好調キープは間違いなさそうだ。兼武助手は「高いレベルで安定していて、言うことはない。前走と同じぐらいの体重で出せそう。枠もいいところを引けましたね。力を出せる状態だし、いつも通り自然体で送り出したい」と話した。

     

    有馬記念・種牡馬データ

    種牡馬着別度数勝率連対率複勝率単勝複勝
    アドマイヤドン1- 0- 0- 0/ 1100.00%100.00%100.00%540220
    ステイゴールド12- 5- 6-37/6020.00%28.30%38.30%101113
    ネオユニヴァース2- 2- 2-10/1612.50%25.00%37.50%220140
    ハーツクライ2- 6- 0-16/248.30%33.30%33.30%2482
    キングカメハメハ2- 2- 5-26/355.70%11.40%25.70%199119
    ディープインパクト2- 2- 3-24/316.50%12.90%22.60%4051
    マンハッタンカフェ0- 0- 1- 8/ 90.00%0.00%11.10%015
    ジャングルポケット0- 0- 2-18/200.00%0.00%10.00%029
    ゼンノロブロイ1- 0- 0-21/224.50%4.50%4.50%176
    ブラックタイド0- 0- 0- 1/ 10.00%0.00%0.00%00



    有馬記念・騎手データ

    騎手着別度数勝率連対率複勝率単勝複勝
    岩田康誠3- 2- 1- 3/ 933.30%55.60%66.70%126151
    浜中俊0- 1- 0- 1/ 20.00%50.00%50.00%060
    蛯名正義4- 3- 4-13/2416.70%29.20%45.80%85144
    内田博幸3- 1- 3- 9/1618.80%25.00%43.80%58163
    戸崎圭太4- 3- 0-11/1822.20%38.90%38.90%23691
    ルメール0- 1- 0- 2/ 30.00%33.30%33.30%0176
    川田将雅0- 0- 1- 2/ 30.00%0.00%33.30%063
    吉田隼人1- 0- 1- 6/ 812.50%12.50%25.00%21132
    田辺裕信1- 2- 3-20/263.80%11.50%23.10%91136
    横山典弘1- 0- 3-14/185.60%5.60%22.20%6952
    M.デム0- 0- 0- 4/ 40.00%0.00%0.00%00
    石川裕紀0- 0- 0- 4/ 40.00%0.00%0.00%00
    菱田裕二0- 0- 0- 1/ 10.00%0.00%0.00%00

     

    これを見ると、岩田アドマイヤゼウスは不気味


     

    【有馬記念予想|予想・データ|ネット評価まとめ】の続きを読む

    ルージュバック|有馬記念2015年|馬券になる可能性を考える

     

    arimakon









    [有馬記念]ルージュバックは7枠13番に決定


    ◆第60回有馬記念・G1(27日、中山・芝2500メートル)

     枠順公開抽選会が24日正午から始まった。

     11巡目を引き当てたルージュバックの枠順は7枠13番に決まった。

     大竹調教師「枠は関係ない馬。ただ13番はいいと思う。1回叩いて上向きだし、暮れの大一番を盛り上げられたら」

     ◆決定の流れ スペシャルゲストである元JRA騎手の岡部幸雄さんが、抽選を行う出走馬の陣営を抽選で選定。出走馬の関係者が希望するアルファベット(A~P=16頭)の馬番が入ったボールを選ぶ。メジャーリーガーの青木宣親選手が開封、馬番を発表する。

     
    鞍上の戸崎騎手は勝利すれば連覇www
    外枠でも、内で上手く脚を溜められれば… 

    【ルージュバック|有馬記念2015年|馬券になる可能性を考える】の続きを読む

    このページのトップヘ