競馬ニュース・競馬データまとめサイト

競馬のニュースや競馬のデータをユーザー視点でまとめています。競馬の予想の参考になるサイトづくりを目指しています。

    カテゴリ:馬体診断

    マイルCS馬体診断まとめ(デイリー)

    ヤフーニュースの馬体診断をまとめています!!

    batai















    【競馬情報はここから無料ゲット】
    無料情報で万馬券-競馬レープロ、いつも感謝していますよw

    reporo













    button3-4-u





    ヤフーニュース(デイリースポーツ)引用しています


    【マイルCSの馬体診断】レイエンダ

     
     【レイエンダ 評価A】 

     【レイエンダ 評価A】


     筋肉質の好馬体。薄い皮膚がさらに見栄えを良くしている。特に目立つのが肩の筋肉量。パンパンに張った盛り上がりは、顔や首が小さく見えるほど。腹回りにも無駄な肉が一切なく、あばらがうっすらと浮いている。緩かったトモも筋肉がギュッと詰まっており、まさに研ぎ澄まされた状態と言えよう。ここを目標に隙のない仕上げだ。


    (馬サブロー美浦・佐野裕樹)


     〈1週前追い切り診断〉美浦南Wで5F71秒0-41秒1-13秒6(馬なり)。単走で馬の気に任せたが、リズムは良く、フォームも滑らか。直線の勢いも素晴らしく、数字以上の切れを感じさせた。馬体もパンパンに張って、状態は前走以上だ。


    【マイルCS馬体診断】ダノンプレミアム

     
     【ダノンプレミアム 評価A】 

      5カ月ぶりの天皇賞・秋で2着。デビュー以来最高の馬体重(508キロ)だったが、仕上がっていたため馬体に大きな変化はない。それでも肩やトモの筋肉の質感がアップしており、肘の上部や下腿(かたい)に血管がはっきりと浮き出ている。


     毛ヅヤもこの時季とは思えないほど光沢があり、ひと叩きされた効果がうかがえる。体長と体高の比率がほぼ同じで正方形に近い体形はマイル戦がベストと思えるし、ガッチリとした筋肉質の馬体は迫力満点だ。4歳の秋を迎えて、体はほぼ完成したとみていいだろう。


    (馬サブロー栗東・竹原伸介)


     〈1週前追い切り診断〉栗東CWで6F82秒7-37秒6-11秒8(G強め)。前走からまだ日は浅いが、ラストはしっかりと追われて好タイムを記録した。イレ込んだりテンションが上がっている様子はなく、この馬の特徴であるバネのある走りも健在。状態は非常に高いレベルで安定している。

    【マイルCS馬体診断】ダノンキングリー

     
     【ダノンキングリー 評価B】 

     デビューから体重の変動はなし。ただ、背腰に力がつき、腹回りにも厚みが出たことで、以前のシャープな見栄えからは、だいぶたくましくなった印象を受ける。毎日王冠もゆとりのあるつくりだったが、今回も無理に引き締めたという感じはない。成長に合わせているのだろう。凜とした表情はいつも通り。雰囲気の良さが伝わってくる。


    (馬サブロー美浦・佐野裕樹)


     〈1週前追い切り診断〉美浦南Wで5F67秒5-39秒7-12秒9(一杯)。3馬身追走から、直線はビシッと追って矢のような伸び脚。この馬本来の切れのある走りで2馬身の先着を果たした。馬体も締まって、気配は申し分ない。


    【マイルCS馬体診断】インディチャンプ

     
     【インディチャンプ 評価B】 

     G1初挑戦の安田記念で戴冠した春のマイル王。4カ月ぶりの毎日王冠(3着)をひと叩きして、ここに駒を進めてきた。春当時に比べると馬体が細身になったように見えるが、これは脚が長くなり背が高くなったため。体長は大きく変わっておらず、さらにマイルベストの体形に変化してきた。


     前走は6キロ増の体重だったが、いくらか体つきが緩い印象で、今回は馬体に張りが増して皮膚も薄くなった。毛ヅヤも良化しており、叩かれての上積みは十分だ。まだもう一段階の成長が残っていそうな分、B評価としたが、風格が出た顔つきは好感が持てる。


    (馬サブロー栗東・竹原伸介)


     〈1週前追い切り診断〉 栗東坂路で4F50秒3-37秒5-13秒0(馬なり)。サンライズノヴァ(5歳オープン)との併せ馬で3馬身半先着。テンから意欲的に運んで好時計。ラストも持ったままで豪快に突き放した。動きは文句なし。




    うまとみらいと…

    競馬ファンならぜひ欲しい情報がゲットできますよね。
    だから・・・無料会員がここまで美味しいとはwwww

    umatomi

    エリザベス女王杯馬体診断まとめ(デイリー)

    ヤフーニュースの馬体診断をまとめています!!

    batai















    【競馬情報はここから無料ゲット】
    無料情報で万馬券-競馬レープロ、いつも感謝していますよw

    reporo













    button3-4-u





    ヤフーニュース(デイリースポーツ)引用しています


    【エリザベス女王杯の馬体診断】スカーレットカラー

     
     【スカーレットカラー 評価A】 

     一時の不振は完全に脱したようで、5月の復帰戦から1、3、2、1着。前走の府中牝馬Sで、初重賞を射止めた。当時は2カ月半ぶりで8キロ増(デビュー以来最高の馬体重472キロ)だったが、全く太め感はなかった。4歳秋を迎えて、馬体が充実してきたようだ。  
     今回は初の芝2200メートルになるが、胴長の体形と首周りの細さから心配はない。適距離は1800~2200メートルで、2400まではこなせそう。写真では頭が高くて首も短めに映っているが、これはポーズの関係だろう。肩の盛り上がった筋肉は前走時以上。皮膚が薄くビロードのような毛ヅヤからも状態の良さをうかがわせている。
    (馬サブロー栗東・竹原伸介)  

    〈1週前追い切り診断〉
     栗東CWで6F80秒7-37秒5-12秒0(馬なり)。重賞Vの勢いを持続して、テンポのいい走りで好時計をマーク。今の落ち着きぶりなら、さらに距離が延びても対応できそうだ。


    【エリザベス女王杯馬体診断】ラヴズオンリーユー

     
     【ラヴズオンリーユー 評価B】 

     爪の不安でオークス(1着)以来、6カ月ぶりのレース。中5週だった当時と比べると若干皮膚が厚く見える。それでも肩の筋肉は失っておらず、ボリュームのあるトモの丸みも以前のまま。1週前としては十分に合格点を与えられるだろう。


     肘と前腕部にうっすらと血管が浮き出ているが、当日にはっきりと見えているようになれば、ほぼ100%の仕上がりになるだろう。首が長く胴長で、キ甲(※1)よりもトモが低い体形を考えれば、芝2000~2500メートルが主戦場。ただ鋭い目つきを見ると、精神的な成長をまだ残している印象だ。
    (馬サブロー栗東・竹原伸介)


     〈1週前追い切り診断〉
     M・デムーロを背に栗東CWで6F77秒0-36秒5-12秒0(一杯)。水曜の一番時計をマークした。大きく先行する僚馬2頭を直線半ばでとらえると、一気に抜き去って豪快に先着。爪の不安で秋華賞をパスしたが、帰厩後の調整は非常に順調。春先より馬体もひと回り大きく成長しており、本番に向けての心配は何ひとつない。


     (※1)「キ甲」とは首と背の境の膨らんでいる部分。幼いうちは目立たないが、成長すると隆起してきてよく分かるようになる。この部分が隆起してよく見えるようになることを「キ甲が抜ける」と表現される。

    【エリザベス女王杯馬体診断】クロノジェネシス

     
     【クロノジェネシス 評価B】 

     オークス(3着)以来、5カ月ぶりで秋華賞を制覇。待望のG1タイトルを手にした。体長と体高のバランスは一見、マイラーに見えるが、首差しが細くて長さもあるため距離の融通は利く。1600~2000メートルまでがベストだが、2200メートルも守備範囲だろう。


     秋華賞の1週前では前腕部の筋肉のボリュームが物足りなかったが、ひと叩きされたことで輪郭がはっきりしてきた。芦毛(あしげ)で光量が足りないため毛ヅヤはわかりにくいが、臀部(でんぶ)の上側が光っているように良化しているのは明らか。上積みは十分にありそうだ。(馬サブロー栗東・竹原伸介)


     〈1週前追い切り診断〉北村友を背に栗東CWで6F79秒8-38秒0-12秒3(馬なり)。ノーヴァレンダ(3歳オープン)を1秒4追走して併入した。休み明けでG1を制した反動はなく、元気いっぱい。軽快なフットワークで、最後は自らハミを取って伸びてきた。気配も前走時以上で、さらに上向いている。


    うまとみらいと…
    競馬ファンならぜひ欲しい情報がゲットできますよね。
    だから・・・無料会員がここまで美味しいとはwwww

    umatomi

    天皇賞(秋)馬体診断まとめ(デイリー)


    ヤフーニュースの馬体診断をまとめています!!

    batai















    【競馬情報はここから無料ゲット】
    無料情報で万馬券-競馬レープロ、いつも感謝していますよw

    reporo













    button3-4-u






    ヤフーニュース(デイリースポーツ)より


    【天皇賞秋の馬体診断】アーモンドアイ

     
     【アーモンドアイ 評価A】 

    帰厩当初はシャープに映ったが、この写真ではふっくらとしたシルエット。480キロ台まで戻ったか。ただ、緩さは一切なく、胸前の厚みと肩回りの盛り上がりは、鍛え上げてついた筋肉。カイ食いと運動のバランスがうまく取れているのだろう。背腰が一段とたくましくなったように、いまだ成長を続けている。安田記念の時よりも肌ツヤが良く、代謝も活発だと分かる。(馬サブロー美浦・佐野裕樹)


     〈1週前追い切り診断〉ルメールを背に美浦Wで5F66秒1-37秒6-12秒4(馬なり)。前に2頭を置いて内に潜ったが、手応え、勢いの違いは明らか。相手に合わせながら抜け出すのを待ったが、ゴール前は鋭く伸びて先着。迫力満点の動きで、態勢に隙はない。

    【天皇賞(秋)馬体診断】ワグネリアン

     
     【ワグネリアン 評価A】 

     デビュー以来最高体重だった札幌記念(4着)だが、2走前の大阪杯当時よりも馬体はスッキリと仕上がっていた。今回はそれより研ぎ澄まされた印象で、仕上がりは満点に近い。


     肩の筋肉やトモの筋肉が落ちておらず、4歳の秋を迎えて馬体も完成したようだ。大阪杯(3着)当時には中長距離がベストと書いたが、体高と体長のバランスを見ると現在は中距離向きの体形。東京芝2000メートルは、絶好の舞台だろう。馬体に張りがあり、毛ヅヤの良さも目を引く。間隔はあいたが、状態はピークと思える。(馬サブロー栗東・竹原伸介)


     〈1週前追い切り診断〉栗東CWで6F82秒2-38秒1-12秒2(仕掛け)。大きく見せる馬体は迫力十分。フットワークも素軽い。札幌記念4着後は間隔があいているものの、太め感なく仕上がっている。


    【天皇賞秋馬体診断】サートゥルナーリア

     
     【サートゥルナーリア 評価B】 

     4カ月ぶりの神戸新聞杯(1着)を叩かれて、太め感のない体つき。歴戦の古馬に比べると馬体に子どもっぽさを残している分、まだ成長の余地を十分に残しているということだろう。


     それでいて前残りを許したダービー(4着)以外は完璧な成績を残しており、末恐ろしい限りだ。はち切れんばかりの馬体だった前走時より物足りなさを感じるものの、1週前の体つきとすれば十分合格点だ。


     体高と体長の比率を考えれば菊花賞は長過ぎるので、こちらに矛先を向けたのは理解できる。芝2000~2400メートルが、今後の主戦場になるだろう。(馬サブロー栗東・竹原伸介)


     〈1週前追い切り診断〉西村淳を背に栗東CWで6F83秒9-38秒3-11秒8(馬なり)。力強いフットワークで、最後は自らハミを取り伸びてきた。休み明けをひと叩きされて、気配も上昇カーブを描いている。

    うまとみらいと…
    競馬ファンならぜひ欲しい情報がゲットできますよね。
    だから・・・無料会員がここまで美味しいとはwwww

    umatomi

    菊花賞馬体診断まとめ(デイリー)


    ヤフーニュースの馬体診断をまとめています!!

    batai















    【競馬情報はここから無料ゲット】
    無料情報で万馬券-競馬レープロ、いつも感謝していますよw

    reporo













    button3-4-u






    ヤフーニュース(デイリースポーツ)より


    【菊花賞の馬体診断】ヴェロックス

     
     【ヴェロックス 評価A】 

     相変わらずトモのボリュームは素晴らしく、春以上に丸みがあり形も整ってきた。筋肉量が多くパワー型の質感だが、あばらをしっかりと見せている点は強調材料だ。神戸新聞杯はこの馬の1週前とすればかなりスカッと見せていたが、今回はダービー同様のシルエット。前哨戦の疲れがなく、厩舎の思惑通りに進んでいることを意味している。

     オンとオフがはっきりしているタイプ。装鞍所→パドック→地下馬道→本馬場入場→輪乗りで適度なテンションが保てれば、馬体や脚元から距離不安はなし。ライバル不在のここに全力投球だ。(馬サブロー栗東・吉田順一)  

    〈1週前追い切り診断〉
     栗東CWで6F81秒7-37秒8-11秒8(強め)。大きく追走した分、手応えはやや劣勢だったが、間隔が詰まっていることを考えれば十分過ぎるほどの攻め内容。春のように道中でハミをかむシーンもなく、実戦を使われても落ち着きをキープできているのは何よりだ。

    【菊花賞馬体診断】ニシノデイジー

     
     【ニシノデイジー 評価A】 

     ハービンジャー産駒に多く見られるがっしりとしたつくりのタイプ。太めの首差しがさらに厚みが増して、全体的な筋肉量がほぼ均等に映るようになってきた。


     長めのつなぎで、大跳びなフットワークが特徴。皮膚が厚めでボテッと見せるのは体形的のもので、張りツヤは問題なし。レースで時折カッとなってしまう気性は課題でも、馬体的な面からは距離延長は望むところだろう。


     春先の写真では首を高くして力んでいる立ち姿が目立ったが、今回は非常にリラックスしており、表情からも落ち着きを感じさせている。気配は◎。


    (馬サブロー美浦・石堂道生)


     〈1週前追い切り診断〉美浦Wで5F67秒4-39秒7-12秒5(一杯)。攻め駆けする2頭を大きく追い掛けてビシッと追った。ゴール前の伸び脚鋭く、最後はグイッと前へ出た。気持ちが入って出来はグンと上昇。


    【菊花賞馬体診断】レッドジェニアル

     
     【レッドジェニアル 評価B】 

     ダービー時は詰まったローテションも影響してか、体が戻り切らなかった印象。あばらがくっきりと見え、トモも凹凸がなく膨らみがなかった。休養明けの神戸新聞杯は厚みのある馬体に変貌。中3週で挑む今回は大きな馬体減りがなく、維持できるかがポイントだ。1週前段階では、あばらを見せて皮膚は薄くなり、トモも多少膨らみを欠いている。とはいえ、ダービーよりは凹凸があり反動も少なかったと判断。成長を感じる分、B評価としたい。週末と当週追いでトモに厚みが出てくればポイントアップ。(馬サブロー栗東・吉田順一)


     〈1週前追い切り診断〉栗東坂路で4F54秒6-39秒5-12秒3(一杯)。ギルマ(3歳2勝クラス)との併せ馬で1馬身先着。ひと叩きされたことで動きに活気が出てきた。

    うまとみらいと…
    競馬ファンならぜひ欲しい情報がゲットできますよね。
    だから・・・無料会員がここまで美味しいとはwwww

    umatomi

    秋華賞馬体診断まとめ(デイリー)

    ヤフーニュースの馬体診断をまとめています!!

    batai















    【競馬情報はここから無料ゲット】
    無料情報で万馬券-競馬レープロ、いつも感謝していますよw

    reporo













    button3-4-u






    ヤフーニュース(デイリースポーツ)より


    【秋華賞の馬体診断】コンドラチェック

     
     【コンドラチェック 評価A】 

      シャープな腹回りで、首回りもスカッとしたつくり。春と比較しても体のラインはやや細く映るが、いい意味で牝馬らしい体形になってきた印象だ。


     先行して折り合いもスムーズだったオークスは、スタミナ切れの形で9着。前が崩れる展開も厳しかったが、結果的に距離適性の差が出た敗戦と捉えられるもの。無駄のないつくりで、俊敏さがセールスポイント。脚質的にも内回り向きは明らかで、二千なら戦いやすいはずだ。仕上がり度合いもほぼ満点。今回は非常に良く見える。(馬サブロー美浦・石堂道生)


     〈1週前追い切り診断〉 美浦坂路で4F53秒9-39秒4-12秒3(馬なり)。9月29日には、同坂路で自己ベストの4F52秒9をマークした。同じく秋華賞を予定しているシェーングランツ(3歳オープン)を相手に熱心に併せ馬を消化して、スピード感あふれる走りを連発。馬体も仕上がっており、次週はサラッとやるだけで十分だろう。

    【秋華賞馬体診断】ダノンファンタジー

     
     【ダノンファンタジー 評価B】 

      長距離輸送を考慮してふっくらしていたオークスに比べると、関西圏の競馬ということもあって桜花賞に近い雰囲気。あばらをうっすらと見せて、スカッとしたフォルム。トモの丸みは桜花賞やオークスほどではないが、しっかりと凝縮させて無駄な脂肪をそぎ落としているのは舞台を踏まえたものか。


     とはいえ、股と臀部(でんぶ)の膨らみがもう少しあれば、が本音。高速馬場の芝二千なら乗り方次第で距離は持つが、写真撮影では見せない勝ち気な気性がやはりポイント。ギリギリまで当日のテンションを見極めたい。(馬サブロー栗東・吉田順一)


     〈1週前追い切り診断〉栗東芝で6F79秒1-35秒5-12秒0(馬なり)。本馬場で追い切った分もあるが、いつも以上にしなやかなフットワーク。課題のテンションもうまく保てており、不安なく調整が進んでいる。


    【秋華賞馬体診断】カレンブーケドール

     
     【カレンブーケドール 評価B】 

     春と比較して、胸前から首差しにかけてがっちりとしてきた感はあるが、それでもシルエットとしては細身の部類。これまで7戦して体重が460~70キロの10キロ以内で収まっており、見た目にも大きな変動はないタイプ。取り立てて強調材料はないが、欠点も少ないバランス型で、今回もいい意味で見た目の印象は変わらない。


     この中間も坂路主体での調整だが、肌は光沢があり、毛ヅヤも良質。好状態に映る。(馬サブロー美浦・石堂道生)


     〈1週前追い切り診断〉美浦坂路で4F53秒5-39秒3-13秒1(馬なり)。重心のブレがなく、やればやるだけ動きそうな雰囲気。追われる相手を尻目に終始余裕を持ったまま、力感あふれるフォームで一気に伸び切った。上積みは絶大だ。


    うまとみらいと…
    競馬ファンならぜひ欲しい情報がゲットできますよね。
    だから・・・無料会員がここまで美味しいとはwwww

    umatomi

    このページのトップヘ