競馬ニュース・競馬データまとめサイト

競馬のニュースや競馬のデータをユーザー視点でまとめています。競馬の予想の参考になるサイトづくりを目指しています。

    カテゴリ:競馬重賞(G3) > 京成杯

    京成杯予想|2019年|予想・データ

    keibayo

















    うまとみらいと…
    競馬ファンならぜひ欲しい情報がゲットできますよね。
    だから・・・無料会員がここまで美味しいとはwwww

    umatomi









    京成杯予想-種牡馬データ

    種牡馬 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
    ダイワメジャー 2- 4- 3- 14/ 23 8.70% 39.10% 24 110
    ディープインパクト 23- 19- 17-113/172 13.40% 34.30% 67 78
    キングカメハメハ 6- 9- 10- 52/ 77 7.80% 32.50% 24 75
    ルーラーシップ 8- 7- 7- 46/ 68 11.80% 32.40% 48 96
    ハーツクライ 16- 10- 12- 98/136 11.80% 27.90% 56 105
    ハービンジャー 12- 8- 12-101/133 9.00% 24.10% 79 55
    ダンカーク 1- 0- 0- 4/ 5 20.00% 20.00% 436 72
    ヴィクトワールピサ 6- 5- 1- 62/ 74 8.10% 16.20% 32 29
    ノヴェリスト 1- 0- 0- 15/ 16 6.30% 6.30% 30 8


    京成杯予想-騎手データ

    騎手 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
    ルメール 20- 6- 4- 12/ 42 47.60% 71.40% 144 101
    M.デム 2- 7- 2- 9/ 20 10.00% 55.00% 31 88
    福永祐一 1- 4- 4- 10/ 19 5.30% 47.40% 17 127
    戸崎圭太 15- 16- 9- 70/110 13.60% 36.40% 56 60
    中谷雄太 0- 0- 1- 2/ 3 0.00% 33.30% 0 163
    柴田大知 5- 15- 12- 84/116 4.30% 27.60% 22 84
    内田博幸 11- 7- 8- 71/ 97 11.30% 26.80% 114 96
    三浦皇成 3- 5- 9- 47/ 64 4.70% 26.60% 30 68
    マーフィ 0- 0- 2- 8/ 10 0.00% 20.00% 0 27
    石川裕紀 3- 0- 5- 34/ 42 7.10% 19.00% 29 48
    北村宏司 4- 2- 6- 62/ 74 5.40% 16.20% 80 86


    京成杯予想-スピード指数

    1位 カテドラル
    2位 ダノンラスター
    3位 ナイママ
    4位 ランフォザドリーム
    5位 マードレヴォイス


    本命
    カテドラル



    勝馬伝説の無料情報が熱い・・・
    無料情報だけで万馬券GETwwwww
    kachium
















    京成杯予想|2019年|注目NEWSまとめ


    keibanews













    ヤフーニュースから京成杯の注目ニュースをまとめました


    うまとみらいと…
    競馬ファンならぜひ欲しい情報がゲットできますよね。
    だから・・・無料会員がここまで美味しいとはwwww

    umatomi










    【京成杯】キングカメハメハ産駒が過去5回の馬券圏内と好成績/データ分析(血統編)

     14日に中山競馬場で行われる京成杯(3歳・GIII・芝2000m)について
    種牡馬・血統別に検証していく。  
     
     過去10年で最多となる5回の馬券絡みはキングカメハメハ、4回でステイゴールドが続く。他に複数回の馬券絡みがあるのはハービンジャー、バゴ、ディープインパクト、アグネスタキオン。  

     キングカメハメハ産駒は0-3-2-5で優勝馬こそいないものの複勝率50%。
     
     15年クルーガー(6番人気3着)、
     16年ケルフロイデ(7番人気2着)と人気薄での激走が見込め、
     
     昨年はコズミックフォースが2番人気2着としっかり馬券絡みを果たした。今年、キングカメハメハ産駒はランフォザローゼズが出走を予定している。  

     ディープインパクト産駒は1-0-1-8で複勝回収率47%。10頭中9頭が4番人気以内で残る1頭も6番人気だったことを考えると期待値は低く、11年にスマートロビンが、16年にウムブルフが1番人気を裏切っている。馬券になったのは12年ベストディール(2番人気1着)と14年アデイインザライフ(4番人気3着)。

     今年登録しているディープインパクト産駒は、カフジジュピター、ダノンラスターの2頭だ。  

     ハービンジャー産駒は2-0-0-5。15年ベルーフ、16年プロフェットが優勝している。

     ハーツクライ産駒は1-0-0-3。13年のフェイムゲームが7番人気で勝っている。

     今年、ハービンジャー産駒はヒンドゥタイムズ、リーガルメインの2頭が、ハーツクライ産駒はカテドラルが登録している。  

     人気が予想されるラストドラフトの父ノヴェリスト、シークレットランの父ダンカークはこれまでの出走なし。



    【京成杯】ナイママの逆襲!前走大敗も地方馬クラシック制覇の夢もう一度追いかける!

    ◆第59回京成杯・G3(1月14日・芝2000メートル、中山競馬場)  

     地方競馬所属のナイママ(牡3歳、川崎・河津裕昭厩舎)が、第59回京成杯・G3(14日、中山)で再び中央重賞へ殴り込みをかける。

     オーナーは“マイネル軍団”の総帥・岡田繁幸氏。

     04年、コスモバルクで挑戦した地方所属馬による中央クラシック制覇の夢をもう一度追いかける。  同馬は昨年5月、バルクと同じホッカイドウ競馬の田部厩舎から門別でデビュー。初戦を大差勝ちすると、中央初挑戦のコスモス賞を快勝。続く札幌2歳Sはタイム差なしの首差2着で、勝ち馬はのちのホープフルSで3着に入ったニシノデイジーだった。  

     その後、プレイアンドリアルで14年京成杯を制した川崎競馬の河津調教師にバトンタッチ。この“強力リレー”からも、総帥の期待度がうかがえる。移籍後初戦となった前走の東京スポーツ杯2歳Sは13着と大敗したが「返し馬からテンションが高かった。ポジション取りに手間取ったのも大きい。自分の競馬をしていない」と河津師。全く悲観していない。  

     レース後は放牧に出て立て直しを図り「メンタル面が大人になったね。それに、体に芯が入ってフォームが良くなった。あとは木曜日に川崎競馬場の本馬場で追って、気合を入れる」と、トレーナーも成長ぶりを評価。プレイアンドリアルも朝日杯FSで7着と大敗しながら続く京成杯を制覇しており、目が離せない


    【京成杯】ランフォザローゼス躍動感魅せた 余力十分に併入

     「京成杯・G3」(14日、中山)  超のつく良血馬ランフォザローゼスが美浦Wで躍動。

     タイム自体は平凡ながら、余力十分に併入を決めて気配の良さを示した。タレントぞろいの藤沢和厩舎の中でも、秘めた素質は遜色なし。

     ここできっちりと結果を出し、さらなる高みへと向かいたい。  世界のスターホースを知る若き天才が、日本が誇る超良血馬をベタ褒めした。ランフォザローゼスは9日、馬場清掃直後の美浦Wに登場。口を割って先行するドラゴンストーム(7歳障害オープン)をスムーズに追走した。

     直線では鞍上の指示に従って内に入り、持ったままでギアチェンジ。滑らかに加速して馬体を並べ、そのまま併入した。  

     タイムは4F55秒5-41秒1-13秒4と平凡だったが、追いだせば楽に詰められる余裕の手応え。マーフィーは「すごくいい動き。フィジカルはコンパクトでもいい感じだった。VTRで見た前走(葉牡丹賞2着)は少し子どもっぽい感じで厳しい競馬になっていたが、今回の方が良くなっているのでいいレースができる」と意欲をのぞかせた。

     父はキングカメハメハ、母の父はディープインパクト、祖母は名牝エアグルーヴと、競馬ファンならおなじみの活躍馬が並ぶ血統に「本当にきれいな馬」と目を丸くした。  

     藤沢和師は昨年、2歳戦だけで16勝と白星を量産。「(成長が)遅かったけど、順調に来ている。前走は抑え込まれて苦しい感じになった。将来を期待して買った繁殖の子だし、期待は大きいよ」と高評価を与える。今春をにらむ3歳牝馬戦線にはグランアレグリア、シェーングランツがスタンバイ。同厩2頭に負けじと重賞タイトルをもぎ取り、出世争いに加わりたいところだ。




    勝馬伝説の無料情報が熱い・・・
    無料情報だけで万馬券GETwwwww
    kachium
















    京成杯予想|2018年|予想・データ

    keibayo

















    競馬情報が毎日熱いwww
    無料情報毎日更新・・・
    誰でも無料・フリーメールで予想をゲットしましょう

    jyonetu2













    ヤフーニュースより
    【京成杯】夕刊フジ・調教チェッカーズ 厳選3頭教えます

    真冬のお気に入りアイテム・暖パンに続いて今年はインナーに暖タイツみたいなやつを導入したところ、今回も途中から猛烈に熱くなって焦った。毎年同じことを書いているし来年も書く気がするが、要するに年寄りだということです。

     1番手はデルタバローズ。

     11日の追い切りは直線、手が動き出すソレイユドパリの内から余裕しゃくしゃくの馬なり併入。走りのタッチが軽く、重心をスッと落とすあたり、なるほど完成度の高さを感じさせた。ひと息入ったデビュー2戦目で精神面が気になるタイミングだけに、穏やかさを保っているのも好感が持てる。

     ジェネラーレウーノは直線、先導役の3歳未勝利を捕まえにいくときの加速力が抜群。抜け出して気を抜いたか、ゴール前で急激に減速して反撃を許すなど多分に若さはあるものの、雄大な馬格を生かした力感ある走りは見事。

     エイムアンドエンドは10日に坂路で1F12秒9としまいを伸ばした翌11日にWコースで併せ馬を行い、古馬500万下に2馬身先着。立て続けにやれること自体すごいが、本当に強調したいのは両日ともに身のこなしが実に機敏で、躍動感にあふれていたこと。デキ急上昇の予感。


    京成杯-種牡馬データ

    種牡馬 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
    キングカメハメハ 12- 10- 12- 70/104 11.50% 32.70% 46 69
    ハービンジャー 11- 13- 8- 96/128 8.60% 25.00% 50 54
    キングヘイロー 1- 0- 4- 28/ 33 3.00% 15.20% 17 63
    スクリーンヒーロー 1- 0- 1- 19/ 21 4.80% 9.50% 38 15
    エイシンフラッシュ 1- 0- 0- 7/ 8 12.50% 12.50% 97 18
    ヴァーミリアン 1- 0- 0- 8/ 9 11.10% 11.10% 2725 415
    カンパニー 0- 1- 2- 13/ 16 0.00% 18.80% 0 126
    ベーカバド 0- 0- 1- 10/ 11 0.00% 9.10% 0 42
    ワークフォース 0- 0- 0- 25/ 25 0.00% 0.00% 0 0
    ロジユニヴァース 0- 0- 0- 2/ 2 0.00% 0.00% 0 0
    フリオーソ 0- 0- 0- 2/ 2 0.00% 0.00% 0 0
    タートルボウル 0- 0- 0- 2/ 2 0.00% 0.00% 0 0


    京成杯
    -騎手データ


    騎手 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
    北村宏司 3- 2- 2- 7/14 21.40% 50.00% 227 109
    戸崎圭太 3- 0- 1-12/16 18.80% 25.00% 55 35
    ルメール 3- 0- 1- 2/ 6 50.00% 66.70% 130 80
    M.デム 2- 3- 0- 4/ 9 22.20% 55.60% 100 113
    柴山雄一 2- 2- 2-12/18 11.10% 33.30% 40 56
    田辺裕信 1- 2- 2- 2/ 7 14.30% 71.40% 114 190
    吉田隼人 1- 1- 2- 7/11 9.10% 36.40% 43 131
    蛯名正義 1- 1- 1-14/17 5.90% 17.60% 9 28
    川田将雅 1- 1- 1- 2/ 5 20.00% 60.00% 106 126
    大野拓弥 1- 1- 0-14/16 6.30% 12.50% 36 21
    岩田康誠 1- 1- 0- 7/ 9 11.10% 22.20% 27 35
    内田博幸 1- 0- 2-11/14 7.10% 21.40% 50 50
    ベリー 1- 0- 1- 7/ 9 11.10% 22.20% 67 40
    池添謙一 1- 0- 0- 2/ 3 33.30% 33.30% 163 53
    吉田豊 1- 0- 0- 5/ 6 16.70% 16.70% 130 25
    木幡初也 1- 0- 0- 2/ 3 33.30% 33.30% 8176 1246
    フォーリ 1- 0- 0- 0/ 1 100.00% 100.00% 1130 350
    C.デム 1- 0- 0- 0/ 1 100.00% 100.00% 270 140
    荻野極 1- 0- 0- 0/ 1 100.00% 100.00% 180 110
    柴田善臣 0- 2- 1-13/16 0.00% 18.80% 0 47


    勝馬伝説の無料情報が熱い・・・
    無料情報だけで万馬券GETwwwww
    kachium
















    5
    京成杯予想|注目馬ブレイブスマッシュ


    無料コンテンツが熱い競馬情報会社

    勝馬伝説 
    http://www.l-horse.com/
    勝馬伝説の無料情報だけで万馬券ゲット。無料情報に期待。

    金馬 
    http://www.kin-uma.com/
    毎週競馬情報お届けする競馬情報。無料コンテンツが満載。

    チェンジ
    http://www.5il.org/
    重賞の無料馬連予想の的中率が半端ない。

    すごい競馬 
    http://www.shopwin.biz/
    マル秘情報で先を行け!信頼の競馬情報

    by競馬予想会社ファン

    ↑↑
    ここ注目しています。

    【京成杯予想|注目馬ブレイブスマッシュ】の続きを読む

    5
    京成杯|予想・直前情報|まとめ
    ヤフーNEWSより 

     ホープフルSで、3、4着のブラックバゴとソールインパクト、2連勝中のタケルラムセスなど、今日(1/15)追い切った美浦所属馬について、関係者に取材した。

    ブラックバゴ(牡3・美浦・斎藤誠)について、斎藤調教師。
    「未勝利戦を勝った後は、ホープフルS(3着)を目標にして調整しましたが、うまく仕上がっていたと思います。ただ前が塞がったり、窮屈になる場面がありながらの3着ですし、力はあると思います。レース後に放牧に出す予定でしたが、調子が良いので京成杯に出走させることにしました。速い脚を使えるタイプだとは思っていなかったのですが、1、2戦目は広いコースで速い脚が使えましたし、前走は中山のトリッキーなコースであのような競馬ができて、1戦ごとに新しいことが見えてくる馬です。

     先週追い切りで騎乗した蛯名騎手も好感触を掴んでくれていたようですし、乗りやすくて注文がつかない馬です。前走でトリッキーなコースもこなしてくれたように、器用さもありますね。今後大きなところを狙っていける馬だと思っていますので、先を考えてもここは大事な一戦になるでしょう」

    ソールインパクト(牡・美浦・戸田博文)について、戸田調教師。
    「前走のホープフルS(4着)はゆるめたわけではないのですが、プラス10キロと体が増えていました。ただ見た目に太目感はなかったですし、走れていますので、太いというよりも成長途上なのだと思います。競馬は上手なのですが、前走のように脚を余したりなど、そのあたりにまだ子供っぽさがありますが、経験を積みながら良くなっていくと思いますし、ここ2戦は素質の片鱗を見せてくれています。これからもしっかり育てていきたいですね。

     前走から実質中2週と間隔もあいていませんし、今日は無理せず調整程度の追い切りでした。気持ちだけ整えるという感じでしたが、良い動きでしたね。テンションが上がり過ぎないかが心配でしたが、落ち着いていますし、飼い葉もしっかり食べていて良い状態です。どの陣営も考えていることは同じだと思いますけど、今後のためにもここで賞金を加算しておきたいので、頑張ってほしいですね」

    タケルラムセス(牡3・美浦・田村康仁)について、田村調教師。
    「新馬、特別(寒竹賞)2連勝ですが、どちらもこちらの予想以上の結果を出してくれています。前走は後方からの競馬になりましたが、その状況で34秒8とメンバー中最速の上がりでしたし、あの勝ち方は評価できると思います。特に4コーナーでスピードに乗った時にも、ジョッキーの指示にちゃんと従って良いポジションで回って来れたところが、この馬の賢さであり、センスの良さだと感じました。

     今日の追い切りはあまりやらないようにという指示でしたから、併せた馬に遅れましたが、状態は本当に良いです。今後のローテーションを楽にするためにも、ここで勝つか2着に入って賞金を加算したいと思いますし、良い結果を期待しています」

    イーデンホール(牡3・美浦・大久保洋吉)について、吉田豊騎手。
    「前走(500万下・1着)は、スムーズに運べて終いもよく伸びてくれました。以前は掛かったり、砂を被ると嫌がる面がありましたが、1戦ごとにレースがうまくなってきました。今の時期はダートのオープンクラスのレースが少ないので、芝適性を試す意味もあってここを使うのだろうと思います。今回は2000mと距離が延びますので、折り合いに気をつけないといけませんが、脚を溜められれば、良い脚を使ってくれます。ダートで使っているような終いの脚を、芝の速い馬場で使えるかどうかですね」

    ブライトバローズ(牡3・美浦・堀宣行)について、橋本篤典調教助手。
    「前走(寒竹賞・5着)は、勝負どころで進路があいたので、インに入るのは当然だとは思いますが、直線で少し進路が狭くなってしまい、他馬に寄られて戦意を失ってしまったようです。力を出し切らずに終わった感じがしますね。中1週になりますが、引き続き状態は良いので、改めて期待しています」(取材・写真:佐々木祥恵)

     

    2015年バルピエールに注目しています!!

     

    【京成杯|予想・直前情報|まとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ