競馬最強2chまとめぽいサイト

競馬の2chまとめです…!!いろいろな競馬サイトがありますが、これでもまとめているサイトはないと思います!!…2chまとめぽいサイトです。

    カテゴリ:競馬重賞(G1) > 皐月賞

    皐月賞【2017年】予想|馬体診断まとめ(デイリー)


    うまコラボ

    この的中はヤバ過ぎる…三連単が3回に1回的中する異次元の競馬データ
    予想家が発狂!プロ予想家を軽く超えた精度を実現する競馬指数が話題に
    わずか1分の予想で高配当を的中させる競馬指数(最高72万馬券を的中)


    300x250



    ヤフーニュースより

    【皐月賞馬体診断】カデナ
    【カデナ=評価B】  
    父のディープインパクトと同じようなサイズに見えてしまうが、460キロと20キロほど重たい体重は筋肉の質感によるものか。  

    1週前追い切り後の撮影とは言え、弥生賞時に比べると今回は余分な脂肪が一切見られない。その1週前追い切りが、テンから意欲的に追われるハードな調整が施された。

    今すぐにでもレースに使えるほど仕上がっており、来週のひと追いと長距離輸送でどこまで維持できるかが大きなポイントとなりそうだ。  

    トモのボリュームや膨らみが弥生賞ほどではない分B評価にしたが、トモ高の体形や飛節、つなぎの角度からやはり切れ味が最大の武器だ。(馬サブロー栗東・吉田順一)  

    〈1週前追い切り診断〉
    福永を背に栗東坂路で4F51秒6-38秒0-13秒3(一杯)。ジャストドゥイング(5歳OP)と併入。手応えは見劣ったが、最後まで集中して走れていた。

    追い切った時間帯を考えると、全体時計も上々だ。
    【皐月賞馬体診断】ファンディーナ
    【ファンディーナ=評価B】  
    ヴィクトワールピサ産駒の兄ナムラシングンに比べると、柔軟性が雲泥の差。これはディープインパクトというよりは、父の父サンデーサイレンスの血か。  

    長めの首差しとスラッとした胴長の体形、さらにトモ高のシルエットからすれば切れ者だが、実際は上質のスピード持続力が使えるタイプ。長くて柔らかいつなぎと質のいい筋肉を持ち合わせ、パンとすれば器は相当だ。  

    ただ新馬戦に比べると腹のラインは徐々に巻き上がっていき、トモもこぢんまりしてきた。さらに目つきからもわかるように、半兄同様にテンションが高くなっているのも気掛かり。

    好素材だが、ローテや長距離輸送を考慮すれば多少の割引が必要か。
    (馬サブロー栗東・吉田順一)  

    〈1週前追い切り診断〉
    栗東坂路で4F54秒1-39秒1-12秒4(G強め)。ナッシングエルス(3歳未勝利)に2馬身先着。ゴール前で気合をつけられると素晴らしい反応を見せた。出来はさらに上向いている。

    【皐月賞馬体診断】ウインブライト

    【ウインブライト=評価B】  
    首差しは太めだが、筋肉量はそれほど多くないタイプ。全姉ウインファビラスと酷似した体形で、腹袋をボテッと見せるのは血統的なものが大きいのだろう。  

    余裕を感じるように見せがちだが、これで結果が伴っている現状からも気にする必要はない。それでも前走のスプリングSでは2桁数字を絞ってきたように、全体の輪郭がくっきりとした姿。

    バランスが非常に良くなっているのは好材料で、距離を延ばしていくに向けて前、後肢部位がガッチリとしてきていないのはいい傾向。好気配を維持している。
    (馬サブロー美浦・石堂道生)  

    〈1週前追い切り診断〉
    松岡を背に美浦Wで5F66秒6-37秒6-12秒6(馬なり)。直線で馬体を並べたが、歴戦の古馬を完全に子ども扱い。一杯の相手に対して馬なりのままいつでも抜け出せる脚勢で、さらなるパワーアップを印象づけた。
    【皐月賞馬体診断】スワーヴリチャード
    【スワーヴリチャード=評価B】  
    首差しから背中のゆったりしたラインやスラッと脚長の体形は、父ハーツクライの血が出ているか。ただ胴の厚みがなく筋肉質の馬体は父ではなく母系の影響かもしれない。  

    ホワイトマズル産駒で半兄のバンドワゴン同様に立ちつなぎ。共同通信杯時にはそれほど感じなかったが、今回は重心の問題や地面の傾斜もあるのかそう見える。

    さらに左前肢の爪の方が角度が立っていることを踏まえれば、左回りの方がコーナーリングがスムーズでパフォーマンスが上がる可能性は否定できない。  

    父産駒にしては異質の切れ者だが、これは母系の血が成せる業か。筋肉質の馬体と鋭い眼光から仕上げにも抜かりはなさそうだ。
    (馬サブロー栗東・吉田順一)  

    〈1週前追い切り診断〉
    四位を背に栗東CWで6F81秒6-36秒7-11秒9(一杯)。さすがの脚力で併走2騎をなで切ったが、ビシッと追われたのがこの1本のみ。まだ少し馬体にも余裕があり、このひと追いでどこまで上向いてくるのか、直前追いに注目したい。
    【皐月賞馬体診断】サトノアレス
    【サトノアレス=評価C】  
    休み明けのスプリングSは朝日杯FSから体重の数字こそ変動はなかったが、全体的に厚みが増し、筋肉量がアップ。2歳時から後肢部位の迫力が目立ってはいたが、今回はさらに大きく増して丸みがあり、重厚さが強くなっている。

    寸の詰まった胴のつくりは変わっておらず、厚みのある首差し。バランスを見るとよりマイラー色の濃い体形になってきた印象を受ける。張りのある馬体から体調面は問題なさそうだが、今回の舞台設定はベストとは言い難い。
    (馬サブロー美浦・石堂道生)  

    〈1週前追い切り診断〉
    戸崎圭を背に美浦Wで5F68秒3-38秒7-12秒7(馬なり)。首の使い方が上手になり、フォームのブレがなくなった。2頭を大きく追い掛けたが、直線はいつでも抜け出せる手応え。最後まで我慢をさせた内容に、気性面の成長がうかがい知れる。馬体も厚みを増して、申し分のない状態。
    【皐月賞馬体診断】レイデオロ
    【レイデオロ=評価C】  
    首回りが厚く、位置もやや高めだが、脚長で体高があり、均等な筋肉量。明け3歳になってもがっしりとし過ぎていないのは好印象で、前、後肢部位はいい意味でのシャープさを維持している。  

    ただお腹のラインが少し緩く厚くなっているように、寸が詰まった体形に映り、その点は実戦を離れている影響が見て取れる。  

    1週前の状態としては許容できる範囲ではあるが、いきなりのG1舞台。トライアルを自重した経緯があり、ダービーへと最大目標を切り替えた印象は否めない。

    底は見せておらず性能の高さは承知だが、今回は評価を落とす。
    (馬サブロー美浦・石堂道生)  

    〈1週前追い切り診断〉
    五十嵐を背に美浦Wで4F52秒7-38秒6-12秒9(馬なり)。4Fから徐々に加速させると、直線は2頭の内からシャープな伸び脚。坂路とコースを併用して乗り込んで太め感は一切なし。力を出せる態勢だ。



    勝馬伝説の無料情報が熱い・・・
    無料情報だけで万馬券GETwwwww
    kachium















    皐月賞予想・データ

     

    マウントロブソン上昇気配

     “ここ目標”が透けて見えるよう。泣く子も黙る堀厩舎がきっちり間に合わせてきたマウントロブソンと心中したい。

     この業界、どの陣営も皐月賞&ダービーの春2冠を夢見るもの。もちろんマウントもT・ベリー騎手をダービーまで確保しているように、最大目標が春2冠であることに変わりはない。

     が、原石ぞろいのスーパーステーブル特有の“うれしい悩み”がコトを少々ややこしくする。要は皐月向き、ダービー向き、菊花賞向きといったバラエティ豊かな駒がそろっているわけで、それぞれの個性をローテーションに反映できる特権、もしくは使命があるはずなのだ。

     今年の堀ジャッジをローテから想像するに、東京芝2400メートルで2勝目をあげたレーヴァテイン(青葉賞に出走予定)がダービー狙い、そしてデビューから4戦連続2000メートルにこだわったマウントが2冠、まずは皐月狙い、の見立てでまず間違いはないだろう。

     あえて小倉のあすなろ賞に遠征したのも皐月が視野に入っていたからこそ。貴重な2勝目を取りにいったのはもちろんのこと、中山10F向きの機動力の有無を確認したかったからではあるまいか? 結果はといえば道中(12)(4)(3)番手と動いて2勝目をゲットと、完璧なシナリオだった。

     もっとも、厩舎が敷いたローテーションにきっちりと応えてきたマウントの豊かな才能も忘れてはならない。特に驚かされるのがフジテレビ賞スプリングS時の状態で、「小倉の前が急仕上げで、小倉への移動の反動もあり、前走では歩様がギクシャクしていて良くはなかった」と堀調教師。そんな状況下で測ったようにクビ差制すあたり、やはりただものではない。

     一転今回は、「気性面で不安定なところがあり、まだトモも今ひとつ」とクギを刺しながら、「一番体調が安定していて体も増えてきたし、順調に成長してしっかりしてきた。上昇気配でGIに向かえるのが一番いい」。もうこのコメントだけで十分だろう。(夕刊フジ)

     
    【皐月賞予想・データ|2016年】の続きを読む

    サトノダイヤモンド|皐月賞2016年ニュース|ネット評価まとめ
     
    サトノダイヤモンド、今まで乗った中で一番いい感じ

    ◆皐月賞・追い切り(13日)

     デビューから無傷の4連勝で皐月賞・G1(17日、中山・芝2000メートル)制覇を狙うサトノダイヤモンド(牡3歳、栗東・池江厩舎)が13日、栗東トレセンのCWコースで最終追い切りを行った。

    【写真】坂路、単走追いで仕上げらたマカヒキ

     3週続けてルメール騎手が騎乗し、エアカミュゼ(5歳1600万)を追走。直線で内に潜り込み、鞍上の仕掛けにしっかり反応して先着を果たした。

     追い切り後、ルメール騎手は「ベリーグッド。反応が良かった。バランスもいいし、確実に上向いている。今までで一番いい感じだと思う」とさらなる良化を感じ取った様子。新馬で2馬身半差、500万、きさらぎ賞で3馬身半差と圧勝続きのディープインパクト産駒が牡馬クラシック1冠目をつかむか。

     

    サトノダイヤモンド、ダービーを意識して選んだ

    皐月賞「3強」の思惑(1)

    サトノダイヤモンド編

    牡馬クラシック第1弾の皐月賞が4月17日に開催される。近年まれに見る「ハイレベルな争い」と称される今年の3歳牡馬戦線。なかでも注目は、3戦3勝のマカヒキとサトノダイヤモンド、2歳王者リオンディーズの「3強」である。そこでまず今回は、サトノダイヤモンドの鞍上を務めるクリストフ・ルメール騎手に、同馬の強さをうかがうとともに、クラシックに向けての意気込みを聞いた――。

    ■安藤勝己がじっくり厳選。超ハイレベルの「3歳牡馬番付」

    ―― まもなく皐月賞(4月17日/中山・芝2000m)です。今回は牡馬クラシックについてお話を聞かせてください。今年の3歳牡馬は例年に比べて「レベルが高い」と言われていますが、ルメール騎手もそう思われますか。

    「はい。3歳牡馬のレベルはとても高いですよ。弥生賞(3月6日/中山・芝2000m)を振り返ってみてください。天気がよくて、トラックコンディションがよくて、ペースも有利、不利のない、強い馬が勝つペースとなって、すごくいいレースになりました。リオンディーズ(牡3歳)とエアスピネル(牡3歳)が今年初めてのレースで、その点はマイナス材料となりましたけど、それでも2頭とも持てる力を発揮。あれだけ素晴らしいレースになったのは、彼らのレベルが高かったからに他なりません」

    ―― その弥生賞は、ルメール騎手騎乗のマカヒキ(牡3歳)が勝ちました。その結果、ずっと手綱を取ってきたサトノダイヤモンド(牡3歳)と、ルメール騎手がクラシックではどちらに乗るのか注視していました。すると、意外にあっさりとサトノダイヤモンドに騎乗することが発表されました。サトノダイヤモンドを選んだ理由を教えてください。

    「どちらも強い馬だから、ボクにとってはすごくディフィカルト・チョイスでしたね。でも、マカヒキと違って、サトノダイヤモンドは新馬のときからボクが乗り続けてきた馬ですからね。そこが、大きな理由のひとつです。最初に騎乗して、すごく強い馬だと認めて、ずっと一緒に戦ってきて、期待どおりの結果を残してきてくれた。そういう馬と、ともにクラシックを戦いたい、と思ったわけです。あと、距離2400mへの対応力を考えると、マカヒキよりもサトノダイヤモンドのほうが上ではないか、と」

    ―― それはつまり、日本ダービー(5月29日/東京・芝2400m)まで意識しての選択だったということでしょうか。

    「やはり、ダービーは勝ちたいです。マカヒキも2400mの距離に対応できないわけではありませんが、どちらがより(2400mの距離に)対応できるか考えた場合、サトノダイヤモンドのほうだと思います。ほんのわずかな差ですけどね」

    ―― 確かにサトノダイヤモンドは、前走のきさらぎ賞(2月7日/京都・芝1800m)でも強い競馬を見せてくれましたけど、今思えば、そのレースを勝つことよりも、その先のクラシック、とりわけダービーを意識してレースをしていたように感じます。

    「弥生賞に比べるとメンバーは少し落ちるかもしれないけど、このメンバーを相手にどんな競馬をして勝ってくれるのか、とは思っていました。スタートがよくて、ペースも展開も悪くなかったですから、道中はずっとリズムよく走っていました。直線に入ってからも余裕をもって抜け出して、すべてにおいて満足のいくレースでしたね。それに、あなたが言うとおり、(クラシックに向けて)とてもいいテストになりましたよ(笑)」




    無料情報で万馬券ゲットwwww
    勝馬伝説…

    kati1











    【サトノダイヤモンド|皐月賞2016年ニュース|ネット評価まとめ】の続きを読む

    皐月賞予想|2016年馬体診断|ネット評価まとめ

    リオンディーズ評価A


     「皐月賞・G1」(4月17日、中山)

     出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評がある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、牡馬クラシック第1弾の出走予定馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

    【写真集】皐月賞馬体診断…週末予想の参考にどうぞ

    【リオンディーズ=評価A】

     2戦目で2歳チャンピオンの座を射止めたが、血統背景や馬体を踏まえればクラシック戦線でこそ光り輝く逸材だ。

     運動量が豊富な角居厩舎の所属馬は、トモを膨らますよりは凝縮させるイメージ。半兄のエピファネイアも同様だったが、この馬もトモはこぢんまりと映る。

     ただ、朝日杯FSや弥生賞に比べると臀部(でんぶ)に丸みがあることは心強い限り。全体的に馬体の厚みは増して、前哨戦を叩いての上積みは十分。

     聡明(そうめい)な目で心身両面のバランスも上々。2歳王者が至極順調にクラシック第1弾に駒を進めてきそうだ。(馬サブロー栗東・吉田順一)

     〈1週前診断〉M・デムーロを背に栗東CWで5F66秒8-38秒2-11秒5(馬なり)。ダイナミックなフォームでマウントハレアカラ(4歳1600万下)に0秒2先着。ラストは持ったままで、抜群の推進力を見せた。落ち着きもあり、気配面も大きく上向いている。


    サトノダイヤモンド評価A

     

     「皐月賞・G1」(4月17日、中山)

     出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評がある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、牡馬クラシック第1弾の出走予定馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

    【写真集】皐月賞馬体診断…週末予想の参考にどうぞ

    【サトノダイヤモンド=評価A】

     1週前の追い切り後の撮影。その割には皮膚を厚ぼったく見せるが、池江厩舎の所属馬はこれでしっかりと結果を出してくるので心配なし。自身のきさらぎ賞の写真撮影も同様だ。

     ただ、前走時と微妙に違うのが臀部(でんぶ)の丸みが緩やかなこと。そのためか全体のバランスが良くシャープさも感じさせる。レースぶりからは完成度が高いと勘違いしてしまうが、キ甲は抜けておらずまだ成長の余地を残す体つき。

     それでも、りりしい顔つきで堂々とした立ち居振る舞い。折り合い不問で機動力と自在性があり、鞍上の指示に従順なことが最大の長所だ。(馬サブロー栗東・吉田順一)

     〈1週前診断〉ルメールを背に栗東CWで6F82秒9-38秒1-11秒6(一杯)。アッシュゴールド(4歳1600万下)に0秒4先着。ゴール前の加速と反応は圧巻の一語。動きにメリハリと迫力が増しており、馬体面でもスケールアップしている印象。

    【皐月賞予想|2016年馬体診断|ネット評価まとめ】の続きを読む

    5

    皐月賞予想・データ|2015年まとめ

     

    468_60


     

    1) 種牡馬データ

    種牡馬着別度数勝率連対率複勝率単勝複勝
    Marju1- 0- 0- 0/ 1100.00%100.00%100.00%630220
    ハービンジャー4- 5- 1- 16/ 2615.40%34.60%38.50%5381
    ハーツクライ12- 15- 17- 74/11810.20%22.90%37.30%137129
    ディープインパクト15- 16- 19- 85/13511.10%23.00%37.00%9685
    キングカメハメハ13- 10- 13- 90/12610.30%18.30%28.60%6657
    ブラックタイド2- 2- 2- 25/ 316.50%12.90%19.40%4174
    クロフネ2- 3- 0- 27/ 326.30%15.60%15.60%12540
    ネオユニヴァース2- 5- 4- 62/ 732.70%9.60%15.10%1265
    スクリーンヒーロー1- 0- 1- 16/ 185.60%5.60%11.10%136186
    ディープスカイ0- 0- 0- 9/ 90.00%0.00%0.00%00
    エンパイアメーカー0- 0- 0- 3/ 30.00%0.00%0.00%00

     

    2) 騎手データ


    騎手着別度数勝率連対率複勝率単勝複勝
    菱田裕二0- 0- 1- 1/ 20.00%0.00%50.00%0420
    蛯名正義15- 14- 8- 59/ 9615.60%30.20%38.50%6571
    岩田康誠3- 2- 3- 13/ 2114.30%23.80%38.10%6367
    戸崎圭太11- 8- 7- 44/ 7015.70%27.10%37.10%5166
    福永祐一3- 3- 2- 14/ 2213.60%27.30%36.40%6275
    横山典弘3- 10- 9- 58/ 803.80%16.30%27.50%1569
    柴山雄一5- 1- 4- 27/ 3713.50%16.20%27.00%132124
    田辺裕信8- 10- 9- 73/1008.00%18.00%27.00%6574
    M.デム1- 1- 0- 7/ 911.10%22.20%22.20%4127
    柴田大知6- 10- 9- 91/1165.20%13.80%21.60%5763
    三浦皇成8- 5- 3- 68/ 849.50%15.50%19.00%11256
    浜中俊1- 0- 0- 8/ 911.10%11.10%11.10%4621
    ルメール1- 0- 0- 9/ 1010.00%10.00%10.00%23644
    嘉藤貴行0- 1- 0- 28/ 290.00%3.40%3.40%022

     

    皐月賞ニュース

     

     1週間の密着取材で皐月賞の勝ち馬を探り出す『東西現場記者走る』。大阪サンスポの川端亮平記者(32)は5日目、美浦トレセンで弥生賞2着のブライトエンブレム陣営を直撃。前走は安全策でこれまで通りに後方待機から外を回したが、今回はこれまでと違った戦法に出ることを示唆した。〔1〕枠(1)番から立ち回りひとつで、一発があるかもしれない。

     17日朝も、春の陽気に包まれた美浦トレセンで取材。ターゲットは弥生賞2着ブライトエンブレムだ。週始めに小島茂調教師が「前走は権利を獲るための競馬。今回は勝つための競馬をしたい」と話していたのを紙面で読み、気になっていた。

     前走は後方から外を回して追い込むも、サトノクラウンから0秒2差。立ち回りのうまさが問われる中山向きではないという印象を受けた。さらに〔1〕枠(1)番に入ったことで、外を回せばよりロスが大きくなる。だが、直撃した師の言葉は弾んでいた。

     「今までのレースで、十分に通用する手応えはある。田辺騎手がこの枠からどんな競馬をするのか、楽しみですよ」

     前走が自信の裏付けになっている。前回は装鞍所でうるさかったため、課題のゲートで出遅れたり、道中でハミをかむ可能性を考慮。コースロスを承知で安全策の競馬を指示した。だが、「レースでは何ともなくて、鞍上も『もう1つ前の位置で競馬ができた』と話していた」といい意味で裏切られた。「今回は無理なくポジションが取れるなら、1つ前でいい。これまで馬群を割る競馬はしていないけど、馬を気にすることはない」と、“勝つための競馬”の中身を語ってくれた。

     田辺騎手にも直撃してみた。〔1〕枠(1)番はあまり歓迎でない表情も「これまでの形にはとらわれない。極端にいえばハナでもいい。出たなりで自分のペースで運びたい」と腕をぶす。さらに「速い時計の勝負が弱点。淡々と流れる東京コースより、時計がかかる中山のひと回りするコースの方が合っている」と、相棒の適性を強調した。

     昨年の弥生賞2着で、のちに日本ダービー馬になったワンアンドオンリー(皐月賞4着)のように広いコースでこそのタイプと思いきや、意外にも小回りの中山でこそという評価。勝負気配がプンプンと漂う。一発候補として再評価が必要だ。18日は中山競馬場で馬場状態や傾向を確認し、最終結論を出す。 (川端亮平)

     
     
    537:2015/04/18(土) 22:13:51.97 ID:
    好きな馬はダノンプラチナ
    一番理想形の馬

    母系にフォルティノーカローグレイソブリン入っていて肌でわかるように
    その遺伝子が表れている
    いつキレが開花するか楽しみだ
    さらに最大のメリットはノーインブリードの5代血統完全アウトブリード
    しかもミスプロ、ナスルーラ、ボールドルーラー、ネイティブダンサーと
    主要血脈が綺麗に配合されており
    さらにバステッド マームード セントサイモンと活力ある血も入っている
    アウトクロスの芸術的配合ではないか
    ディープの非力な部分を補っている
    フォームも走り方も好きだし一番勝ってほしい馬でもある

    しかし敵はヒロシと大外
    もしここで外追走して楽に直線抜け出して勝つようならちょっとヤバイかも
    【皐月賞予想・データ|2015年まとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ