競馬最強2chまとめぽいサイト

競馬の2chまとめです…!!いろいろな競馬サイトがありますが、これでもまとめているサイトはないと思います!!…2chまとめぽいサイトです。

    函館スプリントステークス予想|2016年|予想・データ|ネット評価まとめ
     

     函館競馬場では「第23回函館スプリントS」へ向けて、昨年の覇者ティーハーフが貫禄の追い切りを見せた。

     連覇へ向け視界は良好だ。ティーハーフは予定通り1週前に栗東坂路でしっかりと負荷をかけられ、11日に函館入り。深川助手が「輸送が強いタイプではないが、先週末にしっかりとケアして今は問題ない。使った上積みも感じるし、いい状態で迎えられそう」と話すように、ここ目標に万全の仕上げを施された。

     最終追いは池添を背に函館Wコース単走。力強く一歩目を踏み出すと、首をしならせ序盤から雄大なフットワークで5F69秒8。道中は鞍上が感触を確かめるように馬なりで運び、直線入り口でエンジン点火。馬体を沈み込ませ“ハジける姿”を確認すると、最後は流して1F12秒5でフィニッシュ。「栗東でしっかりとやっていると聞いたので、けさは馬の行く気に任せて乗った。息遣いがしっかりとしていて、反応も良かった」と鞍上。

     末脚に磨きがかかった昨年は最後方からメンバー最速上がり3F34秒0の脚を繰り出し重賞初制覇。3角からマクって進出し、直線も大外から2馬身半差突き放す勝ちっぷり。次戦のキーンランドC(札幌)も3着と洋芝適性の高さも示す内容だった。今年の高松宮記念では後方から鋭く伸びて6着。一線級のスプリンター相手にも切れ味が通用するところを見せた。

     池添は04、05年シーイズトウショウとのコンビで連覇を達成すると、11年もカレンチャンでV。当レース3勝は歴代最多だ。「開幕週なので序盤から置かれず、流れに乗って運べれば」。昨年同様の“剛脚”で、再び北の大地を沸かせる。

     

    1) 函館スプリントステークス-種牡馬データ

    種牡馬着別度数勝率複勝率単勝複勝
    ゼンノロブロイ4- 2- 2-12/2020.00%40.00%127239
    スタチューオブリバティ3- 2- 0- 8/1323.10%38.50%165104
    フジキセキ6- 3- 7-30/4613.00%34.80%3575
    ファルブラヴ4- 5- 2-23/3411.80%32.40%6280
    ダイワメジャー7- 6-15-65/937.50%30.10%7975
    ストーミングホーム2- 3- 1-14/2010.00%30.00%45102
    ディープインパクト4- 6- 2-34/468.70%26.10%6663
    ヤマニンセラフィム1- 3- 0-12/166.30%25.00%2546
    サクラバクシンオー3- 5- 5-45/585.20%22.40%4245
    スペシャルウィーク0- 3- 2-18/230.00%21.70%060
    キングカメハメハ3- 6- 2-42/535.70%20.80%2537
    クロフネ2- 6- 5-50/633.20%20.60%3795
    キンシャサノキセキ0- 1- 0- 6/ 70.00%14.30%018

     

    2) 函館スプリントステークス-騎手データ

    騎手着別度数勝率複勝率単勝複勝
    岩田康誠17-11-15-41/8420.20%51.20%5694
    三浦皇成10-17-13-56/9610.40%41.70%5092
    吉田隼人9- 5- 6-75/959.50%21.10%5762
    勝浦正樹7-14-12-63/967.30%34.40%5575
    柴山雄一7-11- 4-60/828.50%26.80%5276
    武豊5- 1- 0-13/1926.30%31.60%26385
    菱田裕二3- 4- 9-76/923.30%17.40%3068
    池添謙一2- 4- 4-15/258.00%40.00%2989
    藤岡康太2- 2- 3-31/385.30%18.40%7846
    村田一誠2- 2- 1-35/405.00%12.50%3178
    丸田恭介1- 7- 7-58/731.40%20.50%485
    柴田善臣1- 2- 0-10/137.70%23.10%6658
    杉原誠人0- 0- 0- 9/ 90.00%0.00%00
    戸崎圭太0- 0- 0- 3/ 30.00%0.00%00

     

     

    ここは無料コンテンツが豊富なこのサイトに注目
    競馬予想はここの無料会員特典とゲットせよ
    121






















    【函館スプリントステークス予想|2016年|予想・データ|ネット評価まとめ】の続きを読む

    5
    函館スプリントステークス予想|予想・データ|ツイッター・2chまとめ

     「函館スプリントS・G3」(21日、函館)

     昨年の高松宮記念V後は6戦未勝利のコパノリチャード。このままでは勝利の味を忘れてしまいそうだ。相手の楽なここで“勝ち癖”を取り戻したい。単なる秋へのステップレースではない。

     18日、函館Wで行われた追い切りのパートナーはコパノチャールズ(3歳未勝利)。5、6馬身追走から直線はインへ。ほとんど並ぶ間もなくかわして2馬身先着と、さすがに格が違い過ぎた。馬が気を抜かないよう、ゴール板を過ぎても追うハードワークだ。

     全体時計の5F68秒6-38秒7-12秒5に、宮師は「しまい追っておくように指示した。追いつく時が速かったし反応は悪くない。スイッチが入ってきた感じだね」と納得の表情。「少し息遣いが荒いが、これを追ってちょうど良くなると思う」と及第点を与えた。

     これまでは関東への遠征も含め、全て輸送競馬だった。競馬場に滞在して実戦に臨むのは初めて。陣営もその点を心配していた。実際、函館到着後2日ほどは環境の変化に気を使ったそうだが、今は慣れて落ち着いているという。

     G1を含む重賞4勝の実績は断然。今回は58キロを背負うが、負けたときにそれをエクスキューズにできるメンバーではないだろう。「最近は勝っていないが阪神Cは鼻差の2着。高松宮記念(5着)では外々を回らされた。力のいる、少し時計がかかる洋芝は合うと思う。1着が必要な馬。休み明けでも、いいレースをしてほしい」とトレーナー。G1馬のメンツをかけて臨む。

     

    函館スプリントステークス動画

    1着 ガルボ 津村明秀

    2着 ローブディサージュ 三浦皇成

    3着 クリスマス 丸田恭介

     

    函館スプリントステークスデータ

    1) 種牡馬データ

    種牡馬着別度数勝率連対率複勝率単勝複勝
    サクラバクシンオー6- 9- 6-63/847.10%17.90%25.00%8671
    ダイワメジャー6- 4-11-56/777.80%13.00%27.30%9071
    クロフネ5- 5- 3-40/539.40%18.90%24.50%7573
    アドマイヤコジーン5- 1- 1-16/2321.70%26.10%30.40%26594
    バゴ2- 1- 2-17/229.10%13.60%22.70%2869
    ブライアンズタイム2- 1- 2- 8/1315.40%23.10%38.50%216113
    ストーミングホーム0- 3- 1-11/150.00%20.00%26.70%0109
    ウォーエンブレム0- 1- 0- 8/ 90.00%11.10%11.10%095
    ストラヴィンスキー0- 1- 0-10/110.00%9.10%9.10%048
    マツリダゴッホ0- 0- 2-13/150.00%0.00%13.30%017
    ルールオブロー0- 0- 0- 2/ 20.00%0.00%0.00%00
    オレハマッテルゼ0- 0- 0- 3/ 30.00%0.00%0.00%00

     

    2) 騎手データ

    騎手着別度数勝率連対率複勝率単勝複勝
    岩田康誠13- 10- 14- 35/ 7218.10%31.90%51.40%5095
    北村友一0- 0- 1- 1/ 20.00%0.00%50.00%0130
    三浦皇成9- 18- 10- 66/1038.70%26.20%35.90%4478
    藤田伸二5- 6- 9- 39/ 598.50%18.60%33.90%4175
    武豊2- 0- 1- 7/ 1020.00%20.00%30.00%28489
    松田大作7- 3- 7- 42/ 5911.90%16.90%28.80%262100
    柴田善臣1- 2- 0- 8/ 119.10%27.30%27.30%7869
    川須栄彦4- 3- 4- 45/ 567.10%12.50%19.60%6648
    藤岡康太2- 1- 0- 15/ 1811.10%16.70%16.70%16552
    菱田裕二3- 3- 5- 63/ 744.10%8.10%14.90%3757
    丸田恭介1- 4- 4- 55/ 641.60%7.80%14.10%3055
    水口優也0- 0- 0- 2/ 20.00%0.00%0.00%00
    和田竜二0- 0- 0- 1/ 10.00%0.00%0.00%00
    国分優作0- 0- 0- 1/ 10.00%0.00%0.00%00

     

    ツイッターの声

    【函館スプリントステークス予想|予想・データ|ツイッター・2chまとめ】の続きを読む

    5

    アンバルブライベンの可能性|函館スプリントステークス予想・ネット評価まとめ



    競馬予想はここが熱い
    無料会員で予想をゲットせよ
    kati1






     






    【函館スプリントステークス】見えた函館必勝法!エンデバー&ライコウ買い
     

     今週から夏の北海道シリーズが開幕。函館→札幌と12週間にわたって熱戦が繰り広げられる。新装オープンした10年以降の傾向(出走回数50回以上が対象)を基に、血統から函館開催を分析。開幕週のメーンを飾る「函館スプリントS」の狙い馬をピックアップした。

     まずは函館芝コースの種牡馬別成績。勝利数1位は26勝のキングカメハメハ。距離も1200~2600メートルまで幅広く対応していて信頼が置ける。2位のサクラバクシンオーは完全な短距離シフト。1200メートルでこその種牡馬だ。今週のメーンは芝1200メートルの函館スプリントS。出走予定馬の中で唯一のバクシンオー産駒がスギノエンデバー。長らく不振が続いたが、前走・鞍馬Sで鮮やかな復活V。勢いに乗っての函館入りだ。2年前の函館SSでも0秒2差5着に好走しており、名手・岩田を起用して激走ムードが漂う。

     ベスト5圏外ではファルブラヴとアドマイヤコジーンが各項目でハイアベレージをマーク。アドマイヤコジーン産駒のマジンプロスパーは8歳34戦目のベテランだが、意外にも今回が函館初参戦。近況不振で58キロと条件が厳しく、人気がなさそうだが、狙いたい1頭だ。実績馬のセイコーライコウは、こちらも短距離戦で結果を残しているクロフネ産駒。昨年4着のリベンジなるか。目が離せない。

     ダートは1700メートルならゴールドアリュール、シンボリクリスエス、キングカメハメハと上位3頭の産駒を買っておけば安心。でも1000メートルならサウスヴィグラス。砂の短距離に強い種牡馬だが、函館でもそのポテンシャルを、きっちり発揮している。単勝回収率も145%と高いので、人気薄でも狙ってみる価値は高い。

     
    函館スプリントステークス動画
    2014年

     

    1着 ガルボ 津村明秀

    2着 ローブディサージュ 三浦皇成

    3着 クリスマス 丸田恭介

     

    アンバルブライベンは芝1200mでは強い馬

    7-2-2-9


    京阪杯ー2014年・シルクロードSー2015年

     

    騎手はハナにこだわると言っている

     

    【アンバルブライベンの可能性|函館スプリントステークス予想・ネット評価まとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ