競馬最強2chまとめぽいサイト

競馬の2chまとめです…!!いろいろな競馬サイトがありますが、これでもまとめているサイトはないと思います!!…2chまとめぽいサイトです。

    5
    中山金杯予想|2017年|予想データまとめ


     1月5日に行なわれる年明け最初の重賞、GIII中山金杯(芝2000m)では、“一年の計は金杯にあり““金杯で乾杯“などのフレーズがよく聞かれる。誰もが最初の重賞を当てて、気分よく新年の競馬のスタートを切りたいところだろう。

    アドマイヤ期待の2歳馬

     そこで、血統と近走の実績から、有力馬を見ていこう。ドレッドノータス(牡4歳、矢作芳人厩舎)は2歳時の2015年GIII京都2歳S(京都・芝2000m)勝ち馬。姉にGII府中牝馬Sなど重賞3勝のディアデラマドレがいて、母ディアデラノビアはGIIフローラSなど重賞3勝の活躍馬だ。休み明けの2走前アンドロメダS(オープン、京都・芝2000m)でタイム差なしの2着に入った後、前走のベテルギウスS(オープン、阪神・ダート2000m)では勝ち馬から4秒差の最下位10着に敗れているが、父ハービンジャーの産駒は同じ中山・芝2000mで行なわれる重賞・GIII京成杯を2勝しているように、ここは得意なコースだ。

     ストロングタイタン(牡4歳、池江泰寿厩舎)は500万下特別から3連勝中。前走の修学院S(1600万下、京都・芝2000m)では中団からしぶとい伸び脚を見せ、1分58秒6の好タイムで差し切った。父リーガルランサムは米GIIスーパーダービー(ダート・9ハロン)、UAE GII UAEダービー(ダート・1800m)などの勝ち馬で、日本と相性の良いフォーティナイナー系種牡馬。本馬は姉に2頭の米重賞勝ち馬がいる良血だ。勢いはナンバーワン。


     ツクバアズマオー(牡6歳、尾形充弘厩舎)は5歳の昨年、3勝を挙げてオープン入り。前走のディセンバーS(オープン、中山・芝2000m)を外から力強く差し切った。中山では12戦して[4-2-2-4](※左から1着数-2着数-3着数-着外数)で連対率50%。特に今回と同じ2000mでは5連続連対中だ。本馬の父ステイゴールドの産駒は、2014年の金杯でオーシャンブルーが勝利し、2010年はトウショウウェイヴが15番人気で3着と波乱を演出している。昨年12月25日のGIIホープフルSでもマイネルスフェーンが8番人気2着に入っており、この中山・芝2000mは得意な条件だ。

     マイネルフロスト(牡6歳、高木登厩舎)は3歳時にGIII毎日杯(阪神・芝1800m)を勝ち、GI日本ダービー(東京・芝2400m)で3着した実力馬。2015年4月の福島民報杯(オープン、福島・芝2000m)を勝って以来、勝利からは遠ざかっているが、昨年のこのレースでは逃げ粘ってヤマカツエースから0秒1差の2着に入っており、好走の可能性は十分。父ブラックタイドは昨年のGIジャパンCなどGI3勝のキタサンブラックと同じで、母の父グラスワンダーは昨年のGI香港Cを制し、GI6勝のモーリスなどの父系祖父という、“今が旬“の血統だ。

    【中山金杯予想|2017年|予想データまとめ】の続きを読む

    5
    中山金杯【2016年】予想|ブライトエンブレム|ネット評価まとめ

    無料コンテンツが熱い競馬情報会社

    勝馬伝説 
    http://www.l-horse.com/
    勝馬伝説の無料情報だけで万馬券ゲット。無料情報に期待。

    金馬 
    http://www.kin-uma.com/
    毎週競馬情報お届けする競馬情報。無料コンテンツが満載。

    チェンジ
    http://www.5il.org/
    重賞の無料馬連予想の的中率が半端ない。

    すごい競馬 
    http://www.shopwin.biz/
    マル秘情報で先を行け!信頼の競馬情報

    by競馬予想会社ファン

     「中山金杯」ブライト好発進決める”出世レース”制してラブリーデイに続け

     「中山金杯・G3」(2016年1月5日、中山)

     新年の飛躍を狙う。素質馬ブライトエンブレムが30日、美浦Wで3頭併せを行い、久々を感じさせない素軽い動きを披露した。今年の重賞は弥生賞の2着が最高着順。期待された牡馬クラシックは皐月賞4着、菊花賞7着に終わったが、世代でもトップクラスの能力を秘めた器だ。15年はラブリーデイが年間G1・2勝の足掛かりにした一戦で存在感をアピール、一気に高みを目指していく。

     気持ちの乗った走りだ。菊花賞7着以来となるブライトエンブレムは、美浦Wで3頭併せ。デピュティプライム(2歳500万下)、ボーンレガシー(2歳未勝利)にそれぞれ半馬身遅れる形となったが、4F57秒3-41秒8-13秒3の時計で軽快な動きを見せた。

     騎乗した小島茂師は「少し遅れたが、手応えに余裕はあったからね」と説明したうえで、「先週は少し重い感じだったが、調教が進むにつれて具合は良化している。絶好調とまではいかないが、力は出せる出来にある」と手応えをつかむ。

     菊花賞はアクシデントに見舞われた。3角で他馬に前をカットされ、鞍上が手綱を引っ張る不利が発生。首に負荷がかかってしまった。「帰厩当初は首の張りを気にしていた」と師は振り返る。それにより走りのバランスが崩れていたが、うまくケアをしながら調整を進めたことで改善。「首の感じはだいぶ良くなっている」とうなずく。いい形で再始動戦を迎えられる。

     小島茂師は68年の申(さる)年生まれで2016年は年男になる。「12年に一度のことだし、あやかりたいね」とニヤリ。「ここでいい競馬をして来年は躍進してほしいね」と人馬ともの好スタートに力を込める。年男のトレーナーと飛躍を期待される素質馬のコンビが、年始一発目の重賞で好スタートを決める。

     

    ブライトエンブレムは札幌2歳S・弥生賞2着・皐月賞4着だった

     札幌2歳S(1着)

     

    弥生賞(2着)

     

    皐月賞(4着)

     

    2chでも評価されていますね。

     

    2:2015/12/27(日) 16:58:07.28 ID:
    ペルーサまだ引退していなかったのかよ
    【中山金杯【2016年】予想|ブライトエンブレム|ネット評価まとめ】の続きを読む

    5
    中山金杯を絶対に当てる|2015年予想|2ch・ツイッターのまとめ
     

     お正月を飾る中山金杯(4日、中山・芝2000メートル)と京都金杯(同、京都・芝1600メートル)の出走馬が2日、決まった。中山金杯で重賞2勝目を狙うマイネルフロストは、11年に中山金杯、12年京都金杯と、東西の金杯を制している松岡と、昨年のダービー3着時以来となるコンビ再結成。明け4歳馬が、金杯男と15年の飛躍を目指す。

     昨年飛躍を遂げた高木厩舎が、マイネルフロストを送り込んできた。勝った昨年の毎日杯は、厩舎初の重賞タイトル。勢いに乗り、秋にはスプリンターズS(スノードラゴン)でG1初制覇を果たした。「昨年は大感謝の1年。今年も古馬のラインアップがそろっているので、フロストも一緒に活躍してほしい」と高木調教師は期待を込める。

     4歳になって迎える一戦は、菊花賞(7着)以来約2か月ぶり。2週続けて強めに追われて態勢を整えた。「昨年と大きくは変わらないが、精神的に落ち着いてきた」とトレーナーはうなずいた。

     中山は初めて。皐月賞は荒れた馬場を考慮して回避したが、路盤改修など“リニューアル”された今なら心配は無用。「ずっと使ってみたかった」と指揮官はコース適性を感じている。その大きな理由は「前めでも中団でも運べて、器用でレースセンスがある」と高く評価する自在性。良さが生きるとの判断だ。

     “金杯男”の松岡が決める。11年のこのレースをコスモファントムで制し、12年には京都金杯(マイネルラクリマ)をV。「金杯は両方勝っているので、今年は力みなく乗れそう」と笑顔を見せる。コンビを組んだ昨年のダービーでは、12番人気の低評価を覆して3着に導いた。「いいイメージがあるし、今回ももちろん一発を狙いますよ」とニヤリ。新年の“初笑い”を見せてくれそうだ。(石野 静香)

     

    中山金杯

     
    1着 オーシャンブルー ベリー
    2着 カルドブレッサ 藤岡佑介
    3着 ディサイファ 四位洋文
     
     
     
    管理人はラブリーディに注目しています。
     
     
     
    ツイッターの声
    【中山金杯を絶対に当てる|2015年予想|2ch・ツイッターのまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ