競馬ニュース・競馬データまとめサイト

競馬のニュースや競馬のデータをユーザー視点でまとめています。競馬の予想の参考になるサイトづくりを目指しています。

    カテゴリ:馬体診断

    5

     「朝日杯FS・G1」(18日、阪神)

     出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評がある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、朝日杯FSに出走を予定する各馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

    【写真集】週末予想の参考に…朝日杯FS馬体診断

     【ミスエルテ 評価=A】

     同じフランケル産駒で、阪神JFを制したソウルスターリングよりは20キロほどサイズは小さいが、大まかなシルエットは似ている。偶然とは言え、カメラをにらむ鋭い目つきになっているあたりも、父の闘争本能を継承しているようだ。

     ただミスエルテの方が首差しが短めで太く、筋肉量が豊富のためマイルあたりまでが適性距離になりそうだ。つなぎは短いが立ち気味。これが素晴らしい加速力と爆発力を生んでいる。

     デビュー戦から6キロ減で挑んだファンタジーSが少し寂しい腹構えに映ったが、終始チャカついた仕草がよりそう見せたのかもしれない。追い切り後の撮影を考慮すれば、腹のラインは適性でトモの膨らみも文句なし。いい状態で出走できそうだ。(馬サブロー栗東・吉田順一)

     〈1週前追い切り診断〉川田を背に栗東CWで6F84秒1-39秒7-11秒9(馬なり)。しっかり道中で我慢を利かせて、ラストは余裕の手応えで僚馬と併入した。順調に来ている。


    タガノアンジュラ(評価B)

     「朝日杯FS・G1」(18日、阪神)

     出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評がある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、朝日杯FSに出走を予定する各馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

    【写真集】週末予想の参考に…朝日杯FS馬体診断

     【タガノアシュラ 評価=B】

     札幌2歳Sは1番人気を裏切ってしまったが、立て直された黄菊賞は逃げ切り勝ち。500キロ前後のマンハッタンカフェ産駒らしいボリューム感だが、半面、まだ全体的に緩さも残っている印象だ。

     時季的なものもあるのか、札幌2歳S時より馬体の張りツヤは劣り、少し皮膚の厚ぼったい体つき。ただこの撮影後に初めてCWで6Fからビシッと追われており、馬体が締まってくる公算は大きい。

     急激な成長段階の影響なのか、前後のバランスは狂いがちなのは多少割引材料だろう。かなりトモ高の体形に映るが、この姿形ならもう少し速い脚が使えても良さそうだ。(馬サブロー栗東・吉田順一)

     〈1週前追い切り診断〉国分恭(レースは武豊)を背に栗東CWで6F80秒1-38秒3-11秒9(一杯)。スピード感あふれる走りで、追われると俊敏な反応で伸びてきた。2カ月ぶりを叩かれて良化ムード。

     

    モンドキャノン(評価B)

     

     「朝日杯FS・G1」(18日、阪神)

     出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評がある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、朝日杯FSに出走を予定する各馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

    【写真集】週末予想の参考に…朝日杯FS馬体診断

     【モンドキャンノ 評価=B】

     爪が4本とも白い馬は、体が緩みにくく皮膚を薄く見せることが多い。その半面、若駒のうちは爪が丈夫ではないため無理使いはできないが、叩き2走目の中5週で挑むゆったりとしたローテは理想的だ。

     函館2歳S時に比べると筋肉の質感が劣る印象はあるが、これは天候や光量の影響か。首差しは立ち気味で少し短めだが、以前よりは胴をゆったりと見せる。さらに筋肉量が豊富なのは、母父サクラバクシンオーの血か。耳をぴんと立てキリッとした表情は充実の証しで好状態。

     ただ、肩が立ったトモ高の体形でストライドの伸びない走法。千二~千四がベストという点では、B評価が妥当か。(馬サブロー栗東・吉田順一)

     〈1週前追い切り診断〉栗東CWで6F84秒9-38秒2-11秒9(馬なり)。ファッショニスタ(2歳新馬)を1秒3追走して併入。並び掛ける加速が素晴らしく、ラストはパートナーに合わせる形。さらなる良化気配がうかがえる。

    【朝日杯FS2016年予想|馬体診断まとめ】の続きを読む

    阪神JF(阪神ジュベナイルフィリーズ)予想|2016年|馬体診断のまとめ

    無料コンテンツが豊富…只今限定会員募集中-すごい競馬


    ヴゼットジョリー(評価A)

     「阪神JF・G1」(11日、阪神)

     出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評がある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、阪神JFに出走を予定する各馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

    【写真集】週末予想の参考に…阪神JF馬体診断

     【ヴゼットジョリー 評価=A】

     首差しが長めで脚長+胴長で薄手のシルエット。トモ高の体形で腹が巻き上がって見えるが、背景からすれば傾斜でかなり前重心になっており、その影響も少なからず受けていることは間違いない。

     新潟2歳S制覇時は丸みがあったが、今回はあばらを見せて体脂肪の少ないきゃしゃな体つき。これでケイコが軽いようだと食いが細い?などの心配をしなければいけないが、意欲的な1週前追い切り後の写真なら合格点だ。

     長距離輸送がない関西圏の競馬で、賞金的に来春のクラシックが安泰な立場。久々だが当然ここが最大目標で、次走を考えなくていい状況下。馬体を研ぎ澄ませながらもしっかりとトモを凝縮させており、ある意味究極の仕上げと判断してもいいだろう。(馬サブロー栗東・吉田順一)

     〈1週前追い切り診断〉和田を背に栗東CWで6F83秒8-37秒4-11秒8(一杯)。オリエントワークス(3歳500万下)を0秒6追走して0秒4先着。追われるとスパッと切れて、併走馬を置き去りにした。休み明けだが、太め感なく仕上がっている。

     
    ジューヌエコール(評価A)

     「阪神JF・G1」(11日、阪神)

     出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評がある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、阪神JFに出走を予定する各馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

    【写真集】週末予想の参考に…阪神JF馬体診断

     【ジューヌエコール 評価=A】

     重馬場の新馬戦。稍重のききょうS。アグネスタキオンの肌にクロフネの血統背景が道悪巧者のイメージを先行させていたが、実際は首差しが長く胴長+脚長のスラッとしたシルエット。少し立ち気味で長めのつなぎはクッション性に富んでおり、上質のスピード持続力を生み出している。

     ディープインパクト産駒のように軽さと切れが武器ではないが、どこからでも安定した脚を計算できるのは今時期の2歳としては心強い限りだ。デイリー杯2歳Sで上がりの速い競馬に対応しての3連勝は本物と見ていい。長い首差し+平均的な肩の角度+トモ高のマイラー体形で、馬体の締まりも文句なし。血統を覆す柔らかさも魅力だ。(馬サブロー栗東・吉田順一)

     〈1週前追い切り診断〉栗東CWで6F84秒3-39秒3-12秒3(馬なり)。サトノシュテルン(2歳新馬)に1秒7先行して併入した。余力を残した内容だが、フットワークは素軽い。好調をキープしている。

     
    【阪神JF(阪神ジュベナイルフィリーズ)予想|2016年|馬体診断のまとめ】の続きを読む

    チャンピオンズカップ|2016年|馬体診断まとめ

    ここの予想が激アツ…無料予想で万馬券期待度大(情熱競馬が熱い)


    モーニン(評価B)

     「チャンピオンズC・G1」(12月4日、中京)

     出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評がある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、チャンピオンズCに出走を予定する各馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

    【写真集】週末予想の参考に…チャンピオンズC馬体診断

     【モーニン 評価=B】

     武蔵野Sは課題である馬込みの競馬でモロさを披露。とは言っても馬体は変わりなく順調で、スカッとしたシルエットを誇示している。トモ高でスピードに秀でたタイプ。それが驚異的なフェブラリーSのレコード勝ちにつながったが、前後肢のバランスや腹と背のライン、前肢の出し方からすればベストはやはり千四で千六までが許容範囲だろう。

     2走前に千八を克服しているが、船橋の重馬場でスピード優先の舞台。もちろん中京でも締まった砂質なら克服可能だが、この時季特有の乾燥した砂質だと、距離への不安はつきまとう。トモを凝縮しながら丸みがあるのは好材料だが、フェブラリーS当時に比べると全体的な肉付きがイマイチの分B評価にする。(馬サブロー栗東・吉田順一)

     〈1週前追い切り診断〉栗東CWで6F87秒4-41秒1-13秒1(馬なり)。レース間隔が詰まっているため、しまいをサッと伸ばした程度だが、ゴール前の脚勢は目を引くもの。出来はいい。


    コパノリッキー(評価B)

     「チャンピオンズC・G1」(12月4日、中京)

     出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評がある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、チャンピオンズCに出走を予定する各馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

    【写真集】週末予想の参考に…チャンピオンズC馬体診断

     【コパノリッキー 評価=B】

     ダートで出世するゴールドアリュール産駒らしい脚長でトモ高の体形。さらに立ち気味のつなぎが、ダートで秀でたスピードを生んでいるようだ。昨年のチャンピオンズCや今年のフェブラリーSは臀部(でんぶ)や股が少しへこんでいたが、今年はトモがパンパンに張っているのは好印象だ。

     そして全体的な肉付きが良く、パッと見は少し寸の詰まったマイラーっぽいシルエットになっている。年齢とともにその馬の血統や適性にあった体形になっていくが、コパノリッキーも以前よりたくましい姿形になっている。いずれにしろ張りツヤは良く、巻き返しがあっていい状態だ。

    (馬サブロー栗東・吉田順一)

     〈1週前追い切り診断〉ルメールを背に栗東CWで83秒7-38秒6-12秒2(強め)。僚馬2頭を追走して、余裕十分に先着。反応も良くなっており、状態に不安はない。


    アウォーディ(評価A)

     「チャンピオンズC・G1」(12月4日、中京)

     出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評がある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、チャンピオンズCに出走を予定する各馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

    【写真集】週末予想の参考に…チャンピオンズC馬体診断

     【アウォーディー 評価=A】

     同じレースに出走予定のラニを見ても分かるが、松永幹厩舎の写真はトモ高に見える馬が多い。背景を加味すれば地面の傾斜の影響も十分にありそうだ。

     とは言ってもこの馬は、父ジャングルポケット同様に少し“背タル気味”でトモ高体形なのは事実だ。後肢の入りが良くなるのか、トモ高の馬は瞬発力に秀でる割合が多い。とりわけスピード競馬が多くなった今のダートは、胴長+脚長でトモ高のシルエットがトレンドと言っても良さそうだ。

     スカッとしているが、付くところに筋肉が付いた体脂肪の少ない馬体。耳をピンと立て目つきも聡明(そうめい)。今の充実ぶりを物語っている姿形だ。(馬サブロー栗東・吉田順一)

     〈1週前追い切り診断〉栗東CWで6F83秒5-39秒0-12秒2(一杯)。僚馬2頭を2秒以上追い掛ける形から、豪快に伸びて先着した。前走後も申し分ない気配を誇示している。


    ノンコノユメ(評価B)

     「チャンピオンズC・G1」(12月4日、中京)

     出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評がある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、チャンピオンズCに出走を予定する各馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

    【写真集】週末予想の参考に…チャンピオンズC馬体診断

     【ノンコノユメ 評価=B】

     お尻、トモの幅は薄めで一見、軽過ぎる印象を持つが、無駄な筋肉がついていない分、小気味のいいフォームへとつながっているのだろう。

     それでも春の段階から馬体面は全体的にボリュームアップしており、3歳時の頃の非力さはなし。ここにきて背丈が明らかに伸びて映る立ち姿で、見栄えが一段と良化してきた。調教での振る舞い等を見ても、古馬らしい雰囲気を放つようになっており、完成の域に達してきたと捉えたい。(馬サブロー美浦・石堂道生)

     〈1週前追い切り診断〉美浦Wで6F82秒4-12秒9(一杯)。ケイコ駆けしないタイプとしては上々の内容。まだ絶好調時にはひと息だが、上積みは見込める。

    【チャンピオンズカップ|2016年|馬体診断まとめ】の続きを読む

    ジャパンカップ(JC)予想|2016年馬体診断まとめ

    予想が熱い・・・無料JC予想が期待度大


    サウンドオブアース評価(A)

     「ジャパンC・G1」(27日、東京)

     出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評がある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、ジャパンCに出走を予定する各馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

    【写真集】週末予想の参考に…ジャパンC馬体診断

     【サウンズオブアース 評価=A】

     臀部(でんぶ)の丸みは十分にあったが、股あたりは少し寂しく見せた昨年の有馬記念がC評価。それでも2着と走られた点は反省すべき材料だが、それ以外にも昨年のジャパンCや今年の天皇賞・春もB評価。後肢の肉付きや全体的なシルエットのバランスに少し割引材料があったためだが、今回は今までにないぐらいトモ全体がパンパンに膨らんでいる。

     時季的なものか皮膚は少し厚ぼったく見せるが、首差しあたりはシャープ。重め感はなさそうだ。ビシッと追われた1週前追い切り後の撮影でこの体つきなら至極順調。前後肢のバランスなども文句なし。(馬サブロー栗東・吉田順一)

     〈1週前追い切り診断〉栗東CWで6F82秒4-36秒4-12秒0(一杯)。気持ちの入った走りで、ゴーサインが出てからの反応や伸び脚も実に鋭い。明らかに前回以上の雰囲気。

     
     
    【ジャパンカップ(JC)予想|2016年馬体診断まとめ】の続きを読む

    マイルCS(マイルチャンピオンシップ)予想|2016年|有力馬馬体診断まとめ

     「マイルCS・G1」(20日、京都)

     出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評がある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、マイルCSに出走を予定する各馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

    【写真集】週末予想の参考に…マイルCS馬体診断

     【サトノアラジン 評価=A】

     スワンSから中2週のローテーション。この撮影時に1週前追い切りは行われていないが、週末と当週に追い切れば全く問題はない。既にレース前のパドックかと思わせるぐらい、体脂肪の少ないスカッとした体つき。しかしながら明らかに久々のスワンSを叩いて、前後や上下のバランスが整ってきたのは強調材料だろう。間隔のあいた時は膨らんだシルエットが多く、中2週はスカッと見せるのがこの馬のパターン。昨年のエプソムCや今年の安田記念などがそうだが、その時よりトモに丸みがあるのは明らかにプラス材料。待望のG1獲りに向けて視界は良好だ。(馬サブロー栗東・吉田順一)

     〈1週前追い切り診断〉13日に栗東坂路で4F55秒4-40秒9-12秒4(馬なり)。休み明け初戦のスワンSを使って調子は明らかに上向いている。


    ヤングマンパワー-馬体診断評価(評価A)

     「マイルCS・G1」(20日、京都)

     出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評がある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、マイルCSに出走を予定する各馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

    【写真集】週末予想の参考に…マイルCS馬体診断

     【ヤングマンパワー 評価=A】

     馬場・展開の恩恵があったとはいえ、富士Sは古豪を退けて連勝を継続。調教、パドックでもイレ込みが薄くなり、気性的な面での成長が何よりも大きい。

     距離自体は延びても良さそうな体形だが、長い手脚に反して、短めの首差しで、位置も上寄り。走法的に重心が高く、ストライドが伸び切らない影響で、ベストパフォーマンスが一定の距離に限られてしまうのだろう。背丈がある分、500キロ超えでも重苦しさはなく、お腹のラインもシャープ。適度な筋肉量を維持していることからも、順調に進められていることが伝わってくる。(馬サブロー美浦・石堂道生)

     〈1週前追い切り診断〉バルザローナを背に美浦坂路で4F51秒2-37秒4-12秒0(馬なり)。毛ヅヤはピカピカで、動きも迫力十分。目下の充実ぶりは際立っている。

     
    【マイルCS(マイルチャンピオンシップ)予想|2016年|有力馬馬体診断まとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ