フェアリーS予想|2015年|コートシャルマンはどうですか?

◆フェアリーS追い切り(8日)

 ゆったりと、自分のリズムを守るような走りだった。コートシャルマンは、栗東の坂路で単走。初めて手綱を執ったC・デムーロと折り合いがピタリつき、推進力の伝わるフォームで一気に駆け上がった。馬なりのまま56秒7。数字こそ地味だが、1ハロンごとにラップが速くなり、ラストを12秒8でまとめた内容は優秀だ。

 「馬場が悪くて時計は出なかったけど、終始いい手応え。ラストも伸びていた」とデムーロは満足そう。見届けた松永幹調教師も「いい動き。予定通り」とうなずいた。今回は関東への初遠征だけに、1週前の1月31日に坂路で54秒6―12秒6としっかり時計を出し、当週はやりすぎないようにソフトな調整。陣営の仕上げに狂いはない。

 前走の阪神JFは、3番人気に支持されながら10着と思わぬ大敗。巻き返しへの強い思いがあるからこそ、中3週での参戦を決めた。「前走は走り切っておらず、疲れなどは全くない。今回は賞金を加算したいね」とトレーナー。本来の走りができれば、結果は自然とついてくる。

 
コートシャルマン
父-ハーツクライ
【フェアリーS予想|2015年|コートシャルマンはどうですか?】の続きを読む