競馬最強2chまとめぽいサイト

競馬の2chまとめです…!!いろいろな競馬サイトがありますが、これでもまとめているサイトはないと思います!!…2chまとめぽいサイトです。

    カテゴリ:予想・データ

    マイラーズC予想|2017年|予想・データまとめ

    ここの無料予想激アツ無料だって無料予想で万馬券なんだもん-勝馬伝説が激アツ

    ヤフーニュースより
    【マイラーズC(日曜=23日、京都芝外1600メートル=1着馬に6・4安田記念優先出走権)美浦トレセン発秘話】

    先週のクラシック第1冠・皐月賞はアルアイン→ペルシアンナイト、池江泰寿厩舎のワンツー決着だった。とはいえ勝敗のポイントは、厩舎力というより対応力ではないかと思っている。

    「弱メン」の前評判とは対照的に、決着は1分57秒8のコースレコードタイ。これが意味するものはひとえに馬場の軽さ。1、2着馬はともにマイル路線でスピード対応に磨きをかけたバックボーンがあり、“GI仕様の馬場”にその足跡がフィットした。

    なるほど、皐月賞は速い馬が勝つ――古くからの格言に思いをはせられなかった当方はあえなくごう沈だった。  さて、今週から春のクラシック戦線も第2幕を迎えるが、皐月賞の教訓を生かしたいのは、3歳牝馬のGIIフローラSより、古馬GIIマイラーズC。

    ここに出走する関東馬の「適性」に着目している。  

    まずは金鯱賞7着からリベンジを誓うプロディガルサン。2走前の東京新聞杯(東京芝1600メートル)では究極の上がり(3ハロン32秒0)を駆使してクビ差2着。この切れ味は同馬のマイラー資質を端的に示している。

    それでも気になるのが「当日のテンションが高く、折り合いがつかなかった」(椎本英男助手)という前走敗因だ。菊花賞(11着)が前走比6キロ減の490キロ。「出発前は500キロあった」(同助手)のだから、現地1泊の輸送競馬ではカイ食いが落ちるのは明白。それが前走の力みにつながったことは想像に難くない。  

    一方、ここ2年の関屋記念で3→1着のヤングマンパワーは気温の上昇につれ調子を上げるタイプ。「体に張りがあり活気も出てきた」(手塚貴久調教師)と、前走(東京新聞杯)時とは明らかに気配が違う。ただ、こちらもマイルCSでは12キロと大きな馬体減。

    ともに輸送競馬の適性には疑問が残るのだ。  

    その意味では今回と同じ舞台のGIマイルCSで、過去2年3→2着のイスラボニータが信頼性では断然上だろう。鞍上もこれまで〈0・3・1・0〉と馬券圏内を外していないルメール。

    最大目標が次走のGI安田記念にあるのは明白だが、弾みをつけるにはうってつけの舞台だ。  一方ホームなら確実にパフォーマンスの質を上げる前記2頭のアウェーの走りも必見。

    今回見せ場があるようなら、次走こそ絶好の狙い目になるはずなのだから
    【マイラーズC予想|2017年|予想・データまとめ】の続きを読む

    フローラS予想|2017年|予想・データまとめ

    ここの無料予想激アツ無料だって
    無料予想で万馬券なんだもん-勝馬伝説が激アツ


    ヤフーニュースより

    3着までオークス(5月21日・GI・東京芝2400m)の優先出走権が与えられるフローラS(4月23日・GII・東京芝2000m)に美浦から出走する各馬について関係者のコメント。

    ホウオウパフューム(牝3・美浦・奥村武)について、奥村調教師。 「先週目一杯やっていますので、今週(4/19)はイブキと併せて息を整える程度の予定通りの追い切りができました。ジョッキーは、先週より息遣いが良くなっていると言っていました。これまで十分過ぎるほど追い切り本数を重ねてきましたし、仕上げは問題ありません。前走(寒竹賞・500万下・1着)と同じ480キロくらいで出走できると思います。胴が延びて体も引き締まってきましたし、子供っぽさが抜けてきてステイヤーの体付きになってきました」、

    フローレスマジック(牝3・美浦・木村哲也)について、戸崎圭太騎手。 「前走(クイーンC・GIII・3着)初めて乗せて頂きましたが、センスがあって良い馬ですね。中間は跨っていませんが、順調に来ているようですし、良い雰囲気にあると思います。前走乗ってみて、もう少し距離があっても良いのかなと思いました。兄のサトノアラジンにも乗ったことがありますが、背中の良さは似ています。兄はゆったりしたフットワークですが、この馬はまとまった走りをしますし、フットワークが軽くて器用さがありますね。能力があるのはわかっていますので、あとはリズム良く走らせて、オークスに向けて好レースをしたいです」

    レッドミラベル(牝3・美浦・尾関知人)について、吉田豊騎手。 「今週(4/19)はポリトラックで追い切りました。初めて左回りで走らせたのですが、前半右に張るところがあり、溜めがきかない感じでした。右回りのウッドチップコースでは、それは感じないのですけどね。競馬ではうまく前半運んであげたいです。道中に無駄な力を使わず、うまく溜められれば終いの脚を使えると思います」

    ビルズトレジャー(牝3・美浦・田中剛)について、田中勝春騎手。 「体付きも大きく変わりないですし、順調です。今週(4/19)の追い切りは、動き、雰囲気ともに悪くなかったですね。毎回ゲートの中がうるさくて駐立が今ひとつなのですが、うまくスタートできればと思います」

    キャナルストリート(牝3・美浦・大竹正博)について、蛯名正義騎手。 「今週(4/19)の追い切りの動きは悪くないですが、まだ緩さがありギアをうまく変えられなかったり、馬群の中で競馬をするのはどうかなという雰囲気があります。出たなりで折り合いを重視してリズム良く運びたいですね。遅いペースよりも普通に流れてくれた方が良さそうですし、展開の助けがあれば良いと思います」

    ニシノアモーレ(牝3・美浦・上原博之)について、上原調教師。 「気難しい面のある馬で、前走(フリージア賞・500万下・8着)は、ジョッキーもテン乗りで構えてしまったようですし、スタートも今ひとつでした。まだ幼い面がありますが、能力はあると思います。今回は乗り慣れた大野騎手に戻りますし、この馬の競馬をすることができれば差はないでしょう」

    ラユロット(牝3・美浦・藤沢和雄)について、津曲調教助手。 「以前は華奢な感じでしたが、未勝利を勝った後にひと息入れて成長を促しました。ひと回り体がたくましくなりましたね。距離延長は問題ないですし、中間も併せた古馬と遜色ない動きを見せていて、好仕上がりでレースに臨めそうです。体調の良さを生かして良いレースをしてほしいですね」

    【フローラS予想|2017年|予想・データまとめ】の続きを読む

    皐月賞予想|2017年|予想・データまとめ

    ここの無料予想激アツ無料だって
    無料予想で万馬券なんだもん-勝馬伝説が激アツ



    皐月賞-直前ニュース
    (ヤフーニュースより引用)

     巡ってきたビッグチャンス。松岡=ウインブライトが混戦を断つ。

      主戦・松岡騎手はある“反省”を胸に、デビュー前から類いまれな素質を感じたパートナーと歩んできた。

      「お姉さんのウインファビラス(現1勝、15年阪神JF2着)では、パートナーの自分が失敗した。弟とはそのことも意識して、3つのテーマを決めてやってきた」

      (1)前半はなだめる(2)一気にではなく徐々に加速させる(3)ソラをつかわせない。教え込んできたことはフジテレビ賞スプリングSで結実。一発勝負のトライアルで、課題を見事にクリアし快勝した。

      もっとも前走時は主戦いわく「休み明けで仕上がりはせいぜい8割程度だった」。しかも12キロの馬体減(460キロ)という誤算もあったが、厩舎サイドと相談して中間はあえてセーブせず、普段どおりの調整を続けた。

      その大一番だからこその強気な姿勢は“吉”と出た。前走のダメージがほとんどなかったことにカイ食いの良さも加わって、併せ馬主体の意欲的なけいこを展開しつつ、水曜の計量で468キロまで馬体も回復した。

      「毛ヅヤ、馬体の張り、追っての反応、どこをとっても前走以上にいい。GIの直前にしっかり追えたのは、それだけ具合がいいってこと」と、12日の最終追いの感触に声を弾ませた。

      皐月賞には複雑な思いもある。初出場の07年は15番人気サンツェッペリンでハナ差2着と惜敗。08年は1番人気マイネルチャールズで3着と期待を裏切った。

      「この時季になると当時を思いだす。今年はその上の着順を狙いたい。乗っている感じから距離が延びても心配ないし、どうしても敵わないっていう相手もいない。道悪も大丈夫。もし馬場が悪くてみんなが外を回るようなら、ゴールドシップ(12年優勝)みたいに内を突く競馬も考える」

      ようやく訪れた雪辱のとき。惚れ込み、教え込んだ最良のパートナーと、Vゴールに飛び込む。

      “究極の3連単”はウインを1着に固定。2、3着にスワーヴリチャード、カデナ、ペルシアンナイト、ファンディーナを置いた12点で勝負だ。(夕刊フジ)

    【皐月賞予想|2017年|予想・データまとめ】の続きを読む

    桜花賞予想|2017年|予想データまとめ


    【桜花賞】アドマイヤミヤビ臨戦態勢整う 道悪にも不安なし

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170409-00000020-dal-horse

    「桜花賞・G1」(9日、阪神)
     
    決戦前日の8日、アドマイヤミヤビは栗東の角馬場で乗り込んだ後に、CWで軽く調整。キレを感じさせる身のこなしで雨をはじき、戦う準備を整えた。 

    「気持ち良く走ってくれていましたね。カイバの食いも安定しています」と島助手はうなずく。「重量感のある走りをしますから、道悪もあまり気にしていません」とたとえ馬場に渋化が残っても心配なしのジャッジ。牡馬の強敵を蹴散らしてきた実力を、初対戦のソウルスターリングにぶつける。
    【桜花賞予想|2017年|予想データまとめ】の続きを読む

    大阪杯予想|2017年|予想・データまとめ

    まだまだ知られていないここの凄さ
    無料だけで充分まだ無料会員になっていないええええ




    【大阪杯】(12)アンビシャス 折り合いを意識「状態はいい」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170401-00000045-spnannex-horse
    昨年は横山典がアンビシャスを2番手から勝利に導いたが、今年の福永は12番枠からどう運ぶか。枠の並びを見た鞍上は「(逃げる)マルターズの外だし、いいんじゃない。いろんな乗り方をできる感じの馬じゃないけどね」と後方待機策を示唆する。この日は自ら手綱を取り、坂路で4F75秒2と折り合いを意識した調整。「キレッキレで紙一重な感じだけど、状態はいいよ」と気を引き締めていた。
    【大阪杯予想|2017年|予想・データまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ