競馬最強2chまとめぽいサイト

競馬の2chまとめです…!!いろいろな競馬サイトがありますが、これでもまとめているサイトはないと思います!!…2chまとめぽいサイトです。

    カテゴリ:競馬重賞(G2) > 弥生賞

    弥生賞予想|2017年|予想・データまとめ

    3月5日(日)に、中山競馬場でGII弥生賞(芝2000m)が行なわれる。このレースは4月16日(日)に行なわれる3歳牡馬クラシックレース第1弾・GI皐月賞(芝2000m)のトライアルで、3着以内に入ると本番への出走権が与えられる重要なレースだ。

    【写真】クイーンCを快勝し、クラシック候補に名乗りを挙げたアドマイヤミヤビ

     皐月賞のステップレースはGIIスプリングステークス(中山・芝1800m)、GIII共同通信杯(東京・芝1800m)、若葉ステークス(阪神・芝2000m)、GIII毎日杯(阪神・芝1800m)など複数あるが、この弥生賞は本番とコース、距離が同じで、レース間隔も十分に取れることから、1983年ミスターシービー、1984年シンボリルドルフなど過去の名馬から、2001年アグネスタキオン、2005年のディープインパクト、2010年のヴィクトワールピサなど、近年も多くの名馬がステップレースに選択してきた。しかし、ここ10年では、このレースから皐月賞を制したのはヴィクトワールピサと08年キャプテントゥーレ(弥生賞4着)のわずか2頭となっており、今年はどのように本番に繋がるか注目だ。

     重賞2連勝中のブレスジャーニー(美浦・本間忍厩舎)が回避し、出走する重賞勝ち馬は2頭。カデナ(栗東・中竹和也厩舎)はGIII京都2歳ステークス(2016年11月26日/京都・芝1800m)を勝利しており、今回はそれ以来、約3カ月ぶりのレースとなる。父は三冠馬であり、リーディングサイアーの大種牡馬ディープインパクトで、兄はGII京王杯スプリングカップを勝ったスズカコーズウェイという良血。父と母の父フレンチデピュティの組み合わせは昨年の勝ち馬で皐月賞2着、日本ダービー1着のマカヒキや、2013年の勝ち馬カミノタサハラと同じ。このコースとは非常に相性の良い配合だ。4戦中3戦で、上がり3ハロン33秒台の差し脚を披露。その瞬発力はマカヒキを彷彿とさせるもので、有力候補だろう。

     もう1頭の重賞勝ち馬は、年明けのGIII京成杯(1月15日/中山・芝2000m)を勝ったコマノインパルス(美浦・菊川正達厩舎)。3戦2勝で、唯一の敗戦となった葉牡丹賞(2016年12月3日/中山・芝2000m)の勝ち馬は後にGIIホープフルS(2016年12月25日/中山・芝2000m)を圧勝するレイデオロだっただけに相手が悪かったと言える。2戦続けて同じコースで好走を続けているのでコースに不安はなく、上位争いは必至だろう。父バゴは仏GI凱旋門賞勝ち馬。父としても2010年菊花賞馬ビッグウィークを出すなど成功を収めている。3代母(曽祖母)リンデンリリーはGIエリザベス女王杯勝ち馬という日本的な血統馬でもある。

    【弥生賞予想|2017年|予想・データまとめ】の続きを読む

    弥生賞予想|予想・データ|ネット評価まとめ
     
    無料コンテンツが熱い競馬情報会社

    勝馬伝説 
    http://www.l-horse.com/
    勝馬伝説の無料情報だけで万馬券ゲット。無料情報に期待。

    チェンジ
    http://www.5il.org/
    重賞の無料馬連予想の的中率が半端ない。

    すごい競馬 
    http://www.shopwin.biz/
    マル秘情報で先を行け!信頼の競馬情報

    by 競馬情報会社.com


    デムーロ、リオンディーズ凄いイイねwwww 

    【弥生賞(日曜=6日、中山芝内2000メートル=3着までに皐月賞優先出走権)稲富菜穂のだいじょばない】コラム「だいじょばない」にはジョッキーの方と一緒に撮ってもらった写真は欠かせません。でね、お母さんが言うんですよ。「アンタ、このイケメンの外国人の方々とばっかやなあ」

     そりゃそうでしょうよ!“デム&ルメ”のお2人で2週連続の重賞ワンツーですもん。違うお仕事場でも競馬話になると、お2人の話が必ず出てくるんですよ。いや~、いつもお世話になってます! で、今週もお世話になっちゃいました。

     重賞5連勝で注目されているのは(ミルコ)デムーロ騎手ですが、今週はルメール騎手の逆転があったりして? マカヒキには先週の追い切りに騎乗していました。

    「コンディション、すごくイイです。とても乗りやすくて頭もイイ。それに瞬発力もイイ。中山はトリッキーだけど、彼の反応は早いから、ペースは速くても遅くても大丈夫。この馬はポテンシャルが高い」

     わお! べた褒め! マカヒキ君が褒められて伸びるタイプなら、もうこれだけで勝っちゃいそうなくらいのお褒めの言葉ですね♪ でも、気になるのは次のひと言。

    「ここは次に向けてのテスト」

     そう、マカヒキは重賞レースを走った経験がないんですよね。となるとGI馬に乗るデムーロ騎手がまたまた勝つのかなあ~。

    「リオンディーズはとにかく強くて賢い! 2000メートルも走ってるし、ボクも中山が大好き!」

     こちらも大絶賛。勢い止まらず、重賞連勝を伸ばすパターンかな、って思ったんですが、続けて「エアスピネル、すごい強いね!」と。

     最大のライバルは同じ無敗のマカヒキではなく、エアスピネルなのかしら(その後に「ボクの馬はもっと強い」とも言ってましたけど)。

     名指しされたエアスピネルの笹田調教師は「(朝日杯FSは)勝ちにいった競馬だから、悲観はしていない。ムキになって走る馬じゃないし、環境が変わっても大丈夫」。おお、なんて賢い子なんよ。長距離輸送、初の中山コースも問題なさそうですね。

     武豊騎手も「負かす余地は十分にある」とレース後に言っていたそうで、「立ち回り次第ではいけるんじゃないかな」と笹田調教師も逆転に向け、意欲満々でした。あの熱い戦いが再び見られると思うと、今からワクワクが止まりませんね。

    ☆いなとみ・なほ=1990年12月16日生まれ。2007年にアイドルユニットに参加し、「ひとりじめ☆Teacher」でCDデビュー。関西在住の女性タレントとして幅広く活躍し、現在はKBS京都の「競馬展望プラス」、ABC「おはよう朝日です」に出演中。休日には一人で競馬場へと出向くほど競馬が大好き。また栗東でのリポーター時代には彼女が取材した馬がたびたび激走。現在でも一部のトレセン関係者からは「競馬界の女神」と呼ばれている。

     

    朝日杯FS動画

     

    コレを見ると中山どうなのかなって



    プロはここの無料予想を使っているwwww
    勝馬伝説の無料情報
    kati1
     
















    【弥生賞予想|予想・データ|ネット評価まとめ】の続きを読む

    5
    【2016年】弥生賞|注目馬エアスピネル|ネット評価まとめ
     
    無料コンテンツが熱い競馬情報会社

    勝馬伝説 
    http://www.l-horse.com/
    勝馬伝説の無料情報だけで万馬券ゲット。無料情報に期待。

    チェンジ
    http://www.5il.org/
    重賞の無料馬連予想の的中率が半端ない。

    すごい競馬 
    http://www.shopwin.biz/
    マル秘情報で先を行け!信頼の競馬情報

    by 競馬情報会社.com

    【弥生賞(3月6日=日曜、中山芝内2000メートル=3着までに皐月賞優先出走権)注目馬24日最新情報:栗東】朝日杯FSでリオンディーズから3/4馬身差の2着に敗れたエアスピネル陣営は2週前追い切りの豪脚を引き合いに出し、好仕上がりをアピールした。

     笹田調教師「先週の併せ馬では絶対届かないと思った位置からゴールでは届いていた。もう馬は仕上がっているよ」

     

    デイリー杯2歳Sでは文句なしのパフォーマンス

     

    朝日杯では残念だったけど…

    それでも期待できるwwww

     

    弥生賞と言えば武豊

    10年 ヴィクトワールピサ

    07年 アドマイヤオーラ

    06年 アドマイヤムーン

    05年 ディープインパクト

    98年 スペシャルウィーク

    97年 ランニングゲイル

    96年 ダンスインザダーク

     

    575:2016/02/29(月) 09:33:43.33 ID:
    朝日のエアスピネルは先頭にたつのが早すぎだっただけでリオンとの差はまだわからないのが現状なんだよな

    タイセイみたいな二流馬達を一瞬の瞬発力でかわした脚は流石だった
    【【2016年】弥生賞|注目馬エアスピネル|ネット評価まとめ】の続きを読む

    5
    弥生賞|予想・データ|最新予想
    ヤフーニュース

    re

     

     驚異の成長をみせるベルラップが、本番を前にライバルを粉砕だ。

     黄菊賞→京都2歳Sと連勝中の割に世間の評価は今ひとつ。少頭数だったことに加えてハナ、クビという地味な着差も響いているが、陣営は「勝ったこと」に意義を見いだしている。

     「2歳時はまだ体質が弱かったからね。賞金を加算して休ませられたことは大きい」と須貝調教師。3カ月の放牧休養で馬体は20キロ近く増えているが、「太め感は全然ない。背が伸びてパワーアップしている。インターハイに出ていた高校生が真のアスリートになりつつある感じ」と、独特の言い回しで成長をアピールしている。

     その言葉を裏付けるのが、今週4日の猛スパーリング。CWコースで6F78秒4、ラスト1F12秒8の超抜タイムをマークし、厩舎の看板馬ゴールドシップにゴールまでしぶとく食らいついてみせた。

     「2週連続でいい動きでしたね。先週跨った瞬間に、馬がたくましくなっているのが分かりました」と、昨年9月の野路菊S(5着)以来のコンビとなる浜中騎手はニンマリ。「スパッと切れる感じはないけど、長くいい脚を使う。中山2000メートルで要求される器用さも備えていますから。クラシックに向けて、いい競馬をしたい」と腕まくりだ。

     世界No.1ジャスタウェイを育て上げた須貝厩舎から、再びハーツクライ産駒がスターダムへとのし上がる。相手は無敗のシャイニングレイとサトノクラウン。(夕刊フジ)

     

    弥生賞データ・予想


    種牡馬データ

    種牡馬着別度数勝率連対率複勝率単勝複勝
    ハーツクライ11- 14- 15- 61/10110.90%24.80%39.60%158128
    ハービンジャー4- 2- 1- 11/ 1822.20%33.30%38.90%7765
    ディープインパクト14- 14- 17- 75/12011.70%23.30%37.50%10587
    キングカメハメハ13- 8- 13- 82/11611.20%18.10%29.30%7259
    スペシャルウィーク4- 1- 2- 18/ 2516.00%20.00%28.00%7674
    ブラックタイド1- 2- 1- 21/ 254.00%12.00%16.00%4453
    ネオユニヴァース2- 4- 4- 55/ 653.10%9.20%15.40%1468
    クロフネ1- 3- 0- 23/ 273.70%14.80%14.80%12037
    スクリーンヒーロー1- 0- 1- 13/ 156.70%6.70%13.30%164224

     ★-ディープンパクト・ハービンジャー・ハーツクライ

    騎手データ

    騎手着別度数勝率連対率複勝率単勝複勝
    川田将雅3- 1- 1- 4/ 933.30%44.40%55.60%12698
    蛯名正義14-14- 8-52/8815.90%31.80%40.90%6876
    福永祐一2- 3- 2-11/1811.10%27.80%38.90%4179
    戸崎圭太8- 7- 7-38/6013.30%25.00%36.70%3564
    岩田康誠2- 1- 3-11/1711.80%17.60%35.30%6263
    横山典弘3-10- 8-54/754.00%17.30%28.00%1670
    武豊1- 1- 2-11/156.70%13.30%26.70%4870
    田辺裕信7- 8- 6-71/927.60%16.30%22.80%6865
    浜中俊1- 0- 0- 7/ 812.50%12.50%12.50%5223
    嘉藤貴行0- 1- 0-22/230.00%4.30%4.30%028
    菱田裕二0- 0- 0- 1/ 10.00%0.00%0.00%00

     

    ★-川田将雅

     

     

     

     

     

    【弥生賞|予想・データ|最新予想】の続きを読む

    5
    弥生賞予想|ニュース・動画・2chの声
    ヤフーニュース
    re

     ホープフルSを制したシャイニングレイ、東京スポーツ杯2歳Sを制したサトノクラウンという無敗馬を筆頭に、重賞ホースが7頭も出走する今年の弥生賞。本番の皐月賞と同じ舞台でクラシック候補に名乗りを上げるのはどの馬か。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

    ■3/8(日) 弥生賞(3歳・GII・中山芝2000m)

     シャイニングレイ(牡3、栗東・高野友和厩舎)は新馬戦、ホープフルSと連勝。好位に付けて抜け出すスタイルは安定感が抜群で、現状の完成度では一歩抜けている印象だ。前走の内容から中山コースもピッタリで、ここも当然勝ち負けに持ち込んでくるだろう。

     サトノクラウン(牡3、美浦・堀宣行厩舎)は新馬戦を勝って臨んだ東京スポーツ杯2歳Sで、アブニールマルシェ以下の強豪を封じ2連勝で重賞制覇を果たした。ディープインパクト産駒相手に瞬発力勝負で勝ったのだから価値のある勝利。ここは更にメンバーが強化されるが、期待は大きい。

     ブライトエンブレム(牡3、美浦・小島茂之厩舎)は新馬、札幌2歳Sと連勝して臨んだ朝日杯FSでは伸び切れず7着と敗れた。距離が短かったこと、常に外を回らされたことが敗因と思われ、距離が延びるここでの巻き返しが期待される。

     その他、いちょうS勝ちのクラリティスカイ(牡3、栗東・友道康夫厩舎)、京都2歳S勝ちのベルラップ(牡3、栗東・須貝尚介厩舎)、シンザン記念勝ちのグァンチャーレ(牡3、栗東・北出成人厩舎)、デイリー杯2歳S勝ちのタガノエスプレッソ(牡3、栗東・五十嵐忠男厩舎)といった重賞ホース達も大きな差はなさそうだ。発走は15時45分。

    弥生賞2015年-動画

    1着 トゥザワールド 川田将雅

    2着 ワンアンドオンリー 横山典弘

    3着 アデイインザライフ 戸崎圭太

     

    ツイッターの声 

    【弥生賞予想|ニュース・動画・2chの声】の続きを読む

    このページのトップヘ