競馬最強2chまとめぽいサイト

競馬の2chまとめです…!!いろいろな競馬サイトがありますが、これでもまとめているサイトはないと思います!!…2chまとめぽいサイトです。

    カテゴリ:競馬重賞(G2) > 東海S

    東海S|2017年|予想・データまとめ

    勝馬伝説の無料情報で万馬券・・・GET


     「東海S・G2」(22日、中京)

     馬具の効果と得意の左回りで初タイトル奪取だ。ケイコ駆けしないモズライジンが19日、栗東坂路で自己ベストタイをマーク。当初は除外候補だったが、賞金上位馬の回避で晴れて出走へ。全ての面で流れが向いてきたとなれば、久々のコンビ結成で張り切る中谷を背に、大仕事をやってのけてもいい。

     力感あふれるパワフルなアクションで、モズライジンが栗東坂路で自己ベストタイをマーク。攻め駆けしない馬がゴールまでしっかりと駆け抜けた。

     4F53秒4-38秒8-13秒1のタイムに、騎乗した中谷は「時計もちょうどいいし、よう動いているよ」と称賛した。前走の東京大賞典では一気の相手強化に6着と敗れたが、そのダメージはみじんも感じられなかった。

     JRAでの重賞挑戦は昨春のマーチS(9着)以来2度目。これまで重賞では、昨年3月の名古屋大賞典3着が最高。能力的には通用するものを持っているが、真面目に走らない気性面が出世を邪魔してきた。そこで鞍上は、今回から「厩務員さんとも話していて、前から着けたかったんです」とチークピーシーズ着用を提案。その効果からか、最終追い切りでも集中力を切らすことはなかった。

     もうひとつ追い風となりそうなのが、7戦6連対と抜群の安定感を誇る左回りに変わる点だ。「コーナーがスムーズだし、ゲートの出からして違う」と中谷。確かに4走前の東京では、スタートを決めて好位から押し切る強い勝ちっぷり。中京でも2戦して2連対と言うことなし。待望のタイトル奪取へ、桶狭間にライジンの一撃をとどろかせてみせる。

    【東海S|2017年|予想・データまとめ】の続きを読む

    5

    東海S予想|予想・データ|ネット評価まとめ

     


    無料コンテンツが熱い競馬情報会社

    勝馬伝説 
    http://www.l-horse.com/
    勝馬伝説の無料情報だけで万馬券ゲット。無料情報に期待。

    チェンジ
    http://www.5il.org/
    重賞の無料馬連予想の的中率が半端ない。

    すごい競馬 
    http://www.shopwin.biz/
    マル秘情報で先を行け!信頼の競馬情報

    by競馬予想会社ファン



    【東海S】ロワジャルダン、素軽い動きで1馬身先着

    ◆第33回東海S・追い切り(20日・美浦)

     東海S(24日、中京)に出走するロワジャルダンは、美浦のウッドチップ(W)コースで素軽い動きを披露した。

     頂点をつかむための戦いが始まった。ロワジャルダンが目指すのは、前走4着に健闘したGIの大舞台。「今年の最大目標は暮れのチャンピオンズC。そのためには、ここでしっかり賞金を加算してきたい」。戸田調教師の意気込みに応えるように、パートナーは上々の動きを見せた。

     美浦のWコース5ハロンから外カウウェラ(6歳障害オープン)を2馬身追走。直線では内に進路を取ると、素軽い動きで難なく併走馬に並びかける。ラストも手応えを残したまま、1馬身先着でゴール。5ハロン69秒4―13秒4と時計こそ目立たないが、活気ある動きで駆け抜けた。

     激戦から間隔も短めで、輸送を控えるためソフトな内容だった。戸田調教師は「輸送もあるのでそれほど時計は出していないけど、外を回ってそれなりに負荷はかかっている。GIの後も疲れはなく、順調に来ている」と満足していた。

     昨夏から軌道に乗ってきた明け5歳馬は、8番人気だったチャンピオンズC4着で一躍ダート界の新星として認知されつつある。「不利な大外枠でも最後はよく伸びてきてくれたし、差のない3着馬(サウンドトゥルー)は次走でGI(東京大賞典)を勝ったのでこの馬にも頑張ってほしい」と期待を隠さない。

     いまのところ、来月のフェブラリーS出走は考えていない。「まだダート界のぺーぺー(新人)。いまは地道に賞金を加算することが必要」と戸田師。先々の目標を達成するためにも、ここでは負けられない。(牧野 博光)

     
     
    東海S
    【東海S予想|予想・データ|ネット評価まとめ】の続きを読む

    5
    東海S予想|注目馬モンドクラッセ|ネット評価まとめ

    無料コンテンツが熱い競馬情報会社

    勝馬伝説 
    http://www.l-horse.com/
    勝馬伝説の無料情報だけで万馬券ゲット。無料情報に期待。

    金馬 
    http://www.kin-uma.com/
    毎週競馬情報お届けする競馬情報。無料コンテンツが満載。

    チェンジ
    http://www.5il.org/
    重賞の無料馬連予想の的中率が半端ない。

    すごい競馬 
    http://www.shopwin.biz/
    マル秘情報で先を行け!信頼の競馬情報

    by競馬予想会社ファン

    東海S、モンドクラッセ、今度こそ逃げで

     今週の中京メーンは東海ステークス。1着馬にはフェブラリーS(2月21日、東京、GI、ダ1600メートル)の優先出走権が与えられる重要な一戦だ。注目はダート転向後、8戦5勝の逃げ馬モンドクラッセ。前走のGIIIみやこSは先手を奪えず7着に敗れたが、中間は調教強化で“闘魂”を注入され、重賞に再び挑む。

     重賞初挑戦だった前走のみやこSで7着に敗れたダート界の新星・モンドクラッセが、改めてタイトル獲得を目指す。

     清水英調教師は「前走はちょっと中途半端な競馬になってしまった」と語り、巻き返しを図っている。

     昨夏の札幌戦(500万下)からポプラ特別(1000万下)、内房S(1600万下)と、スタート直後から後続に影を踏ませず、それぞれ2着に8馬身、3馬身半、5馬身の差をつけて圧勝。3連勝を飾って臨んだみやこSでは2番人気に支持された。

     しかし、エーシンモアオバーに先手を奪われ、2番手を追走。4コーナーで外から並びかけ、直線で一旦先頭に立ったが、後続にのみ込まれた。

     反撃へ向け、陣営は対策を取っている。「この中間は少し攻め馬を強化しているので、いい仕上がりで臨めると思う」とトレーナー。

     今月に入って5本の追い切りを消化し、そのうち13日に美浦Wコースで4ハロン51秒8-12秒9を馬なりでマーク。17日には同コースで4ハロン54秒4-12秒4を一杯に追って計時し、僚馬を4馬身突き放した。体調はひと追いごとに上向いている。

     トレーナーは「まだ気難しい面があって、オープンに入っての1800メートルは少し長いのかもしれないが、気分よく走ってくれれば」と課題を挙げながらも期待を寄せている。

     主戦の三浦騎手が中山で騎乗するため、鞍上は先週の愛知杯をバウンスシャッセで制した田辺騎手。勢いがあるのは頼もしい。

     ダートに転向して8戦5勝のモンドクラッセ。理想の単騎逃げで淡々と運べれば、調教強化の効果で待望の重賞勝利をもぎ取れるはずだ。

    ★重要な前哨戦

     東海Sはダート路線のローテーションの見直しに伴い、5月の京都開催から2013年に1月の中京開催へ変更。同じ左回りの東京で開催される2月のGIフェブラリーSの重要な前哨戦となった。過去3年の優勝馬のうち、13年のグレープブランデーと15年のコパノリッキーは、同年のフェブラリーSを制覇している。

     

     

    モンドクラッセと言えば

     

    スプリンターズS、当日の最終レース…強かったですね。

    メンバーを考えると

     

    今の中京ダートは逃げ有利だけに



    三浦皇成騎手→田辺裕信騎手へ変更も良いですね。

     

    中京ダート1800m(2015年)

    三浦皇成騎手→0-0-0-2/2

    田辺裕信騎手→0-1-0-1/2(8番人気2着)

     

    逃げ

    三浦皇成騎手→15-13-12-51/91(16%ー44%)

    田辺裕信騎手→7-8-5ー47/67(10%ー29%)

    ここが不安点

     

     

     モンドクラッセ-ツイッター

    【東海S予想|注目馬モンドクラッセ|ネット評価まとめ】の続きを読む

    5
    東海S予想を当てる|ニュース・動画|2ch・ツイッター

     昨年前半の勢いが後半で削がれた格好のコパノリッキー。自分の形に持ち込めた時は強く、ここで弾みをつけて再びその勢いを取り戻したいところだ。それをナムラビクター、インカンテーションといった実力馬が阻止するのか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

    ■1/25(日) 東海S(4歳上・GII・中京ダート1800m)

     コパノリッキー(牡5、栗東・村山明厩舎)は昨年、GIを3勝して一時代を築くかに思われたが、秋のチャンピオンズCでは出遅れが響いてレースにならず、続く東京大賞典でもホッコータルマエに完敗し、その勢いは止まってしまった。しかし、自分の形に持ち込んだ時の強さは健在なはずで、ここを押し切って再度その勢いを取り戻したいところだ。

     ナムラビクター(牡6、栗東・福島信晴厩舎)は前走のチャンピオンズCで惜しい2着。先行して脚を伸ばすスタイルで、ここでも大崩れは考えにくい。今回相手ははっきりしているだけに、早目の競馬で勝ち切る場面があっても良さそうだ。

     インカンテーション(牡5、栗東・羽月友彦厩舎)は前走のチャンピオンズCで10着に終わったが、力負けではないだろう。その前の3連勝の内容からここでも通用するのは明白で、一気の巻き返しを期待したいところ。

     その他、往年の力は望めないが実績上位のニホンピロアワーズ(牡8、栗東・大橋勇樹厩舎)、相手なりで堅実に走るランウェイワルツ(牡4、栗東・音無秀孝厩舎)、成績にムラはあるが能力は通用しそうなソロル(牡5、栗東・中竹和也厩舎)なども上位進出を狙う。発走は15時25分。

     
    東海S-2014年動画
     
    1着 ニホンピロアワーズ 酒井学
    2着 グランドシチー ギュイヨン
    3着 マイネルバイカ 松山弘平
     
     
    ツイッターの声 
    【東海S予想を当てる|ニュース・動画|2ch・ツイッター】の続きを読む

    このページのトップヘ