競馬ニュース・競馬データまとめサイト

競馬のニュースや競馬のデータをユーザー視点でまとめています。競馬の予想の参考になるサイトづくりを目指しています。

    5
    オークス(優駿牝馬)|2016年|共同会見まとめ

    エンジェルフェイス、藤原師「いかにリラックスして走れるか?」/オークス共同会見

    ■エンジェルフェイスを管理する藤原英昭調教師

    ――無事、オークス出走の運びとなりました
    藤原「やはり血統がしっかりしていますからね。クラシックに乗せたかった馬でしたから、ここまでうまく順調にきてくれています」

    ――フラワーCでは見事な逃げ切りでした
    藤原「今回(オークス)のことも考えて輸送を1回経験させたかった。そして、賞金が欲しかったのでどうしても勝ちたかったんです。きっちりモノにしてくれてよかったです」

    ――先行から逃げ切る競馬となりました
    藤原「ゲートの出がすごくいいですし、ストライドも大きい馬なんでね。それを邪魔せずに競馬するという意味では今はあれが一番パフォーマンスが上がるのかなと思います」

    ――早い段階で桜花賞は回避し、目標をオークス一本に絞りましたね
    藤原「使い出しが遅かったこと。つまり、成長を待ちながらというのがあったので。その時点で桜花賞は間に合わないかな、と考えていました。まぁ、出ようと思えば出れましたが、桜花賞の出走メンバーはキャリアがありますから。ある程度経験を積んでる馬との対決では(こちらの)着順やパフォーマンスも予想できたので。それなら、みんなが未知の世界のオークスの方が分があるかなと思い、ここに(狙いを)絞りました」

    ――この中間、二ヶ月ほど時間がありましたが、そのあいだの調整はイメージどおりでしたか?
    藤原「馬の成長を待ちたかったので、フィジカル、フィットネス、メンタル、ともに向上してここにこれるというのを目標に馬づくりをしてきました。そういう意味ではこの期間というのは重要だったように思います」

    ――2週前からルメール騎手で追い切りをかけていますね
    藤原「やはり長い距離なんで、ジョッキーとのコンタクトがひじょうに重要です。フィーリングをつかんでもらうという意味で2週続けて乗ってもらったんです」

    ――そして今朝の最終追い切りはコースで、鮫島騎手によって行われました
    藤原「もう今週はルメールジョッキーではなく鮫島くんに手伝ってもらいました。鮫島くんはこちらの求めるすべての要求をわかっているのでね。最後は馬なりですが、気持ちをリラックスさせながらという指示どおりのいい内容でした」

    ――力を出せる状態になっていますか?
    藤原「現状、コンディションはすごくいいです。力は出せると思います」

    ――前走からどれだけ成長しているか、見てみたいです
    藤原「はい。そこを見てみたいですね。潜在能力の高さはわかっていますから。現時点でどれくらい走ってくれるか、興味があります」

    ――東京の2400mという舞台、そしてライバル関係、どのように考えていますか?
    藤原「展開というよりも、まだまだ小技が使えない馬です。いかにリラックスして、マイペースで走ってくれるかというのが重要だと思います。そういう意味では競馬のスタイルは決まってくると思います」

    ――最後にひとこと
    藤原「天気もよさそうなので、ファンの方にいっぱい来てもらいたいですね。いいレースができるよう頑張っています。応援よろしくお願いします」

    ■エンジェルフェイスに騎乗予定のC・ルメール騎手

    ――1週前追い切りで騎乗された感触は?
    ルメール「とても乗りやすい。Good Feelingがありました」

    ――オークスでの作戦は?
    ルメール「いつもスタートが速いです。たぶんオークスも好スタートを切ったら逃げる。いちばん大事なのはリラックス。同じイメージで乗ります」

    ――いまの東京の芝コースはいかがですか?
    ルメール「とてもいいコンディションです。いっぱい芝があります」

    ――最後にひとことお願いします
    ルメール「オークスは大切なGIです。競馬場に来てください。よろしくお願いします」

    (取材・写真:花岡貴子)

     


    ロッテンマイヤー、池添学師「不安より期待が大きい」/オークス共同会見

     

    ■ロッテンマイヤーを管理する池添学調教師

    ――開業2年目、GI初参戦のお気持ちは?
    池添「特にありません。普段どおり、いい状態でレースに臨めればと思います」

    ――昨年骨折で休養していましたが、よくオークスに間に合いましたね
    池添「無理せず、いい状態で使ってきた上で使える状況になったので出走となりました」

    ――忘れな草賞の感想は?
    池添「想定していた勝ち方とは違いましたが、ジョッキーがうまく乗ってくれました」

    ――ここまでの三戦の評価は?
    池添「三戦ともに戦いかたが全然違うように、オールマイティな競馬ができています。かつ、一戦ごとに成長を感じています。そのへんの伸びしろは血統のなせる業だと思います」

    ――祖母がビワハイジ、叔母にブエナビスタという血統ですね
    池添「預託が決まった時点で、この馬は1歳だったんですが、それ以降よく見に行っていました。すごく見栄えのいい馬なので期待はしていました」

    ――今朝の最終追い切りはいかがでしたか?
    池添「先週のCWの動きがよかったので、今週は坂路だけでいいかな、と思ったんですが。馬の状態がすごくよかったので日曜日に左回りでの追い切りも行いました。試す程度の調教だったのですが、すごくリラックスしていいかんじでした。今日の最終追い切りは坂路コースで併せ馬、後ろで我慢させて気持ちが乗っていたら最後の1ハロンで伸ばすという指示をしました。指示どおりのいい追い切りでした。全体の時計としては目立つ方ではありませんが、わたし自身がさほど時計は気にしませんしね」

    ――前走からの上積みは?
    池添「前走後は短期放牧に出して、体もさらにひとまわり大きくなりました。トレセンに帰ってきてからは、カイバ食いもよく馬体重も安定しています。ここまで順調にこれていますし、だからしっかりとした追い切りもできました。じゅうぶん上積みという点では大きいと思います」

    ――レースではT・ベリー騎手が騎乗しますね。先週の追い切りには騎乗されていましたね
    池添「またがる前に少しこういう馬だというのは説明しました。その上で、あまり伝えすぎてジョッキーの感性がなくなるのもこわいので。乗った後の感想を聞こうと思っていました。そして追い切り後に話したところ、自分の思っていたイメージとジョッキーの感想が一緒だったので、ほっとしました。

     具体的には、後ろで走っている分にはリラックスしていますが、並びかけると一気に前の馬をかわそうとします。とりあえず、後ろで走れば力を抜いて走れる、ということだけを伝えて追い切りに乗ってもらったんです。そして、追い切り後にベリー騎手から『並びかけるとかわそうとする』と言われたので、同じ感想だな、と思いました」

    ――レースでも前に馬をおいて進めたいですか?
    池添「レースではゲートの出方次第でまわりの馬との状況をみてジョッキーが判断してくれればいいと思いますが。横に並びかけてずっと走るというのだけは避けてほしいな、と思います」

    ――すでに輸送も経験済みです。現時点での不安材料は?
    池添「いまのところ何も不安な点はありません。輸送も前走、いまの状態よりももうひとつよくなかった状態でしたが、あまり馬体重は減りませんでしたからね。今回も輸送減りとか気にしていません。あとは落ち着いてレースに臨んでくれればと思います」

    ――お兄さんが騎乗するシンハライトを筆頭にライバル関係はどのようにお考えですか?
    池添「桜花賞組は一枚も二枚も上だと思っています。ロッテンマイヤー自身がこれまでそういう馬とは対戦したことがないので未知数な部分が大きいです。不安もありますが、未知数という点では不安より期待の方が大きいです」

    ――最後にひとことお願いします
    池添「ここまで順調に調整してこれました。あとは無事にゲートインするのを待つだけなんですが、そこまでしっかりと管理していかなければと思います。レース当日、いい状態で出走できると思うので、競馬場に足を運んでいただき応援していただけたらと思います」

    (取材・写真:花岡貴子)

    【オークス(優駿牝馬)|2016年|共同会見まとめ】の続きを読む

    オークス(優駿牝馬)|2016年|馬体診断まとめ

    チェッキーノ-評価-A- 

     「オークス・G1」(22日、東京)

     出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評がある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、牝馬クラシック2冠目の出走予定馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

    【写真集】週末予想の参考に…オークス馬体診断

     【チェッキーノ=評価A】

     デビュー時はやや非力さが感じられたが、シャープなつくりながらも力感のある立ち姿。腹回りにもいい意味での余裕が感じられ、一戦ごとに数字を増やしてきている表れだろう。トモの幅は薄めだが、体とのバランスを考えればこれぐらいでちょうどいいボリューム。

     前肢の筋肉量が勝るのはこの血統特有ではあるものの、性別の違いもあり、きょうだいと比較して首差しが細く、重心が高くない点は距離を対応できる最大のポイント。

     前走は気合を表面に出し、初めて2人引きでのパドック周回となったが、結果は杞憂(きゆう)となるパフォーマンス。東京が舞台の地の利を踏まえれば、桜花賞組にも十分太刀打ちできる。(馬サブロー美浦・石堂道生)

     〈1週前診断〉美浦Wで5F70秒1-12秒8(馬なり)。数字は地味だが、程良く気合が乗っていて肌ツヤもいい。目下の充実ぶりは顕著。

     

    ロッテンマイヤー-評価-A-

     「オークス・G1」(22日、東京)

     出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評がある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、牝馬クラシック2冠目の出走予定馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

    【写真集】週末予想の参考に…オークス馬体診断

     【ロッテンマイヤー=評価A】

     首差しが長く、胴もゆったりめのシルエット。長めの立ちつなぎが生み出すダイナミックな走りは、芝のマイル~2400メートルに適性のある走るクロフネ産駒の特徴かもしれない。母の父のアグネスタキオンも産駒の能力にばらつきが多いが、走る馬は柔らかさのあるタイプで、この馬はそれを継承。同世代でしのぎを削ったクロフネとアグネスタキオンのいいとこどりの結晶といっても過言ではない。

     筋肉隆々の馬体ながらうっすらとあばらが見え、トモの張りも良好。1週前追い切りで見せた力みは少し心配だが、現時点の仕上がりとしては文句ないだろう。(馬サブロー栗東・吉田順一)

     〈1週前診断〉T・ベリーを背に、栗東CWで5F71秒0-11秒6(馬なり)。3頭併せの真ん中から楽々と抜け出して、僚馬に0秒9、1秒先着。序盤をゆったり入ったとはいえ、ラストの伸びは圧巻だった。前向きさと集中力も増しており、上積み十分。

     
    【オークス(優駿牝馬)|2016年|馬体診断まとめ】の続きを読む

    5
    オークス(優駿牝馬)予想|アンドリエッテ穴馬の予感|ネット競馬まとめ

    オークス参考にしたいサイト・・・まだまだチャンスあり
    無料会員がおすすめです。 
    hais
















    ↑↑
    ここの無料予想をチェックしてほしいです・・・!! 

    【オークス(日曜=24日、東京芝2400メートル)聞かせて!!核心:栗東】桜花賞では超スローに泣かされ6着に敗れたアンドリエッテだが、チューリップ賞(2着)に続いて上がり最速をマークしたように実力は確か。オークスに向けての意気込みを牧田和弥調教師(43)に聞いた。

     ――桜花賞を振り返って

     牧田:期待を持って臨んだだけに残念でしたが、この馬の切れ味を生かそうとジョッキーも考えてくれて、あの位置取りに。ああいうペースになっては仕方ありませんし、それも競馬ですからね。

     ――その後の調整は

     牧田:いったん短期放牧に出して、オークスを目標に順調です。見た目の体つきは変わっていませんが、川田騎手に乗ってもらったウッドでの1週前追い切りでは、いい動きを見せてくれましたし、いい負荷をかけられたと思います。

     ――東京2400メートルという舞台設定は

     牧田:距離は経験していないだけに未知ですが、折り合いに不安はありませんし、ほとんどの馬が初めての距離を走るわけですから。調教では意識的に長めの距離を乗るようにはしていますが、特に心配はしていません。

     ――東京遠征のクイーンC(4着)ではマイナス12キロと体重を大きく減らした

     牧田:いまだに体重減の原因はよくつかめていませんが、それでも差のないレースをしてくれましたし、そのころより体質も強くなっているから大丈夫だと思います。

     ――オークスも末脚を生かす形なのか

     牧田:ペースも違ってくるでしょうから、そのあたりはジョッキーの判断に任せることになります。でも東京コースの良馬場なら、さらに切れ味は増しそうですし、長い直線も味方してくれそうな気がしますね。

     ――ズバリ勝算は

     牧田:まだ100%の状態ではなかったクイーンCであれだけの走りができたんですから、東京コースが合っているのは間違いありません。むしろオークスでこそという気持ちでいますし、状態もいいのでチャンスはあると思います。

    最終更新:5月20日(水)21時6分

     

    オークスではアンドリエッテが穴馬候補だと思います

    1) 父ディープインパクト

    2) ジェンティルドンナと被る

     

    ツイッターの声

    【オークス(優駿牝馬)予想|アンドリエッテ穴馬の予感|ネット競馬まとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ