競馬最強2chまとめぽいサイト

競馬の2chまとめです…!!いろいろな競馬サイトがありますが、これでもまとめているサイトはないと思います!!…2chまとめぽいサイトです。

    5
    宝塚記念2015年-本当にスターターは悪いのか?|ネットまとめ
     
     

     第56回宝塚記念・G1(芝2200メートル)は28日、阪神競馬場で行われ、6番人気のラブリーデイがG1初制覇。単勝1・9倍、史上初の同レース3連覇が懸かっていたG1レース6勝馬ゴールドシップ(牡6歳、栗東・須貝厩舎)はゲート内で立ち上がり、大出遅れ。終始後方のまま、15着に敗れた。競走馬には、なぜ出遅れ癖があるのか。05年にスイープトウショウで同レースを制し、JRA通算591勝を挙げた鶴留明雄元調教師(74)に聞いた。

     ―ゴールドシップがまさかの大出遅れとなった。

     「あれだけスタート直後に離されたら、いくら力のある馬でもどうにもなりません」

     ―再審査明けで目隠しした影響はあったか。

     「目隠しを外した直後に暴れたわけではなく、その影響ではありません。前走よりおとなしいように見えました」

     ―馬は本来、ゲートが嫌いなのか。

     「馬は牧場から来てそのままレースに出るわけではなく、ゲート試験に受かって、競走馬として認めてもらえます。まして6歳。何回も経験しており、ゲートの中には慣れているはずです」

     ―枠が違っていたらスムーズに出たか。

     「別の枠でも、近くの馬が暴れていた可能性があります。全頭がおとなしくしているのはなかなかないですから」

     ―改善する方法は。

     「暴れたりする馬は(ゲート内で)縛り付けの練習をして改善することはできます。ただ練習でできても激しい気性の馬はどこかでやってしまうことがあります。暴れる可能性を減らせてもゼロにすることはできません。それが運悪く宝塚記念だったということでしょう。須貝調教師もゲートの中に入った時、ホッとしたと思いますが、あんな出遅れがあるとは。馬のやることだから人間の想像の及ばぬ範囲。馬とは難しいものです」(聞き手・内尾 篤嗣)

    【宝塚記念2015年-本当にスターターは悪いのか?|ネットまとめ】の続きを読む

    5
    宝塚記念予想|枠順確定|枠順データから気づくこと
     

    競馬ファンならここ知りたい
    今でも熱すぎ
    kinb1










    今年もピンク帽!ゴールドシップは8枠15番から3連覇達成!!

     「宝塚記念・G1」(28日、阪神)

     上半期グランプリの出走馬16頭と枠順が25日、確定した。史上初のJRA同一G1・3連覇の偉業達成がかかるゴールドシップは【8】枠(15)番。前2年の勝利時と同様に“ピンク帽”となった。7戦6勝、2着1回とほぼパーフェクトな実績を残す阪神コースで、ファン投票1位の支持に応えてみせるか。大阪杯でキズナを撃破した5歳牝馬ラキシスは【7】枠(13)番から、昨秋のエリザベス女王杯に続く2度目のG1制覇を狙う。なお、馬券は27日に前日発売が行われる。



    日曜阪神11R 宝塚記念・G1 15時40分発走

     枠番 馬番 馬名 斤量 騎手

     【1】 (1)ショウナンパンドラ 56 池添

         (2)トーセンスターダム 58 武豊

     【2】 (3)ネオブラックダイヤ 58 秋山

         (4)アドマイヤスピカ 58 幸

     【3】 (5)カレンミロティック 58 蛯名

         (6)デニムアンドルビー 56 浜中

     【4】 (7)ワンアンドオンリー 58 M・デムーロ

         (8)ディアデラマドレ 56 藤岡康

     【5】 (9)トウシンモンステラ 58 和田

         (10)オーシャンブルー 58 松山

     【6】 (11)ヌーヴォレコルト 56 岩田

         (12)レッドデイヴィス 58 松若

     【7】 (13)ラキシス 56 ルメール

         (14)トーホウジャッカル 58 酒井

     【8】 (15)ゴールドシップ 58 横山典

         (16)ラブリーデイ 58 川田

     

    宝塚記念過去10年枠順別データ

    枠番着別度数勝率連対率複勝率単勝複勝
    1枠1- 0- 3-10/147.10%7.10%28.60%9796
    2枠0- 1- 1-13/150.00%6.70%13.30%019
    3枠1- 1- 2-13/175.90%11.80%23.50%3994
    4枠0- 4- 1-13/180.00%22.20%27.80%052
    5枠0- 3- 0-16/190.00%15.80%15.80%081
    6枠5- 0- 0-15/2025.00%25.00%25.00%30671
    7枠0- 0- 1-20/210.00%0.00%4.80%05
    8枠3- 1- 2-16/2213.60%18.20%27.30%19795

    7枠がデンジャー(危険っすね)

     

    過去阪神競馬場芝2200m

    枠番着別度数勝率連対率複勝率単勝複勝
    1枠8- 7- 6- 67/ 889.10%17.00%23.90%10964
    2枠12- 4- 11- 68/ 9512.60%16.80%28.40%6676
    3枠6- 8- 9- 77/1006.00%14.00%23.00%2458
    4枠7- 9- 10- 78/1046.70%15.40%25.00%45106
    5枠9- 12- 9- 78/1088.30%19.40%27.80%7273
    6枠6- 10- 10- 88/1145.30%14.00%22.80%7469
    7枠9- 6- 9-108/1326.80%11.40%18.20%6147
    8枠10- 11- 3-113/1377.30%15.30%17.50%8666

     

    ツイッターの声

    【宝塚記念予想|枠順確定|枠順データから気づくこと】の続きを読む

    5

    宝塚記念予想《2015年》|ゴールドシップの3連覇はあるのかそれとも|ネット支持まとめ


    管理人はここの無料予想をチェック!!

    kinb1











     ファン投票で1位に選ばれたゴールドシップが、史上初となる平地同一GI3連覇に挑む。これを、ラキシス・ラブリーデイといった充実著しい馬や、ヌーヴォレコルト・ワンアンドオンリーといった昨年のクラシックホースなどが阻むことができるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

    ■6/28(日) 宝塚記念(3歳上・GI・阪神芝2200m)

     ゴールドシップ(牡6、栗東・須貝尚介厩舎)は5着、7着と過去敗退してきた天皇賞・春をついに制覇。満を持して、当初から春の目標としていたここで史上初となる平地同一GI3連覇に挑む。適性を不安視され続けた京都と違い、2歳時のラジオNIKKEI杯2歳Sで2着となって以降は一度も負けていない阪神との相性の良さは圧倒的で、ここは偉業達成の期待がかかる。

     ラキシス(牝5、栗東・角居勝彦厩舎)は昨年のエリザベス女王杯でGI初制覇を果たし、その後も有馬記念で僅差の6着、今年初戦の大阪杯でキズナやスピルバーグらに完勝と、牡馬相手に互角以上の成績を挙げている。雨で馬場が渋るのも歓迎で、ここも上位争いに持ち込んでくるだろう。

     ラブリーデイ(牡5、栗東・池江泰寿厩舎)は今年の上半期だけで中距離重賞を3勝。今年6戦目となるだけに、さすがに状態面での上積みはそう見込めないものの、今の勢いなら勝ち負けできても当然おかしくはない。

     その他、距離延長での巻き返しを狙うヌーヴォレコルト(牝4、美浦・斎藤誠厩舎)、海外遠征帰りや久々の状態がカギとなるワンアンドオンリー(牡4、栗東・橋口弘次郎厩舎)・トーホウジャッカル(牡4、栗東・谷潔厩舎)、昨年の2着馬で今年の天皇賞・春でも3着に入ったカレンミロティック(セ7、栗東・平田修厩舎)なども戴冠を狙う。発走は15時40分。

     
    ゴールドシップ
    父-ステイゴールド
    【宝塚記念予想《2015年》|ゴールドシップの3連覇はあるのかそれとも|ネット支持まとめ】の続きを読む

    5

    ワンアンドオンリーはキングジョージ回避,宝塚記念へ



    競馬ブログ熱い!!


    記事が良かったら共感してください
    いろいろな競馬まとめとみることができます。



     

    無料コンテンツが豊富!!
    mims


















    キズナが宝塚記念で回避したので参戦することになりました…!!

     競馬の英国G1、キングジョージ6世&クイーンエリザベスS(7月25日、アスコット競馬場)を目指していた、昨年の日本ダービー馬、ワンアンドオンリー(牡4歳、栗東・橋口弘厩舎)が同レースの出走を断念することが決まった。管理する橋口弘調教師が14日に明らかにしたもの。同じノースヒルズの生産馬のキズナが凱旋門賞(10月4日、仏ロンシャン競馬場)の出走を断念するとともに、宝塚記念(6月28日、阪神)の出走回避したことを受けての路線変更。宝塚記念の鞍上はMデムーロを予定しており、来週にも栗東へ戻って調整に入る。

     橋口弘調教師「キズナが宝塚記念を出なくなったので、参戦することになりました。凱旋門賞は宝塚でそれなりの結果を残せば、参戦することになると思います」

     
    ワンアンドオンリー
    父-ハーツクライ、母父-タイキシャトル
    【ワンアンドオンリーはキングジョージ回避,宝塚記念へ】の続きを読む

    このページのトップヘ