競馬最強2chまとめぽいサイト

競馬の2chまとめです…!!いろいろな競馬サイトがありますが、これでもまとめているサイトはないと思います!!…2chまとめぽいサイトです。

    カテゴリ:競馬重賞(G1) > 皐月賞

    皐月賞予想|2016年馬体診断|ネット評価まとめ

    リオンディーズ評価A


     「皐月賞・G1」(4月17日、中山)

     出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評がある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、牡馬クラシック第1弾の出走予定馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

    【写真集】皐月賞馬体診断…週末予想の参考にどうぞ

    【リオンディーズ=評価A】

     2戦目で2歳チャンピオンの座を射止めたが、血統背景や馬体を踏まえればクラシック戦線でこそ光り輝く逸材だ。

     運動量が豊富な角居厩舎の所属馬は、トモを膨らますよりは凝縮させるイメージ。半兄のエピファネイアも同様だったが、この馬もトモはこぢんまりと映る。

     ただ、朝日杯FSや弥生賞に比べると臀部(でんぶ)に丸みがあることは心強い限り。全体的に馬体の厚みは増して、前哨戦を叩いての上積みは十分。

     聡明(そうめい)な目で心身両面のバランスも上々。2歳王者が至極順調にクラシック第1弾に駒を進めてきそうだ。(馬サブロー栗東・吉田順一)

     〈1週前診断〉M・デムーロを背に栗東CWで5F66秒8-38秒2-11秒5(馬なり)。ダイナミックなフォームでマウントハレアカラ(4歳1600万下)に0秒2先着。ラストは持ったままで、抜群の推進力を見せた。落ち着きもあり、気配面も大きく上向いている。


    サトノダイヤモンド評価A

     

     「皐月賞・G1」(4月17日、中山)

     出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評がある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、牡馬クラシック第1弾の出走予定馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

    【写真集】皐月賞馬体診断…週末予想の参考にどうぞ

    【サトノダイヤモンド=評価A】

     1週前の追い切り後の撮影。その割には皮膚を厚ぼったく見せるが、池江厩舎の所属馬はこれでしっかりと結果を出してくるので心配なし。自身のきさらぎ賞の写真撮影も同様だ。

     ただ、前走時と微妙に違うのが臀部(でんぶ)の丸みが緩やかなこと。そのためか全体のバランスが良くシャープさも感じさせる。レースぶりからは完成度が高いと勘違いしてしまうが、キ甲は抜けておらずまだ成長の余地を残す体つき。

     それでも、りりしい顔つきで堂々とした立ち居振る舞い。折り合い不問で機動力と自在性があり、鞍上の指示に従順なことが最大の長所だ。(馬サブロー栗東・吉田順一)

     〈1週前診断〉ルメールを背に栗東CWで6F82秒9-38秒1-11秒6(一杯)。アッシュゴールド(4歳1600万下)に0秒4先着。ゴール前の加速と反応は圧巻の一語。動きにメリハリと迫力が増しており、馬体面でもスケールアップしている印象。

    【皐月賞予想|2016年馬体診断|ネット評価まとめ】の続きを読む

    5

    皐月賞予想・データ|2015年まとめ

     

    468_60


     

    1) 種牡馬データ

    種牡馬着別度数勝率連対率複勝率単勝複勝
    Marju1- 0- 0- 0/ 1100.00%100.00%100.00%630220
    ハービンジャー4- 5- 1- 16/ 2615.40%34.60%38.50%5381
    ハーツクライ12- 15- 17- 74/11810.20%22.90%37.30%137129
    ディープインパクト15- 16- 19- 85/13511.10%23.00%37.00%9685
    キングカメハメハ13- 10- 13- 90/12610.30%18.30%28.60%6657
    ブラックタイド2- 2- 2- 25/ 316.50%12.90%19.40%4174
    クロフネ2- 3- 0- 27/ 326.30%15.60%15.60%12540
    ネオユニヴァース2- 5- 4- 62/ 732.70%9.60%15.10%1265
    スクリーンヒーロー1- 0- 1- 16/ 185.60%5.60%11.10%136186
    ディープスカイ0- 0- 0- 9/ 90.00%0.00%0.00%00
    エンパイアメーカー0- 0- 0- 3/ 30.00%0.00%0.00%00

     

    2) 騎手データ


    騎手着別度数勝率連対率複勝率単勝複勝
    菱田裕二0- 0- 1- 1/ 20.00%0.00%50.00%0420
    蛯名正義15- 14- 8- 59/ 9615.60%30.20%38.50%6571
    岩田康誠3- 2- 3- 13/ 2114.30%23.80%38.10%6367
    戸崎圭太11- 8- 7- 44/ 7015.70%27.10%37.10%5166
    福永祐一3- 3- 2- 14/ 2213.60%27.30%36.40%6275
    横山典弘3- 10- 9- 58/ 803.80%16.30%27.50%1569
    柴山雄一5- 1- 4- 27/ 3713.50%16.20%27.00%132124
    田辺裕信8- 10- 9- 73/1008.00%18.00%27.00%6574
    M.デム1- 1- 0- 7/ 911.10%22.20%22.20%4127
    柴田大知6- 10- 9- 91/1165.20%13.80%21.60%5763
    三浦皇成8- 5- 3- 68/ 849.50%15.50%19.00%11256
    浜中俊1- 0- 0- 8/ 911.10%11.10%11.10%4621
    ルメール1- 0- 0- 9/ 1010.00%10.00%10.00%23644
    嘉藤貴行0- 1- 0- 28/ 290.00%3.40%3.40%022

     

    皐月賞ニュース

     

     1週間の密着取材で皐月賞の勝ち馬を探り出す『東西現場記者走る』。大阪サンスポの川端亮平記者(32)は5日目、美浦トレセンで弥生賞2着のブライトエンブレム陣営を直撃。前走は安全策でこれまで通りに後方待機から外を回したが、今回はこれまでと違った戦法に出ることを示唆した。〔1〕枠(1)番から立ち回りひとつで、一発があるかもしれない。

     17日朝も、春の陽気に包まれた美浦トレセンで取材。ターゲットは弥生賞2着ブライトエンブレムだ。週始めに小島茂調教師が「前走は権利を獲るための競馬。今回は勝つための競馬をしたい」と話していたのを紙面で読み、気になっていた。

     前走は後方から外を回して追い込むも、サトノクラウンから0秒2差。立ち回りのうまさが問われる中山向きではないという印象を受けた。さらに〔1〕枠(1)番に入ったことで、外を回せばよりロスが大きくなる。だが、直撃した師の言葉は弾んでいた。

     「今までのレースで、十分に通用する手応えはある。田辺騎手がこの枠からどんな競馬をするのか、楽しみですよ」

     前走が自信の裏付けになっている。前回は装鞍所でうるさかったため、課題のゲートで出遅れたり、道中でハミをかむ可能性を考慮。コースロスを承知で安全策の競馬を指示した。だが、「レースでは何ともなくて、鞍上も『もう1つ前の位置で競馬ができた』と話していた」といい意味で裏切られた。「今回は無理なくポジションが取れるなら、1つ前でいい。これまで馬群を割る競馬はしていないけど、馬を気にすることはない」と、“勝つための競馬”の中身を語ってくれた。

     田辺騎手にも直撃してみた。〔1〕枠(1)番はあまり歓迎でない表情も「これまでの形にはとらわれない。極端にいえばハナでもいい。出たなりで自分のペースで運びたい」と腕をぶす。さらに「速い時計の勝負が弱点。淡々と流れる東京コースより、時計がかかる中山のひと回りするコースの方が合っている」と、相棒の適性を強調した。

     昨年の弥生賞2着で、のちに日本ダービー馬になったワンアンドオンリー(皐月賞4着)のように広いコースでこそのタイプと思いきや、意外にも小回りの中山でこそという評価。勝負気配がプンプンと漂う。一発候補として再評価が必要だ。18日は中山競馬場で馬場状態や傾向を確認し、最終結論を出す。 (川端亮平)

     
     
    537:2015/04/18(土) 22:13:51.97 ID:
    好きな馬はダノンプラチナ
    一番理想形の馬

    母系にフォルティノーカローグレイソブリン入っていて肌でわかるように
    その遺伝子が表れている
    いつキレが開花するか楽しみだ
    さらに最大のメリットはノーインブリードの5代血統完全アウトブリード
    しかもミスプロ、ナスルーラ、ボールドルーラー、ネイティブダンサーと
    主要血脈が綺麗に配合されており
    さらにバステッド マームード セントサイモンと活力ある血も入っている
    アウトクロスの芸術的配合ではないか
    ディープの非力な部分を補っている
    フォームも走り方も好きだし一番勝ってほしい馬でもある

    しかし敵はヒロシと大外
    もしここで外追走して楽に直線抜け出して勝つようならちょっとヤバイかも
    【皐月賞予想・データ|2015年まとめ】の続きを読む

    5
    皐月賞予想|キタサンブラック|キタサンの成績について調べてみた
     
    【皐月賞】祭だサブチャン夢実現へ

     「皐月賞・G1」(19日、中山)

     “祭り”の準備は整った。トライアルのスプリングSを制し、3戦無敗のまま駒を進めてきた西の期待馬が絶好調をアピールした。演歌界の大御所・北島三郎(登録名は大野商事)所有馬キタサンブラックは、栗東CWで3頭併せの最終追い切り。一番外を回り、余裕の手応えのまま最先着を決めた。

     全体時計は6F81秒1-38秒3-12秒1。2週連続で追い切りに騎乗した浜中俊騎手は「先週よりも良かった。動きがスムーズでした」。ゴール前でフワフワとして頭を上げた1週前追い切りとは違い、集中力を持続したことに安どの表情を見せる。清水久詞調教師も「具合もいいし、何も心配事がない。これだけの馬に巡り会えたので、悔いのないようにしたい」とG1獲りに力を込めた。

     サブちゃんにとっては、長年の夢をかなえるビッグチャンスだ。馬主に興味を持ったのは1960年代(『大野商事』名での馬主登録は73年)。先輩の春日八郎から「馬はいいぞ」と勧められたのがきっかけだった。

     長男の龍氏にちなんで名付けた所有馬第1号の『リュウ』がいきなり新馬戦を勝利。「デビュー曲が100万枚のヒットを飛ばしたみたいだったね」と完全にハマり、それから40年以上もの間、ロマンを追い続けてきた。

     キタサンブラックのほかに、キタサンチャンネルでG2(01年ニュージーランドT)、キタサンヒボタンでG3(01年ファンタジーS)を制しているが、G1は9度の挑戦で01年阪神JFの4着(キタサンヒボタン)が最高だ。

     「G1を勝って競馬場の大観衆の前で歌いたいね。インタビューでいきなり、♪は~るばる来たぜ~ここまで~って」。創刊当時には予想コラムを寄せていた、デイリースポーツ僚紙・競馬新聞『馬サブロー』のインタビューでそう話していたが、スプリングS勝利時も「次、勝ったら歌っちゃうよ!」と宣言した。もちろんレース当日は中山競馬場に駆け付けて愛馬に声援を送る予定だ。『4・19中山公演』の主役は誰にも譲らない。


    スプリングステークスでは見事の勝利だったキタサンブラック


    有限会社大野商事

    全成績
    136-131-141-123-119-926/1576(8%-25%)


    2015年

    6-3-1-1-0-13/24(25%ー41%)

     

     

    実は重賞は3勝目

    2001年 ニュージーランドT キタサンチャンネル

    2001年 ファンタジーS キタサンヒボタン

     

    ツイッターの声

    【皐月賞予想|キタサンブラック|キタサンの成績について調べてみた】の続きを読む

    5
    皐月賞予想|サトノクラウンは化け物|強さまとめ

    これだけ良い無料コンテンツありサイトも珍しい
    bda









    吉田勝己氏絶賛!!・・・これはルメール負けられない

     “東の大物候補”サトノクラウンが3冠の第1関門、皐月賞に挑む。無傷の3連勝で報知杯弥生賞を制したアグネスタキオン(01年)、ディープインパクト(05年)は、そのまま1冠目を制覇。新馬からサトノクラウンの3戦すべてを取材している西山智昭記者が、騎手や関係者の証言を振り返り、タキオン、ディープに続く逸材なのか、コラム“見た”で迫った。

    【写真】キタサンブラックのオーナー・北島三郎

     パフォーマンスより、コメントが強く印象に残った。昨年10月25日の新馬戦。2番人気のサトノクラウンは好位から快勝したが1分50秒0の時計は平凡で、上がり3ハロン33秒5も2位。特別すごい走りとは思えず、淡々と業務をこなすため、競馬場の取材スペースへ向かったのだが…。遭遇したのは、明らかに上気した表情の福永だった。

     「今のところ言うことがない。乗りやすく、スタートも速かったし、かかる馬でもない。非常に将来性が豊か。このまま順調に行ってほしい」

     13年に全国リーディングに輝いたトップ騎手のリップサービスとは思えない興奮した語り口に、サトノクラウンという馬が深く脳裏に刻まれた。

     続く東京スポーツ杯2歳S。迷わず◎を打った。ゲート内で立ち上がり最内枠から出遅れ。直線で窮屈な位置に入る厳しい展開も、あっさり重賞を制覇。騎乗したのはイギリスのムーアだった。

     「ラストの伸びが抜群なのは新馬戦を見て分かっていた。本当にいい脚を使ってくれた」

     10年の英ダービー、凱旋門賞をワークフォースで制し、日本でもスノーフェアリーでエリザベス女王杯を連覇した名手は賛辞を惜しまなかった。同レースで3着馬(ソールインパクト)に騎乗した福永も「普通なら勝てるレースじゃなかった」と驚きを隠さなかった。この時点で確信した。来春の主役になる器だと。

     報知杯弥生賞も圧巻の内容で重賞連勝。福永は「相手が強くなってもやれると思っていた」と自信満々に振り返り、ノーザンファームの吉田勝己代表がポツリとつぶやいた一言も印象的だった。

     「この馬は化け物かも」

     数多くの超一流馬を手がけたトップブリーダーの言葉は重く、説得力にあふれていた。

     「一番初めに乗った時にいいなと思った。そういう馬は多いわけじゃない」と回顧した福永は今回、デビュー戦から手綱を執り続け、サトノクラウンとともに『G1を勝てる馬』と話すリアルスティールに騎乗する。強力なライバルだが、デビュー3連勝で報知杯弥生賞を制したアグネスタキオンとディープインパクトは皐月賞を制した。怪物と呼ばれた2頭と同じ道程を行くサトノクラウン。「1冠」に最も近い存在なのは間違いない。(西山 智昭)

     ◆サトノクラウン 父マルジュ、母ジョコンダ2(父ロッシーニ)。美浦・堀宣行厩舎所属の牡3歳。北海道安平町のノーザンファーム生産。通算3戦3勝。総収得賞金は9223万9000円。主な勝ち鞍は、15年報知杯弥生賞、14年東京スポーツ杯2歳S。馬主は里見治氏。

     過去の成績は・・・
    【皐月賞予想|サトノクラウンは化け物|強さまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ