競馬最強2chまとめぽいサイト

競馬の2chまとめです…!!いろいろな競馬サイトがありますが、これでもまとめているサイトはないと思います!!…2chまとめぽいサイトです。

    カテゴリ:馬体診断

    有馬記念予想|2018年|馬体診断まとめ(デイリー)

    ヤフーニュースの馬体診断をまとめています!!

    batai















    【競馬情報はここから無料ゲット】
    無料情報で万馬券-勝馬伝説、いつも感謝していますよw
    kachium















    ヤフーニュースより

    【有馬記念馬体診断】レイデオロ

     【レイデオロ 評価S】

     後肢に比べ、前肢が短め。そのため、以前は腰高のシルエットに映ったが、肩回りや背中に理想的な筋肉が付き、バランス良く見せるようになった。  
     
     前走時からさらにたくましくなった首差しに加えて、トモもこれ以上ないくらいの張り。ゆったりとした胴のつくりが、距離の融通を利かしているのだろう。  腹構えの緩さも一切なく、1週前だが、すでに隙のない仕上げ。文句なしの“S”評価だ。
    (馬サブロー美浦・佐野裕樹)  

    〈1週前追い切り診断〉
     ルメールを背に美浦南Wで4F52秒6-12秒7(馬なり)。僚馬を2馬身追い掛けて内に潜ったが、手綱は微動だにせず、そのまま鋭く伸びて併入を果たした。馬体もパンパンに張っており、出来に関しては言うことなし。
    【有馬記念馬体診断】キセキ


     【キセキ 評価A】  
     
     今シーズン4戦目となり疲労を心配していたが、全く疲れは感じられない。発達した肩と腿(たい)の筋肉も落ちておらず、肩の血管が今回も浮き出ているように皮膚の薄さも前走時同様だ。  ジャパンCの1週前ではあばらが見えにくく多少の余裕を感じた馬体だったが、シャープになった感がある。500キロを超える大型馬が馬体を小さく見せているのも好印象だ。  顔つきに精悍(せいかん)さが増しており、毛ヅヤも申し分ない。この秋では一番の状態だろう。
    (馬サブロー栗東・竹原伸介)  

    〈1週前追い切り診断〉
    栗東CWで5F67秒8-39秒1-12秒0(馬なり)。スムーズな動きを見せて、最後は馬なりのままハミを取って伸びてきた。前走のジャパンC(2着)を快時計で駆け抜けた反動は見られず、いい気配を保っている。

    【有馬記念馬体診断】ブラストワンピース 


     【ブラストワンピース 評価A】  

     菊花賞1週前に比べると、かなり絞った印象を受ける。重戦車のような重厚感がいい意味で抜けて、この馬としてはスッキリと見せている。横も、縦もさらに伸びており、ステイヤーとして成長中だ。  ハードトレのあとでも、硬さは全くない。はち切れんばかりの肩とギュッと詰まったトモは健在で、状態の良さは強調できる。
    (馬サブロー美浦・佐野裕樹)  

    〈1週前追い切り診断〉
    池添を背に美浦Wで6F82秒0-38秒2-12秒5(一杯)。攻め駆けする相手に手応えで見劣ったが、ビシビシと気合を入れられ、ゴール前は1馬身の先着を果たす。この1本で馬体も締まってくるだろう。

    【有馬記念馬体診断】シュヴァルグラン


     【シュヴァルグラン 評価A】

     前走時の輝くような毛ヅヤに比べるといくぶんくすんだように見えているが、冬場の時季としては十分に光沢がある。毛色も焦げ茶色に見えており、体調に変わりはなさそう。肩や下腿(かたい)の血管が浮き出ているように、皮膚の薄さも前走同様だ。  速い時計の決着だったジャパンCの反動はなく、顔つきにも強い意志が感じられる。昨年と比べると物足りない成績に感じられるが、年齢的な衰えはなく状態は引き続き良好だ。
    (馬サブロー栗東・竹原伸介)  

    〈1週前追い切り診断〉
    栗東CWで7F96秒5-80秒7-37秒4-12秒1(一杯)。2頭を大きく追走する形から、追い比べで最先着を果たした。内めを通ったにしても、この時計は立派。秋3戦目にしてようやく好調時の動きを取り戻しつつある。

    【有馬記念馬体診断】オジュウチョウサン


     【オジュウチョウサン 評価B】

      ゆったりとした首差しから、滑らかに流れる背中のライン。小ぶりなトモを含め、適度に余裕を見せるつくり。典型的なステイヤーと言えるだろう。

      7歳とは思えない若々しい肌ツヤをしており、キリッとした表情も闘志が落ちていない証拠。中間も尻尾をグルグルと振り回しながら走り、元気いっぱい。前走同様の出来で臨めそうだ。(馬サブロー美浦・佐野裕樹)

     
     
    〈1週前追い切り診断〉
    石神を背に美浦Wで5F69秒3-38秒5-12秒1(直強)。大きく追走したにもかかわらず、直線は並ぶ間もなく抜き去る圧巻の切れ。ダイナミックなフォームは、前走時よりもさらにパワーアップされた印象だ。肌ツヤの良さも目立ち、気配は絶好。



    うまとみらいと…
    競馬ファンならぜひ欲しい情報がゲットできますよね。
    だから・・・無料会員がここまで美味しいとはwwww

    umatomi

    朝日杯FS予想|2018年|馬体診断まとめ(デイリー)

    ヤフーニュースの馬体診断をまとめています!!

    batai















    【競馬情報はここから無料ゲット】
    無料情報で万馬券-勝馬伝説、いつも感謝していますよw
    kachium















    ヤフーニュースより

    【朝日杯FS馬体診断】グランアレグリア

     【グランアレグリア 評価A】

     
     サウジアラビアRCは初戦から2桁増の馬体重が示す通り、初戦時と比較して輪郭が大きくなった印象。それでもガチッとした部分はなく、今回も柔らかみを感じる肌の質感で、牝馬らしいシャープな部分とのバランスは保てている。

     
     首差しや表情はまだ幼い面を残しているが、前後肢はつくべきところに筋肉がついた絶妙なシルエット。それでいて余分なところが研ぎ澄まされており、スピード力を示すには理想的な体形。きっちりと仕上がっている。(馬サブロー美浦・石堂道生)

     
     〈1週前追い切り診断〉美浦Pで5F68秒4-38秒7-12秒3(馬なり)。古馬2頭を追い掛けて内に入ったが、楽な手応えのまま一直線の伸び脚。数字以上の切れがあり、馬体の張りも申し分なし。万全の態勢だ。

    【朝日杯FS馬体診断】アドマイヤマーズ

     【アドマイヤマーズ 評価A】 

     スカッとした姿形ながら力感を感じさせるのは、質のいい筋肉によるもの。首の高さや長さ、前腕のボリューム感、トモ高の体形は父のダイワメジャーに似て通ずるものがある。あばらを見せて体脂肪の低い研ぎ澄まされた馬体は、時計の速い馬場に対応できるフォルムだ。 

     つなぎの長さや角度も父に似ているが、スピード持続力と頑強な先行力を生かすレースぶりも同様。適度に上がり時計がかかればベストだ。

    キ甲(※1)やバランスを踏まえればまだ成長の余地はあるが、それでも現時点の完成度は高めだ。(馬サブロー栗東・吉田順一) 

    〈1週前追い切り診断〉
    M・デムーロを背に栗東CWで6F84秒3-38秒2-11秒7(一杯)。アンコールプリュ(3歳OP)を0秒6追走して首差遅れ。ヘリオス(2歳500万下)を0秒9追走して0秒2先着。追われると鋭い反応でシャープに伸びてきた。休み明けのデイリー杯2歳Sを快勝後も元気いっぱいの動きを見せており、状態はさらに上向いている。 

    (※1)「キ甲」とは首と背の境の膨らんでいる部分。幼いうちは目立たないが、成長すると隆起してきてよく分かるようになる。この部分が隆起してよく見えるようになることを「キ甲が抜ける」と表現される。

    【朝日杯FS馬体診断】ファンタジスト 

    【ファンタジスト 評価B】 
     
     ロードカナロア産駒で負けなしの3連勝。首差しは多少短めで肩も立ち気味。ストライドよりは回転で勝負するタイプだ。ベストは千四で千六は守備範囲と言ったところだろう。 

     前走は東京競馬への長距離輸送がありながらも10キロ増だったことは、この馬が環境に強いことの証しでもある。再度の関東遠征になるが、今のシルエットと間隔を踏まえれば何の心配もないだろう。ケイコはハードに追われており、これでトモの股あたりに膨らみが出れば理想的な仕上がりになりそうだ。(馬サブロー栗東・吉田順一) 

    〈1週前追い切り診断〉
    栗東坂路で4F49秒5-36秒5-エラー(一杯)。力強い脚さばきでグイグイ登坂して好時計をマーク。アドマイヤナイト(6歳1600万下)に2馬身先着した。追われてからの伸びも上々。

    【朝日杯FS馬体診断】ケイデンスコール

    【ケイデンスコール 評価C】 

     父のロードカナロアは回転の速いピッチ走法ながら、ストライドを稼げる走りができたことが「世界のロードカナロア」たるゆえんだろう。 

     初年度産駒のアーモンドアイや今年の牡馬路線を引っ張るサートゥルナーリアなどの大物はストライドが大きめ。対してマイルまでの馬は、回転を武器にスピードと切れを生かすタイプが多い。 

     当馬は首差しが太くて短く、肩の角度やつなぎの短さなどからすれば後者で千四あたりがベストか。また臀部(でんぶ)がとがっており、心持ち馬体は重めが残っている印象だ。(馬サブロー栗東・吉田順一) 

    〈1週前追い切り診断〉
    C・デムーロを背に栗東CWで81秒6-38秒0-12秒0(一杯)。攻め駆けするファッショニスタ(4歳1600万下)に最後まで食らいついて併入した。休養の効果で背丈が伸びて馬体もひと回り成長し、男馬らしい力強さが出てきた。このひと追いで仕上がった感があり、直前は反応を確かめる程度で十分だろう。



    うまとみらいと…

    競馬ファンならぜひ欲しい情報がゲットできますよね。
    だから・・・無料会員がここまで美味しいとはwwww

    umatomi

    阪神JF予想|2018年|馬体診断まとめ(デイリー)

    ヤフーニュースの馬体診断をまとめています!!

    batai















    【競馬情報はここから無料ゲット】
    無料情報で万馬券-勝馬伝説、いつも感謝していますよw
    kachium















    ヤフーニュースより

    【阪神JF馬体診断】 ビーチサンバ

     【ビーチサンバ 評価A】 

     母はフサイチエアデールだが、その産駒らしい筋肉量の多いがっちりとしたシルエット。太めの首差しに負けない前腕とトモのボリューム。

     立派な胴体に比べると脚が細い印象は受けるが、それでも前後のバランスが良く見栄えのする好馬体だ。 

     少し立ち気味で短めのつなぎやクロフネ産駒だということを踏まえれば、朝日杯FSや阪神Cを勝った全兄のフサイチリシャール同様、マイル以下に適性が強そうだ。また目つきなどからも勝ち気な面があり、結果の出ているときはいい方に向きそう。時計勝負にも対応できるタイプだ。
    (馬サブロー栗東・吉田順一) 

    〈1週前追い切り診断〉
    福永を背に栗東CWで6F80秒9-37秒0-11秒9(強め)。3頭併せを行い、同じく阪神JFを予定しているサヴォワールエメ(2歳500万下)と併入。やや手応えは見劣ったが、数字的には動けており問題はない。前走が少し余裕を持たせた仕上げだっただけに、しっかりと上積みが見込めそうだ。

    【阪神JF馬体診断】ダノンファンタジー

    【ダノンファンタジー 評価A】 

     新馬、未勝利戦と千六に出走し、前走は距離を1F詰めたファンタジーSを快勝。パドックやレースで多少力みはあるが、瞬発力が発揮できているのは道中で我慢ができている証しだ。 
     
     ここ2走は460キロで出走しているが、現時点の骨格に見合った筋肉量を誇る。ピンとした耳、聡明(そうめい)な目つき、つなぎの角度や柔軟性もグッド。

     まだキ甲(※1)が抜けておらず、トモ高の体形で成長の余地は残しているが、それでいて前後のバランスがいいのが好素材の証明。馬体、気配ともに雰囲気が良く、時計の速い舞台で躍進あるシーンは容易に想像がつく。(馬サブロー栗東・吉田順一) 

    〈1週前追い切り診断〉
    C・デムーロを背に栗東CWで5F64秒9-37秒2-11秒7(馬なり)。ゼンノワスレガタミ(4歳1000万下)を0秒9追走して首差先着。新コンビの鞍上と息の合った走りを見せた。この時期の2歳牝馬とは思えないほど、動き、馬体がしっかりしている。申し分ない出来だ。 

    (※1)「キ甲」とは首と背の境の膨らんでいる部分。幼いうちは目立たないが、成長すると隆起してきてよく分かるようになる。この部分が隆起してよく見えるようになることを「キ甲が抜ける」と表現される。

    【阪神JF馬体診断】シェーングランツ 

     【シェーングランツ 評価B】

     お腹が上がり気味に見えるのは、半姉のソウルスターリングの2歳の同時期と酷似した体形。父がディープインパクトへと変わったこともあり、お尻からトモのラインがシャープに収まっており、当馬の方がより柔軟さが感じられる。 

     首差しも長い分、立ち姿では実際の数字以上にまとまって映るものの、現時点でもバランスは取れている。ただ目付きがキツく、力みが感じられる分、まだ幼さが残る印象。当日のテンションには注意しておきたい。(馬サブロー美浦・石堂道生)

    【阪神JF馬体診断】クロノジェネシス

    【クロノジェネシス 評価B】
     
     新馬戦は稍重で勝ち上がり、前走のアイビーSでは良馬場で上がり3F32秒5を計測して着差以上の完勝劇を演じた。頭が高く肩が立ったトモ高の前駆体形。ストライドを伸ばすよりは回転の速さで持ち味を生かすタイプだ。 

     母父や半姉ノームコア同様の毛色、少し破折(※1)気味の脚元などからすれば父よりは母系の血を色濃く継承している。腹のラインが切れ上がり気味で前が強いフォルムだが、トモの丸みは悪くない。気性の良さを感じさせるたたずまいも好印象だ。(馬サブロー栗東・吉田順一) 

    〈1週前追い切り診断〉
    北村友を背に栗東CWで6F81秒4-38秒1-12秒2(仕掛け)。前2頭を大きく追い掛ける形から内に入ると、この馬らしい鋭い伸びを発揮した。テンションも上がっておらず、いい雰囲気を保っている。 (※1)「破折」とは、爪の前面(あるいは背面)の蹄壁の角度とつなぎの角度が違っている馬のこと。



    うまとみらいと…

    競馬ファンならぜひ欲しい情報がゲットできますよね。
    だから・・・無料会員がここまで美味しいとはwwww

    umatomi

    チャンピオンズカップ予想|2018年|馬体診断まとめ(デイリー)

    ヤフーニュースの馬体診断をまとめています!!

    batai















    【競馬情報はここから無料ゲット】
    無料情報で万馬券-勝馬伝説、いつも感謝していますよw
    kachium















    ヤフーニュースより

    【チャンピオンズカップ馬体診断】ルヴァンスレーヴ

     【ルヴァンスレーヴ 評価B】  
     
     以前に比べるとトモや腰回りがパンと張って、全体的なバランスは良くなってきた。キ甲(※1)や背中のラインから受ける印象はまだ発達途上。それでいて見せてきたハイパフォーマンスは、搭載エンジンが違うとしか言いようがない。  
     
     つなぎは長めで柔らかく、先々は芝もこなせそうな雰囲気。ビシッと攻めたことで代謝が上がり、肌ツヤはピカピカ。柔らかい馬体を保てているように順調そのものだ。(馬サブロー美浦・佐野裕樹)  

    〈1週前追い切り診断〉
    美浦坂路で4F52秒8-38秒3-13秒0(一杯)。鞍上のゴーサインにもきっちりと応え、グイグイと力強く伸びて好時計をマークした。馬体の張り、肌ツヤも申し分なく状態は前走以上だ。  

    (※1)
    「キ甲」とは首と背の境の膨らんでいる部分。幼いうちは目立たないが、成長すると隆起してきてよく分かるようになる。この部分が隆起してよく見えるようになることを「キ甲が抜ける」と表現される。

    【チャンピオンズカップ馬体診断】オメガパフューム

    【オメガパフューム 評価B】  
     
     馬体重は450キロ台。歴戦の古馬と比べると迫力という点では見劣るかもしれない。ただ、肩の筋肉や臀部(でんぶ)の丸みからはダート馬としての資質が十分に感じられる。まだ成長途上の3歳馬だけに、先々に期待が持てる馬体と言っていい。  

     前走のJBCクラシック(2着)当時は肩や下腿(かたい)に血管が浮き出て皮膚が薄かったが、今回は多少厚みがあるためB評価に。それでも1週前時点の馬体としては上々の部類で、当日までにどれくらい状態を上げてくるかがポイントだろう。(馬サブロー栗東・竹原伸介)  

    〈1週前追い切り診断〉
    栗東坂路で4F52秒3-38秒0-12秒5(強め)。軽快さがありつつも、全身を大きく使ったフォームは迫力十分だった。好調をキープしている。

    【チャンピオンズカップ馬体診断】ケイティブレイブ 

    【ケイティブレイブ 評価B】  
     
     前走のJBCクラシック(1着)では10キロ増でも全く太め感はなかった。今回の馬体は多少皮膚が厚ぼったく見えるが、大きな変化はなく1週前としては合格点だろう。  
     
     肩やトモの筋肉の盛り上がりは相変わらずで、前記の皮膚の厚ぼったさが解消されれば評価は「A」に上がる。光量の関係で毛ヅヤが少しくすんで映るかもしれないが、首差しや肩の光沢をよく見れば全く問題はない。ビロードのようなしっとりとした質感もあり、好調と判断したい。
    (馬サブロー栗東・竹原伸介)  

    〈1週前追い切り診断〉
    福永を背に栗東CWで6F80秒0-37秒4-12秒7(馬なり)。余裕を持って好時計をマークした。力感にあふれる動きからも、目下の充実ぶりが伝わってくる。

    【チャンピオンズカップ馬体診断】サンライズソア

    【サンライズソア 評価B】  
     
     4カ月半ぶりの前々走・シリウスSで戦列へ復帰し、前走のJBCクラシックとともに連続3着。一戦ごとに馬体重は増えているが、体つきは逆に引き締まっていた。今回も緩さは感じられず、状態は引き続き良好だ。  
     
     ボリューム感満点の筋肉質の前駆と、はっきりと段差の分かる臀部(でんぶ)。首回りの太さなど、迫力十分の馬体をしている。風格の出た顔つきをしているが、当日のパドックではテンションが高め。パシュファイヤーとメンコを着用して最後方を周回している。イレ込んでいるわけではないので、注意してほしい。(馬サブロー栗東・竹原伸介)  

    〈1週前追い切り診断〉
    栗東CWで6F80秒8-38秒9-12秒7(一杯)。6F地点で少し反抗するようなしぐさを見せていたが、その後はおおむねスムーズに駆けて、併せた相手に1馬身先着。詰まったローテでも加減することなくムチが入るほどハードに追われており、疲れの心配は全くない。状態は高いレベルで安定している。



    うまとみらいと…

    競馬ファンならぜひ欲しい情報がゲットできますよね。
    だから・・・無料会員がここまで美味しいとはwwww

    umatomi

    JC(ジャパンカップ)予想|2018年|馬体診断まとめ(デイリー)

    ヤフーニュースの馬体診断をまとめています!!

    batai















    【競馬情報はここから無料ゲット】
    無料情報で万馬券-勝馬伝説、いつも感謝していますよw
    kachium















    ヤフーニュースより

    【JC(ジャパンカップ)馬体診断】アーモンドアイ

     【アーモンドアイ 評価A】  
     
     全体的なボリューム感は秋華賞以上。ただ、無駄な脂肪が一切なく、質のいい張り。もともと皮膚が薄く無駄な肉は付きにくいタイプではあるが、ここまで張った馬体は初めて見た。  

     前駆に力感が増し、巻き上がり気味だった腹にも筋肉が付いて、バランス良く成長しているイメージ。肩回りやトモの筋肉量も増えているが、ゴツさがない。可動域を広く保てる体幹の強さ、柔らかさに、パーツパーツもしっかりとしている印象を受ける。
    (馬サブロー美浦・佐野裕樹)  

    〈1週前追い切り診断〉
     ルメールを背に美浦Wで5F65秒4-36秒7-12秒8(馬なり)。攻め動く古馬2頭を追い掛けたが、直線は必死に食らいつく相手の横を涼しい顔のまま抜け出した。自慢の切れ味にさらに磨きがかかっており、ケチのつけようがない状態だ。

    JC(ジャパンカップ)馬体診断】シュヴァルグラン

    【シュヴァルグラン 評価A】  

     休み明けの京都大賞典(4着)当時に比べると、毛ヅヤが別馬のように良化。以前にも書いたが、毛色が赤茶色に見える時よりも焦げ茶色に見える方が体調の良い時。今回は昨年の優勝時と遜色はなく、この時季に調子を上げてくるタイプだろう。  

     肩や下腿(かたい)に血管が浮き出ているように、皮膚も薄くなった印象だ。6歳の秋を迎えたが、馬体の衰えはなく張りがある。顔つきにも精悍(せいかん)さが見受けられ、戦闘意欲が十分に感じられる。(馬サブロー栗東・竹原伸介)  

    〈1週前追い切り診断〉
     C・デムーロを背に栗東CWで6F80秒1-37秒0-11秒9(一杯)。アドマイヤコースト(2歳未勝利)を1秒9追走して併入。ランブリングアレー(2歳500万下)を1秒3追走して0秒1遅れた。まだラストの伸び脚に物足りなさはあるが、毛ヅヤが格段に良化しているように、叩かれた効果は十分。

    JC(ジャパンカップ)馬体診断】スワーヴリチャード 

     【スワーヴリチャード 評価A】
     
     毛ヅヤに物足りなさを感じた前走の天皇賞・秋(10着)だったが、今回は毛ヅヤが大幅に良化した。皮膚の厚ぼったさも解消して、馬体に張りが出てきたのも何より。休み明けをひと叩きされた上積みは大きい。  肩やトモの質感のある筋肉は相変わらずで、重厚感のある迫力十分の馬体をしている。胴の長さや首差しからベストは2000メートルと思えるが、2400メートルも十分に守備範囲。前走は1番人気で不運な大敗を喫したが、顔つきからダメージはなく巻き返せるだけの状態にある。(馬サブロー栗東・竹原伸介)  

     〈1週前追い切り診断〉
    M・デムーロを背に栗東CWで6F83秒3-39秒4-12秒8(馬なり)。久々を叩いて力みが消え、本来のシャープさを取り戻している。今の落ち着きぶりなら発馬への不安も考えなくて良さそうだ。

    【JCジャパンカップ馬体診断】サトノダイヤモンド

    【サトノダイヤモンド 評価B】  
     
     前走の京都大賞典で1年7カ月ぶりの勝利。見事に復活ののろしを上げた。デビュー以来、最高馬体重の512キロだったが太め感はなく、九分以上に仕上がっていた。春と比べると胴が少し長くなり、馬体に幅も出たのが体重の増えた理由だろう。  

     重心が低くなり、バランスが良化したのは良い傾向と思う。ただ今回は肩の筋肉の盛り上がりはいつも通りだが、若干トモの筋肉が薄く感じられる。そのためB評価としたが、状態自体は引き続き良好だ。(馬サブロー栗東・竹原伸介)  

     〈1週前追い切り診断〉
     モレイラを背に栗東CWで6F81秒3-37秒4-11秒6(馬なり)。ソーグリッタリング(4歳OP)を0秒4追走して併入した。一杯に追われた相手を尻目に、終始楽な手応え。力強いフットワークがひときわ目を引いた。前走の復活劇から状態はさらに上向いている。



    うまとみらいと…

    競馬ファンならぜひ欲しい情報がゲットできますよね。
    だから・・・無料会員がここまで美味しいとはwwww

    umatomi

    このページのトップヘ