競馬ニュース・競馬データまとめサイト

競馬のニュースや競馬のデータをユーザー視点でまとめています。競馬の予想の参考になるサイトづくりを目指しています。

    共同通信杯予想|2019年|予想・データ

    keibayo

















    うまとみらいと…
    競馬ファンならぜひ欲しい情報がゲットできますよね。
    だから・・・無料会員がここまで美味しいとはwwww

    umatomi









    共同通信杯予想-種牡馬データ

    種牡馬 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
    ディープインパクト 27- 21- 32-157/237 11.40% 33.80% 52 74
    キングカメハメハ 12- 8- 7- 65/ 92 13.00% 29.30% 89 99
    ダイワメジャー 6- 9- 2- 48/ 65 9.20% 26.20% 47 52
    ダノンバラード 0- 0- 0- 1/ 1 0.00% 0.00% 0 0


    共同通信杯予想-騎手データ

    騎手 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
    戸崎圭太 31- 18- 16- 57/122 25.40% 53.30% 118 119
    ルメール 18- 18- 13- 28/ 77 23.40% 63.60% 60 91
    M.デム 13- 6- 3- 22/ 44 29.50% 50.00% 139 86
    大野拓弥 10- 6- 4- 79/ 99 10.10% 20.20% 106 66
    柴田大知 6- 8- 12-107/133 4.50% 19.50% 103 72
    武豊 3- 2- 3- 22/ 30 10.00% 26.70% 66 90
    三浦皇成 1- 6- 7- 43/ 57 1.80% 24.60% 8 68



    共同通信杯予想-スピード指数

    1位 ダノンキングリー
    2位 アドマイヤマーズ
    3位 ナイママ
    4位 クラージュゲリエ



    本命
    アドマイヤマーズ


    勝馬伝説の無料情報が熱い・・・
    無料情報だけで万馬券GETwwwww
    kachium
















    共同通信杯予想|2019年|注目NEWSまとめ


    keibanews













    ヤフーニュース共同通信杯の注目ニュースをまとめました


    うまとみらいと…
    競馬ファンならぜひ欲しい情報がゲットできますよね。
    だから・・・無料会員がここまで美味しいとはwwww

    umatomi










    【共同通信杯・東西記者徹底討論】ひいらぎ賞完勝ダノンキングリーか地力アップしたクラージュゲリエか

     【共同通信杯(日曜=10日、東京芝1800メートル)東西記者徹底討論】
    GIII共同通信杯をメインターゲットにした今週の予想合戦は、「独創」荒井&「馼王」西谷の定番対決。登録わずか8頭の少頭数だからこそ、予想センスがより問われる。今年から新たに加入した「分析官」岡崎に対して、キャリアの差を見せたいところだ。  

     荒井敏彦(東京スポーツ):平成の終わりまで残り3か月を切ったか。  

     西谷哲生(大阪スポーツ):やり残したことはないかって?  

     荒井:オレは過去を振り返るより、今を大事にする性分だけどさ。  

     西谷:ボクは節目を大切にしてますよ。また新人さんが入ってきたんだなあって。  

     荒井:それは中洲のこと?  

     西谷:違いますよ。確かに「昭和生まれで~す」と聞くと親近感を覚えますけど。  

     荒井:じゃあ、昭和が終わって、平成最初の共同通信杯の勝ち馬を言ってみろ。  

     西谷:え~っと1989年だから…。  
     
     荒井:知識不足だな。なら、昨年2月に中洲で会ったのは?  

     西谷:アイちゃん…分かった! 90年のアイネスフウジンの前だから、平成元年はマイネルブレーブですよ。  

     荒井:ご苦労さま。何かに役立つといいね。  

     西谷:また塩対応ですか。そんなことより、この共同通信杯は近年だけでもイスラボニータ(2014年)、ディーマジェスティ(16年)が皐月賞馬に、2着のドゥラメンテ(15年)は春2冠を制してます。例年、少頭数の割にクラシック馬をきっちり出しているんですよね。で、今年は2歳王者アドマイヤマーズがここから始動します。  

     荒井:距離延長はそうマイナスには思わないけど、初めての長距離輸送に加え、今回ばかりは先々を見据えた一戦なのは明らかだからな。強いのは分かっちゃいるが、あえて評価を落とす手もありだろ。  

     西谷:ボクがアドマイヤマーズを2番手に下げたのは“暴走”した1週前追いが気になったから。3頭併せをするつもりで最後方からスタートしたのに、3コーナーから我慢できずに先頭に立ち、そのまま後続を引き離してしまって、直線は単走追いの形に。あの追い切り内容を見ると、どうしても1ハロン延長に不安を感じてしまいます。  

     荒井:折り合いを欠いて敗れたドゥラメンテのようなことがあるってか。  

     西谷:というわけでダノンキングリー◎ですね。前走のひいらぎ賞は3馬身半差の完勝。何より中身が秀逸でした。中山1600メートルの大外枠から、勝負どころで大外を回って追い上げての差し切り。実質的に走った距離は、それこそ1800メートルに近かったんじゃないかと…。  

     荒井:まあ、それはオーバーにしても、初戦が超スローの尻上がりラップ、2戦目がよどみないハイラップと、まったく違う流れに難なく対応したセンスは評価しないわけにはいかないよな。ライバルにとって脅威なのは確か。オレも逆転候補の筆頭にした。  

     西谷:それでもクラージュゲリエ◎ですか? スローの瞬発力勝負だと切れ負けする可能性があると思うんだけどな。  

     荒井:この馬は一戦ごとの成長力がすごいんだよ。前走の京都2歳Sは馬群の中でも気にするところを見せてなかったし、折り合いも実にスムーズ。そのうえで叩き合いをしっかり制した走りは札幌当時からの確かな地力アップを感じさせた。いかにも(武)ユタカさんに合いそうな馬だし、きさらぎ賞のダノンチェイサーと使い分けた池江厩舎の2週連続Vだ。  

     西谷:穴ならゲバラじゃないですか。抜け出そうとした時にソラを使ったりで初戦は幼い面がくっきり。それでも最後は2着馬をねじ伏せたようにポテンシャルは相当高い。フットワークが大きく、器用なタイプではなさそうだから、東京でパフォーマンスアップが見込めます。  

     荒井:オレはシュヴァルツリーゼに注目してる。初戦で本気で走っていたのは正味ラスト2ハロンくらいだろ。そこのラップが11秒1→11秒0。あえて重賞にぶつけてきた意欲を買いたい。  

     西谷:伝統の京都記(日曜=10日、京都芝外2200メートル)念は復調ムードを感じるタイムフライヤーが今度は馬券になりそう。ここ2走(菊花賞=6着→中山金杯=5着)は前半のポジション取りの差が出てしまった感じ。速い脚が使えるタイプではないので、今の力のいる京都の馬場は追い風。斤量55キロなら言い訳はできません。  

     荒井:いや、ここはダンビュライトの巻き返しだろ。ペースが流れると読んでいたアメリカJCC(6着)は、まさかの切れ味比べになってしまったからな。この馬にとっても荒れた京都の馬場は間違いなくプラスに出るだろ。


    【共同通信杯】アドマイヤマーズ好気配 M・デムーロは自信「距離も大丈夫」

     「共同通信杯・G3」(10日、東京)  先週の追い切りでは、やや力みが感じられた2歳王者アドマイヤマーズ。今週は折り合いをテーマに、6日の栗東坂路を4F54秒3-40秒2-13秒0をマークした。時計は少々地味でも、我慢を利かせた走りは目を引いた。

     「ゆったりと追ったので(4F)56秒ぐらいかと思いましたが、この時計でしたから。具合がいい証拠だと思います」と友道師は満足げにうなずく。  

     これまで朝日杯FS勝ち馬は共同通信杯で6勝、2着2回とほぼ完璧な数字を残している。「前走から間隔があいていない分、調整はしやすかった。課題は長距離輸送と、1Fの距離延長になりますが、北海道からの輸送でもどっしりと物おじはしない馬だし、マイルから使ったのも朝日杯FSを意識してのもの。問題はないよ」と指揮官は胸を張る。  

     M・デムーロも「先週の追い切りで(マーズに)騎乗したが、体は成長していて大きくなっていました。左回りでも勝っているし、距離も大丈夫」と自信たっぷりだ。ここまで4戦全勝。始動戦もきっちり結果を出し、大舞台へ突き進む。


    【共同通信杯】クラージュゲリエさすがの動き 池江師「我慢が利いてくれれば」

      「共同通信杯・G3」(10日、東京)  さすがのアクションだった。京都2歳S覇者のクラージュゲリエが6日、栗東CWで躍動。

     先行したサトノゲイル(4歳500万下)との間合いを加速しながら楽に詰め、しっかりとギアを変えて首差先着を果たした。我慢させながら刻んだラップは6F84秒2-39秒2-11秒8。もたれる面を見せていた1週前とは違い、スムーズにフィニッシュして最終追い切りを打ち上げた。  

     気性面を課題に挙げる池江師は「仕上がっていますから、前半は折り合いを重視して上がり重点で」と話し「乗り難しいところもありますから、我慢が利いてくれればいいのですが」と複雑な胸の内を明かした。  

     それでも札幌で洋芝をこなしたタフさと、東京で瞬発力勝負にも対応できた決定力を兼ね備えているのは、大きな魅力だ。長距離輸送を伴う関東エリアでのレースをこの時期に経験させておくことは、大きな意味を持つ。クラシックを見据え、まずは府中に参戦。スポンジのように全てを吸収して、スキルアップを図る。




    勝馬伝説の無料情報が熱い・・・
    無料情報だけで万馬券GETwwwww
    kachium
















    共同通信杯予想|2018年|予想・データ

    keibayo

















    競馬情報が毎日熱いwww
    無料情報毎日更新・・・
    誰でも無料・フリーメールで予想をゲットしましょう

    jyonetu2













    ヤフーニュースより
    【共同通信杯】ゴーフォザサミット 古馬準オープンに比肩する能力でクラシックに名乗り

    【共同通信杯(日曜=11日、東京芝1800メートル)新バージョンアップ作戦】3日間競馬の“中日”、東京競馬場ではGIII「共同通信杯」が行われる。4・15皐月賞、5・27日本ダービーを狙う好素材が揃った中で、新VU作戦の明石尚典記者が狙うのは連勝中のゴーフォザサミット。古馬準オープンに比肩する能力の持ち主が頂点(クラシック)を目指して進軍する。

     今年の3冠路線で主役を担うと目されているのはおなじみのディープインパクト産駒。2歳王者ダノンプレミアムを筆頭に、東京スポーツ杯2歳S勝ちのワグネリアン、シクラメン賞で阪神9ハロンの2歳レコードを叩き出したオブセッション、フェアリーS快勝のプリモシーンなど、牡牝ともに豪華なラインアップだ。

     タイトルを総なめにしても不思議はないほど当たり年の予感を漂わせるD�産駒だが、それに負けず劣らずの“ビンテージイヤー”となりそうなのが、現役時代にしのぎを削ったハーツクライの産駒。ホープフルSでGIタイトルをゲットした大将格タイムフライヤーに続く第2、第3の矢が満を持して登場する。

     現状、格では京都2歳Sを制したグレイルに軍配が上がるが、ヒケを取らない好素材と評価しているのが◎ゴーフォザサミット。根拠はズバリ、百日草特別のVラップにある。

     Vタイム2分00秒9は前日の古馬準オープン・ノベンバーSとピタリ一致の好時計。額面だけでも非凡な能力が伝わってくるが、その価値をさらに高めるのが2ハロンごとの分割レースラップ。百日草特別=49秒2、ノベンバーS=50秒1と4ハロン通過で1秒近い開きがありながら、そこからゴールまでは25秒台→23秒台→22秒台とほとんど変わらぬラップを刻んでいる。

     自身上がりもノベンバーSの勝ち馬ストーンウェアとピタリ一致の33秒6。2歳時に古馬準オープンと走破時計&上がりの両面で互角の数字を叩き出したのだから文句のつけようがない。世代トップクラスの争いに割って入れるだけの能力を備えた逸材。そのジャッジに誤りはない、と確信を持った根拠がこれだ。

     頂点を目指す戦いへ駒を進めるためには、さらなる賞金加算が必須。ここで3連勝を決めて、クラシック戦線の先頭グループへ肩を並べるのが至上命令だ。



    共同通信杯
    -種牡馬データ

    種牡馬 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
    Kitten's Joy 1- 0- 1- 2/ 4 25.00% 50.00% 285 112
    ディープインパクト 31- 27- 29-177/264 11.70% 33.00% 67 86
    ハーツクライ 15- 12- 13-110/150 10.00% 26.70% 61 60
    ハービンジャー 12- 6- 8- 81/107 11.20% 24.30% 49 55
    ステイゴールド 14- 12- 15-137/178 7.90% 23.00% 80 57
    エイシンフラッシュ 2- 1- 0- 12/ 15 13.30% 20.00% 450 169
    ブラックタイド 1- 1- 1- 29/ 32 3.10% 9.40% 24 57
    ヴァーミリアン 0- 0- 0- 9/ 9 0.00% 0.00% 0 0
    オウケンブルースリ 0- 0- 0- 1/ 1 0.00% 0.00% 0 0


    共同通信杯-騎手データ

    騎手 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
    北村宏司 11- 7- 4- 74/ 96 11.50% 22.90% 117 56
    横山典弘 9- 7- 5- 51/ 72 12.50% 29.20% 48 66
    田辺裕信 6- 13- 8- 73/100 6.00% 27.00% 38 73
    内田博幸 6- 6- 8- 99/119 5.00% 16.80% 33 55
    柴田大知 5- 9- 15-103/132 3.80% 22.00% 89 76
    武豊 5- 2- 4- 18/ 29 17.20% 37.90% 96 120
    ムーア 4- 2- 1- 9/ 16 25.00% 43.80% 113 60
    浜中俊 1- 1- 0- 9/ 11 9.10% 18.20% 103 37
    丸田恭介 0- 1- 2- 17/ 20 0.00% 15.00% 0 117
    中谷雄太 0- 1- 1- 3/ 5 0.00% 40.00% 0 112
    ミナリク 0- 1- 0- 1/ 2 0.00% 50.00% 0 270
    吉原寛人 0- 0- 0- 3/ 3 0.00% 0.00% 0 0


    勝馬伝説の無料情報が熱い・・・
    無料情報だけで万馬券GETwwwww
    kachium
















    共同通信杯予想|2018年|1番人気敗北の馬を調べました!!

    bana














    競馬情報が毎日熱いwww
    無料情報毎日更新・・・
    誰でも無料・フリーメールで予想をゲットしましょう

    jyonetu2













    ヤフーニュースより
    後のGI馬続出のレース、好走の条件とは/共同通信杯展望

    ディーマジェスティ、リアルスティール、イスラボニータ、ゴールドシップと、最近6年間の勝ち馬のうち4頭がGI馬へと育っている。クラシックを占う上で見逃せない重要な一戦。

    1.2歳重賞での序列があてにならない

     前走ですでに重賞を勝っていた馬の過去10年の成績は[1-1-0-4]。当然すべてが上位人気だが、勝ったのは2014年のイスラボニータただ一頭のみ。あっけなく実績馬が馬群に沈むシーンが毎年のように繰り返されてきた。

    2.キャリア不問の傾向が強まる

     最近5年間の勝ち馬のうち、イスラボニータ以外の4頭は1勝馬。さらに、一昨年のディーマジェスティ、2015年のリアルスティールは前走がそれぞれ未勝利・新馬だった。

    3.2か月半以上の休み明けは苦戦

     2か月半以上の休み明けでここに挑んだ馬は、過去10年で19頭いて、連対馬は3頭のみ(ディープブリランテ、イスラボニータ、スワーヴリチャード)。いずれも同一コースで行われる東京スポーツ杯2歳Sの連対実績があった、という共通点がある。


     ステイフーリッシュはホープフルSで3着。仕掛けての反応が鈍く大外を回らされる形になりながら、きわどいところまで追い上げており、直線が長い東京コースに替わって戦力アップが計算できる。また、ステイゴールド産駒は過去10年で4頭が出走して2勝と好相性だ。


    1番人気で敗北した馬について調べてみました。
    共同通信杯

    (過去10年1番人気で4位以降になった馬)

    kyoto



    4/10・・・飛び方が半端ない。

    ハートレーは・・・重賞勝って、クラシック云々を言われていた馬。
    っていうかもちろん共同通信杯の1番人気なので全頭言われていますが。

    そこそこしっかりしている印象。
    2018年はグリイルが1番人気だろうけどね。







    勝馬伝説の無料情報が熱い・・・
    無料情報だけで万馬券GETwwwww
    kachium
















    共同通信杯予想|2017年|予想・データまとめ


    情熱競馬が気になる・・・・
    無料会員で一発儲けましょうw


     ターフライター・平松さとし氏がレースのキーマンに迫る「The Keyman」は、共同通信杯でスワーヴリチャードに騎乗する四位騎手を直撃した。

     ――スワーヴリチャードには1週前の追い切りで騎乗。

     四位 先週ある程度強めにやって良い動きをしてくれました。今週は厩舎任せですが、レベルの高い馬なので馬なりで良い動きをしてくれたようです。

     ――前走(東京スポーツ杯2歳S2着)ですが、前々走(未勝利1着)から6キロ減の498キロ。

     若い馬だし、東京への輸送も初めての経験。あのくらいの体重減は想定済みだったから心配はありませんでした。

     ――ゲートの中がいつも少しチャカチャカする感じ?

     ゲートへ集合する辺りからイヤイヤする感じで、ゲートの中は落ち着きません。前走もその分、立ち遅れましたがリズム良く走れていたので位置取りは後ろでも気になりませんでした。

     ――未勝利戦の時は折り合いを欠き気味でしたが前走は?

     折り合いに関しては厩舎でも普段の調教時からかなり気を付けてやってくれているようで、前走は掛かることなく走ってくれました。

     ――4コーナーでは外へ。

     他の有力馬より手応えがあると思ったので、他をフタするような形で早めに動きました。結果的にはもうワンテンポ待っていれば勝てたかもしれません。

     ――直線少しフラつきながらも上がり3Fは出走馬中一番速い脚(33秒6)。

     まだ3回目の競馬で初めての長い直線だったこともあって、最後はさすがに苦しくなってしまいました。その分、差されたけど、よく走ってくれました。

     ――今回、作戦は?

     庄野調教師と「次の皐月賞を意識したらある程度、好位で走らせたい」と相談しました。中間、ゲート練習もしっかりやっているようですし、今回は少し出してでも好位で競馬をさせるつもり。こうやってクラシックを意識できるくらい期待の高い馬なので楽しみにしています!

    【共同通信杯予想|2017年|予想・データまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ