競馬ニュース・競馬データまとめサイト

競馬のニュースや競馬のデータをユーザー視点でまとめています。競馬の予想の参考になるサイトづくりを目指しています。

    クイーンC予想|2019年|予想・データ

    keibayo

















    うまとみらいと…
    競馬ファンならぜひ欲しい情報がゲットできますよね。
    だから・・・無料会員がここまで美味しいとはwwww

    umatomi









    クイーンC予想-種牡馬データ

    種牡馬 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
    ディープインパクト 47- 36- 35-167/285 16.50% 41.40% 94 100
    ダイワメジャー 13- 8- 9- 98/128 10.20% 23.40% 98 62
    クロフネ 6- 9- 2- 31/ 48 12.50% 35.40% 95 79
    Malibu Moon 1- 1- 1- 1/ 4 25.00% 75.00% 112 240
    Frankel 1- 0- 1- 4/ 6 16.70% 33.30% 261 88
    バゴ 0- 2- 0- 13/ 15 0.00% 13.30% 0 56
    サウスヴィグラス 0- 0- 0- 4/ 4 0.00% 0.00% 0 0




    クイーンC予想-騎手データ

    騎手 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
    ルメール 35- 17- 13- 43/108 32.40% 60.20% 117 97
    戸崎圭太 24- 21- 13- 84/142 16.90% 40.80% 92 83
    大野拓弥 11- 11- 7-105/134 8.20% 21.60% 63 71
    福永祐一 6- 6- 4- 41/ 57 10.50% 28.10% 71 72
    武藤雅 5- 1- 7- 52/ 65 7.70% 20.00% 197 71
    北村友一 2- 1- 3- 9/ 15 13.30% 40.00% 100 112
    ブロンデ 0- 0- 1- 1/ 2 0.00% 50.00% 0 100
    ミナリク 0- 0- 0- 5/ 5 0.00% 0.00% 0 0



    本命
    クロノジェネシス


    勝馬伝説の無料情報が熱い・・・
    無料情報だけで万馬券GETwwwww
    kachium
















    5
    クイーンC予想|2017年|フローレスマジックのニュース動画まとめ

    競馬ファンならここを信頼・・・チェンジの予想が熱いz

     土曜日に行われる3歳牝馬による重賞、クイーンC(GIII・芝1600m)に、美浦から出走する注目馬について、関係者に話を聞いた。

    ■フローレスマジック(牝3・美浦・木村哲也)について、木村調教師。
    「前走のアルテミスS(GIII・2着)後は放牧に出て、牧場でもしっかり乗っていました。前走から20キロほど増えていて、減っていた体も戻ってきています。先週水曜日と日曜に時計を出して、今週(2/8)は3頭併せの追い切りでした。追い切るごとに動きの質が上がっています。若い牝馬ですから、前走後に休めたのもプラスでしょう。まだ若さもあって血統的にもこれから良くなると思いますが、現時点での能力は高いですね。先に繋がる競馬ができればと思います」

    ■アエロリット(牝3・美浦・菊沢隆徳)について、菊沢調教師。
    「今週は坂路で良い動きでした。体は少し締まってくるのではないかと思います。前走(フェアリーS・GIII・2着)のように、休み明けでレースに向けて仕上げていくのはきついところもありました。今回は1度使って短期放牧でリフレッシュをして、このくらいの間隔で競馬に使いますが、この馬にとっては仕上げやすかったです。不器用なところがあるので、中山よりも東京の方が合っていると思います。桜花賞に出走させたいので、1600mにこだわっています。前向きさとスピードを生かした競馬をしてほしいですね」

    ■ハナレイムーン(牝3・美浦・堀宣行)について、森調教助手。
    「昨年11月の新馬戦に勝った後は放牧に出て、帰厩後はここを目標に順調に乗り込んでいます。休み明けですが、追い切りの動きも良くて仕上がりも良さそうです。飼い葉食いは相変わらずで、もう少し食べてくれればと思います。馬体重は今週火曜日の時点で427キロで、恐らく新馬戦と同じくらいの目方になるでしょう。もうひと回り体がフックラするのが理想ですが、現状ではまずまずではないかと思います。

     男馬に比べて若干控えた調教ですが、追い切りはしっかりやっています。あとはキャリア一戦で、まだ強いメンバーと当たっていないのがマイナスではありますが、素質はヒケを取らないと思います」

    ■コマノレジーナ(牝3・美浦・菊川正達)について、菊川調教師。
    「先週は併せ馬でしっかり負荷をかけているので、今週(2/8)は単走で無理せず息を整える程度の追い切りでしたが、動きは良かったです。中間も順調ですし、1度使った上積みもあります。テンションが上がりやすい血統なので、そのあたりを注意してやってきましたが、我慢ができていて精神面はうまくいっています。体の維持もできていますね。走る馬なのは間違いないと思いますが、キャリアが浅いので、東京でどういう競馬ができるかですね。重賞でどこまでやれるか楽しみもあります」

    (取材・写真:佐々木祥恵)

     
     
    【クイーンC予想|2017年|フローレスマジックのニュース動画まとめ】の続きを読む

    5

    クイーンS予想|基本データ・動画など

     

    クイーンSの予想は注目
    無料会員が熱い-ハイボルテージ
    aibi1

     

    【クイーンS(日曜=8月2日、札幌芝1800メートル)注目馬30日最終追い切り:札幌】イリュミナンスは新パートナーの横山典を背に角馬場で体をほぐしてからコートシャルマン(3歳1000万下)とともに本馬場(芝)入り。2馬身追走態勢から直線で内に入れると、ゴール前できっちり馬体を並べてみせた(5ハロン66・8―11・9秒)。

     横山典騎手「入厩して日が浅いと聞いていたのでラストの反応を確かめた。順調だよ。初めて乗ったけど半兄(フラガラッハ)に息遣いや走りがよく似ている。こっちは動きがシャープで体を余さずに走るね」

     

    クイーンS動画-2014年

    1着 キャトルフィーユ 福永祐一

    2着 アロマティコ 三浦皇成

    3着 スマートレイアー 池添騎手

     

     ツイッターの声

     

    2ChSCの声

    【クイーンS予想|基本データ・動画など】の続きを読む

    5

    クイーンカップ予想|2015年|ニュース・動画・2chの声

    ヤフーニュース

    re

     東京の土曜メーンはクイーンカップ(14日、GIII、芝1600メートル)。牝馬のクラシックを占う意味で重要なレースに、2戦2勝のキャットコインが参戦する。鋭い決め手を武器に新馬戦、ひいらぎ賞を快勝。無傷の3連勝で重賞Vを飾り、桜花賞へ名乗りを上げる。

     2歳女王に続け! 阪神ジュベナイルフィリーズを勝ったショウナンアデラを擁する二ノ宮厩舎には、2戦2勝の素質馬キャットコインもスタンバイ。デビュー3連勝での重賞制覇を狙う。

     全休日明けの10日はいつもどおり北Bコースで調整。佐竹調教厩務員が愛馬の様子を伝える。

     「この中間で少し背が伸びた印象です。テンションが高く体重調整が難しい馬ですが、先週で442キロ。前回と同じくらいの体をキープしています。状態面もいい意味で変わっていないです」

     2戦とも圧巻の差し切り。新馬戦は苦しい位置から残り100メートルだけで一気に前を捕らえ、速い流れだった前走のひいらぎ賞は後方から外を回って豪快に突き抜けた。強めの調教がなかなかできない現状でこの勝ちっぷり。非凡な素質の持ち主なのは言うまでもない。

     データの後押しもある。ステイゴールド産駒で新馬戦から2連勝をした馬は4頭いるが、同じ二ノ宮厩舎のナカヤマフェスタはじめ、すべてGIホースに輝いた。期待は膨らむばかりだ。

     そのステイゴールドは先週5日に他界した。偉大な父に捧げる重賞V、そして春のクラシックにつなげる貴重な1勝をつかみ取る。 (板津雄志)

    ★デビュー連勝のステイゴールド産駒は将来有望

     新馬戦から2連勝を飾ったステイゴールド産駒は過去に4頭。ドリームジャーニー(2006年朝日杯FS、09年宝塚記念、有馬記念)、ナカヤマフェスタ(10年宝塚記念)、ゴールドシップ(12年皐月賞、菊花賞、有馬記念、13&14年宝塚記念)、レッドリヴェール(13年阪神JF)と、すべてGIタイトルを手にしている。

     
    クイーンカップ動画-2014年

     

    1着 フォーエバーモア 蛯名正義

    2着 マジックタイム 後藤浩輝

    3着 ニシノアカツキ ブノワ

     

    今のところキャットコインですかね…

    ひいらぎ賞は衝撃的でしたね

    【クイーンカップ予想|2015年|ニュース・動画・2chの声】の続きを読む

    このページのトップヘ