競馬最強2chまとめぽいサイト

競馬の2chまとめです…!!いろいろな競馬サイトがありますが、これでもまとめているサイトはないと思います!!…2chまとめぽいサイトです。

    5
    日本ダービー予想(東京優駿)|予想・データ|ネット評価
     

     29日に東京競馬場で行われる、第83回日本ダービー(3歳・牡牝・GI・芝2400m・1着賞金2億円)の前日オッズがJRAより発表された。

     単勝オッズ1番人気には、クラシック2冠を目指す皐月賞馬ディーマジェスティ(牡3、美浦・二ノ宮敬宇厩舎、3.0倍)が支持された。

     続いての2番人気は皐月賞2着からの逆転を狙うマカヒキ(牡3、栗東・友道康夫厩舎、4.2倍)、3番人気は皐月賞3着のサトノダイヤモンド(牡3、栗東・池江泰寿厩舎、4.5倍)となった。

     以下、皐月賞では4位入線から5着に降着してしまったリオンディーズ(牡3、栗東・角居勝彦厩舎、6.2倍)、重賞連勝中のスマートオーディン(牡3、栗東・松田国英厩舎、10.7倍)、青葉賞を快勝したヴァンキッシュラン(牡3、栗東・角居勝彦厩舎、15.6倍)、皐月賞4着のエアスピネル(牡3、栗東・笹田和秀厩舎、18.6倍)と続いている。各馬の単勝オッズは以下の通り。

     左から馬番、馬名、オッズ

    01 ディーマジェスティ 3.0
    03 マカヒキ 4.2
    08 サトノダイヤモンド 4.5
    12 リオンディーズ 6.2
    10 スマートオーディン 10.7
    14 ヴァンキッシュラン 15.6
    05 エアスピネル 18.6
    13 レッドエルディスト 53.7
    07 ロードクエスト 60.7
    09 マウントロブソン 72.7
    18 プロディガルサン 98.0
    11 アジュールローズ 105.0
    04 レインボーライン 112.5
    02 マイネルハニー 148.1
    15 イモータル 213.4
    06 アグネスフォルテ 232.2
    17 プロフェット 257.5
    16 ブレイブスマッシュ 266.9

     その他、馬連は01-03が6.8倍、馬単は08-03が13.5倍、3連複は01-03-08が8.1倍、3連単は01-03-08が32.8倍でそれぞれ1番人気となっている。

    ※出馬表・成績・オッズ等は主催者発表のものと照合してください。

     



    日本ダービーの予想を買うならここを信頼
    すごい競馬の予想が激アツ
    dabysugoi














    【日本ダービー予想(東京優駿)|予想・データ|ネット評価】の続きを読む

    5
    日本ダービー(東京優駿)予想|2016年|共同会見まとめ
     
    サトノダイヤモンド、鞍上ルメール【皐月賞のRevenge】

    ■サトノダイヤモンドに騎乗予定のC・ルメール騎手

    ――今朝の最終追い切りについて教えてください
    ルメール「完璧でした。馬のコンディションはとてもよいです。直線で反応がはやくなりました。とても喜んでいます。調教師から『3番手から、ラスト300mでは別の併せ馬に追い付いてほしい。ラスト100mで一杯に追ってほしい』と言われました。馬の反応がとても良かったです」

    ――皐月賞を振り返ってください
    ルメール「良いレースでした。きさらぎ賞のあと、皐月賞まで長く休んでいました。馬のコンディションはたぶん100%ではなかった」

    ――東京2400はいかがでしょうか?
    ルメール「彼はとても乗りやすい。ですから、心配ありません。2400メートルは初めてですが、大丈夫だと思います」

    ――相手はどの馬が気になりますか?
    ルメール「ディーマジェスティは皐月賞で能力を発揮した。2400もいけるでしょう。マカヒキは皐月賞で後ろからの競馬でしたが、直線では速かった。この2頭がいちばんのライバルです」

    ――どのようなレースをしたいですか?
    ルメール「いいスタートを切りたい。(位置どりは)6番手、7番手につけたい。そのあと、直線ではダイヤモンドはいい瞬発力があります。ですから、自信があります」

    ――先週10勝しましたね?
    ルメール「とても嬉しかった。1週で10勝は初めて。でも、いちばん大切なのはGIなどの大きなレースです。今週も頑張ります」

    ――最後にひとこと
    ルメール「今年のダービーはメンバーがいちばん強いです。サトノダイヤモンドで皐月賞のリベンジをしたい。競馬場にきてください。応援してください」


    ■サトノダイヤモンドを管理する池江泰寿調教師

    ――今朝の最終追い切りはいかがでしたか?
    池江「終いはしっかり伸ばして、という指示を出しました。全体的によかったですね」

    ――皐月賞を振り返ってください
    池江「久々だったんですけども、それでもなんとかなるかなと思ったんですが、さすがに甘かったです。ひと叩きしたら上積みのある馬なので、そのあたりに期待しての出走です」

    ――前走後の調整について教えてください
    池江「放牧に出ず、自厩舎で調整しました。2週前の動きが少し鈍かったので、少し良くなったという印象を受けました」

    ――皐月賞のころ、ダービーにピークを持っていくと話されていましたが、そのあたりは?
    池江「ある程度のところまでいけると思います」

    ――今回は初コース、東京2400ですが?
    池江「走ってみないと何ともいえないというのが正直なところですね。適性については、こなすのではないか、と期待しています」

    ――具体的なレースのイメージは?
    池江「まだ、していません」

    ――ルメール騎手とは事前に何を話されますか?
    池江「任せたよ、と伝えるだけです」

    ――相手関係はいかがでしょうか?
    池江「皐月賞とは、また違う路線からのメンバーもいますし、コースも違ってきます。今年は本当にレベルが高いので全頭警戒しておかないと油断はできないな、と思っています」

    ――自信をもって臨まれますか?
    池江「はい、自信はあります」

    ――先生はオルフェーヴルで日本ダービーを制しています。ダービーへの想いは?
    池江「小さい頃からの夢です。ひとつ勝っていますけれど、ふたつみっつ勝ちたいな、と思わせるレースですよね」

    ――ダービー勝利の味は格別ですか?
    池江「他にもいろいろとGIを勝たせていただいてますが、ダービーだけは今思い出しても、そのときの嬉しさとかが強烈によみがえってきます」

    ――最後に意気込みを
    池江「前走の皐月賞では1番人気に支持していただいたんですが、期待を裏切ってしまいファンの皆さんには申し訳なかったです。今回はきっちりその借りを返したいと思っています。もう一度、応援していただけたらと思っています」

    (取材・写真:花岡貴子)

     

    リオンディーズ鞍上デムーロ「いつも元気一杯です」

     

    ■リオンディーズに騎乗予定のミルコ・デムーロ騎手

    ――3週連続で追い切りに騎乗され、今朝最終追い切りを終えました。感想は?
    ミルコ「すごく元気ですね。よかったです。いつも元気いっぱいです。今朝は舌をしばって、さらによくなっています」

    ――調教師から指示はありましたか?
    ミルコ「お任せです。いつもどおりです」

    ――皐月賞を振り返ってください
    ミルコ「だいぶ失敗した。外枠が当たったのである程度、前へと思った。スタートはいいかんじだった。向こう正面では向かい風になった。前のほう(馬)は強くないと思って外に出したらひっかかった。ペースが速かった。直線に入ったときには馬が疲れていてかわいそうだったが、それでもすごく頑張った」

    ――負けて強し、の印象でしょうか?
    ミルコ「はい。すごく強いです」

    ――今回の舞台は東京競馬場ですね
    ミルコ「これは少し問題ありますね。初めての左回り、初めての2400。でも、とても賢い馬だから問題ないと思います。みんな(他の馬も)この問題(注:2400mで戦うこと)はありますね」

    ――今回、気になる相手関係は?
    ミルコ「ダービーはみんな勝ちたい。だから、気になる相手はいっぱいいる」

    ――具体的に挙げてもらえますか?
    ミルコ「もちろん皐月賞を勝った馬(ディーマジェスティ)、マカヒキ、ヴァンキッシュラン、スマートオーディン、サトノダイヤモンド、トライアルを勝った馬(注:プリンシパルSを勝ったアジュールローズ)、いっぱいいる」

    ――相手はさらに強くなった印象ですね?
    ミルコ「でも、僕が一番乗りたい馬はリオンディーズだから。自信持ってます」

    ――どんなレースをしたいですか?
    ミルコ「最後に1着。それだけ。スムーズなレースをしたい。折り合いは問題ない」

    ――これまでダービー2勝ですね
    ミルコ「また勝ちたい。勝ったときは嬉しいです。どんなレースも勝って嬉しいけれど、ダービーは気持ちが(嬉しいという意味で)重い」

    ――ドゥラメンテでもダービーを勝っていますね
    ミルコ「あのときはもっと自信を持ってた。ドゥラメンテは強い馬ですが、他の馬はそんなに強いと思っていなかった。だから、自信はすごく大きかった。今回も自信を持っていますけど、他の馬も強い」

    ■リオンディーズを管理する角居勝彦調教師

    ――皐月賞を振り返ってください
    角居「前に行ってしまいました。速いラップで先行しましたが、よく踏ん張っていたな、とは思います。あのメンバーでは逃げ切れないということはわかりました」

    ――この中間の調整は?ミルコ・デムーロ騎手も追い切りに騎乗されていますが?
    角居「ミルコに手の内に入れてもらいたいということで、乗ってもらいました。『コントロールしやすくなっているし、精神的に落ち着いてきた。これはいいことだ』と話していました。今朝の追い切りもいいかんじだったと思います」

    ――東京の2400はいかがですか?
    角居「初めてのコースですが、お父さんもお母さんもちゃんとこなしていたと思います。具体的なレース運び、位置取りなどはミルコに任せます」

    ――ダービーはどのようなレースだと思ってらっしゃいますか?
    角居「その世代のチャンピオンを決めるレースなので、みんなが勝ちたいレースだと思っています」

    ――どのようなレースになると考えていますか?
    角居「厩舎でゆっくりジックリ調教を積めました。ジョッキーのいうとおりに走ってくれれば、よい結果になるのではないでしょうか」

    (取材・写真:花岡貴子)


    日本ダービーの予想はここを信頼
    無料会員が激アツwwww
    今なら限定会員募集中
    dabysugoi














    【日本ダービー(東京優駿)予想|2016年|共同会見まとめ】の続きを読む

    5
    日本ダービー(東京優駿)2016年|馬体診断のまとめ
     
    リオンディーズ(評価A)

     「日本ダービー・G1」(29日、東京)

     出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評がある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、競馬の祭典に出走を予定する各馬をS~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

    【写真集】週末予想の参考に…日本ダービー馬体診断

     【リオンディーズ=評価A】

     半兄のエピファネイア同様に胴長&脚長の体形。角居厩舎は普段の運動量が豊富なためかトモが膨らまない馬が多いが、同馬もデビュー時からシルエットは変わらない。

     天候の影響もあるのか黒光りした皮膚の薄い質感は見栄えがし、前走以上に研ぎ澄まされている印象を受ける。朝日杯FSや皐月賞時の立ち姿の写真と比べると聡明(そうめい)な目をしているのは好感が持て、心身のバランスが良くなってきたのは強調材料。

     追い切り後の撮影でほぼ100点に近い状態になっており、あとはこの馬体を本番までしっかりとキープできるかが大きなポイントとなりそうだ。馬体重は500キロを少し切るぐらいが理想だろう。(馬サブロー栗東・吉田順一)

     〈1週前診断〉M・デムーロ騎手を背に栗東CWで6F84秒7-12秒3(馬なり)。先行する2頭を見ながら、しっかり我慢を利かせる内容。トップギアに入ったゴール前100メートルからの脚勢は素晴らしかった。道中もうまくコンタクトが取れており、巻き返しへ好ムード。

     

    マカヒキ(評価S)

     

     「日本ダービー・G1」(29日、東京)

     出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評がある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、競馬の祭典に出走を予定する各馬をS~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

    【写真集】週末予想の参考に…日本ダービー馬体診断

     【マカヒキ=評価S】

     四肢を真っ直ぐに出すきれいなフォームで、つなぎは長めで角度や柔軟性は適性。ハイレベルと言われているこの世代だが、その中でもトップクラスの素材の持ち主という評価は早い時期から変わらない。

     ただ弥生賞あたりは前後のバランスがイーブンの印象だったが、皐月賞ではトモがこぢんまり映るシルエット。ハードに攻めを積んだ影響を危惧してB評価にしてしまったが、結果的には前腕のたくましさが増したことが要因だったようだ。

     今回も少しだけ前が強いバランス比重だが、それでもトモのボリューム感は前走以上。1週前、2週前追い切りは栗東CWで意欲的な併せ馬を消化しているが、その効果かより皮膚の薄いシャープな質感になってきたのはプラスだ。

     1週前追い切り後の撮影だが、細く見せるところはなくしっかりと馬体を維持して至極順調な様子。相変わらず頭の位置は高いが、聡明(そうめい)な目つきとキリッとした立ち居振る舞い。今回は出走馬中、最高の評価を与えても良さそうだ。(馬サブロー栗東・吉田順一)

     〈1週前診断〉川田を背に栗東CWで6F82秒7-11秒6(仕掛け)。ジルダ(4歳1600万下)を0秒7追走して0秒6先着。4角ではパートナーと内外の間隔をあけて馬場の大外。フォームに全くブレがなく、ゴーサインが出たラスト1Fの伸びは圧巻だった。攻め気配は申し分ない。



    ダービーの予想はここを信頼
    毎週・・・無料予想をだしていることは
    もちろん的中率も高いwwww
    dabysugoi






















    【日本ダービー(東京優駿)2016年|馬体診断のまとめ】の続きを読む

    日本ダービー予想|2016年|1週前追い切りニュースまとめ
     
    【日本ダービー・日曜追い】ディーマジェスティ「この中間は手前の替えが格段に上手になっている」

    【日本ダービー(日曜=29日、東京芝2400メートル)注目馬日曜(22日)追い切り:美浦】クラシック2冠を目指す皐月賞馬ディーマジェスティは角馬場から南A(ダート)を経由して南ウッドへ。先行するシャラク(古馬1000万下)の外を馬なりのままラスト3ハロン37・7―12・3秒、1馬身先着した。

    「もともと稽古は動く馬だけど、この中間は手前の替えが格段に上手になった。落ち着いてきて精神面の成長も感じます」と手綱を取った佐々木助手は納得の表情。

     ダービー当日の天候が微妙な状況だが「むしろ雨が降ってくれてもいいかな。絶対能力が出やすい力勝負のほうがこの馬には合うと思うので」。同馬に対する信頼は相当なものだ。

     

    【日本ダービー・日曜追い】リオンディーズ「いつも動きはすごい」

    【日本ダービー(日曜=29日、東京芝2400メートル)注目馬日曜(22日)追い切り:栗東】東上する11頭で最も動きが目立ったのは、皐月賞5着から巻き返しムードの2歳王者リオンディーズだ。ウッドを軽く1周してから角馬場経由で坂路入り。前で併せていた下級条件馬を豪快に抜き去ると、最後は鞍上の軽めのアクションに反応して4ハロン53・1―38・9―12・4秒をマークした。

     重戦車のようなド迫力で、見た目のパワフルさは特筆もの。騎乗した岸本助手は「いつも動きはすごいからね」と平然としたもので「引き続きいい状態で来ています」。

     課題となる折り合いについては「母親(シーザリオ)も兄のエピファネイアもガッツリとハミをかんで走るタイプだったからね。それでも脚はたまっているわけだし、そう気にすることもないでしょ」。マイナス材料ではなく、あくまで走りの独自性を強調した。



    ここの無料予想が激アツ…
    日本ダービーはここチェックします!!
    dabysugoi



















    【日本ダービー予想(東京優駿)|2016年|1週前追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ