競馬最強2chまとめぽいサイト

競馬の2chまとめです…!!いろいろな競馬サイトがありますが、これでもまとめているサイトはないと思います!!…2chまとめぽいサイトです。

    京都記念予想|2017年|予想・データまとめ

     「京都記念・G2」(12日、京都)

     “世界の脚”を放つ準備は整いつつある。香港ヴァーズでG1初制覇を成し遂げたサトノクラウン。欧州の強豪ハイランドリールを鮮やかに差し切ったその姿は、海外のホースマンに強烈なインパクトを与えた。あれから2カ月。上々の態勢を整え、次なる狙いは“ダービー馬斬り”だ。

     9日の最終リハは美浦W。ソレイユドパリ(3歳新馬)と序盤から馬体を並べ、直線ではインへ潜り込む。早朝の雪でぬかるんだチップを苦にすることもなく、手応え優勢のまま併入でフィニッシュを決めた。5F69秒7-40秒6-12秒9。数字は地味だが、滑らかな動きが出来の良さを伝えてくる。

     「水曜の段階で510キロ(前走は484キロ)。輸送しても少し余裕が残るかもしれません」と森助手が語るように、見た目にも腹回りは立派に映る。それでも活気みなぎる姿と走りの力強さは、さすがG1馬と思わせるレベル。「調教の動きはいいので、力を出してくれるでしょう」と信頼の言葉を口にした。

     昨年の下半期は天皇賞・秋が14着、一転して香港ヴァーズをV。「気持ちを走る方へ向けていく調整をしました」と気ムラな素質馬の調教法をトップステーブルは既に把握済み。振幅の激しい成績からの脱却に手応えをつかんでいる。「去年は重馬場で勝っていますから。苦にしないです」と週末の雪予報もお構いなし。マカヒキ撃破へ、大きな期待を胸に出陣する。

    【京都記念予想|2017年|予想・データまとめ】の続きを読む

    5
    京都記念予想|2017年|サトノクラウンニュースと動画のまとめ


    ギャロップジャパンの予想が熱いすぎる
    無料予想で儲けませんか?



    サトノクラウン余裕の併入

     G2京都記念(12日)連覇を狙う昨年の優勝馬サトノクラウンが、メンバー中唯一の木曜追いを行った。美浦Wコースで新馬を相手に余裕の併入で好調をアピール。昨年暮れの香港ヴァーズで悲願のG1初制覇。今年はG1馬として“タイトル防衛”を果たすか。

     冷たいみぞれが降りしきるWコースを、サトノクラウンが軽快な脚取りで駆け抜けていく。向正面から馬場入りし、今週デビューする新馬ソレイユドパリを1馬身先行させてスタート。3角ですぐに追い付くと、そこからゴールまでびっちり併走。残り100メートルでいったん半馬身ほど前に出たが、最後は手応えに余裕を残し、後輩馬を招き入れるように併入した。

     計時は馬なりで5F69秒8~1F13秒3と無理せず馬任せだったが、平凡なタイムを感じさせないスピード感が目を引いた。「動きは良かったですね」と森助手も納得の表情を見せた。

     G2までは完勝しても、G1では不完全燃焼の競馬が続いていたクラウン。だが、昨年暮れの香港ヴァーズは圧巻のひと言。それまでとは別馬のような切れ味を発揮し、3カ国でG1・4勝のハイランドリールを差し切る大金星を挙げた。異国の地で達成した悲願の初G1制覇。森助手は激変の理由を「気持ちを走る方に向けることを重点的に調教してきた結果。モーリスやネオリアリズムといった強い馬と一緒に調整できたことも大きかった。春に1度、香港遠征(クイーンエリザベス2世C12着)を経験したことも生きた」と分析する。

     晴れてG1馬となり、今年はレース連覇を懸けて1歳下のダービー馬マカヒキと激突する。「昨年と比べると体に余裕があるが、調教は動いている。香港遠征の疲れもなく順調に調整できたので期待している」と森助手。課題だった精神面を強化し、ワールドクラスのハイランドリールを撃破したのは、馬にとっても大きな自信になったはず。昨年Vの手綱を取った名手ミルコ・デムーロと、丸1年ぶりのコンビ復活も頼もしい限り。新生クラウンの真価が問われる一戦だ。


    サトノクラウン魅せる”世界の脚”態勢充分重馬場も問題ない

     「京都記念・G2」(12日、京都)

     “世界の脚”を放つ準備は整いつつある。香港ヴァーズでG1初制覇を成し遂げたサトノクラウン。欧州の強豪ハイランドリールを鮮やかに差し切ったその姿は、海外のホースマンに強烈なインパクトを与えた。あれから2カ月。上々の態勢を整え、次なる狙いは“ダービー馬斬り”だ。

     9日の最終リハは美浦W。ソレイユドパリ(3歳新馬)と序盤から馬体を並べ、直線ではインへ潜り込む。早朝の雪でぬかるんだチップを苦にすることもなく、手応え優勢のまま併入でフィニッシュを決めた。5F69秒7-40秒6-12秒9。数字は地味だが、滑らかな動きが出来の良さを伝えてくる。

     「水曜の段階で510キロ(前走は484キロ)。輸送しても少し余裕が残るかもしれません」と森助手が語るように、見た目にも腹回りは立派に映る。それでも活気みなぎる姿と走りの力強さは、さすがG1馬と思わせるレベル。「調教の動きはいいので、力を出してくれるでしょう」と信頼の言葉を口にした。

     昨年の下半期は天皇賞・秋が14着、一転して香港ヴァーズをV。「気持ちを走る方へ向けていく調整をしました」と気ムラな素質馬の調教法をトップステーブルは既に把握済み。振幅の激しい成績からの脱却に手応えをつかんでいる。「去年は重馬場で勝っていますから。苦にしないです」と週末の雪予報もお構いなし。マカヒキ撃破へ、大きな期待を胸に出陣する。

    サトノクラウンの強めに追われて「落ち着いて挑めば連覇が期待できる」

    【京都記念(日曜=12日、京都芝外2200メートル)注目馬9日朝の表情:美浦】サトノクラウン(写真手前)は南ウッドで3歳新馬のソレイユドパリと併せ馬。ラストは強めに追われて併入に持ち込んだ(5ハロン69・4―54・9―40・4―12・9秒)。まだ昨秋のうなるようなデキには至らないが、ここ2週はしっかりと追い切られており、太く映った馬体も徐々に良化。このひと追いで態勢は整った印象だ。

     森助手「まだ体重は重めが残っているが、もともと輸送で大きく減るタイプ。前走(昨年暮れのGI香港ヴァーズ=1着)が強い内容だったし京都も合う。今回もイレ込むことなく落ち着いて臨めれば連覇が期待できるはず」

    連覇を狙うサトノクラウン中間の雨も追い風
    【京都記念予想|2017年|サトノクラウンニュースと動画のまとめ】の続きを読む

    5
    京都記念予想|予想・データ|ネット評価まとめ


    これだけ美味しい競馬予想会社があるんだな
    ハイブリッド 
    http://okanemoukeplus.com/
    元競馬関係者ならではの経験値!競馬の素人・プロの方でも満足の情報を無料でお届け。

    プライド 
    http://pride-k.com/
    元競馬関係者が毎週お届けする競馬情報。競馬元騎手の予想など無料コンテンツが満載

    池江道場 
    http://web.osiete-keiba.com/
    登録料0円/情報料0円で無料予想で大万馬券多数!

    馬生
    http://umanama.com/
    地方競馬から中央競馬までの無料予想が激アツ

    千軍万馬 
    http://sngn.jp/
    マル秘情報で先を行け!信頼の競馬情報

    by 競馬予想会社ナイン

      「京都記念・G2」(14日、京都)

     完全復活へ、ムードは絶好だ。ハーツクライ産駒ワンアンドオンリーは11日、栗東坂路で最終リハ。馬なりで力強い伸びを披露し、併走馬にきっちり先着した。2月末で定年となる橋口弘師にとって、一昨年のダービーで悲願のVを成し遂げた思い入れの強い一頭。このあとは、選出されれば昨年3着のドバイシーマクラシック・G1(3月26日・UAEメイダン)に向かう予定だ。14年神戸新聞杯以来の重賞Vで大きく弾みをつけたい。

     思惑通りのソフト調整だった。ワンアンドオンリーの最終リハは栗東坂路でスイフトアタック(3歳未勝利)と併せ馬。序盤はゆったりと運ぶと、ラストは持ったままで僚馬を引き離す。力強い脚さばきで4F53秒1-39秒1-13秒1を計時し、1馬身半の先着。脚色には余裕があり、追えばさらに突き放せたが、あえて力を“温存”した形だ。

     騎乗した担当の甲斐助手は「馬なりでしたが、いい感じですね。すごくきれいな走りでした」と満足感をにじませる。天皇賞・秋で16着に敗れて以降、実戦までに闘争心や力をため、レースで爆発させることに主眼を置いて調整してきた。橋口慎師は「先週はビッシリとやって、今週は馬なりで余力残し。予定通りだし、それでこの時計。具合は良さそう」と自然と頬が緩んだ。

     2月末で定年する橋口弘師は「このままでは駄目。本当の実力を見せてほしい」と反撃を期待する。前2走はジャパンC7着、有馬記念9着と結果は出ていないが、復調気配は感じている。「ここ2走はまともに追えていないだけ。今回は抜けた馬はいないし、十分に通用する」と言い切る。

     定年後、愛馬は3月に開業する息子の橋口慎厩舎に移籍。父ハーツクライが06年に制し、自身も昨年3着だったドバイシーマクラシックを目指す。「何であの馬が行くの?と、後ろ指を指されるようでは駄目。厳しく言えば、勝って日本を代表して行くくらいに思っている」。10戦ぶりの勝利をつかみ、人馬ともに“父子制覇”がかかる一戦に夢をつなぐ。

     
     
    京都記念予想データ
    【京都記念予想|予想・データ|ネット評価まとめ】の続きを読む

    5

    京都記念予想|2016年|レーヴミストラルまとめ

     

    無料コンテンツが熱い競馬情報会社

    勝馬伝説 
    http://www.l-horse.com/
    勝馬伝説の無料情報だけで万馬券ゲット。無料情報に期待。

    チェンジ
    http://www.5il.org/
    重賞の無料馬連予想の的中率が半端ない。

    すごい競馬 
    http://www.shopwin.biz/
    マル秘情報で先を行け!信頼の競馬情報

    by競馬予想会社ファン


     京都記念の追い切りが10日、東西トレセンで行われた。レーヴミストラルは、CWコース単走で上がり重点のいつも通りのメニュー。ラスト1ハロン12秒0と鋭く伸び、重賞3勝目へ、態勢を整えた。タッチングスピーチは坂路で3カ月ぶりを感じさせない抜群の動きを見せ、サンケイスポーツ調教評価で最高ランクの『S』を獲得した。

     気温1度の午前7時過ぎ。雪が舞うCWコースを熱のこもった走りで駆け抜けた。日経新春杯に続く重賞連勝へ、レーヴミストラルが躍動。松田博厩舎でのラストランに向け、仕上げに狂いはない。

     「いつもと同じですね。前回と同じように単走でやって、無事に終わったのが何よりですし、変わらずきています」

     騎乗した川田騎手が好感触を伝える。スタートからゆったりと進んで徐々に加速。馬なりで最後の直線に入り、ゴール前で軽く手綱をしごかれると、ラスト1ハロン12秒0(6ハロン87秒1)とシャープな伸び。強い向かい風をものともせず、真っすぐに駆け抜けた。

     見届けた松田博調教師もうなずいた。「上がりだけサッと。この馬のパターンだし、あんなもんやろ。体質がさらに強くなったら直前でももっとやれるが、現状の体力ではこれが一番いい仕上げだと思う。相変わらずリラックスしているのがいいね」と白い歯を見せた。

     前走は最後方からメンバー最速の上がり3ハロン33秒1の豪脚を披露。大外一気で昨年の青葉賞以来の重賞2勝目をマークした。「中途半端に動かん方がいい。あれがあの馬のパターン。一番いい競馬やったな。安心してみていられる」とトレーナーはいう。

     「あとはそれが2回続けてできるかどうか。まぁ、ゴールしてみたら分かるわな」。距離は前走より1ハロン短くなるが、同じ直線の長い京都外回りなら好勝負になる。

     松田博調教師は今月いっぱいで定年となるため、レーヴミストラルを出走させるのは最後となる。レース後は栗東の高野厩舎に転厩する。「甘かったトモ(後肢)がしっかりしてきたからな。今年一番強くなるぞ」と指揮官が期待を寄せる逸材。“有終の美”を飾って、春のGI戦線に殴り込みをかける。 (渡部陽之助)

     
     
    レーヴミストラル
    【京都記念予想|2016年|レーヴミストラルまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ