競馬最強2chまとめぽいサイト

競馬の2chまとめです…!!いろいろな競馬サイトがありますが、これでもまとめているサイトはないと思います!!…2chまとめぽいサイトです。

    カテゴリ:競馬重賞(G2) > 青葉賞

    青葉賞予想|2018年|予想・データ

    keibayo

















    競馬情報が毎日熱いwww
    無料情報毎日更新・・・
    誰でも無料・フリーメールで予想をゲットしましょう

    jyonetu2













    ヤフーニュースより
    28日、東京競馬場でダービー出走権をかけた戦い・青葉賞(GII) 出走馬を紹介!

    東京開催2週目は、土曜に青葉賞(28日、GII、芝2400メートル)が行われる。同じ舞台で争う日本ダービー(5月27日、GI)のトライアルレースで、1、2着馬に優先出走権が与えられる。過去10年でも、2011年1着ウインバリアシオン、12年1着フェノーメノが本番で2着、13年2着アポロソニック、17年1着アドミラブルが同3着に好走した。世代の頂上決戦を占ううえで見逃せない一戦だ。

     連覇中のディープインパクト産駒の中でも、スーパーフェザー(栗東・友道康夫厩舎、牡)が注目を集めそうだ。2走前のあすなろ賞で、のちの皐月賞馬エポカドーロの2着に好走すると、前走のアザレア賞を2馬身半差で快勝。初めての2400メートルをあっさり克服したうえ、上がり3ハロン最速の33秒6でまとめた走りは、東京2400メートルでも期待が膨らむ。レーヴミストラル、ヴァンキッシュラン、アドミラブルと、前走アザレア賞勝ち馬が3連覇中でもあり、その歴史を引き継ぐ可能性は十分にある。

     栗東・音無秀孝厩舎が昨年のアドミラブルに続く連覇を期すのがダノンマジェスティ(牡)だ。新馬戦を3馬身半差で楽勝。続くきさらぎ賞は1番人気に支持されながら、随所に若さを見せて9着に大敗したが、前走の大寒桜賞で貴重な2勝目を挙げた。着差はクビだったが、初コンビを組んだ内田博幸騎手は「馬の後ろにつけて(折り合うように)ごまかした。着差は僅かだけど、あそこから間に合うんだから、強い。厳しい競馬を経験して、もっと良くなるよ」と証言。距離が200メートル延びるが、スムーズにレースを運べれば突き抜けるポテンシャルを秘めている。また、大寒桜賞勝ち馬は過去5年続けて出走し、優勝こそないが3、2、2、2、3着と好走している。昨年の皐月賞馬アルアインに続く兄弟クラシック制覇の偉業に向けても、まずは本番への切符をつかみたいところだ。ちなみに、前述のスーパーフェザーが16年のセレクトセール1歳で最高額の2億8080万円(税込み)で落札されたのに対し、この馬は同せりの落札額3位となる2億3760万円(税込み)。2億円ホース同士の対決にも注目だ。

     2000年以降、青葉賞に最多の18頭を送り込んで【3・1・2・12】という好成績を残す美浦・藤沢和雄厩舎は、2頭出し。オブセッション(牡)は、2走前のシクラメン賞で芝1800メートルの2歳日本レコードとなる1分45秒6で快勝。続く弥生賞は7着に敗れたが、4コーナーで大きく外に膨れたことが影響した。気性面の課題は残るが、東京、阪神外回りとデビュー連勝の内容から、広いコースに替わるのは歓迎。伸び伸びと走って能力を全開できれば、好勝負が望める。

     僚馬のゴーフォザサミット(牡)は、3走前に百日草特別を快勝。続く共同通信杯はスタート後に寄られる不利があって流れに乗れなかったが、直線はメンバー最速の上がり(3ハロン33秒2)を駆使して4着に追い上げた。前走のフジテレビ賞スプリングSは7着に敗れたが、強烈な末脚を武器に産経大阪杯V、安田記念2着など活躍したショウナンマイティ(父マンハッタンカフェ)の半弟で、デビュー前からトレーナーが切れ味を評価していたように、長い直線の東京に替わるのは間違いなくプラスだろう。青葉賞最多の3勝で、近7年で4連対の蛯名正義騎手とのコンビ復活も頼もしい。

     サトノソルタス(美浦・堀宣行厩舎、牡)は、キャリア1戦で共同通信杯で2着に好走と、素質の高さを見せた。過去30年で2カ月半以上の臨戦は【0・1・2・23】と、04年ホオキパウェーブの2着が最高。間隔があいただけに仕上がり具合がポイントとなるが、前年Vのミルコ・デムーロ騎手に手綱が戻る点はプラス材料。

     他では、東京スポーツ杯2歳S4着、共同通信杯5着のカフジバンガード(栗東・松元茂樹厩舎、牡)などが出走。夢の舞台への切符をつかみにいく。

    ヤフーニュース中 サンケイスポーツ


    青葉賞-騎手データ

    騎手 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
    M.デム 7- 3- 7-12/29 24.10% 58.60% 61 110
    戸崎圭太 14-12- 6-36/68 20.60% 47.10% 108 87
    ルメール 8- 5- 5-21/39 20.50% 46.20% 53 71
    福永祐一 2- 0- 5-15/22 9.10% 31.80% 48 67
    蛯名正義 7- 4- 2-33/46 15.20% 28.30% 123 60
    内田博幸 4- 5- 8-44/61 6.60% 27.90% 53 100
    松岡正海 3- 7- 3-34/47 6.40% 27.70% 59 100
    岩田康誠 4- 2- 1-19/26 15.40% 26.90% 231 102
    和田竜二 0- 1- 0- 3/ 4 0.00% 25.00% 0 87
    柴田大知 5- 6- 5-49/65 7.70% 24.60% 27 67
    三浦皇成 0- 2- 3-16/21 0.00% 23.80% 0 60
    田辺裕信 4- 2- 4-39/49 8.20% 20.40% 47 44
    石橋脩 1- 1- 2-17/21 4.80% 19.00% 50 48
    北村宏司 2- 2- 2-36/42 4.80% 14.30% 11 57
    柴田善臣 0- 1- 2-20/23 0.00% 13.00% 0 36
    大野拓弥 1- 1- 1-40/43 2.30% 7.00% 16 23
    横山典弘 0- 1- 1-28/30 0.00% 6.70% 0 14
    古川吉洋 0- 0- 0- 3/ 3 0.00% 0.00% 0 0


    青葉賞-種牡馬データ

    種牡馬 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
    ディープインパクト 21- 10- 13- 75/119 17.60% 37.00% 88 71
    ステイゴールド 16- 12- 13-112/153 10.50% 26.80% 52 49
    ハービンジャー 8- 4- 5- 46/ 63 12.70% 27.00% 56 92
    ハーツクライ 6- 7- 8- 71/ 92 6.50% 22.80% 66 58
    ネオユニヴァース 3- 5- 2- 21/ 31 9.70% 32.30% 170 73
    マンハッタンカフェ 1- 4- 3- 30/ 38 2.60% 21.10% 8 40
    スズカマンボ 0- 1- 1- 5/ 7 0.00% 28.60% 0 65
    エイシンフラッシュ 0- 0- 0- 3/ 3 0.00% 0.00% 0 0
    モンテロッソ 0- 0- 0- 1/ 1 0.00% 0.00% 0 0



    勝馬伝説の無料情報が熱い・・・
    無料情報だけで万馬券GETwwwww
    kachium
















    青葉賞予想|予想・データ|ネット評価

    【青葉賞(土曜=30日、東京芝2400メートル=2着までにダービー優先出走権)美浦発トレセン秘話】「確かに骨膜(炎)は出たけど、決して使えなくはなかったと思う。普通の馬なら皐月賞に行っていたんじゃないかな。でも目標は、そこじゃないから。オーナーサイドもダービーを目指してくれとの意向だったので」

     これは今週の青葉賞にプロディガルサンを送り出す、国枝厩舎の番頭格・佐藤勝美助手の言葉である。並のGIよりも重いGII、それがダービートライアル。受け取り方によっては、そうも聞こえる。フルゲート割れだった昨年ほどではないにせよ、皐月賞は今年も実際“不人気”だった。一生に一度の舞台でも、ボーダーラインは最低限の賞金400万円まで下降。おそらく冒頭の発言が、この理由を端的に示している。

    「今でも悔いが残るのは、同じ金子オーナーのカミノタサハラ(2013年)。あれだけスケールを感じさせた馬を皐月賞(4着)で終わらせてしまった。もう同じ轍は踏めないからね。事実、間隔は空いたけど、以前に比べて実が入って馬は立派になった。(トモの)ハマりはまだ悪くても、リアルスティール、ラングレーらこの兄弟は皆そう。ラングレーに乗った(北村)ヒロシが調教でまたがったとき“兄に比べれば、しっかりしている”と言ったくらいだから」

     佐藤助手の言葉から測れば、小回りの中山二千より大箱の東京二四こそ、このディープ産駒にはうってつけか。いずれにせよ、皐月賞を使えなかったのではなく、あえて使わなかった。今年の青葉賞は、ダービーに目標を切り替えた馬たちの成長力が試される舞台と置き換えていい。

     その意味では、共同通信杯(3着)から矛先を向けた賞金900万円の馬=メートルダールも注目すべき一頭だろう。

    「あの(ハイペースの)展開を見たら、ひょっとしたら皐月賞もやれたと思わなくもないですけど(笑い)。スタートが速くないので、ゆったり運べるこの距離が合っているのは確か。ボリューム感が出た体を見ると、放牧でのリフレッシュ効果も十分にうかがえます」と手応えを口にするのは、同じく厩舎番頭格の斎藤吉則助手。以前に藤沢和雄調教師が「親父もそうだったけど、産駒も総じて春を境に良くなるんだよな」と語ったゼンノロブロイ産駒。その変わり身が侮れない。

     
    1) 種牡馬データ
    種牡馬着別度数勝率複勝率単勝複勝
    ディープインパクト15- 12- 9- 80/11612.90%31.00%6868
    キングカメハメハ10- 4- 5- 54/ 7313.70%26.00%6657
    ハーツクライ8- 4- 4- 54/ 7011.40%22.90%8357
    ゼンノロブロイ4- 2- 5- 33/ 449.10%25.00%14485
    ジャングルポケット3- 6- 5- 50/ 644.70%21.90%2166
    アドマイヤムーン0- 2- 1- 7/ 100.00%30.00%0157
    バゴ0- 1- 0- 4/ 50.00%20.00%038
    マツリダゴッホ0- 0- 1- 3/ 40.00%25.00%0242
    デュランダル0- 0- 0- 2/ 20.00%0.00%00

     

    2) 騎手データ


    騎手着別度数勝率複勝率単勝複勝
    池添謙一2- 1- 1- 2/ 633.30%66.70%386165
    戸崎圭太12- 7- 7-38/6418.80%40.60%7877
    四位洋文1- 0- 1- 3/ 520.00%40.00%4462
    ルメール2- 0- 2- 7/1118.20%36.40%5873
    田辺裕信4- 8- 3-28/439.30%34.90%3791
    柴山雄一3- 3- 3-17/2611.50%34.60%411131
    内田博幸4- 6- 4-40/547.40%25.90%4297
    柴田大知2- 2- 8-49/613.30%19.70%1298
    吉田豊4- 2- 4-44/547.40%18.50%14756
    大野拓弥1- 2- 2-22/273.70%18.50%3051
    松岡正海1- 2- 3-42/482.10%12.50%2750
    高倉稜0- 0- 0- 3/ 30.00%0.00%00

     

     

    【青葉賞予想|予想・データ|ネット評価】の続きを読む

    5
    青葉賞予想|予想・データ|ネット評価まとめ
     
    re
     

     「青葉賞・G2」(5月2日、東京)

     ディープインパクト産駒の素質馬が文句なしの動きだ。連勝中のレッドライジェルは29日、美浦Wで併せ馬。5F69秒0-39秒0-12秒7の時計で、サトノオー(7歳500万下)に1馬身先着。終始楽な手応えで、切れのある動きを披露した。騎乗した柴田善は「中間の雰囲気はいいし、きょうの気配も良かった」と出来の良さを強調した。

     コンビを組んで2戦2勝。その内容を「他馬を怖がる面が解消されてきたからね。いい傾向にあるよ」と分析する。以前は精神面の弱さを露呈し、レースに集中できなかったが、実戦を重ねるごとに成長してきたようだ。

     シンボリクリスエス(02年)、ゼンノロブロイ(03年)、ペルーサ(10年)と、青葉賞3勝の藤沢和師も「今は気持ちが安定している」と成長ぶりに太鼓判だ。「ここ2戦の内容は良かったし、今回の舞台も合う。楽しみだね」とうなずく。

     準備は整った。舞台を熟知する名将の送り込む素質馬が、ダービーへの切符をつかみ獲る。

     

    青葉賞予想【2015年】

    種牡馬データ


    種牡馬着別度数勝率連対率複勝率単勝複勝
    ハービンジャー1- 0- 2- 2/ 520.00%20.00%60.00%128120
    ディープインパクト19- 11- 9- 65/10418.30%28.80%37.50%10989
    ゼンノロブロイ7- 3- 8- 31/ 4914.30%20.40%36.70%156134
    スズカマンボ1- 0- 0- 2/ 333.30%33.30%33.30%950236
    ハーツクライ8- 6- 3- 36/ 5315.10%26.40%32.10%8663
    シンボリクリスエス4- 6- 5- 43/ 586.90%17.20%25.90%12299
    キングカメハメハ7- 3- 7- 51/ 6810.30%14.70%25.00%5464
    ネオユニヴァース2- 4- 3- 28/ 375.40%16.20%24.30%1564
    スペシャルウィーク2- 1- 1- 15/ 1910.50%15.80%21.10%6954
    メイショウサムソン1- 1- 1- 12/ 156.70%13.30%20.00%7483
    ブライアンズタイム1- 1- 0- 14/ 166.30%12.50%12.50%5824
    ディープスカイ0- 0- 0- 4/ 40.00%0.00%0.00%00
    バゴ0- 0- 0- 3/ 30.00%0.00%0.00%00

     

    騎手データ


    騎手着別度数勝率連対率複勝率単勝複勝
    川田将雅1- 3- 0- 6/1010.00%40.00%40.00%5653
    蛯名正義12- 8- 3-35/5820.70%34.50%39.70%15291
    田辺裕信4- 9- 3-29/458.90%28.90%35.60%3288
    北村宏司9- 5- 7-39/6015.00%23.30%35.00%8298
    戸崎圭太5- 3- 6-27/4112.20%19.50%34.10%4597
    内田博幸8- 6- 4-35/5315.10%26.40%34.00%6266
    石橋脩0- 6- 5-24/350.00%17.10%31.40%0158
    岩田康誠4- 1- 0-13/1822.20%27.80%27.80%15551
    横山典弘5- 3- 4-32/4411.40%18.20%27.30%13066
    三浦皇成5- 4- 4-41/549.30%16.70%24.10%6765
    柴山雄一2- 0- 1-10/1315.40%15.40%23.10%456144
    武豊1- 1- 1-11/147.10%14.30%21.40%2030
    吉田豊4- 2- 3-39/488.30%12.50%18.80%16660
    柴田大知1- 0- 6-48/551.80%1.80%12.70%2778
    柴田善臣1- 2- 0-33/362.80%8.30%8.30%2351
    和田竜二0- 0- 0- 5/ 50.00%0.00%0.00%00
    小野寺祐0- 0- 0- 3/ 30.00%0.00%0.00%00
    菅原隆一0- 0- 0- 1/ 10.00%0.00%0.00%00

     

    青葉賞は管理人的には

    本命

    レッドライジェル

     

    ツイッターの声

     

    【青葉賞予想|予想・データ|ネット評価まとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ