競馬最強2chまとめぽいサイト

競馬の2chまとめです…!!いろいろな競馬サイトがありますが、これでもまとめているサイトはないと思います!!…2chまとめぽいサイトです。

    マイラーズC予想|2017年|予想・データまとめ

    ここの無料予想激アツ無料だって無料予想で万馬券なんだもん-勝馬伝説が激アツ

    ヤフーニュースより
    【マイラーズC(日曜=23日、京都芝外1600メートル=1着馬に6・4安田記念優先出走権)美浦トレセン発秘話】

    先週のクラシック第1冠・皐月賞はアルアイン→ペルシアンナイト、池江泰寿厩舎のワンツー決着だった。とはいえ勝敗のポイントは、厩舎力というより対応力ではないかと思っている。

    「弱メン」の前評判とは対照的に、決着は1分57秒8のコースレコードタイ。これが意味するものはひとえに馬場の軽さ。1、2着馬はともにマイル路線でスピード対応に磨きをかけたバックボーンがあり、“GI仕様の馬場”にその足跡がフィットした。

    なるほど、皐月賞は速い馬が勝つ――古くからの格言に思いをはせられなかった当方はあえなくごう沈だった。  さて、今週から春のクラシック戦線も第2幕を迎えるが、皐月賞の教訓を生かしたいのは、3歳牝馬のGIIフローラSより、古馬GIIマイラーズC。

    ここに出走する関東馬の「適性」に着目している。  

    まずは金鯱賞7着からリベンジを誓うプロディガルサン。2走前の東京新聞杯(東京芝1600メートル)では究極の上がり(3ハロン32秒0)を駆使してクビ差2着。この切れ味は同馬のマイラー資質を端的に示している。

    それでも気になるのが「当日のテンションが高く、折り合いがつかなかった」(椎本英男助手)という前走敗因だ。菊花賞(11着)が前走比6キロ減の490キロ。「出発前は500キロあった」(同助手)のだから、現地1泊の輸送競馬ではカイ食いが落ちるのは明白。それが前走の力みにつながったことは想像に難くない。  

    一方、ここ2年の関屋記念で3→1着のヤングマンパワーは気温の上昇につれ調子を上げるタイプ。「体に張りがあり活気も出てきた」(手塚貴久調教師)と、前走(東京新聞杯)時とは明らかに気配が違う。ただ、こちらもマイルCSでは12キロと大きな馬体減。

    ともに輸送競馬の適性には疑問が残るのだ。  

    その意味では今回と同じ舞台のGIマイルCSで、過去2年3→2着のイスラボニータが信頼性では断然上だろう。鞍上もこれまで〈0・3・1・0〉と馬券圏内を外していないルメール。

    最大目標が次走のGI安田記念にあるのは明白だが、弾みをつけるにはうってつけの舞台だ。  一方ホームなら確実にパフォーマンスの質を上げる前記2頭のアウェーの走りも必見。

    今回見せ場があるようなら、次走こそ絶好の狙い目になるはずなのだから
    【マイラーズC予想|2017年|予想・データまとめ】の続きを読む

    マイラーズC予想|予想・データ|ネット評価まとめ


    無料コンテンツが熱い競馬情報会社

    勝馬伝説 
    http://www.l-horse.com/
    勝馬伝説の無料情報だけで万馬券ゲット。無料情報に期待。

    チェンジ
    http://www.5il.org/
    重賞の無料馬連予想の的中率が半端ない。

    すごい競馬 
    http://www.shopwin.biz/
    マル秘情報で先を行け!信頼の競馬情報

    by 競馬情報会社.com

     

    【マイラーズC(日曜=24日、京都芝外1600メートル=1着馬に安田記念優先出走権)得ダネ情報】GIIマイラーズCにはレッドアリオン、サンライズメジャー、フィエロ、エキストラエンドと、昨年の上位4頭が揃って出走。焦点は着順がどう入れ替わるかに尽きる? いやいや、栗東得ダネ班が激奨してきたのはマイル初参戦のクルーガー。「指揮官の名采配になる」と予告した。

    「なぜ、このレース?」

     一見、摩訶不思議な采配にも、その裏には確固たる陣営の勝算があったりするものだ。マイラーズCで初のマイル戦に挑むクルーガーもそんな一頭。管理する高野調教師は確信に満ちた表情でこう語る。

    「他にもオープン特別とか、おいしいレースが組まれている中、ここに使うのは、素質の高さを評価しているからこそ。強敵が揃うこの重賞で能力を試してみたいんです」

     同じ3回京都開催には得意距離1800メートルのオープン特別・都大路S、次週には新潟で今回と同じ1600メートルの谷川岳S…選択肢は豊富にある。そんな中、今年になってようやくオープンに上がったばかりの馬を、あえて安田記念を狙う強豪が揃うGII、しかも初のマイル戦にぶつけてきた裏には「ここでも戦える」というトレーナーの大いなる期待があるのだ。

     前走の中日新聞杯は2番人気に支持されながら6着に敗れたとはいえ、前有利な展開の中、スタートで後手に回り、ずっと外を回らされる競馬。0秒3差はむしろ大善戦だ。あとはゲートさえ五分なら…いや、高野調教師は「課題はすでにクリアした」と言い切る。

    「前走のスタートは厩舎の責任。ゲートの中に入った瞬間から潜ろうとしていましたし、枠がどこでも、ああなってしまったと思います。レース直後からすぐにゲートの矯正をやって、駐立についてはカタがつきました。本来はスタートセンスのいい馬。今度は決めてくれるはず」

     2走前の初富士S(1600万下)で負かした相手は、次走の関門橋Sを圧勝し、ダービー卿CTで1番人気に支持された素質馬キャンベルジュニア。そして前走も明確な敗因があると同時に、重賞でも戦える手応えをつかめる内容だったからこそ、迷わずここ参戦に踏み切れたのだ。

    「ゲートさえ出れば自在に動けるタイプですし、マイルの距離をこなしてくれれば、この先が面白くなりますからね。やれていいと思いますよ」

     指揮官・高野調教師の強気采配が吉と出た時、あなたのもとに好配の恵みがもたらされる。

     

    マイラーズC予想

    1) 種牡馬データ

    種牡馬着別度数勝率複勝率単勝複勝
    ディープインパクト18- 18- 14-100/15012.00%33.30%5862
    アグネスタキオン5- 6- 4- 31/ 4610.90%32.60%16780
    ブラックタイド2- 1- 1- 11/ 1513.30%26.70%15754
    ダイワメジャー7- 7- 3- 53/ 7010.00%24.30%7581
    キングカメハメハ6- 5- 4- 53/ 688.80%22.10%6375
    ネオユニヴァース4- 4- 2- 39/ 498.20%20.40%5265
    ダンスインザダーク3- 1- 1- 34/ 397.70%12.80%8836
    マツリダゴッホ0- 0- 0- 10/ 100.00%0.00%00

     

    ・ディープインパクト産駒

     

    2) 騎手データ

    騎手着別度数勝率複勝率単勝複勝
    福永祐一4- 8- 7-19/3810.50%50.00%4784
    松若風馬1- 0- 2- 5/ 812.50%37.50%33167
    池添謙一7- 4- 2-31/4415.90%29.50%151136
    和田竜二5- 4- 8-41/588.60%29.30%7991
    川須栄彦2- 3- 2-17/248.30%29.20%118103
    四位洋文2- 6- 0-20/287.10%28.60%5263
    小牧太3- 2- 6-34/456.70%24.40%3751
    藤岡佑介0- 3- 0-10/130.00%23.10%0135
    秋山真一4- 1- 2-26/3312.10%21.20%87117
    幸英明1- 6- 0-51/581.70%12.10%253
    松田大作1- 0- 0- 8/ 911.10%11.10%10141
    古川吉洋0- 0- 1- 8/ 90.00%11.10%028
    松山弘平0- 0- 2-34/360.00%5.60%024
    武幸四郎0- 0- 1-22/230.00%4.30%05
    鮫島良太0- 0- 0-11/110.00%0.00%00

     

    ・福永祐一騎手

     

     

     

    412:2016/04/21(木) 15:53:23.65 ID:
    ┏━━━━━━━━━━━━━━┓ ∧_∧  4/24 京都11R 芝・右外 1600m
    ┃第47回読売マイラーズカップ(GII) ┃(´∀` )<4歳以上(国際)(指定)オープン 別定 発走15:35
    ┣━┯━┯━━━━━━━━━━┻○━○━┯━━━┯━━━━━┯━━━━┓
    ┃  │  │アルバートドック        .[牡4]│56│  幸  │(西)須貝尚│中日新18┃
    ┃  │  │アルマワイオリ         [牡4]│56│武  幸│(西)西浦勝│D卿CT12┃
    ┃  │  │エキストラエンド         [牡7]│56│松  田│(西)角居勝│D卿CT 7┃
    ┃  │  │クラレント             .[牡7]│56│小  牧│(西)橋口慎│D卿CT14┃
    ┃  │  │クルーガー           .[牡4]│56│松  山│(西)高野友│中日新 6┃
    ┃  │  │ケイティープライド       .[牡6]│56│秋  山│(西)角田晃│六甲S 9┃
    ┃  │  │ケントオー         ..[牡4]│56│和  田│(西)西橋豊│阪急杯11┃
    ┃  │  │サンライズメジャー     [牡7]│56│四  位│(西)浜田多│D卿CT 5┃
    ┃  │  │ダノンシャーク        .[牡8]│57│福  永│(西)大久龍│阪急杯 7┃
    ┃  │  │ダノンリバティ        [牡4]│56│松  若│(西)音無秀│六甲S 1┃
    ┃  │  │テイエムイナズマ      [牡6]│56│古  川│(西)福島信│六甲S 2┃
    ┃  │  │ネオスターダム      ..[牡4]│56│池  添│(西)石坂正│幕張S 1┃
    ┃  │  │フィエロ            .[牡7]│56│鮫島良│(西)藤原英│香港マイ 9┃
    ┃  │  │マーティンボロ         .[牡7]│56│藤岡佑│(西)友道康│東京新 7┃
    ┃  │  │レッドアリオン        [牡6]│57│川  須│(西)橋口慎│小大賞 7┃
    ┗━┷━┷━━━━━━━━━━━━━┷━┷━━━┷━━━━━┷━━━━┛
    425:2016/04/21(木) 17:08:48.86 ID:
    ダノンシャークどうよ?
    【マイラーズC予想|予想・データ|ネット評価まとめ】の続きを読む

    5

    マイラーズC予想|ダノンシャークが注目|この馬もG1馬

     


    これだけ良い無料コンテンツありサイトも珍しい
    bda







    【マイラーズC】レース展望

     関西の舞台は阪神から京都に移り、日曜メーンにマイラーズC(26日、GII、芝1600メートル)が行われる。1着馬に安田記念(6月7日、東京、GI、芝1600メートル)の優先出走権が与えられるレースで、過去10年の優勝馬をみても、2006年ダイワメジャーをはじめ5頭がのちにマイルGIで連対しているように、重要な一戦だ。昨年は1分31秒4のコースレコードで決着しており、開幕週の京都外回りが舞台で高速決着になることが多い。

     中心になるのは、1分31秒5で決着した昨年のマイルチャンピオンシップの上位組。ダノンシャーク(栗東・大久保龍志厩舎、牡7歳)はマイル重賞3勝の実績があり、当該舞台で昨年のマイルCSと13年の京都金杯を勝っているように適性は抜群。阪神芝1400メートルの前走・阪急杯5着は度外視していい。58キロを背負うが、同斤量で安田記念3着、京成杯オータムH2着など好走歴があるだけに、不安材料にはならないだろう。ただ、中間に左前肢の挫跖があったことから、出走するかどうかは今後の様子を見て決められる。

     マイルCSでハナ差の2着だったフィエロ(栗東・藤原英昭厩舎、牡6歳)は、昨年のこのレースで1番人気に支持されて2着。当該舞台では3戦して準オープン1着&重賞2着2回と好相性だ。暮れの香港マイル6着以来となるが、休み明けは苦にしないタイプで、待望の重賞初制覇を狙う。

     グランデッツァ(栗東・平田修厩舎、牡6歳)はマイルCSで3番手から直線でいったんは抜け出して見せ場を作り、1馬身半差の3着だった。昨年5月に京都芝1800メートルのオープン特別の都大路Sを日本レコードとなる1分43秒9で圧勝したように、高速馬場への適性は高い。

     エキストラエンド(栗東・角居勝彦厩舎、牡6歳)は昨年のこのレースで3着。他に京都芝1600メートルでは京都金杯で昨年1着、今年2着と実績があり、中山(ダービー卿チャレンジT4着)からの舞台替わりは大きな魅力だ。

     同厩のフルーキー(牡5歳)は前走の東京新聞杯で3着。直線で前が壁になりながらも最内を突き、勝ったヴァンセンヌに1/2馬身差まで迫った。決め手はここでもヒケを取らない。

     クラレント(栗東・橋口弘次郎厩舎、牡6歳)は近走こそ振るわないが、マイル重賞5勝の実績がある。6着に敗れた前走のダービー卿チャレンジTは不利な大外(16)番枠に加え、トップハンデの58.5キロだった。56キロで戦える今回は巻き返しの可能性は十分ある。

     他にも、芝マイルで1600万下、オープン特別と連勝中のテイエムタイホー(栗東・鈴木孝志厩舎、牡6歳)、前走の愛知杯で重賞3勝目をマークしたディアデラマドレ(栗東・角居勝彦厩舎、牝5歳)、昨年のこのレースで4着のレッドアリオン(栗東・橋口弘次郎厩舎、牡5歳)などメンバーは多彩だ。

     
    ダノンシャークは京都の芝1600mのG1勝利
     
    【マイラーズC予想|ダノンシャークが注目|この馬もG1馬】の続きを読む

    このページのトップヘ