競馬最強2chまとめぽいサイト

競馬の2chまとめです…!!いろいろな競馬サイトがありますが、これでもまとめているサイトはないと思います!!…2chまとめぽいサイトです。

    カテゴリ:予想・データ

    セントライト記念予想|予想・データまとめ

    競馬無料予想が激アツ
    すごい競馬

    rozu6




















    セントライト記念【ペルーフ】が勝てる3つの要素

    【セントライト記念(月曜=21日、中山芝外2200メートル=3着までに菊花賞優先出走権)新バージョンUP作戦】シンザンやシンボリルドルフ、ディープインパクトといった不世出の名馬を別にすれば、どの馬にも大なり小なり得意とする条件があるもの。左回りで能力を発揮するサウスポー、“○○(競馬場)巧者”などその多くはコース形態に由来するが、数字(ラップ)上でもある特定の条件下で強さを発揮するキャラクターの持ち主が存在する。

     ベルーフもその一頭。キャリア7戦で最速上がりマークが2度。5ハロン通過67秒4と超の付くスローペースの恩恵を受けたデビュー戦を除けば、自身上がり33秒台マークは一度もなし(別表参照)。時計のかかる洋芝に強いハービンジャー産駒を地で行くタイプで、切れ味勝負では分が悪い。差し馬として致命的とも言える欠陥を抱えながら、京成杯V、小倉記念2着と戦績はまぎれもない世代トップランナー。その強さの源はどこにあるのか。それは長く脚を使うことを要求されるラップ構成で無類の強さを発揮する点にある。

     前半ラップが極端に遅いデビュー戦以外の勝ち星(エリカ賞、京成杯)は、いずれもラスト4ハロンに11秒台後半から12秒台前半のハロンラップが並ぶ。逆に、連対を外した2戦(スプリングS、皐月賞)はラスト4ハロンでハロン11秒台前半の高速ラップが出現。5ハロン通過57秒9→1分58秒台の高速決着となった小倉記念もラスト4ハロンは12秒0→12秒1→12秒2→12秒0と持久戦の様相を呈している。極言すれば、ベルーフにとって道中のラップはあまり意味を持たない。その浮沈はラスト4ハロンのラップ構成がどうなるかにかかっている。

     11秒台前半のハロンラップが出現すれば圏外に去り、11秒台後半から12秒台の連続に収まれば限りなく高い確率で勝ち負け。ラスト4ハロンのラップ構成を読み違えさえしなければ、ベルーフの好走確率は簡単にはじき出せてしまう。

     翻って、2005~13年(08年=稍重、昨年は新潟施行)のセントライト記念のラスト4ハロン平均ラップは12秒04→11秒86→11秒92→12秒10。唯一、11秒4以下の高速ハロンラップが出現した12年(11秒7→11秒5→11秒4→11秒8)は、開幕週の京成杯AHが1分30秒7のレコード。6ハロンの500万下でも1分07秒0が飛び出すほどの超高速馬場。翌13年の京成杯AH=1分31秒8、500万下=1分07秒8を例年並みとすれば、京成杯AH=1分33秒3、500万下=1分08秒9の今年は例年より時計ひとつ分は馬場の“高速度”が下がる。ラスト4ハロンは速くても11秒台後半から12秒台がいいところ。11秒台前半の高速ハロンラップの出現率が限りなくゼロに近づけば…そこはまさにベルーフの独壇場だ。

     馬キャラ、レースキャラ、馬場レベルがかみ合えば怖いものはない。三位一体となってベルーフの勝利を後押しする。

     

    セントライト記念


    1) 種牡馬

    種牡馬着別度数勝率連対率複勝率単勝複勝
    ネオユニヴァース3- 4- 3-15/2512.00%28.00%40.00%273129
    ディープインパクト7- 4- 3-26/4017.50%27.50%35.00%6883
    スクリーンヒーロー1- 1- 0- 5/ 714.30%28.60%28.60%12252
    マンハッタンカフェ3- 2- 1-17/2313.00%21.70%26.10%138106
    ゼンノロブロイ3- 2- 2-20/2711.10%18.50%25.90%4044
    ハービンジャー0- 1- 2- 9/120.00%8.30%25.00%052
    ステイゴールド8- 5- 4-53/7011.40%18.60%24.30%5992
    キングカメハメハ1- 3- 5-29/382.60%10.50%23.70%355
    シンボリクリスエス2- 5- 3-35/454.40%15.60%22.20%2176
    ブラックタイド0- 0- 0- 3/ 30.00%0.00%0.00%00
    バゴ0- 0- 0- 1/ 10.00%0.00%0.00%00

     

    2) 騎手

     

    騎手着別度数勝率連対率複勝率単勝複勝
    北村宏司5-10- 4-20/3912.80%38.50%48.70%184173
    田辺裕信4- 5- 3-23/3511.40%25.70%34.30%17485
    蛯名正義4- 1- 2-23/3013.30%16.70%23.30%3446
    戸崎圭太4- 1- 2-17/2416.70%20.80%29.20%8863
    柴田善臣3- 1- 5-16/2512.00%16.00%36.00%86222
    吉田豊2- 3- 3-18/267.70%19.20%30.80%3292
    田中勝春2- 3- 2-25/326.30%15.60%21.90%3355
    横山典弘2- 1- 1-23/277.40%11.10%14.80%1522
    石橋脩1- 3- 4-21/293.40%13.80%27.60%2948
    ルメール1- 1- 1- 3/ 616.70%33.30%50.00%13196
    柴山雄一0- 2- 2-13/170.00%11.80%23.50%092
    四位洋文0- 1- 0- 1/ 20.00%50.00%50.00%0570
    川田将雅0- 0- 1- 0/ 10.00%0.00%100.00%0140
    岩田康誠0- 0- 0- 7/ 70.00%0.00%0.00%00
    松田大作0- 0- 0- 3/ 30.00%0.00%0.00%00

     

     

     

    205:2015/09/21(月) 00:41:28.93 ID:
    レッドは力が足りない

    タンタは右回り少し不安と調教がまだ足らない感じ
    【セントライト記念予想|予想・データまとめ】の続きを読む

    5
    ブライトエンブレム|セントライト記念予想|ネット評価まとめ
     
    【ブライトエンブレム|セントライト記念予想|ネット評価まとめ】の続きを読む

    5

    ミッキークイーン|ローズS予想、オークス馬のローズSまとめ



    ローズSの予想が注目サイト
    競馬予想が熱い注目サイト
    無料馬連予想ゲット
    rozu3



     







     G1馬3頭が集結!注目の秋華賞前哨戦ローズS

     桜花賞馬レッツゴードンキ、オークス馬ミッキークイーン、阪神JFを勝ったショウナンアデラと、世代のGI馬が集結した、正に秋華賞の前哨戦にふさわしい今年のローズS。その他にも底を見せていない馬や条件適性が高そうな馬が揃っていて、非常に見応えのあるレースとなりそうだ。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

    ■9/20(日) ローズS(3歳・牝・GII・阪神芝1800m)

     ミッキークイーン(牝3、栗東・池江泰寿厩舎)は桜花賞で除外されてしまったが、オークスではその鬱憤を晴らして見事優勝。世代の頂点へと立った。秋初戦にここを選んできたが、外回りコースは持ち前の末脚の破壊力を生かせる条件で、いかにも合っている。元々線が細くなりやすいタイプで本番を見越した造りにはなりそうだが、それでも格好はつけたいところだ。

     レッツゴードンキ(牝3、栗東・梅田智之厩舎)は折り合いが課題も桜花賞で圧勝しているように力はここでも上位。距離が短くなるのは現状では好材料で、阪神コースも適性が高い。当然上位争いが期待される。

     ショウナンアデラ(牝3、美浦・二ノ宮敬宇厩舎)はここが阪神JF以来のレースとなる。問題は仕上がりだろうが、美浦坂路を中心に馬なりの調整ながらも動きは良さそう。調教の動きがレースに直結するタイプで、直前の追い切りの動きには注目したい。

     その他、オークスでは末脚不発も力があるクイーンズリング(牝3、栗東・吉村圭司厩舎)、距離適性が高いシングウィズジョイ(牝3、栗東・友道康夫厩舎)、3連勝でまだ底を見せていないディープジュエリー(牝3、美浦・国枝栄厩舎)、ここにきて連勝と軌道に乗ってきた良血馬トーセンビクトリー(牝3、栗東・角居勝彦厩舎)、この条件で末脚が生きそうなアンドリエッテ(牝3、栗東・牧田和弥厩舎)辺りも上位争いの圏内。発走は15時35分。

     
     
    オークス馬のローズS成績
    【ミッキークイーン|ローズS予想、オークス馬のローズSまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ