競馬最強2chまとめぽいサイト

競馬の2chまとめです…!!いろいろな競馬サイトがありますが、これでもまとめているサイトはないと思います!!…2chまとめぽいサイトです。

    カテゴリ:予想・データ

    きさらぎ賞予想|2017年|予想・データ



    きさらぎ賞の予想はここを信頼・・・馬券で儲けたいならここを見ろ


     「第57回きさらぎ賞」の追い切りでは良血サトノアーサーが川田を背にCWコース併せ馬で最終調整。上がり重点ながら、躍動感あふれる身のこなしを披露。厩舎の先輩サトノダイヤモンドに続き3連勝での重賞タイトルを狙う。

     名門・池江厩舎のクラシック候補生がCWコースで躍動した。サトノアーサーの最終調整は主戦の川田を背にシルバーポジー(4歳1000万)と併せ馬。僚馬をリード役に鞍上はテンションを上げすぎないよう、ゆっくりと1歩目を踏み出す。リズミカルな脚取りで、道中の折り合いはスムーズ。3角すぎから徐々にピッチを上げていくと、直線は馬体を沈ませインから一気に加速。父ディープインパクト譲りの瞬発力で相手を3馬身追走から1馬身差突き放した。ゴール前は余力残しの内容で4F53秒8。ラスト1Fは馬なりで11秒4の超抜時計をマーク。川田が感触を振り返る。

     「先週しっかりとやっているので、今週はやり過ぎないように。最後まで集中して走れていましたし、ここまで順調。レースが楽しみですね」

     新馬戦こそ道悪がこたえて同着辛勝だったが、前走は上がり3F32秒7の剛脚を繰り出しV。「初戦が同着で苦い思いをしていたので、2戦目で変わってくれてホッとした」と川田。器の違いを感じさせた。

     この馬とともにクラシック制覇へ、今週ケガから復帰する川田にとっても大事な一戦になる。先月8日の京都競馬で落馬し骨折の重傷を負いながらも、懸命なリハビリで騎乗を再開。「(自分が)中途半端な状態だと、周りに迷惑をかけてしまうので」。関係者のことを第一に考え、自らがベストのパフォーマンスを出せるようになるまで復帰を待った。仕掛けどころが難しい馬だけに、主戦で臨めるのは心強い。

     池江厩舎はこのレースと相性抜群で、12年ワールドエース、14年トーセンスターダム、昨年もサトノダイヤモンドがV。「筋肉量が増えて体に幅が出てきた。能力は高い馬だが、初戦は緩んだ馬場だった。週末の雨予報がどうかだね」とトレーナー。最大のライバルは相手ではなく天気か――。そう思わせるほど今のアーサーには風格が漂っている。

    【きさらぎ賞予想|2017年|予想・データ】の続きを読む

    東京新聞杯予想|2017年|予想・データまとめ


    競馬はここを信頼して儲けましょうw
    すごい競馬は予想もすごいw




    【東京新聞杯(日曜=5日、東京芝1600メートル)美浦発トレセン秘話】最初はちょっとした違和感だった。体感気温が異様に低い。はて、予報では3月並みの陽気のはずだが…。もう一度、天気を確認したが間違いない。もしやと思ったが、肌寒さは悪寒へ変わり、当然のように熱発…。前夜の熱燗の量が少々足りなかったかもしれないが、風邪をひくなど自己管理ができていない証拠。今冬はトレセンでも大流行だが、夏派の当方にとっても最悪のシーズンの真っただ中である。

     さて、今週のGIII東京新聞杯にエントリーするヤングマンパワーも、実は当方と同じにおいがするタイプ。16着に惨敗した前走のマイルCSを「位置を取って競馬をしてほしい、という意図がどうも鞍上(バルザローナ)に伝わっていなかった」と管理する手塚貴久調教師は分析する。だが、敗因はそれだけだろうか?

    「体に銭形が浮かんで今が絶好」と担当の森信次郎厩務員がニンマリしていたのが、昨年3連勝の皮切りとなった多摩川Sの前後。今回の気配を同厩務員に尋ねると「悪くはないんだけど、夏ごろと比べるとねぇ…」。

     返ってきたのは微妙な違和感。3歳時も関屋記念→京成杯AHの連続3着が成績のピークだったことを思えば、当方ほどヤワでなくとも同馬も暑い時期ほど調子がいい。左回りのマイルはベストだし、応援はしたい担当馬だが、体調を含めて冷静にジャッジすべき意識が働く。

     逆に今、絶好調なのは以前に当欄でも記した“冬派”のマイネルアウラートだが、今回は別に注目する馬がもう一頭いる。先週の東京・白富士Sを賞金除外となり急きょスライド出走となったプロディガルサンだ。

    「2歳新馬戦以来のマイル? いや、意外に面白いかもしれない」と佐藤勝美助手がつぶやいたように、ダービー(10着)で負けた当初から一部で「距離限界説」がささやかれた。全兄リアルスティールの勝ち鞍(3勝)はすべて9ハロン戦であり除外が災い転じて、となる可能性を秘めている。

    「菊花賞後に熱発するなど当時はまだ弱さもあったが、今では芯が入ってだいぶしっかりした印象。ハミにモタれることなく、走り自体も随分と良くなってきた」と語るのは椎本英男助手。同じ“熱発仲間”でも体力低下を日々感じる当方と違って、こちらはこれからが飛躍すべき時。少なくとも今回のマイル選択に何ら違和感は感じない。

    【東京新聞杯予想|2017年|予想・データまとめ】の続きを読む

    東海S|2017年|予想・データまとめ

    勝馬伝説の無料情報で万馬券・・・GET


     「東海S・G2」(22日、中京)

     馬具の効果と得意の左回りで初タイトル奪取だ。ケイコ駆けしないモズライジンが19日、栗東坂路で自己ベストタイをマーク。当初は除外候補だったが、賞金上位馬の回避で晴れて出走へ。全ての面で流れが向いてきたとなれば、久々のコンビ結成で張り切る中谷を背に、大仕事をやってのけてもいい。

     力感あふれるパワフルなアクションで、モズライジンが栗東坂路で自己ベストタイをマーク。攻め駆けしない馬がゴールまでしっかりと駆け抜けた。

     4F53秒4-38秒8-13秒1のタイムに、騎乗した中谷は「時計もちょうどいいし、よう動いているよ」と称賛した。前走の東京大賞典では一気の相手強化に6着と敗れたが、そのダメージはみじんも感じられなかった。

     JRAでの重賞挑戦は昨春のマーチS(9着)以来2度目。これまで重賞では、昨年3月の名古屋大賞典3着が最高。能力的には通用するものを持っているが、真面目に走らない気性面が出世を邪魔してきた。そこで鞍上は、今回から「厩務員さんとも話していて、前から着けたかったんです」とチークピーシーズ着用を提案。その効果からか、最終追い切りでも集中力を切らすことはなかった。

     もうひとつ追い風となりそうなのが、7戦6連対と抜群の安定感を誇る左回りに変わる点だ。「コーナーがスムーズだし、ゲートの出からして違う」と中谷。確かに4走前の東京では、スタートを決めて好位から押し切る強い勝ちっぷり。中京でも2戦して2連対と言うことなし。待望のタイトル奪取へ、桶狭間にライジンの一撃をとどろかせてみせる。

    【東海S|2017年|予想・データまとめ】の続きを読む

    アメリカJCC予想|2017年|予想・データまとめ

    老舗サイトだけに無料情報で万馬券GETw
    kachium















    【アメリカJCC(日曜=22日、中山芝外2200メートル)新バージョンアップ作戦】年明けの中山開催の最終週に行われるGII。古馬中距離砲は今年、新設GIの4・2大阪杯が春の最大目標となるだけに重要な一里塚となりそう。新VU作戦の明石尚典記者は左前屈腱腱鞘炎からカムバックした世代屈指の実力馬リアファルに◎。1年近い長期休養を叩かれて完全復活の時が来た。

     日曜(15日)の中京は月曜へ、京都は火曜へとスライド。日本列島を覆った寒波により競馬開催も多大な影響を受けたものの、不幸中の幸いか週央の調教スケジュールは通常通り。変則調教を避けられたことは今週末の出走を予定していた陣営にとって何よりの朗報だろう。

     ただ、懸念されるのは悪天候の影響を受けながら開催を消化したことによる馬場レベルの低下。ましてや今は日照時間の短い厳寒期。芝の傷みが例年以上に加速することは避けられまい。それは土、日で変わりなく開催を消化した中山とて同じ。より力のいる馬場へと変化している可能性は頭に入れておきたい。

     当欄の本命はリアファル。もともとダートを主戦場としてきたクチだけに厳寒期の馬場もさほど気にならないが、それ以上に高く評価したのは神戸新聞杯1着→菊花賞3着という現5歳世代屈指の実績。神戸新聞杯は4ハロンごとのレースラップ3分割が前4ハロン49秒4→中間4ハロン51秒2→ラスト4ハロン46秒1。スローペースに持ち込んで、ラスト3ハロンすべて11秒台で逃げ切り勝ち。時計は平凡も皐月賞2着→ダービー4着のリアルスティールを2馬身ちぎり捨てたのだから決してフロックではない。

     好位から進めた菊花賞は5ハロンごとの3分割で60秒2→64秒4→59秒3。一見、中間5ハロンでの中だるみが大きいように映るものの、3分01秒0の快レコードを叩き出した2014年(勝ち馬トーホウジャッカル)でも中間5ハロンは61秒3。中間5ハロンを除いた前5ハロン+後5ハロンというのが近年の菊花賞の図式なのでとりわけ問題ではない。むしろ先行勢総崩れの中、上位2頭と走破時計で0秒1差、自身上がりも0秒2~3差なら負けて強し。勝ったキタサンブラックより続く有馬記念で支持を集めたのも納得の好パフォーマンスを見せている。

     残念ながらその有馬記念で故障(16着)。長期離脱を余儀なくされたが、師走の金鯱賞でターフへ復帰。ラスト3ハロン11秒3→11秒2→11秒5=34秒0(レースラップ)と直線の坂の中京にしてはまれに見る高速上がりを刻んだレースで自身上がりが33秒7。これなら復活ののろしには十分過ぎる数字と言っていい。

     菊花賞でしのぎを削ったキタサンブラック、リアルスティールは今や押しも押されもせぬGI馬。はるか先を行くライバルたちと再びあいまみえるためにも…。まずは2つ目のGIIタイトル奪取が至上命令となる。

    【アメリカJCC予想|2017年|予想・データまとめ】の続きを読む

    京成杯予想|2017年・予想・データ|まとめ

    京成杯の傾向と対策 


    一昨年の京成杯ではバゴ産駒のブラックバゴが鼻差2着に好走。今年も同じバゴ産駒のコマノインパルスが首位争いを演じるはずだ。前走・葉牡丹賞(2着)は先行抜け出しの新馬戦とは一転して後方待機策。大外を回って直線で抜け出したところでレイデオロ(後にホープフルS優勝)にかわされたが、3着以下には3馬身半もの着差を付けていた。「1頭だけケタ違いの馬がいたが、こちらもすごく上手な競馬をしてくれた。一戦ごとにトモ(後肢)に厚みが出ているし、ここはしっかり結果を出しておきたい」と菊川師は手応えを膨らませる。ホープフルSを登録だけにとどめ、中5週の理想的なローテーション。追い切りの動きからは伸びゆく明け3歳馬の勢いが伝わってくる。重賞初制覇のビッグチャンスだ。

     ≪中山10R ブレイブスマッシュが叩き上昇≫ブレイブスマッシュはタンクをイメージさせる胴詰まりのマイラー体形。そんな体つきの通り、マイル戦線で頭角を現してきた。前走は休み明けで馬体重16キロ増ながら3着。最内からいったんは先頭に立つ、見せ場たっぷりの走りだった。ひと叩きの効果も加われば、最有力視できる。

     

    京成杯の展開を読む

      アダムバローズがハナを奪うが、サーベラージュ、イブキなども内枠を利して前へ。よどみのない流れになる。アサギリジョーは中団追走。コマノインパルス、ベストリゾート、マイネルスフェーンなど後方待機組も早めに進出する。

     

     

     

    【京成杯予想|2017年・予想・データ|まとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ