競馬最強2chまとめぽいサイト

競馬の2chまとめです…!!いろいろな競馬サイトがありますが、これでもまとめているサイトはないと思います!!…2chまとめぽいサイトです。

    カテゴリ:馬体診断

    日本ダービー予想|2018年|馬体診断まとめ(デイリー)

    ヤフーニュースの馬体診断をまとめています!!

    batai















    【競馬情報はここから無料ゲット】
    無料情報で万馬券-勝馬伝説、いつも感謝していますよw
    kachium















    ヤフーニュースより

    【ダービー馬体診断】ダノンプレミアム

     【ダノンプレミアム 評価S】

      皐月賞は挫石で回避したが、1週前に発表する時点で時計を出しておらず馬にストレスがなかったのは何より。いつものゆったりしたローテーションに戻ったことで爪の薄さも解消し、順調な攻めを施されている。

      豪快な動きを見せた1週前追い切り前の撮影だが、この時点で馬体をふっくらと見せてトモのボリュームも朝日杯FSと同様で弥生賞より上。それでいてあばらをうっすらと見せ文句なしの態勢だ。右前肢のかぶりは今まで以上だが、地面の勾配の強さと重心によるもの。

      少し太めの首差しだが、朝日杯より胴が伸びて全体&前後のバランスが良化しマイル~中距離に向くシルエットになった。時計の速い軽い芝の二四は全く問題なさそうだ。

     (馬サブロー栗東・吉田順一)

     
     〈1週前追い切り診断〉栗東CWで6F79秒1-36秒6-11秒2(G一杯)の自己ベストをマーク。先行した僚馬2頭に追いつかなかったものの、直線は抜群の伸び脚を披露。ひと追いごとに良化しており、態勢は完全に整った。

    【ダービー馬体診断】ゴーフォザサミット

     【ゴーフォザサミット 評価B】

      
     スプリングS→青葉賞と予定通りのステップ。体形的には太くも細くもない平均的なバランス型のつくり。首差しが長く柔らかみがある分、前肢に窮屈な所はなし。ガチッと固まらず、抜けるところがある分、500キロ近い数字を感じさせないシャープさが感じられる。

      立ち姿の迫力という点ではインパクトは薄いが、可動域の広いフットワークで動かしていいタイプの一頭ではある。ツヤのいい肌質と適度に丸みのあるシルエットからも反動は見受けられない。

     (馬サブロー美浦・石堂道生)

      
     〈1週前追い切り診断〉蛯名を背に美浦Wで4F55秒8-41秒2-13秒3(馬なり)。呼吸を合わせる調整だったため速い数字は出なかったが、気分良く、伸び伸びと走れていた。馬体も柔らかみを保てており、好調キープ。

    【ダービー馬体診断】ジェネラーレウーノ

     【ジェネラーレウーノ 評価B】

      皐月賞の1週前と比較してアウトラインの輪郭がシャープになり、首回りもすっきりとしたいい意味で研ぎ澄まされたフォルム。腹回りは少しふっくらと見せるのはこれまでと同様で体形的なもので、適度なボリュームを維持できている。

      背中、胴が長めの体付きで、跳びの大きいフォームの持続力タイプ。総合すれば距離延長はプラスと捉えられる。ただ気性は表面に出やすく、下見所はホライゾネット+メンコ着用で、時折小走りになる周回。時季的に発汗は仕方ないとしても、あまりにも目立つようなら注意は必要だろう。

     (馬サブロー美浦・石堂道生)

      〈1週前追い切り診断〉田辺を背に美浦Wで5F65秒1-36秒6-12秒8(直一杯)。抜け出す脚の速さが際立ち、追えば追うだけ伸びそうな脚勢。馬体もパンパンに張っており、皐月賞当時よりも格段にパワーアップしている。

    【ダービー馬体診断】エポカドーロ

     【エポカドーロ 評価B】

      
     新種牡馬のオルフェーブル産駒だが、気性の激しさは見せず堅実な戦績を残している。母父フォーティナイナーの影響なのか、首差しは短めで太くコロンとしたシルエット。近2走に比べると皮膚を厚く見せていない点は好印象だ。

      しかし、筋肉隆々の前腕に比べると後肢が物足りなく映る。臀部(でんぶ)のへこみや前後のバランスは、まだこれから完成していく印象を受ける。またつなぎが短く立ち爪で、やや破折(※1)気味の脚元からすれば、時計のかかる設定が合う印象。筋肉の質感はアップしているが、東京の二四の適性には疑問が残る。ただし渋化馬場なら浮上の余地はありそうだ。

     (馬サブロー栗東・吉田順一)

      〈1週前追い切り診断〉岡田を背に栗東CWで6F86秒7-39秒3-11秒7(仕掛け)。コーカス(4歳1600万下)を1秒9追走して首差先着。前半はピタリと折り合いがつき、直線でゴーサインが出るとシャープな伸びを見せた。状態に陰りはない。

      (※1)「破折」とは、爪の前面(あるいは背面)の蹄壁の角度とつなぎの角度が違っている馬のこと。

    【ダービー馬体診断】ワグネリアン

     【エポカドーロ 評価B】

      
     新種牡馬のオルフェーブル産駒だが、気性の激しさは見せず堅実な戦績を残している。母父フォーティナイナーの影響なのか、首差しは短めで太くコロンとしたシルエット。近2走に比べると皮膚を厚く見せていない点は好印象だ。

      しかし、筋肉隆々の前腕に比べると後肢が物足りなく映る。臀部(でんぶ)のへこみや前後のバランスは、まだこれから完成していく印象を受ける。またつなぎが短く立ち爪で、やや破折(※1)気味の脚元からすれば、時計のかかる設定が合う印象。筋肉の質感はアップしているが、東京の二四の適性には疑問が残る。ただし渋化馬場なら浮上の余地はありそうだ。

     (馬サブロー栗東・吉田順一)

      〈1週前追い切り診断〉岡田を背に栗東CWで6F86秒7-39秒3-11秒7(仕掛け)。コーカス(4歳1600万下)を1秒9追走して首差先着。前半はピタリと折り合いがつき、直線でゴーサインが出るとシャープな伸びを見せた。状態に陰りはない。

      (※1)「破折」とは、爪の前面(あるいは背面)の蹄壁の角度とつなぎの角度が違っている馬のこと。


    【ダービー馬体診断】ブラストワンピース

     【ブラストワンピース 評価C】

      光沢があり、肌の質感自体は良好で、前・後肢の張りも非常に良い。筋肉量が目立つパワー型だが、動かすと四肢の運びに窮屈さはなく、見た目とは裏腹にしなやかに歩けるのはバネの良さを物語る。

      ただ個体そのものが大きく、がっちりとし過ぎている感は否めない。520キロ超えの数字が示すように、もともと太く映るシルエット。それでも今回は首差しに余裕が感じられ、ボテッとした腹回りからももうひと絞りできそうな印象ではある。

      あくまでも1週前の段階。週末、当週の追い切りでいかに詰めていけるかがポイントになりそう。

     (馬サブロー美浦・石堂道生)

      
     〈1週前追い切り診断〉池添を背に美浦Wで6F80秒5-36秒1-12秒0(直一杯)。反応が甘いのはいつもこと。ただ、エンジンがかかってからの伸び脚は素晴らしく、前をきっちりとらえて1F12秒0でまとめた内容はさすがと言えよう。馬体の張り、ツヤも良く、1週前としては文句なし。




    うまコラボ


    この的中はヤバ過ぎる…三連単が3回に1回的中する異次元の競馬データ
    予想家が発狂!プロ予想家を軽く超えた精度を実現する競馬指数が話題に
    わずか1分の予想で高配当を的中させる競馬指数(最高72万馬券を的中)


    batai

    オークス予想|2018年|馬体診断まとめ(デイリー)

    ヤフーニュースの馬体診断をまとめています!!

    batai















    【競馬情報はここから無料ゲット】
    無料情報で万馬券-勝馬伝説、いつも感謝していますよw
    kachium















    ヤフーニュースより

    【オークス馬体診断】ラッキーライラック

    【ラッキーライラック 評価A】

      
     桜花賞時は『体脂肪率はいくつ?』と思うくらいに研ぎ澄まされたフォルムだった。当時の阪神は前週まで6週連続で高速ターフ。そんな馬場傾向にも沿った仕上げだと感嘆してA評価としたものだ。

       少々誤算があったとすれば、その桜花賞の週は土曜が芝=稍重、ダート=重のスタート(日曜もダートは重でスタート)と、天候や馬場がそれまでとは一線を画する設定だったことか。それがゴール前のスタミナ切れ?を誘発した印象がなきにしもあらず(結果的にレースレコードではあったが…)だ。

      今回は長距離輸送も踏まえて、前走時よりもふっくらとしたシルエット。結果的に『仕上がり過ぎ』だった桜花賞とは違うアプローチの馬体づくりだと感じる。長めのつなぎ、馬体のバランス、目つきから、距離延長は逆転女王への希望となる。

     (馬サブロー栗東・吉田順一)

      
     〈1週前追い切り診断〉栗東CWで6F81秒2-37秒2-12秒2(一杯)。レッドエクシード(3歳未勝利)を1秒3追走して0秒2先着。パートナーを抜き去る加速が速く、抜け出してからもしっかりと気合をつけられた。この馬らしいバネの強さを感じさせる走り。すこぶる順調にきている。

    【オークス馬体診断】アーモンドアイ

    【アーモンドアイ 評価A】

      
     日が差していないだけに毛ヅヤはくすんで映るが、皮膚の薄いつくりは変わりない。前後肢のつくべきところに筋肉がついた、均等なバランスを維持できている。

      背中のラインに窮屈なところはないが、桜花賞時の1週前と比較して胴の縦幅の厚みが増して映り、やや体の線は太くなってきた印象を受ける。それでも首回りはすっきりとしており、長めでシャープなつくり。

      現状の馬体からは距離の融通も利きそうで、気性面や脚質的なことを踏まえても舞台変わりに関しては気にする材料ではない。桜花賞のパフォーマンスが一枚も二枚も上。馬体診断においても前回と同様に文句なしのA評価とする。

     (馬サブロー美浦・石堂道生)

      
     〈1週前追い切り診断〉ルメールを背に美浦Wで6F82秒6-38秒6-12秒3(馬なり)。大きく追走しながらも、直線は持ったままで鋭く伸びて1馬身先着。弾むようなフットワークは、さらに切れが増した印象だ。馬体もふっくらと見せており万全の態勢と言える。


    オークス馬体診断】オールフォーラヴ

    【オールフォーラヴ 評価B】

      
     前走の忘れな草賞(1着)が442キロ。いかにもディープインパクト産駒といったサイズの一頭ながら、あばらをうっすらと見せつつも細いとの印象は受けない。これはトモに適度な丸みがあるためだろう。輸送があることを踏まえても上々のシルエットと判断していいだろう。

      
     ただ、立派な胴に比べると首差しと四肢が細め。キ甲(※1)が抜けており完成度は高そうに映るが、まだ少しアンバランスに見えるあたり、成長の余地を残している印象だ。素材自体の良さは感じさせる半面、桜花賞の上位馬に比べると完成度という点でやや見劣りする。

     (馬サブロー栗東・吉田順一)

      
     〈1週前追い切り診断〉和田を背に栗東芝で5F65秒3-36秒6-11秒8(強め)。キビキビとしたフットワークでスピード感十分の動き。追われてからの反応も俊敏で、好調ぶりをアピールしている。

      (※1)「キ甲」とは首と背の境の膨らんでいる部分。幼いうちは目立たないが、成長すると隆起してきてよく分かるようになる。この部分が隆起してよく見えるようになることを「キ甲が抜ける」と表現される。

    【オークス馬体診断】リリーノーブル

    【リリーノーブル 評価B】

      
     桜花賞(3着)後も緩めることなくハードに仕上げられており、この馬の体力には驚かされる。その前走が、スプリンターかと思わせるほどのボリューム感。短距離志向の母系の血が騒いでいるのかも…と記したが、今回は当時と比較すると幾分シャープに映る。

      
     もちろん首の角度や重心の問題もあるが、東京芝2400mという舞台を意識して馬体を少し絞ってきたとの印象を受ける。ハードなケイコを施されながらも、目つきは穏やか。丸みのある立派なトモも健在で、好調だ。

     (馬サブロー栗東・吉田順一)

      
     〈1週前追い切り診断〉栗東坂路で4F54秒5-39秒9-12秒0(一杯)。前半からスムーズに運んで、追われてからも鋭く伸びた。中間の乗り込みも熱心で気配は上々だ。



    うまコラボ


    この的中はヤバ過ぎる…三連単が3回に1回的中する異次元の競馬データ
    予想家が発狂!プロ予想家を軽く超えた精度を実現する競馬指数が話題に
    わずか1分の予想で高配当を的中させる競馬指数(最高72万馬券を的中)


    batai

    ヴィクトリアマイル予想|2018年|馬体診断まとめ(デイリー)

    ヤフーニュースの馬体診断をまとめています!!

    batai















    【競馬情報はここから無料ゲット】
    無料情報で万馬券-勝馬伝説、いつも感謝していますよw
    kachium















    ヤフーニュースより

    【ヴィクトリアマイル馬体診断】ミスパンテール

     【ミスパンテール 評価A】

      
     3歳時には線の細さが残っていたが、古馬になって体つきがしっかりとしてきた。馬体重こそ大きく変わっていなくても、肩と臀部(でんぶ)の筋肉量が増加したことが要因だろう。

      
     それでも筋肉に硬さはなく、しなやかな柔らかさを持っているのは特筆ものだ。肩端(けんたん)から臀端(でんたん)までの長さは標準的なマイラーのもので、今回はベストの条件と思える。

      
     500キロを超える大型馬が体を小さく見せているのが調子のいい証拠で、馬体の張りもそれを裏付けている。

     (馬サブロー栗東・竹原伸介)

      
     〈1週前追い切り診断〉栗東CWで6F80秒7-37秒8-12秒0(一杯)。スピード感あふれるフットワーク。追われると俊敏に伸びてきた。気配も申し分なく、重賞3連勝中の勢いを感じさせた。

    【ヴィクトリアマイル馬体診断】アエロリット

     【アエロリット 評価A】

      
     牝馬とは思えないほどのボリューム感にあふれた馬体。四股がしっかりと伸びた立ち姿は、いかにもクロフネ産駒といったところか。それでいて緩さが全く見られないのは、ハードに鍛え抜かれてきた成果だろう。

      
     首差しがシャープで柔らかく、これがスピードの源。つなぎが短めで立っていることからも距離はマイルがベストだ。表情にもゆとりが出てきたように、全体的な雰囲気は前走(中山記念2着)以上。納得のいく仕上がりだ。

     (馬サブロー美浦・佐野裕樹)

      
     〈1週前追い切り診断〉戸崎圭を背に美浦Wで4F53秒0-38秒6-12秒7(G強め)。僚馬を目標に進み、直線で反応を確かめられ、力感にあふれるフットワークで一気に伸び切った。馬体もパンパンに張っており態勢は万全だ。


    【ヴィクトリアマイル馬体診断】リスグラシュー

     【リスグラシュー 評価A】

      
     3歳時に比べて馬体重が増加し、肩の筋肉が3段にはっきりと分かれて見えるようになった。これはしっかりと鍛錬を積んで筋肉量が増えた証しで、体つきが丸みを帯びてきたことも大きな変化と言える。

      
     それに伴い体長が短く見えるようになり、マイラー体形になってきた。あばらの浮き出た様子から無駄な肉のない仕上がりで、昨秋よりも馬体の張りが良化している。

      
     曇天のため毛ヅヤが物足りなく感じるかもしれないが、肩や臀部(でんぶ)の光沢を見ればそれは間違いだと気付くはず。順光ならピカピカに輝いているだろう。

     (馬サブロー栗東・竹原伸介)

      
     〈1週前追い切り診断〉武豊を背に栗東坂路で4F49秒9-36秒3-12秒4(一杯)。テンから意欲的に運んで好時計をマーク。追われてからも鋭く伸びてフィニッシュした。好気配が漂う。

    【ヴィクトリアマイル馬体診断】レッツゴードンキ

    【レッツゴードンキ 評価B】

      
     高松宮記念の際には『以前よりも首差しが太くなり、胴が短く見えるようになってきた点から、体形がスプリンター寄りにシフトしている印象を受ける』と見立てた。今回もそれは変わらない。

      
     スピードとスタミナの総合力が試される今回の舞台は向いていない。それでも、いつもは皮膚が厚く見えるタイプが薄くなっているのは状態のいい証拠。毛ヅヤも冬場に比べて良化しており、好調時の馬体と言える。体形だけならC評価となるが、状態面を加味してB評価とした。

     (馬サブロー栗東・竹原伸介)

      
     〈1週前追い切り診断〉栗東坂路で4F52秒2-37秒6-12秒8(一杯)。攻め駆けするタイプとはいえ、力強い脚さばきで好時計をマーク。中間の気配も良く、調整はすこぶる順調だ。



    うまコラボ


    この的中はヤバ過ぎる…三連単が3回に1回的中する異次元の競馬データ
    予想家が発狂!プロ予想家を軽く超えた精度を実現する競馬指数が話題に
    わずか1分の予想で高配当を的中させる競馬指数(最高72万馬券を的中)


    batai

    NHKマイルC予想|2018年|馬体診断まとめ(デイリー)

    ヤフーニュースの馬体診断をまとめています!!

    batai















    【競馬情報はここから無料ゲット】
    無料情報で万馬券-勝馬伝説、いつも感謝していますよw
    kachium















    ヤフーニュースより

    【NHKマイルC馬体診断】カツジ 評価A

     【カツジ 評価A】

      
     これまでのキャリア4戦で、連対を外したのは前々走のきさらぎ賞(5着)のみ。当時の馬体重は14キロ増の490キロ。トモが膨らんで丸みはあったものの、皮膚を厚ぼったく見せていたことを踏まえれば、骨格に見合った体重は480キロくらいか(前走のニュージーランドTは478キロで勝利)。

      
     多少キ甲(※1)が抜けてきたことと、前後のバランスが良化している点は、ここにきての成長を感じさせる。追い切り前の撮影でトモは張っていないが、このあたりはその後のケイコで膨らんできそうだ。耳をピンと立ててキリッとした目つきも好感が持てる。心身のバランスが整ってきた。

     (馬サブロー栗東・吉田順一)

      
     〈1週前追い切り診断〉松山を背に栗東坂路で4F52秒6-38秒2-12秒1(一杯)。テンから意欲的に運んで、ラストまでしっかり伸びた。気合乗りも目立ち、好調をキープしている。

      
     (※1)「キ甲」とは、首と背の境の膨らんでいる部分。幼いうちは目立たないが、成長すると隆起してきてよく分かるようになる。この部分が隆起してよく見えるようになることを「キ甲が抜ける」と表現される。

    【NHKマイルC馬体診断】パクスアメリカーナ 評価B

     【パクスアメリカーナ 評価B】

      
     脚が長くスラッとしたフォルム。全体的に肉付きがいいあたりは、いかにもクロフネ産駒といったところだ。臀部(でんぶ)が少しへこんでいるものの、トモのボリュームと丸みには好感が持てる。

      前腕もそれに負けないくらいの筋肉量があり、キ甲(※1)の抜け具合からも完成度はなかなか高そう。ただ頭の位置が高く、首差しが短めで胴が長めのシルエットと、胴と脚の太さがアンバランスのように感じる。そのあたりは少しだけ減点材料としたい。

     (馬サブロー栗東・吉田順一)

      
     〈1週前追い切り診断〉栗東CWで4F54秒5-39秒4-11秒8(一杯)。サナコ(3歳未勝利)に0秒4先行して0秒1遅れたが、追われてからの反応は上々だった。動きに硬さもなく元気いっぱいだ。

      (※1)「キ甲」とは、首と背の境の膨らんでいる部分。幼いうちは目立たないが、成長すると隆起してきてよく分かるようになる。この部分が隆起してよく見えるようになることを「キ甲が抜ける」と表現される。


    【NHKマイルC馬体診断】 ミスターメロディ 評価B

     【ミスターメロディ 評価B】
     
     父の父はヨハネスブルグ。スラッとしたシルエットで、スピードとパワーを兼ね備えているこの馬は、いい意味で血を継承していると言っていいだろう。

      短めで少し硬さを感じさせるつなぎのクッション性から、ダート適性は高いと判断できる。芝なら前走・ファルコンS(1着)のように、多少力を要する設定が合っている印象を受ける。

      あばらを見せつつもトモには丸みがあり、隙のない仕上げ。いかにも闘争本能が高そうな目つきにも好感が持てる。あとは、軽い芝の時計勝負に対応できるかどうかだろう。

     (馬サブロー栗東・吉田順一)

      〈1週前追い切り診断〉福永を背に栗東CWで5F69秒9-39秒3-12秒4(馬なり)。力むことなくテンポのいい走り。直線はバネを感じさせる、弾むようなフォームで伸びてきた。好ムードだ。

    【NHKマイルC馬体診断】ギベオン 評価B

     【ギベオン 評価B】

      首差しがやや長めで、胴と脚も長い体形。パッと見た感じでは距離が延びていいようにも思える。ただ、肩の角度が多少立っており、脚の長さほどはストライドを稼げない走法。また、つなぎが短めで立ち爪。少し破折(※1)していることを考慮すれば、現状はマイルがベターで二千までが守備範囲との印象だ。

      まだ前腕や後肢ともに良化の余地を残しており、キ甲(※2)の抜け具合や前駆が勝っているシルエットからも、まだこれからの馬といったところ。トモが少しこぢんまりと映るため、現時点ではB評価とした。

     (馬サブロー栗東・吉田順一)

      〈1週前追い切り診断〉M・デムーロを背に栗東CWで6F82秒3-39秒5-12秒0(G強め)。古馬を大きく追走しながら、ラストはズバッとはじけて先着。もともと攻めの動きは目立っていたが、使うごとに脚さばきに切れが出て、さらに推進力が増している。

      (※1)「破折」とは、爪の前面(あるいは背面)の蹄壁の角度とつなぎの角度が違っている馬のこと。

      (※2)「キ甲」とは、首と背の境の膨らんでいる部分。幼いうちは目立たないが、成長すると隆起してきてよく分かるようになる。この部分が隆起してよく見えるようになることを「キ甲が抜ける」と表現される。

    【NHKマイルC馬体診断】テトラドラクマ 評価B

     【テトラドラクマ 評価B】

    舞台適性を重視し、重賞初制覇を飾った2月のデイリー杯クイーンCからここへ直行という異例のローテで臨む。ただ、骨太かつ胴の詰まったフォルムで皮膚が厚く、さらに腹袋がしっかりとしていることで太く見せるシルエットはこれまでと同様。結果が伴っているだけに、体形的なものと判断していいだろう。

      前後肢ともにがっちりとした筋肉をまとい、牝馬らしからぬ力強さのある立ち姿。ルーラーシップ産駒は体高のあるタイプが多く見られるなか、この馬は重心が低く、走法や体形的にもスピード型だ。張り、ツヤの良さからも臨戦態勢は整っている。

     (馬サブロー美浦・石堂道生)

     
      〈1週前追い切り診断〉田辺を背に美浦坂路で4F54秒7-39秒6-12秒2(馬なり)。重い馬場を苦にすることなく、ラストは持ったままはじけた。切れ味に磨きがかかり、馬体もパンパンに張っている。ここを目標に万全の仕上げだ。

    【NHKマイルC馬体診断】タワーオブロンドン 評価B

    【タワーオブロンドン 評価B】

      2歳時は皮膚が厚ぼったく、悪く言えばボテッと映る体形だった。それが今回は、体の凹凸がくっきりと分かるようなつくりに。代謝の上がる時季ということもあるとはいえ、古馬のような迫力を誇っていた以前とは別馬のようなシャープさが感じられる。

      太めの首差しも特徴だった馬が、今は胸前から前肢にかけても窮屈さがなく適度なバランスの筋肉量。ただ、アバラがうっすらと浮いて見えるように、引き締まり過ぎているくらいだ。

      休み明けの前走・アーリントンC(1着)がマイナス8キロでの出走。仕上がり切っていた印象があり、加えてタイトな内容の競馬でもあった。直前の気配にはより注目しておきたい。

     (馬サブロー美浦・石堂道生)

      〈1週前追い切り診断〉レース間隔が詰まっているため、中間の実質的な追い切りは4月29日の美浦坂路4F53秒8-39秒4-13秒3(馬なり)が初めて。もっとも、15-15は丹念に重ねられており、直前のひと追いで仕上がりそうだ。



    うまコラボ


    この的中はヤバ過ぎる…三連単が3回に1回的中する異次元の競馬データ
    予想家が発狂!プロ予想家を軽く超えた精度を実現する競馬指数が話題に
    わずか1分の予想で高配当を的中させる競馬指数(最高72万馬券を的中)


    batai

    天皇賞(春)予想|2018年|馬体診断まとめ(デイリー)

    ヤフーニュースの馬体診断をまとめています!!

    batai















    【競馬情報はここから無料ゲット】
    無料情報で万馬券-勝馬伝説、いつも感謝していますよw
    kachium















    ヤフーニュースより

    【天皇賞(春)馬体診断】クリンチャー 評価A

     【クリンチャー 評価A】

      
     3歳春当時は胴長で筋肉量が物足りなかったが、夏を越して一変。胸前と肩に筋肉がつき、見栄えのする馬体になった。

      
     菊花賞2着を経て迎えた今季初戦の京都記念(1着)当時から太め感なく仕上がっていたため、現在の体つきに大きな変化はない。それでも、気温の上昇とともに毛ヅヤは大幅に良化。体調がグングン上向いている証拠だろう。

      
     首が長細く、胴長の体形から長距離向きなのは間違いなく、ステイヤーとしてほぼ完成形と言えるシルエットをしている。

     (馬サブロー栗東・竹原伸介)

      
     〈1週前追い切り診断〉栗東CWで6F83秒8-39秒5-12秒2(G一杯)。前日からの降雨で湿った馬場をものともせず、直線で追われると鋭い伸び脚を見せた。動きに活気がある。

    【天皇賞馬体診断】ガンコ 評価A

     【ガンコ 評価A】 

    昨年暮れから4戦3勝。2歳時の芝戦では好走こそしても勝利には手が届かなかったが、もともと芝向きの血統背景で、奥手の成長曲線と見事に合致した結果なのだろう。その意味では、父ナカヤマフェスタより祖父ステイゴールドの隔世遺伝とも言えそうだ。

      
    首が細長く胴長の体形から、初の3200メートルは十分に守備範囲。肩の筋肉の迫力にはやや欠けるが、しなやかな質感がある。丸みのある臀部(でんぶ)や、ピカピカの毛ヅヤは状態の良さをうかがわせている。

     (馬サブロー栗東・竹原伸介)

      
     〈1週前追い切り診断〉藤岡佑を背に栗東坂路で4F52秒7-38秒1-12秒2(一杯)。テンから意欲的に追われて力強い動きを披露。気合乗りも目立ち気配は上々だ



    【天皇賞(春)馬体診断】【アルバート 評価A】

     【アルバート 評価A】

      前走・阪神大賞典(4着)の馬体重482キロは、自身の過去最高タイ。輸送を考慮し余裕を残して仕上げていたのだろう。一方、今回は研ぎ澄まされた馬体。あばらがうっすらと浮いて、無駄肉が完全に取り除かれている。

      
     背、腰のたくましさ、さらに胸前、肩の筋肉の盛り上がりは、もうこれ以上鍛え上げるのは無理なのでは…というくらい隙がない。ハードに乗ってきたことが、しっかりと実になっている。堂々とした立ち姿は完全復調を示している。

     (馬サブロー美浦・佐野裕樹)

      
     〈1週前追い切り診断〉石橋脩を背に美浦Wで5F66秒3-37秒7-12秒4(強め)。2頭の間に入れてプレッシャーをかけたが、動じることなく真一文字の伸び脚。馬体も引き締まって気配は前走以上だ。

    【天皇賞(春)馬体診断】レインボーライン 評価B

     【レインボーライン 評価B】

      
     3カ月ぶりの阪神大賞典では10キロ増の体重だったが、九分以上の仕上がりで太くは映らなかった。今回は馬体がさらに研ぎ澄まされてシャープになった印象を受ける。

      馬体が貧相に見えるということはなく、昨秋に比べて腿(たい)の筋肉量がアップ。臀部(でんぶ)が丸く見えるのも何よりだろう。毛ヅヤがこの時季としては物足りないが、これは光線の加減もあるだけに心配はいらない。張りのある馬体で状態はさらに上向いている。

     (馬サブロー栗東・竹原伸介)

      
     〈1週前追い切り診断〉岩田を背に栗東坂路で4F60秒7-43秒2-12秒9(馬なり)。終始馬任せの内容だったが、キビキビと活気にあふれた脚さばきを見せた。出来は高いレベルで安定している。

    【天皇賞(春)馬体診断】シュヴァルグラン 評価B

    【シュヴァルグラン 評価B】

      いかにも休み明けで余裕残しの馬体のつくりをしていた大阪杯(13着)当時に比べると、毛ヅヤが別馬のように良化している。前腕部や下腿(かたい)に血管が浮き出て、皮膚も薄くなってきた印象だ。

      肩や臀部(でんぶ)の筋肉がはっきりとして盛り上がってきたのは休み明けを叩かれた効果で、十分な上積みがある。ただ、絶好調時には毛色が焦げ茶色に見えるこの馬が、まだ赤茶色のままなのは割引材料。状態にはもう1段階上がある。

     (馬サブロー栗東・竹原伸介)

      
     〈1週前追い切り診断〉栗東CWで7F98秒2-37秒6-12秒2(一杯)。僚馬2頭を0秒5、1秒追走して0秒2遅れ、0秒1先着した。遅れは追走した分で心配なく、意欲的に追われた点は評価できる。休み明けを叩かれて毛ヅヤも良化し、気配は着実に上向いている。




    うまコラボ


    この的中はヤバ過ぎる…三連単が3回に1回的中する異次元の競馬データ
    予想家が発狂!プロ予想家を軽く超えた精度を実現する競馬指数が話題に
    わずか1分の予想で高配当を的中させる競馬指数(最高72万馬券を的中)


    batai

    このページのトップヘ