競馬ニュース・競馬データまとめサイト

競馬のニュースや競馬のデータをユーザー視点でまとめています。競馬の予想の参考になるサイトづくりを目指しています。

    カテゴリ:馬体診断

    東京優駿(日本ダービー)予想|2019年|馬体診断まとめ(デイリー)

    ヤフーニュースの馬体診断をまとめています!!

    batai















    【競馬情報はここから無料ゲット】
    無料情報で万馬券-勝馬伝説、いつも感謝していますよw
    kachium















    ヤフーニュース(デイリースポーツ)より


    【ダービー馬体診断】ヴェロックス

     
     【ヴェロックス 評価S】 

     皐月賞時は、トモに丸みがありながらうっすらとあばらを見せてコンパクトなシルエット。3歳になってから精神面が成長しそれに伴い馬体に実が入り、心身のバランスが整ったと見てA評価にした経緯がある。

      しかし、今回はさらに馬体の厚みが増し、全体的に筋肉量がアップ。それでいながら、あばらをうっすらと見せているのは、いいトレーニングができている証しだろう。スラッとしたシルエットながら前後のバランスが良く、トモの丸みやボリュームは前走と同等かそれ以上。この短期間でも進歩が見えるのは、今が成長期か。さらなるレベルアップが期待できる。

     (馬サブロー栗東・吉田順一)

      〈1週前追い切り診断〉
    川田を背に栗東CWで6F78秒5-36秒5-11秒5(一杯)。直線でもビシビシとムチが入るほどハードに追われ、コース追いの自己ベストをマーク。抜け出してからも最後まで集中しており、気性面に確かな成長の跡がある。馬体のつくりにも隙はなく、輸送のある当週はサッと流す程度で十分だろう。

    【ダービー馬体診断】サートゥルナーリア

     
     【サートゥルナーリア 評価A】 

     約4カ月ぶりの皐月賞に比べると、臀部(でんぶ)の丸みやボリュームは落ちている。これは今までにない詰まった間隔で出走することの影響かもしれない。  

     とはいえ1週前、週末、当週の負荷次第では膨らむ可能性はあるので現時点で割り引くことはできない。あばらをしっかりと見せ、今回も体脂肪率の低い研ぎ澄まされた質感をキープ。相変わらず穏やかな目つきをして適度なテンションを保てているのは心強い限りだ。  

     前走時は前肢と左後肢にバンテージを巻いていたが、今回はなし。球節の腫れぼったさがマシになっているのもプラスに捉えたい。
    (馬サブロー栗東・吉田順一)  

    〈1週前追い切り診断〉
     レーンを背に栗東CWで5F69秒4-37秒6-11秒8(馬なり)。ゆったりとしたラップを刻みながらも行きたがる様子はなく、落ち着き十分の走り。ラスト1Fだけで併せた2頭をスッと引き離して、軽々と最先着を決めた。休み明けの前走時より反応に鋭さが増し、さらに気配は上向いている印象。無傷5連勝での戴冠へ、今のところ不安は一切ない。

    【東京優駿(日本ダービー)馬体診断】ダノンキングリー

     
     【ダノンキングリー 評価A】 

     いい意味でコンパクトにまとまりつつも、全体的にビルドアップを感じさせ、筋肉の凹凸がくっきり。代謝の上がる時季で毛ヅヤが良化してきているとはいえ、明らかに今回の方が張りがある。それでもアバラをうっすらと見せており、絶妙とも言えるバランスを維持。目付きはやや鋭いが首差し自体には力みがなく、リラックスした立ち姿だ。

      皐月賞時1週前との比較で、心身ともに成長を感じさせる。トレセンに帰厩後の調整も前回とほぼ同様のパターンで、1週前は美浦Wでビッシリと併せ馬を消化。きっちりと整っている。

      (馬サブロー美浦・石堂道生)

      
     〈1週前追い切り診断〉
     美浦Wで6F80秒1-38秒4-12秒7(一杯)。大きく追走しながらも、直線は力強く抜け出して好時計をマーク。しぶとく食らいつく相手を振り切った伸び脚は迫力があった。馬体の緩みもなく、態勢に抜かりはない。

    うまとみらいと…
    競馬ファンならぜひ欲しい情報がゲットできますよね。
    だから・・・無料会員がここまで美味しいとはwwww

    umatomi

    オークス予想|2019年|馬体診断まとめ(デイリー)

    ヤフーニュースの馬体診断をまとめています!!

    batai















    【競馬情報はここから無料ゲット】
    無料情報で万馬券-勝馬伝説、いつも感謝していますよw
    kachium















    ヤフーニュース(デイリースポーツ)より


    【オークス馬体診断】ラヴズオンリーユー
     
     【ラヴズオンリーユー 評価A】 

     全兄のリアルスティールに比べると爪は丈夫か。また、つなぎの柔軟性も兄よりは上。目つきは鋭く、あくまで折り合いがポイントだが、クビ差しが長くて胴長+脚長の体形も加味すれば、距離に対する融通性は妹の方がありそうだ。  

     栗東CWで長めから2本の追い切りを施されているが、それでもふっくらとしたシルエットを誇っているのは状態のいい証し。撮影では多少、前重心になるのは兄と同様だが、トモのボリュームと丸みは目を見張る。厳しい競馬をしていない分、馬に余力があるのは好材料だ。
    (馬サブロー栗東・吉田順一)  

    〈1週前追い切り診断〉
    M・デムーロを背に栗東CWで6F81秒0-38秒0-11秒5(馬なり)。エントシャイデン(4歳オープン)を0秒7追走して0秒4先着。パートナーを抜き去る際の加速は際立っていた。休み明けを叩かれ、状態はさらに上向いている。
    【オークス馬体診断】コントラチェック

     
     【コントラチェック 評価B】 

     【コントラチェック 評価B】   
     きょうだいは重厚なつくりのタイプが多いが、当馬はバランス型の体形。今回は首差しがより力強く、前肢が勝って映るシルエットだが、トモからお尻はシャープにまとまっており、ガチッと固まっていないのは父ディープインパクトの血の影響が濃く出ているのを感じさせる。  

     距離は延びるが、つなぎの長さと角度も理想的で走法からも問題なし。立ち姿からは気負いは見せないが、走らせると前向き過ぎる面を出すのがネック。この中間も調整はテンションを上げさせないように工夫されてのもの。お腹回りに少しゆとりが見られるように、もうひと絞りできれば完璧だろう。(馬サブロー美浦・石堂道生)  

    〈1週前追い切り診断〉
    美浦Wで3F44秒5-13秒3(馬なり)。3Fからサラッと流したが、緩いペースにも力みはなく、リズム良く走れている。体も締まっており、状態面はいい意味で変わらない。

    【オークス馬体診断】ダノンファンタジー

     
     【ダノンファンタジー 評価B】 

     チューリップ賞で結果を出し、桜花賞へ向けては意欲的な調整が施された。あばらをうっすらと見せながらもトモがパンパンに張り、体脂肪の低い研ぎ澄まされたシルエット。骨格やつなぎからもマイラーのイメージが強く、折り合い面などに課題があるため桜花賞が最大目標だった可能性は高い。

      ただ、体脂肪は多少増えたが、緩みのない体つきでトモの丸みも十分。今回の姿形からすればハードにやった反動は感じられないが、テンションが上がらぬようにケイコの負荷を弱めているのは事実。見栄えはするものの、上積みは疑問だ。(馬サブロー栗東・吉田順一)

      
    〈1週前追い切り診断〉栗東坂路で4F56秒7-41秒0-12秒9(馬なり)。馬任せに終始したが、フットワークは素軽く、気配は良好。

    うまとみらいと…
    競馬ファンならぜひ欲しい情報がゲットできますよね。
    だから・・・無料会員がここまで美味しいとはwwww

    umatomi

    ヴィクトリアマイル予想|2019年|馬体診断まとめ(デイリー)

    ヤフーニュースの馬体診断をまとめています!!

    batai















    【競馬情報はここから無料ゲット】
    無料情報で万馬券-勝馬伝説、いつも感謝していますよw
    kachium















    ヤフーニュース(デイリースポーツ)より


    【ヴィクトリアマイル馬体診断】アエロリット
     
     【アエロリット 評価A】 

     アメリカ遠征後は福島県のノーザンファーム天栄で調整。帰厩後はやや馬体に重め感はあったが、調教を積むたびに締まってきた。汗をかく時季を迎え、代謝が上がったことも大きいだろう。厚みのある腹袋もシャープになり、背中、腰回りもパンと張っている。太い首差しは変わりなく、見た目のパワフルさは好調時と遜色なし。撮影にも慣れたもので、リラックスした表情も好感が持てる。
    (馬サブロー美浦・佐野裕樹)  

    〈1週前追い切り診断〉
     菊沢師を背に美浦Wで4F51秒0-12秒8(強め)。追走して外を回した分、併せた相手に手応えは見劣ったが、最後まで力強く伸びている。馬体の重苦しさもなく、次週の1本で整うだろう。
    ヴィクトリアマイル馬体診断】ミッキーチャーム

     
     【ミッキーチャーム 評価A】 

     【ミッキーチャーム 評価A】 
     体長と体高の比率を見るとマイラー体形だが、純粋マイラーと比較すると首回りが若干細い。ベストは1800メートルと思えるが、今回は十分守備範囲の距離と言える。肩や腿(たい)の筋肉の段差がはっきりと見て取れるし、馬体の張りも申し分ない。毛ヅヤも十分な光沢があり、引き続き好調をキープしているようだ。450キロ前後の馬とは思えないほど、馬体を大きく見せている点にも好感が持てる。もともとパドックでは多少うるさい面のある馬だが、落ち着きがあるかがポイント。
    (馬サブロー栗東・竹原伸介)  

    〈1週前追い切り診断〉
    栗東坂路で4F58秒5-43秒5-13秒8(馬なり)。馬任せに終始したが、リラックスした走りで上々の気配。前走を快勝した反動は感じられない。

    【ヴィクトリアマイル馬体診断】ラッキーライラック

     
     【ラッキーライラック 評価A】 

     前走の阪神牝馬Sは不利があり8着に敗退。ダメージを心配したが、その点は問題なさそう。3歳春当時から比較すると20キロほど体重が増えているが、筋肉量が増えたのと体高が伸びたのが要因で、馬体のバランスは変わらずに良好。牝馬とは見えないほど雄大でパワフルな馬格は、好印象だ。前腕と下腿(かたい)に血管が浮き出ているように皮膚の薄さは特筆もので、無駄肉のない体つき。ビロードのような光沢を放つ毛ヅヤも申し分はなく、ピークに近い状態と言える。

    (馬サブロー栗東・竹原伸介)  〈1週前追い切り診断〉栗東CWで5F65秒6-11秒6(強め)。ギラーミン(4歳1000万下)を1秒2追走して0秒3先着。キビキビとしたフットワークで軽快な動き。追われると素早い反応で伸びてきた。前走は不利もあり敗退したが、状態は変わりなく良好だ。

    うまとみらいと…
    競馬ファンならぜひ欲しい情報がゲットできますよね。
    だから・・・無料会員がここまで美味しいとはwwww

    umatomi

    NHKマイルC予想|2019年|馬体診断まとめ(デイリー)

    ヤフーニュースの馬体診断をまとめています!!

    batai















    【競馬情報はここから無料ゲット】
    無料情報で万馬券-勝馬伝説、いつも感謝していますよw
    kachium















    ヤフーニュースより

    【NHKマイルC馬体診断】プールヴィル
     
     【プールヴィル 評価A】 

     ここにきて中3週が続くローテーションだが、相変わらず眼光が鋭く馬はへこたれることなく元気いっぱい。キ甲(※1)が抜けて、やや前が強いフォルムは前走時と変わらないが、今回は皮膚を薄く見せるシルエット。より研ぎ澄まされてきた印象を受ける。 

     関東への長距離輸送が考慮されたか、攻め本数は前走時より1本少なく単走だったが、小柄でも躍動感のある動きを示せている点は好感が持てる。前が気持ち強い体形、短めのつなぎからマイルはギリギリだが、時計の速い舞台設定なら問題なし。前走以上だ。
    (馬サブロー栗東・吉田順一) 

     〈1週前追い切り診断〉
    坂路で4F52秒7-12秒6(馬なり)。キビキビと活気十分の走りで駆け上がり状態の良さを誇示した。疲れはなさそうだ。 (※1)「キ甲」とは首と背の境の膨らんでいる部分。幼いうちは目立たないが、成長すると隆起してきてよく分かるようになる。この部分が隆起してよく見えるようになることを「キ甲が抜ける」と表現される。
    【NHKマイルC馬体診断】アドマイヤマーズ

     
     【アドマイヤマーズ 評価A】 

     皐月賞から9日後には坂路で14-14程度を計測し、その2日後には負荷のかかったケイコを消化。再度の長距離輸送を控えていながらこれだけやれるのは、馬がタフな証しだろう。前走時でもあばらを見せていたが、今回も同様。トモの丸みは皐月賞時の方があったが、週末や当週追いで、このあたりはしっかりと膨らんでくる見立てだ。 

     前走時は見栄えはしたが、気持ち立派に映るフォルム。ただ今回はすっきりと見せており、時計の速いマイル戦に適したシルエットと言っていいだろう。ある意味、究極の仕上げか。
    (馬サブロー栗東・吉田順一) 

     〈1週前追い切り診断〉
    栗東坂路で4F52秒0-12秒5(強め)。テンからスムーズに折り合い、ラストは上々の伸びを見せた。気配は良好だ。

    【NHKマイルC馬体診断】グランアレグリア

     
     【グランアレグリア 評価B】 

     休み明けで結果を残す戦績だが、逆に今回は間隔が詰まっての出走。曇天の影響でくすんで映る分もあるとはいえ、この馬にしては少しボテッとしたシルエットだ。 

     激戦後で極端にガタッとくることを懸念していたが、いい意味でふっくらとしており、見た目での反動はなさそう。ただ緩みが見られる分、適度に引き締まっていた前走時と比較すると、トモから臀部(でんぶ)にかけての筋肉の張りはやや物足りなく映る。当週の調整には、より注目したい。
    (馬サブロー美浦・石堂道生) 

     〈1週前追い切り診断〉
    美浦Wで5F72秒6-42秒7-13秒5(馬なり)。前走後の初時計。オーバーワークを避けて控えたが、スムーズに折り合って気分良く走れていた。体に太め感はなく、無理して攻め込む必要はないだろう

    【NHKマイルC馬体診断】ダノンチェイサー

     
     【ダノンチェイサー 評価B】


      レース10日前あたりに行われる写真撮影だが、池江厩舎は基本的に皮膚が厚ぼったく見えるシルエットが多い。そこから1週前、週末、当週のケイコで引き締めてくるのがパターン。きさらぎ賞もそうだったが、今回はひと味違う印象を受ける。今すぐにでもレースに使えるほど、筋肉質で引き締まった馬体を誇る。 ただ、トモのボリュームや丸みなどが物足りず、前が強いフォルムとなっている。また、珍しく前肢にプロテクターをつけていること、ケイコの負荷が少し軽いことも気掛かり。少し評価を下げたい。(馬サブロー栗東・吉田順一)
     
     〈1週前追い切り診断〉
    川田を背に栗東CWで6F82秒8-11秒8(馬なり)。持ったままの手応えで併せた2頭を軽々と突き放して最先着。ひと息入れたことで背丈が伸び、以前よりパワーアップした印象。馬体も仕上がっており、次週は少し気合をつける程度で十分だろう。


    うまとみらいと…
    競馬ファンならぜひ欲しい情報がゲットできますよね。
    だから・・・無料会員がここまで美味しいとはwwww

    umatomi

    天皇賞(春)予想|2019年|馬体診断まとめ(デイリー)

    ヤフーニュースの馬体診断をまとめています!!

    batai















    【競馬情報はここから無料ゲット】
    無料情報で万馬券-勝馬伝説、いつも感謝していますよw
    kachium















    ヤフーニュースより

    【天皇賞春馬体診断】フィエールマン
     
     【フィエールマン 評価A】  

     シャープな体のラインに、スラッと伸びた脚。短く厚みのある首差しこそ変化はないが、背、腰の無駄な肉が取れ、AJCC当時とはまるで違ったスタイル。ステイヤー仕様といったところか。  腹も巻き上がるほどの締まりを見せており、いい意味でディープ産駒らしい馬体の雰囲気が出てきた。ケイコの動きも抜群で、今までで一番の出来だ。
    (馬サブロー美浦・佐野裕樹)
     
    〈1週前追い切り診断〉
     嶋田を背に美浦Wで6F81秒9-37秒6-12秒8(強め)。2頭を大きく追い掛けながらも、直線は手応え、勢いの違いを見せつけて貫禄の先着。馬体も無駄が一切なく、仕上げに抜かりはない。
    【天皇賞(春)馬体診断】グローリーヴェイズ

     
     【グローリーヴェイズ 評価A】  

     一戦ごとの馬体の成長が素晴らしい。前走が454キロ。そこからさらに大きくなっている。  腰回りが強化され、前後バランスの良いスタイルに成長。丸みのあるお尻にパンと張ったトモは、鍛えに鍛え抜いてきた成果だ。胸前、肩回りのボリューム感も前走同様に目立ち、ピカピカの肌ツヤも体調の良さを表している。
    (馬サブロー美浦・佐野裕樹)  

    〈1週前追い切り診断〉
    蓑島を背に美浦Wで6F81秒9-37秒7-12秒8(一杯)。6Fで1秒5追走、さらには直線は外に馬体を併せる意欲満点の内容。ゴーサインにしっかりと反応して、ラストはきっちりと併入を果たした。馬体の張り、ツヤも目立ち、状態は文句なし。

    【天皇賞(春)馬体診断】メイショウテッコン

     
     【メイショウテッコン 評価A】  

     3歳時は482~500キロで走っていたが、年明けの2戦は508~510キロと、10キロ以上体重が増えた。これは体高が増したことが原因で、体のバランスは悪くなっていない。  太め感はまったくなく、むしろ細身に映るほどの仕上がり。肩や臀部(でんぶ)の筋肉の段差がはっきりと見えるほど研ぎ澄まされており、1週前の時点で100点満点にかなり近い状態だろう。逃げ馬で展開に左右される面はあるが、状態だけならA評価にできる。(馬サブロー栗東・竹原伸介)  

    〈1週前追い切り診断〉
    福永を背に栗東CWで6F83秒6-38秒4-11秒9(馬なり)。ヘルムヴィーゲ(3歳未勝利)を0秒5追走して0秒4先着。ハッピークラッカー(3歳未勝利)を1秒追走して併入した。パワフルなフットワークで、迫力十分の動き。好調をキープしている。

    【天皇賞春馬体診断】ユーキャンスマイル

     
     【ユーキャンスマイル 評価A】


     首が長く胴長の体形で、長距離向きの体つき。2カ月半ぶりだが、無駄肉がなくすっきりとしている。肩や下腿(かたい)に浮き出た血管が皮膚の薄さを物語っており、張りのある馬体も強調ポイント。1週前とはいえ、九分以上の仕上がりだ。


     昨秋の菊花賞時(3着)と比べると前駆の筋肉が発達してきたし、トモの丸みもアップ。馬体の完成は先々になりそうだが、少しずつ成長しているようだ。前走のダイヤモンドSで初重賞を制覇し、顔つきにも精悍(せいかん)さが増してきた。(馬サブロー栗東・竹原伸介)


     〈1週前追い切り診断〉
    岩田康を背に栗東CWで6F81秒5-38秒0-11秒8(一杯)。僚馬2頭に追走先着した。前走からレース間隔はあいているが、俊敏な反応を示しているように不安は皆無。馬体にも緩みはなく、当週にサッと追う程度で十分なまでに仕上がっている。


    うまとみらいと…
    競馬ファンならぜひ欲しい情報がゲットできますよね。
    だから・・・無料会員がここまで美味しいとはwwww

    umatomi

    このページのトップヘ