競馬最強2chまとめぽいサイト

競馬の2chまとめです…!!いろいろな競馬サイトがありますが、これでもまとめているサイトはないと思います!!…2chまとめぽいサイトです。

    ヴィクトリアマイル予想|2018年|予想・データ

    keibayo

















    競馬情報が毎日熱いwww
    無料情報毎日更新・・・
    誰でも無料・フリーメールで予想をゲットしましょう

    jyonetu2













    ヤフーニュースより
    【ヴィクトリアマイル・血統調査】4連勝のミスパンテール 大舞台でも活躍可能な背景

     【ヴィクトリアマイル(日曜=13日、東京芝1600メートル)血統調査】ミスパンテールは現在4連勝中。桜花賞16着、オークス10着とクラシックでは悔しい思いをしたが、チューリップ賞でキャリア2戦目、加えて休み明けという不利がありながらソウルスターリングの2着に来たほどの馬。ようやく素質が開花したようだ。

     父は安田記念、マイルCS(2回)とマイルGIを3勝したダイワメジャー。種牡馬としても産駒のGI勝ち5勝中4勝がマイル戦と、この距離を得意としている。

     母のエールドクラージュは1勝馬だが、この勝ち鞍も東京芝の1600メートル戦でのものだ。

     祖母ジョウノマチエールは未勝利馬ながら、京王杯スプリングCなど重賞3勝のウインラディウス、メジロマックイーンメモリアル(1000万下)など5勝のジョウノヴィーナスを産んでいる。

     曽祖母ウメノシルバーも未勝利。直子からセントライト記念のサンデーウェル、グランドチャンピオン2000(大井・重賞)のウメノローザを出し、そのウメノローザはオークス馬ウメノファイバーの母となっている。さらにウメノファイバーも孫世代からAJCC、オールカマーとGII・2勝のヴェルデグリーン、今年の皐月賞で2着したサンリヴァルが出るなど、牝系には活力がある。

     メジャーエンブレムの母の父がサドラーズウェルズ系オペラハウスだったように、ダイワメジャー産駒が大レースで活躍するためには牝系から底力のある血を補強する必要がある。

     その点、ミスパンテールは母の父がロベルト系シンボリクリスエスで、祖母の父がマルゼンスキーと底力豊富な血をしっかり補っている。

    ヤフーニュース中 東スポ

    ヴィクトリアマイル-種牡馬データ


    種牡馬 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
    ディープインパクト 49- 39- 35-192/315 15.60% 39.00% 59 94
    ダイワメジャー 16- 15- 16-121/168 9.50% 28.00% 65 69
    ハーツクライ 13- 8- 4- 92/117 11.10% 21.40% 63 63
    キングカメハメハ 11- 12- 11-113/147 7.50% 23.10% 43 64
    ステイゴールド 10- 8- 17- 95/130 7.70% 26.90% 81 90
    クロフネ 8- 4- 2- 37/ 51 15.70% 27.50% 116 63
    マンハッタンカフェ 4- 7- 6- 53/ 70 5.70% 24.30% 23 63
    メイショウサムソン 3- 5- 1- 37/ 46 6.50% 19.60% 244 106
    エンパイアメーカー 2- 0- 0- 26/ 28 7.10% 7.10% 128 24
    Tapit 1- 0- 0- 3/ 4 25.00% 25.00% 60 32
    Speightstown 0- 1- 0- 0/ 1 0.00% 100.00% 0 950
    Frankel 0- 0- 1- 1/ 2 0.00% 50.00% 0 60


    ヴィクトリアマイル-騎手データ

    騎手 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
    ルメール 30- 19- 12- 47/108 27.80% 56.50% 97 93
    M.デム 13- 7- 10- 38/ 68 19.10% 44.10% 130 90
    川田将雅 5- 2- 3- 13/ 23 21.70% 43.50% 108 92
    戸崎圭太 24- 22- 12- 90/148 16.20% 39.20% 88 82
    藤岡佑介 1- 1- 1- 5/ 8 12.50% 37.50% 160 137
    武豊 6- 3- 4- 30/ 43 14.00% 30.20% 72 62
    福永祐一 7- 7- 3- 41/ 58 12.10% 29.30% 70 73
    蛯名正義 9- 10- 14- 84/117 7.70% 28.20% 63 96
    横山典弘 13- 6- 10- 82/111 11.70% 26.10% 63 54
    岩田康誠 2- 2- 6- 40/ 50 4.00% 20.00% 14 50
    大野拓弥 8- 9- 8-107/132 6.10% 18.90% 65 94
    和田竜二 0- 2- 1- 13/ 16 0.00% 18.80% 0 44
    吉田隼人 2- 4- 0- 35/ 41 4.90% 14.60% 42 50
    池添謙一 1- 1- 2- 29/ 33 3.00% 12.10% 16 47
    四位洋文 0- 0- 1- 11/ 12 0.00% 8.30% 0 20
    幸英明 0- 0- 1- 11/ 12 0.00% 8.30% 0 40
    藤岡康太 0- 0- 0- 10/ 10 0.00% 0.00% 0 0
    北村友一 0- 0- 0- 5/ 5 0.00% 0.00% 0 0



    勝馬伝説の無料情報が熱い・・・
    無料情報だけで万馬券GETwwwww
    kachium
















    5
    ヴィクトリアマイル予想|2016年|予想・データ・ネット評価まとめ
     

     15日に東京競馬場で行われる、第11回ヴィクトリアマイル(4歳上・牝・GI・芝1600m・1着賞金9300万円)の前日オッズがJRAより発表された。

     単勝オッズ1番人気には、昨年のオークス・秋華賞を制した2冠牝馬ミッキークイーン(牝4、栗東・池江泰寿厩舎、3.4倍)が支持された。

     続いての2番人気は昨年のジャパンCを制したショウナンパンドラ(牝5、栗東・高野友和厩舎、5.1倍)、3番人気は東京新聞杯・阪神牝馬Sと連勝中のスマートレイアー(牝6、栗東・大久保龍志厩舎、7.4倍)となった。

     以下、前走は落鉄で2着だったルージュバック(牝4、美浦・大竹正博厩舎、8.8倍)、ダービー卿CTで牡馬を破ったマジックタイム(牝5、美浦・中川公成厩舎、9.2倍)、京都牝馬Sで重賞2勝目を挙げたクイーンズリング(牝4、栗東・吉村圭司厩舎、11.7倍)と続いている。各馬の単勝オッズは以下の通り。

     左から馬番、馬名、オッズ

    10 ミッキークイーン 3.4
    15 ショウナンパンドラ 5.1
    02 スマートレイアー 7.4
    07 ルージュバック 8.8
    06 マジックタイム 9.2
    12 クイーンズリング 11.7
    13 ストレイトガール 12.8
    18 ショウナンアデラ 26.3
    11 レッツゴードンキ 26.4
    03 シャルール 33.9
    16 シュンドルボン 36.6
    01 ウインプリメーラ 41.4
    04 ウリウリ 49.1
    09 カフェブリリアント 53.5
    14 ウキヨノカゼ 60.7
    08 メイショウマンボ 62.3
    17 トーセンビクトリー 84.7
    05 レッドリヴェール 85.6

     その他、馬連は10-15が8.0倍、馬単は10-15が15.8倍、3連複は02-10-15が17.3倍、3連単は10-15-02が61.3倍でそれぞれ1番人気となっている。

    ※出馬表・成績・オッズ等は主催者発表のものと照合してください。

     


    無料予想で万馬券…もう知っているって?
    只今無料会員が激アツ…
    一緒に儲けましょうwwwwー勝馬伝説
    kachium

















    【ヴィクトリアマイル予想|2016年|予想・データ・ネット評価まとめ】の続きを読む

    5

    ヴィクトリアマイル予想|予想・データ|ネット評価まとめ


    ここの無料予想を見逃し厳禁ですかね
    spri1





     

    【ヴィクトリアマイル】歴史が物語る東京マイル攻略に必要なもの

    【ヴィクトリアマイル(日曜=17日、東京芝1600メートル)栗東発トレセン秘話】GIともなれば、当該距離より長めの距離で結果を出している馬の方が有利だと言われる。特に舞台がタフな東京コースともなれば、その傾向は一段と強くなる。

    「先週の(NHK)マイルCもそうでしたが、東京のマイルGIは中距離馬がこなすケースが多いですから。逆にこの馬にとってはいいのではないかと思ってます」

     ヴィクトリアマイルに秋華賞馬ショウナンパンドラを送り出す高野調教師も同様の見解だ。

     過去9回の勝ち馬のなかで、芝1800メートル以上の重賞での勝ち鞍、もしくは2000メートル以上のGIで連対がなかった馬は07年のコイウタと08年のエイジアンウインズだけ。歴史も東京マイル攻略に中距離実績が必要なことを物語っている。

    「とにかく総合力が問われるコースですからね。向正面では折り合いをつけていかないといけないし、勝負どころでは直線ではじけるための十分なためを作らなければいけない。さらに直線の坂を駆け上がった後も1ハロン以上の距離がある。坂を上がったらすぐゴールになる阪神や中山とはそこが違います。スピードだけで押し切れるコースではない」

     東京マイル戦に屈指の実績を誇る松田国調教師の弁だ。

     今年の人気上位馬のうち、1800メートル以上の重賞でV実績がない馬はカフェブリリアントとストレイトガール。このあたりはデータでいえば「消し」だろう。近況内容が良く、なおかつ中距離実績も豊富…やはりヌーヴォレコルトとディアデラマドレの人気馬2頭に食指が動く。

     
    ヴィクトリアマイル
    穴になりそうなのは-スイートサルサ
    【ヴィクトリアマイル予想|予想・データ|ネット評価まとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ