競馬ニュース・競馬データまとめサイト

競馬のニュースや競馬のデータをユーザー視点でまとめています。競馬の予想の参考になるサイトづくりを目指しています。

    カテゴリ:競馬重賞(G1) > 桜花賞

    桜花賞予想|2018年|馬体診断まとめ(デイリー)

    ヤフーニュースの馬体診断をまとめています!!

    batai















    【競馬情報はここから無料ゲット】
    無料情報で万馬券-勝馬伝説、いつも感謝していますよw
    kachium















    ヤフーニュースより

    【桜花賞馬体診断】ラッキーライラック 評価A

     【ラッキーライラック 評価A】


      顔つきと毛色だけでなく、体脂肪が少なく皮膚の薄い馬体は父オルフェーヴル譲りか。同時期の父に比べると50キロほど馬体重は上回っている(前走・チューリップ賞1着時が494キロ)が、胴と脚が長く、実際の数字よりもコンパクトに映る。

      最もトモに丸みがあったのは前々走の阪神JFで、その次が前走。今回は丸みがなく平たいが、その分、あばらを見せて極限に絞り込んできた。1週前追い切り後の段階で、今すぐにでも使えそうなシルエット。今の高速馬場の阪神に適した姿形だ。耳をピンと立てて目つきも凜としており、精神面の充実ぶりも見逃せない。

     (馬サブロー栗東・吉田順一)


      〈1週前追い切り診断〉栗東CWで6F82秒5-37秒9-11秒5(強め)。ウォルビスベイ(3歳500万下)を2秒追走し0秒2先着した。追われると瞬時に反応し、鋭い伸び脚を発揮。それでもまだ手応えには余裕があり、気配も申し分ない。

    【桜花賞馬体診断】アーモンドアイ 評価A  

     【アーモンドアイ 評価A】

      
     首差しが細めでスラッとはしているが、体全体は適度なボリュームがあり、芯の強さを感じさせる立ち姿。肌ツヤが非常に良く、久々でも張りが目立っている点は好印象だ。

      丸みがあり、角張っていない筋肉の質感から柔軟さが見て取れ、シャープに切れる瞬発力タイプ。ポテンシャルの高さは前走のシンザン記念Vで実証済みでもある。異例のローテでぶっつけの本番となるが、見た目の仕上がりは◎。長距離輸送も経験しているのも心強い。

      阪神が舞台なら身上の切れが増す可能性が高く、あとは本流組との力関係がどうかだけだろう。

     (馬サブロー美浦・石堂道生)

      〈1週前追い切り診断〉帰厩後は週に2本、順調に時計をマークしてきた。3月21日には美浦Wで、僚馬を大きく追走して楽に併入に持ち込む鋭い走りを披露。1日にも長めから時計をマーク(6F87秒8-40秒6-14秒3)している。馬体がひと回り大きくなり、確実にパワーアップしている。


    【桜花賞馬体診断】マウレア 評価B

     【マウレア 評価B】

      
     腰高のシルエットはこれまでと変わっていなくても、胴がゆったりとして長くなった印象。首差しは細いが、いつになく体を全体的にふっくらと見せて、珍しく厚みが感じられるほどだ。

      前走後から栗東へ滞在して調整されているが、中間の実質的な追い切りは先週(29日)のCWでの1本。デイリー杯クイーンC5着→チューリップ賞2着のローテで、その前走がマイナス8キロだった経緯を踏まえると、馬体回復を優先したと捉えられる。

      それでもシャープなトモを維持しており、出来はいい意味での平行線。当週のひと追いできっちりと整いそうだ。

     (馬サブロー美浦・石堂道生)

      
     〈1週前追い切り診断〉美浦から駆け付けた嶋田を背に、栗東CWで6F82秒3-37秒5-11秒7(G前強め)。先行するヤングマンパワー(6歳オープン)を楽に抜き去る絶好の動きを見せた。前走後は栗東に居残って調整を続けており、ふっくらしているとは言わないまでも、馬体を見る限りきゃしゃな感じは全くない。

    桜花賞馬体診断】リリーノーブル 評価B

     【リリーノーブル 評価B】

      首差しが短くて太め。前腕とトモのボリューム感が満点で、全体的に皮膚の厚いフォルムだ。この時期のルーラーシップ産駒らしくトモに甘さを抱えているが、立ちつなぎでも柔軟性があり、鍛えれば鍛えるほど強くなる可能性を秘めている。

      ただ筋肉量を増やせば、ダート短距離を活躍の場とした母ピュアチャプレットの血が騒ぐ可能性もある。前走(チューリップ賞3着)時に比べて馬体に厚みがあるのは、その影響が出ているのかもしれない。1度使って目つきは鋭くなっており、週末と最終追い切りでどこまで絞れてくるかだろう。

     (馬サブロー栗東・吉田順一)

      
    〈1週前追い切り診断〉栗東坂路で4F52秒3-38秒1-12秒1(一杯)。テンから意欲的に運んで、ラストも鋭く伸びた。ひと叩きされた効果は大きそうだ。

    桜花賞馬体診断】プリモシーン 評価B

     【プリモシーン 評価B】

      
     ディープインパクト産駒の牝馬は細身のタイプが多い。この馬はくっきりとしたラインで、筋肉量も適度。首差しとのバランスが非常に良く、皮膚の薄さからも仕上げには手間取らないクチだ。今回もシャープにまとまっている。

      体形的には距離が延びても問題なさそう。ただ気合乗りが早く、下見所で時折幼いしぐさが目立つ点から、精神面にはまだ課題が残るというのが個人的な見解。輸送を挟むだけに当日の気配にはより注目しておきたい。

     (馬サブロー美浦・石堂道生)

     
     〈1週前追い切り診断〉1月にフェアリーSを制したあとは、3月21日の美浦W(6F87秒3-14秒1)がトレセンでの初時計。無理をせず馬の気に任せて、しなやかなフォームは数字以上の切れを感じさせた。1日には坂路で4F55秒4-12秒4。落ち着きがあり、馬体もパンと張っている。順調な仕上がりとみていい。


    【大阪杯馬体診断】ツヅミモン 評価B

     【ツヅミモン 評価B】

      約2カ月ぶりだが、あばらを見せて余分な脂肪はあまりついていない。500キロを優に超す馬体ながら、思惑通りに仕上がっているとみていいだろう。

      立派なトモに比べれば、首差しや前腕のボリューム感はひと息。キ甲(首と背の境の膨らんでいる部分)の抜け具合を含めてまだ前後のバランスに良化の余地をかなり残したシルエットだが、それでいて牡馬混合のシンザン記念で2着を確保したのは立派だ。本格化はまだまだ先との印象はあっても、週末と当週でもう少し研ぎ澄まされてくれば期待できる態勢にある。

     (馬サブロー栗東・吉田順一)


      〈1週前追い切り診断〉栗東坂路で4F51秒7-37秒6-12秒4(強め)。気負うことなくスイスイ駆け上がってきた。全体時計も上々で、気配は上向いている。





    うまコラボ

    この的中はヤバ過ぎる…三連単が3回に1回的中する異次元の競馬データ
    予想家が発狂!プロ予想家を軽く超えた精度を実現する競馬指数が話題に
    わずか1分の予想で高配当を的中させる競馬指数(最高72万馬券を的中)


    桜花賞予想|2017年|予想データまとめ


    【桜花賞】アドマイヤミヤビ臨戦態勢整う 道悪にも不安なし

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170409-00000020-dal-horse

    「桜花賞・G1」(9日、阪神)
     
    決戦前日の8日、アドマイヤミヤビは栗東の角馬場で乗り込んだ後に、CWで軽く調整。キレを感じさせる身のこなしで雨をはじき、戦う準備を整えた。 

    「気持ち良く走ってくれていましたね。カイバの食いも安定しています」と島助手はうなずく。「重量感のある走りをしますから、道悪もあまり気にしていません」とたとえ馬場に渋化が残っても心配なしのジャッジ。牡馬の強敵を蹴散らしてきた実力を、初対戦のソウルスターリングにぶつける。
    【桜花賞予想|2017年|予想データまとめ】の続きを読む

    桜花賞【2017年】予想|共同会見まとめ

    うまコラボ

    この的中はヤバ過ぎる…三連単が3回に1回的中する異次元の競馬データ
    予想家が発狂!プロ予想家を軽く超えた精度を実現する競馬指数が話題に
    わずか1分の予想で高配当を的中させる競馬指数(最高72万馬券を的中)


    300x250

    (ヤフーニュースより引用)

    リスグラシュー武豊騎手「チャンスはあると思う」

    ■リスグラシューに騎乗予定の武豊騎手

    ――前走のチューリップ賞で再びコンビを組まれましたね。
    武豊 久しぶりに乗せていただきました。結果は少し残念でしたけど、やはりいい馬だなと改めて思いました。桜花賞に向けてチャンスはあるな、と思っていました。いい脚力を持っています。

    ――この馬の強みは?
    武豊 体は小さいんですけど、すごくいい脚力を持っています。本当にいい馬だな、と思います。

    ――先週の1週前追い切りに騎乗されましたが、いかがでしたか?
    武豊 非常にいい動きでしたし、タイムも速かったですね。

    ――今年の3歳牝馬はハイレベルですね
    武豊 そうですね。この世代の牝馬は強い馬がたくさんいるな、と思います。

    ――ソウルスターリングの1番人気が予想されますが?
    武豊 そうですね。当然そう思いますし、ここ2戦一緒に走って負けていますから、逆転をするのは大変だと思いますが可能性はあると思います。

    ――最後にひとこと。
    武豊 2歳のときに乗せていただいて非常に可能性を感じていた馬なので、一緒に桜花賞に出れるのはすごく嬉しく思います。チャンスはあると思うのでいいレースをしたいですね。


    ■リスグラシューを管理する矢作芳人調教師

    ――前走を振り返ってください。
    矢作 正直、物足りなかったですね。ただ、繊細な牝馬なのでね、正直仕上げは桜花賞、オークスと続くということで“それなり”だったかな、と感じています。

    ――今回、本番に向けての気配は?
    矢作 明らかに良くなっていますね。1回叩いて上昇しています。

    ――先週の1週前追い切りでは武豊騎手が騎乗しました。どのようなお話をされましたか?
    矢作 『大丈夫、変わっている』と言ってもらいました。

    ――今週の坂路での追い切りはいかがでしたか?
    矢作 所属の坂井瑠星が乗ったんですけども、珍しく指示通りのいい調教が出来たと思います。

    ――この馬の魅力は?
    矢作 このところ後方からの競馬が多くなっていますが、どんな競馬でもできる自在性があります。折り合いに難がないこと。そして、切れ味ですね。

    ――3歳牝馬は強い馬が揃っていますが、そのあたりは?
    矢作 まぁ、相手のことは気にしても仕方ないので自分の馬をベストに仕上げるだけだと思っていますけれども。今回は先にオークスがあるとか、そういうことは考えず、ここが本番なので目一杯仕上げたつもりです。

    ――阪神外回りのマイル戦というのは?
    矢作 距離はあったほうがいいタイプだと思います。でも、アルテミスSやジュベナイルフィリーズを見てもわかるとおり、マイルで十分適応できる馬だと思っています。

    ――道悪はいかがですか?
    矢作 ジョッキーは大丈夫じゃないか、と言ってくれてましたけど、まぁ僕としてはいい馬場でやりたいというのが本音です。

    ――最後にひとこと。
    矢作 週末は天気が心配ですけれども、桜もちょうど見ごろだと思います。本当に素晴らしい乙女たちが集うレースなので、競馬場にきてリスグラシューの応援をしていただきたいなと思っています。

    アドマイヤミヤビ鞍上デムーロ「自分の仕事を分かっている馬」

    ■アドマイヤミヤビに騎乗予定のミルコ・デムーロ騎手

    ――今年の桜花賞は初コンビのアドマイヤミヤビとの出走になりました。いまの心境は?
    ミルコ とっても嬉しいです。

    ――先週の追い切りに騎乗されましたが、実際に乗ってみての感触は?
    ミルコ すごくよかったです。すごく軽い走りをしますね。賢い馬でテンションが高くなることなく、自分の仕事をすごく分かっています。

    ――今年の3歳牝馬は強いと言われていますが?
    ミルコ GIのときはいつも強い馬が揃います。今年はソウルスターリングがいますが、すごくいい馬ですね。いいライバルです。頑張ります。

    ――作戦は?
    ミルコ 僕は今回(レースでは)初めて乗ります。みんなが言うには、スタートはあまり速くないけどそのあとじわじわきて、最後はすごくいい脚を使うといいます。まだイメージはないけど、そんな感じで乗ります。

    ――今年はデムーロ騎手自身の桜花賞連覇がかかりますね。
    ミルコ 今年も頑張ります。勝ちたい。本当に桜花賞は気持ちいい。勝ちたいですね。


    ■アドマイヤミヤビを管理する友道康夫調教師

    ――前走を振り返ってください。
    友道 1600が少し短いかと思っていましたが、東京の長い直線を利用して最後しっかり伸びてきていい競馬をしてくれました。

    ――この中間の調整は?
    友道 いちど放牧に出しまして、1か月くらい前に栗東に戻ってきました。順調によくなっています。

    ――今回はミルコ・デムーロ騎手との初コンビになります
    友道 先週の追い切りに乗ってもらいまして、すごくいい感触をつかんでもらったみたいです。すごく走る馬で、すごく軽い走りをする、と言われました。

    ――この馬の強みは?
    友道 すごく精神力が強いといいますか、普段は大人しいのですが競馬に行くときだけスイッチが入ります。オンとオフの切り替えの巧さがこの馬の強みだと思います。乗り替わりもまったく問題ないと思います。

    ――今朝の最終追い切りは坂路での追い切りでしたが、いかがでしたか?
    友道 無理せずに53秒台の時計を出していますし、いい動きだったと思います。

    ――桜花賞のコースについては?
    友道 若干マイルは短いと思いますが、最後の直線が長いのでね。そこを利用して、なんとか乗ってきて欲しいですね。

    ――今年の3歳牝馬はハイレベルと言われていますが?
    友道 そうですね。強いですね。

    ――ソウルスターリングについては、いかがですか?
    友道 前走のチューリップ賞のときに初めて生で見ましたが、すごく雰囲気のある、いい馬ですね。

    ――今年の桜花賞、ワクワクして迎えるファンの方も多いと思いますが?
    友道 本当に僕もいちファンとして、ワクワクした気持ちで当日を迎えたいと思います。

    ――今週末、雨の心配もありますが?
    友道 若干渋っても結構力もあります。むしろスタミナ勝負になったほうがいいかな、とは思います。

    ――最後にひとこと。
    友道 今年の桜花賞は強いメンバーで、しかも1頭強い馬もいますが、皆さんの応援があればアドマイヤミヤビもいい競馬が出来ると思いますので、応援よろしくお願いします。

    カラクレナイ松下師「最高の状態で送り出したい」

    ■カラクレナイを管理する松下武士調教師

    ――前走のフィリーズレビューを振り返ってください。
    松下 スタートは少し出負けするかんじはあったんですけど、あとはリズムよくまとめて、最後は長くいい脚を使ってくれたと思います。それまでに比べてメンバーは強くなりますが、終いの脚がしっかりしているので楽しみにしていたんです。

    ――こういった共同会見、初めてだと思いますが、いまの心境は?
    松下 緊張しています(笑)

    ――そんな中、フィリーズレビューからこの中間の気配はいかがでしたか?
    松下 レース後にしっかり疲れをとりました。いい状態で出走できると思います。

    ――先週は新コンビになる田辺騎手が騎乗しての追い切りでしたがいかがでしたか?
    松下 少し左に張るところがあるので、そのへんを気にしてもらえればという話をしました。ジョッキーからは基本的にスムーズにまっすぐ走ってこれたということでした。いい感触をつかんでもらいました。

    ――今週の追い切りはいかがでしたか?
    松下 先週の時点でほぼ馬は仕上がっていたので、反応を確認する程度でした。折り合いもついていましたし、スムーズに動けていたと思います。

    ――この馬の一番の魅力は?
    松下 やっぱりどんな展開でも最後しっかり長くいい脚を使ってくれるところですね。

    ――今回、相手はさらに強くなりますね。
    松下 相手は強いですが、自分の競馬をして戦えればと思って楽しみにしています。

    ――重馬場はいかがですか?
    松下 まだ良馬場しか走ったことがありませんが、血統的には重馬場でも大丈夫ですしパワーもあるのでこなしてくれると思います。

    ――これまで内回りの千四でしたが、今回は外回りの千六です。そのあたりは?
    松下 外回りになって切れ味がより鋭くなれば、と思っています。距離については、千六が長いから使っていなかったというわけではないので、距離が延びるという点も楽しみです。

    ――最後にひとこと。
    松下 3歳牝馬にとって一生に一度の舞台ですので、しっかり仕上げて挑みたいですね。あと4日、しっかり調整して最高の状態で桜花賞に送り出してあげたいと思います。応援よろしくお願いします。

    ソウルスターリング鞍上ルメール「重い馬場も問題ない」

    ■ソウルスターリングに騎乗予定のクリストフ・ルメール騎手

    ――チューリップ賞、強かったですね。
    ルメール ええ、強かったです。休み明け初戦でしたが、いい感じでした。ソウルスターリングはレースのときはリラックスしていましたし、直線ではしっかり脚を伸ばしました。楽に勝ちました。

    ――昨年と比べて成長はみられますか?
    ルメール 良くなっていると思います。まだ能力(の伸びしろ)がある。頭がよく(賢く)なったね。大人になりました。この前のパドックではとても静かだった。そして、スタート前も静かだった。昨年はテンションが高くチャカチャカしていた。今年は経験があるし、いいレースができると思います。

    ――この馬のいいところは?
    ルメール たくさんあると思います。いいスタートを切れるスピードがあります。直線での瞬発力、そしてゴールまでそれを維持できます。トビが大きく、心が強いです。

    ――雨予報ですが、そのあたりは?
    ルメール 心配はしていないです。ソウルスターリングのお母さんはモンズーンの子ですから、重い馬場でも問題ないと思います。

    ――母のスタセリタにも騎乗されていましたね。
    ルメール はい、もちろんです。フランスのオークスとサンタラリ賞(注:仏GI、芝2000m、仏オークスの前哨戦)を勝ちました。だからソウルスターリングに乗るのはいい気持ちです。

    ――心配な点はありますか?
    ルメール ありませんね。今回もいい枠番が欲しいですね。大外枠はちょっと難しいですね。でも…あまり心配はありません。

    ――レースのイメージは?
    ルメール いつもいいスタートを切るので、今回もそうありたいです。5、6番手のいいポジションが取れると思います。一番大切なのはリラックス。そして、もちろんGIですからライバルがたくさんいます。だから、ゴールまで注意したいですね。

    ――具体的なライバル関係は?
    ルメール 他の馬からマークされるとは思いますが、一番のライバルはアドマイヤミヤビですね。でも、彼女は後ろのポジションから走りますから、視界に入ってくるとしたら最後の直線だと思います。

    ――最後にメッセージを。
    ルメール ソウルスターリングはチャンピオンホースです。今回もぜひ勝ちたいです。みんな応援してくれていると思います。いつもありがとうございます

    丸田騎手「ライジングリーズンらしい競馬を」

    フェアリーS(GIII)、トライアルのアネモネS(OP)と2連勝で桜花賞(GI・芝1600m)に臨むライジングリーズン(牝3・美浦・奥村武)が、ウッドチップコースで最終追い切りを消化した。追い切り後、奥村調教師と丸田恭介騎手の共同記者会見が行われた。

    ■奥村武調教師

    (クラシックに臨む心境は?)
    「特別意識はしていませんが、順調に送り出したいなと思います」

    (今日の追い切り内容と評価は?)
    「1週前にしっかり負荷をかけています。今週は輸送もありますが、それでも長い距離を良いペースで乗っているので、良い調教になったと思います」

    (前走からここまでの調整過程は?)
    「中3週になりますが、思い描いていた通りです。これまでは体質の弱さもあったのですが、今回はレースの後もそんなにきつく応えることもなく順調に来ています」

    (この馬の良さ、強さは?)
    「長く良い脚を使えますので、スピードの持続力ですね。馬場が緩くなった時もくじけないで一生懸命走ってくれるので、その辺もすごいなと思います」

    (阪神のマイル戦で、どのようなレースを?)
    「勝ってほしいですよね。それ以外は考えていないです」

    (勝つためのポイントは?)
    「なんでしょうね?順調に送り出すことでしょうか」

    (いつ阪神に輸送を?)
    「前日に輸送します。テンションが上がりやすい面がありますので、環境が変わった場所に長くいると落ち着かないまま競馬に向かうことになるかもしれませんし、落ち着いて調教ができるギリギリまでこちらにいて、阪神に向かおうと思っています」

    (ファンに向けてメッセージを)
    「ここまで1回しか負けていないので、今度も何とか良い競馬をして、関東に大きなタイトルを持ってこれるよう頑張ります。応援よろしくお願いします」

    ■丸田恭介騎手

    (桜花賞に臨む心境は?)
    「楽しみですね。新馬から続けて乗せて頂いている馬でこういう舞台に行けるのは嬉しいですね」

    (今日の追い切りの手応えは?)
    「先週の1週前追い切りから乗せて頂いて、感触の良さがその時点で伝わってきましたので、今週はソフトに馬なり調整でした。感じは良かったです」

    (デビュー時と今の違いは?)
    「最初はもっと前向きな感じで、前半から勢い良く行くタイプかなと思っていたのですけど、実戦ではすごく上手に競馬をしてくれるタイプでした。今も競馬が上手な部分は変わらないと思います」

    (阪神の芝のマイル戦、どのような騎乗を?)
    「今まで良い成績を残してきたコース形態と変わるので、その辺は準備して考えて乗ろうと思っています」

    (どのあたりがポイントに?)
    「直線の長さも違いますし、前半の流れも中山のマイル戦とは違うので、その辺は乗った感触で行こうと思います」

    (ライバルとの力関係は?)
    「GIを戦ってきている馬たちとまだあたっていないですし、相手は強いと思うので、チャレンジャーの気持ちです」

    (ファンへのメッセージを)
    「ライジングらしい競馬ができるように頑張ります。応援よろしくお願いします」



    勝馬伝説の無料情報が熱い・・・
    無料情報だけで万馬券GETwwwww
    kachium















    桜花賞【2017年】予想|馬体診断まとめ(デイリー)


    うまコラボ

    この的中はヤバ過ぎる…三連単が3回に1回的中する異次元の競馬データ
    予想家が発狂!プロ予想家を軽く超えた精度を実現する競馬指数が話題に
    わずか1分の予想で高配当を的中させる競馬指数(最高72万馬券を的中)


    300x250


    (ヤフーニュースより引用)

    【桜花賞馬体診断】ソウルスターリング-評価A

    【ソウルスターリング=評価A】

     胴長で体高があり、体形的には長い距離の方が良さそうに映るが、前進気勢があり、持っているスピードの絶対値が他とは一線を画するのだろう。

     2歳時から後肢の発達が著しく、トモ、お尻の幅はボリューム満点で、年を重ねてより厚みが増し、さらに迫力を感じさせている。その半面、長い首差しが特徴で前肢部がシャープ。今後の成長にもよるが、現状ではがっちりとし過ぎていない分、柔と剛のバランスが絶妙に取れていると判断したい。

     チューリップ賞の1週前と比較するとふっくらと映ったおなかのラインは研ぎ澄まされ、くっきりとした体のライン。それでも全体的な筋肉量はしっかりと維持できており、メリハリのある姿からも上積みは相当に感じさせる。(馬サブロー美浦・石堂道生)

     〈1週前追い切り診断〉美浦Wで5F70秒7-40秒2-12秒8(馬なり)。内から一瞬にして抜け出したように、抜群の加速力を披露。最後は相手を待つ余裕もあって、数字以上の切れと迫力を感じさせた。ケチのつけようがない

    【桜花賞馬体診断】カラクレナイ-評価A

     【カラクレナイ=評価A】

    首差しは少し短めで胴は長め。前腕とトモのボリュームは満点だが腹のラインはシャープ。これからの成長と調整法で体形は変化していきそうだが、一度使ったことによる上積みは随所に感じさせる。

     地面の傾斜と重心のバランスでトモが流れた姿形だが、これは前走時も同様で心配なし。腹回りはこの前よりふっくらしているがうっすらとあばらを見せ、トモの丸みと膨らみは前走以上。とりわけ股の厚みが増しているのは強調材料だ。

     少し短めだが、立ち気味のつなぎやトモ高の体形からはマイル以下で瞬発力を生かすタイプ。オークスよりは桜花賞向きで、ここは全力投球の仕上げに思える。(馬サブロー栗東・吉田順一)

     〈1週前追い切り診断〉田辺を背に栗東CWで6F82秒7-38秒0-12秒3(馬なり)。4角で前の馬が邪魔になり内に切れ込む場面はあったが、慌てずに悠々とした走り。パワフルなフォームで迫力満点の動きを披露した。

    【桜花賞馬体診断】ミスエルテ-評価B

    【ミスエルテ=評価B】
     
    昨年末は阪神JFではなく朝日杯FSを選択したが、体調面やローテーションを加味したもの。フランケル産駒らしい勝ち気な気性はもろ刃の剣と言えそうだが、カイ食いの問題なのか現状はあまり詰めてレースを使えない印象だ。

     今回は前哨戦をパスしてのぶっつけ本番。その効果か体をふっくらと見せているのは好感が持てる。とは言っても朝日杯FSとそう大差はないシルエット。年明けに1走していれば、この体を維持できたかを算段すれば、このローテは英断かもしれない。

     穏やかな目をしているのは好印象だが、まだ気持ち前駆体形。前走時からの伸びしろは思ったほどではない。(馬サブロー栗東・吉田順一)

     〈1週前追い切り診断〉川田を背に栗東CWで6F81秒7-38秒2-11秒7(一杯)。シルバーポジー(4歳1000万下)を0秒4追走して0秒2先着。追われると素早い反応を返して、シャープに伸びた。約4カ月ぶりでも太め感はなく、ひと追いごとに気配も良化している。

    【桜花賞馬体診断】アドマイヤミヤビ-評価B

    【アドマイヤミヤビ=評価B】  

    母父がクロフネの影響か、同じハーツクライ産駒のリスグラシューとは系統が違う。勝ったデイリー杯クイーンC時は胴長&脚長のシルエットを誇示していたが、今回は肉付きが良過ぎるためか寸の詰まったパワー型の体形に映る。  

    とりわけ前腕とトモのボリュームは目を見張り、確実に全体的な筋肉量はアップしている。2カ月ぶりだが、しっかりと食べて鍛えた効果が如実に表れている姿形だ。  

    脚は相変わらず細みで長めのため、前走時に比べると多少アンバランスに見えてしまう。ただ膨らまして鍛えた馬体が、週末と来週の調整で引き締まるかがポイントに。全体のバランスが良化すれば楽しみだ。(馬サブロー栗東・吉田順一)  

    〈1週前追い切り診断〉M・デムーロを背に栗東CWで6F81秒1-38秒5-12秒5(一杯)。アドマイヤキズナ(4歳1600万下)を1秒5追走して0秒6先着。力強いフットワークで、追われてからの反応も上々。1週前時点での態勢は万全と言える。
    【桜花賞馬体診断】リスグラシュ-評価C

     【リスグラシュー=評価C】 

    阪神JFやチューリップ賞出走時とは違うシルエット。あばらを見せて余分な脂肪がなく研ぎ澄まされているが、トモの丸みが物足りない。

     気で走ることの多いこの時期の牝馬は、トモの容量や丸みや張りで大きな評価を下すことは危険だと判断しているが、それでも臀部(でんぶ)が平たくなっているのは割引か。

     ハーツクライ産駒らしく少しハ行気味の走法だが、430キロ台の馬とは思えないストライドの大きさがこの馬の武器。息の長い末脚を繰り出すにはもう少しトモに容量が欲しい印象だが、陣営は攻めの調教を貫いている。週末と最終追いでトモが張ってくれば怖さはある。(馬サブロー栗東・吉田順一)

     〈1週前追い切り診断〉武豊を背に栗東坂路で4F50秒8-37秒0-12秒2(仕掛け)。リッパーザウィン(5歳1000万下)に半馬身先着。ゴール前で軽く仕掛けられるとグンとひと伸びを見せた。全体時計も優秀で、気配の良さが目立つ。

    【桜花賞馬体診断】ミスバンテール評価C
     
    【ミスパンテール=評価C】
    7カ月ぶりだったチューリップ賞では、阪神JF2着のリスグラシューとの追い比べを制し2着。相当な資質を秘めていることは間違いないが、ただ順調に使えなかったことも事実だ。

     首差しが短く前が勝ったシルエット。左後肢を浮かしているのは少し引っ掛かり、ハミをかんで若さものぞかせている。短めのつなぎや骨格に見合った体形、勝ち気な気性を踏まえるといずれはスプリント戦線でもと思わせる。

     同世代ではごまかしが利くとは言え、まだキャリアが浅くまだまだ伸びしろの多さを感じさせるシルエット。先々は楽しみな逸材だが、現時点の完成度では割引が必要だろう。(馬サブロー栗東・吉田順一)

     〈1週前追い切り診断〉四位を背に栗東坂路で4F55秒3-39秒1-12秒1(G強め)。気合を前面に出した迫力ある走りで駆け上がり、出来の良さをアピール。馬体の張りも目立つ。





    勝馬伝説の無料情報が熱い・・・
    無料情報だけで万馬券GETwwwww
    kachium















    桜花賞予想|予想・データ|ネット評価まとめ
     

     シンハライトが無敗女王となり名牝への道を突き進む。

     メジャーエンブレムのクイーンC圧勝ばかりがクローズアップされているが、シンハが勝ったチューリップ賞も史上空前のハイレベル。勝ちタイム1分32秒8は07年ウオッカの記録を0秒9も上回るレースレコードで、上がり3F33秒0もレースの歴代1位だ。

     ウオッカは本番の桜花賞こそダイワスカーレットの2着に敗れたが、ダービーなどGI7勝の偉業を達成。1976年のテイタニヤ以来優勝馬が誕生していないクイーンCからの直行組よりも、最重要トライアルでの傑出したパフォーマンスを評価すべきだろう。

     「前走はいい時計で勝ってくれたので、桜花賞が楽しみになった。小柄でも馬体が減らないし、高い能力とセンスの良さを持っている」と、石坂調教師も手応えを隠さない。

     さらにサプライズだったのは、自身が手がけた牝馬3冠を含めGIを7勝したジェンティルドンナとの比較に言及したことだ。「ジェンティルは決していい評判ではなかったけど、シンハライトに関しては何の心配もなくこれたし、体調もあのときよりいいかもしれない」

     ジェンティルは熱発明けで臨んだチューリップ賞で4着に敗れるなど、順調さを欠いたなかでも桜を制した。そのときより不安がないのなら-というトレーナーの胸中が透けて見えてくる。

     その自信に応えるように、6日は自己最速となる坂路4F51秒9をあっさりマーク。デキもMAXといえる。

     鞍上はスイープトウショウ(宝塚記念)、ショウナンパンドラ(ジャパンC)など、名だたる牡馬勝りの牝馬に跨ってきた池添謙一。クラシック5冠ジョッキーでもある。そのケンイチが「これだけ乗り味のいい馬は久々」というのだから、資質は推して知るべし。2歳女王との初対決を制して、世代の頂点に立つ。(夕刊フジ)

     

    桜花賞最新生情報

     

    ◆最内枠から一発〔1〕キャンディバローズ

     坂路で調整した。藤田助手は「体のわりにパワーがある。メジャーエンブレムがあそこ((5)番)なら、最内枠でも内で詰まることはないだろう。メジャーについていく形がいいかな」と青写真を描く。

    ◆馬体に張りある〔2〕ブランボヌール

     角馬場でじっくりを体をほぐした。中竹調教師は「毛づやがよくて、馬体に張りがある。動きにも活気があって、体調はよさそう。ここを目標に阪神JFと同じような形できている。ここは改めてだね」と力を込めた。

    ◆内枠から巻き返す〔3〕メイショウスイヅキ

     角馬場で調整。「前走より落ち着きが出てきたし、今回は内枠((3)番)。ゲートを出てすっと行ける馬じゃないので、その間にうまくカベを作って運びたい」。本田調教師は、大外枠で消化不良の前走だった前走からの巻き返しを狙う。

    ◆調整後も「順調」〔4〕ソルヴェイグ

     坂路で調整した。前走のフィリーズレビューはデビュー以来最軽量の460キロでV。「意図して絞ったわけじゃない。パンとすれば、480キロくらいあっていい馬だが、(3歳になったばかりの)今はああいう体形でいいのかもしれないね。追い切った後も順調」と鮫島調教師。

    ◆「迫力出てきた」〔6〕ビービーバーレル

     坂路をゆったりと4ハロン71秒0。雰囲気はいい。開業2年目でGI初出走となる中舘調教師は「変わらず順調ですね。走りに迫力が出てきた感じがするし、着実に階段を上っていると思います。あとはジョッキー(石橋騎手)に任せるだけです」と好感触だ。重賞初制覇を飾ったフェアリーSと同じ〔3〕枠(6)番から上位を目指す。

    ◆状態に自信あり〔7〕デンコウアンジュ

     軽快に坂路を駆け上がって4ハロン62秒4を計時。佐藤助手は「ずっと調教で乗っている川島騎手が『本当に具合がいい。流れひとつで面白い存在』といっている。あまりそんなことをいわないヤツだから、本当にうまくきているんじゃなかな」と笑顔で語った。

    ◆手塚師納得の枠〔8〕アッラサルーテ

     予定通り南の角馬場で調整を行った。手塚調教師は「雰囲気はいつもと変わらないし悪くない。枠も今回はいいところに入ったよね。挑戦者の立場だし、どれだけやれるか」と語った。

    ◆南井師は控えめ〔9〕ジープルメリア

     角馬場で調整。南井調教師は「追い切った後も変わりない。枠も真ん中でちょうどいいし、流れに乗りたいね。ただ、ちょっと相手が強いかな」と控えめだった。

    ◆「少しピリピリ」〔10〕アットザシーサイド

     福永騎手を背にCWコースを周回してからゲート練習。「少しピリピリしているけど、ナーバスになっているわけじゃない。ゲートの中ではおとなしいし、そのへんの(気持ちの)メリハリはあるよ。ある程度、レースが流れてほしい」と福永騎手。

    ◆ゲート駐立確認〔11〕レッドアヴァンセ

     坂路をキャンターで上がってからゲート内での駐立確認を行った。生野助手は「阪神への輸送で体は減ると思うけど、現時点で減っていないのはいい。相手は強いけど、スタートを決めて、どこまで追い詰められるか」と語った。

    ◆いい意味で何も変わらない〔12〕シンハライト

     滋賀県の栗東トレセンで調整を行った。坂路をゆったり駆け上がり、4ハロン70秒8-16秒4をマーク。荻野助手は「感触を確かめる程度で、雰囲気はよかった。いい意味で何も変わらないのがいい。まだ緩いけど、前走よりも実が入ってきている」とうなずいた。

    ◆藤岡師「思った通りの仕上がり」〔13〕ジュエラー

     角馬場で体をほぐしてから坂路に向かい、小気味いい走りで4ハロン66秒2-16秒7を計時。藤岡調教師は「落ち着きがあっていいね。いろいろやってきたことが実になっている気がする。結構やったから馬体重は減るかなあと思ったけど、よくキープできている。思った通りの仕上がり」とうなずいた。

    ◆普段通り14戦目〔14〕カトルラポール

     金曜は坂路1本といつも通りのメニュー。昨年6月にデビューし、大きな休みもなく使われ、これが14戦目になるが、疲れは感じさせない。「カイバをしっかり食べるし、使い減りしないので、状態面もいつも通り。前走はずっと外を回らされたので、ロスなく運べれば」と及川助手。

    ◆「力出し切れる」〔15〕ラベンダーヴァレイ

     角馬場で軽めの調整。3カ月半ぶりだった前走のチューリップ賞で3着になって出走権を獲得した。藤原英調教師は「3歳になり、桜花賞を目指すにはどうしたらいいか。前走はいろいろ考えたことが、うまくかみ合ったね。今朝の雰囲気もいいし、現状の力は出し切れる状態」と笑顔で話した。

    ◆状態は「段違い」〔16〕ウインファビラス

     阪神JFの2着馬はダートコースを1周し、翌日の輸送に備えた。「順調です。前走後は反動も出ないでこられたし、休み明けを使って状態は前走と段違いです。この馬のことはジョッキー(松岡騎手)がよく分かっていると思うので、流れに応じて競馬をしてくれるでしょう」と畠山調教師。

    ◆坂路で軽め調整〔17〕アドマイヤリード

     坂路でラスト1ハロン14秒5と馬なりでしまいを軽く伸ばした。小島助手は「リズムよく、走る気持ちを大事に調整できている。内臓面がしっかりしてきて、前走に比べて毛づやがいい」と巻き返しを期待する。

    ◆好位取りに行く〔18〕メイショウバーズ

     本田調教師は「追い切った後もいい感じできている。外枠は問題ないタイプだし、この枠なら好位からの競馬になるかな」と、レースを展望した。

     




    kati1







    ここの無料コンテンツが激アツ
    無料情報だけで万馬券続出wwww

    【桜花賞予想|予想・データ|ネット評価まとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ